ホームページやPCの最近のブログ記事

 

 

早くしなければと思いながらグズグズ、グズグズ、結果「 今週末までには着手

してもらわんと間に合わんな 」と、一気に原稿を考えて相手方に送信。

 

やれば出来るやんオレ。( 手が遅すぎるってば・笑 )

 

まぁ、アタマの中でクルクル、クルクル、アイデアをまとめるまでがオオゴトで

「 こういったモノにしよう! 」と決まれば、あとは作業ですが、コレが楽しい。

 

ドローソフトを操作している時間は好きですね、13.3インチの小型ノートで。

 

出来れば、21~23インチくらいの( デカ過ぎても疲れる )液晶とハイスペック

パソコンで作業をしたいところですが、みなさんのPCは順次、入れ替えを進めて

いますが、ワタクシのデスクトップは後回しです。@ 事務仕事専用スペック。

 

「 モニターがチラつきだしたな 」と入れ替えても直らず、たぶんグラフィック

ボードが逝きかけている様子に加え、CPUも何世代前のものか・・・

 

さて内照看板は、使用するキャストアクリル板をワタクシが用意したので、看板

デザインの出力をお願いしに、その事務所に持ち込んだのですが、いったいこの

出力機の価格はいくらするのか? と、デカイ、Roland製の溶剤インクジェット

プリンターのカッコイイこと!

 

透過時にワタクシの思い描くモノに近い " 色 " が出るか、試作をしてもらいます。

このあたりの無理をきいてくれるのは、ありがたい。

 

「 マゼンタを何パーセント増やして・・・ 」など、プロの仕事ぶりを見ています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 パソコンに詳しい 」みたいな言葉は意味の無いことを " パソコンに詳しい "

方々は知っておられるのですが、一部の方々にパソコンに詳しいと思われている

ワタクシには、ときに各種質問が降ってくることがあります。

 

もうそれはパソコンに限らず、電化製品すべてについて。( 笑 )

 

LED電球の不具合まで相談していただけるのは、喜ばしいことなのか、オオゴト

になっているのか・・・

 

パソコンぽい分野にしても当然、使っていないソフトウェアやアプリについては

知っていないのですが、まぁおよそ使い勝手は同様で、ソレを質問してくる方の

習熟度ならば、たぶんソレには答えられてしまうので困りものです。

 

しかし、興味なき分野のワタクシの無知さ甚だしく・・・

 

さてこの度「 わたしは何を買えばいいの? 」との彼女からの質問に、まったく

答えられないのは、最近のDVDレコーダー類について。

 

某、アイドルユニットの( うち1名の恋人がどうのこうの話題の )アルバムを

購入する彼女ですが、ウチにソレをかけるスベがなく、" 積読DVD " 状態。

 

トイレの一角に専用コーナーを設け、なんかいっぱいあるゾォ。

 

「 何を買えばいいの? 」、ブルーレイやテラバイトやらの言葉が乱れ飛ぶ中で

何をアドバイスすればいいのか、ワタクシの知識がありません。

 

「 場所をとるので、出来れば水平に置くより、壁固定とかがいいかな 」そんな

無知なワタクシの回答に、応えられるモデルは存在するのか!?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレ種類があるようですが、ウチの職場では「 OKグーグル♪ 」というのを

1台活躍させていて、なかなかに便利なのですが、もっともっと機能を引き出し

プチ未来を楽しまねばなりません。( 笑 )

 

その調理特化型のデイは、歩いて操作しても数歩の小さな職場ですが、それでも

クロームキャストと繋いで「 世界遺産の映像を流して♪ 」と頼めば、キレイな

背景がBGMとは別に流れていますし、「 レシピを映して♪ 」と頼めば、iPadの

中に溜めている画像が、ドーンと大画面テレビに映し出され、パンタグラフ式の

ステーで壁固定しているのを引き出して( これは手動・笑 )調理台へ向けます。

 

動画系の仕掛けやソフトに弱いので、なんでこうなっているのかがイマイチ理解

出来ていませんが・・・ 結果、便利、便利。

 

赤外線リモコン系のデバイスを入手し「 照明を点けて♪ 」とか、空調の操作も

出来ればと思ったのですが、そもそもリモコンがあるのはテレビだけでした。

 

そんなアレコレ話しかけ方を、事前にアタマの中で整理しておけば、音声認識の

レベルはそこそこなのですが、フリートークのように同時進行の認識で、自由に

話しかけることは出来ないので、それはもう少し先の未来か・・・( 笑 )

 

「 OKグーグル、切れた灯油を足してきて♪ 」

 

まだまだ早朝、深夜には石油ファンヒーターの活躍が必要な、田舎暮らしの自宅、

スマートスピーカーはありませんし、そもそもウチは超遅いADSL回線です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

Xデーは決まっているので、そこから逆算するとアレコレ、目の前に締切が迫り

かなりヤバイ状況なのですが当然( キッパリ )、間に合っておりません。

 

とくに外注する印刷物は、納品までにかかる営業日数が絶対なので、早めに動く

必要があるにもかかわらず、その前段階の版下作成の時間が取れずに焦る焦る。

 

まぁ、自業自得ですけれど。

 

その中には写真が必要な項目もあり、それら数カットは天気と時間に折り合いを

つけて撮影済みなのですが( 時間は太陽の向きのこと )、撮影日が違うと空の

色合いにも差異が生じて、ペイントソフトで近似値には出来るものの、なるべく

ならば自然のままで使いたい。

 

同日、同時刻に逆光で撮った写真の、被写体の露光を触るほうが自然か・・・

しかし、手前に落ちる影がジャマなので、そこにフォントを重ねるか・・・

 

試作を繰り返して、納得のゆく結果を探し求めるのですが、空の色を優先させる

となると、やはり「 逆光でもシャッターを押しておいてよかった 」となるので

デジタルな時代、どんな条件でも一応 " 撮っておく " と言うのは相当重要です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ノートパソコンを用意しなくちゃならないんです~( 涙 )」

 

「 あえて用意しろならば、液晶は15.6インチ程度、CPUはCore i5以上かな? 」

 

「 !、その通りなんです。 なんで分かるんですか? 」

 

最近の若い人たちは、スマホで何でも出来る時代に生きているので、パソコンの

使用には不慣れで、新入社員など " パソコンの使い方 ・ 基礎編 " 教育も必要と

ニュースで見かけますが、まぁソレも錯誤な時代は目の前でしょう。

 

ただ、会社や教育現場の方がソレにはついて行けていないので、まだまだ当面は

それらの場所でのパソコン使用は不可欠、慣れておいてください。( 笑 )

 

タブレット端末の現場への導入は、各方面でかなり進んでいるように感じます。

 

さて、息子さんの進学で、上記の会話のスペックのノートパソコンを用意せねば

ならなくなった彼女ですが、違う目的であれば「 ワタクシが使ったモノでも~ 」

的なことが言えるのですが、ことノートパソコンの授業での使用となれば、何は

ともあれ、バッテリーはビンビンである必要がありますし、スペックもしかり。

 

新品価格も比較的こなれた時代とはいえ、なんだかんだ高い買い物になるなぁ~

なにか、いい手が浮かばんものか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

背景に使わせていただくフリーのテクスチャ探し、本来すべてオリジナルである

ことが理想ですが、ペイントソフトの利用でゼロから作る手間を考えると・・・

ありがたく使わせていただきます。 m(__)m

 

まぁそれにしても、どのテクスチャ素材も素晴らしい出来で、パーツを拡大した

目で見れば、確かに描いたモノですが、もう現実の手触りが伝わってくるほど!

 

紙はカサカサと音が伝わってきますし、メタルはどこまでも硬く冷たく、木材は

その匂いさえ脳裏に浮かびます。 これらを、そうでない素材にプリントすれば

人間の脳をダマすのは、いとも簡単ですね。 今回の目的ではありませんが。

 

さて、使わせていただくテクスチャ素材を元に加工して、自分流に仕立てて行く

のですが、好みが露出控えめハイキー調に浅く焼いた感じなので、元々は適正な

露出か、もしくは焼き込んで陰影をはっきりとさせた感じのテクスチャですから

そこからですね。 いや、その他の加工を済ませてからトーンバランスです。

 

先日にも書かせていただきましたが、印刷が上がると、またイメージも違うので

それを一致させる知識を学ばねばなりません。

 

ハナシ変わって、フリーソフトの場合は " 加工 " 出来るモノは少ないので、ソレ

を使わせていただいて「 こうアプローチするのか 」とか「 これは使いにくい 」

と学んで、ゼロからの制作に役立たせます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

月々の料金の中に、分割代金が組み込まれていたりするので、結構高価なモノを

気軽に持っている実感がありませんが、実際のところ普及クラスのデスクトップ

パソコンより高価なスマートフォン。

 

例えるならば、そこそこ頻繁に「 おっと! 」と言いながら、手元から滑らせて

床にパソコンを落とす感じでしょうか。

 

メーカーいち押しのハイスペックモデルは、十万円を超えますから、アチコチに

" ポン! " と気軽に置き忘れたりしている " 十万円札 " です。( 笑 )

 

まぁ、そんなことを言い出すと、何百万円もするバイクやクルマを駐車できなく

なり、「 盗まれたので拡散お願い 」的な、SNSを見かけると哀しくなります。

 

万が一、無くなってヤバイのは値段よりも情報ですけれど・・・

 

そんなスマホをつい先々月あたりに、液晶画面デカイ最新スペックみたいなのに

交換した彼女が「 液晶が割れたぁ~ 」って。 「 えっ!? 」

 

見れば、絵に描いたようなピキピキのヒビが、縦横無尽に走って悲惨な画面。

 

どうやら手帳型ケースのバンドの、スナップボタンが液晶に当たっている状態で

カバンの中で圧力が加わってしまった感じです。 パチンと留めておけば・・・

 

「 う~ん 」と、一縷( いちる・書けんわ )の望みにかけて、保護フィルムを

ソロリとめくってみれば・・・ ラッキー! ヒビはフィルムのみです!!

 

ちょっと、お高く感じたけれど保護フィルムを貼っておいてよかった。

 

新品に貼り替えて、古いのをクイッと曲げてみれば、パキン! と割れて、マジ

薄いガラス製であることが分かります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 A4サイズ三つ折りパンフレットの原稿制作をしなくては 」ずいぶん前からの

課題で、それも3種類! なかなか「 このようなモノを作ろう 」との基本方針

が見えて来なくて、着手そのものが先送り、先送りとなっていたところ・・・

 

「 作りかけた 」と言うだけですが、やっと1個めの制作開始。

 

印刷物を作り始めるにあたって、いつも思うのは「 もっと印刷について勉強を

しておけばよかった 」いや、いまからでも遅くはありませんから「 したい 」。

 

原稿から紙の選定、印刷、製本、裁断( 順番が違う? )に至る、実際の作業を

知らないので、原稿を作る際のルールがよく分かっていないのです。

 

ドローソフトの操作も、こと " 印刷用原稿 " という意味では無知で、トンボに

始まって、ヌリタシ、フォントのアウトライン化あたりは理解できるとしても、

アレコレ入稿に際しての注意点が分かっていないのがトホホ。

 

で、また今回は " 三つ折り " ということで、完成イメージの確認に、手持ちの

A4レーザープリンタで印刷して折ってみるのですが、周囲に白いところが残り

実際の完成イメージとは違います。

 

あっ、A3プリンタ( インクジェットですが )を使い、用紙の真ん中に印刷して

裁断すれば、完成イメージが分かるか・・・ 裏表で位置が合うかなぁ・・・

 

完成すれば、ウェブに落とし込んで、クリックで三つ折りが開くような仕掛けも

作ってみたいので、印刷原稿のキホンと合わせて、ご指導お願いいたします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

制作してアップすれば、すぐに効果を発揮するという訳ではないホームページ。

 

しかし、コンテンツが " タイムリーなモノになっていない " など、そのままに

することなく更新をかけ、レイアウトなどデザインのチェック&更新もマメに。

 

すると、最近になって目に見えて反応を感じるようになり、それがクライアント

及び制作者の意図するところとズレていなければ、これはウレシイ。

 

直接、電話、ホームページからも各種お問い合わせ「 ありがとうございます!」

また求人へのご応募、ともに仕事をさせていただける日を楽しみにしています。

 

アスケア株式会社のホームページ → http://ascare.co.jp

 

という訳で、本日は自画自賛、宣伝を兼ねた内容になっているのですが、昨年来

処遇の改善や、研修への参加意識向上、制服の一新など、ホームページの更新を

含めて、少しずつ改善に努めてきた効果が現われはじめ、職員方々、会社自身の

レベルアップを実感しており、しっかりと継続させて行くことが重要です。

 

また求人への問い合わせに関して、その内容、用意書類、面接場所などの説明に

「 弊社、ホームページから確認をお願いします 」と応答できるのも大変嬉しく、

求職者の方々にも、それらをしっかり確認してから応募いただけるので、安心と

レベルアップに繋がっているのではないかと自負しています。

 

今後も、働いていただける&いただいている方々の安全を最優先に、安心と安定

した収入、スキルアップとやりがいに繋げられるように、がんばって行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

市販ソフトウェアや、ASPソフトに頼らなければ、とんでもない手間が発生する

分野もあり、そこに費用が掛かるのは良いのですが、他の分野ではウチが独自の

内容だったりして、既製品ソフトでは " 帯に短し襷に長し " が多々発生中。

 

もちろん折り合いを付けながら使用しているのですが、使わせてもらうその度に

「 ここがこうならば助かるのになぁ~ 」という思い。

 

ワタクシレベルの知識でもなんとか作れそうではあり「 じゃ、オリジナルを! 」

と意気込むのは、いつもその問題に直面したとき。

 

直面してから作り始めたのでは、当然そのアウトプットが必要な期限に間に合い

ませんから、結局 " 帯に短し~ " を使わせていただき、その度の思いの繰り返し。

 

う~ん、どこかで何とかしたいゾォ~

 

いただいた年賀状を楽しませていただいた後は、あいうえお順に並び替えてから

データベースと照らし合わせ、住所変更などが無いかをチェックすのはもちろん

お名前の表記などを最新のものに合わさせてもらっています。

 

「 崎 」と「 﨑 」( 文字化けするかな? )とか、「 浜 」のアレコレとか。

 

いくらソフトウェアが便利と言っても、ひとの手や眼があってこそです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

遅れに遅れて恥ずかしいのですが、やっとホームページの制作に着手し、まずは

トップページから。 素材写真が撮れていないので、仮写真を挿し入れて。

 

今回、写真は若い( ワタクシより・笑 )センスに任せてみようと、イメージを

伝えているのですが、仮写真で作ったページを見れば、そのスペースにはどんな

写真が相応しいのか、よりはっきりと伝わるのではないかと。

 

ワタクシといえば、さっさとコンテンツにかかればいいものを、トップページに

使うロゴに悩んで停滞中なのはいつものことで、" .png " で保存する際の文字の

輪郭線のボヤつきが気になる。

 

ん? 今回に限ってなぜ?? 結果的には、パスをオフセットする際にコンマpt

を指示していたからっぽく、それを整数に修正すればボヤつきが解消されたので

良かった良かった @ ホームページ用のロゴ作成に数時間。

 

ノートPCで作り、レンタルサーバーに上げて、別のパソコンやスマホで見栄えの

確認を繰り返すのですが、パソコンをたてればスマホがたたず・・・ みたいな

ジレンマの妥協点はあるのか???

 

じつは、まさにコレもそうなのですが " 改行 " には、こだわりがあって・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

離れた場所にある職場から「 パソコンが映らなくなりました! 」と報告があり、

さてさて、まずは電話でのやりとり。 どうやら本体は動いているようです。

 

また、このモニタが運悪く、見えにくい側面に、電源ボタンや切替ボタン、設定

ボタンなどが並び、もしかして間違って押され、モニタ2になってるとか・・・

 

アレコレ、そんなこんなを電話で伝えるのですから、もどかしい。

 

ソフトウェアに関してならば、リモートの遠隔で対象画面を見たり、操作したり

出来るのでしょうが、ハードウェアの問題ですから、どうにもこうにも原始的。

 

隣のパソコンのモニタと入れ替えて実験をしてもらうため「 青いコネクタの線、

電源の線を外して ~ ウンヌン 」「 青い線が抜けないんですけれど! 」

 

「 あっ、左右にある小さいネジで固定されてるから・・・ 」さきが長そうです。

 

結果、どうやらやはり、最初のモニタに問題があるようで、とりあえずというか

たぶん、この対策で解決とされそうですが、ワタクシのデスクの上に置いてある

モニタを外して持って行ってもらい、故障品と入れ替えて修理終了。

 

持ち帰ってもらった故障品は、また時間が許す際に、いじってみますかぁ・・・

 

とりあえず一旦、広くなったワタクシのデスクトップですが、パソコンのソレと

同様に、乱雑に散らかった書類で、ソコもすぐに埋まって・・・ 元の木阿弥。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

追加したパソコンのセットアップ。 ここでは複数の職員が2台のPCを共有して

操作することになるので、ログインユーザーを各々、人数分のセットアップ。

 

たいした手間ではないものの、パソコン側が新セットアップを整えるのに時間が

かかって、サクサクとは進まないのがじれったいです。

 

例えば、パソコンのログインは " guest " などに統一させる方法もあるのですが

" Dropbox " などクラウドサービスへの、各々のログアウト、ログインの手間を

考慮すると、パソコン操作開始時にログインしちゃうほうが便利なのです。

 

なので、追加した新規ユーザーを一括で選択しておき、デスクトップの設定など

まとめて出来たら便利なのですが、そんな機能は無いですよね???

 

スタートのピン留めをすべて外す。 Cortanaを表示しない。 PDFファイルの

関連付けを Edge から Adobe Reader へ変更。 ついでに Edge と ストア を

タスクバーのピン留めから外し、IE とよく使うアプリケーションをピン留め。

 

IE のホームに Google を設定し、ASPサイトなどのショートカットをお気に入り

バーに登録。 Dropbox のフォルダをダスクトップに配置。 あっ、メーラー。

 

等々、手間はたいしたことないけれど、時間がかかる。

複数ユーザーの設定を、まとめて変更する方法って無いですよね???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

田舎暮らしの自宅のインターネット回線は、従来からの電話メタル線を利用した

ADSLですが、まぁ動画などのチェックはしないので、遅いなぁ♪ と感じつつも

それほどの不自由はなく使わせていただいています。

 

自宅にいる時間も短く、現在のワタクシはコレでいいのですが、望めば光回線も

引けるようになりましたから、選択の自由度は少ないものの田舎暮らしといえど

インターネットに関して遜色はありません。

 

さて、そのADSL事業者の名を騙ったようなメールが一通。

 

「 この度、お客様がご利用中のモデムにつきまして、故障の疑いがあることを

 検知しました。 これにより以下の不具合が~ 云々 」 アヤシ過ぎ!

 

こちらから連絡を入れた訳でもないのに、一方的なメールがやって来たのです。

 

という訳で当然メールは放置していたのですが、宅配便で実際に届いたモデムに

「 ありゃ? ホントだったの?? 」

 

そういえばここ最近、モデムを通した通常の電話が鳴らないな、とは思っていた

のですが、元々、自宅の電話なんて年に一回も使いませんし、どうでもよかった

ので気にしていなかったのです。

 

インターネット側は通常に作動し、電話側がイカレたのを、ADSL事業者が遠隔

レポートみたいなので検知して、メールでの通知に続いて、交換用の実物送付と

なったようで、いや、疑ってスマン、スマン。

 

いまの時代、何でもかんでも知られていることに疑いはありません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

請求業務なども担当してもらってる彼女のパソコンの入れ替え。 セットアップ

など済ませ( この際、小規模事業所などの業務用パソコンの場合は " Microsoft

アカウント " を設定しないのもコツ )使えるように・・・ なった?

 

とは、請求業務日が来て、データ送信など実証してみないことには何とも言えず

とりあえずデスクの上には、新旧2台のパソコンのディスプレイが並んで置かれ

まるで、クリエイターかトレーダーのようで、なんかカッコいいゾォ彼女。

 

きっと本人は「 デスクの上が狭くなって使いにくい 」と思っているでしょうが。

 

なぜ、このような手間が要るのかと言えば、請求先によっては固有のパソコンに

電子証明をインストールする必要があり、それが上手く機能していない可能性も

あるので、とりあえず2台置き・・・

 

するとやはり当日、電子証明問題が発生したのですが、とりあえず旧パソコンに

頼らず、新パソコンの操作のみで乗り越えられたので、これで心置きなく接続を

切断して、次の場所へ移動させることが出来ます。

 

もっとタブレット運用に切り替えて行きたいシーンも多いのですが、ウチの場合

まだまだソレを活躍させることが出来ずにいるので、そのあたりは今後の課題。

 

おっ!これで現在、ウチで一番スペックのパソコンがソレとなるので、コソッと

ドローソフトを使わせてもらおうかな♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年に一回だけ作成するような書類、書く内容を確定させるまでは少々ややこしい

けれど、記入項目は少なく、書き出せば数分で終わる・・・

 

こんな書類は、ぜひとも昨年度のソレをコピーして使用し、更新するところだけ

書き換えればOKの、パソコン編集で済ませたいところ。

 

しかし直接、ボールペンで紙に書き込めば数分のところが、書類の全体を一度は

パソコンで作成する必要があるので、それにはちょっと時間かかり、するともう

「 今回は手書きでいいか 」と済ませて、また翌年、同じ問題の繰り返し。

 

という訳で、今回も手書きで進めてしまったのですが、毎年繰り返す同じ作業を

省力化するため、自分自身で作るのも何なので( 笑 )フォーマット( 書式 )が

インターネット上に存在しないか、探してみるのですが見つかりません。

 

特殊なのか???

 

その他アレコレ「 こうすれば早く、手間がかからず、なおかつデータとして残し

有効に使えるな 」という、MSアクセスを利用して作るアイデアはあるのですが、

それをカタチにする為には、小説家に執筆前の温泉地での長逗留が必要なように

ワタクシもソレを望むところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

知らない娘( こ )たち5名がカワイらしく踊って、ネコに追いかけられるCMに

「 国内生産のノートパソコンが39,800円( 税別 )かぁ 」と良いのか悪いのか

パソコン物価の下落定着ぶりに、改めて「 儲けはあるのか? 」( 笑 )

 

もう随分以前から海外、国産意識せず、廉価パソコンをフツーに使っているので

いまさら感もあるのですが、自然豊かな長野県飯山市でセル生産しているという

売り文句が、憧れの " iiyama " ブランドモニターを彷彿とさせます。

 

じつは・・・ と言うほどのコトでもありませんが、現在ワタクシがメイン機と

している 13.3インチ液晶の小型ノートPCがココのブランドで、小さなボディに

" HDD " と " SSD " 2台積みのデュアルストレージという変わったモデルです。

 

「 そうか、そうか、ワタクシの購入費も活用して、カワイ娘ちゃんCMが流せる

ようになったのか 」と育てたつもりで、会社概要を拝見すると・・・

 

街のBTOメーカーというイメージのままでしたが、メチャ大企業ですやん!

 

それでもスタートは地方都市の一軒、たった一人からですので、着目とガンバリ

その他モロモロ要素でここまで大きくなれるんだなぁ、って、どの企業も最初は

創業者のアイデアとガンバリに支えられた、そんな感じでしょうか。

 

そのあたりのセンスに欠けるワタクシ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ふた昔ほど以前まで、ソフトウェアのインストールと言えばCDベースのものを

トレイに挿し入れて、グィィーンと回転音が始まったり、止まったりを繰り返し

シリアルナンバーなど入力して完了させるスタイルでしたが、すでに懐かしく。

 

企業向けのボリュームライセンス( 複数台へのインストール可 )でもない限り

上記のような場合に困るのは、目的のソフトウェアが使えるのは、インストール

されたパソコンのみとなってしまうことで、複数名が複数の場所でソフトウェア

を使うには如何ともし難く、もどかしい感じ。

 

それらを解決してくれるのが現在主流の " クラウドベース " とか " ASPタイプ "

と呼ばれる、インターネット経由で " ID " や " パスワード " を打ち込んで使う

ソフトウェア群で、その恩恵に与れる作業が必要とされる方々には、ホント夢の

ような時代になったものです。( 笑 )

 

ただし、それらを活用するためには、すでに意識せずとも、それが普通になって

いるかも知れませんが " 高速インターネット " が必須なところ。

 

ウチの場合もA拠点、B拠点、予定されるC拠点も当然、光回線を用意するので

まったく問題は生じず、昨夜も移動先のB拠点で作業が出来て助かったのですが

自宅が・・・ なんともかんとも旧態依然としたメタル電話線を利用した ADSL

のままなので、接続が切れてしまうほど、遅い、遅い。

 

ここのところ遅さに拍車がかかり、いま書きながらスピードテストをしてみたら

690Kbps って・・・( 笑 )

 

ダイヤルアップしていた時代ならば、これでも嬉しいくらいですけれど、いまの

時代は田舎に住んでいても高速回線の確保は難しくはありませんから、そこへの

投資を惜しんではいけませんね。

 

電波まみれの街中にいれば意識もしませんが、高速インターネットの常時接続が

あってこそのスマホ、タブレットなどパソコン類となっています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

閲覧する資料は紙ベースではなくメールで配信を告知し、閲覧者側からウェブに

アクセスしてもらって、" html " で書かれた文書を確認してもらう。

 

と、ここまではフツーですが、出来るハズと思いながら方法を記述出来なかった

のが " 閲覧した資料にブラウザから直接、確認済みのサインを入れること。"

 

シンプルで動作が軽く、もちろん複数のサインが出来て、署名時間が残るモノが

いいですね。 と書けば「 簡単に出来そう 」と考えて制作にあたります。

 

しかし、これがなかなか。( 笑 )

 

ワタクシの知識の少なさゆえですが、仮に作った告知文章のフッターに記述して

アップロードしては動作確認、デザインは " CSS " で整える繰り返し。

 

「 ここをこう記述したらこうなるのか!」実際に試し動いたり、動かなかったり

少しずつ完成イメージに近づけて行きますが、途中で「 署名があった際にメール

送信があれば助かるな 」などと思いついたり。

 

なんとか、かんとか完成形。( まだ運用前のプロトタイプ )

 

ほぼ目的通り、閲覧者側からすると「 メールで配信を知り、リンクをクリック、

スマホのブラウザからパスワードを入力し、表示されたソレを読み進めば、文章

最下部に署名欄があり、すでに閲覧済みの何名かの署名と時刻が記載されていて

自分自身も署名すると、その閲覧済み一覧の最上部にサインが加わった 」的な。

 

配信者側からは署名が入る度に、メールで " ピロロン " って着信音が。

 

署名数を確認すれば閲覧人数を知ることが出来ますが、本人認証は設けていない

ので、一人が全員の署名を出来なくもない・・・

 

メール配信時にパスワードを割り振り、アクセス時に認証することは可能ですが

そこまでは必要なさそうなので、それは運用しながら考えるということで・・・

 

上手く運用できますように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

2カラム仕様の、ヘッダー、フッター、サイドバーは、すべてのページで共通の

モノを使いますから、まず「 index.html 」を、しっかりと作り込んでいました。

いや、作り込んでいる " つもり " でした。

 

現在のところの全9ページは、既存のコンテンツに修正を加え、追記したモノが

ほとんどですが、スマホでテーブルの見栄えが良くないなど、パソコンと何度も

見比べながら、全体のレイアウトに関わる「 style.css 」に手を加える繰り返し。

 

そんなこんな、ココでもたまに書かせてもらっていた、仕事上のホームページの

スマホ対応&大幅更新作業が、ちょっとコンテンツが足りないページがあったり

するのですが、そこは徐々に増やすということで、ほぼ完了。

 

昨日、すべてのファイルを入れ替えて公開したので報告させていただきます。

 

「 アスケア株式会社 」→ 「 http://ascare.co.jp

 

ここを借りて、複数の人の目で、誤字脱字の確認や、ダメ出しのチェックをして

いただけると助かります m(__)m が・・・ 「 やさしくしてね ♪ 」

 

それにしても自分自身、何度も見直したつもりでも、後から後から、ここがダメ

ソコがおかしい、と次々に発見されて、その度にすべてのページのヘッダーやら

フッター、サイドバーの書き換えです。 ・・・なので他人の目も必要なのです。

 

イメージカラーを以前のグリーン系から、淡いブルーグリーンに変更したことが

ちょうど季節にマッチして、そうハミガキ粉のような " 爽やかな風 " ( 笑 )を

感じていただけたならば、狙い通りです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

Windows 10( Home )になりまず目に入るのは、起動時の背景画像( 壁紙 )

が適時、自動的に切り替わり表示される「 Windows スポットライト 」という

新機能ですが、カメラマンの腕や、加工技術( しているのか? )がスゴイのか

景色そのものがスゴイのか、そこへ行ってみたい風景がいっぱい。

 

気に入った写真があった場合の参考にぜひ!、右クリックのプロパティで、撮影

日時や場所、露出などの設定、カメラマンの詳細情報が知りたいところです。

 

想像するに、ちょっとやそっとじゃ行けない、世界の果て的な場所が多いように

感じているのですが、日本の風景ってありましたっけ???

