ホームページやPCの最近のブログ記事

 
 

日常のスナップの中で「 いいシーン 」というか、「 いいアングル 」を見つける

というのを目的にカメラを持ち歩きたいので、イメージセンサーは大きいほうが

良いものの、とりあえずソコには触れず( 笑 )なにより小型であることが重要。

 

するとスマホでOKなようにも思うのですが、ポートレートも撮りたいところで

若干のズームも欲しいですし、ならばググッと寄ってボケ味の美しさとか。

 

という訳で、久々にデジカメを購入し、予備バッテリーとともに手元に。( 嬉 )

 

以前に購入したのは、もう10年近く前の「 PENTAX MX-1 」で、ブルーを感じる

素敵な色調の写真を撮らせてくれるのですが、クラシックな存在感が魅力的では

あるものの、携帯性には劣るところ。

 

なので、ポケットに収まる小ささ優先、未経験の光学30倍ズーム、小さいながら

" ZEISSバリオ・ゾナー " レンズが魅力の「 SONT DSC-WX500 」。 それも以前の

ワタクシならばゼッタイあり得なかった、赤いボディを選択。

 

これから始まる、いや始めたい自転車での移動に備えて、背負える小型のダレス

バッグは購入済みなので、その中に無造作に放り込んでも見つけやすい色を。

 

コンパクトですが、絞り優先などのマニュアル露出も可能、Wi-Fi 設定をすれば

自動でクラウドサーバーへのアップロードも可能みたいで、撮る以外の便利さも

満喫しなければなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ホームページをひとつ、急きょ立ち上げ。 まずはドメインの取得から。

 

ドメイン取得をすれば何が便利かって、サーバー側の仕様によるとはいうものの

実質、メールアドレスを幾つでも自由に作ることが出来ること。

 

ひとつのグループやチームで、統一されたドメインのメールアドレスを運用する

ことが出来るのです。 当然、スマホやパソコン側のメーラーに、新しいメアド

のセットアップは必要となりますが、慣れていれば簡単。

 

するとグループウェアなどの運用を、バラバラのメールアドレス登録を待たずに

管理者が一気にセットアップして、渡すことが出来るのです。

 

オリジナルドメインのホームページ( 超シンプル m(__)m )とセットで。

 

ってワタクシ、その他のモロモロに追われていて、気づけば午前4時起床だった

昨日は、ゴハンを食べる間もなく午後9時半過ぎとなり、帰路に買ってもらった

果肉ごろごろたっぷりの「 いちごミルク 」( 超高級 )の美味しかったこと!

 

ちょっと高かったけれどクセになりそ、いつでもあるのかな???

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 効率のよいホームページの作成方法 」というものがあるのでしょうか?

 

習った訳でもなく、系統だった本を読んだことも無く、都度、わからないことが

生じるごとに、その案件だけを調べて解決させるという独学、独走で来てしまい

当然、他の方が制作している様子を見たこともありません。

 

なので、ワタクシが " している " 作り方が正しいとは思えず、というか、かなり

遠回りな方法を選んでしまっているのではなかろうか?

 

画面が小さいノートPCを2台並べて、エディターにテキストとタグを積み重ねて

アップロードして、パソコンとスマホで「 結果を確認する 」ということを時折、

しながら「 ここに写真が欲しいな 」とか・・・

 

やはり最初にしっかりとアイデアを固め、ラフを作り、写真やボタン、はたまた

文章の用意を済ませてから制作にとりかかるべきなのでしょう。

 

やっと2ページが完成したのですが、リンク先となる資料や、その他モロモロの

写真撮りが必要となっています。 タイムリミットが迫って・・・ トホホ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ホームページには " 写真 " が大切なことは重々承知しているのですが、なにぶん

上手く撮れないのと、そもそも現在手元に素材が無いので、極力写真を使わない

もしくは小さい写真使用のみの方向で、トップページを構成します。

 

シンプルなハズなのに、なかなかサクサクとは進まない。

 

必要となるたびに、ペイントソフトやドローソフトを立ち上げて、使用サイズに

合わせた画像やロゴやボタンを作成するのですから。( 笑 )

 

で、まだ1ページ目のソレを仮ドメインへアップロードして、パソコンやスマホ、

タブレットで確認してみて修正し、アップロードして、確認して、の繰り返し。

 

トップページのデザインが確定すれば、あとは繰り返しですから。( なのか? )

 

今回、基調色を落ち着いた色にしたのが、ここにきて気になりだし「 それじゃ 」

と明るい色にしたら「 これは違う 」となって、明るめのシックな色合いに変更。

 

都合、色違いの「 index.html 」を3個作って、それぞれをアップロードしてから

見比べるという、なんか遠回りな手間まで加わって、間に合うのか???

 

ちょっと手を休めて書類作業に変更したら「 10日締切って、今月の場合7日! 」

ということに気づいて、マジ、ヤバヤバやん!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 



遅めで十分間に合うので、早めの昼食をお気に入りのハンバーガーショップで。


ここは日経新聞を置いてくれているのが嬉しく、土曜版のそれに目を通しながら

コーラとポテトとハンバーガーという、からだに良くなさそうな、組み合わせが

ご褒美です。( 笑 )


対面対応に向かう彼女を送り、ワタクシは一人静かな事務所で作業を進めるのも

それはそれで仕事が捗ってよろし。 m(__)m


横のデスクで、いまだセットアップが叶っていなかった " 食パン生喰い彼女 " の

ノートパソコンを起動し各種ソフトウェアのセットアップを進めて行くのですが

彼女の担当する仕事のソレは、他のパソコンよりもクラウド連携しているソフト

ウェアが多いので、ちょっと作業がややこしい。


今回作業しているパソコンは新品ですが、それでもプリインストールアプリ類を

確認して整理する必要がありますし、古いパソコンの場合、用途に応じザックリ

いっちゃうのは、家の片づけや大掃除に似て、動くまでは面倒だけどやれば快感。



その時には " Celeron " でもサクサク動くんですけどねぇ~ ・・・いつの間にか。





Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.


 
 

という訳で、バージョンアップしたCMSプラットホームの " MovableType " から

発信しています♪( 笑 ) 自サバ運用当時からわかっていたのですが、インター

ネット上のトラフィックは、サイバー攻撃で生じていると確信するほど、小さな

小さなウェブサーバーへも日々、無数のアタックが自動で繰り返されています。

 

当然ですがOSをはじめ、どんなアプリケーションも更新情報を知っておくこと。

 

さてハナシ変わってワタクシ、2週間ほど前から、立ち座りの際や、階段などで

右ヒザに痛みを感じはじめ「 あぁ、運動不足のまま歳を重ねたからなぁ~ 」と、

加齢のせいにしていたところ、これまた3日ほど前から季節の変わり目、気温の

変化に体質がついて行けず、全身激ジンマシン状態に陥ってコマッタ、コマッタ。

 

ま、ステロイドの大量摂取となる訳ですが、すると! なんと! ビックリ!!

