ホームページやPCの最近のブログ記事

 

 

" MS Access " を急ぎで編集する必要が生じ、ググッと集中した時間を過ごした

のですが、なんとか丸1日で完了して動作確認、なかなかの充実感です。( 笑 )

 

イジリ好きな方のオートバイと一緒で、なかなか手間はかかるのですが、キャブ

レターをバラしてキレイにして新しいガソリンを送り込み、調子よくエンジンが

掛かった際の喜びと通ずるものがあるでしょうか。

 

その内容はちょっと横に置いておき、ワタクシの「 なんでも触って確かめたい 」

という、DIY 好きな趣味嗜好とピッタリとマッチするこのソフトウェアは、そも

そもワタクシがパソコンを手に入れる前に、ワープロの( あぁ、懐かしい響き )

カルク計算ソフト( エクセルみたいなの ♪ )を使い、超簡単なデータベースを

触りかけた頃に、その存在を知って解説本など購入し「 このソフトを使いたい 」

から Windows95 ノート( たしか50万円!ほどした )の購入に繋がるのです。

 

つまり、パソコン使用開始より先に、ソフトウェアを勉強しかけていたのです。

 

という訳で、アレコレ試行錯誤しながら運用をしはじめて、実際の売上に繋がり

活躍している頃もありましたし、現在もその活動を影で支えているオリジナルな

データベースソフトウェアと成長して、かなり思い入れが強いのです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ポータルサイトに「 来年、1月14日に Windows7 の延長サポートが終了する 」

との記載が目立つようになり、「 えっ! まだサポート期間中だったの? 」

 

ソフトウェア側の対応など色々な問題があったり、企業だったり、個人だったり

事情は各種あれど「 使っている人は、もう少ないだろう 」と思っていたところ、

どこまで正確か、OSシェア率も 26.86% と意外に高くてビックリ。

 

4台あれば1台は " Windows7 " ということになります。

 

ワタクシも「 OSアップグレードが続いた日もあったなぁ 」と、このブログ内を

検索してみれば、2015年夏頃のことで、すでに4年前のこと!

 

元々、GUIに違和感があった Windows8.x でしたので、Win7 から Win10 への

乗り換え時には、OSが変わったことも気づかないくらいに、Win7 ライクなGUI

でセットアップしてあるので、非常に使いやすい状態だと自負しています。

 

ちょうどその頃に " Dropbox " も使い始めたようで、現在も個人的には便利に

使用していますが、全体としては自サバ運用の " Nextcloud " に乗り換え済み

なところ、これがなかなか問題もあって対策に追われる日々。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

来月までに必須の作業、相変わらず直前までアイデアが固まらず、直前になって

久々の " Ms Access " と向き合い、小さな改造と言うか、改編を加えています。

 

日々、活躍させているソフトウェアは、アイデアをカタチにさえすれば、あとは

データの積み重ねで、ソレを自由に扱うことができ、便利で頼りになるのですが

新たな使用目的と、タイプ違いのデータの追加による改造が必要になった今回は

各々のシーンで、しっかりとバックアップを取りながら作業を進めて行きます。

 

が、この作業も一気に進められればいいのですが、間を空けると「 アレ? 前回

どこまで進めた?何のためのバックアップ?」と、一歩進んで一歩戻る繰り返し。

 

やっと12月まで、あと数日となって拍車がかかります。( 笑 )

 

しかし、その間にも突発的な用事が舞い込んだり、定例の会合日程が重なったり

「 そんなハズじゃなかったんだけどなぁ 」と、その隙間に洋食屋さんで夕食で

済ませるのですが、サイコロ振って追加の一品が当たり「 食べ過ぎたぁ~ 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自分自身の情弱さというか、無知ぶりを嘆くばかりですが、最近になってやっと

" Microsoft PowerApps " に興味をいだいて調べてみれば、これこそワタクシが

求めていたモノではなかろうか。 恥ずかしながら約2年遅れの話題となります。

 

という訳で、ウェブ上に溢れる、いや、どちらかと言えば、まだ少なめの情報を

掻き集めると、ますます使ってみたくなり、そのコンフィギュレーターというか

ライセンスプランを調べるのですが、わかり難く、ワタクシはどのプランを入手

すればいいのですか? 無料試用版から始められるのですか??

 

先駆者のアナタからの情報をお待ちしています。

 

とココからがアナログなのですが、その知識を得るため「 書籍を買い求めるか 」

と探せば、スバリのタイトルはたった1冊しか存在せず、しかも紙ベースは在庫

ナシで電子書籍のみ。 う~ん、この手の本は行ったり来たりめくりたいなぁ。

 

なになに、その書籍、11月27日に第二版の出版って?

 

当たりかハズレか、ウェブ上に散らばる情報と合わせて、運用開始を目指します。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

目視できる距離に「 auのアンテナが建った 」ということで( 結構古いハナシ )

彼女のiPadのデータ通信のキャリアが「 たしかauだったハズ 」と借りてみれば

アンテナが建つ前の設定のままで、自動的に自宅の超遅いWi-Fiに繋がってるし。

 

という訳で、自宅Wi-Fiへの接続を切って、ワタクシのパソコンからデザリング

( インターネット共有 )してみれば「 4Gサクサクで気持ちいい 」

 

う~ん、すると通話の際には窓際へ行く必要のある、スマホのキャリアの違いが

残念なので、コレをauにして、パソコンはデザリングで使用すれば問題解決?

 

IoTがらみのモノなど、常時接続でなければ不便なモノってあるのかな? てか、

データ通信機器と常時接続の知識がまったく無いことに、いまさら気づいたり。

 

などなど考えているところで帰宅すれば、井戸小屋ポストに大き目の封筒が。

「 2020年3月末で、ADSLサービスを終了します 」ってタイトルで。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシのネット環境( 高速回線が当たり前になって、こんな表現自体が死語 )

のせいなのですが、最近それがさらに悪化して、超々低速となり " Nextcloud "

をはじめとする、同期をとるようなソフトウェアが、もうまるでダメダメ。

 

もちろん、動画や音声は以前から無理でしたが、それらは必要とする機会もなく

不自由もなかったので、ここまで放置してしまいました。

 

そうそう、スマホも自宅や職場などの " Wi-Fi " 環境のある場所では、自動的に

繋がってしまい、超々低速となるので、自宅では接続を切ったほうがマシ。

 

ただし、自宅内の場所によっては、アンテナが立たないので不安です。

 

集落内には昨年だったか一昨年か " au " のアンテナが建設されて、キャリアが

ソレならば「 バリ5 」( 死語 )確実なんですけれどね。

 

あ、すると固定電話もやめて、光回線を引かずとも " au 系 " データ通信端末を

使えば、などのプランがあり得そうですが、その方面の知識からとんと遠ざかり

なにが現在のワタクシに最適なのか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自前のサーバーにインストールして、便利に利用しているオンラインストレージ

" Nextcloud " ですが( Dropboxと同様の機能が自身のコントロール下で、実質

容量無制限で使える )ちょっとした部分の便利さは、有料サービスに分があって

その差をどうやって埋めて行くかが課題となっています。

 

とくにワタクシの場合に限るのですが、田舎暮らしの自宅の回線速度が大変遅く

( あっ、田舎だから遅いのではなく、ウチの回線がADSLのままだからですが )

クラウドサーバーと同期をとるようなソフトウェアとは相性が悪い。( 笑 )

 

オフラインのパソコン本体内で作業を進め、仕事先で同期をとる必要が・・・

その間に、同じファイルを誰かが操作すると、ややこしくなるのですが・・・

 

で、そのADSLを提供してくれているプロバイダ( この意味でこの単語は久々に

使ったなぁ~ )がすでに、2020年でADSLサービスの終了を告知しているので、

何かしらの代替案が出てくるのか、出ないのか・・・

 

そろそろ( 10年以上経って・笑 )高速回線に切り替えてもいいかな、とは思う

のですが、一昨年、集落の中に " KDDI " の中継アンテナが建ったので、ここは

思い切って、有線を廃止する手もありか。( 使ってるキャリアと違うけれど )

 

遅い回線速度に、それほど不満を感じていないことが不思議です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いすゞの " D-MAX "( 4WD ピックアップトラック )がフルモデルチェンジを

受けて、ついに発表! トラック好きは、この日を待ちわびていました。( 笑 )

 

日本発売があるかどうかも分かりませんが、とりあえず写真にはフロントサイド

アンダーミラーが無く、スッキリとしてカッコイイ。

 

いすゞ公式ページにも、10/11付で、フルモデルチェンジの記事はあるのですが

日本発売については触れられていませんね。 気になるところです。

 

各メーカー各車、LEDヘッドライトを採用して久しいですが、おかげでフロント

周りのデザイン自由度が上がり、個性を明確に打ち出せるようになっています。

 

またまたの寄り道は " D-MAX " のついでに、いすゞのホームページをしっかり

拝見しているのですが、" 会社が発信しているページ " というのは、アレコレと

興味深く参考になることも多く、社長のメッセージとか読んでみたりして・・・

 

多くの企業ページでは、細部に渡ることも公開されていて、部署や組織図等から

採用情報、そしてこれは当然ですが、企業理念、決算状況、etc 。

 

勉強になりますね。

 

ウチをはじめ零細企業の場合、以前は「 無いのもなぁ 」と作るだけ作って放置

状態のページも目立ったのですが、最近はそういったことも少なく、とくに閲覧

されるのは、お客様よりも、銀行、監督官庁、求職者さん等々多岐に渡ります。

 

クローラー的なものが大半でしょうが、何のSEO対策をしていなくても、ビュー

回数も相当なモノになっていて「 スマホで確認できる 」ホームページの重要度

を実感しています。

 

的の外れた営業などあれば「 せめてホームページを見てからにしてよ 」とか。

m(__)m

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

エクセルの気軽さと、MSアクセスの便利さが、シームレスに使えればと思って

いたところ、そんなタイトルの本を発見し、さっそく購入したのが初夏の頃。

 

ズバリ「 Excel VBA で Access を操作するツボとコツがゼッタイにわかる本 」

なんとまぁ、長いタイトルだなぁ~( 笑 )思いつくままのキーワードで検索を

かけて見つけたのですが、これほど、そのままのタイトルの本があるとは。

 

それぞれには使っていても、" 絡めて使用する " ということを、チャレンジした

ことがありませんでした。 なので、とりあえず、その本の長いタイトルだけで

「 そうか、そんな考え方があったのか! 」と、満足してしまい・・・

 

秋になっても、いまだ・・・ ページをめくっていません。( 恥 )

 

言い訳ですが、なかなかコマ切れの時間内では、骨格を組み立てたり、試したり

はたまた改造したりが難しく、中途半端に進めたソレは、時間を置いた再開時に

その時の思いが伝わらず、結局リセットするとか無駄の極み。

 

「 鉄は熱いうちに打て 」ならぬ「 アタマは熱いうちに回せ 」とか、「 思いの

高いうちに具現化しろ 」とか、「 リフォームは最後までやり遂げろ 」とか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パソコン黎明期が過ぎてしばらくの頃「 ブラウザは何か 」が話題になることも

あるくらい、その選択のセンス( 笑 )を問われたのですが、最近はどうなって

いるのでしょうか?

 

一般ユーザーの場合、スタンダードな設定のままで「 ブラウザ 」を意識せずに

使われているでしょうから、" Windows " は " Edge " でほぼ 100%?

 

アップデートの度に、ソレをスタンダードにさせようとしますし。( 笑 )

 

" iOS " なら " Safari " が 95%? OS が推奨する以外の「 ブラウザ 」を使用

している方の割合って、どのくらいなんでしょうね。

 

さて仕事場、業務ソフトウェアの絡みもあり、あえて " Internet Explorer " を

使用していたのですが、PDFとの親和性が低いのが良し悪しなのと、ASPソフト

もすでに " Edge " 対応済み、そろそろブラウザの乗り換えでしょうか。

 

OS にしてもブラウザにしても、バックグラウンドで何やらイゴイゴ、ウゴウゴ

しているのが気になる性質ですが( 笑 )まずは、ワタクシ自身が新しいモノに

慣れておかねばなりません。@ 新しいクルマ導入まで、あと1日。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 アプリ 」というモノを作成したことが無いので、チャレンジしてみなければ

ならないのですが、まず何から読めば、始めたらいいんでしょうか?( 笑 )

 

とりあえずは、メモ帳的なシンプルなモノでよくて、そうエクセルの1シートに

超簡単な、加算、減算、平均、程度の式を入れて、各セルにスマホからの入力を

記録して、プリントアウト出来るようなモノ。

 

もちろん " Android " からも " iOS " からも使えることは当然として、ちょっと

だけ工夫が要るところは、そのスマホのみのスタンドアローンで使うのではなく

入力したデータが、ログインしている全員で共有できるようにすること。

 

自サーバで運用している、オンラインストレージの " Nextcloud " からエクセル

ファイルを開けば同様のことは出来るのですが、もっとシンプルに、かつ競合を

避ける仕組みが欲しい。

 

と先日、「 " MS Access " をスマホから閲覧したい 」と書いてから、調べれば

" MS PowerApps " など使えば、上記内容が簡単に実現できる模様。

 

このあたりの、業務アプリに関する知識が乏しいところが反省点です。

で、何のソフトウェアを使えば、何が出来るの???

 

小さめな会社の業務でグイグイ、アプリを使われている所を見学したい!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

オンラインストレージサービスの " Dropbox " から、" Nextcloud "( ほぼ同じ

機能のクライアント・サーバ型 = 自分自身のサーバで運用するソフトウェアで、

フォルダ、ファイルを共有し同期できる = もちろんダブレットやスマホも可!)

に乗り換え、ひと月ほどが経過して満足。

 

なにより、容量をまったく気にしなくてよくなったのが一番大きい安心感なので

ワタクシの場合、FTPソフトでミラーリングしたウェブサーバの内容もそのまま

バックアップを兼ねて、上げちゃっています。

 

ただ、全員が頻繁にアクセスする、連絡帳的な使用をしているファイルは、度々

コンフリクトが発生し( 競合衝突 = 同じファイルをアッチとコッチで、同時に

開いて編集しそれぞれが保存した場合、オリジナルと別にコピーが作成される )

気づけばローカルのフォルダに " conflicted copy " が作成されていて、目的の

ファイルは未更新ってことに・・・

 

まぁおよそソレは " MS Office " のファイルでしょうから、" Dropbox " の場合

バッジツールが機能して、複数人が同じファイルを開いた場合、ポップアップで

「 〇〇さんも作業中ですよ 」と教えてくれたので、その " Plug-in " に期待。

 

" Nextcloud " はフリーのオープンソースなので、自分自身の使い勝手に合わせ

込むことも可能です。

 

とにかく便利なのは、出先からスマホ一つで、パソコン内のファイルにアクセス

( 実際には、PCからミラーリングされた、サーバ側のファイル )出来ることで

「 アレどうだったかな 」的なすべては、スマホで確認できます。

 

( とは言いつつ現在のアプリでは、スマホから直接 " MS Access " の " mdb "

ファイルにアクセスすることが出来ないので、" MS Access " のフォーム機能に

「 Android や iOS で見る 」みたいな機能組み込みをお願いします )m(__)m

 

現在レンタルサーバからウェブページを発信していて、オンラインストレージの

自由度に限界を感じておられるならば、" Nextcloud " 超おすすめです @ 無料。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すっかり名前を見かけなくなった " Movable Type "( まさに、このブログ! )

かたや主流とはいえど、SNSの台頭で影が薄くなった感のする " WordPress " 。

 

いずれもソフトウェアをサーバーへ、インストールしただけで使えるには使える

のですが( サーバー側で " MySQL " などデータベースが必要 )そのままでは、

デザイン的にも素っ気なく、便利なアレコレも機能していない状態。

 

スタンダードから " CSS " をイジり、各種魅力的な写真のサイズを整えて配置し

アレコレ便利なプラグインを利用して、やっとカタチに。

 

そう今回使い始めた、自サバで構築できるオンラインストレージソフトウェアの

" Nextcloud " も上手く動き出して、最低限の機能は十分満たしているのですが、

もっともっと、ワタクシたちの使い方に即した便利なモノに加工して行きたい。

 

例えば現在 " Jorte "( ジョルテ:システム手帳ライクなカレンダーソフト )を

利用して、各々のスケジュールの把握をしているのですが、ソレも統合できる?

 

自サバ( ウチの場合はレンタルサーバー )で運用することで、事実上、容量は

無制限ですし、改造の自由度も格段に広がるのですが、ちょっとしたことで躓く

こともあって、" SSI " 利用時の拡張子が " .html " は不可なのがイタい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

レンタルサーバーを利用していて、データベースとSSLを少しだけ知っていれば

もうこれは「 使うしかない 」と言える、オリジナルなオンラインストレージが

構築できる " Nextcloud " 。

 

一昨日、レンタルサーバー( 公私4台を借りている内の1台 )にインストールし

昨日には、各パソコンにデスクトップアプリを入れて、データ移行進行中。

 

もちろん、スマホやタブレット用のアプリもあるので、アクセスフリーです。

 

有料、無料プランを組み合わせて、便利に利用させてもらっていた " Dropbox "

20名弱で使っていたのですが、各々必要とするストレージ容量に差があっても、

同期のためには( すべてのPCユーザーに対して、フォルダ、ファイルの単位で

同期を指定できるのがオンラインストレージの魅力 )およそ同じ容量が必要で、

すると、全員有料プラン=高額、とライトユーザーにとってはコスパが悪い。

 

加えて、企業サイドのサービス提供の思惑に関係なく( 突然、全プラン有料化

とか、サービスの終了とか )自己データを管理したいこともあって、選択した

クライアント・サーバー型の " Nextcloud " 。( 自サバインストール&運用 )

 

まぁ容量を必要としないならば、オンラインストレージの無料プランを利用して

保管すれば、大切なデータを分散して保存出来て安心ですので、その利用方法を

例えば、父母子3名の家庭を例にしてみます。( もちろん、PCもスマホも )

 

「 010_フォルダ 」父、母、息子、全員がアクセスできる。

「 020_フォルダ 」父、母、のみアクセスできる。

「 030_フォルダ 」父、のみアクセスできる。

 

「 010_フォルダ 」のデータは、父、母、息子、3台のパソコンに同期保存され

アプリを入れた、息子のスマホからは「 010_フォルダ 」しか見えていません。

 

かつ間違って削除や上書き保存しても、過去に遡って復元できますし( なので

実データ量以上に容量を必要とする )その改変記録も残ります。

 

便利でしょ?( 笑 )

 

フォルダの先頭に番号を振っておくのも、任意の並び順に整理が出来て便利です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

オンラインストレージサービスの " Dropbox "( ウェブ上と、ローカルにある

複数のパソコンのデータを同期し、任意のフォルダを共有できる )無料、有料

プランを組み合わせて、便利に使っているのですが・・・

 

ウチのデータ量が増えてきたのと、アプリケーションの制限が増えたことにより

アレコレ小さな問題が発生するようになり、費用対効果の面からも、乗り換えを

考えたいところ。

 

クライアント・サーバー型の " Nextcloud "( 自前サーバーにインストールして

使用するので、そのすべてが管理下にありコントロール出来る!)が有力候補で

運用開始出来れば、現在と同様のグループウェア的利用が、パソコンでもスマホ

からでも、すべてのユーザーが容量を気にせず、ガシガシ使うことが出来ます。

 

さて、上手くインストール出来るのか?

 

レンタルサーバー側でデータベースを用意し、自ホームページとのシームレスな

使い勝手を考えると、SSL化( https:// のアレね )しておく必要もありそう。

 

まずは、バックアップ用にしてあるサーバーにインストール&実証実験してから

メインサーバーにインストールすべきでしょうが、その作業自体が非常に面倒な

ものになりそうで、ま、バックアップは取っておき、出来ればいきなりメインで

行きたいところ。

 

誰かインストールされた方おられます?

 

ソフトウェア自体は日本語に対応しているのですが、インストールマニュアルが

英語なもので。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事へ向かう彼女を見送り、降ったり止んだりを繰り返す天気に外作業は難しく

自宅内の掃除を済ませたあとで、コンテンツは比較的マメに更新しているものの

全体的な仕組みに満足が足りていない、ホームページの整備に取り組みます。

 

ってコレも、するならするで完結までを達成しなければ、本日のように数時間を

かけてゼロから作った仕組みは、半年前に9割ほど作り、仕上げをしないままに

放置状態としていたモノと同じじゃないですか!

 

半年前の方が、仕組みとしてスッキリしてるし・・・

 

時間を返して欲しいところですが、ソレはワタクシが統一されたフォーマットで

" 進捗状況を記録する " ということを怠っていたからで、コレは必要なのですが

どんな記述で記録を残すのがベストなのか知りません。

 

デザインも見直したいですね。

 

しかしコレは、地道な積み重ねというよりは、センスがモノをいう世界ですので

またまた難しく、手間をかけて改悪させてしまったら、元も子もないし・・・

 

いままで、そうでなかった事業所にも " 情報発信必須 " が課せられ始めますので

ウチは、その方法のスマートさと、マメな更新を心掛けたいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

Windowsを「 更新してシャットダウン 」と表示されたら、余裕のある時間など

無いのであれば、とりあえずフタをして無視しておくのが無難かと・・・

 

というほど時間のかかる今回のアップデート( Ver.1903 )でしたが、それ以降

背景が明るくなり過ぎて( Windowsテーマにしている場合 )& タスクバーが

白っぽくなって、イマイチしっくり来ないワタクシや貴兄に。

 

「 それまでの暗い背景は、どこへ行ったのか? 」

 

Cドライブから " SoftwareDistribution " を探して、中から " .jpg " を抽出して

みるのですが、すべて明るい・・・ どこまでも明るくなっています。( 笑 )

 

これを機に " Store " で新たな背景を探す手もありますが、ソフトクリームなら

「 バニラ♪ 」な、変化に弱くスタンダードを重んじるオジさんは、どうしても

暗い背景で四角のWindows マークが光を放つ、以前のテーマに戻したい。

 

どこかにあるハズなので、Cドライブを探し、探してみると・・・

" Windows.old " フォルダ内の自身のユーザー名の中にあった!

 

" AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Themes " とパスを辿って深層に

入り、キャッシュファイルの中を見れば「 あぁ、お前に会いたかったよぉ~ 」

ファイルをコピーして、背景に適用。

 

まだ24時間も経過していませんが、元のデスクトップ背景に戻って、ひと安心。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

壮大な計画のもと、開発途上( エラソーに・笑 )のまま、運用を開始している

MSアクセス利用のオリジナルデータベースソフトウェアですが、現状に合わせ

応用した、使い手側の操作が上手くなって活躍しています。( ダメじゃん )

 

例えば、目的のレコードを呼び出すのに、ワタクシのみテーブル構造もわかって

いるので、クエリを直接操作するようなことをしているのですが、ま、ここまで

きたら、あとは時間をかけて、誰でもが操作できるように改善させるだけ。

 

とは言いつつも、運用の中で新たな問題点も発生しており、これはすべて項目に

共通することですが、単純なところでは「 通し番号の振り方 」

 

ファイル名をリネームするする際にも、同じことが言えますが、将来、増えたり

差し込んだりが発生することを想像した、シンプルな手法と桁数が必要です。

 

個人的には、何にでも " 令和元年 " とはせず " 令和1年 " いや " 令和01年 " と

表記しておくとか。 9年後から助かるよ。( 笑 )

 

月間に唯一しか発生しないと附番していた、" 1905 " ~ " 1906 " の通し番号も

あとから例外が発生、最初から " 190600 " にしておけば良かったのか・・・

 

81年後の2000年問題ならぬ、3000年問題は無視です。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、ホームページを一新したい部門があるのですが、これも土台を構築

するまでには、結構な時間を要することになるので、さていつ取り組むのか?

 

コンテンツは日々誕生しているので、それを極力、リアルタイムでアップさせて

購読者に有益で楽しく、SEO的な効果も狙いたいところ。

 

あっ、あとコンテンツの更新手法はシンプルに、どんどん任せて行きたい・・・

ベースになるCMSは、すると " WordPress " 一択でしょうか?

 

ちなみにコレは " Movable Type " という、CMSソフトウェアを利用することで

作成しているのですが、使い始めた頃には " WordPress " or " Movable Type "

という状況だったのですが、もう完全に " WordPress " が席捲していますね。

 

といことは、SEO的なアレコレも " WordPress " が有利なのだろうと想像する

ところですが、当然、コンテンツが一番重要なことは言うまでも無く、これまた

当然に、超重要なのはアイキャッチとなる " 写真 " ですよ " 写真 " 。( 笑 )

 

滅多に写真を載せることが無い、コレを書いている「 オマエが言うか? 」では

ありますが、そこは更新を任せる彼女にお願いし( この場合は " 三人称彼女 " )

インスタ映えする、日々の写真に期待しています。

 

ま、その前にワタクシの " 土台作り " からですが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

他人のことを、どうのこうの書くまえに「 自分自身が気をつけろ! 」って。

 

クルマのシートの上から、アスファルトへスマホを落とし「 割ってしまった! 」

と、ヒビにビビリながら、そろっとめくってみると・・・「 貼っててよかった 」

強化ガラス製の液晶保護フィルム。( 嬉 )

 

このスマホで2回目ですね、保護フィルムを割ったのは。

おかげさまで助かっています。

 

以前は運転席と助手席の間にカバンが置けるクルマだったので、その度に中から

何かを取り出しておく必要はなかったのですが( これは超便利な仕組み )現在

バッグはリアシートの床に置き、要るモノは取り出してコンソールに。

 

おのず、乗降車時にモノを落とすリスクが高くなっています。( 油断するなよ )

 

データはすべて、クラウド上にあるハズ( 笑 )ですが、スマホをいきなり破壊

させてしまうような事態が生じたらオオゴトですからねぇ~。

 

ん? 再セッティングを想像してみれば、それほどオオゴトでもないか・・・

モノの金額的にはツライですけれど。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自前のサーバーからホームページの発信や、メール運用、その他、極小ながらも

SNSのマネごとなどしていた " 自サバ " 経験を経て、現在は用途や組織に応じて

レンタルサーバー4台のお世話になっているのですが、その活用度低し・・・

 

主たる目的が、静的ホームページの発信や、ファイルサーバー用途という、もう

まったくダイナミックさに欠ける、「 自サバでも出来るやん 」レベル状態。

 

まぁ当然、回線の太さやセキュリティのレベル、メンテナンスフリーなところは

比べようもなく、楽しみの実証実験でもなければ、自サバを選択する理由は無く

安心安定のレンタルサーバーで決まり。 もちろん費用面でも安価。( 笑 )

 

唯一、自サバのよさは、際限のない容量アップを望む場合くらいでしょうか。

 

さて、レンタルサーバーをもっとダイナミックに活用すべく、インストール型の

ソフトウェアを用いて " Dropbox " のような、オンラインストレージを構築して

離れた各部署に点在する " ローカルPC " とのデータの共有や同期を進めたい。

 

もちろん、それらにはタブレットやスマホ( android & iOS )も含みます。

 

このあたりは、上記をはじめ同様のサービスだと、どうしても容量や、アクセス

ポイント制限とか同期タイミング、そして費用の面で、コストパフォーマンスが

高くないのが辛いところで・・・

 

という訳で、そういったことを実行したいのですが、こういった場合往々にして

徹夜混じりの三日三晩という事態に陥ることが多いようで。

 

戒めの言葉は「 事前のフルバックアップを忘れるな 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

使い始めてすでに2年半ほどが経過したことを、知ってか知らずか、検索をした

覚えも無いのに、ワタクシのSNSをスクロールすると頻繁に、色々なメーカーの

液晶サイズ13.3インチのノートパソコンの記事が流れます。

 

「 そやろ、そやろ、時代は13.3インチやろ♪ 」と、ノートPCを持ち運ぶ生活が

長いワタクシは、各種の液晶サイズのソレを使用してきましたが、14インチでは

カバンにデカ過ぎますし、12インチになると操作がキチキチ過ぎ、たどり着いた

結果の13.3インチが、ブリーフケース的な薄型のバッグに入れて移動することと

使用感のバランスがベストバイ。

 

で、頻発するその広告、より軽かったり、フレームレスだったり、バッテリーが

長持ちしたり、世の中のみなさんが13.3インチが便利なことに気づき、アチコチ

バカ売れで、電気屋さんの店頭という現実を見ていないワタクシは、そこら中に

13.3インチが溢れているように思います。

 

そう、ワタクシの何かしらのインターネット上の行動や、各種データの蓄積から

具体的にソレを検索した訳でもないのに「 コイツはコレに興味を持ってるな! 」

と推測し、「 そろそろ購入するだろう 」と背中を押して、思考を偏らせます。

 

世の中すべの人が、13.3インチを狙っているので、早く買わねばなりません。

 

それらは、リスティング広告の功績と言うべきか、罪過と呼ぶか、めぐり巡って

" エコーチェンバー現象 "( ← 明確に答えられない方は、検索必須 )

 

とまぁ、欲や悪意を持ってヒトの思考や行動を操ろうと思えば、情報を提供する

フリをしながら「 机上からソレをコントロール出来るのだ! 」という、明確な

認識を持った上で 「 ポチッ 」としなければなりません。

 

あっ、購入してませんよ。 ・・・まだ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

情報が発信できる時代、ブログやSNSなど拝見していると、それこそ路地裏の裏、

山の奥の奥のような場所でも商売が可能になって久しく、個性的で魅力的な商品、

お店等々がアチらコチらにいっぱい。

 

情報をもとに、それらを探し訪れるのも楽しみの一つになっているのでしょう。

 

そんなお店の数々の情報を見かける度に「 訪ねてみたい! 」とは思うのですが、

なかなか叶わない、というか、行動に繋がらない理由のひとつは、もしかすると

ワタクシの「 スマホ:パソコン 」比率が「 1:9 」、いやたぶんもっともっと

パソコンに寄っているからではないか。

 

つまり、そんなこんな情報をパソコンで見かけるのですが、いざ行動出来そうな

チャンスの時には当然、スマホしか所持しておらず、ザッピングしたあの情報は

いったい、どこの何というお店だったのか・・・

 

答えに繋がるヒントや履歴がスマホの中にはありません。

 

という訳で、もっともっとスマホ活用を目指したいのですが、そもそも、どんな

活用方法があるのかさえ知りませんので、そこらへんをよろしくお願いしたい。

 

クルマの中でもデータ連携など、活用できる・・・ のですよね???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

トラブるような出来事といえば、土日などに発生することが多いような気がして

いるのですが、ソレさえ無ければ電話が掛かってくる数も少なく、平穏に過ぎる

祝日の出勤日・・・

 

すでに運用中とはいえ、イメージする完成形には程遠い地点で立ち止まっている

MSアクセスに向き合います。

 

どうやらワタクシの理解乏しいのが " リレーショナル " の部分で、コレを上手く

活用するために、テーブル構造を適切に設けるところまでは出来ているのですが

複数のソレを同一のフォーム上で見せて、更新させて・・・ といったあたり。

 

結果、思うような動きをしてくれている部分もあるのですが、それさえ「 アレ?

出来ちゃった 」てな具合で、" リレーショナル " をコントロールした訳ではなく

まさに結果オーライ、これではマズイ。

 

オートバイやクルマのチューニングでもそうですが「 〇〇したから、〇〇という

動きになった 」の因果関係が明確でないと、進む方向性を見失いますから。

 

いずれにしても大切なのは、触りはじめる前のコピーと( オートバイやクルマの

場合は初期値の記録 )各セクションでのコピーを必ずとっておくことで、ならば

最悪でも、丸一日を無駄にするだけで済みますから・・・

 

操作する前には、バックアップの手間を惜しまず!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレと難しい内容を、ガッツリとパソコンに向き合い作業中の彼女、用事の

時間が迫っていることに気づき、あわてて、ファイルを保存せずに閉じてしまい

ハタと「 あ、あ、あ、あぁ~ 」

 

「 な、なんとかなりませんかぁ~ 」と哀願する声を残し、出かけてゆく彼女。

( この場合の " 彼女 " は、三人称 " 彼女 " で、いつもの " 彼女 " ではない )

 

このとき、ほぼ諦めてましたね彼女。 しかし! ワタクシは知っている( 笑 )

バックグラウンドで自動保存が動いているソフトウェアならば、少なくともその

ポイントまでの復帰が可能なことを。

 

という訳で、バタバタと出掛けて行った彼女を追いかけるように「 復旧したよ 」

とのメールを送ることが出来て、感謝カンゲキ「 ありがとうございます! 」と

彼女からの返信メールでポイントアップ。( と勝手に思っている )

 

知っていれば手間というほどでもない作業ですが、知らない方にとっては救世主

のように見てもらえるかも知れないので、知っておいてソンは無し。( 笑 )

 

そのソフトウェア、自動保存が効いているんじゃないですか? はたまた設定を

すれば、定期的な自動のバックアップが動き始めるアプリケーションもあるので

手間を惜しまず設定しておけば、助かる可能性があります! ・・・カモ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自宅で利用しているルーターが壊れ、2台目になっているのですが、それももう

ずいぶん以前のハナシで、なんか性能が落ちてきている、もしくはハナから悪い

ような気がするのですが、ソレを数値で表すことも出来ませんし、壊れなければ

交換の決断も難しい。

 

そもそも、囲炉裏のある客間に( 使っていないけど )電波がよく届くようにと

設置した場所が、現実の動線とズレているのと、一体成型のケースでアンテナが

露出していないために、指向性がイマイチ分からず、見当違いの方向にエリアが

向いているんじゃなかろーか? 見えないだけに疑心暗鬼。

 

そんなこんなで機会があれば、前向きにルーターの入れ替えを検討したいところ

ですが、さて、どのモデルを選べばいいのか?

 

あっ、家に引いているのは中速度のADSL回線ですから、そもそも動画視聴など

範疇になく、家の中のどこにいても、途切れることなく繋がっていれば良し。

 

田舎暮らしの集落の中では、一番小さな家かも知れませんが、それでもソコソコ

家の端から端までの距離があるのですよ、コレが。( 笑 )

 

これからの季節、裏口から外に出た、カーポートの下に置いたテーブルでお茶を

しながら使えればサイコーですし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" むこうずね " と入力し、カタカナに変換しようと " F7 " を押下するのですが

変化なく「 そうか、このパソコンは " Fn " の同時押しが必要なのか・・・ 」

 

そうワタクシ、メイン使い13.3インチノートを事務所に忘れて帰宅してしまい

仕方なく彼女のデカいノートPCを借りて作業していたのですが、クラウド上に

データを置いているので、自身のIDとパスワードを記憶していれば、どこでも

ファイル操作は可能とはいえ、使い勝手が違って思考と同時進行できません。

 

って「 どれほどの速さで打てるんだよ? 」と、尋ねられそうでコワイのですが

連続して何百、何千文字と打てる訳でなくとも( ちょっと集中力が続かない )

ひとつの文、もしくは段落は、ダダダーと一気に、思考に沿って打ちたい。

 

カタカナをソコソコ使うので、文の中にソレが含まれ、変換にて最上位候補には

並びそうにない場合、ポン、ポンと " F7 " を挟むのですが、ソレが変換されない

となると、リズムが上手く掴めなくなるのです。( 笑 )

 

" Del " と " Back Space " の配置も違い、いちいち目を運ばねばなりませんし、

まぁ、必要なのは " 慣れ " ですけれど、それ以前に「 置き忘れるな 」って。

 

さすがにクルマを置き忘れたことは無いと思うのですが、自転車は乗って行った

ことを忘れ、徒歩で帰ってきてしまったことが何度か・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ガッツリと抱えるほどにデカイのですが、とはいえ、機械の入れ替えそのものは

古いモノと同じメーカーラインナップの最新型を選んだので、およそのサイズや

コンセント、LANソケットの位置が一緒で、つまり、配線の取り回しを移設する

必要もなく、あえて言うなら退けた跡の汚れを拭くだけで済んだプリンタ交換。


さて、手間なのはそこからで、個人使用でもなく大規模オフィスでもないウチは

1台、1台のパソコンにドライバをインストールする必要があります。


なので、届いてから4日ほど過ぎていたのですが、出勤者の少ない土曜日に。


もちろん、OSのドライバでも動作はするのですが、両面印刷などちょっとした

設定が不可だったりするので、メーカーの最新ドライバをインストール。


最近は、と言ってももう以前から、スマホやパソコン、プリンタに取扱説明書と

いう冊子状のモノが付属しなくなったのは良いですね。


初めて購入したノートPCには、電話帳何冊分もの取説が付属していましたから。


さっそくテストに、細い罫線まみれをプリントアウトしてみれば、なにより白い

ところがスッキリ白くて気持ちがいい!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

相変わらずワタクシのすべてをご存知のようで、すでに購入完了済み、もしくは

ちょっと調べてみたモノを、次から次に「 コレもいかがですか? 」と繰り返し

表示してくる、ユーザーの嗜好や行動をターゲットした広告はオソロシア。

 

放っておけば、それがいつまで続くのか? 一度だけ検索した、中古バックホー

( ユンボ )を次から次に表示してくるので、買って終わらせねばなりませんが

いつぞやの井戸ポンプと同様、購入したらしたで「 もう1台いかがです? 」と

きっと2台目のユンボを勧めてくるのでしょう。

 

建機関連のインターネット購入は、ヒジョーにキケンな香りがプンプンします。

 

はたまた、誰かが " いいね! " した広告が、ワタクシに表示されるシステムも

訳が分からずオソロシアで「 あ、この本の広告はワタクシの趣味だからだな 」

まではいいのですが、その本と本の広告の間に、ちょっとベッピンさん系の本が

入っているのは、誰かが検索したのか、ワタクシの潜在意識か。( 笑 )

 

ワタクシと繋がる他の方々のその広告に、自身の興味ある本と本の間にいきなり

訳の分からない本の広告が表示されているとして、きっとソレはワタクシの趣味

なのだろう、と思われているとしたらドキドキもんです。

 

他の方にはいったい何が表示されているのか・・・

きっとソレは、あなたの潜在意識なのですよ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

センスが無くなってしまったのか、いや元々無いのか、リレーショナルが上手く

機能しないデータベースソフトウェア " MSアクセス " は年始に一度、一部分の

完成としたのですが、ソレは構想全体の20%ほどで・・・

 

という訳で残り80%を、どんどん増殖させたい思いがあるので、基本的な骨格を

いい加減に進めることが出来ず、その辺りを行ったり来たりしているのが現状。

 

さて、理解できていない部分を補うために、とりあえずはウェブを彷徨ってみる

のですが、一つ一つのトピックに対しての答えやヒントは多いものの、マクロ的

な視野で全体像を考えるような・・・ コレをなんて表現すればいいのか・・・

体系論?、哲学?( 笑 )、そんなアドバイスはまず見つからない。

 

この辺りは、紙ベースの " 本 " のほうが圧倒的に優位で、ポン、ポン、と答えを

載せるだけで検索にヒットしてアクセスのあるウェブと比較し、ページを捲れば

まず " まえがき " というか " 序文 " というか「 どんな目的で執筆したのか 」が

書かれており、取り上げられている内容はまったく違っても、ココを拝読させて

もらえれば、彷徨えるワタクシに一条の光となって救いの手を差し伸べてくれる

可能性があるのかどうか、およその判断が出来るのです。

 

ウェブにコレを見いだすことは難しい。

 

そんな哲学的な体系論を語り掛けてくれ、ワタクシの脳に「 パッ! 」と光明と

回転を与えてくれる、そんなアナタはいまどこに。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ひと月に2回程度は、例え一行でも更新を加えるよう心掛けている、ワタクシが

管理しているホームページですが、前回はとりあえず、新年の挨拶を取り下げる

だけですがソレを実施、ついでに句読点の打ち方程度の小さな修正を加えます。

 

で、「 気にしていない 」と言いながらも、思い出したときには気になっている、

トップにあったものが、箸にも棒にも掛からなくなった検索順位、何が原因かは

明確に分からないままに、ん? マップと連動して登録しているURLが " http "

のままやん!

 

ソレも一因なのかは知りませんが、とりあえず正規の " https://~ " に修正。

 

この " http " が " https " へと変わる、常時SSL化ですが、単純に悩ましいのが

「 一文字増える 」ということで、印刷物の対応が間に合わないことはもちろん、

ロゴなどに用いている場合は、スマートじゃなくなるので変えなくていいかな?

 

もちろんリダイレクトをかけているので、" http " だろうが " https " でも結果、

同じホームページが表示されるのですが、クローラーはどう判断しているのか?

 

ま、「 どっちでもいーや 」と言いつつ現在、求職応募難とニュースになる中で、

それでもリクルートページに反応があるのは、インディードと自ホームページを

上手くリンクして使えているからではないかと思っているので、やはり結構重要。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨年から期限付きで取り組んでいる、オリジナルな( と言いつつ、完成度高く、

かつ柔軟性に富んだモノが作れれば、職種によっては必要とされる方が多い? )

データベース処理に使うMSアクセスの構築ですが、いよいよ第一段階の期日が

迫り、未完部分は手動処理で補うことで運用開始、そして出力へ・・・

 

今後は運用の中で、必要に迫られながら構築を続けることになるので、従来より

多少は作業速度がアップするのではないかと。

 

が、それとはまったく別に3月10日を期限とする、MSアクセス作成案件もあり、

コレは現在、エクセルファイルを肥大させながら進行中ですから、上記のモノと

比較して、ま、悩まずに済むだろうと楽観視しているのですが、レポート作成に

手間が必要となりそうです。

 

いずれの場合も一番の手間とまとまらないのは、知識と容量が少なめのアタマの

なかで巡らすアイデア部分ですけれど、これはすべての事柄に共通事項。

 

どんなことでも、複数の事柄を同時進行的に処理することが難しくなり、無理を

すれば、うっかり忘れの欠落が発生したり、顕著なのは、自分自身の暗算結果に

自信が持てなくなったことですので、あえて日常動作のなかに、マルチタスクな

用事をこしらえたり、暗算してみたりしていますが・・・ 効果はあるのか?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

プリンタが年末になって調子が悪くなったり、壊れたりするのはそう、その時に

しか使わないから。 週に一枚、フルカラーで出力しておけば良かったのに。

 

ま、週に一枚、無駄に出力して消費し、その為のインクを購入するくらいならば

( インクは、もうゼッタイに " 純正 " がおすすめ! )バチがあたりそうですが

「 年末ごとにサラのインクジェットプリンタ買えばいいじゃん 」てことに。

 

おかげさまでワタクシ周辺のプリンタは、" 使い傷み " の方が進んで、そろそろ

買い替えの時期に来ていそうなブツがチラホラ。 トナーも純正に限ります!

 

さて昨日、急な依頼が飛び込んできたのは、起動しなくなったノートパソコン。

 

ワタクシもヒマではありませんが( 笑 )、年末を迎えて、困っておられる姿は

想像に難くありませんから「 データレスキューはせず、初期化でよければ 」と

いうことで請け負った、国立大学生の " DELLノート " 。

 

最近の若い衆はスマホには詳しいですが、パソコンには興味薄く、ましてハード

となると、オジさんの方が詳しいくらい。

 

筐体の中の " SSD " には、将来のノーベル賞につながる研究データが入っている

のかも知れませんが、初期化OKということは、あくまで端末ですねコレは。

 

新品から半年ほど使用のノートPCは、キズ付き具合が勉強の成果か、本人の雑な

扱いか、なんとか物理的に壊れている訳ではなさそうなので、BIOSから入っての

初期化で対応。

 

山積みの書類に対応しながら、時間のかかるアップデートを横目で見守ります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレに追われた生活で、不安に感じているのは、ワタクシレベルとはいえど

ウェブ関連の最新情報に触れる機会が減っており、いち早く試し、運用に繋げる

というような行動がまったく出来ていないということ。

 

例えば、検索順位が常にトップにあったサイトが、常時SSL化へと移行して以降

( ダジャレじゃないよ・笑 )箸にも棒にもかからない辺りに沈み込み、時間が

経てど再浮上の気配が感じられなので、策を講じたいのですが、その " 策 " を

探す時間が見つからない。

 

実作業と違って、探すものが明確でない、見つからない何かの知識を得るための

プロセスは「 ここからここまでの時間で 」というものでもないのは、みなさん

ご周知のとおり。

 

・・・遊ぶ時間が必要です。( 笑 )

 

分かってはいるんです。 その時間はみずから作り出すものであることは・・・

 

これは実作業に入れば楽しい " 年賀状作り " ですが、ワタクシの背中側の棚に、

無地のままの状態で高く積み上げられ、時間だけが経過して行きます。

 

その見えなくもない時間が掴めそうで、掴めない。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

入れ替えた2台のデスクトップパソコン、わぉ! 設置現場でのプリンタ設定を

すっかり忘れ、昨日の景色のよい山の上で出た電話では「 印刷が出来ません 」

 

その電話で設定を忘れていたことに気づいたのですが、とりあえず Windows の

ドライバで自動的に認識しているでしょうから「 プルダウンからプリンタ型番を

探してみてね 」等々、困っている画面を思い浮かべながら電話で応答。( 笑 )

 

中2日あいた本日は、純正ドライバをダウンロード&インストールしに行かねば

ならないのですが、不必要な添付アプリは省いてドライバのみがキモ。

 

で設置時に入れ替えた旧型( と言っても、まだまだ現役活躍の CPU & Win10 )

2台は一旦、自宅に持ち帰り、エアガンを用いて内部をクリーニング。( コンプ

レッサーを移動させるよりは、PC本体を移動させたほうがラク )CPUの放熱板、

ファン、電源ユニット、筐体スリット部に蓄積したホコリが相当です。

 

1~2年程度に一度くらいは実施しておきたいクリーニング作業ですね。

 

で、その2台も極力、CPUに負荷のかかるアプリは省きつつ、再セットアップを

施して、まだパソコンの使用頻度が低い現場に設置予定。

 

ファイルをクラウドに格納するようになってからは、内部ストレージに依存せず

かつ、同期やバックアップにリソースを割かなくてよくなり・・・ シアワセ。

 

プリンタの設定を忘れないように・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

セットアップが完了して再起動を繰り返し、現時点でのアップデートファイル&

ウイルスチェックを済ませたデスクトップパソコン2台を、クルマに載せて運び

使用中のモノと入れ替えます。

 

デスクの上を少しでも広くするため、本体はロッカーの上に置いているのですが

そのため VGA や キーボード、マウスケーブルを延長していたりするので、ソレ

まで入れ替えるのは時間がかかると判断して、持参したモノはそのままに、本体

のみの入れ替えは、所要時間3分。

 

さっそく電源を入れてみると・・・ セットアップ時とは解像度が違うモニタに

なるのは分かっていましたが、自動で解像度をマッチングさせるかと思っていた

ところ、そうでもなく( 笑 )手動で設定すれば、繊細でクリア、でも小さい。

 

たぶんワタクシは、モニタと目の距離が近いタイプだと思うので、解像度が高い

モノでも、さして拡大せずに使うのですが、みなさん拡大したり、専用メガネを

使用したり、工夫が必要なお年頃。m(__)m

 

ただ、ワタクシがおもに使用するノートパソコンの場合は、デスクトップ以上に

キーボードとモニタの位置関係が、姿勢( とくに首 )を悪くさせてしまうので、

意識して正してみたり、効果があるかもと、いままさに本体をティッシュの箱の

上に置いてみたのですが、首には良さげですが、ヒジが痛いし。

 

このノートパソコンの「 姿勢( とくに首 )が悪くなる 」という問題を解決する

アイデアグッズ( すでに効果的なモノがある? )を開発すれば・・・

 

てか単純に、座面に対して机上面が高ければいいの? 見た目、カッコ悪いけど。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

使用開始にあたり、Windows10 Pro デスクトップ2台のセットアップを進めて

いるのですが、なんだかんだ時間が掛かり、もう少し効率的な方法がないものか

悩むのですが、ワタクシが遠回りしているだけ???

 

Administrator として、Microsoft アカウントを使わずにセットアップを進める

あたりは、新しいスペックということもあり、サクサクと楽しいのですが、この

2台は事務所から離れた場所に設置する、共有パソコンとなるので、想定される

Local User 各々のデスクトップを作って行く、この作業の一括設定は可能?

 

A~Fさんまでのデスクトップを一括で作成&設定し、そのあとで各々の権限等

違う部分の設定をすればOKみたいな。

 

とりあえずは、タスクバーとスタートのピン留めをすべて外し、規定のアプリの

設定から、ブラウザを Edge から IE へ変更すれば( PDF の閲覧も Edge から

Acrobat へ変更 )Win7 ライクなビジネスモデルの完成。

 

それらを逐一、すべての User で!!?

 

個人作成のドキュメント類、はたまたウェブサイトのショートカットも、デスク

トップに設けた Dropbox のフォルダに保存するようにしているので、それらの

引っ越しの心配は無いのですが、そのクラウドサーバーのアカウント設定は必要。

 

ま、コレは仕方ありませんが、メールを使う仕事かどうかに関係なく、社員IDと

ともにメールアドレスを発行しているので、手間はかかりますが、作業が止まる

ことはありません。

 

しかし本人の意思と裏腹に、無意識に保存したモノが User( My Documents )

に忘れ去られる可能性はあるので現在、パソコン入替予定があることを告知中。

 

本業ではない、「 引き出しの整理 」みたいな内容ですが、そういった部分でも

みなさんのスキルが上がってきているのは嬉しいかぎり。

 

使いやすくなることを願い、現代版のノートと鉛筆をセットアップしています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ヒトが勝手なのはネコ以上か " 慣れ " がオソロシイのか、" SSD " の起動速度が

標準になると、まだまだ多い " HDD " 起動のパソコンの立ち上がりが待てない。

 

なので、10台以上のソレらを一気に " SSD化 " すれば快適か ♪ と値段を調べ

ちょっと今回の思い付きは、価格低下まで胸の奥に仕舞っておきます。( 笑 )

 

ただ " SSD " 普及当初 " HDD " と比較して、壊れる瞬間は前触れなく、突然に

やって来るということで、ソコに対するビビリもあったのですが、その後一気に

クラウドが進化し、ローカルのパソコン内にデータを置いておくような時代じゃ

なくなったので、パソコンの故障を恐れる必要も無くなりました。

 

ワタクシの場合たまたま " POP " や " SMTP " 、" ポート番号 " 等々、記憶して

いるので困りませんが、メールやサーバー設定、クラウド接続のログインデータ

などは「 分かりやすいけど分からない 」何らかのカタチで残しておかなければ

自身に何かあった際に、何も進まなくなってしまいます。

 

あっ、定期的にクラウドのバックアップを、実際のハード機器でとっておくのも

必要かと。 上のようなことを言いながら結局は、そのすべてを人の手に委ねる

のは少々コワイ。 クラウドサービス事業者に何かが起こる可能性もあります。

 

ま、ソレは自動化して機械に任せておけば、日々の運用はクラウドベースで快適

いつでも、どこに居ても必要なデータを簡単に閲覧、編集することが出来ます。

 

望むのはどなたか・・・

MSアクセスのフォームを閲覧&編集できるアプリを、お願いいたします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

でココ、コレは " Movable Type " というCMS( コンテンツ管理システム )の

Ver.5 を、サーバーにインストールして使用しているのですが、はやく最新版に

乗り換えたいと思いながら、当然その際には不具合も生じるでしょうから、その

対策に割かれる時間を思うと、勇気が持てずにいます。

 

自前のウェブサーバーにインストールして使い始めた当時 " Movable Type " と

" WordPress "( 製品名は d と P 間にスペースなし )がシェアを二分していて

まだユーザーのハードや通信回線が安定していなかったので、静的なページ生成

が負荷としてやさしいだろうと " Movable Type " を選択したのですが・・・

 

現在( いま )では " WordPress " 一択のような状況になっていますね。

 

使い勝手はほぼ同じで、さすが主流だけあって、テンプレート、テーマ、プラグ

インの豊富さが違うので「 ちょっと浮気するか 」の気分も相当高まっていて。

 

ただ " Movable Type " で構築してきたコンテンツ量、つまりワタクシにとって

備忘録や日記、記録的なモノが少々溜まってきているので、それらがレイアウト

ごとスムーズに移行できるか、が一番重要なことではあります。

 

さて「 浮気する日 」は来るのか??? 下準備やフォローの時間が必要です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ほぼ気にしていないと言いつつ、まぁ低いよりは高い方が安心感のある検索順位

( 気にしてるやん・笑 )8月~9月にかけて、検索最大手のグーグルが、その

順位決めアルゴリズムの大規模変更を実施し、大きな変動があったそうで。

 

ソレとは関係が少ないと思われる根本的な問題なのですが、ワタクシが管理する

ウェブサイトの常時SSL化を( http://~ じゃなく、https://~ 保護された通信

と表示されるアレ )ちょうどその時期に試行錯誤しながら進めていて " www "

があると " 保護されていない " とページが表示されなかったり " .htaccess " の

記述をミスって、そもそも従来からリンクを張っているトップページへアクセス

出来ないようになっているのに気付いていない期間が生じたり・・・

 

そんなこんなが重なって、それ以前はたいして何もしていない割に検索トップに

いたのですが現在、箸にも棒にも掛からぬ「 検索結果に表示さえされない 」と

いう状態に。

 

まぁ、順位はとにかく「 検索にも引っ掛からない 」というのは修正する必要が

あるので、真面目に " SEO "( 検索エンジン最適化 )に取り組みます。

 

という訳で例えば、求職者のみなさま他、多様なアクセスのあるワタクシが管理

するウェブサイトのひとつ「 https://ascare.co.jp 」は、キチンと " SEO対策 "

が機能しているのか・・・( クリックいただけると、もちろん効果につながる )

 

そのスジ先駆者方々の評価をいただきたいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

計算なら大量のデータだろうが複雑だろうが、何でもやってくれる? パソコン

ですが、そもそもの元になるデータは人の手で入力する必要があって・・・

 

最近ではスキャナーで読み込んだり、スマホ撮影でもデータ入力が出来るように

なっていたりしますが、それにしてもソコに人の手が要りますし、例えば会計の

仕訳的なものは、やはり全面的に人が関わらないと進みません。

 

スマートスピーカー的なものに「 事務消耗品、398円、定規 」と話しかければ、

次々と会計ソフトに取り込んでくれるデバイスをお願いします。( 笑 )

 

日付は順不同でも並べ直しOKでしょうが、財務取引とかの貸方と借方の判断が

必要な場合は、自動入力だけではちょっと無理でしょうか。

 

その分野の先端技術は、どこまで自動化されているのか・・・

まぁ、一番大切なのは " 日々入力すること " ですけどね。

毎度、毎度、反省しかありません。

 

しかし、従来はワタクシ単独だったところを、新たにスタッフが加わってくれて

いるので、これからは日々、リアルタイムで結果が見れるように・・・

 

なるのか???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

でボタンが用意されている " SUN " をはじめ、覚えると関数を使い、はたまた

マクロなど組み込んで「 便利な表になっただろ? 」となるのですが、個人的な

モノなら自由なのですが、共用する資料の場合、ちゃんと引き継いで行けるよう

ソースを明確にしておいてください。( 笑 )

 

ワタクシ的には、エクセルをウィンドウズ標準で使用した場合の、セルの高さと

フォントサイズのバランスが非常に悪いと感じていて、そのまま使って印刷した

資料の見にくいこと!

 

ワードにしてもエクセルにしても、パワーポイント( ウチでは使ってないけど )

にしても、いい資料と言うのはレイアウト、見た目ですよ。( 自身は棚上げ )

 

何が伝えたいのか、明確なアイキャッチとスッキリした見やすさ、流れに沿って

目を送り、読み進めば理解できるシンプルさは、余白の上手な使いかたがキモと

ワタクシは考えているのですが・・・ まぁ、あくまで個人的な考えです。

 

さて " DATEDIF " 関数、" TODAY " を組み合わせて、例えば誕生日から現在の

年齢を表示したり出来るのですが、Windows で作ったこの表を iPad で開くと、

一律、10歳若く表示されていて、自分自身のデータを見て喜ぶ、喜ぶ。

 

別の場面、もちろん開く側も Windows だった彼女、「 〇〇さん、いま何歳?」

「 〇〇歳です 」( 正確)、「 あなたは?」「 28歳です!」( 激サバ )

 

まだ比較的、新しいパソコンなのですが・・・ コワれているようです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

以前にも書いたので、改めて記すまでもないのですが「 なぜ? なぜ? なぜ? 」

の泥沼や、集計違いに気づかぬままもヤバいでしょうから、再度の備忘録。

 

日常のすべてはスマホで済ませられるので、パソコンを持っていても、ここ最近

電源を入れたことも無いワタクシ周辺方々が、必要に迫られてエクセルなど使い

はじめているのですが、作成された文書を見て「 この作業はワードやろ? 」と、

Win9x 時代のサラリーマンを彷彿とさせております。( 笑 )

 

さて、エクセルなどでの情報の抽出、例えばフリカナの入力もある顧客名簿から

「 あ 」で始まる方を見つける場合「 ア* 」( * アスタリスク・ワイルドカード

= アに続く文字が何でもアリの意味♪)で検索すればいいのですが、「 は 」で

始まる方と言えば、ヒトの心理としては「 馬場さん 」も含まれます。

 

最近では、このあたりもソフトウェアが自動で判断できるようになっているよう

ですが、そうでなければ「 ハ* 」と「 バ* 」、「 は 」行のみ「 パ* 」も指定

しておく必要があります。

 

数百、数千、数万のデータを扱って、何らかの条件で抽出する場合、抽出漏れが

発生していないか、総数との差を意識しておかないと、知らぬ間に「 馬場さん 」

にだけ案内が届いていない、みたいなことが起こり得ます。

 

ワタクシ? リレーションの悩み深し。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ポータルサイトを開くと、サイドバーやフッターに「 これはいかがですか 」と、

ワタクシが過去に検索したり購入した商品が表示される、リマーケティング広告

もしくは、行動ターゲティング広告と呼ばれる仕組みのアレコレから・・・

 

実際に購入に繋がったことがあったかなぁ~( 笑 )

 

最近では井戸洗いに用いる性能を見るため、水中ポンプをアレコレ検討したので

「 追加の水中ポンプはいかがですか? 」と、そんなに何個も要らないって!

 

まぁ1個あれば十分な商品を、後追いで広告されてもなぁ・・・

 

そんなサイトを見に行った覚えはないので「 このページにアクセスする人物は、

きっとこんな方面に興味がある!」と、その後の消費者行動も追いかけてデータ

ベース化し、日々進化して行くAIなプログラムが判断して、ワタクシに業務で

必要となるようなソフトウェアや、クラウドサービスを紹介してくれるのですが

これはクリックしてしまうなぁ~( 笑 )

 

で、毎回その度に、導入費用にビビルのですが、ホントに効率化するのであれば

惜しまず投資すべきところ、ただデモで触ってみるにしても、そのセッティング

の手間を考えれば、二の足を踏んでしまうんですねぇ~

 

「 じゃ、作るか!」と思い立つものの、ワタクシのDIYと同様に遅々と進まずに

アイデア半年、施工半年、最後の詰めに半年・・・ てなペース。

 

けして、立ち止まっていない事だけが、唯一の言い訳です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

iPadも数台あって活躍中、やはり機動力に優れているのが便利で、まさに現場の

最強グッズと言えるのは、バッテリー維持力がそこそこ高いのも一因。

 

まだ、バッテリーの寿命が終盤のiPadに出会っていませんが、そうなるとやはり

「 えっ、もう?」なペースで、使えなくなってしまうのでしょうか。

 

そうなると「 機動力がある 」とは言えなくなってしまうなぁ~

 

クルマのEV化はどんどん進みそうな気配ですが、本体の技術より、バッテリーを

いかにコンパクトに、高性能に、そして安全に出来るかがキモのように思います。

 

あっ、安価も。

 

もしかしたら、みなさんには馴染み少ない建築工具の世界も、バッテリー駆動が

主流になっていて、手持ち工具はもちろん、スライド丸ノコなど据置くタイプの

工具も、どんどんバッテリー化しています。

 

100Vタイプと比較して、そのパワフルさに驚きますよ。( 笑 )

 

工具の場合、交換式になっているそのバッテリーは、けして安くはないのですが

というか、購入価格の半分以上がバッテリー代でしょうか。

 

過去に購入直後のバッテリーが不調をきたして、サービス店に持ち込んだことが

あるのですが、専用のテスターにセットすれば、何回目の充電か? 最高温度が

何度に達したか? ひいてはワタクシの趣味嗜好まで、なんでもかんでも分かる

ようになっていて、ちょっとビビリました。

 

真夏のダッシュボード放置など、管理悪く傷めたバッテリーは当然バレて保証外、

終われば捨てる、プリンタの交換インクにもICチップが貼ってありますもんね。

 

プリンタ本体側の情報を取り込めば、どんな内容の秘密文書を印刷したのかさえ

捨てたチップから簡単にバレてしまうでしょう。

 

消耗部材のアレやコレは、いったいワタクシの何を知っているんだ!?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事上で使うパソコンのすべてで、そのデータの保存はクラウドへとに移行して

いるので、すでに起動ドライブをはじめ、" HDD " を実装する必要性は無くなり

すると現在、ワタクシのノートPCのみ " SSD " なのですが( Cドライブだけが

そうで、Dドライブは " HDD " という構成 )その起動速度の早さは絶大。

 

という訳で、すべてのパソコンの起動をスムーズにすべく、順次 " SSD " へと

入れ替えたいと思っているのですが、CPUやメモリなど、他スペックはそのまま

でも十分な恩恵が受けられるものか・・・ 問題ないとは思いますが。

 

以前も以前、自前でウェブやメール、ファイルサーバーを運用していた時代には

パソコンも自作だったのですが、すでに遠ざかって久しく、最近のドライブ入替

事情を知らないもんで・・・

 

たぶん、入替ソフトウェアとセットで臨めば簡単だとは思うのですが、ついつい

「 この機会にリフレッシュするか 」と思い立って、クリーンインストールする

ことにして痛い目にあう、なんて想像はほぼ現実。ドライバ問題とか。

 

ま、まずは1台実践して効果を確認し、有効ならば順次と言うことで。

 

ペンとノートとも言えるパソコンの動きが、ちょっとでもギクシャクしていると

ストレス溜まりますもんねぇ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

久々に制作途上で放置していたMSアクセスの操作( 現在の進捗率50%ほど? )

壮大な計画のもと( 笑 )運用を始められたならば、かなり業務が捗ると思われ

もちろん、ソレを用いて提供される側も、わかりやすく効果を享受できるハズ。

 

当然、運用後も改良を重ねて行くことになるので、どの時点をもって「 完成!」

と言えるかわからないのですが、秋深まる頃には運用開始に漕ぎつけたい。

 

という訳で、少しずつでも前に進むべく、久々の操作となるのですが、こういう

場合、前回終了時に、どのようなフラッグを立てておけば、再開時の手間を少し

でも省くことが出来るのか?

 

どこまで、どのあたりで終了したのかを思い出す作業に、一歩二歩戻らなければ

ならず、すると「 ここはこうしたほうがよりベター!」などと思いついてしまい

前回と同じところで立ち止まってるやん。( 笑 )

 

毎年、もしくは臨時に変化する係数をどう取り込むのか、また係数が変化しても

過去に確定させたモノは変動しないように保存しておく方法。

 

およそイメージはあるのですが、ソレを実装する際には、また色々と調べまわる

必要があり、手間はかかるけれど・・・ 覚えられるのは楽しい。

 

あと1~2ヶ月での運用開始を目指して、すき間の時間を効率よく、上手く繋ぎ

あわせた作業を心掛けねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 



検索順位など気にしていないと言うものの、先日まで常にトップにあった、その

結果が、箸にも棒にも掛からぬ順位となって「 なんでやねん? 」


仕事上のサイトのハナシですが、8月からグーグル検索のアルゴリズムに大幅な

仕様変更があったそうで、いくつか管理しているその一つだけが、何かを大きく

ハズしたようで、いきなり検索にかからない?


順次、SSL化( http:// じゃなくて https:// のアレ )を進めていた中で、その

ページだけが未施工だったので、ずっと言われていましたが、やっとグーグルが

本気で、SSL化していないサイトを順位付けから除外したのでしょうか。


ブラウザに " Chrome " を使っていれば、URLの前に「 保護された通信 」とか

「 保護されていない通信 」とか、すでに表示されている、アレがSSL化。


第三者機関が、そのURLがホンモノかどうかを判定して警告、および暗号化通信

するシステムですが( 解釈が間違っていたら申し訳ない )、企業サイトは当然

としても、個人サイトの検索結果にまで影響する必要があるのかどうか・・・


ブラウザ、ワタクシ自身は仕事上のASPがIEにのみ対応しているので、日常から

IEを使用しているのですが、サイト運営上は日頃から各種ブラウザを使ってみる

クセをつけておきたいところ。


とくにスマホからのチェックは欠かさないようにしておかないと、大きな写真を

貼り付けたことで、レスポンシブ対応のレイアウトが崩れてエライことになって

いるのを見過ごしていたりして。


ちなみに、いくつかのワタクシが管理しているサイトへのアクセスの70%以上が

スマホからです。 少なすぎる?( 笑 )



Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.



 

 

久々にパソコンの修理依頼、青色の更新画面のまま固まってしまう症状で、一旦

電源を落として立ち上げても、再びその画面になって止まってしまいます。

 

〇〇〇を、〇〇〇して( 笑 )ソッコーで修理完了。 簡単と言えばそうですが

当事者は「 一晩中パソコンの電源を入れていてもそのままだった 」とのことで

「 もうダメかも 」と不安な気持ちだったでしょうね。 各種データ無事です。

 

あたり前ですが、クルマでもパソコンでもそういった際に「 なんちゅう設定を

してるねん 」と思っても、個人設定を変更しないことが重要で、例えば他人の

クルマに乗ることがあれば、シートの角度を確認、記憶してから起こします。

 

そう、大抵の方は異様にシートを倒していることが多く、とくに夏場は背中側に

空間を作りたいからか、シートバック通りに座ると「 天井を見てるやん 」

 

腰に悪くない? 万が一追突されたら首が激しく動くで。 なにより外から見て

カッコ悪いと思うのは少数派でしょうか。

 

胸の前のふところに余裕を残しつつ、起こしたシートバックに背を付け、ヘッド

レストとアタマの間には握りこぶし1個分。 そう、教科書通りの姿勢で、かつ

ジェントルでスムーズな上手い運転をされている方が一番カッコイイと感じます。

 

ブレーキはポンピング、ウインカーは早めに、加速はしっかりと「 操作をして

いるんだ 」という意思が感じられ、かつ、やさしい運転が好きです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

フェイスブックを開いたときに表示される、ニュースフィードのアルゴリズムが

イマイチ理解できず、さっき見かけた投稿を再確認しようと開き直しても、もう

その投稿がどこへ行ってしまったのか、スクロールしても、しても出てこない。

 

そしてツイッター、こちらは単純に " タイムライン " で、まさしく現在、東北を

ツーリングしている彼の足跡を追って、疑似的トリップさせてもらおうとすれば

出発から追って、上へスクロールすればよく、昨日は「 硫黄の匂いのする林道を

抜けて恐山に到着。東北3湯目は恐山境内にある薬師湯。とても素晴らしい。」

 

添付されたモノクローム写真のような賽の河原の石積み風景に、無数に刺された

原色の風車の回る音が、カラカラカラと聴こえて来そうで恐く、行ってみたい。

 

薬師湯の青く白濁した湯が効きそうです。

 

さてフェイスブック、ワタクシも含む本人が知ってか知らずか、他人のニュース

フィードに表示される「 〇〇さんが□□について「いいね!」しました。」

 

どう表示されているか知る由もなく、オネーさんの妖しいお誘いコメントに過去

「いいね!」していないか、ドキドキですわ。( 笑 )

 

ちょっと他の方がスマホをフリックする、そのニュースフィードをのぞく機会が

あったので注視させてもらえば、フェイスブックってエクストリームスポーツの

スポンサーか何かかと思うほどに、次から次に現れるのは、ワタクシのニュース

フィードだけだということに、改めて気づかされます。

 

世の中の人すべてが " Red Bull " ファンかと思っていました。( 笑 )

いったい何がどの順で表示されて流れて行くのか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 20191210_mifune.jpg
  • yuzu208.jpg
  • yuzu207.jpg
  • yuzu206.jpg
  • 20191116_ontheroad01.jpg
  • 20191116_ankokuji01.jpg
  • yuzu205.jpg
  • 20191110_pizzeria.jpg
  • burger_car.jpg
  • 20191102_keifukuji.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja