オートバイやクルマの最近のブログ記事

 
 

車検のために積みっぱなしだった道具類を降ろせば、軽く走るようになった

ハイエース。ということは、トータルで相当な重量が積載されたままだった

ようで、戻って来れば今後、道具類をどうするのか考えねばなりません。

 

その道具類は元々、田舎暮らしの自宅の物置小屋に保管してあったのですが

必要になる可能性のある現場との距離があるため、その準備にかかるタイム

ラグを無くそうとして「 積みっぱなし 」になってしまっているのですね。

 

ならば、ハイエース常駐場所に既製品のスチール物置を設置して、道具類を

そこに収納しておき、必要に応じてチョイスして活躍させればいいのでは?

 

するとクルマはハイエースでなくても大丈夫なのでは?

いや、購入する材料のことを思えば広い荷室は必要。

ピックアップトラックならば可能か???

いやいや、軽トラックが寿命だった。

しかし、あの箱型の便利さ!

すると・・・

 

まずは駐車場の片隅に、スチール物置の設置からでしょうか・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 トルクが必要なRV系にこそ、EVではなかろうか?」( 除く僻地:ただし

超高効率なペロブスカイト太陽電池など開発されて「 消費 < 発電 」ならば

昼間の砂漠や草原だと、無給油で無尽蔵に走られるようになる可能性?)と

4日ほど前に書かせてもらったので、本日生放送の情報を。

 

関東では地上波放送もあるようですが、関西では " BSフジ・181 " 14:35から

FIA フォーミュラーE世界選手権 第5戦 " 2024 TOKYO E-PRIX " です ♪

 

2014年から始まり、ちょうど10年が経過して、そのマシンもF1と近い形状の

第1世代から、現在は " Gen3 " 第3世代へと進化したボディはデルタウイング

そのもので、まるでミニ四駆の世界観。

 

発展途上の選手権ですが、予選から決勝までが1日の開催であること。その

全戦が市街地コースであること。本日、東京が春の陽気に晴れ渡ったこと。

等々、徐々にファンも増えてきているようです。

 

1週間後には開催日が春になり初めてのレースとなる " F1 日本グランプリ "

が、サクラ満開のもとで駆け抜けます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

他所のクルマに興味を示している間に、ワタクシのハイエースの車検が迫り

荷室を空にせねばなりません。( これがオオゴト・笑 )

 

言わずと知れたキャブオーバー型ですから、空荷状態のウェイトバランスが

前9:後1なのではと思うほどフロントヘビーで、荷室にオートバイ程度の

重いものを積めば、リア駆動の空荷重スリップも防げて良い塩梅です。

 

なので、フロントタイヤのチビ具合が半端なく、今回も中心付近のスリップ

サインはまったく問題ありませんが、アウトサイドが終わってる感じ。

 

つまり、フロントタイヤ2本の交換が必要になりそうなものの、ソレを選ぶ

楽しみは無くて、ノーマルから2インチサイズアップさせている 215/60R17

現行のLTタイヤの交換をするだけですね。

 

さて確認すれば、今春で満19年が経過の8万キロオーバーですが、外観機能

ともに劣化した感じはあまり無いものの、上記のタイヤをはじめ、予防的に

交換すべき部品も生じているでしょうからプロへ任せることに。

 

期日迫っていますが・・・ 気楽です。

 

ただ今後の運用として、工具類や材料が積みっぱなしなのは問題があるので

物置を設置して、その都度、積み降ろしをするようにしようかとも。

倉庫代わりにもなってしまう( 笑 )便利なクルマです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

まだ暗い朝の中、強く降り続ける雨に遠雷が混じり、まるで夏夜のような。

明けるのが早くなったとはいえど、まだ白む気配も見せぬ3月終盤の早朝。

大地は雨を吸って、芽吹きに勢いをつけてくるのでしょう。

 

頻度が高まる草刈りに備え、軽トラからガソリンを抜いて、混合ガソリンを

作っておかねばなりません。レーサーモデルへの給油気分を味わって楽し。

 

さて、ガソリンが必要の無いEVについて、どちらかと言えば否定的感想の

多いワタクシですが、ヒーターやエアコンも電気仕掛けのことよりなにより

それは " 長く乗り続ける " というが非常に難しいだろうという一点。

 

お気に入りのモデルのスマホだからと言って、10年、20年とは使えないのと

一緒の理屈ですが、今後、そういった面が改善されてくるのかどうか・・・

 

が!そんなことを言いながら、 いすゞが発表した " D-MAX BEV " が、メチャ

カッコ良くて気になる度120%! 

 

EVと言えばエコカーなデザインイメージですが、実際には商用トラックや

バスでの利用が先行していて、ピックアップトラックが必要とする、トルク

フルでパワーがあるところなど、相性も良いのではと思うところ。

 

オールテレーンタイヤのチビが早いかな?

 

そうEV車は、そのパワーの立ち上がりの良さから、タイヤの消耗が激しい

のも辛いところで、それはエコカーでも・・・ それってエコカーか?

 

そもそも、EV=エコカーじゃなくて「 パワーが必要だからEV 」の方が

マニアックな人々に普及するんじゃないかな。 m(__)m

 

現在の世界最高加速は「 アスパーク アウル 」♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

デカくなったナビ画面には抵抗がある派、だったのですが、アレコレ触って

みれば、便利な機能が潜んでいることに気づき。が、もう少し小さくても。

 

さて " E-Four " 、その「 トルク配分が知りたい!」と思っていた過去車には

その機能が無く知り得なかったのですが、新しくなったデカいナビ画面には

まさにその四輪へのトルク配分が、可視化されて映るんですね。( 感心 )

 

一昨日、何かのボタンに触れたところ、その機能があることを知り、すると

雨の交差点の加速時など、次から次へ前後トルク配分を変化させています。

 

まぁ、可視化されてナビ画面に映るソレと、実際のタイヤへの駆動力が比例

しているのかは謎ですが、片輪が水たまりに落ちた瞬間なども見てみたい。

 

すると、ちょうどというか、キケンなので早く解消して欲しいところですが

播但道上り、追い越し車線の緩い右カーブのイン側に、雨が多く降る日には

その水たまりが出現するのです。

 

通勤車両方々には周知の道路事情でしょうが、初めて水たまりに遭遇すれば

ハンドルを持つ手に力が入ってビビるので、コレは早急に排水処理の整備を

お願いしたい。どこに伝えればいい? まずは詳細位置の特定をせねば。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

いつぞや書かせてもらった、クラウンVIP仕様を目指して教習所へ通う彼が

「 もう免許を取得した?」と聞けば母「 なかなか予約が取れない様子で 」

 

たぶん、ほとんど教習課程は修了させつつあったのに、バイトに精を出して

油断している間に春休みとなり、予約が詰まってしまったのでしょう。

 

その間にも先輩格安クラウンのハナシなど聞き、ハラハラしていたのですが

( 参照:2023.12.07 )( 参照:2024.02.02 )「 そういったクルマに乗れば

修理代も必要になるだろうし、ガソリンは湯水のごとく消費するし、ワシが

説得したろ 」と言っています、と母。「 誰が?」「 クルマ屋さんが 」

 

なかなか男気( きっと死語になるな )を感じるクルマ屋さんですが、正常

ルートに乗りつつあるようで、それはそれで安心するところ。

 

「 ちなみに、どんなクルマを勧めてくれるの?」興味あって尋ねてみれば、

「 プリウスとかレクサスとか 」「 レ、レクサス?8万円のクラウンが?」

 

で調べれば「 レクサス CT 200h 」がこなれてきていてバイトをガンバれば

手が届きそうな感じではあります。上質( ? )なクルマに乗れば、おのず

運転も丁寧になるカモで「 なかなかシブい選択をするな、クルマ屋さん 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

そのロケットの打ち上げは「 人生、一度は生で観てみたい 」と思っており、

発表される予定に従い現地近くへ行くことは可能ですが、延期になることも

ザラなので、時間的な制約を乗り越えるのが現在のところ難しい。

 

紀伊半島なら近いけれど、串本まで行って、帰って、行くのは、なかなか。

 

東京を基準にして現地到着までにかかる時間を軸にした日本地図を描いたら

沖縄や北海道を抜き、紀伊半島が最遠地域になるらしく・・・ 遠いです。

 

が、魅力が多いのも紀伊半島で、特徴のある湯の温泉も多いですし、秘境と

呼ばれる場所もいっぱいあり、現在のワタクシのコンディションでは難しい

ですが、熊野古道大峯奥駆道の縦走はしてみたい。

 

紀伊半島クラスになれば地方道も林道も奥深く、無給油で相当な距離を走る

ことが出来なければならないのですが、ずいぶん以前の3月のツーリングが

極寒で、積雪深い中オフロードバイクを押しに押して護摩山スカイタワーに

たどり着けたのはラッキーだった。通行止め貸切のスカイラインで下界へ。

 

近畿地方の天気予報、ひまわり映像で明確な中央構造線が走っているからか

日帰り距離の和歌山市内にも、超濃厚、魅力たっぷりの " 花山温泉 " が!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

クルマを替えると、アレコレ運転支援技術が進化していて、確かに安全性は

向上していると感じるところで、昨今のニュースを見ていれば、高齢者ほど

最新のクルマを選択すべきかと。ま、しかし擦るようになれば返納です。

 

例えば前方の信号が赤になり、ゆるりと前車に近づけばググーっと自動的に

ブレーキが利いて、フットブレーキを踏み込まずとも停止しちゃうのですが

自分自身で確認出来ないものの、ブレーキランプも点いているのでしょう。

 

右折車線に停止しているクルマを、左側から通過しようとすれば、警告音が

鳴ることもある、ヒトなら大丈夫な微妙な判断がまだ苦手なようです。

 

さて、運転支援に直結していませんが、夜間など後方のクルマが2名乗車か

など判別しやすいのではと導入したオプション、デジタルインナーミラー。

 

その機能とレーダー探知機が一体となった商品もあって、あと付けか純正か

ルームミラーが明るく光るクルマも見かけるのですが・・・

 

目の仕組みをよく知りませんが、ミラーに映る30mほど後方にいるクルマと

フロントグラス越しの前方30mに存在するクルマは、同じ焦点で見ていると

思うのですが、それが " デジタルインナーミラー " の場合、液晶面での焦点

となるので、50cmほどの距離と30mという差になって、チラ見がしにくい。

 

加えて、商品の差か、後方カメラと液晶解像度を高められれば解決するのか

" デジタルインナーミラー " の液晶は粗くて、実際のミラーに及ばぬ解像度。

 

そこそこ額のメーカーオプションを迷わず導入したのですが、ルームミラー

下部のレバーで、通常ミラーに切替えたまま、ま~たく使用していません。

 

う~ん、もうちょと技術が進めば解決するのかな。

 

それよりワタクシが提案したいのは、Aピラーの内側に細縦長の自在液晶を

装備して、外の景色をズレ無く映し、疑似的にAピラーの死角を解消させる

安全支援装置の実装を早くお願いいたします ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

紙の地図派のワタクシ、それも " ツーリングマップルR " をバイブルとして

ツーリングからドライブまで大活躍中なのは、AからBへ向かうにあたって

単なる移動であればカーナビで十分ですが、その途中や、まわり道をすれば

「 面白いナニかに出会えるのでは?」と考えるソレには紙の地図が最強。

( 魅力を語られた記事= https://bk.zenmou.net/what-is-touringmapple/

 

道好きにとっての情報量が適切で、目的地以外の方向も俯瞰するように広く

周辺を見渡せる魅力ですね。 コーヒーのお供は " ツーリングマップルR " 。

 

紙の地図のおかげで絶景とか湧水とか白壁とか快走路とか、日常の中にある

「 素敵 」に、いっぱい出会えています。

 

さて、タッチパネル方式でデカくなったナビ画面に「 上品さが無くなった 」

と、ワタクシ的には低評価だったのですが、極力、初めての道を探し求めて

走りたい一昨日のドライブの際には、ピンチイン&ピンチアウトを積極的に

使えば、自車の位置を隅に置いて、行く先を広くとったりも出来る!

 

また、ポジション( 自車位置 )は知りたいけれどルート案内は余計なので、

目的地は設定せずに、助手席で開いた紙の地図と照らし合わせて走るのには

最適で、ナビ操作の自由度の高さが「 いいじゃん!」

 

ナビ画面に表示される地図も、地形図ベースっぽく白地図に近いのもGood。

ユーザーによっては、もう少し演出が欲しいかも知れませんが・・・

 

で、運転席から「 新車早々、対向車が来たら困るサイズの道ばっかかよぉ 」

m(__)m

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

2024年 " フォーミュラ1世界選手権 " が、バーレーンで開幕して予選を闘い

" ビザ・キャッシュアップ RB F1チーム "( RBと略 )期待の角田裕毅選手は

11番手のスターティンググリッドをゲットしています。

 

また、小松礼雄氏がチーム代表を務める " マネーグラム・ハースF1チーム "

は、苦戦が予想されていましたが10番手に、ニコ・ヒュルケンベルク選手が

飛び込んで決勝に期待。

 

ノックアウト方式で3回行われる予選のQ1タイムは、トップの 1分30秒031

から最下位の 1分30秒948 と、1秒以内に20台がひしめく大混戦状態です。

 

さてバーレーンGP、1日早い日程で進んでいるので、決勝は日本時間の今夜

24:00 から! 波乱含みの開幕戦を上手く切り抜け、少ないチャンスをモノ

にして欲しく熱烈応援です!!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

午後からのウェットコンディションの中、6気筒3リッターターボ、480PSに

試乗させていただきました。そのパワーを伝えるリアタイヤはピレリPゼロ

305/30ZR21、ホイールいっぱいのディスクローターがスパルタン。

 

そろりと走り出すのですが、車内に響く野太いエキゾーストノートが気分を

高揚させてくれ、このコンディション&ワタクシではスポーツモードを試す

ことは出来ませんが、シフトダウン時のオートブリッピングがレーシー。

 

ドライでガツッと踏み込んでみたいところですが、ウェットの中・・・

ビビッて踏めませんてば。( 笑 )

 

ウェットでよかったのは、スタート時の合流の一発目でレバーを取り違えた

ことがバレずに済んだ。「 ワイパーを起動させたかったんです 」( 笑 )

 

とまぁ、遅めの昼食に続いた15分程の試乗だったのですが、そのあとで飲む

食後のコーヒーに、コーフン冷めやらず自然に笑みがこぼれるハズかしさ。

 

「 こんどはドライコンディションの中で、高速に上がってみよう 」嬉しい

申し出に、チャンスを巡らせてくれたみなさん「 ありがとうございます 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 メカニカルスイッチのほうが好き 」って、なんなら「 フタをカパッ!と

開けてから、トグルスイッチをカチッ!と倒す 」ミサイルスイッチでも。

 

スイッチ好きの方々にはあたり前でしょうが、奥さまはミサイルスイッチを

ご存知でしょうか? 「 触ってはイケない 」と言われれば、余計に触りたく

なる、トム・クルーズがミサイルを打つ前にカパッと開けるアレ。

 

中学生の頃は走ることと、電気工作が好きで " 星電社 " や " 正電社 " の2階

( 星電社がOSビル内にあった頃 )パーツコーナーに行けば、各種様々な

スイッチが並んでいて、ミニトグルスイッチとか100円以下だったかな。

 

たぶん、その頃はミサイルスイッチは売ってなかった( もしくは高かった )

と記憶していて、その反動で奥さま方にスイッチを勧めているのかもですが

もし興味を示していただけたならば、カー用品店のパーツコーナーを覗いて

もらえれば巡り合えると思いますのでぜひ1個。堪忍袋の緒を切る用に。

 

という訳で彼女の新しいクルマ。メカニカルなマジスイッチが減ってしまい

設定だとか何から何まで液晶パネルに触れてとなって、スマホかコレは?

 

ウ~ン、最近はメーター類も液晶となって、ハネ上がる針は実在しておらず

液晶画面に針の模様が踊っているという・・・

 

ちなみに各種メーターは、メーター専門の修理やドレスアップをしてくれる

ショップがあって、オリジナルのホワイトメーターパネルをお願いしたり。

 

クルマやオートバイって「 直せる 」「 イジれる 」のも魅力のひとつですが

もうすぐ満5年を迎える、彼女が乗っていたクルマは、自分自身では1回も

ボンネットを開けたことがありません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

あっ、" ほうじ茶ラテ&いちごのショートケーキ " を撮り忘れた!( 笑 )

 

最近は納車時期が読めないので思い通りピッタリとは行かず、満5年の少々

手前で、彼女が仕事や通勤で使用するクルマが届いたので引き取りに。

 

届いたと言っても登録~納車までは、それなりに時間がかかるので、たぶん

工場から出荷されたのは結構前なのでしょう。ぜひ一度、自動車製造過程や

運搬船への積み込みなど、工場見学をしてみたいです。( 船で来た? )

 

という訳で、スイッチなど説明を受けている彼女の横で、仕事の電話対応を

しているワタクシ。あっ、ワタクシはココに必要なかったのですが、送って

行くために着いてきたので、" ほうじ茶ラテ&いちごのショートケーキ " ♪

 

キレイでピカピカなショールームや店舗などに寄せてもらえば、その造作や

材料、ライティングなどの仕掛けが気になって仕方ない。( おやつも・笑 )

 

見たことの無い素材、波目のガラス壁に映るブルーライトがオシャレです。

 

さて、乗りだす直前に「 あいにくの雨ですが ~ 」と語る長身でスマートな

営業の彼に「 雨だから余計に車のメリットが感じられるのでオッケーです 」

 

些細なことでも前向きに捉えられるよう訓練しておけば、日々の生活の中で

ツライ出来事が生じても「 この試練は学びのため 」と考えられる可能性大。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

3月最初の週末に " フォーミュラ1世界選手権 " 開幕が迫り、各チームから

ニューマシンの発表が続きワクワクするばかり。

 

角田裕毅選手の駆る " ビザ・キャッシュアップ RB F1チーム "( チーム名が

カッコ悪いと逆評判 )はカラーリングを刷新して " エナジードリンク Red

Bull " そのものをイメージした、覚めるようなブルーに白いラインが・・・

 

もう少し複雑なデザイン要素が欲しかった。m(__)m

 

不動の " スクーデリア・フェラーリ " は、毎年のように " 真紅 " そのものの

カラーコードを変えながらも、そのマット仕上げのカッコ良さはハンパなく

新車 " SF-24 " に装着されたホイールカバーの " ロッソ・コルサ " が素敵 ♪

 

さすが「 レースをするために市販車を売っている 」と言われるフェラーリ

だけあって、ワタクシも買って応援せねば!( 笑 )薪を並べてた月曜には

目の前を濃いブルーの308か328が、快調なエキゾーストで往復していたな。

ピニンファリーナのラインが引き立つ美しいデザイン。

 

混戦が予想される開幕戦、これまたぜひ応援したい " マネーグラム・ハース

F1チーム " の代表=総監督は小松礼雄氏 ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

彼女が使っているクルマが来月で満5年、もうすぐ13万km!を迎えるので、

乗り換えることになりその手続き等々。契約形態が違うので1~2週間ほど

重複して2台持ちになりそうです。( 笑 )

 

「 大したものだなぁ 」と感じるのは、その距離を走ってシートの座面以外、

ヘタったところや緩んだところ、異音などはまったく無く、メンテナンスも

油脂関連とワイパーゴム、タイヤ交換以外は無いノートラブルはありがたく

短期間に距離が伸びるパターンだからでしょうか。

 

今回が初体験となった、ハイブリッド&AWD( E-Four )のパワー&能力は

航続距離に不安なく、濡れた路面での加速の安定感など気に入るところ多く

次のクルマでも同様の選択です。

 

ただ、E-Fourだからか、車種によるものか、最小回転半径の小ささと言うか

大きさと言うか、ハンドル切れ角が少し足りず、切り返さなければならない

シーンの多さには閉口するところ。

 

パッと見は遥かにデカい、ハイエースの方がよほど小回り出来ます。( 涙 )

ただしハイブリッドでもないし、E-Fourでもないので、燃費6km/Lなうえに、

濡れた路面ではゆっくりな加速を含め、ことごとくスリップしますけれど。

 

さて、いつの日か夢のガレージが完成した暁には、その中でイジって楽しむ

クルマの候補に " デルタ HFインテグラーレ " などもあって、5年ほど前には

程度良がほどほど価格で入手可能だったのですが、昨今の新車中古車人気の

価格高騰の影響で、ことごとく価格応談になってしまい・・・

 

夢のガレージを夢で終わらせないために夢の一歩を。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ハイラックスピックアップの背高い荷台に、モンキーR改と工具類を載せて

ミニバイクレース参戦のため、中山サーキットを訪れたときのことだと記憶

するけれど、「 久々のサーキットはワクワクするなぁ~ 」と、ガソリンや

オイルの匂いにコーフンしていると・・・「 鼻血でてますよ 」って。

 

本人も意識しないうちに「 タラ~ 」っと流れて「 マンガかよ 」

 

で昨日、その再現にビビったのですが、マスクの下で「 タラ~ 」と流れる

鼻水に「 マスクしててよかった 」とティッシュで拭けば「 鼻血やん!」

 

頻繁ではないものの、タマに鼻血事件が発生するので、そのタイミングには

要注意で( と言ってもコントロール出来ませんが )素敵な彼女が目の前を

横切った際に「 タラ~ 」って、それこそ「 マンガかよ 」

 

そうそう、アマチュア競技用に50cc → 106cc 、乾式クラッチにビッグキャブ

等々の改造を施した4ストロークは、ボリュームあるエキゾーストノートに

シングル特有のトルクフルな走り楽しく、中山サーキットのスタンド前から

全開で緩い上りを駆け上がり、そのままの勢いで5コーナー " ヘ " の字から

速度を殺さず6コーナー " コ " の字の複合で倒し込む勇気。

 

ココと最終コーナーのヘアピンの処理がタイムに関わるよなぁ~

 

全開の " ヘ " の字で、振動で折れたマフラー踏んで大転倒だったか、クラス

優勝だったか、このときの結果はドッチだったっけ?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 クラシックミニを衝動買いしましてね 」と、仕事内容の電話の終わりに、

オマケの報告で聞いて「 おめでとうございます♪ 」

 

「 まだ手元には来ていないんですがね 」

 

自分自身がオートバイやクルマが好きなこともあり、どんな車種でも色でも

「 乗ったんです♪ 」とか、「 買ったんです♪ 」と聞けば、こちらもウレシく

なってしまいます。

 

過去には、メイフェアをベースに、センスよくイジったミニを譲ってもらい

彼女が乗っていたこともあるのですが " 自分でイジれる " という、基本的な

魅力が楽しく、いつまでもオシャレで新鮮なクルマです。

 

ただし、ネジがインチなのでレンチ類を買い揃える必要があります・・・

 

そのミニ、Hi-LoキットにSPAXで足元を固め、DELTANセンターマフラーが

ウルさくないレーシーな音を奏でていたのですが、検切れを譲ってもらった

ので、現状通過を目指して、オーバーフェンダーを含むアレコレの構造変更

申請にガンバった思い出。

 

検査場で囲まれて、メジャー当てられたりアレコレ測られるのは大緊張。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

面談・面接に同席していたのですが、とても嬉しく感じるのは弊社募集への

応募ではなく、ご本人から「 貴社の話を聞いてみたい 」との申し出があり、

その結果の今日に繋がっていること。

 

弊社が求める未来に関して、ご本人のキャリアをどう活かせられるのかなど

時間をかけてしっかりお話させていただきました。

 

誰もどの会社も明確な未来が確定している訳ではありませんが、自分自身を

含めて、家族が、組織が、シアワセへと繋がる道を歩まねばなりません。

 

自分自身をしっかりアピールされる、はたまた弊社をしっかりと説明させて

もらう中で、ともに目指す未来のカタチを検討・模索させてもらえることに

嬉しさがありました。

 

さてその後、すっかり忘れていたもう1台のクルマへのスタッドレスタイヤ

装着作業、昨日の予報にビビってですが、コレを書いているいま現在、外を

見ても降雪の気配はないものの、過去には夜が明ける頃から降り始めた雪が

アレヨという間に深く積もったこともあるので油断は出来ません。

 

今宵が今回の寒波のピークでしょうか?

スタッドレス車に活躍して欲しいような、空振りであって欲しいような。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

内蔵バッテリーが腫れたため、画面サイズはさして変わらず( もしかしたら

小さくなったカモ? )機種変更したスマホが、想像以上にサクサク動くので

これまでパソコンでしていたことも「 極力スマホでしてみるか 」と今更。

 

いままでは、キー入力もタマにしか使わないので、フリック入力ではなくて

「お」は5回押す、オジさんトグル入力でしたが、今回はハナからパソコン

同様のフルキー入力でスタート。英文字はこちらの方が便利です。( 笑 )

 

その他、撮った写真や動画の編集もサクサクとスマホで完結させているのを

見かけるのですが、ワタクシからすれば神の手の域に達した高度技なものの

覚えて行かねばなりません。

 

先日は " スマホに保存した曲をクルマで聴く " ということも出来ましたし。

 

マップ機能が壊れたまま音機能だけで使用している、もうすぐ満19年になる

ハイエースのナビは、スマホをBluetoothで拾いFMに飛ばすハンズフリー化

をしているので、スマホの曲を聴くことも出来るのですが、19年前に掛けた

懐かしい曲の数々が、ナビのHDDに保存されて、まるでジュークボックスの

ように、聴こうと思えばいつでも流せるものの、その楽曲たちが大切すぎて

結局、掛けることが出来ずにいます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

そうこうしている内に、1/6にスタートした「 第46回ダカールラリー2024 」

( 1/5にはプロローグ157km )四輪部門では( 各部門に細分化されている )

トヨタが総合首位を行くものの、順位混迷状態の前半戦です。

 

二輪部門では現在、ホンダが首位を行く中、ワタクシの注目は兵庫県出身の

池町佳生選手(52)で、2000年のダカールラリー二輪部門では、日本人唯一の

総合トップ10フィニッシュを果たしています。

 

二輪でも四輪でもオフロードで大活躍の、地元ライダー&ドライバーですが

超過去にはワタクシがエントリーする同じレースを走ったことも! m(__)m

 

コロナ禍の中で「 前向きな話題を 」からの準備期間を要しての有言実行は

カッコイイ。属するチームとの交渉や費用面など大変しか想像できません。

 

オランダの名門「 BASワールドKTM 」チームからの参戦となっています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしのご近所の友人が( といっても軽トラで10分はかかる )ソリの

代わりの荷台、サンタの赤い服の代わりの作業服で、奥さんが手塩にかけて

育てた、新鮮な野菜を積んでやって来た ♪ 「 ありがとうございます!」

 

ご近所でありながら、年に1~2度しか会わないご無沙汰状態。つのる近況

報告のコーヒーブレイクですが、「 スゴイ!」と感銘するのは、高校頃から

「 こうしたい!」と明確な目標を持っていた息子さんが、大学~院へと進み

有名企業の研究開発部門で活躍されていること。

 

オトーさんは「 まだまだ手を焼かせてるだけやろ 」と謙遜されていますが、

これまた夢のひとつでもあった、その就職先が過去に製造した現在となれば

旧車となる、憧れのクルマを( 中古車 )ついに入手されたこともスゴイ。

 

息子さんから送られてきたクルマの写真を見せてもらえば、昔を思い出して

カッコイイのですが、その走行距離と購入価格にはビビリます。m(__)m

 

きっと本人は、その燃費にもビビっていることでしょう。

年末年始には、そのクルマで帰ってくるのかな?

安全運転で楽しんでくださいね ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨年のスタッドレス装着は1台きりでしたが、たまたま唯一の積雪1週間の

前後に、納車前の代車として借りていたクルマに冬タイヤが装着されていて

助かっただけでしたので、今冬は仕事用軽自動車2台へ装着することに。

 

まだピカピカのソレを1台目に選んで、駐車場にガレージジャッキを置いて

交換作業の開始です。ホイールカバーをプラスチック製のヘラで外してから

4本のタイヤのホイールナットを十字レンチで仮に緩めれば・・・

 

管理されたホイールナットの締め付けの軽さを身を持って体感。最近やっと

「 ソレはダメ!」事例を見かけるようになりましたが、L字レンチに体重を

乗せて、思いっきり締め付けているの図。

 

なぜそんなイメージが浸透したのか? 昭和中期マイカー黎明期の教本か?

 

最近ではメンテナンスパック込みの車購入が多いでしょうから、自分自身で

エンジンルームを覗いたり、タイヤを交換する機会もほぼ無いのでしょうが

それならそれで、すべてをプロに任せるのがベター。

 

例えば、ホイールを換えればホイールナットも適合するモノが必要で、純正

流用などほぼ出来ませんし、メーカーによってはネジピッチも違います。

 

ブレーキパッドを一般ドライバーが選ぶ機会はまず無いでしょうが、タイヤ

やホイール選択の機会が巡ってくれば、けして安物買いになりませんように

と自分自身への戒めとして。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

油断していたら、いきなり冬用タイヤの備えが必要な天気予報!

 

田舎暮らしの自宅は、県単位の天気予報では瀬戸内側にはなると思うけれど

ちょうどココあたりから山が増えだす南端になるので、分水嶺を含む中部の

予報が参考になる感じ。気温も街中より確実に5度は低いです。

 

すると、日曜から月曜日にかけて県北部は積雪の予報が出ているので、もし

雪雲が少しでも南下すれば、ココあたりまで降る可能性はあるでしょう。

 

で、スタッドレスタイヤかオールシーズンタイヤかを決めきれずにパラパラ

通販ページを見るのですが、アジア系メーカーのタイヤセットが安い!

 

しかし、個人的に過去2度ほど、その性能維持の期間の短さに驚いたことが

あるので、タイヤはメジャーメーカー製を選んで履きたいです。

 

で、信号待ちなどで見てしまう隣のクルマのタイヤ&ホイールなどのように

トレッドパターンも気になるところで、オールシーズンタイヤの特殊模様は

試してみたいような、やはりドライグリップを多少犠牲にしているような。

 

いよいよ冬がはじまるので、早急に手配しなければなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

春が来れば高校を卒業する息子さんがいる女子に、最近の男子のクルマへの

関心度が知りたくて「 そろそろ運転免許取得ため教習所に通うのかな 」と、

尋ねてみれば驚きの回答!

 

「 クラウンが欲しいと言っています♪ 」

マジか! 4ドアセダンの時代が来るのか!

 

そもそも答えてくれた女子は " クラウン " を知っているのか?

いや果たして、どの型式の " クラウン " を指しているのか?

まさかとは思うけれど、薄目の最新型じゃあるまいな。

全国の高校3年生男子全員がそう思っているのか?

「 クラウン、お前の時代だ 」

( 元ネタは " ブルーバード " @ 沢田研二 )

 

ココまでが一昨日あたりの会話で「 どんなクラウンか聞いておいてね 」と

頼んでいたら「 息子から送られてきた写真です 」と、見せてくれたのは!

 

13代目S20型あたりをイメージしているようで、母に送った2枚の写真には

分かりやすいようにか、ノーマルのカタログ写真と、ショップオリジナルの

ベタベタ3ピースホイール&フルスモークのVIP仕様。

 

困ったもんだと思いながらも m(__)m 高校生男子としては正常進化か?

 

オトーさんとしては( その彼から見ればオジーさん )「 きっと高いだろう

任意保険代も予算に入れて、夢に近づく努力をするのだよ 」と思う次第。

 

クルマにしても、ゲーム機にしても、推し活にしても、その実現への努力を

しているのは良いことだなぁ~。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

スタッドレスタイヤの普及は日本独自のモノだという記事を読み、そうか!

と真に受け、オールシーズンタイヤの導入を考えます。

 

以前は、通勤にも使っているクルマへの装着を考えていたので、ノーマルで

装着されているサマータイヤと比較して、コーナーリング時の踏ん張り等が

スタッドレスとサマーの中間くらいだったら「 替えたくないな 」と思って

いたのですが、どうやら乗り心地や性能の差は「 ほぼ無い 」と。

 

すると毎冬、ホイールごとスタッドレスに交換していた仕事用の軽自動車の

ソレが4シーズン目あたりのそろそろなので、オールシーズンタイヤに交換

するか、もしくは別の軽自動車に装着して冬対応タイヤ2台体制とするか。

 

今冬、雪が降るかどうか分かりませんが、比較してみたい気持ち満々なので

ソレで行ってみます! あぁ、積雪路が待ち遠しい。

 

積もらないに越したことはありませんが・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で、ピカピカで目つきの悪い、ミライースが納車されたのだけれど

クルマに乗れば、車体のミニマムに反した広い車内と、メーター周りなどが

しっかり作り込まれていて、おもに街中の一人移動が目的ならば必要十分。

 

綺麗なクルマには安全が宿る。必要かどうか、ガラスコーティングを施した

車体、車内とも、ピカピカを維持した安全運転でお願いします。

 

そうそう、希望ナンバーは2~3週間、納車が伸びる可能性が高いです。

 

さて彼女の通勤にも利用しているクルマは、4年半過ぎで12万キロを超えて

年が明ければ13万キロに届きそうな、なかなかの走行距離になっていますが

その間には一度の不調も無く、シート表皮以外のヤレ感もまったく無いのは

スバらしく、他の交通手段の選択が無い田舎暮らしですので、信頼といえる

安心感は非常にウレシイ。

 

そんなワタクシのハイエースは、18年半を過ぎて8万キロ少々と、まだまだ

活躍してもらうものの、ドイツトヨタ発表の " ハイラックスGRスポーツ2 "

のカッコよさハンパなく、デカめのオーバーフェンダーがフロントアンダー

に繋がってデカ過ぎることを除けば、なかなか欲しい感じですが、もうすぐ

日本発売のミツビシ " トライトン " にしても、レジャートラックが 500万~

600万円する時代ですから。( 涙 )

 

そんな中で実用トラック " ハイラックスチャンプ "( 検索してみてね ♪ )の

「 195万円から発売 」は、ヒジョーに魅力的です。(*^^)v

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

アブダビGP予選で角田裕毅選手が6番グリッドをゲットしてウレシイ。

 

てか、1週間前にラスベガスGPを闘ったところなので、観光旅行だとしても

このペースで移動するのは大変で、時差も西海岸と中東だと真反対くらい?

 

・・・地球儀が欲しいな。

 

そもそもワタクシたち世代は( いや全世代か )世界をイメージするときに、

球体を円柱に置き換えピラピラと開いた、日本を中心にしたメルカトル図を

思い浮かべるのでややこしい。

 

アメリカ大陸やアフリカ大陸の向こう、そう大西洋はガケのように切り立ち

海は谷底に流れ落ち、世界はそこで終わっていると思うし。( 思わんか )

 

たまにはテレビでもやってくれるけれど、某国の海洋進出問題など、地図を

逆さまにして見れば「 なるほど 」と理解しやすい。ロケット打つ方向とか。

 

地球儀のサイズ次第なものの、国際宇宙ステーションの高度は400km程度と

東京~大阪間よりも近いので、地球儀の表面から1cm~2cmもないところを、

ピューンと巡っている感じでしょうか。( 笑 )オートバイで行けるやん。

( BSやCSなどのアンテナで狙う、静止軌道衛星はその90倍くらい高い )

 

という訳で、いま地球儀が欲しいものの、学習用の水色っぽいのも何なので

デザイン大人っぽくて、各国の世界遺産の位置と、有名サーキットやレース

コースが記載された( ダカール・ラリーとか、バハ1000とか )オシャレな

「 地球儀をお願いします。サンタさん♪ 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

例年と比べてメチャクチャ多く、ガムテープ捕獲を繰り返しているのですが

「 カメムシの多い年は大雪 」と言われているので、いよいよ本格的な冬を

迎えるにあたり・・・ ビビっています。( 笑 )

 

が、ネット上にはその因果関係を学術的に論評したモノや、日々の記録から

統計をみた記事など散見され、概ね・・・ ビビる必要は無さそうです。

 

まだ、その手のモノを使用したことは無いのですが、昨シーズンだったかに

購入した布チェーンを、作業手袋と一緒にクルマに載せておきました。

 

使わずに済みますように。

 

しかし、思った以上に " E-Four " 系の技術は進んでいるようで、前輪駆動の

クルマにおいて、最大トルク配分が " 20:80 " だったりもするようです。

 

つまり、エンジンよりも後輪モーターのほうが、はるかに活躍してクルマを

コントロールしているときもあり、雪道でその効果を試してみたい気も。

 

「 デファレンシャル・動画 」等で検索すれば、差動装置( デフ )の動きの

分かりやすい解説動画が見つかるのですが、機械式の信頼感は絶大なものの

電子制御の方がシンプルに、大きな効果を期待できそうです。

 

この冬、カメムシに比例して雪は積もるか!?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 最後まであきらめない 」とのコメントに「 そのとおり!」と、納得して

いるのですが、かたや世界を相手に闘うトップドライバー、頷くワタクシ。

 

" WRCラリージャパン " DAY2( DAY1は木曜日の夜に、スタートセレモニー

とともにトヨタスタジアムの特設コース、SSS1( スーパーSS )等で開幕 )

濡れた狭い林間コースに枯落葉が積もる、ゆっくり走ってもアブナい路面を

150~160km/hほどでカッ飛んで行きます。

 

勝田貴元/アーロン・ジョンストン組( 以下、勝田貴元選手と略 )の駆る

" GRヤリス Rally1 HYBRID " は、SS2でヒットした( ラジエーター破損状態 )

ものの、ステージ終盤をEVモードで走り抜き、続く2つのSSはキャンセル等

もあって、なんとかサービスパークにたどり着いての大補修。

 

「 最後まであきらめない 」の言葉通り、午後からのSS5~7はトップタイム

を叩きだす活躍を魅せて、DAY2を9位で折り返しています。

 

" フォーラムエイト・ラリージャパン2023 " 本日のDAY3、日曜日のDAY4と

闘った行方のゴールが楽しみです。「 ガンバレ、勝田貴元選手!」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

増車したクルマはすでにガラスコーティングも済ませて、準備OKな状態に

なっているのですが、その他のクルマと一致させた希望ナンバーとしたので

交付の都合で来週の納車となっています。

 

ナンバープレートを揃える必要があるのか?と言えば、そうではないものの

車体に事業所名などを入れていないので、職員が見れば「 あっ、ウチの車 」

と理解できる程度の効果。

 

しかし、カーポートの下に並べて停められたクルマがキチンと手入れされて

ナンバーが揃っていると、スッキリと綺麗に感じることは確かで、日常的に

手入れされていれば運転も丁寧になり、事故の確率も下がる気がします。

 

担当しているみなさん、ありがとうございます。

 

その他、駐車場には職員のクルマが並ぶのですが、昨日など昼食から帰ると

管理者会議が開かれていたので駐車車両も多く、以前の事務所ではこの様に

集まることも難しかったので、駐車場が広いだけでシアワセ感があります。

 

ちなみに会社では、整備不良のクルマや、ハデなラッピング車両、ウルトラ

高級車での通勤を禁止しているので、個人的には職員がフェラーリに乗って

きてくれてもいいのですが、駐車場に停まるソレを見ることは無さそうです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

来週末 11/16(木)~ 11/19(日)にかけての4日間は「 フォーラムエイト

・ラリージャパン2023」が、WRC 第13戦として愛知県~岐阜県にかけての

スタジアムなどの特設会場や、山間部のコースで開催されます。

 

昨年もこの時期に言っていたと思うのですが、生で観てみたいモノの一つで

映像でさえ、カーブを曲がって行くその速度のハンパなさ!

 

ちなみにどんなスポーツでも、アマチュアとプロの差はワタクシたちの想像

以上で、「 まったく別のことをしているのか? 」と感じるほどに歴然。

 

肉体以外の道具は最小限に近いマラソンでさえ、プロはまるで空飛ぶように

駆け抜けて行くのです。

 

さて、同じ週末は「 F1 ラスベガスGP 」、夜の市街地コースがきらびやかに

ライトアップされた中を、フォーミュラーカーが駆け抜けます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

どれほど小さいのか、乗ったことの無い軽自動車の新古車の納車日が確定し

「 ガラスコーティングをどうしますか? 納車時ならばお安くできますよ 」

 

方向にかなり怪しげな職員が主に使用する予定なので、カーナビ、ドラレコ

などは必須でしたが、コーティングという予定外の提案をもらって考える。

 

自身で洗うならば、その効果も感じられるでしょうが、ガソリンスタンドに

お任せの水性ワックス込みの洗車機使用ならば、あっても無くても一緒?

 

ま、今回の場合の結論は、マジでお安くしてくれているので頼んだのですが

大きめのクルマのDオプションのソレを見れば、10万円~30万円って!

 

確かに施工の手間を考えれば高価なのは分かりますが、ウチの場合のように

青空駐車の忘れた頃に洗車という使用方法で、どれほどの効果があるのか?

いや、そんなメンテナンス放置クルマにこそ効果があるのか・・・

 

♪ 見えないもの信じられたティーンエイジ ♪ は、遠いムカシ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨朝は、その前日のスプリントレースに引続き、F1ブラジルGPでの角田裕毅

選手の入賞に心躍っていたのですが、同時にイタリアF3レースにチャレンジ

している野田樹潤選手の年間チャンピオン獲得に目頭が熱くなります。

 

美作市に転居され、岡山国際サーキットをホームコースにしていた野田英樹

選手は " 野田樹潤選手 " のサポートに、家族やメカニックとともにイタリア

をモーターホームで移動しながらの参戦。( 特集番組の内容から )

 

モータースポーツは選手の能力だけでなく、技術的な側面やスポンサー獲得

など環境が整わなければ、実力をアピールすることが難しく、数少ない千載

一遇のチャンスをモノにして成長を示さねばなりません。

 

技術的側面がともなうスポーツとして、常につきまとうのがハンデの問題で

彼女の場合もシーズン当初、性別差によるウェイトハンデを与えられていた

ようですが、後半はそれらも無い環境での勝負ですから、より価値が高い。

( 注釈:複数のカテゴリに参戦している )

 

そのような面からは他の競技と比較して、性別差によるハンデが少ないのも

モータースポーツかも知れませんから、いつかトップカテゴリーで野田樹潤

選手の活躍を応援できる日があるかもです ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ホンダ " シティ " が復活するなんて、ワクワクするゾォ!

 

って思っていたら、ボディがコンパクトセダンなのは予想外でしたが、あの

「 世の中走っているのは、ぜ~んぶシティ♪ 」というほど流行した、シティ

ボーイを気取ったコンパクトカーが思い出されます。

 

ボディあちこちの、プラスチック感と薄さに未来を感じましたし、カワイイ

ドレスアップパーツが流行る、その原点だったようにも思います。

 

友人が乗っていたシティのオリジナルなグリルを、ワタクシがアクリル板で

製作して取り付けて走っていたのが、不自然ではないほどシンプルな作りの

クルマ。リヤハッチの中に収まる折り畳みオートバイ " モトコンポ " が併売

されていたことも含めて、マイカーDIY魂をくすぐるクルマでもありました。

 

いま思えば写真も残っておらず、どの程度の完成度のグリルだったのか定か

ではありませんが、アクリル板に逆文字を切り抜き、塗装した裏からステン

ネットを貼って仕上げた記憶。

 

当時、スカイラインジャパンのフロントバンパーに貼られた、追いつかれた

クルマのミラーに映る「 TURBO 」の逆文字ステッカーが流行っていました。

 

何十年も会っていない彼と、どんなグリルだったのか、思い出話でもしたい

ところですが風の噂に亡くなったと聞き、そんな話も出来なくなりました。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

" 東京モーターショー " 改め " ジャパンモビリティショー " が、4年ぶりの

開催となって話題満載! " モビリティ " ということで、タイヤを履いた車

以外にも、空を行くモノからロボットっぽいモノやアレコレいっぱい。

 

こういったショーを生で観覧したことはないので、一度は!と思うのですが

人出の多さを想像すると二の足を踏むものの、華やかなんでしょうねぇ~

 

未来から来たようなEVが目玉のようですが、スポーツカー系の話題も多い

ようで・・・ 「 ちょっと奥さん!新型のGT-Rですよ!」( コンセプト )

 

が、昔も現在もカッコイイクルマは高嶺の花で、その手の届かなさの比率は

いまの方が高いような気もします。 が、が、望みを口に出すことで、自分

自身の行動と努力がともなって、その道が開ける可能性もあるでしょうから

ワタクシの運転免許人生もすでに後半、一度は乗っておくか!( 笑 )

 

カッコイイと言えば、先日のF1アメリカGPの角田裕毅選手の活躍がソレで、

後続とのタイムギャップを活かし、燃料が軽くなった最終盤にタイヤ交換を

実施してファステストラップを叩きだすという!

 

極限のドライビングの中で、きちっとオーダーをこなすカッコよさ。

 

右京のティレル、可夢偉のザウバー、琢磨のBAR、そしてアルファタウリ、

白いボディのF1マシンがカッコよく見えます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ロータス・ヨーロッパで始まり、ミウラ、カウンタック、ストラトス・・・

スーパーカーブーム真っ只中を過ごしたワタクシたち世代ですが、なかでも

ロータスは「 ちょっと手が届きそうな気がする 」クルマでした。

 

実際、大人になった同級生が入手し、その後、手を焼き手放したと風の噂で

聞いて、何十年後に本人に確認すればウソのような価格で入手して、ウソの

ような価格で手放しています。

 

昔話には意味がないものの、当時と比較すればクルマもバイクも超高価に!

ワタクシも当時のモノをキレイに保管していれば千万長者。( 笑 )

 

さてロータス、007 " 私を愛したスパイ " の前期型、" プリティウーマン " の

後期型のエスプリはカッコよかった。維持ができるならば、現在でも比較的

手が届きそうな気がする旧車スポーツカーです。

 

昨日、ピカピカのブルーが眩しいハデなスポーツカーが後方からやってきて

停まった交差点でエンブレムを見れば「 ロータス!」

 

信号が青になり、加速して行くエキゾーストノートは大人しめのジェントル

仕様で、車体もちょっと小ぶりだったでしょうか。

 

あとで調べてみれば " エミーラ " ですね。

 

現在は、女王陛下( 国王 )の下での生産ではありませんが、" ロータス " の

響きは、F1でもスーパーカーでも、ワタクシたち世代の心を揺さぶります。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

急遽、仕事で軽自動車を用意する必要が生じ、さてどうしたものか・・・

 

ワタクシとしては本日午後、いきなり天気が変わって降雪があったとしても

その対応が可能なようにジムニー推しで行きたいところですが、相変わらず

納期が長いのと、白系が希望ですが、ジムニーのホワイトの場合、社外品や

ステッカー類でドレスアップしないと、ちょっと寂しいしなぁ。

 

用途的にはリアスライドドアの必要はないので、小型タイプも選択肢ですが

すると2ドアでも良い訳で、" S660 " か! 乗ってみたいし。

 

ちょっと予算がキビしいかな。( 笑 )

 

昨日のトラック話の延長で、ワタクシ自身が乗るなら " マイティボーイ " も

欲しい車種ですが、程度の良いのが残ってるかな? てか知ってる??

 

検索してみたら、ツインカムターボエンジンに換装したのや、箱スカっぽい

フロントマスクやら、みんな楽しんでるなぁ~

 

彼女たちに許してもらえるならば、軽トラ導入がワタクシとしては嬉しい。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

お祭り期間中は、26年落ちの軽トラックが大活躍してくれて「 ありがとう 」

車検を受けておいてよかった。やはり、田舎暮らしには軽トラ必須ですね。

 

4WDピックアップはさすがにデカ過ぎるものの、ワタクシ的にはサニトラが

( 旧車はハードルが高いので、似たコンセプトのトラックが出れば )好き!

なのですが、今回も村中の細い道を、クネクネと活躍したことを考慮すれば

やはり " 軽トラック " 一択ですね。

 

運転席の後ろにチョコっとしたスペースのある、ジャンボタイプが良さそう

なものの、リアパネルを閉じた状態での3×6尺サイズは、その下の窪みに

突っ込める量しか載せられませんが、リアパネルを開けば問題なし。

 

最近ではスタイリッシュな、積載ガードなどのパーツがいっぱいありますし

ラダーレールが3つに折れてソレになったりするモノも。

 

と2年後の夢を考えていたら、通勤に活躍の普段使いのクルマが来年3月で

交代時期を迎える案内が届いて、昨今の納車の期間を考慮すれば、そろそろ

オーダーが必要とのことで、えっ!もうなの?

 

新しいアルファードを街中でも見かけるようになって、アレのリアシートで

ウトウトさせてもらえれば、散髪屋のソレの快感が味わえそう。

 

熱いおしぼりを顔にのせてもらって。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ルームミラーの中に仕込まれたバックモニターが映らなくなったルークスは

タント、N-BOX、N-BOX、合計4台のデイサービス送迎車ですが、しっかり

管理してくれているので、いつもピカピカで気持ちいい状態がウレシイ。

 

普通車2台用のカーポートの下に、詰めて4台を駐車するというアイデアを

出してくれたのも功を奏し、キレイさが維持されている要素のひとつですが

クルマのお尻がカーポートの屋根からはみ出しているので、屋根を延長する

作戦を考えねばなりません。

 

アルミ角柱2本と、梁となる長い1本の購入が可能かがキモですね。

 

さてルークス。クルマもまだ新しいのでメカ的に壊れたというよりは、何か

ソフトウェア的なトラブルかも?と設定を探すのですが見つからず、ならば

簡単な場所から原因をつぶして行こう!とリアパネルを跳ね上げて、内装を

外してみれば・・・

 

バックカメラの裏側のコネクタが緩んでいるじゃありませんか!たぶん新車

から一度もアクセスされたことは無いと思うので、なぜ緩んでいるかはナゾ

ですが、とにもかくにも接続を固定し、バックモニターを確認すれば・・・

 

直りました。アッサリと。

すべてのトラブルがこの程度ならばいいのに。

 

まだ原因さえも探っていませんが、26年と少々落ちの、田舎暮らしのウチの

軽トラックが、ウンともスンとも四駆に入らない件とか。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

結果、ワタクシはクルーザーではなく、集落の道普請を終えて、シャワーを

浴びてからのテレビ観戦は「 2023 フォーミュラ1 Lenvo 日本グランプリ 」

 

現地からの映像が入り感動するのは、秋晴れのサーキットと観客の多さ!

 

国歌斉唱の終わるタイミングに見事合わせて、ブルーインパルスが青い空に

スモークでサンライズを描きます。

 

人が多いだけで、こんなに心に響くとは。

 

レース内容は進みゆく世代交代を感じさせるものでしたが、チーム力の差を

感じさせるものでもありました。モータースポーツの難しさですが、不確定

要素が絡み合ったチャンスが生じた際にそれをものにできるよう、しっかり

走り続けることも重要な要素です。

 

観戦後からの草刈り三昧、夕暮れを感じる頃にはご近所の彼が( といっても

車で10分くらいはかかる )秋の豊作かかえて訪ねてくれて、草を燻す匂いに

包まれながらの近況報告に、シアワセな時間を過ごします。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

油断している間に「 次の書類の提出期限が迫る 」という進歩のみられない

日々に、呆れるばかりのワタクシですが、所持していなかった " 小型車両系

建設機械 " 2日間講習のチャンスが巡ってきたので申し込んだり、使用する

アテも無いけれど、いつぞやのクルーザーのため( サイズオーバーですが )

" 小型船舶操縦免許1級 " の更新講習を申し込んだり。

 

ちなみに、操船できる大きさは、総トン数20トン未満、プレジャーボートは

24m未満なものの、1級免許でどこまで行けるかについて「 範囲は無制限 」

とあるので、プルコードを引っ張りブルルンとエンジンをかけ、モナコまで

F1観戦に行くことも可能です。( 80海里以遠は海技士が必要などあるけど )

 

モナコは無理でも、クルッと串本沖を経由して白子湾あたりに停泊し、本日

予選の鈴鹿サーキットへ向かえば、F1日本グランプリ決勝に間に合うかな?

 

という訳で、2024年シーズン残留を決めた " 角田裕毅選手 " に期待です!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳の、26年落ちのウチの軽トラックは再度の車検を受けて、満28年を

目指すことにしたのですが、この2年間を無事に乗り切れるのかは、相当に

アヤシイほどの傷みが進んでいます。

 

と言うのも「 したい、したい 」と訴えながら、なにも進んでいない、田舎

暮らしの自宅裏手に建設予定のガレージですが、ここには大昔、火の見櫓が

あった、その基礎コンクリートが残っていたり、石垣を撤去した大きな石の

移動など、軽トラックの荷台にワタクシが操作するバックホーで載せるので

バケットをブチ当てる可能性が無いとは言い切れない・・・( 笑 )

 

ただし、四駆ですが四駆に入らないとか、ラグタイヤからフツーのトラック

タイヤに交換してあるとか、未整地に乗り入れるには問題もあります。

( 350kgを載せてソコから出て行けるか?とか )

 

たぶん負圧ホースを追いかければ、四駆問題は解決すると思うところですが

ソレノイドバルブならば、部品が手に入るかなぁ。

 

昔は部品を探して解体屋さんを巡ったりしたものですが、インターネットで

その楽しみは無くなっちゃいました。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

高圧洗浄機を引っ張り出してきて、苔むした軽トラックを洗います。

 

そう、街で青空駐車の場合、クルマの屋根には鉄粉が降ってザラザラになる

のですが、さすが田舎暮らしの青空駐車、年単位で放置した屋根に触れても

ザラザラはまったく無いのですが、代わりに葉緑素たっぷりな空気のせいか

洗わないボディや、奥まった部分がミドリ色に苔むすのです。

 

汚れとともに苔をプシューと、高圧洗浄機の緩めの水圧で流し落とします。

サビやヘコみは消えませんが、灰色だった軽トラが真っ白に。

 

軽トラが無ければ仕事にならない田舎暮らしですから、どのお宅でもソレは

ケッコー新しめのクルマで、なおかつ昔は牛舎だっただろう屋根付きの保管

場所ですから、みなさんピカピカなことが多い。 ウチのが一番古いです。

 

台風の影響が心配ですが、盆おどりの準備や会場のステージとして軽トラに

活躍してもらう予定なので、その他点検「 空気圧OK!」

 

熱中症に注意して、引き続き夕方あたりからの草刈りです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 エンジンを組む 」と言えば、ワタクシたち世代のクルマ好きは、自身や

好き者な仲間同士寄って、チェーンブロックを使ってエンジンを降ろしたり

ポートを削ったり、キャブやカムを交換したり、サスを交換したりが、結構

フツーに行われていたのですが、クルマがキカイだった古き良き時代。

 

もちろん現代でも、チューニングショップなどは、一旦エンジンをバラして

ピストンの重量バランスを整えたり、面研して組み直すなどフツーにされて

いるのでしょうが、アマチュアが試みるには相当ハードルが高い。

 

L型エンジンのボアアップに " YAHAMA XT500 " のピストンを使用するなど

スワッピング情報もいっぱいありましたし、友だちの友だちみたいな関係の

他人から「 ウェーバー50パイの3連キャブが余ってるけど要る? 」みたいな

情報もあったりして、たぶん2~3万円で譲ってもらったような記憶。

 

とにかく当時のクルマはエンジンルームがスカスカでしたから。( 笑 )

 

手作りアンプのシャシーを裏側から覗くのと同様に、配管や配線が高品質の

モノで上手くまとめられたエンジンルームを覗くのは至福の時間です。

 

ワタクシの場合、そこまでの技術と予算はなかったので、そのウェーバーを

はじめ、レース用カム、電磁ポンプに永井電子のフルトラなど、中古パーツ

寄せ集めでしたけれど。

 

ポンプ不良の燃料供給不足で、姫路バイパス上で停めてしまって渋滞を作り

やってきたパトカーの警察官に「 リヤスポイラーは押さないで 」と頼んで

クルマをインターまで押してもらい、「 ちゃんと整備しろ 」と、おとがめ

ナシだったのは時効なハナシ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ウェットに替えるか、ドライで行くか・・・

終盤の小雨に翻弄されながらも「 2023 FIM 世界耐久選手権 " コカ・コーラ "

鈴鹿8時間耐久ロードレース 第44大会 」は3年ぶりに、宵闇迫るサーキット

にゴールを迎え、闘ったチーム、そして観戦者を大輪の花火が称えます。

 

地方紙でも取り上げられて話題の地元ライダーの中山選手も、多くの苦難を

乗り越えてこの日を迎え、チームは未来に繋がる15位という結果に。

熱い応援を送り続けたいです。

 

大昔にワタクシ8耐の前哨戦、鈴鹿6時間耐久レースに参戦するチームに帯同

して、泊まり込みの鈴鹿サーキットで数日間を過ごしたことがあり、メカの

手が足りずに、レーサーNSR250のエンジンを組むという・・・ワタクシが。

 

そのマシンはレース終盤、エンジン不調に陥ったものの、何とか完走を成し

遂げゴールしたのですが「 あのとき、こうしておけば不調を防げたのでは 」

との思いが、現在でも横切るときがあります。

 

丁寧な作業に加えて、チェックにチェックを重ねてさえ見落とすこともあり

思い返せば、あのとき配線のグラつきがあったことに気づけたのではと。

 

チーム全員が真っ黒に日に焼けた帰路の、打ち上げに立ち寄った国道沿いの

焼肉屋さん、味噌で土手を作り大量の野菜と肉を焼いてみんなで食べたのは

記憶に残る美味しいモノのひとつです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

F1観戦から遠ざかっている方もいらっしゃるでしょうから整理してみます。

 

セナプロで大流行の当時、年間のレース数は16戦前後で、日本グランプリが

第15戦だったので、毎レース6位(現在は10位)まで与えられるポイントを

積み重ねた、そこで年間チャンピオンが決まることも多かったのですね。

 

参戦台数が多かったために予備予選があったりもして、そこでハジかれると

予選のタイムアタックにさえ臨めない、小さなチームにとってはツライ展開

ですが、それでもエントリーがあったのは、情熱とバブルでしょうか・・・

 

さて来年は年間レース数24戦! 当時と比較して8レースも多くなり、日本

グランプリは第4戦、4月7日(日)決勝です。

 

かつ、2023年の場合で6レースは本戦とは別に土曜日、100kmのスプリント

レースが行われるという超ハードスケジュールになっています。

 

さて、今週末は " オールージュ " がスリリングな " スパ・フランコルシャン "

ベルギーグランプリの開催で、土曜日にはスプリントレースがあります。

 

金曜日に行われた予選でも雨が絡んだように、天候不順の荒れたレース展開

を生みやすいスパなので、チャンスをものにすれば中団チームにも表彰台の

可能性が高いサーキット、角田裕毅選手は予選を11番手で終えています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

国道沿いの歩道を行けば、特異な走行音とターボディーゼルのエンジン音が

後方から近づいてきて信号で停止、振り返ってビックリ!

 

20230725_16mcv01.jpg

 

「 戦車やん!」( 16式機動戦闘車:八輪駆動!2台いたよ )

 

慌ててスマホを取り出して写真を撮り「 みんなに見せなくちゃ!」と思った

のが 25日(火)のことで、目撃をジマンするの忘れてたわ。( 笑 )

 

思い出したきっかけは、三菱自動車がピックアップトラック「 トライトン 」

の新型を 26日(水)に発表し、年末から年始にかけて日本市場にも導入する

とのニュースに喜び「 ミツビシと言えば・・・ 」で繋がった訳で。

 

" ヤマブキオレンジメタリック " カラーの内外装がカッコよく、まだ ダブル

キャブの写真しか見かけませんが、シングルキャブ、クラブキャブのライン

ナップもあるようで楽しみです。

 

すると翌日には「 ハイラックス 」のマイナーチェンジが発表されて、全車

リヤデフロックが標準装備!

 

「 いまハード系の四駆が熱い!?」 ・・・八駆にはかないませんが。

 

う~ん、今秋には26年落ちの軽トラの入替の可能性が高いけれども、ピック

アップトラックに、その代わりは出来んもんなぁ~( 軽トラ四駆最強 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの映像を入手したのですが

一度はナマで見てみたい魅力的なイベントで、新しいモノから古いモノまで

様々なジャンルのレーシングカーが、公爵家の敷地のサーキットにストロー

バリアを並べて、タイムトライアルに挑みます。( 順位がある訳ではない )

 

狭いコースなので、必ずあるのが微クラッシュで、歴史に残るような名車が

藁のブロックとともに、ウイングなど吹き飛ばすシーンは、勿体ないですが

ヒストリックカーを飾るだけでなく、しっかり走らせる勇気が素晴らしい。

 

今年のグッドウッドでは、日本でのF1ブーム、バブルの象徴のようなブルー

が美しい、鬼才エイドリアン・ニューウェイ設計 " レイトンハウス CG901 "

がバリアに突っ込んで、リアセクションを破壊。「 あぁ、もったいない 」

 

時間とお金をかけて、しっかり修復されるのでしょう。

 

もうひとつ、生で見てみたいような、近づくのは避けた方が無難かもなのが

" マン島TTレース " 、5月から6月にかけての2週間、トップライダーから

アマチュアライダーまでが参加する大イベントは、1周60km強の一般道を、

トップスピード300km/hオーバーの20分足らずで周回します。

 

で、その映像は・・・ 見るだけでどんなホラー映画よりもコワいです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で、筐体デザインそのままに、i3からi7へと更新されたパソコンは、

ビジネスユースに十分な反応速度へと変化したのですが、おもに使っている

彼女は「 わたし壊しました? 」と、更新した理由を伝えていなかったので、

不安にさせてしまい「 申し訳ないです 」ビシバシ使用してください。

 

現在20+台ほど稼働しているパソコンのうち、残り数台がi3だったりCeleron

だったりするので、順次更新して行く必要が。

 

が、同じスペック同じインストールソフトにもかかわらず、サクサク動いて

いるパソコンもあれば、ダルくてキビしいのもある、その差の理由を探って

みなければなりません。

 

ま、同じ筐体でスペック違いといえば、クルマがまさにその典型的なモノで

ボディの見た目は同じでも、エンジンが違ったり、足回りが違ったり・・・

 

最近ではソコに、駆動輪数の違いもあったりするので、見た目は同じでも

「 まったく違う 」モノになっていたりする理由は、よくわかります。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ちょっと二輪車購入から遠ざかっているので、いや、今後あるのかもかなり

アヤシゲではありますが、ウワサでは四輪車同様、新車を買おうと思っても

半年から1年待ちはザラ、へたをすれば購入したくても買えない状況だとか。

 

半導体不足というよりは、流通のカタチが大幅に変化してきたからでしょう。

 

すると、従来の待ち期間で乗り始めることが出来る中古車人気が高まるのは

必然で、そこに旧車ブームが加わって、二輪中古車もエライことに。

 

2stレーサーレプリカ系など、ワタクシたちちょいあと世代ライダーたちが

革ツナギの上からトレーナー被り、ヒザに空缶テープで止めて、アチコチの

ワインディングでコケ回っていたイメージですが、現在、なんとまぁ驚きの

中古車価格となっています。

 

二輪車はそこそこな台数を経験させてもらっていますが、どれも人車一体と

なった操作感と軽快感はたまりません。

 

四輪車の経験は少ないですが、B110、B210サニーなどは、ラリーごっこで

ツブしていましたし、GTO GS-R は( オーバーフェンダーのアレね )デフ

ロックしたソレでドリフト楽しんだり( もったいない・笑 )LJ10だったか

LJ20だったかの、2st 360cc ジムニーも遊ばせてもらったなぁ。

 

いま欲しいのは、ナンバーの付く軽い4stトライアル系のマシンでしょうか。

乾燥重量80kg以下ならば、振り回すように扱うことが出来ます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • fukuchiyama-castle01.jpg
  • fukuchiyama-castle01.jpg
  • fukuchiyama-castle01.jpg
  • fukuchiyama-castle01.jpg
  • fukuchiyama-castle01.jpg
  • 20240411_parfait_meeting.jpg
  • 20240410_cat01.jpg
  • asuparagasu2024_04.jpg
  • asuparagasu2024_03.jpg
  • asuparagasu2024_02.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 7.8.2