ヒザの痛みがずいぶん緩和されて、歩くにも不自由していたのが、およそ普通の

歩行が出来るように! 激ジンマシンはなかなか引きませんが・・・( 涙 )

 

ステロイドでジンマシンが引かずに、ヒザが緩和されるという・・・

 

歩くたび、ヒザの奥で何かがペキペキと音を発しているので、数日でジンマシン

が治まってステロイドを抜けば、きっとまた痛みだすのでしょう。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 

 

 

「 朝から復旧作業に追われています 」( 笑 ) m(__)m

 

昨晩には「 アヤシイぞ 」と気づいていたのですが、今朝起きてみればスタイル

シートが崩れて、コレが正常に見れなくなっている。

 

FTPソフトウェアでサーバーの中を見てみれば・・・

 

改ざんの痕跡があり、う~ん、FTPのパスワードから侵入されたとは考えられず

バージョン更新をサボっていた、CMSプラットホームアプリ " MovableType "

の脆弱性を突かれた感じっぽい。

 

これは早急に、最新バージョンとの差し替えが必要ですが、あぁ、時間が・・・

1週間に1日は、ホームページの更新など、ソレだけと向き合う日が欲しい。

 

昨日はほぼ1日かけて大急ぎで作成した書類に3万円!の印紙を貼ってポストへ

投函したり、2月ほどあたためてた結果、10分の作業で版下制作したり・・・

 

直近の課題は、コレのプラットホームと向き合う時間の捻出です。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレ作業が続く片隅で、数日間かけて2台のノートパソコンをセットアップ

していますが、今後デスク上で使用するパソコンは、ノートの方が効率が良いか、

やはり、デスクトップが使いやすいか、その実験台でもあります。

 

ワタクシ自身は、99%ノート使用ですが、たまのデスクトップも使いやすい。

 

さて、ワタクシと机を並べる " 食パン生喰い彼女 "( 流行? オシャレ? )用と

もう1名用のまったく同じモノを2台。 しかし用途が違うのでセットアップの

方向性は、それぞれで違います。 背板のハーフマットレッドが美しい15.6型。

 

昨日、別件で家電メーカー製のノートパソコンの「 Wi-Fi に繋がらなくなった 」

という症状のメンテを行ったのですが、設定とかの問題ではなくて、ドライバの

再インストールで直るという、若干ハードルの高い症状。

 

最近は減りましたが、使わないアプリてんこ盛りのフルスペック疑心暗鬼よりも

逆に増えてきた「 お好きにどうゾ 」パソコンの安心感が好印象です。

 

ハナシ戻って、レッドというよりもロッソと呼びたい美しい背板の最新ノートは

選択時にそこまで思いが至らなかったのですが、キーボードまでがメカニカルで

バックライトは良しとしても、角張ったデザインとフォントがカッコいいような

使いにくいような・・・ ま、2名の方の慣れか。 m(__)m

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

最近になって急に、色々な方面から「 ホームページを見た 」と聞くことが多く、

担当するワタクシとしては、涙を浮かべる嬉しさ。

 

自身で心掛けていることはアレコレあるのですが、なかでも、コンテンツ自体に

変化が無いとしても " ソレがいま発信したい内容 " と、相手方に伝わること。

 

毎日、頻回にコンテンツが増えて、ダイナミックに変わって行くサイトは魅力的

ですが、逆に内容は変わらずとも、アップされている情報の、正確さや新鮮さが

キチンと伝われば、それはそれで信頼に繋がるのではないかと。

 

取り引きのある事業者をはじめ、金融機関等がホームページを確認しているのは

当然として、同業者の閲覧も多いでしょう。

 

そんな中で例えば、何かから情報を得た求職者さんが、ホームページを確認して

応募となり、採用となって頑張っていただいている。 涙を浮かべる嬉しさ。

 

今後も継続して、正確で新鮮な情報を発信して行くことの大切さを心に刻みます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ノートパソコンを用意してください 」との訴えに、早急な対応が必要ですが

いま購入するならば " Windows 11 " への対応は必須?

 

と、公式からスペック要件を確認したのですが、これがわかりにくい。( 笑 )

アレコレ読み進んでみて「 ま当面、Windows 10 のままでいいか 」 m(__)m

 

いまさら書くまでもありませんが、すでに以前から「 ペンと紙 」レベルの道具

ですから「 用意して欲しい 」との訴えに、グズグズしている理由がありません。

 

現在 " iPad " の導入は4台で、その内2台だけは、カバーと一体になったような

キーボードを装着して使用中ですが、これがなかなか使い勝手がいいようで。

 

なにか集中して入力作業をするならばパソコンに分がありますが、作業の合間に

サクサクっと入力したり閉じたりを繰り返すような場合、その携帯性と即応性が

圧倒的に " iPad " 。 しかし今回の案件は・・・ ノートパソコンかな。

 

定期的に実施してくれている " Zoom Meetings " は、おもにデスクトップ利用

ですが、カメラやマイクがガチャガチャするのが面倒&画面サイズアップを兼ね

カメラ内蔵のモニターに交換したので、マジのデスクトップ周辺がスッキリ。

 

そんなこんなも兼ねてのノートパソコン、どんなモデルが最適なのか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

結果、プリンターのベルトユニットに、ブラックのトナーが付着していて、紙を

送るたびに、その汚れを押し付けていたのですが、なぜ汚れていたのか?

 

各色のドラムユニットにセットされたトナーをすべて外して、ベルトユニットに

たどり着く構造なので、トナーが落ちればソコに付着するのは仕方ないのですが

そのまた下にある " 廃トナーボックス " 、コレがアヤしい。

 

ベルトユニットにしても、廃トナーボックスにしても、積算カウントされている

プリント枚数が規定に達すれば、メッセージが表示されるハズですが、それより

先に寿命を迎えた?

 

ベルトユニットはソコソコしますが、廃トナーボックスは安価なので、さっそく

交換したいところですが、その際にはエアガンを準備して、本体丸ごと外に出し

取り外せるモノを一旦バラバラにして、汚れを吹き飛ばしながら組立直したい。

 

廃トナーボックスが印刷結果にどのように影響しているのか、いないのか。

まずは、そのあたりの深掘りからです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いまのところ、ワタクシの " デスク " が確保されているので( 人数が増えれば

譲らねばならない・涙 )比較的、画面大きめのデスクトップを活躍させます。

 

ドローソフトを使用しての「 地図作成 」

 

現在、建築工事が進んでいる場所への " 案内パンフレット " 等を作成する時期が

やって来ました。( 9/1あたりの完成予定でしたが・・・ )

 

道順を口頭で説明するのは簡単なのですが、地図で表現しようとすると略し方が

微妙に難しく、ならば正確な地図を描いて、その中に略図を組み込むことに。

 

背景レイヤーにウェブマップを映しておいて、主要な道路をトレースします。

 

う~ん、やはり " 山 " を配置しないと現地までの路線イメージと一致しないので、

山を!川を!池を!線路を!描き加えます。( 笑 )

 

そこへ、地図に収まる範囲の周辺主要病院を、現地を指すマークよりも大きめに

描き入れれば、7病院に囲まれるようにして、その中心にウチ。 m(__)m

 

ふむ、省くところは省き、伝えたいところは伝えられる地図が出来た・・・かな。

 

事務作業にしては奢ったCPUと、メモリを突っ込んだデスクトップが活躍、いや

活躍したのは、大きめのモニタ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

交換するSSDと追加するメモリが手元に来たので、再度ノートPCをバラします。

 

目視で確認のために一度バラしているので、サクサクッと簡単だろうと油断して

キーボードを取り外したあとの、その下に隠れた数本のビスを抜き忘れ、筐体を

割ろうとして割れず、少々時間を取られたのが失敗。

 

「 割れんな 」と、一からの再確認でビスの抜き忘れに気づいたのですが、もう

ちょっとで筐体を破壊してしまうところでした。 アブない、アブない。

 

で前回も書いたのですが、筐体が分解できればコトの99%は完了したも同然で

データ移行済みのSSDとHDDを交換、追加メモリを空きスロットに差し込んで

組み立て直し、スイッチオン! BIOS画面でドライブやメモリの認識が上手く

いっていることを確認し、通常使用に戻れば・・・

 

おぉ! サクサク、体感20倍速!

 

とくに、エンジンの温もりが遅かったというか、起動後すぐに作業に入られない

モタつき感が解消されて、スイッチオンで画面が立ち上がれば、即アクセル全開

アプリケーションがサクサク動きます。

 

たぶん、起動後のバックグラウンドで動くアレコレがスムーズに完了するように

なったと思われるので、効果の割合は「 SSD < メモリ 」でしょうか。

 

すでに現場お届け済みですので、思う存分活躍させてください。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

もうしばらく頑張って欲しいのですが、起動時間も長くて、暖まるまでは( 笑 )

反応も爆遅なノートPC、使用継続があまりに申し訳ないので、メモリを増設して

HDDをSSDへ換装してみることにします。

 

型番検索で仕様書を確認すれば判明するとはいうものの、万が一もありますから

メモリ&SSD購入前に、目視でその接続方法などを確認するための筐体分解。

 

ノートPCの部品交換による性能アップに関しては " 筐体分解 " が作業の99%で

ピンを折らずに( 笑 )上手く分解できれば、完了したも同然。

 

vostro14_01.jpg

 

狭いスペースに隙間なく、パズルのようにドライブやHDDなどが収まっています。

 

メモリは " DDR4 " 、HDDは " SATA " 接続であることを目視で確認して、一旦

筐体を閉じ( 今回のモデルはこの作業にコツが要った )運用は継続しながらの、

その間に増設メモリとSSDを手配し、購入完了後に再度、分解、換装、組立。

 

爆速とまでは望まないので、どうかワタクシ的許容速度で動きますように・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

グループウェア開発&販売の会社からのセールス電話あって「 えっ、なんで?」

きっと以前に、ワタクシが試用登録か何かをしたからでしょうが、ドンピシャの

タイミングに「 なぜ更新導入検討中なのがわかるのか?」ビビります。( 笑 )

 

現在、そこそこ便利に使用しているグループウェア、表面的な機能面では、ほぼ

合格点なのですが、バックアップ的機能がまったくなく、アレコレ書き込まれた

内容を「 テキストやCSVで取り出して活用する 」ということが出来ない。

 

そもそもの、クラッシュに備えたバックアップも出来ないところが不満。

 

という訳で、サーバーにインストールして使用出来る、グループウェアソフトが

ないのか模索中で、ワタクシの知識がもっとあれば、自治体などが採用している

モノが利用出そうな、難しいような・・・

 

コレもそうなのですが、日々少しずつでも記入したモノが、例えば " 月 " という

単位で、記録として上手く運用出来れば助かります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

レンタルサーバー3台間で、相互バックアップを取るなど、便利に使用している

最中ですが、大昔に自前のフェブ、メール、ファイルサーバーをたてて運用して

いた経験からすれば「 個人や小さな組織ほど、サーバーはレンタルが最適 」と。

 

自前サーバーの最大のメリットは、何より " 容量無制限 " というところですが、

現在レンタルサーバーも、高速大容量低価格となって、自身でメンテナンスする

手間と費用と不安( サーバーのバックアップ機がなければ怖い等 )を考えれば、

コストパフォーマンスはレンタルサーバーのほうが遥かに高くなっています。

 

という訳で「 乗り換えようか 」と考え、半年ほど前にデビューした " 爆速 " を

謳うサーバーを追加で借りたままに活躍させきれていなかったのですが、この度

重複する多量のファイルなど、動作が重くなっていたクライアント・サーバー型

オンラインストレージソフトウェア " Nextcloud " をそちらにもインストール。

すると・・・ 「 おぉ! サクサク超快適 」

 

ファイル名順にソートするので、そのあたりのフォルダ構成も修正したのですが

レンタルサーバー2台間の " Nextcloud " を運用しつつ乗り換えて " Dropbox "

同等or以上の( ファイル数が遥かに違うのですが )同期スピードを確保します。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨朝は眼球に起因するのか、頭痛に起因するのか、どちらが先かわかりませんが

その辺りを中心とする激頭痛に悩まされ、ペン( キーボード )も持てない。

 

起床してもなお、くたばり続けていたのですが、それでも何とか仕事になるよう

大量のステロイドを摂取すれば昼前にはマシになって、いまだ頭痛は残りますが

日常生活を取り戻しています。

 

おぉ、キーボードと言えば " 枕元ビール彼女 "( この単語でこのブログを検索 )

から「 テンションの上がるキーボードが欲しいです♪ 」と申し出があり、まぁ

ソレは好きなのを選べばいいだろうと任せていたのですが・・・

 

macaroons.jpg

 

なんと、まぁ、マカロンがいっぱい。( 笑 )

 

" 枕元ビール彼女 " 専用 iPad に、専用カバーを着せて、マカロンキーボード!

何色っていうの? ペールピンク?? ワタクシがテンション上がっています。

 

オマケに「 Bluetooth でキーボードが繋がらないんですぅ~♪ 」という訴えに

「 どれどれオジさんが直してあげよう 」と、ワタクシが触った途端に繋がる!

いうマカロン奇跡。( たまたま認識に時間がかかっていたのが繋がった感じ )

 

ちょっとお揃いの、レモンイエローマカロンが欲しくなってきたゾォ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシの理解力の不足と思うしかない、公的なところから入手した、提出用に

使用するエクセルの計算式が・・・ 理解できない。

 

しかし記入を進め期限には提出しなければならないので、セルに入力した数値の

動きを、電卓2台を用意して追いかけるという始末。 何をしてるんだか。

 

単純なモノなら必要もないでしょうが、ちょっと理解しづらい手順や手法ならば

コメントを付けておいて欲しいなぁ~。 このセルに入力した数値を、こう見て

あのセルの数値と比較して、それならばあっちのセルとああしてこうするとか。

 

式見て、知らなかった関数調べて、製作者の意図を読む作業・・・ 無駄やん。

しかし、ソレをしないと導き出されている数値が正しいかどうか分からんし。

 

という訳で、四苦八苦しながら整えた書類を、添付ファイルで提出し終え、ホッ

とする間もなく修正の指示が入り「 あっ、届いて、見てくれているんだな 」

 

配布する側なことが多いので、色々な面で勉強になります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ヘビーユーザーには程遠く、たぶんミドルにも達していない、スマホデータ通信

ライトユーザーなワタクシですが、クラウドサーバーに設置した各種業務アプリ

へのアクセスは頻繁で、とても便利に使用しているところですが、業務時間との

切り離しの面から運用を見直している最中。

 

ユーザーアクセスのコントロールに、ポジションやその内容の重要度に応じての

時間制限を設けられるようにしたいところです。 出来るのか? ワタクシに?

 

いま、データ使用量を確認してみれば、1.01GB( Wi-Fi 4.22GB )って表示が

されているけど、いつシメだ? トップ使用量がスプレッドシートって・・・

 

おもにパソコンからにはなるのですが、頻繁に更新されているサイトやブログの

チェックも結構しているのですけれどね。

 

ただ " Edge " になって、というか各種新しいブラウザにはフィードリーダーの

標準搭載が無くなり、専用のデスクトップアプリに頼らなければならなくなった

のですが、つい慣れた使い勝手を求めて " IE " を立ち上げてしまいます。

 

「 " IE " の行間が好き 」とかね。 ダメじゃん。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

あたり前ですが毎月同じ日には同じ業務が発生したりする訳で、その作業の度に

「 もっと効率化できるハズ 」と、アタマの中にそのアイデアは浮かぶのですが

毎度、実現どころかアプローチも無いままに、また来月。 トホホ・・・

 

とくにデータとして、ちょっと過去までや前年同月比較などを表示させてやれば

いいようなカンタンなモノさえ、手がつけられないままに蓄積してゆく・・・

 

そういったアレコレを一元化して「 スマホやタブレットからも気軽にアクセス 」

とのような、完成イメージはあるんですけれどね。

 

しかし誰もが触れるとなれば、信じられないような操作が発生する可能性があり

「 なんでそうなるの 」に備えたアレコレも必要となって、自分だけが操作する

場合とはハードルが100万倍違う。( 笑 )

 

ま、とにかく急がれるのは「 ワタクシ以外でもその業務が出来る 」システムを、

それも「 簡単に 」を構築して行くことです。

 

毎度毎度、すべてのデータを汎用なカタチで出力&保存しておくことも必須。

 

「 どこに!? 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

制服は随時、必要枚数をユニフォーム専門業者さんへ発注しているところですが

今回、ロゴデザインを微妙に変化させたことで、刺繍のためのデータの入れ換え

つまり版下を変更する必要が生じ、原稿の " .ai " と完成イメージの " .pdf " を、

圧縮した添付ファイルで送信します。

 

ロゴの変更は微細なモノですが、及ぶ影響は広範囲に渡ります。

 

このあたりは創業時より不変のモノを使用し続けるカッコよさと、時代に応じて

受け入れられやすいモノに変更させて行く柔軟さとの駆け引き。

 

と、まぁ100年商店のように大それたことを言っていますが気持ちはね。( 笑 )

 

またワタクシたちが思っている以上に、スマホ版、PC版含めて、ホームページは

活躍していて、それは客数などに見る直結する効果よりも " 信頼 " とか " 安心 "

といった目に見えないところ、縁の下で支えてくれています。

 

老舗ブランドは得難いですが、広く知るといった意味からは、インターネットを

利用した情報公開等が信頼につながる訳ですから、新参のワタクシたちにとって

そこを充実させることはチャンスでもあります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

放っていてはダメなことは分かっていても、ワタクシのノリにも流行りがあって

コンテンツ以外は放置状態だったホームページ。 CSSやHTMLの行を追いかけて

見直せば、アレよ、検索順位がトップに。

 

もっと早くから取り組んでおけばよかった。( 笑 )

 

で、検索順位に関係があるのか無いのか、今回ちょっと興味を向けて作ったのが

" favicon "( ファビコン )で( もっと早くからしとけって?)ホームページを

開いた際の、URLのアタマに表示されている小さなアレ、アイコンですね。

 

お気に入りに登録してもらった際には、とくに目立ちます。

 

バーを表示させていれば、ソコに登録できるサイトの数を増やすために、名前を

簡素化させる際、分かりやすいファビコンならばソレだけにすることも可能。

 

そのあたりを意識して、ドローソフトを立ち上げ、アートボードを48ピクセルの

倍数の正方形にセットして、アレコレ模索して( 実際にはあっという間 )制作。

 

16×16ピクセルで分かりやすいように表現させる手法として、ドロップシャドウ

なども効果的なことを実践として体験。 ちょっと面白かったので、ワタクシが

管理するホームページすべてにファビコンを作らねばなりません。( いまさら )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

リニューアルというほどではない、あえて例えるならば、全体的な " チェック "

をほぼ終えたホームページ( 実際には相当量の差し替え、書き込みをしている )

ウェブからアクセスいただいて " 見える " 部分は、完了したのですが、残日数で

" CSS " や " HTML " の構文チェックや適正化を行いたいところ。

 

ブラウザから表示、ソースとたどって確認すればバレてしまうのですが、その場

しのぎ的なタグがアチコチに。( 恥 )

 

数式などと一緒で、無駄を省き、理路整然とスッキリまとめられていればクール。

また普段は意識していないのですが、SEO的にも有利になることも確実です。

 

とか理想や理屈を述べても、実際に興味を持って見てもらえるかどうかの大きな

ウエイトは、トップページのイメージとなる " 画像 " の占める割合が大きいのも

確かで、そういった面からは今回のページ・・・ 大丈夫かぁ?( 不安 )

 

いよいよ、ラジオCMで流れる日が近づいて、検索エンジンによってはトップに

表示されているのですが、肝心のグーグルでは検索サイトに負けて3番目。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

日々、各種ソフトウェアに助けられて作業を進めている訳ですが、その内一つを

「 根本的に入れ替えたい 」と考えて、そのアプローチを年初あたりから継続中

なところ、これがなかなかハードルが高くて難しい。

 

担当の彼女とともに悩み続ける日々・・・

 

従来のソフトウェアと比較して、見た目はもちろん、操作方法も、考え方も違い

ゼロベースから始めなければならないのですが、以前のソフトウェアへ " 慣れ "

が残っている分、ゼロというよりマイナススタートに感じている真っ最中。

 

加えて、その作業専用としていたノートパソコンがスペック不足気味で、現在の

混迷状態が安定すれば問題なさそうですが、ソフトウェアをインストールしたり

している現状の、CPUとドライブ全開状態がなんとももどかしく、これは・・・

 

買い替えか、もしくはSSD換装か。

SSD換装で問題の大部分が解決するならいいのですが、効果が薄ければツライ。

 

最前線や核となる部門はもちろん、バックグラウンドで安心と安定を支えている

部門も重要ですので、ソフトとともにハードウェアも更新すべき時期でしょう。

 

「 よし!」って、テンキー付のフルサイズノートって、冷蔵庫を選ぶ気分。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

体格に対するデスクの高さと、チェアの高さのベストバランスが分かっておらず

かつ、そもそもワタクシの姿勢が悪いせいもあって、パソコン、とくにデスクの

上に置いた小型ノートを操作している姿が非常にカッコ悪い。


「 何をすればいいのだろう?」と、答えが見つかっていなかったのですが、いま

田舎暮らしの自宅の居間の、再生巨大テーブル( 巨大と呼ぶほどのモノでもない

ですが、W2m・D1m・H50mm の天板は、ウチの暮らしでは広々迫力サイズ )

の上に置いた、旧ノートの上に置いた新ノートのキーボードを打てば快適。


ん?姿勢もマシなような気がする。


そうか!デスクの上に3cm程度厚のナニカを置いて、その上にノートPCを置けば

理想的な高さで作業が出来るのかも知れない。


いや、それならば、そもそもチェアを3cm下げれば同じ結果ではないのか?

いやいや違うな、キーボード面とヒジを置く面の高さの差が要るのではないか?


そういえば、冷却ファン付きだったり無かったりする、アイデアグッズみたいな

アルミ台みたいなのが販売されているので購入してみるか。


もしイマイチだったら悲しいので、使用中、使用済みの方のご意見を。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに何年目かの使用となる、スマホのバッテリー低下速度が激しくなってきて

通話が続く日などは、半日維持さえ厳しくなってきているのですが、スマートな

デザインの専用メーカー製の、ACアダプタ? ハブ? コレは何て呼ぶの??

 

PD対応のソレを購入し( 充電器に無知だったので、PD対応の意味も知らんし )

一番多くソコに居るデスクの上に置いて、いつでも、積極的に " USB Type-C "

を抜き差しするようになって便利なこと!

 

バッテリーの持ちが極端に短くなったスマホがストレスに感じません。( 笑 )

 

そもそも、その4ポートもあるACアダプタの購入に至ったのは、知ってました?

Windowsノート使いのみなさん。 最近のノートパソコンは従来の各種サイズの

ある( 電圧違い )丸い穴の接続ではなく・・・ 「 USB Type-C 」一択!

 

まだ移行しきれていないのですが、ワタクシが新しく使い始めたノートの場合は

左右にその " Type-C "( Type-〇〇 って書くと、アドバンのレーシングタイヤ

みたいでワクワクする )があるのみで、その他のポート一切なし。

 

外部ディスプレイへの接続もソコですが、ACアダプタからも左右どちらにでも

接続できるという便利さにビックリ。( MacBook 使いのみなさんは昔から?)

 

ノートパソコンを新調すれば、追加のACアダプタ購入も必須でしたが、規格が

統一すれば、その必要も無くなります。

 

「 行け、PD規格のUSB Type-C 」てか、繋ぐこと自体が古くなりますように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

クラウドサーバーやグループウェアなど、利便性向上と業務効率化を模索しつつ

各種セキュリティを考慮しながら導入しているのですが、もっともっと、実務に

付帯する事務的業務をシンプルな動きで叶えられないものか。

 

その延長線上に " MS Power Apps " や、シンプルなオリジナルアプリの利用が

考えられ、それはやはりワタクシ担当のような気がしますが( 笑 )思いあれど

アタマ回らずオマケに手が遅く、進捗率ゼロから前に進みません。

 

誤入力を防ぎつつ、エクセルのセルへの入力を、誰ものスマホから出来るとか。

 

おかげさまで、レンタルサーバー内に立てた、クラウドサーバーの運用は順調で

権限に応じて誰もがどこからでも、それこそスマホからでもアクセス可能ですが

運用方法のアイデアで「 もっとシンプルで機能的に 」を求めてしまいます。

 

" Zoom " などのウェブ会議、ミーティング系アプリも、どのパソコンからでも

使用出来るようにしてから、まだ日は浅いですが、すでに普通になっているので

導入のハードルなどは悩まなくとも、便利でさえあれば、そのハードルの高さは

無いに等しいのでしょう。 しかし、発信する側のマイクの性能は重要。( 笑 )

 

ワタクシ自身が、小さな会社の効率の良いシステム運用というものを体験せずに

きているので「 非効率的なことをしているのでは? 」と常に不安が拭えません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ブラウザの違いなど「 どれでもいい 」と言いつつ、例えばそれベースで文章を

打つ際など、微妙に行間が違うなど、レイアウトに変化があり、どうにかすれば

コントロール出来るのか否かの知識が無い。

 

なので現在のところ、ワタクシは複数のブラウザを利用目的に応じて使い分けて

いるのですが、それをお願いするには無理があり、その他のパソコンではやはり

単一のブラウザを使用するのが現実的です。

 

さて、その他のパソコンでは、おもに使うASPソフトウェアの推奨から、長らく

IEメインに使用してきたところを、昨年あたりからChromiumベースのEdgeへ

移行してきたのに、昨日そのベンダー公式が「 Chromeを推奨環境にするね 」

 

なんと! こういった場合に中小企業のシステム担当者は、どんな対応されて

いるのでしょうか?

 

ま、どちらもエンジンがChromiumなので差異はないのかな??

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

急ぎなので、引き続きCADソフト操作中。 マルチモニターで活躍させるという

使用方法をしたことが無いのですが、ドロー&ペイント系ソフト場合、パレット

などを別窓に置ければ、より広いワークスペースが確保できて便利そうです。

 

ただし、姿勢が悪い状態でのパソコンの長時間使用は、アレコレカラダに問題が

発生するのですが、そもそもノートPCって、台の上にでも置いて使わなければ、

目線が下に向き、首が曲がって、胸が閉じ、非常によろしくない姿勢。

 

適時「 モニターから離れて軽く体操でも 」と、終了してからいつも思います。

 

という訳で、アタマの中を図面に具現化してたどり着いた、完成ファイルですが

たぶんあと1日猶予があるので、プリントアウトして持ち歩き、例えば喫茶店で

「 コーヒーを飲みながら 」のシーンで見直せば、気づきがあるかも知れません。

 

つまり「 校了 」とするのは、そのあとで。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

CADソフトに注力する機会が時折、突然やって来るソレが現在。( いま・笑 )

 

小型ノートの出力を、そこそこサイズのモニターに映して操作しているのですが

レイアウト的に仕方なく、前後ではなく並べて置いている関係上、キーボードに

触れる度、少しだけ上半身を捻るので、何かがグキッといいそうでコワイです。

 

さて昨日も、使いはじめは「 アレどうするんだっけ? 」と機能を思い出しての

操作になるのですが、一日の終了間際にはマウス片手にサクサクと。

 

左右両ボタン押しなどの操作をよく使います。

 

まぁ、操作そのものよりも、どういった手順で描けばスムーズなのか、アタマの

体操的要素が高いので、脳の活性化には効果高そう。 3Dをイメージするとか。

 

これまで外部モニターに出力させる使い方は、ほぼ無かったですが、このような

接続方法が VGA や DVI でなく、Type-C に変化しているのは良いですね。

 

ケーブルが細くて取り回しがラクです。

 

アマチュアだからですが、アタマの中を図面に描けるCADソフトは、時間を忘れ

いつまでも触っていたくなります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パソコントラブルの相談をされたりもし、自分自身のモノならば筐体をバラして

デスクトップ機のコンデンサの交換や、ノートのマザーボードから液晶へ繋がる

フラットケーブルを、ハンダゴテ片手に直したりもするのですが・・・

 

先ごろ、より積極的な " IT化 "( すでに死語に聞こえる )を推し進めるための

最新ノートに " Microsoft 365( BS )" を導入しようとしてつまづいた。

 

アクティベート中に長時間離席して、やり直したことから始まったので、余計に

原因が見えなくなって、初めてサポートに電話をする始末。

 

時間をかけた親切丁寧な対応にアタマが下がる思いですが、結果2日間に渡って

Windows の再インストール等々、色々なアクションを試してもなかなか解決に

至らなかったのですが・・・ あることでアッサリ問題解消。

 

ハズかし備忘録を。( 下記、DELL XPS 13 9310 )

 

" Microsoft 365( 系 )" のアクティベートでつまづき、サポートサイトの.exe

ファイルの利用で、アプリはインストール出来て、エクセル等は動作するものの

オンライン系アプリがスタートしない問題。

 

かつ、ウェブ上の " Microsoft 365 " ログインサイトのみ繋がらない。

 

回答 : 動作中のネットワークアダプタのプロパティ画面から「 インターネット

プロトコルバージョン6(TCP/IPv6) 」のチェックを外せば解決しました。

 

通信プロトコル " IPv4 " に " IPv6 " が優先することの問題でしたが、当然他の

パソコンからは、その設定を無視していても繋がるんですよね~

 

課題です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

スマホのアプリアイコンに、なにやら小さな赤い丸が付いているモノがいっぱい

あって「 お知らせがあるアプリだな 」とは分かるのですが、アプリを立ち上げ

アレコレと通知をチェックしたと思っても消えない。

 

コレを書くにあたって初めてググり、ソレらが " 通知 ドット " と呼ぶモノだと

( Android だけかな? )知ったのですが、消えることもあるけれど消えない。

( 設定で赤い丸の表示をオフに出来ることも、今回知った訳ですが・・・ )

 

まぁ、小さな赤い丸は見て見ぬふりで、すでに何年も経っているのですが、昨日

突然ぜ~んぶ消えてスッキリ! 今日になれば幾つか、また発生していますが。

 

いまだ使い始められていないノートPCのセットアップで、なにやら「 スマホと

連携させる? 」的な案内に、とりあえず設定してみた " Dell Mobile Connect "

最近はこういうのが標準? ワタクシが遅れてる?

 

パソコンとスマホがシームレスに繋がったことで、アプリ通知がデスクトップに

表示され( なので赤い丸が消えた )スマホ内部や " mini SD " に溜まっている

データが、まるで外付けドライブ。

 

新しいパソコンをセットアップする際、ワタクシはほとんどの場合、最初にアレ

コレ試してみたあとで一度、初期化するのですが( 使い始めてからの不測の事態

対応の予習のため )プリインストールされていた、このソフトウェアは機種依存

というか、メーカー依存ソフトだろうなぁ・・・

 

すると、パソコンを変えれば使えなくなっちゃうし・・・

と思っていたら、こんなの Microsoft 標準であるやん。

 

なんと、ワタクシはスマホ系に疎いことか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

メイン使いにしていて、自宅と仕事場の間を持ち運んでいる( 微妙に重いので

常時携帯している訳ではなく " モバイル " とは言いづらい )13.3インチ液晶の

ノートパソコン、一番気に入っているところは、CドライブSSD、Dドライブは

HDD搭載という変わった構成。

 

おかげで、起動やアプリはSSDで快速、データはHDDの安心感。( なにが? )

そのHDD駆動のDドライブは、バックグラウンドで常にクラウドと同期です。

 

しかし、それらクラウドサービスの充実と、通信環境の向上とともに、データが

ローカルにあることの意味合いが薄れ、というか利便性や安全性からも、そこに

あることの意味が無くなって、PCのドライブはSSDのみのサクッと軽いものに。

 

すると、昨今のリモートワーク等々の件もあって、メーカーもモバイルしやすい

モデルに力を入れるようになり、デザイン秀逸、機能的なモデルが乱舞で廉価。

 

したことはありませんが、ワタクシも動画編集などに備えなければなりません。

 

という訳で、ワタクシのメイン使いモデルを更新すべく用意はしているのですが

乗り換える機会が見つからず、ズルズルと時間が過ぎて・・・

 

しかし、上記にツラツラ書いた内容からすれば、そもそも乗り換えるのに手間や

時間を要するという考え方がおかしいのではないかと。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

SSLの設定等を含めて、ウェブ、メールサーバーの引っ越しは意外とスムーズに

終了したのですが、予定どおりと言えばその通り、クラウドサーバーを構築する

サーバーを引っ越せば、ローカルの各パソコンやスマホ側の設定が必要となって

それが・・・ やはりオオゴト。

 

通常は更新されたファイルだけ同期させればいいのですが、引っ越しにともない

アドレスが変わっているので、2桁ギガサイズのファイルの全数チェックを行う

必要が生じて時間のかかること!

 

その間にも日々新しいファイルが作られ、必要なファイルは更新されて行きます。

 

最初に、もっと容量的に余裕のあるサーバーに引っ越してから、クラウドを構築

すればよかったと反省している訳で・・・

 

しかし、なんとかかんとか引っ越しが完了した新しいサーバーのディスク容量を

確認すれば、すでに30%も埋まってるやん!

 

重複ファイルの確認など、整理整頓を進めねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まぁ、想像はしていましたけれど・・・ 引っ越しは完了していません。( 涙 )

 

ウェブではFTPのエラーで、リンク切れ等が発生していたのですが、確認作業が

面倒なだけで、これらはすぐに修復して引っ越し完了。

 

しかしCGIなどの、フォルダ属性を変更させる必要があるものについては、順次

追いかけて行かねばならず、現在のところサーバーからエラーが返されます。

 

さてメールサーバー、職員全員にアドレスを割り当てているので、登録すべてを

やり直す必要は覚悟していましたが、タブレットやパソコンそれぞれのメーラー

設定は・・・ 「 順次よろしくお願いします 」 m(__)m

 

という訳で、使用頻度高く、復旧が遅れると困り、そもそも引っ越し前から一番

懸念していた、自前のクラウドサーバーが停まったまま。( 涙 )

 

ソフトウェアのバージョンも更新されていたので、当然最新のモノをサーバーに

インストールしたものの、対応するPHPの差異など、乗り越えなければならない

山が複数あって、いまワタクシはどのへんにいるの?

 

実際の山歩きと一緒で、自分自身のポジションを明確に知ることが肝要で、もし

迷ったのならば立ち止まり、引き返す勇気が必要です。

 

って、まさに現在のワタクシ・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

使用中のレンタルサーバー4基のウチ( " 台 " か " 基 " と書くか迷ったけれど、

盛り上がるので " 基 " )ひとつの容量が上限に近づいてきて、引っ越しの準備。

 

そこには " Nextcloud " というサーバーインストール型のソフトウェアを使用し

" Dropbox " 同様のクラウドサーバーを構築して、フォルダ毎に権限を付与した

各ユーザーのパソコンと同期を取っています。

 

それらはデータベースに整理され収められているので、ユーザーの台数分が重複

している訳ではないのですが、そもそも日々増える各種のファイルが肥大化して

さすがの容量圧迫。

 

整理整頓すれば、若干の空きも出来そうなのですが、先日の経営計画発表会でも

報告された「 今後は積極的に動画を使用して行こうと考えている 」との内容に

応えるためにも、倍量などと中途半端なものではなく、ドーンと一気に!( 笑 )

 

という訳で引っ越しなのですが、クラウドサーバーはもちろんですが、ウェブや

メールもサーバーアドレスが変わるので、設定を変えてやる必要があって、一応

想定した時間内で完了させる予定ですが、フタを開けて見れば・・・

 

なにか想定外の事態が発生しそうでコワイ、コワイ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アプリ使用後は必ず閉じるようにしているのに( そもそも、こう表現するのが

正しいのか分かっていない )ナニかがバックグラウンドでガンバっているのか

携帯電話が異常に熱くなることがあって不安。

 

CPUが熱暴走して爆発しそうな恐怖を感じます。

 

そもそも高性能な小型電池は、製造時の精度次第で発火のキケンが常にある訳で

とくに真夏のリチウムイオンの塊の車内放置など、想像するだけでクルマ全焼。

 

ちなみに電動工具系のバッテリーは、サービスステーションでチェックを行うと

最大何度の環境下に置かれたか記録されていて、真夏のダッシュボード上に放置

したモノなどは保証外となりますので、保管場所には気を遣う必要があります。

 

さて今回コレを書きながら、バックグラウンドでナニがガンバっている可能性が

あるのか調べてみれば、アレ、ま、アプリごとにバックグラウンド通信の可否を

コントロールできるんですね。

 

なので、常時必要のないアプリはバックグラウンド通信を許可せず、立ち上げた

際に同期チェックをすればいいや、と確認すれば、その高使用率がSNSアプリ。

 

ワタクシが何かを検索すれば「 こんなモノに興味を示しているようですゼ 」と

毎度、毎度、ボスに報告しているのか?

 

すると、ワタクシのSNS上の広告にナニがどう繋がったのか、スケスケのドレス

を購入しませんかと広告が表示されて、こういったモノがいったい幾らするのか

気にはなりますが、クリックしたが最後、スケスケドレスの広告の波に襲われる

かもと怖くて値段を確認出来ません。

 

幾らするんだ?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

あまりのノロさに、ワタクシの居ないところで「 あ~、もう! 」と言っている

と聞いたので( 笑 )その対象となる隣のデスクのパソコンを入れ替えたところ

コレがもうサクサクで「 もっと早めに入れ替えてあげればよかった 」と反省。

 

スペックはもちろん、ハードディスクの複数搭載に加え、トレイで入替えられる

という前時代的な構成のパソコンを、新たに、HDD無しのSSD、ほどほどCPUに

ほどほどメモリというシンプル構成となってストレスフリー。

 

SSDの何が良いって、とにかく起動が早いです。

 

その更新されてサクサクになった隣のパソコンを見てうらやましく、ワタクシの

デスクトップもこっそり更新。 m(__)m

 

で、じつは・・・ 筐体が一緒なので、誰が見ても同スペックに思うでしょうが

高速のCPUに加え、たっぷりメモリ、ほどほどグラフィックボードという構成で

ドロー&ペイント系ソフトウェアやCADなどの使用にもストレスが無いように。

 

という訳で昨日の朝一番ナイショで、隣のパソコンが電源スイッチを入れるのを

横目に、まったく同じタイミングでワタクシもスイッチを押し、ハイスペックの

優越感にひたろうと試みたところ、起動は寸分違わず、まったく同時!

 

う~ん、そこそこのスペック同士ならば、起動速度はCPUやメモリよりも、起動

ディスクに依存するところが大のようで・・・

 

2台ともSSDは、まったく同じスペックです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

電話にて緊急の質問を受けて、言葉で説明するのも難しく、取り急ぎメールにて

回答させていただいたのですが、そのやり取りが若干じれったい。

 

もっとリアルタイム&ダイレクトに伝える方法はないものか・・・

 

さて、そのことについてワタクシ自身は、MSアクセスを利用し、オリジナルな

ソフトウェア運用をしており、満足度の高い出力を得られています。

( 現在は検証を兼ねて、市販ソフトウェアも併用している )

 

それを広く利用してもらえれば「 助かるだろう 」と思える方々も多いのですが

現在のところ、配布するにはGUIというか、ソレ以前の考え方が分かっておらず

入力などの部分で " ワタクシにしか使えない " モノにしてしまっています。

 

銀行ATMなどのようにGUIをシンプルにして、どんな操作や入力をしたとしても

受け入れるでもなく固まるでもなく、やさしく回避できるようなシステム構築を

目指さねばなりません。 あと参照データを随時、ウェブから更新するあたりも。

 

そのあたりを詰めて行き、みなさまのお役に立てるように・・・

いや、ワタクシに何かあっても、その作業が進むように。←( 超重要項目 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

モニターに映し出される数字を見ながらの、書類作成をガッツリ数日間。( 笑 )

 

普段使いの小型ノートと、スペック遅々のデスクトップが、ワタクシ専用として

使えるので、大きいモニターの方にエクセルのデータをなるべく広範囲で映して

ソレを見ながら、小型ノートでの書類作成。

 

まだワタクシ、描画系ソフトなどでもデュアルディスプレイ( マルチモニター )

でのパソコン使用の経験がなかったのですが、今回その作業中に何度も、操作側

でないモニターの内容を、サクッとコピペ出来ればより作業が捗ると感じたので

たぶん簡単な設定だけですので、試してみなければなりません。

 

しかし、ワタクシのデスクトップが Win10 とはいえど、相当なロースペックで

何をするにもワンテンポ待たねばならず、デュアルディスプレイとともにサクッ

と更新してしまうのもアリかと。

 

すると、何ぞ選ばねばならないのですが、CPUなどの性能から遠ざかって久しく

どんなスペックのモノを選べばいいのか分からない。

 

高い処理能力を必要とするゲーム使用はなく、ワタクシが使う中で一番重いのが

解像度の高いファイル操作をするドロー&ペイント系ソフトウェアでしょうか。

 

ソレ用にパーツを選んで、自作したい気持ちもチョコっとあって・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

事務所に到着したものの一人きりの朝「 まずは、コーヒーから始めるかぁ~ 」

チェアに深く座り「 オーケーグーグル、〇〇〇をかけて♪」

 

となりのデスクも占有し、アレコレ書類を広げまくって好き勝手です。

 

しかし毎月、必ず必要となり、ワタクシの手に移ってからさえも、確認などを

含めると、丸1日から2日間を要する、3個のソフトウェアを駆使した作業は

なんとか省力化を図らねばなりません。

 

MSアクセスに統合することは可能だと考えているのですが、ワタクシの現在の

知識と技術では、『 ワタクシしか使えないソフトウェアになってしまう 』

 

そう、その分野の知識さえあれば『 誰でも使える 』、というのも重要な要素で、

加えて、間違った操作や入力に対する『 エラーの出し方 』もアイデアが必要。

 

さて、集中した、というよりは、時間に追われた一人の作業は、あっという間に

暮れて、用意した書類の入った封筒4つを郵便局の夜間窓口に持参すれば・・・

 

「 しばらくの間、夜間の窓口営業は控えます 」って。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

若干スペックは落ちるものの、デスクトップ予備機があるので、離れた場所から

パソコン不調の訴えが入り、現場対応での解決が難しそうだと感じれば、ソレを

セットアップして、丸ごと交換も視野に入れた準備をして向かいます。

 

このような方法が簡単に行えるのも、データはすべてクラウド上に保存しており

パソコン本体は『 操作箱 』なだけ、にしているおかげです。

 

さて、予備機を持参して現場に到着すれば、アレ?不調の原因は簡単に解決して

その結果、交換はせずに済んで、それはそれで「 よかった 」

 

次は現場を移動して、プリンタ不調の訴えの確認に向かいます。

 

プリンタ側、ドライバとも、すべてをリセットして確認してみたところ、テスト

プリントはキレイに出力されるのですが、ベタ塗りのデータだと白抜けが激しく

「 ・・・う~ん 」( 大きな声では言えませんが、コレは互換トナー使用中 )

 

出来れば純正トナーでも試してみたいところですが、不調確認のために購入する

わけにも行かず、もう5年以上、現場でフル活躍してくれていることを考えれば

そろそろ入れ替え時か・・・ もちろん、次は純正トナー運用で。( 笑 )

 

最近、別の場所で入れ替えた機種がまだ現行モデルですから、同じ機種にすれば

予備トナーを1セットにしておける、というメリットがあるゾォ!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ・・・ちょっとオカシイんですけど 」

 

隣のデスクの Win10 デスクトップ機を見れば、ファイルやフォルダ名の大半が

消滅して、アイコンだけがズラ~っと並んだ状態。

 

それでもなんとか、ダマしダマし操作してくれている、彼女の悲壮感を横にして

申し訳ないのですが笑ってしまうほど、見事にパソコンの調子がオカシイです。

 

おもにクラウドサーバー上の、ファイル共有で作業しているので、フォルダ名や

ファイル名が表示されなければ「 ナニがなんだか 」状態必至。

 

「 あぁ、きっとコレはフォントキャッシュの再構築で直るな 」と、落ち着いて

いられるのは、過去の経験からの推測ですから、どんな分野でもトラブル経験の

積み重ねは財産です。

 

さて、Windows フォルダのドコかにあるハズなのですが、なにぶんファイル名

が表示されないので、エクスプローラーからは追いかけられず、隣のパソコンで

その位置を確かめ、コマンドプロンプトに打ち込み、フォントキャッシュを削除

します。 「 上手く削除できた? 」Enter キーの反応が欲しいところ。

 

そして再起動・・・

 

フォントキャッシュが再構築されて、無事にフォルダ&ファイル名の復活です。

 

念のために、ウイルスチェックを実行して一件落着。 スペック的にはアヤシイ

デスクトップですが、もうしばらくは活躍していただきます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 生き残り機 " ということで、先日語った " 自作パソコン " 2台の調子がともに

アヤしく、とくに " Windows Update " のあとに顕著な模様。

 

あっ " BIOS " のアップデートをしていなかったゾ、マザーボードも古いし。

 

という訳で、更新したい気持ちはあるのですが、すると次は、既製品をポン!と

入手するのが手っ取り早く済みそうで、そうなるだろうなぁ~

 

自作パーツの最新情報も知らないとはいえ、イザそうなれば、一つ一つの選択に

こだわってしまうのは " 火を見るよりも明らか " で、高くつきそうですし。

 

しかし、筐体や電源に " 余裕が持てる " というのは自作の大きなメリット。

 

ローカルでバックアップの時代でもありませんが、そのためのハードディスクの

組み込みが自由自在になるのも大きいですね。

 

現在、デスクトップに繋がったモニターは、そこそこ大きいというのに、昨日も

重いドローソフトを重いデータでグイグイやるのに、デスクトップのスペックが

低いものだから、13.3インチの小型ノートでやるという本末転倒作業。

 

う~ん、悩みどころです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

時代を20年近く遡れば " 自作パソコン " と呼ばれるモノを、結構な台数組上げ、

その内3台は自前サーバー機( すべて同一構成のバックアップ機含む )として、

アレコレ実験、体験、学習など積ませていただいたのですが、思い返せば稚拙な

部分も多く「 いまならもっと上手くやれるのに 」( 笑 )

 

その頃の最終の生き残り機が、いまだワタクシのデスクトップ機として、古びた

性能でガンバってくれているのですが( それでも Win10 でサクッ!とは動く )

さすがにCドライブがHDDだと、起動~安定動作までの時間が遠くに感じる。

 

なのでワタクシ機を含め、ワタクシが管理するデスクトップもノートもぜ~んぶ

SSD起動にすれば、サクサク気持ちよくなるだろうなぁ~、と思う次第。

 

いまどきローカルに何か重要なファイルを置いている訳でもないので、サクッと

クローンソフトを利用した、丸々コピーでスムーズに移行できるのではないか?

( その手法ならば、思わずドキュメントフォルダに保存されたナニかも大丈夫 )

 

まず、誰かの1台で試してみてから・・・

 

しかし、するとSSDが何個要るんだ???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

あたり前ですが「 消耗品は使えば減る 」

 

使用頻度が高くないので油断していたのですが、最近導入したプリンタのトナー

「 " 寿命がきました " と警告が表示されて印刷ができません! 」と報告があり、

あわてて回避方法を伝えて、無事その場を乗り切ってもらったのですが・・・

 

いやホント、予備トナーの購入を忘れていて申し訳ない。

 

もちろん、大急ぎで注文したのですが、CMYKの4本を頼めば( ちなみに警告が

表示されたのは、イエローって・・・ )もうほとんど、本体代と変わりません。

 

その価格に涙を流しながらも、ここは印刷品質最優先の " 純正 " 一択です。

 

予備バッテリーなど、消耗品に需要のある分野のモノは、ほぼほぼ互換品が存在

するのですが、その品質はどの程度なのでしょうね。

 

それこそバッテリーなど、そのパワーで発火する可能性のあるモノは、怖すぎて

互換品を使うのがためらわれますが、需要は結構高いような気もします。

 

それにしても、予備トナーの在庫ナシ問題が、連休明けでよかった。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

多くの人数が多くの情報を、日々頻度高く運用している社内アプリを、まったく

別のモノに乗り換えようと、ずいぶん以前から準備と運用実験を繰り返していた

のですが、その日が! いよいよ明日に迫って「 上手く移行できるか? 」

 

ちなみに当初、4月からの移行を考えていたのですが、ワタクシの準備が遅れて

「 明日から 」となってしまいましたが・・・

 

ソフトウェア的な問題は、まぁ、およそ、すでに解決済みで、残る問題は個々の

" 慣れ " という、なんとも他力本願な状態が心配と言えば心配です。

 

しかし以前は、スマホやタブレットからも可能とはいうものの、パソコンからの

使用が大前提だったモノが、明日からは、スマホやタブレットからのアクセスに

親和性を置き、GUIも主だったアプリのソレ風になるという大改革。( 笑 )

 

ナイショですが、ワタクシ自身いまだ文字入力フリック方向を、カラダで覚えて

おらず、画面を見ながらか、もしくは回数押しで書き込むので時間がかかる。

 

もちろん、パソコンからも使えます。

 

という訳で、利用開始当初はバタバタが続くことも予想されるのですが、これも

" 見える化 " の小さな一歩です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

小さな更新は繰り返しているものの、ここ数年内の大幅な更新はしていなかった

ホームページ、昨年以来課題とされていた " 見える化 " が、今春に必須となった

ことも合わせて、一般情報公開とともに、その他のページの充実を図ります。

 

「 オープンでいいよね 」と思える内容については、PDFなり、html にするなり

公開すればいいのですが、その他一部のページについてはアレコレ工夫が必要で

" .htaccess " ファイルを書いたり、改変自由のフリーCGIをベースに勉強させて

もらったり " .shtml " ではなく " .html " で " SSI " が動作するようにしたり。

 

従来こういった際には、パソコン2台を並べた片側で実証実験をしながらだった

のですが、レスポンシブ対応の使用比率、スマホ約90%想定ですから、デスクに

置いたスマホで、反映結果を確認しつつ・・・

 

それだけに集中出来ればいいのですが、あい間、あい間を縫っての作業となれば

「 あれ? どこまでしてたっけ?? 」

 

どれがテストファイルで、どれが本番用か訳が分からくなって「 ハァ~ 」

 

先月、田舎暮らしの自宅にも光回線が開通しているので、テレワークでも大丈夫。

 

「 あっ! スマホのアンテナが立たん!! 」( 窓際へ行けばOKです・笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

40~50名程のグループで年齢層はバラバラ、スマホを普段の生活にアレコレと

活用させている方から、携帯電話としてのみ使用中の方まで色々。

 

そんな方々が、シンプルな操作で直感的に使える、共有できる掲示板的なモノと

ショートメッセージ的なモノを用意できないか? いわゆる " グループウェア "

として使いたいのですが、もっともっとシンプルなイメージ、閉じたグループ内

だけで使いたい。 あっ『 既読 』ボタンは欲しいところ。

 

IDからパスワードまですべて管理者が付与し、編集や削除も管理者権限で可能。

 

・・・出来そうやん。

 

「 運用できる! 」ということが分かれば、そこへ費用をかけることにギモンは

ないのですが、運用開始に漕ぎつけられるのかどうかが、なかなか見えてこない

ところもあって、実験がしたい。

 

という訳の、現在はアレコレ情報収集中となるのですが、そんなグループ内告知

ツールとして「 これは使えるよ! 」という何かをご存知の方は、よろしくです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

事務所の石油ファンヒーターは、すでに稼働を停止していたのですが、ワタクシ

単独で過ごす日曜日ということで、自宅から少量の灯油を運搬し、まだ片付けて

いなかったファンヒーターに給油して・・・ 「 スイッチオン!」

 

天井エアコンは当然に、湯沸し式の加湿器もハイパワーで動かせて、事務所内は

さながら熱帯雨林、フィックスガラスの内側は激しく結露しています。

 

荒れ気味の雨が降り、国道を行くクルマの水切り音が響く外の世界とは隔たった

シアワセ状態で、いや、どちらかと言えば暑すぎる状態で作業に励みます。

 

現在、多くの時間( 丸々一日程度 )を必要としている作業を、ソフトウェアの

支援によって、なんとか省力化できないか? それこそ、ここ何回か取り上げた

MSアクセスを利用すれば上手く行きそうなイメージは、漠然と出来ているので、

その『 作業を省力化するための作業 』に10日程度の、それだけに掛かりきりの

時間が欲しいところです。

 

課題は、ソフトウェアの目的がGUIで誰にでも理解できて、『 誰にでも使える 』

ということですね、出来ればタブレットで。( iOSやん ) アプリ化?か??

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • asuparagasu02.jpg
  • asuparagasu01.jpg
  • yuzu249.jpg
  • garage_20220225-01.jpg
  • stove001.jpg
  • uranohatake_20220219-01.jpg
  • shimoteno_220216-01.jpg
  • shimoteno_220211-01.jpg
  • shimoteno_220209-02.jpg
  • shimoteno_220209-01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 7.8.2