 

過去に表示された画像は、ユーザーフォルダ内を " ContentDeliveryManager "

で検索し「 LocalState 」→「 Assets 」の中の、ランダムで長いファイル名の

450KB以上のモノに " .jpg " の拡張子を追加してやれば、画像として確認する

ことが出来ます。( 丸ごと新しいフォルダにコピーしてからが安全ですね )

 

再度、日本の風景あった???

 

まぁ、しかし、この機能に限らないのですが " 勝手にダウンロードされている "

ことが毎回、目に見えて気持ち悪い、ということであれば、設定( 歯車マーク )

から「 個人用設定 」→「 ロック画面 」のプルダウンメニューで、「 画像 」or

「 スライドショー 」を選択すれば、従来の Windows ライク、望むならば、旧

マシンから引っ張ってきた、Windows 7 の背景にすることも可能でしょう。

 

もうパソコンにしても、タブレットもスマホも、常時インターネットで繋がって

いることは、当たり前になっているので、セキュリティに気を配らねばならない

ことは当然ですが、よほど詳しくなければ、何がダウンロードされて、何を収集

されたかは、知る由もありません。

 

先ほどの設定( 歯車マーク )から「 プライバシー 」「 更新とセキュリティ 」

→「 Windows Defender 」など見てみると、ちょっとゾワゾワするでしょうが

設定を変更すると思わず使いにくくなったりしますから、しっかり調べてからに

しましょ( 笑 )。 初期設定のままで、あまり気にする必要はありません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

隙間、隙間の時間を見つけ、ホームページ更新作業中 @ 進捗率75パーセント?

 

ひと月ほど前に「 公式ホームページのイメージフォトについて 」でお伝えした

スマホ完全対応のレスポンシブ化にともなって、レイアウトやイメージカラーも

全面的に変更した、リフレッシュ工事となっているのですが、コンテンツは基本

同様なので、クリエイティブというよりは " 作業 " がメイン。

 

とは言うものの、文字のレイアウトやサイズだけでも、ホームページイメージは

ずいぶんと変わるので、デザイン的要素が高くないこともなく、結構面白い。

 

公開用のフォルダ、例えば " public_html " の中に " test " みたいなフォルダを

作っておいて一式、そこへアップロードして、スマホから確認、確認の繰り返し。

 

6ページ+3ページの合計9ページで構成予定の、現在2ページがほぼ完成して

進捗率が75パーセントって間違ってない? って、実際のところ " index.html "

でヘッダーやフッター、サイドメニューのデザインが固まれば、ほぼ使いまわし

ですから、およそこのような進捗率でしょうか・・・

 

しかし、アップロード後に確認すれば「 ここはセンタリングのほうが見栄えが

するな 」とか「 フォントを大きく、小さく 」とか、細かな修正は続きます。

 

コンテンツに大幅な変更はありませんが " このホームページを見る人 " の想定

を少々変更して、それに合わせた内容へ修正を加えているのが隠された真実。

( オオゲサ・笑 )

 

現在、知識のない " アナリティクス " について、もっと学ばねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

満員状態の大会議室でぎっしり4時間程の説明&指導があるので、景色を眺める

余裕はないのですが、ここは10階ですから、さぞかし絶景が・・・

 

期待しつつ先日、迷ってしまった東館での用事を済ませてから市役所本館10階へ

移動し、大会議室に居るのですが、もう目前、平成29年度から変わる制度説明に

ここは満員で何名? 約500名が景色どころでなく、シーンと聞き入っています。

 

という訳で、フロアマップに定員記載がなかったので、収容人員を調べるために

姫路市のホームページ( 定期的に訪れて最新情報のチェックがお薦め ♪ )から

" 大会議室 収容 " で検索してみると「 新庁舎特集号 」と銘打った、昭和55年に

発行された、茶色に変色した広報誌の pdfファイル が出てきて・・・

 

片付け時のアルバムのごとく・・・ 読み込んでしまいます。( 笑 )

 

冒頭部分に「 ~予定される国鉄高架化で、」と、この時すでに、未来のアーバン

デザインが示されていますね。 引っ越しまでの市政は、現在の整備される前の

姫路市立美術館=旧軍隊兵器庫で担われていましたが、ワタクシ世代くらい迄が

なんとか記憶にあるでしょうか。

 

で、「 もしや? 」と思いつき、pdfファイルURL の「~backpdf/ 」から後ろの

部分を Delete してみると・・・ おぉ! " 広報ひめじ " のバックナンバーが!

 

みなさんはちゃんと、ココ → 「 広報ひめじWEB版 」から「 バックナンバー

で、お入りください。

 

昭和のソレに作業の手がとまること必至。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事上のホームページも管理しているのですが、その内のいくつかの骨格部分は

ライセンス購入したモノに、各パーツをペイントソフト&ドローソフトを使って

自作し、なるべくシンプルなソースになるよう、タグ打ちで構成しています。

 

その内の一つがアクセス数そこそこにもかかわらず、XHTML + CSS のままで、

レスポンシブ対応( 共通の html ファイルを css ファイルによって、パソコン、

タブレット、スマートフォン、のアクセス元に応じてレイアウトを切り替える )

していなかったので、ちょっとガンバります。( もちろん現在、未完成 )

 

( 実際のところはスマートフォンからも見られるのですが「 ページがモバイル

フレンドリーではありません 」と表示されるので、たぶん敬遠されちゃいます )

 

で、せっかくですからホームページのレイアウトもイメージカラーも若干変更し

・・・すると、アイキャッチに使用している写真も変えたほうが良いよなぁ。

 

コレが難しいところで、時間はかかれど作業として変更できるという内容でなく

出来ればオリジナルモノを使いたいところですが、普段からソレをイメージして

セミプロ級の写真をストックしておかねばなりません。

 

もちろん、そんなモノは手元にありません。( キッパリ・笑 )

 

あぁ、あの全員が揃ったときに! とか、あのイベントのときに撮っておけば!

は、すべて " あとのまつり " 。( カメラマンを頼んで級のモノが要りますが )

 

結果、購入ということになるのですが、どこか他社とカブってもイヤだしなぁ~

の思いが拭えません。 どんな方法がベストなのか・・・ 課題です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

先週の「 教えてDNS 」で尋ねさせていただいた内容に関しては、多くの回答

( 2件・m(__)m )、アドバイス等いただき、ありがとうございます。

 

しかし・・・ 解決しておりません。

 

が、問題がどこにあるのかは見えてきたので、早晩解決しそうな気配はしますが

取り組む時間少なく、原因がピンスポットで判明している訳でもないので、さて

はて、もう1回アドバイスもらっていい?( 笑 )

 

離れた場所にあるプリンタをネットワークの中にあるように使いたく、グーグル

クラウドプリントサービスも使っているのですが、コレの場合、エクセルなどの

ファイルを一旦、PDFに変換して送る必要があるので、ひと手間が必要です。

 

で、ちょっと考え工夫して、先月まで上手くいっていたのが、その離れた場所に

あるパソコンを立ち上げている際には、それをサーバーとしてドメインを与えて

プリンタポートのみ解放しておくことで、もう一方の場所で印刷を指示する際に

プリンタを選ぶドロップボックスから " http://~ " の付いたプリンタを選べば

どんな出力でも、そちら側でプリントアウト。

 

ファックスなどで送る荒れた文字等ではなく、そのままプリンタ品質のレベルで

出力されるので超便利なのです。

 

それが・・・ 先月あたりから、DNSサーバーエラーが返されて、ウェブ上から

プリンタが見つからない状態。 しかし、スマホからは見つかって印刷もOK。

 

パソコンのDNSキャッシュをクリアしてみたり・・・ アレ? 自宅に持ち帰った

ノートPCからならOKじゃん。 では! とアレコレ試してみると、事務所にある

光回線用、NTT貸与TAルーターを通して出ようとした時にだけ、DNSエラーが

返されるやん。 ファームウェアは適時自動更新されているでしょうが、先月と

比較して何も設定を変えていないのになぁ・・・

 

という訳で、問題のある " 場所 " が特定された、現在ここまで。

 

さて、ルーター( 場所 )のどこに問題があるのかが問題です。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

キチンと基本を理解しないまま「 まぁこういうことだな 」と、現象からおよそ

解釈して、過去の自サーバー期間には密接に、そして現在も、ワタクシの場合は

意図して必要となることもある、誰もが世話になっている " DNSサーバー " 。

 

この " DNS " について再度、学び直す必要に迫られています。

 

そもそも何ぞや!? DNS = Domain Name System 。 例えば、この散文を

ブラウザに直接、URLを打ち込んで見てもらおうとすれば「 http://hopper.jp

と入力することになるのですが、ソレはワタクシが幾つか借りている、レンタル

サーバーのうち、IPアドレスが「 203.189.105.144 」とのコンピューター内に

散文が置いてあるよと、一般的に意味があり覚え易いドメイン名( hopper.jp )

と、数字の羅列で覚えにくいIPアドレス( 203.189.105.144 )を、結びつけて

くれているからです。 ありがとう " DNSサーバー "( 笑 )

 

余談ですが、個人宅のパソコンでは接続の度に、リースされるIPアドレスが変化

するのですが( TAやルータの電源が落ちなければ同じアドレスのことが多い )

自サーバー運用の際に、変化したIPアドレスを、DNSサーバーに通知してくれる

DDNS =Dynamic DNSサービス 。 という便利なものもあったり・・・

 

という訳で、色々なシステムで世界中が結びついていると言うのに・・・

 

ワタクシが、ある固定IPアドレスにアクセスしようとしたら、スマホからならば

DNSが機能してキチンと繋がるのに、パソコンからだと「 DNSサーバーエラー 」

と返されて接続不能。

 

この " スマホならば可能 " 、" パソコンからだと不可 " の違いが分からない。

( もちろん接続先側で、アクセス制限をかけている訳ではない )

 

NIFTY-Serve 以来ハズかしながらの今更ですが、パソコン通信のキホンを学ぶ

必要に迫られています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

新品からの使用数回で、インパクトドライバのリチウムバッテリーの調子が悪く

なったので、サービスステーションに持ち込み診断機にセットしてチェックして

もらったところ、密閉させたプラスチックの塊にしか見えないソレから得られる

情報は、何回充電したか、水濡れがないか、はもちろん、達した最高温度とかも

記録しているそうで、真夏のクルマのダッシュボードへの放置で生じた不良等は

保証対象外なことが判別できるみたい。

 

上記、少々以前のハナシですが、その際は新品と交換してもらい助かりました。

 

電子的なモノが安価、高性能、ミニマムになり多種多様、従来では考えられない

小さな製品や、安い製品にも搭載されていることが多くなり賢くなっています。

 

なので、その部分に不具合が生じるとアマチュアでの修理が難しく、調子が悪く

なっても従来のように、テスターとハンダゴテという訳にはいきません。

 

・・・スマホに充電器を差しても、受け付けなくなっている。

 

本体側ならキャリア任せですが、アダプタ側に問題があるのであれば、過去には

何個もパソコンのACアダプタの修理をしているので、同様に直したいところ。

 

しかし、あの小さな充電器は差された相手の機種をちゃんと判別しているようで

どうも双方のプログラム的な部分がアヤシイ感じ。

 

さて、どう修理?修正?に取り組みましょうか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年末にまさかの " 予備在庫無し " を、ワタクシのせいで引き起こし、FAX受信に

不安を生じさせてしまったプチトラブル( 印字不良の従来機対応で切り抜けた )

本日やっと、CMYK4色のトナーが届いて安心しました。@ 約4万円!

 

プリンタは、" 本体は安価で販売するから、消耗品を使い続けてね " 商品なので

最初がリーズナブルに入手可能な反面、消耗品の価格にはビビリます。( 笑 )

 

とくにこのモデルはワタクシが選定した理由の一つである、ドラムが各トナーと

一体となっているので、" トナー交換=ドラム交換 " となって、いつでも鮮明な

印字が保証されているのではないか、と考えられること。

 

ドラム別体モデルの場合、トナー消費5~10本くらいまでは、同じドラムを使い

続けることになりますから。

 

もちろんその分、トナー交換時の費用は抑えられる訳ですが、たまにやって来る

ドラム交換費用が嵩んだ場合を計算に入れて、印刷単価を算出した情報サイトは

便利なものの、ワタクシが欲しいのは " 出力の継続した美しさ "( 素人レベル )

で、そんなことを教えてくれるサイトは見かけないので現在、人柱実験中。

 

その答えが見つかるのは、1~2年後でしょうから、乞うご期待。( 笑 )

SOHO( 死語?)スタイルで、出力にこだわる方には有益な情報かもです。

 

・・・紙送り時の誤差の少なさとか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

やれば出来るモンで電話帳ほどあった、メクっても、メクっても減らない厚みも

気付けば最後の一頁となって、とりあえず入力は終了。( たぶん )

 

次は出力で「 簡単フォーマット作っておけば早かった 」と、この段階になると

思うのですが、いまから作るとなると本末転倒、余計に時間がかかるので、また

次回は同じ思いに駆られるのでしょう。

 

その思い熱いうちの( 笑 )10か月後に向け、さっそく準備に入ればいいものを

当然、次のバタバタに取り組み始めるので、後回しとなり・・・ 忘れます。

 

アレやコレやの事務系の仕事は、それこそ好きな( 得意と言い切る自信はナシ )

ソフトウェアである " MSアクセス " を用いて体系化しておけば、使いまわしも

ラクなことは分かっているのですが、アプローチ出来ずにいます。

 

そうそう、アクセスで作りかけの " アプリ風 " も、9割ほどが完成したところで

他のことに追われて放置状態、アタマの中に設計図があるうちに作り上げないと

それこそ無駄になりかねません。

 

思い通りに完成させられれば、価値を付けることが出来そうな感じ( 笑 )です。

 

はたまた趣味で作って変わらずアクセス数高い( このアクセスは前述のアクセス

とは別なのがややこしい・笑 )ホームページを一度、電子書籍化実験してみたい

との思いもあるのですが・・・ これももちろん放置状態の思い。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いままでしっかり考えたことが無かったので、意外に簡単なことかもなのですが

メールの受信に関して、使い勝手を良くする方法。

 

仕事用のアレコレソレや、プライベート等々、複数のメールアドレスを運用して

いるので、ノートやデスクトップパソコンなど複数のパソコン、そしてスマホも

マルチドメインに対応したメーラー( パソコンはオフィス定番のアウトルック )

をインストールして使っているのですが・・・

 

もちろんどの端末でも受信したいので「 サーバーにメッセージのコピーを置く 」

として、一番初めの受信がスマホであっても、同じメールを後からパソコンでも

確認できるのはいいのですが・・・

 

メーラー同士を同期している訳ではないので、Aパソコンで受信、チェックの後、

不必要になったメールを削除していても、その後でBパソコンやスマホで受信と

なれば、先ほど削除したメールも、またまた一緒に受信されて、また削除。

 

って、ここまで書いて気が付きました。( 恥 )

 

「 [削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除 」に、チェックを

入れておけばいいだけとちゃう? それで解決やろ??

 

もちろん、最初に受信したパソコンでメールを削除した後、右クリック+「 Y 」

( アウトルックの場合 )で「 削除済みアイテム 」を、空にしてやる必要はある

のですが、コレでいいやん!

 

対外的には「 パソコンに長けている人 」と思われている可能性が高いワタクシ

ですが、まぁ、こんなもんです。 文字に書いてみて気が付きました。

 

あっ、スマホのメーラー側にそんな設定があるかな???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

かなり、便利には使っているのですが、秘めたポテンシャル( 笑 )からすれば

まだまだ活用せねばならないと思っているスマホ、ワタクシの場合、音声通話機

( 電話 )としての使用頻度も高いので、活躍度はそこそこですけれど・・・

 

そこで「 あと一歩! 」と思っている便利項目について、もしかするとフツーに

乗り越えて使っておられる方もいるのではないかと思い、公開質問を。

 

と、その前に、すでに活躍中の " 便利 " を紹介。

 

まずは電話帳、彼女とパソコンは完全に分離して使っているので、グーグルでは

勝手が悪く、キャリアの( ドコモ電話帳 )モノを、彼女のスマホと同期させて

使っているのですが、日々増える登録先をどちらかのスマホで操作すれば、もう

片側のスマホにも勝手に反映されるという便利さは、やめられません。

 

同様にクラウドサーバー( Dropbox )と同期させておけば、パソコンで作った

エクセルなどのファイルが意識せずとも、どこでも閲覧、編集可能ですし、また

これは、複数アカウントの使用で権限を自由自在にコントロール出来る便利さ!

 

システム手帳アプリの " ジョルテ " も、上記の思いを手軽に叶えてくれています。

 

さて便利さとは逆に、たぶんワタクシの知識不足で叶っていないのが、スマホで

データベースを活用する方法で、" MSアクセス " が使えるアプリがあれば、もう

ソレで解決なのですが・・・ アプリが無い。

 

もちろん、エクセルに書き出しておけば使えるのですが、それではリアルタイム

に欠けますし、せっかくの " GUI " が台無し。 このあたりはアプリを作る知識

を養えば、データベースに直接アクセスして必要なデータを取り出し、思い描く

画面で " 見せて " 、" 編集 " することが可能になると思うのですが・・・

 

何からアプローチすればいいのやら。

 

たぶんソコに何のハードルも感じず、フツーに叶えておられる方もいらっしゃる

とは思うのですが・・・ 役に立つ書籍とか、何かヒントがあれば助かります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パソコンの操作をあまり得意とはしていない彼女ですが、それでも必要に迫られ

キーボードを打つ速度はそこそこ早いですし、机の上にはデスクトップパソコン

の大きなモニタとノートパソコン、そしてタブレットを駆使しているのですから

オドロキます。( 笑 )

 

で、その3台使いのような " 便利テクニック " を支えているのが、ASPソフトと

クラウドサービスで、どのパソコン、もちろん離れた場所にあるパソコンからも

自分自身としてログイン、ソフトウェアを使用でき、同期されているファイルの

編集を可能としているのです。

 

ホント、素晴らしい時代になったものです。 と聞いていたら、月末月初の伝票

入力的作業が集中する際には並んで、というか使用予約をして1台のパソコンを

取り合っているようなハナシも伝わってくるので、なんとも。

 

それもこれも、ハード部分の価格が下がったおかげですけれど。

 

という訳で、それまでの3台に追加して、最近に導入したA3顔料インクジェット

プリンタも活躍中で、簡易ポスターの作成が捗ります。

 

A4サイズでは書類の延長になってしまうので、やはりこのあたりの効果はA3に

分がありますね。 そのうちA2~ゼロサイズプリンタが欲しくなったりして。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

販売価格に惹かれて衝動買いした( 笑 )A3ノビまでイケる、オフィス用の顔料

インクジェットプリンタですが、安いのには理由があって、ネットワークに接続

する機能を持ち合わせていません。

 

つまり、ひと昔前の家庭用と同じく、USB接続しかないのです。

 

ま、そんなサイズのプリントを必要とするのはワタクシだけなので、不便なのは

ガマンすればいいか、と思っていたら、ストレート給紙なのが幸いで、封筒類を

印刷しても、まったくカールしないのがよろしく、意外な需要が発生。

 

すると、ネットワークに繋がっていないと不便極まりなく・・・

 

ジャンク箱をひっくり返せば、前時代的なパラレル接続のプリンタサーバが発見

されるとは思うのですが、すでに活躍の場面を失っていますから、ここは新たな

モノの購入か・・・ しかし、それでは何のための廉価モデルだったのか。

 

さて、汎用ルーターにUSBポートがあり、ソフトウェアが提供されているモデル

ならば、デバイスサーバとして機能すると思うので、ソレを利用するのが最短の

解決法かもと、NTTフレッツから貸与されているモノを確認すると、USBポート

が2個あって、何やら使えそう・・・

 

しかし、マニュアルには「 このUSBポートは使えないよ ♪ 」と記載されており

ちょっと特殊な用途なのか、ウェブ上にもまったく情報なし。

 

う~ん、何とかならんか? 「 RV-440NE 」。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" Windows10 " の自動アップデート、結構頻繁にありますね。 それが意図せぬ

終了時に始まったりすると、ガックリ落ち込み、次回の起動時にも若干の時間が

取られることを覚悟しておかねばなりません。( 笑 )

 

あっ、そのあたりも " SSD " モデルは、" HDD " に比べて4倍くらい早いです。

 

以前に " Win10 " のアップデート後、" PDFファイル " が見られなくなる場合の

対処策を記したのですが、印刷を指示した際にエラーが出たときの説明を補足。

 

「 文書を印刷できません 」とか「 印刷するページが選択されていません 」だの

「 描画エラーが発生しました 」は、急ぎのときに限って発生するもので・・・

 

さて、すでに困って何らかの対策を講じられているでしょうが、もう一度改めて

自分自身の備忘録を兼ねて記しておきます。

 

印刷エラーが出る際は一旦、ファイルを閉じてから " Adobe Reader " を単独で

立ち上げて、メニューバーから「 編集 」→「 環境設定 」。" 分類 " の選択肢の 

中から「 文書 」を選び、右側 " PDF/Aモードで文書を表示 " を「 適用しない 」

次に「 セキュリティ(拡張)」を選んで、「 起動時に保護モードを有効にする 」

のチェックボックスをオフにして " OK " で完了。

 

" Adobe Reader " を閉じて再度、問題のPDFファイルを開けば、印刷が可能に

なっているハズ。 お試しください。

 

あっ、Win10、" 電源 " ボタンの上にある " 設定 " からアレコレ確認してみて

明らかに不必要な " 通知 " は " オフ " にしておく、という安心策もアリです。
 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

六甲アイランドでの研修から夜になり帰ってきた彼女が、やり残していた仕事を

残業し始めたので、ワタクシは入手したプリンタを箱から出してセッティング。

 

タイミングよく安価入手できたのは、A3ノビまでプリント出来る、ビジネス用

インクジェットの単機能モデル、無線LAN等のネットワーク機能が省かれている

ので、そこは後日、プリンタサーバの利用など工夫しなければなりません。

 

まずは置き場所の確保から。 直方体のシンプルな筐体ですが、やたらデカい。

 

据え終え、梱包時の緩衝材を取り除き、付属のインクをセット、電源を入れれば

ウゴウゴ、シーン・・・ 正常に動いているのか不安になる頃に再度ウゴウゴと

繰り返し、なかなかスタンバイ状態になりません。( 笑 )

 

FAX専用となっている、A3インクジェットの複合機は、ワタクシの管理が悪く

カラーヘッドノズルを詰まらせてしまい、どうにもこうにも復活せず、ヘッドを

交換するパーツの費用相当が、今回の単機能導入費用と、ほぼ同等です。

 

やっとデータ入力待機状態になったので、さっそく角型2号封筒の宛名と、その

下に自社ロゴの入った出力をしてみると、プリントが早く、なかなかシャープな

仕上がりは、インクジェットとしては合格点でしょうか。

 

何部か刷った、その封筒それぞれに厚く収めているのは、先ほどまで彼女が作成

していた、A4の書類の束の午前1時・・・ トホホ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ドローソフトで作成した原稿通りのオリジナルゴム印が届き、さっそく使用開始

サイズによりますが、今回の 60×20mm で 1,380円 は、超お安く感じます。

 

「 データ入稿 」「 ゴム印 」で検索すれば、製作してくれるショップがいっぱい

ヒット、目的のサイズを選んで、説明通りに原稿を作って送信すると、早ければ

翌日に届くのですから、いやはや何とも便利な時代になったものです。

 

ゴム印の場合はどうやって作っているのかな? 原稿部分以外の素材を、溶かす

のでしょうか? 3Dプリンタのように削っているのでしょうか?

 

完成したゴム版を、MDF素材の安価な台木に貼り付けて完成です。

 

原稿を作るためのドローソフトには、優れたフリーソフトもありますから安心♪

ただし、文字( フォント )を使う、" 太らせる " などした場合には、入稿時に

ソレらを、文字としてではなく、" 外枠の線 " ( アウトライン化 )にしておく

必要があります。

 

まさに読んでいただいているコレもそうですが、ワタクシ、一行の幅を、文節の

区切りを用いた上で揃えるために、何度も書き直したりしているのですが( 笑 )

その不必要な努力が、あなたのモニタ上でも再現されているかは分からない。

 

フォントの有無、ブラウザ違い、その他モロモロ、不変のデータにしておかねば

違う端末で再生される際には、置換されている可能性が大なのです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

良いのか、悪いのか、ノートパソコンの場合、滅多に電源を落とさないワタクシ

ですが( 数日間単位で )、新普段使いの13.3インチノートを、シャットダウン

状態から起動する場合に、メインドライブが " HDD " から " SSD " に換わって

その圧倒的な早さに感動・・・ いや、すでに慣れてしまいました。( 笑 )

 

で、従来の " HDD " モデルの場合、使い始めようと思うより早めに立ち上げて

おかねば、起動行程完了の画面になってからも、ウゴウゴと " HDD " が動いて

パソコンが安定し、アプリケーションが自由に使えるようになるまでが長い。

( インストールしている、ソフトウェアとかフォント次第ですが )

 

そのあたりが " SSD " だと快適で、起動完了画面になれば即、使用開始です。

 

という訳で、起動からソフトウェアを使用開始するまでが、圧倒的に早くなった

ノートPCで " エッジ " でなく、従来の " インターネットエクスプローラー " を

立ち上げて、" お気に入りバー " から、例えば " Facebook " を。

 

ちょっと目にしたウワサの( 昨今の噂話は耳でなくて目・笑 )セッティングを

試してみます。

 

ログインした状態の、トップページから、上端右端の逆三角形「 ▼ 」マークを

クリックして「設定 」、左端のメニューの帯の中から「 言語 」、言語設定から

「 Facebook をどの言語で使いたいですか? 」→ 「 編集 」ボタンを押下して

「 日本語 」を「 日本語(関西)」に変えて「 変更を保存 」で完了。

 

「 なにしてるん?」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

先日まで、メイン使いにしていた " 14 インチノート " ならば、どのプリンタを

選択しても、ドローソフトからの印刷結果に思い通りのモノを得られるのですが

いまコレを書いている、シン普段使いの " 13.3 インチノート " に、まだ慣れて

いないからか、なかなかプリンタドライバを使いこなせていません。

 

とくに新たに導入した、繊細印刷用にしている " Canon A4 レーザープリンタ "

ドライバのセッティングのコツがつかめず、どのパソコンからの出力にも、都度

四苦八苦しているのは初めての体験、理解が進んでいません。( 涙 )

 

という訳で、まだ慣れ切っていないキーボードですが、プリンタドライバを除く

その他の部分では便利に使い始めている " 13.3 インチノート " 、特筆すべきは

本体の軽さで、バッグの中に入っていても「 入っていない?」と感じるほど。

 

割り切って選択したので仕方ないのですが、ちょい不満は、バッテリー持続力が

弱くて、実質、動作時間は半日ほどで、ACアダプタの同時運搬が必要なこと。

 

" SSD " と " HDD " の両方を積む、デュアルストレージモデルなのも、負荷が

大きい理由のひとつ? 例えば " コンピュータの管理 " 画面などからソフト的に

ドライブへの電源供給を切っておく、といった操作は可能なのでしょうか??

 

プリンタドライバ、HDDの電源、初歩の初歩みたいな案件ですが、より便利に

使い倒そうと思えば、知らないことは、まだまだあります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

今般の " Windows 10 " の自動アップデートでは、大幅に時間を取られた方々も

多かったでしょうが、みなさんのパソコンはいかがお過ごしでしょうか?

 

シャットダウンボタン辺りのデザインが明確に変わるので、勝手にアップデート

されたことが、はっきりと分かるようになっています。( 笑 )

 

アップデート後、最初にログインした際に、なかなかセッティングが終わらない

イライラ感が半端ないですね、複数のアカウントを持つパソコンの場合、全部の

ソレそれぞれで、たっぷりと時間を費やしてくれます。

 

あっ、最新スペックのパソコンだと、それこそ寝ている間にすべて完了している

可能性もあります。 気づくのはシャットダウンしようとした時でしょうか。

 

さて通知など、依存したままアレコレ勝手に送信されるのが愉快に感じない方は

今回のアップデート後に各種設定を見直しておいたほうが・・・ 自動で項目が

追加されていたり、オンになっていたりします。 気にしない方はそのまま放置。

 

で、これまたアップデート後にアクロバット系( PDFファイルを開こうとして )

にトラブルを抱えた方もいらっしゃるのでは? ワタクシも10台ほど、すべての

パソコンから「 見られないんですけれど 」の声が上がったのですが、コレは!?

と気づいて早々に対処できたので、問題にならなかったが幸いだったのは・・・

 

あなたのパソコンの場合は「 Adobe Reader 」?、「 Acrobat Reader DC 」?

いずれにしてもソフトを立ち上げて、" ヘルプ " から " インストールの修復 " で

問題解消です。 お役に立てれば・・・ あっ、情報を載せるのが遅かった??

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

オフィス系のソフトを使用する際には、ショートカットキーを積極的に使用して

極力、マウスに触れないようにするのがスピードアップにも繋がって、よろし。

 

反面、CADで簡単な平面図を引くとか、ドロー系やペイント系のソフトウェアの

利用を、ノートパソコンのタッチパッドだけで済まそうとすれば、なかなか思う

ような結果が得られず、ストレスいっぱい。

 

という訳で、そんな作業はデスクトップPCに任せたいところですが、自宅でもと

なると、ハナからノートPCを使うのがワタクシ的な理に適っていて便利。

 

すると・・・

 

ノートPCにマウス、という本末転倒な選択をしたくなり、すでに小さな受信機を

USBポートに差し込んで使うタイプの、レーザーマウス2台を事務所で使用中。

 

しかし、移動にマウスは持ち運びたくないですし、小さいとはいえ側面ポートに

差したままの子機も、カバンに入れる際にはジャマ。

 

そんな、こんな、普段あまり重視していないマウスを持ち運びタイプに限定して

探してみれば、こんな →「 7MP-00018 」型番号の、USBポートを占有しない

Bluetooth接続のマウスを発見。

 

なかなか面白いコンセプトに興味惹かれますが、もう少しドロー系ソフトウェア

でのショートカットキーをマスターして、その駆使率を高めてみましょうか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 



やっと昨日あたりから、移動先をメインに普段使いのノートPCを、Celeron 14"

から、Core i5 13.3" 軽量ノートに移行させていて、すると自宅早朝にカタカタ

させているコレは、その新しいキーボードを叩いているのですが、ストロークも

ピッチも大差ないというのに、文章入力のスピードが半減。( 涙 )


" 慣れ " っていうのはコワイですね。


本体はビミョーにひと回り小さくなり( この微妙加減がGood!)重量が劇的に

軽減しているので、放り込んでいるカバンも同様に軽くなったのはシアワセ。


早く慣れて、スピードを回復せねばなりません。


と、ワタクシの速度は落ちているのですが、ノートPCの処理速度はサクサクと♪

アップしていて、昨日は出先のバッテリー駆動で重いドローソフトを立ち上げて

作業していたのですが、以前と比較すれば圧倒的に低いストレス。


画面解像度も高くなったので、表示拡大100%で使用すれば、ひと画面あたりの

情報量は増えていいのですが、文字が小さくなり過ぎて・・・( 笑 )


コレもワタクシ側の問題です。( 125%くらいで使わんと無理かなぁ )


毎回、パソコンの乗り換えを機会に、無尽蔵に増えたファイル整理もしたいなぁ

と感じつつ、今回もバサッとフルコピーしただけに終わっています。



Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.



 

 

スマホでアラームを鳴らす機能は、もう通話やメール等と一緒で、" アプリ " と

いう意識すらなく、起床時から、日中の予定時間の通知など、1日の中で何度も

何度も活躍しているのですが「 アラームを止めるボタンが表示されなくなった 」

 

そんな状態は、少々アセリます。( 笑)

 

鳴りだしたアラームを停止させるためには、一旦、そのアプリ本体を立ち上げて

から、終了させるという手間が必要になっており、こういった場合は、アプリの

再インストールが有効なんだろうなとは思うのですが、最初から添付されていた

ソレって、どこで見つけるの?

 

キャリアサイトで調べてみなくてはなりません。

 

" Windows " の場合、本体購入時に強制添付されているソフトウェア類は、まず

最初にコントロールパネルから、サクサク削除してしまうのですが、" android "

では、キャリア添付のソレの何が必要で、何が必要でないのか、よく分からない

ので、使いもしませんが、全部、置きっぱなし。

 

個々に削除して、必要であれば、個々に再インストールが出来る???

 

ま、初期化しちゃって " OS " 丸ごと、再インストールの手間も簡単ですけれど

アプリデータのバックアップは慎重に。

 

という訳で、" Windows " でも " android " でも、そしてもちろん " iOS " でも

レイアウトが崩れもせず、" UI " 同じく、どの " OS " 上でもフツーに、便利に

リンクしながら動作しているアプリって・・・ スゴイわぁ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

オンラインストレージの " Dropbox " は、現在進行形で使わせてもらっている♪

真っ最中、複数のアカウントで、そこそこ容量の共有フォルダを利用することで

離れたパソコンやタブレット、スマホの間で自由自在にファイルの作成、閲覧や

更新が出来て超便利。 いい時代です。( 笑 )

 

さてワタクシ、" LINE " は使ったことが無いのですが、これまた超便利なことは

使われているところを横から見ていても分かります。

 

現在、上記 " Dropbox " に置いたファイルを利用することで、共有すべき情報の

やり取りをしていますが、" LINE " のような、ソーシャル・ネットワーキング・

サービスを利用すれば、もっと便利になること必至。

 

しかし " LINE " は個人ユーザーにとって、スタンダードアプリになってるので

社内利用するには、ちょっと、いや、かなり抵抗があるのも確かで・・・

 

という訳で現在、小規模な " 社内 SNS " に有効なアプリを探しているのですが

とりあえずは無料の範囲で実験運用してみたいので、そのあたりと管理者権限の

バランスが選択の決め手になるでしょうか。

 

" Talknote " 、" Slack " を試している最中ですが、各ユーザーの導入にあたり

ほぼレクチャーなく直感的に操作できる、といったところも重視するポイント。

 

すでに導入されている諸先輩方々、運用スタイル次第ではありますが、実際に

使ってみて「 おすすめ♪」ってあります?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

液晶パネルを開く角度によっては、その画面の全体がパープルバックに変色する

メイン使いのノートパソコンを、次期マシン( こう表現するとカッコいいなぁ )

に移行すべく、そこそこスペックの13.3インチを入手したのですが・・・

 

パソコンを更新する場合、他の電化製品や文具と大きく違うのは、箱から出した

そのままの素の状態では、従来のモノと同じ役目を果たせないこと。

 

まずは、ソフトウェアのインストールや、メーラーのセットアップが必要です。

 

まったくのスタンドアローンならば、このあたりもクラウド化することによって

よりシンプルな運用が可能でしょうが、ワタクシの用途とは、ちょっと違う。

 

という訳で、オフィス系やドロー系、ペイント系の主要なソフトのインストール

に始まって、アレコレ、フォントを揃え、フリーソフトを使わせてもらっている

エディタやFTPなどのソフトもセットアップ、レンタルサーバーへの接続テスト

を完了させておく必要があったりします。

 

なので・・・ 新しいパソコンは、いまだに運用を開始出来ていません。

 

箱から取り出した際に、その軽さを知ってしまったので、移動するバッグの中の

旧モデルの重さが、倍ほどに感じられる毎日。

 

さっさとセットアップを済ませ、そのCドライブのSSDを、同じく内蔵のHDDに

フルバックアップさせて、Cドライブのフォーマット、再インストールも試して

おきたいところです。

 

現在のパソコン? 確か2~3年前の秋頃に購入して、本格的に使い始めたのは

春の声を聴く頃だったような・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

例によってヒンジ部のフラットケーブルが傷みだしたか、液晶パネルを開く角度

次第では、画面が乱れるようになっている、メイン使いの14インチノート。

 

白いボディの白いキーが、白いままなのと、アイボリーに変色したものが混在し

キーの素材が違うよう。 ホワイトボディは、そのカラーが経年劣化します。

 

まぁ、毎日使う文房具ですから、例えば、開閉を繰り返すルーズリーフノートの

ヒンジ部が傷んで、表紙が黄ばんできても仕方のないところ。( か? )

 

という訳で、突然その時がきてバタバタする前にと " ポチ " っていた、メイン機

予定のノートパソコンが届いて開封ですが、気分はそれこそ " ポチ " って届いた

文具詰め合わせの、アスクルの段ボールを開けるソレと変わりません。( 笑 )

 

しかし、普段なにを購入するにも衝動買い派のワタクシにしては、今回ちょっと

悩んだのは、大から小までアレコレ使ってみた経験から、機動性と使いやすさの

バランスが高い " 13.3インチ液晶 " と決めていたのが、その他の " 15.6型 " や

" 14型 " などと比較して、似たスペックなのにモノによっては倍以上の価格差。

 

どのメーカーも、" 13.3型 " は高いです。

 

現在の14インチと寸法を比較すれば、大差がある訳では無いのですが、携帯性を

考えると、ほんの1センチの差が大きいので、ここはやはり、そのハイスペック

高価格帯の中から選ばねばならないのか・・・ と、少々悩んだのです。

 

で、開封。

 

「 よくまぁ、薄っぺらいボディの中に、" SSD " と " HDD " が収められたな 」

と、マザーボードがどこにあるのか不思議がりつつ、期待外のオモチャのような

軽さに感動!

 

あっ、コレはまだ、黄ばんだ14インチノートで。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

提出の期限のある書類の作成、最近ではそのフォーマットを、ダウンロードして

パソコン上で編集できる場合がほとんどなので、ボチボチと作成しては保存する

という手法が簡単に出来るので助かります。

 

その保存も以前ですと、まず大分類フォルダを作成し、その中に期限順の中分類

そして書類名の小分類ときて、その中に関連ファイル一式みたいな、やや深めの

階層分けをしていたのですが、なるべくシンプルに行きたいところ。

 

さすがに " ドキュメント " 的フォルダにファイルを直接、バンバン投げ込むには

抵抗があるのですが、フォルダ名を工夫することで、行単位の仕分けを可能とし

階層を減らす努力。

 

クラウドサービスを使うようになり、より意識するようになっています。

 

そこへスマホでのアクセスも考えると、やはりフォルダ分けよりも、フリックで

ずらっと一覧出来たほうが便利ですね。

 

このあたりの考え方は、レスポンシブタイプの( パソコン、スマホ、タブレット

共通のhtml )ホームページをデザインをする際にも重要で、効率的に配置された

ボタンを押してページを移動するのか、フリックで見せて行くのか・・・

 

スマホでページを移動した後に、また元のページに戻ってウンヌン、という操作

方法はメンドくさいですから。

 

どこかのサイトを訪問した際には、そのスムーズさは何が効果を上げているのか

そのストレスは何に起因しているのか、ユーザー目線でアンテナ高く、アレコレ

意識して " ポチ " らねばなりません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

メイン使い中の使用頻度高いノートパソコンのパネルを、ある角度に開いたとき

にだけ、液晶画面が乱れてトンチンカンな色合いに。

 

もうコレは明らかにヒンジ部分の電源系か、情報系のフラットケーブルか、その

コネクタあたりが、パタパタと蓋?を開閉する回数に負けて、傷みだした現象。

 

恐怖なのは、その " ある角度 " の幅が、だんだんと広がってきていること。

 

ワタクシ、過去に何度も各種メーカーのノートパソコンの、この現象を修理した

経験はあるのですが、その機種専用のフラットケーブルのみが入手できればいい

のですが叶わず、結果、ダメモトでジャンク箱の中から、適当なモノを見つけて

カスタマイズして代用する、など細かくて神経を使う作業が必要。

 

なので、気持ち穏やかで時間に余裕があり、かつ「 完了はいつでもOK♪ 」的な

オーダーでないと、修理にかかることはできず、" 急ぎ " の対応は無理です。

 

なんとなくココで気配を漂わせてはいましたが、マジで代替機を選択する必要に

迫られているのかも知れません。

 

15.6型モデルならば、高スペック廉価モデルがあったりするんだけどなぁ・・・

 

超スペックは必要ないので、そこそこ処理速度、バッテリーの持ちがよく( 1回

あたりの持続時間もですが、寿命的にも )やはり譲れないのが、携帯性と操作性

の両立ですから、13.3型か12.5型で。( 現在は14インチ液晶 )

 

ちょっとその液晶サイズのラインナップだけ、どのメーカーも価格設定が高めで

選ぶのがツライところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

その後のインクジェットプリンタ、洗浄液を使いインクの配管?を洗ってみても

自分自身で作ったインク吐出用のテストプリントを繰り返しても( A4サイズに

80×80mm程度の四角形を6個描き、それぞれ C100% 、M100% 、Y100% と

CM50% ~ を最高画質でプリントアウトして吐出を促す )良くなりません。

 

たぶん、インク経路最終段階あたり、ノズル付近での詰まりと思われるのですが

ちょっとコレは、洗浄液を送り込む程度での解消は難しそうです。

 

一か八かの、ノズルヘッドの分解清掃に、一縷の望みを託すしかなさそうですが

その前に、その部品単体での入手が可能なのかを探ってみなければなりません。

 

すると・・・ ありました。 しかし・・・ 国内サイトではなく、ドル表記の

ホームページ完成度が低い、ヒジョーにアヤシゲなサイト。

 

海外通販なんてしたことないし。

 

それにしても、コレはどんな人に需要のある通販なんでしょ? 個人で請け負う

レベルのプリンタ修理屋さん向けなのかな??

 

と書いて、思い出しました。

 

国内サイトでしたがワタクシ、ノートパソコンの液晶パネルを専門で扱っている

通販サイトで何度か、修理のためにパネルのみを購入していたことを。

 

という訳で、パソコンの修理はハードディスクをクリーンルーム( 不活性ガス

を満たしたナイロン袋の中 )で分解修理したり、マザーボードをハンダゴテで

修理したりとか、現在のところは修復率100%の経験があるのですが・・・

 

プリンタの修理は、エラーや警告解消のソフトウェア的修理しかしたことがなく

分解修理の経験がゼロ、ましてヘッド周辺は微妙な " カン " が要りそうですね。

 

あっ、それ以前のハードルが海外通販で、ちょっとコワくて踏み出せるのか?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

カラーレーザー2台、A3インクジェット1台の計3台が現在、活躍中なのですが

その内、インクジェット機がノズル詰まりで、印刷の仕上がりが悪い。

 

先週、DIYで製作した大きな掲示板には、大きな用紙に、大きな文字で印刷した

ポスターが似合うので、ここはまさにA3モデルが活躍するシーンなのに、カラー

印刷を滅多にしなかったことがたたり、ノズル詰まりが生じてしまっています。

 

もちろんブラックオンリーならば、問題なく綺麗に出力できるのですが、その他

CMYのノズルが詰まっていることは、テストプリントをしてみれば一目瞭然。

 

ヘッドクリーニングを繰り返してみても、改善する気配がありません。

 

という訳で、その機種用のインクカートリッジ4個に洗浄液が入れてある社外品

モノを購入し、さっそくセットして説明書通りにクリーニングの開始!

 

そう、インクジェットプリンタの弱点としては、使わなければ、インクが経路で

乾燥して詰まりが生じることがあるのです。

 

今回のプリンタはFAX受信にも利用していたので、ブラックは1日に何枚も出力

していたのですが、カラー印刷したのはいつか?と尋ねられれば思い出せない。

 

なので、インクジェットプリンタの調子を維持するならば、必要でなくとも週に

1枚程度は、テストプリントを出力し続けておくのがベターかと。

 

さてクリーニング後、時間を置いてから洗浄液カートリッジを外して、印刷して

みれば・・・ トホホホホの改善なし。

 

まぁ保証期間も過ぎていることですし、プリンタを分解してノズルヘッドを直接

洗ってみますかぁ!?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" MS Access " を利用して作成中の、オリジナルアプリ( 風 )は、ゆっくりと

ですが進化していて( 放ったらかしではない )とくに、各々データを入力する

画面( フォーム機能を利用して作るGUI )は、初めてでも使える分かりやすさ

を最優先に、こだわって作り込んでいるので、及第点の出来栄え。 m(__)m

 

セキュリティに留意した上で、クラウドサーバーに保存しているので、まだ未完

ではあるのですが、昨日はデータが必要になった出先のクルマの中で、パソコン

→ デザリング → スマホ → クラウド と繋いで急場をしのぎ、助かりました。

 

が、しかし、そもそも、スマホやタブレットで編集は出来ずとも、MS アクセス

ファイルに直接アクセスし( ソフトウェア名は、英語表記でないとややこしい )

フォーム画面イメージのまま操作できれば最強ですから、閲覧アプリはないかと

探せば " iOS " も " Android " も、MS Office 系は、ワードやエクセル、パワー

ポイントは可能でも、アクセスは・・・ 無い。

 

( すでにエクセルは、スマホのアンドロイド上で便利に編集してますけれど )

 

データベースを編集して終了する際に、更新データを自動でエクセルファイルに

落とし込むことは出来るので、それをクラウド経由で閲覧することは可能ですが

フォームで作り込んだ、ユーザーインターフェイスの優しさは欠落するよなぁ。

 

なにか良い方法を探らなければならない課題です。

 

あっ、もちろん少数派でしょうけれど、ウィンドウズタブレットならば、なんの

問題もありません。( ワタクシのソレは、Wi-Fi 以外の通信機能ナシ・涙 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • ootsu_pers.jpg
  • 2018taranome01.jpg
  • driverset.jpg
  • kuwatanionsen04.jpg
  • kuwatanionsen03.jpg
  • kuwatanionsen02.jpg
  • kuwatanionsen01.jpg
  • 2018sakura02.jpg
  • 2018sakura.jpg
  • yuzu174.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja