2010年3月アーカイブ

 

 

昭和45年の大阪万国博覧会よりもずっと以前の、もの心ついた頃から

「アレルギー体質ですね」 と、言われ続けての病院通いが欠かせず、

それでも 2、30歳代の体力全盛の頃は、多少マシで・・・

 

そんなこんなの現在、40歳代中盤から後半を迎え、そっち系は絶不調。

ここ数週間は、夜もまともに眠られません。

 

年度末のバタバタや、自らまねいた遅々と進まぬ作業、モロモロ、病気。

精神的に不安定になりそうなのを、落ち着いて、慎重に、ゆっくりと、と

言い聞かせて、心穏やか暖かい陽射しに期待の4月を迎えます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

囲炉裏を作ろう! と考えている部屋の天井を抜いて現れたのは、

すでに施工を終えた隣と合わせた中心に、ドンッと渡る太い梁。

 

隣より狭い、この部屋からだけ見ると、それは中心に無く、また

はるか上のほう。 (笑)

 

囲炉裏の上に置く、火棚を吊るためには工夫が必要です。

という訳で、新たに梁を設けるべく古材屋さんに向かいます。

 

が、長尺物を持って帰るにも軽の箱バンしかないので・・・

 

hari01.jpg

 

・・・こんな姿で。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

先日、剪定した樹木の枝が、そのまま山積になっていたのを

枝を払い、適当な長さに切り、荒縄で括って、来シーズンの

薪ストーブの焚きつけとして片付けます。

 

と、半日作業して減った枝は約1/3、まだまだです。

 

それにしても新たに田舎で暮らし始めると、アレやコレやと

道具が要ります。 例えば 「荒縄」。 他の方々の家では昔から

そこらにあって、「新たに購入」 なんてイメージは無いのでしょう。

 

いや、もしかして編んでおられるのか・・・

 

夕方になって、真冬のごとく吹雪きだしています。

まさか明日の朝、積もってないやろなぁ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

蕎麦の先生でもあるPCの生徒さんが (笑) Windows7 OS の

最新フルスペックノートPCを購入されたので (それまでは98機)

ま、ワタクシも使い勝手を試してみるか、と昨日、ポチッとキーを

押したら、さっそく今日、新しいノートPCが届きました。 早っ!

 

実物を見もせず注文したので、箱を開けて初対面。

メチャおもちゃっぽくて意外に好きかも。

キーボードがヤワで、たわむのが気になるけど、超サクサク。

カタログ値8時間のバッテリーは、どのくらい持つかな。

全体的には気に入った新ノート、コレってどこの国製???

 

とりあえずキータッチに慣れるために今、何の設定もしないままに

ウェブからコレを書いていますが、ワタクシって筆圧も、歯ブラシ圧も、

キーボード圧も高めなようで・・・ コワしませんように・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

屋根裏、棟木の少し下の妻部に換気扇用の穴を開けます。

囲炉裏を活用し始めたら、きっと必要だと思いますので。

 

内側から120mmの直径で土壁を削り、骨材の竹を切断し、

ドリルで外に向かって細い穴を開けてみます。

 

外に回って屋根に上がって確認。 よし! バッチリの位置です。

 

屋根上で、モルタル外壁にヒビを入れないよう、振動ドリルで

多数の穴を開けて開口。 ラス地も切り抜いて、貫通完了です。

 

塩ビ管通して、下地作って・・・

 

換気扇設置の下準備が整いました。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

屋根裏の工事、ザザッと大胆に仕上げたいのですが、

かえって難しい。 キチッと作るほうが気持ちは楽です。

 

yaneura01.jpg

 

コレは薪ストーブを設置した部屋で、天井を抜いて出てきた

梁を露出させ、屋根傾斜に沿って下地を作った上で、さねを

加工した杉板を、キチッと張っています。

 

大き目の天窓がとても明るく、「ここは外!」 というイメージで

トイレを山小屋に見立て、遊び心いっぱいで作ってみました。

 

yaneura02.jpg

 

で、こちらは囲炉裏を設置する予定の部屋の屋根裏。

 

萱葺き屋根の裏が見えている、ってイメージで施工中ですが、

この葦簀 (よしず) や、簾 (すだれ) を転用した、ザザッとした

大胆加工が、板を張るより悩ましくて難しい。

 

いい感じに仕上がれば嬉しいのですが・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

天井裏に上り、昨日記した墨を頼りに下地作りに励みます。

上って寸法を測り、下りて胴縁を切って、上って固定して・・・

 

脚立2個分の高さ、幾度、繰り返したでしょう。

自分で設置したのですが、不安定な足場も緊張を誘います。

 

本日、下地完成して、足パンパンです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

天井を取り払った上には、測ったところ3寸5分勾配の屋根裏、

粗仕上げの野地板が見えていますから、さて何で化粧するか?

 

雨も降り続くので、その素材探しに巨大ホームセンターへ。

アレ見たり、コレ見たり、悩み悩んで、葦簀 (よしず) を使って

屋根裏を覆う、って試みはどうでしょうか?

 

そのための下地作りの材料の購入と、レーザーを使っての

墨出し作業で本日終了。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

パソコンの調子が悪いので見てもらえない? と聞いていたので

雨も降ることですので、さっそく向かいます。 ケッコー重症。

 

なんとか修復して・・・ おっ、昼前。

 

こんな日に済ましちゃおうかぁ。 と、ちょっと年配の方の 「パソコン

買いに行くのに付き合って」 と頼まれていたのを電器屋さんへ。

 

もう夕方やん。

 

自宅に帰って暗くなる頃、薪ストーブに火を入れていると・・・

ピンポーン。 「パソコン譲ってもらったから教えて」 って。

 

突然!? ちょっとビックリ。

 

「左をクリックしてみてください」 「あっ、それ右」

なかなかにオオゴトな一日になっちゃってる気配濃厚。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

屋根裏の仕上げは、安価に、手間を少なく、センスよく、を目標に

計画を練ります。 まずは採寸から・・・

 

といっても、脚立だけでは届かない高い場所に上がるための方法が

必要で、考えた末、和室二間から外した畳14枚を重ねた上に脚立を

置くことで解決しました。 移動が難しいです。

 

で次は、作業のための足場、先の和室で撤去した畳下板を使って・・・

 

ashiba.jpg 

 

なかなかスリリングな作業足場が出来上がりました。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

抜いた天井から屋根裏を見上げると当然、仕上げの施されていない

棟や母屋、梁や桁、束などの木材や、粗土のままの壁、切妻屋根の

傾斜の野地板がモロに見えています。

 

ちなみに、どう足場を組んで作業しましょ? の最高点は床から約5m。

 

囲炉裏を作る予定ですから、その上には・・・ 何ていうんでしたっけ?

火棚? たぶん火棚です。 囲炉裏の上にある井桁状の吊り天井。

 

を、作るつもりですから、粗仕上げの天井裏はそれほど見える訳でも

なさそうですし。

 

本日、そのアイデアと素材探しに、黄砂に霞む街へ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

床の間のある西側和室の造作が完了したので、片付けと

掃除を済ませ、午後から東側の和室に取り掛かります。

 

こちらの部屋には囲炉裏を設けようと考えています。

ので、低い天井は撤去し・・・

 

すぐに着替えられる時間、ということで、夕方近くになって

埃まみれになりながら、大きなバールを手に解体!

 

壊した後で屋根裏を見上げ・・・ さて、どうしましょ?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

晴れ渡り空気は透明。 こんな気持ち良い日の午後からは

樹上の人となって、懸念の剪定にチャレンジです。

 

sentei.jpg

 

腰のベルトに、先日購入した剪定ノコ、ナタ、カマ、を下げて

木に登ります。

 

栗の木はネバリがあるのですが、柿の木は、いつでも折れてやるゾ!

っていう感覚が、足の下からビンビンに伝わってくるのが緊張です。

 

ノコの切れ味がよくて、気持ちよく作業が進みます。 やはり道具ですね。

合計11本、スパッと剪定が完了し、今日の天気のように気分爽快!

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

ヒノキで作った巾木を染めるついでに、素地の木の表面が

そこそこ傷んだ建具も、取り外して塗ってみます。

 

旧、床の間で使っていた書院の細工が嬉しい事に複雑で、

ガラスを外すために分解してみると、その繊細な仕事に

驚かされます。

 

元々の良さを失わないように染め上げて完了。

なかなかのイメージに仕上がりました。

・・・その写真は週末に。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

どうにもこうにも、芽吹く前の近日中に庭の樹木の剪定をせねばなりません。

とは言うものの、石垣のある斜面に生えているものですから、家側から見た

高さは数メートルですが、反対側からは、もし落ちたとしたらちょっとヤバげな

十数メートル。

 

もちろん木に登って、手の届く範囲で枝を切るしかありませんので、生木用の

剪定ノコを買ってきました。

 

えっと、折れやすいのは柿の木でしたっけ?

 

安全帯を持っていないので、ロープでからだをくくっての作業になるのでしょうか。

いずれにしても、こんなことでケガをする訳にはいきませんから、安全第一です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

日曜日にベースカラーとなるエボニー色のオスモカラーを刷り込み、

雨模様の月曜は丸一日養生日にあてて、本日、フロアクリアーを

重ねて刷り込みました。

 

塗装作業の施工にあたって悩んだのが、床の間をどうするか。

 

ケヤキの框は木肌の赤が風合いを出していますが、床表の杉板の

白肌を生かすのか、着色するのか・・・

 

悩んだ末の、無塗装のクリアー仕上げが上手い具合に、ネオ和風を

演出してくれています。

 

osmo.jpg

 

写真の床柱はバトンのオイルステイン、床はオスモカラーを使っての

クリアー仕上げの途中の様子です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

朝食は食パン一枚とカフェオレ、ヨーグルトに果物が定番。

今朝のフルーツは 「グレープフルーツ」 でした。

 

先日は最近話題の多い 「文旦」 を。 うん、美味しいね。

 

キンカンが 「たまたま」 って呼称で売れてるって聞いて

おやつに生のままでかじってみます。 おっ、ウマッ!

 

焼きたまたまも美味しいということで、オーブンで焼いて

みると、ほほぉ、ジャムの味です。

 

夕食には袋に、醤油や塩をつけてどうぞ、と書いてあった

「ひゅうがなつ」 を、その通り、櫛切りの刺身で試してみます。

 

ビミョー。 遠い昔アボガドを、そうして食べた時ほどの感動は

ありません。

 

ま、でも、何でもチャレンジ、チャレンジ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

庭の木の剪定は、昼までに終わるだろうから午後からするね、と

塗り始めた、一面に厚手の杉板を張り終えた床。

 

オスモカラーという粘度の高い塗料を使ったので、塗る、というより

延ばす作業なので、思ったより時間がかかります。

 

結局、塗り終えたのは午後5時過ぎ。

 

剪定は次回にして、ウグイスの声を聞きながら静かな夕暮れです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

誘っていただいて、リフォーム関連会社数社で催される

「お客様感謝祭」 に寄せていただきました。

 

会場は文化祭さながら、うどんやフランクフルト等々の

模擬店が出店し、楽しいイベントやコミュニティFMの

生放送なんかも入ったりしています。

 

ワタクシは、マイ箸つくりの体験イベントなんかを・・・

 

myhashi.jpg

 

結果? ん? 自称セミプロですゼ。 フフ。

もちろん上手く作られません。

 

で、今回の目的は住宅版エコポイントの対象にもなる

窓の内側に取り付ける窓、プラマードの実物見学です。

 

大幅な改造をしていない、寝室&PC部屋にしている2階の

結露の激しい西側窓に取り付ければ効果があるかな? と。

 

他にもトイレ関連、床材関連の実物展示等があったので

14日の日曜日も開催の、このイベントに興味のある方は

風の吹くまま 気の向くままに

↑ こちらのブログから情報収集です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

玄関先の植え込みを撤去したので、広々と気持ちはいいのですが

まだ土のままですので、雨が降ればヌチャドロで不快です。

 

さて、ここを、どのような材料で、どんな仕上げにするのか・・・

もちろん予算も考慮して、考えているのですが決めかねています。

 

地面が水平でないのも悩ましい。

 

大工工事に関しては素人なりに、だいぶ理解出来ているのですが、

庭造りに関しては、技術どころか、知識もまったくありません。

 

プランニング、お願い出来ます?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

その、囲炉裏の框 (かまち) は、もう少し先の話ですが、現在施工中の

床の間の框は、撤去したモノを再生して本日設置完了。

 

再利用ですから、表面を削って整えたいところですが、カンナでは厚みを

一定に仕上げる自信が無く、丸ノコを駆使しての框作りです。

 

kamachi.jpg

 

プラス! 床の間の幅に対して、古い框材の幅が微妙に足りなかったので

左右に、ちょっと工夫した細工を施してみました。

 

なんとか順調に床の間の製作進行中。 明日には完成するかな?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

床の間の造作を開始して、おっ、いい感じ! と調子に乗ってきた

昼前から、雨が降り出して中断、残念です。

 

午後になっても降り止まず方針転換。

 

以前から 「木材のリサイクルセンター」 の看板が気になっていた

古材屋さんを、ドライブがてら訪ねてみます。

 

デカッ! 在庫の量、スケールが大き過ぎて、何を見ていいのか

判断つきかねますし、巨大トラックが行き交ってメチャ危険。 (笑) 

 

それでも、もうすぐ必要になる囲炉裏の框に良さそうな古材も

あったりすることを確認して、本日は見学のみ。

 

その時が来たときに、いい木に巡り合えますように・・・

 

その前に、囲炉裏ってどうやって作るの???

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

明け方前から降り始めた、みぞれ雨。

明るくなっても気温は上がらず、冬に戻ったような寒い一日です。

 

こんな日は作業をあきらめて、近々に迫った車検の準備をすべく、

前もっての用紙を買いに陸運局へ向かいます。

 

おぉ! 近くにはもうすぐ操業開始の巨大な液晶パネル工場が。

新しい橋も開通しているので、用事が無くても渡ってみます。

 

せっかくですから、すぐ横のスーパー銭湯へ1年ぶりに。

思えばこれが、今年初の外風呂です。

 

・・・せめて年間、12湯くらいは。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

雨がらみの日が続くので、外での刻みが必要な床板張りが

遅々として進みません。 が、やっと本日、床部分完了。

 

で、床の間の造作に入ったのですが、その知識も経験もない

ワタクシに作ることが出来るのでしょうか? 框どうしましょ?

 

悩み、悩み進めていると、ドッ、ドッ、ドッ、と、ビッグツインの音、

手作りの新鮮くぎ煮を、ハーレーで届けてくれました。

 

「ありがと!」

 

片付けたら日が暮れて、立ち呑みカウンターで、くぎ煮を肴に

一杯やってます。 あぁ、シアワセ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

ネコは飼い主に対して、世話になった礼とか、「ワシがこいつの面倒を

見てやらねばな」 などと感じて、仕留めたネズミとかを、贈り物として

貢いでくれたりするそうです・・・

 

クサイ! クサイ! クサイ! あまりの臭さに目を覚ますと、ワタクシの

枕元に死にかけたカメムシが! その横には先に目を覚まして布団を

抜け出した飼い猫のゆず。

 

ん? もしかして貢物として、つかまえて枕元に置いてくれた???

で、ホメテくれと言わんばかりの表情でそこに居る?

 

ハイ、ハイ、よし、よし。

 

午前4時に貢物はイランからね。 っていうか、カメムシもネズミもノー

サンキュです。 小判ならイイけど。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

緊急の整地作業では、川の中に入ったりもしたもんだから、

(なぜか? は置いといて) 早めの風呂で汗を流していると

プルルルル、と鳴る電話。

 

「今日の棟上の宴会中、今から来ぉへん?」

 

「もちろん! 伺わせていただきます」

 

ご近所 (といっても車で約10分) の、同じ年齢の友人宅が

古かった離れを、新たに建てるのです。

 

呑むこと前提なので、彼の奥さんが迎えに来てくれて、それから

数時間、楽しく呑んで、語って、酔っ払って・・・

 

再び、奥さんに自宅まで送り届けていただきました。

「ありがとうございます」

 

素敵な家の完成、楽しみにしています!

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

「腰痛ぇ」 などと言いながら引き続き、伐採した木の枝を払っていると

ご近所の造園屋さんが 「切ってもたんか! あの木欲しかったなぁ」 と。

 

ひと声かけてから作業すればよかったと、申し訳ないです。

 

「で、どうしたいんや?」

 

「スッキリと何も無くしたいのですが」

 

「よっしゃ、昼から空いたから来たろ」

 

本日午後は、腰のことなど気にしていられない整地作業開始です。

 

到底、人力では無理だった大きな根をユンボを使って、グイグイと

いくつも掘り起こしていただき、巨大な庭石はユニックで吊り上げます。

 

木も、石も、土も、ぜんぶ無くなってスッキリ!

 

みなさんに応援いただき 「ありがとうございます」

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

雨の予報に、刻み仕事は中止して、午前の小雨の間に

敷地内の不要な樹木伐採作業をします。

 

同時に、ツルハシ振るって植え込みを囲ってある石積みを

崩したのですが、体力に合わない大きめの石をエンヤッ!

と無理して動かしたので、夜になって腰が痛くて・・・

 

運動 & 柔軟不足を痛感したので、明日からは作業前の

ラジオ体操を心掛けたいですか、起き上がられるかな?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

施工中の和室の床板も9割ほど張れて、そろそろ床の間の

仕上げを考えなければなりません。

 

傷んでいたので一旦、撤去した床の間は現在、他の床と同一の

高さで、断熱材を下に入れたコンパネで敷き詰めています。

 

なので、一段上げる造作は簡単なのですが、さて床と同じ杉板で

作っていいものかどうか・・・ かといって、欅の一枚板なんて無理!

 

どうしようかなぁ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

色々な偶然が重なって、この場所に巡り合い、住ませていただいて約1年半、

その巡り合いの始まりに、お世話になった方に寄っていただきました。

 

岡山で、田舎暮らしの不動産屋さん 「アイターンホーム」 を運営されている

お二人ですが、ご自身でも古民家を再生して事務所とし、小屋などを建て増し、

周辺一帯を 「あいたん村」 として村づくり中です。

 

その岡山弁? の商売っ気の無い、魅力たっぷりの熱い語りに惹かれますし、

日々更新のブログも、写真が綺麗で楽しく読ませていただいています。

 

私たち二人が、田舎暮らしをしたいな、と漠然と考え始めた、その一番最初に

訪ねたのがこちらで、見せていただいた事務所や物件、お話が、現在に至る

構想の始まりになりました。

 

結果、この場所は、また違う出会いからの巡り合いとなったのですが、最初の

出会いがなければ、ここへも、たどり着くことはありませんでした。

 

いつかお礼に伺わなくては、と思っていたのが、先方から訪ねていただき、

(それもお土産いっぱいで!) 恐縮しきりです。

 

次は、たっぷりの土産話と労働力 (笑) 持参で、あいたん村を訪ねさせて

いただきたいと思います。

 

まだまだ、訪ねてもらった方に寛いでいただける状態でもない改装中ですが、

楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

「ありがとうございます」

 

素敵な出会いが、私たちを、社会を育ててゆきます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

この時期、クルマで税務署に向かうのは駐車場渋滞の危険が大ですので、

春の気配を感じつつ、ぷわぷわと自転車をこいで、ゆっくり進みます。

 

交差点を越え、線路を潜り、歩道橋を渡って・・・

 

申告終えて、役所や銀行の用事もついでに済ませます。

自転車ってヘイワ。

 

片付けて、クルマで移動始めた途端の正午から雨が降り出しました。

危機イッパツ。 予報では夜からやったんちゃうん?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

  • スレート屋根: 外での自然の環境下に 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • スレート屋根: 新製品の材料の傾向に 続きを読む
  • ガルバリウム鋼板屋根価格: 壁の塗装は外壁の下地 続きを読む
  • 喪中はがきはどこで買える?コンビニで販売してる?: どもー。 ゆきずりの 続きを読む
  • ガルバリウム屋根工事: 屋根の単体工事を建築 続きを読む
  • 福島県の外壁塗装の情報: 福島県の外壁塗装のと 続きを読む

アイテム

  • hari01.jpg
  • yaneura02.jpg
  • yaneura01.jpg
  • ashiba.jpg
  • sentei.jpg
  • osmo.jpg
  • myhashi.jpg
  • kamachi.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja