ホームページやPCの最近のブログ記事

 

 

ヒトが勝手なのはネコ以上か " 慣れ " がオソロシイのか、" SSD " の起動速度が

標準になると、まだまだ多い " HDD " 起動のパソコンの立ち上がりが待てない。

 

なので、10台以上のソレらを一気に " SSD化 " すれば快適か ♪ と値段を調べ

ちょっと今回の思い付きは、価格低下まで胸の奥に仕舞っておきます。( 笑 )

 

ただ " SSD " 普及当初 " HDD " と比較して、壊れる瞬間は前触れなく、突然に

やって来るということで、ソコに対するビビリもあったのですが、その後一気に

クラウドが進化し、ローカルのパソコン内にデータを置いておくような時代じゃ

なくなったので、パソコンの故障を恐れる必要も無くなりました。

 

ワタクシの場合たまたま " POP " や " SMTP " 、" ポート番号 " 等々、記憶して

いるので困りませんが、メールやサーバー設定、クラウド接続のログインデータ

などは「 分かりやすいけど分からない 」何らかのカタチで残しておかなければ

自身に何かあった際に、何も進まなくなってしまいます。

 

あっ、定期的にクラウドのバックアップを、実際のハード機器でとっておくのも

必要かと。 上のようなことを言いながら結局は、そのすべてを人の手に委ねる

のは少々コワイ。 クラウドサービス事業者に何かが起こる可能性もあります。

 

ま、ソレは自動化して機械に任せておけば、日々の運用はクラウドベースで快適

いつでも、どこに居ても必要なデータを簡単に閲覧、編集することが出来ます。

 

望むのはどなたか・・・

MSアクセスのフォームを閲覧&編集できるアプリを、お願いいたします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

でココ、コレは " Movable Type " というCMS( コンテンツ管理システム )の

Ver.5 を、サーバーにインストールして使用しているのですが、はやく最新版に

乗り換えたいと思いながら、当然その際には不具合も生じるでしょうから、その

対策に割かれる時間を思うと、勇気が持てずにいます。

 

自前のウェブサーバーにインストールして使い始めた当時 " Movable Type " と

" WordPress "( 製品名は d と P 間にスペースなし )がシェアを二分していて

まだユーザーのハードや通信回線が安定していなかったので、静的なページ生成

が負荷としてやさしいだろうと " Movable Type " を選択したのですが・・・

 

現在( いま )では " WordPress " 一択のような状況になっていますね。

 

使い勝手はほぼ同じで、さすが主流だけあって、テンプレート、テーマ、プラグ

インの豊富さが違うので「 ちょっと浮気するか 」の気分も相当高まっていて。

 

ただ " Movable Type " で構築してきたコンテンツ量、つまりワタクシにとって

備忘録や日記、記録的なモノが少々溜まってきているので、それらがレイアウト

ごとスムーズに移行できるか、が一番重要なことではあります。

 

さて「 浮気する日 」は来るのか??? 下準備やフォローの時間が必要です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ほぼ気にしていないと言いつつ、まぁ低いよりは高い方が安心感のある検索順位

( 気にしてるやん・笑 )8月~9月にかけて、検索最大手のグーグルが、その

順位決めアルゴリズムの大規模変更を実施し、大きな変動があったそうで。

 

ソレとは関係が少ないと思われる根本的な問題なのですが、ワタクシが管理する

ウェブサイトの常時SSL化を( http://~ じゃなく、https://~ 保護された通信

と表示されるアレ )ちょうどその時期に試行錯誤しながら進めていて " www "

があると " 保護されていない " とページが表示されなかったり " .htaccess " の

記述をミスって、そもそも従来からリンクを張っているトップページへアクセス

出来ないようになっているのに気付いていない期間が生じたり・・・

 

そんなこんなが重なって、それ以前はたいして何もしていない割に検索トップに

いたのですが現在、箸にも棒にも掛からぬ「 検索結果に表示さえされない 」と

いう状態に。

 

まぁ、順位はとにかく「 検索にも引っ掛からない 」というのは修正する必要が

あるので、真面目に " SEO "( 検索エンジン最適化 )に取り組みます。

 

という訳で例えば、求職者のみなさま他、多様なアクセスのあるワタクシが管理

するウェブサイトのひとつ「 https://ascare.co.jp 」は、キチンと " SEO対策 "

が機能しているのか・・・( クリックいただけると、もちろん効果につながる )

 

そのスジ先駆者方々の評価をいただきたいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

計算なら大量のデータだろうが複雑だろうが、何でもやってくれる? パソコン

ですが、そもそもの元になるデータは人の手で入力する必要があって・・・

 

最近ではスキャナーで読み込んだり、スマホ撮影でもデータ入力が出来るように

なっていたりしますが、それにしてもソコに人の手が要りますし、例えば会計の

仕訳的なものは、やはり全面的に人が関わらないと進みません。

 

スマートスピーカー的なものに「 事務消耗品、398円、定規 」と話しかければ、

次々と会計ソフトに取り込んでくれるデバイスをお願いします。( 笑 )

 

日付は順不同でも並べ直しOKでしょうが、財務取引とかの貸方と借方の判断が

必要な場合は、自動入力だけではちょっと無理でしょうか。

 

その分野の先端技術は、どこまで自動化されているのか・・・

まぁ、一番大切なのは " 日々入力すること " ですけどね。

毎度、毎度、反省しかありません。

 

しかし、従来はワタクシ単独だったところを、新たにスタッフが加わってくれて

いるので、これからは日々、リアルタイムで結果が見れるように・・・

 

なるのか???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

でボタンが用意されている " SUN " をはじめ、覚えると関数を使い、はたまた

マクロなど組み込んで「 便利な表になっただろ? 」となるのですが、個人的な

モノなら自由なのですが、共用する資料の場合、ちゃんと引き継いで行けるよう

ソースを明確にしておいてください。( 笑 )

 

ワタクシ的には、エクセルをウィンドウズ標準で使用した場合の、セルの高さと

フォントサイズのバランスが非常に悪いと感じていて、そのまま使って印刷した

資料の見にくいこと!

 

ワードにしてもエクセルにしても、パワーポイント( ウチでは使ってないけど )

にしても、いい資料と言うのはレイアウト、見た目ですよ。( 自身は棚上げ )

 

何が伝えたいのか、明確なアイキャッチとスッキリした見やすさ、流れに沿って

目を送り、読み進めば理解できるシンプルさは、余白の上手な使いかたがキモと

ワタクシは考えているのですが・・・ まぁ、あくまで個人的な考えです。

 

さて " DATEDIF " 関数、" TODAY " を組み合わせて、例えば誕生日から現在の

年齢を表示したり出来るのですが、Windows で作ったこの表を iPad で開くと、

一律、10歳若く表示されていて、自分自身のデータを見て喜ぶ、喜ぶ。

 

別の場面、もちろん開く側も Windows だった彼女、「 〇〇さん、いま何歳?」

「 〇〇歳です 」( 正確)、「 あなたは?」「 28歳です!」( 激サバ )

 

まだ比較的、新しいパソコンなのですが・・・ コワれているようです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

以前にも書いたので、改めて記すまでもないのですが「 なぜ? なぜ? なぜ? 」

の泥沼や、集計違いに気づかぬままもヤバいでしょうから、再度の備忘録。

 

日常のすべてはスマホで済ませられるので、パソコンを持っていても、ここ最近

電源を入れたことも無いワタクシ周辺方々が、必要に迫られてエクセルなど使い

はじめているのですが、作成された文書を見て「 この作業はワードやろ? 」と、

Win9x 時代のサラリーマンを彷彿とさせております。( 笑 )

 

さて、エクセルなどでの情報の抽出、例えばフリカナの入力もある顧客名簿から

「 あ 」で始まる方を見つける場合「 ア* 」( * アスタリスク・ワイルドカード

= アに続く文字が何でもアリの意味♪)で検索すればいいのですが、「 は 」で

始まる方と言えば、ヒトの心理としては「 馬場さん 」も含まれます。

 

最近では、このあたりもソフトウェアが自動で判断できるようになっているよう

ですが、そうでなければ「 ハ* 」と「 バ* 」、「 は 」行のみ「 パ* 」も指定

しておく必要があります。

 

数百、数千、数万のデータを扱って、何らかの条件で抽出する場合、抽出漏れが

発生していないか、総数との差を意識しておかないと、知らぬ間に「 馬場さん 」

にだけ案内が届いていない、みたいなことが起こり得ます。

 

ワタクシ? リレーションの悩み深し。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ポータルサイトを開くと、サイドバーやフッターに「 これはいかがですか 」と、

ワタクシが過去に検索したり購入した商品が表示される、リマーケティング広告

もしくは、行動ターゲティング広告と呼ばれる仕組みのアレコレから・・・

 

実際に購入に繋がったことがあったかなぁ~( 笑 )

 

最近では井戸洗いに用いる性能を見るため、水中ポンプをアレコレ検討したので

「 追加の水中ポンプはいかがですか? 」と、そんなに何個も要らないって!

 

まぁ1個あれば十分な商品を、後追いで広告されてもなぁ・・・

 

そんなサイトを見に行った覚えはないので「 このページにアクセスする人物は、

きっとこんな方面に興味がある!」と、その後の消費者行動も追いかけてデータ

ベース化し、日々進化して行くAIなプログラムが判断して、ワタクシに業務で

必要となるようなソフトウェアや、クラウドサービスを紹介してくれるのですが

これはクリックしてしまうなぁ~( 笑 )

 

で、毎回その度に、導入費用にビビルのですが、ホントに効率化するのであれば

惜しまず投資すべきところ、ただデモで触ってみるにしても、そのセッティング

の手間を考えれば、二の足を踏んでしまうんですねぇ~

 

「 じゃ、作るか!」と思い立つものの、ワタクシのDIYと同様に遅々と進まずに

アイデア半年、施工半年、最後の詰めに半年・・・ てなペース。

 

けして、立ち止まっていない事だけが、唯一の言い訳です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

iPadも数台あって活躍中、やはり機動力に優れているのが便利で、まさに現場の

最強グッズと言えるのは、バッテリー維持力がそこそこ高いのも一因。

 

まだ、バッテリーの寿命が終盤のiPadに出会っていませんが、そうなるとやはり

「 えっ、もう?」なペースで、使えなくなってしまうのでしょうか。

 

そうなると「 機動力がある 」とは言えなくなってしまうなぁ~

 

クルマのEV化はどんどん進みそうな気配ですが、本体の技術より、バッテリーを

いかにコンパクトに、高性能に、そして安全に出来るかがキモのように思います。

 

あっ、安価も。

 

もしかしたら、みなさんには馴染み少ない建築工具の世界も、バッテリー駆動が

主流になっていて、手持ち工具はもちろん、スライド丸ノコなど据置くタイプの

工具も、どんどんバッテリー化しています。

 

100Vタイプと比較して、そのパワフルさに驚きますよ。( 笑 )

 

工具の場合、交換式になっているそのバッテリーは、けして安くはないのですが

というか、購入価格の半分以上がバッテリー代でしょうか。

 

過去に購入直後のバッテリーが不調をきたして、サービス店に持ち込んだことが

あるのですが、専用のテスターにセットすれば、何回目の充電か? 最高温度が

何度に達したか? ひいてはワタクシの趣味嗜好まで、なんでもかんでも分かる

ようになっていて、ちょっとビビリました。

 

真夏のダッシュボード放置など、管理悪く傷めたバッテリーは当然バレて保証外、

終われば捨てる、プリンタの交換インクにもICチップが貼ってありますもんね。

 

プリンタ本体側の情報を取り込めば、どんな内容の秘密文書を印刷したのかさえ

捨てたチップから簡単にバレてしまうでしょう。

 

消耗部材のアレやコレは、いったいワタクシの何を知っているんだ!?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事上で使うパソコンのすべてで、そのデータの保存はクラウドへとに移行して

いるので、すでに起動ドライブをはじめ、" HDD " を実装する必要性は無くなり

すると現在、ワタクシのノートPCのみ " SSD " なのですが( Cドライブだけが

そうで、Dドライブは " HDD " という構成 )その起動速度の早さは絶大。

 

という訳で、すべてのパソコンの起動をスムーズにすべく、順次 " SSD " へと

入れ替えたいと思っているのですが、CPUやメモリなど、他スペックはそのまま

でも十分な恩恵が受けられるものか・・・ 問題ないとは思いますが。

 

以前も以前、自前でウェブやメール、ファイルサーバーを運用していた時代には

パソコンも自作だったのですが、すでに遠ざかって久しく、最近のドライブ入替

事情を知らないもんで・・・

 

たぶん、入替ソフトウェアとセットで臨めば簡単だとは思うのですが、ついつい

「 この機会にリフレッシュするか 」と思い立って、クリーンインストールする

ことにして痛い目にあう、なんて想像はほぼ現実。ドライバ問題とか。

 

ま、まずは1台実践して効果を確認し、有効ならば順次と言うことで。

 

ペンとノートとも言えるパソコンの動きが、ちょっとでもギクシャクしていると

ストレス溜まりますもんねぇ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

久々に制作途上で放置していたMSアクセスの操作( 現在の進捗率50%ほど? )

壮大な計画のもと( 笑 )運用を始められたならば、かなり業務が捗ると思われ

もちろん、ソレを用いて提供される側も、わかりやすく効果を享受できるハズ。

 

当然、運用後も改良を重ねて行くことになるので、どの時点をもって「 完成!」

と言えるかわからないのですが、秋深まる頃には運用開始に漕ぎつけたい。

 

という訳で、少しずつでも前に進むべく、久々の操作となるのですが、こういう

場合、前回終了時に、どのようなフラッグを立てておけば、再開時の手間を少し

でも省くことが出来るのか?

 

どこまで、どのあたりで終了したのかを思い出す作業に、一歩二歩戻らなければ

ならず、すると「 ここはこうしたほうがよりベター!」などと思いついてしまい

前回と同じところで立ち止まってるやん。( 笑 )

 

毎年、もしくは臨時に変化する係数をどう取り込むのか、また係数が変化しても

過去に確定させたモノは変動しないように保存しておく方法。

 

およそイメージはあるのですが、ソレを実装する際には、また色々と調べまわる

必要があり、手間はかかるけれど・・・ 覚えられるのは楽しい。

 

あと1~2ヶ月での運用開始を目指して、すき間の時間を効率よく、上手く繋ぎ

あわせた作業を心掛けねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 



検索順位など気にしていないと言うものの、先日まで常にトップにあった、その

結果が、箸にも棒にも掛からぬ順位となって「 なんでやねん? 」


仕事上のサイトのハナシですが、8月からグーグル検索のアルゴリズムに大幅な

仕様変更があったそうで、いくつか管理しているその一つだけが、何かを大きく

ハズしたようで、いきなり検索にかからない?


順次、SSL化( http:// じゃなくて https:// のアレ )を進めていた中で、その

ページだけが未施工だったので、ずっと言われていましたが、やっとグーグルが

本気で、SSL化していないサイトを順位付けから除外したのでしょうか。


ブラウザに " Chrome " を使っていれば、URLの前に「 保護された通信 」とか

「 保護されていない通信 」とか、すでに表示されている、アレがSSL化。


第三者機関が、そのURLがホンモノかどうかを判定して警告、および暗号化通信

するシステムですが( 解釈が間違っていたら申し訳ない )、企業サイトは当然

としても、個人サイトの検索結果にまで影響する必要があるのかどうか・・・


ブラウザ、ワタクシ自身は仕事上のASPがIEにのみ対応しているので、日常から

IEを使用しているのですが、サイト運営上は日頃から各種ブラウザを使ってみる

クセをつけておきたいところ。


とくにスマホからのチェックは欠かさないようにしておかないと、大きな写真を

貼り付けたことで、レスポンシブ対応のレイアウトが崩れてエライことになって

いるのを見過ごしていたりして。


ちなみに、いくつかのワタクシが管理しているサイトへのアクセスの70%以上が

スマホからです。 少なすぎる?( 笑 )



Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.



 

 

久々にパソコンの修理依頼、青色の更新画面のまま固まってしまう症状で、一旦

電源を落として立ち上げても、再びその画面になって止まってしまいます。

 

〇〇〇を、〇〇〇して( 笑 )ソッコーで修理完了。 簡単と言えばそうですが

当事者は「 一晩中パソコンの電源を入れていてもそのままだった 」とのことで

「 もうダメかも 」と不安な気持ちだったでしょうね。 各種データ無事です。

 

あたり前ですが、クルマでもパソコンでもそういった際に「 なんちゅう設定を

してるねん 」と思っても、個人設定を変更しないことが重要で、例えば他人の

クルマに乗ることがあれば、シートの角度を確認、記憶してから起こします。

 

そう、大抵の方は異様にシートを倒していることが多く、とくに夏場は背中側に

空間を作りたいからか、シートバック通りに座ると「 天井を見てるやん 」

 

腰に悪くない? 万が一追突されたら首が激しく動くで。 なにより外から見て

カッコ悪いと思うのは少数派でしょうか。

 

胸の前のふところに余裕を残しつつ、起こしたシートバックに背を付け、ヘッド

レストとアタマの間には握りこぶし1個分。 そう、教科書通りの姿勢で、かつ

ジェントルでスムーズな上手い運転をされている方が一番カッコイイと感じます。

 

ブレーキはポンピング、ウインカーは早めに、加速はしっかりと「 操作をして

いるんだ 」という意思が感じられ、かつ、やさしい運転が好きです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

フェイスブックを開いたときに表示される、ニュースフィードのアルゴリズムが

イマイチ理解できず、さっき見かけた投稿を再確認しようと開き直しても、もう

その投稿がどこへ行ってしまったのか、スクロールしても、しても出てこない。

 

そしてツイッター、こちらは単純に " タイムライン " で、まさしく現在、東北を

ツーリングしている彼の足跡を追って、疑似的トリップさせてもらおうとすれば

出発から追って、上へスクロールすればよく、昨日は「 硫黄の匂いのする林道を

抜けて恐山に到着。東北3湯目は恐山境内にある薬師湯。とても素晴らしい。」

 

添付されたモノクローム写真のような賽の河原の石積み風景に、無数に刺された

原色の風車の回る音が、カラカラカラと聴こえて来そうで恐く、行ってみたい。

 

薬師湯の青く白濁した湯が効きそうです。

 

さてフェイスブック、ワタクシも含む本人が知ってか知らずか、他人のニュース

フィードに表示される「 〇〇さんが□□について「いいね!」しました。」

 

どう表示されているか知る由もなく、オネーさんの妖しいお誘いコメントに過去

「いいね!」していないか、ドキドキですわ。( 笑 )

 

ちょっと他の方がスマホをフリックする、そのニュースフィードをのぞく機会が

あったので注視させてもらえば、フェイスブックってエクストリームスポーツの

スポンサーか何かかと思うほどに、次から次に現れるのは、ワタクシのニュース

フィードだけだということに、改めて気づかされます。

 

世の中の人すべてが " Red Bull " ファンかと思っていました。( 笑 )

いったい何がどの順で表示されて流れて行くのか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

少しでも使い勝手が良くなるよう、デスクトップパソコンの液晶サイズを、順次

18.5インチから、21.5インチへアップさせているのですが、確かに使いやすい。

 

どうせ変更するなら、23インチ超サイズも選択肢として有りなのですが、作業の

内容次第でデカいほど良いモノでもなく、画面の端から端がひと目で見切れない

サイズは、ソレはソレで疲れやすいのです。

 

ペイント&ドロー系のソフトウェアを使う際には、デカくて解像度が高いモノが

欲しくなるのですが、メイン使いの13.3インチノートで、何でもしてしまう傾向

強いワタクシです。

 

てか、ワタクシのデスクトップの液晶は、古いブラウン管テレビかと思うほどに

走査線が波打ちウネウネと酔いそうで、モニターの寿命かと交換しても変化なく

グラフィックボードの劣化が想像されるので、ジャンク箱の中から、DVI出力の

ソレを探し出し、挿してみなければなりません。

 

ちょっとCPUもグレードアップしたモノに変更したいような気もしますが、結局

何でもかんでも、小型ノートでしてしまいそうな気配濃厚。

 

いずれにしても、CドライブのSSDはもうやめられません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パソコンのソフトウェア使用の初歩の初歩、テーブル構造の考え方で躓いている

MSアクセスは「 バージョンは違えど昔、参考書を買ったな 」と、探してみれど

さすがに処分してしまったようで見つかりません。

 

このあたりの初歩的な内容は、ウェブで検索するより本で見た方が理解しやすく

作業が進めやすいのですが、購入しても探し求める「 ピンッ ♪ 」とくる内容が

掲載されている保証はなく、う~ん、そうだ! 図書館へ行こう!

 

田舎暮らしの地元図書館はここ数年ご無沙汰ですが、時々使わせてもらっていて

興味のある分野の蔵書は、およそ把握しているので、今回の目的に合致する本は

「 ちょっと無いぞ 」と想像され、ここは職場側の図書館を使わせてもらわねば

なりません。

 

が、思い返すとワタクシ、現在の場所に移ってから図書館を使ったことがない?

 

大丈夫のハズですが、いま " 借りるための資格 " を確認すれば、市内居住者は

当たり前の、通勤、通学している人もOKで「 よし、よし 」

 

しかも市内には図書館が15館もあり、はたまた借りた本の返却は駅前でも可能

等々、利用させてもらわねば「 もったいない 」と思うほど。

 

ここのところ、めっきりと名文に触れる機会は減っているのですが、調べもの

とはいえ、本に触れるのは楽しみで、改めて「 図書館に行かねば!」

 

はたして脱出できるのか? 一人6冊、2週間以内です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 これで完成 」と言える日は永遠に来ない、と言うか現状でも、宣伝の対象を

選ぶメリットなどもっとアピールする項目が要るでしょうし、素材となる写真が

若干足りずサイドメニューが充実していないこともあって、手を加えたい場所は

まだまだあるのですが、とりあえず以前の " サブディレクトリがトップページ "

の状態から、オリジナルドメインのトップページへと移行したホームページ。

 

SSL対応をしたので、" http://~ " から " https://~ " へも変更となりました。

 

さて、ここで問題になるのが検索サイトから従来のURLにアクセスいただいた際

どうやって新しいURLへと移動してもらうのか、ということで、これはもちろん

自動で行うのですが、「 meta refresh を使うのがSEO的に有利だ 」とアピール

するサイトもあれば、「 いやいや301リダイレクトが基本 」との記述も。

 

もちろん、これまでの古いURLで応えていた検索の積み重ねを無駄にしたくない

訳ですから、これは結構重要問題なのですが、そのあたりのSEOに関する知識も

持ち合わせておらず、それこそ " グーグル先生♪ " に頼るのですが、その先生が

どちらを「 よし 」とするのかを知らない・・・( 涙 )

 

いつも尋ねていてばかりで、ワタクシの知識の例え何かがみなさんの役に立って

いる可能性はかなり少なさそうですが、今回、またまた教えていただきたいのは

「 http://△△△.co.jp/□□□/index.html 」から 「 https://〇〇〇.jp 」へ

リダイレクトさせる方法は何が適切か? について。

 

よろしくお願いいたします。m(__)m

 

しかし、いつの時代も大切なのはテクニックよりも " コンテンツ " 。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレ優先順位を混迷させながら、現在はドローソフトと格闘中、各種項目に

矢印を書き込んで解説を加えるような作業を繰り返しているのですが、基本中の

キホン、思うような自由曲線が描けずに・・・ なんのコッチャら。

 

上記のごとく、基本をすっ飛ばして経験値のみ積み重ねた結果、上達したような

気になっていることは多くあり、と言うか、ほとんどすべてのアレコレがそうで

現在、学び直せるとして、さすがに入門をイチからは時間がかかって面倒なので

「 出来た気になっている人のための基本おさらいコース 」みたく、略した形の

学びの場があればウケるんじゃなかろーか。

 

あなたも、エクセルのプチテクの使用方法が思い出せないとか、ワードの段落が

思うようにコントロール出来ないとかありません?( 笑 )

 

「 いまさら聞けない〇〇〇 」シリーズですね。

 

いままさに叩いているキーボードにもまだ知らない、超便利なショートカットが

潜んでいるのでしょう、以前にも書いたのですが、なるべくマウスに触れないで

パソコンの操作が出来るようになれば、スピードが各段に上がります。

 

って、ワタクシも結局、基本が出来ていませんけれど・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ショッピングモールでアレコレと検索すれば、ソレらがSNSなどのサイドバーに

広告として登場してくるので、なかには「 あぁ、こんなモノも検索したなぁ~ 」

と、すでに思い出のモノもあれば、よくあるのが「 すでに買ったのに・・・ 」

 

広告に力を注がれるのは当然、効果が高いからでしょうが、ならば購入履歴さえ

連動させて( オソロシ )この商品はまた次も買う可能性があるのか、1個きりの

モノなのかも、AIして欲しいところです。

 

何度も何度も勧められても、井戸ポンプは1台あれば十分です。( 笑 )

 

いや、個人的に井戸ポンプを購入する方は少なく「 こいつは個人設置業者だな 」

とアレコレ、DIYがらみの購入履歴から思われているとしたら、こちらの想像

の上を行くAIぶりでしょうか。

 

いやいやもっと上の上、AIは " 育ててやろう " と考えているのかも・・・

 

すると、ワタクシのSNSは、ここ最近、やたら " 溶接面 " を勧めてくるのですが

これはもしかすると、ログインユーザーであるワタクシ、AIから見てご主人様を

「 こう育ててやろう 」という計画が、着々と進んでいるのかも知れません。

 

たぶん・・・ 買います・・・ 溶接面。 ( ※ クッキー削除でオッケ )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昼頃から雨の予報に、朝一番からアレコレと外での作業を予定していたのですが

結果、朝からシトシト降り出した雨は、やがて激しい降り方も交えた雨に。

 

追われているとはいえ、こうなれば明確に外での作業は諦めるしかなく、すると

これまた追われている、パンフレットの版下制作に没頭することとなり、これは

これで助かった!

 

朝から立ち上げたドローソフトと、ペイントソフトを交互に、11.3型モニターの

ノートパソコンに繋いだマウスでの作業を続けます。

 

あっという間に時間は経過して、飼い猫 " ゆず " のブラッシングを途中に挟んで

昼食はパスタとアイスクリーム、作業は続いて、夕方5時のお茶はチリワインと

チーズ、ゴールが見えてきたのでビールに移り、午後8~9時頃に夕食、日々の

ルーティンに作業を挟みながら午後10時にゴール!「 おめでとうございます 」

 

「 さて風呂に入るか 」とボタンを押すと、操作パネルにエラーコードが " P00 "

と表示されて湯が張れない! 調べてみれば本体混合弁の不良が疑われるようで

とりあえずエラーリセットで湯は張れたけれど、これは近々に繰り返す可能性大。

 

熱めの湯に浸かりながら、途切れ途切れの作業を繋いでも、なかなかゴールには

たどり着けなかったモノが、集中し完了できた雨のおかげに感謝。

 

手持ちプリンターの試作品で、誤字脱字など校正作業をしてからの発注です。

 

ちょうど10年ほどが経過する、エコキュートのエラーが気になりますが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

時間の合間、合間を縫って、久々に " MSアクセス " に取り組んでいるのですが

他のデータベースソフトへの造詣が深くないことも相まって、このソフトウェア

好きやわぁ~ ♪( 笑 )と、コレは何度かココでも取り上げていますね。

 

アプリケーションを組み上げる知識は持っていないのですが、アクセスを用いて

しっかり作り込めば、専用オリジナルソフトウェアを作った気分に浸れます。

 

それはつまり " その目的についての日常の作業が超便利になる!" ということで

作り込む手間の数百万倍のリターンが期待できるのが " MSアクセス " です。

 

で、いままでの取り組み方は、基本となるテーブルの構造を決めつつ、入力画面

となるフォームを作るところから始めることが多かったのですが、今回のソレは

アウトプットするべき印刷イメージが確定しているので、テーブルからクエリで

抽出したデータをレポート上に並べ、レイアウトを整えることから始めます。

 

というような作業にはやはりマウスが便利ですから、普段は使っていないソレを

アッチやコッチの現場のテーブルに持参することとなり、オマケにバッテリーも

心配なので、ACアダプタも加わって、モバイルノートの利便性半減。

 

ま、制作中のデータは常にクラウド上にあるので、どこのパソコンを使用しても

それこそ " アクセス可能 " ではあるのですが・・・

 

今回は明確なタイムリミットがあるので、そこに向けてワタクシの普段から遅い

手が間に合うのか、ソレが問題です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

早くしなければと思いながらグズグズ、グズグズ、結果「 今週末までには着手

してもらわんと間に合わんな 」と、一気に原稿を考えて相手方に送信。

 

やれば出来るやんオレ。( 手が遅すぎるってば・笑 )

 

まぁ、アタマの中でクルクル、クルクル、アイデアをまとめるまでがオオゴトで

「 こういったモノにしよう! 」と決まれば、あとは作業ですが、コレが楽しい。

 

ドローソフトを操作している時間は好きですね、13.3インチの小型ノートで。

 

出来れば、21~23インチくらいの( デカ過ぎても疲れる )液晶とハイスペック

パソコンで作業をしたいところですが、みなさんのPCは順次、入れ替えを進めて

いますが、ワタクシのデスクトップは後回しです。@ 事務仕事専用スペック。

 

「 モニターがチラつきだしたな 」と入れ替えても直らず、たぶんグラフィック

ボードが逝きかけている様子に加え、CPUも何世代前のものか・・・

 

さて内照看板は、使用するキャストアクリル板をワタクシが用意したので、看板

デザインの出力をお願いしに、その事務所に持ち込んだのですが、いったいこの

出力機の価格はいくらするのか? と、デカイ、Roland製の溶剤インクジェット

プリンターのカッコイイこと!

 

透過時にワタクシの思い描くモノに近い " 色 " が出るか、試作をしてもらいます。

このあたりの無理をきいてくれるのは、ありがたい。

 

「 マゼンタを何パーセント増やして・・・ 」など、プロの仕事ぶりを見ています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 パソコンに詳しい 」みたいな言葉は意味の無いことを " パソコンに詳しい "

方々は知っておられるのですが、一部の方々にパソコンに詳しいと思われている

ワタクシには、ときに各種質問が降ってくることがあります。

 

もうそれはパソコンに限らず、電化製品すべてについて。( 笑 )

 

LED電球の不具合まで相談していただけるのは、喜ばしいことなのか、オオゴト

になっているのか・・・

 

パソコンぽい分野にしても当然、使っていないソフトウェアやアプリについては

知っていないのですが、まぁおよそ使い勝手は同様で、ソレを質問してくる方の

習熟度ならば、たぶんソレには答えられてしまうので困りものです。

 

しかし、興味なき分野のワタクシの無知さ甚だしく・・・

 

さてこの度「 わたしは何を買えばいいの? 」との彼女からの質問に、まったく

答えられないのは、最近のDVDレコーダー類について。

 

某、アイドルユニットの( うち1名の恋人がどうのこうの話題の )アルバムを

購入する彼女ですが、ウチにソレをかけるスベがなく、" 積読DVD " 状態。

 

トイレの一角に専用コーナーを設け、なんかいっぱいあるゾォ。

 

「 何を買えばいいの? 」、ブルーレイやテラバイトやらの言葉が乱れ飛ぶ中で

何をアドバイスすればいいのか、ワタクシの知識がありません。

 

「 場所をとるので、出来れば水平に置くより、壁固定とかがいいかな 」そんな

無知なワタクシの回答に、応えられるモデルは存在するのか!?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレ種類があるようですが、ウチの職場では「 OKグーグル♪ 」というのを

1台活躍させていて、なかなかに便利なのですが、もっともっと機能を引き出し

プチ未来を楽しまねばなりません。( 笑 )

 

その調理特化型のデイは、歩いて操作しても数歩の小さな職場ですが、それでも

クロームキャストと繋いで「 世界遺産の映像を流して♪ 」と頼めば、キレイな

背景がBGMとは別に流れていますし、「 レシピを映して♪ 」と頼めば、iPadの

中に溜めている画像が、ドーンと大画面テレビに映し出され、パンタグラフ式の

ステーで壁固定しているのを引き出して( これは手動・笑 )調理台へ向けます。

 

動画系の仕掛けやソフトに弱いので、なんでこうなっているのかがイマイチ理解

出来ていませんが・・・ 結果、便利、便利。

 

赤外線リモコン系のデバイスを入手し「 照明を点けて♪ 」とか、空調の操作も

出来ればと思ったのですが、そもそもリモコンがあるのはテレビだけでした。

 

そんなアレコレ話しかけ方を、事前にアタマの中で整理しておけば、音声認識の

レベルはそこそこなのですが、フリートークのように同時進行の認識で、自由に

話しかけることは出来ないので、それはもう少し先の未来か・・・( 笑 )

 

「 OKグーグル、切れた灯油を足してきて♪ 」

 

まだまだ早朝、深夜には石油ファンヒーターの活躍が必要な、田舎暮らしの自宅、

スマートスピーカーはありませんし、そもそもウチは超遅いADSL回線です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

Xデーは決まっているので、そこから逆算するとアレコレ、目の前に締切が迫り

かなりヤバイ状況なのですが当然( キッパリ )、間に合っておりません。

 

とくに外注する印刷物は、納品までにかかる営業日数が絶対なので、早めに動く

必要があるにもかかわらず、その前段階の版下作成の時間が取れずに焦る焦る。

 

まぁ、自業自得ですけれど。

 

その中には写真が必要な項目もあり、それら数カットは天気と時間に折り合いを

つけて撮影済みなのですが( 時間は太陽の向きのこと )、撮影日が違うと空の

色合いにも差異が生じて、ペイントソフトで近似値には出来るものの、なるべく

ならば自然のままで使いたい。

 

同日、同時刻に逆光で撮った写真の、被写体の露光を触るほうが自然か・・・

しかし、手前に落ちる影がジャマなので、そこにフォントを重ねるか・・・

 

試作を繰り返して、納得のゆく結果を探し求めるのですが、空の色を優先させる

となると、やはり「 逆光でもシャッターを押しておいてよかった 」となるので

デジタルな時代、どんな条件でも一応 " 撮っておく " と言うのは相当重要です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ノートパソコンを用意しなくちゃならないんです~( 涙 )」

 

「 あえて用意しろならば、液晶は15.6インチ程度、CPUはCore i5以上かな? 」

 

「 !、その通りなんです。 なんで分かるんですか? 」

 

最近の若い人たちは、スマホで何でも出来る時代に生きているので、パソコンの

使用には不慣れで、新入社員など " パソコンの使い方 ・ 基礎編 " 教育も必要と

ニュースで見かけますが、まぁソレも錯誤な時代は目の前でしょう。

 

ただ、会社や教育現場の方がソレにはついて行けていないので、まだまだ当面は

それらの場所でのパソコン使用は不可欠、慣れておいてください。( 笑 )

 

タブレット端末の現場への導入は、各方面でかなり進んでいるように感じます。

 

さて、息子さんの進学で、上記の会話のスペックのノートパソコンを用意せねば

ならなくなった彼女ですが、違う目的であれば「 ワタクシが使ったモノでも~ 」

的なことが言えるのですが、ことノートパソコンの授業での使用となれば、何は

ともあれ、バッテリーはビンビンである必要がありますし、スペックもしかり。

 

新品価格も比較的こなれた時代とはいえ、なんだかんだ高い買い物になるなぁ~

なにか、いい手が浮かばんものか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

背景に使わせていただくフリーのテクスチャ探し、本来すべてオリジナルである

ことが理想ですが、ペイントソフトの利用でゼロから作る手間を考えると・・・

ありがたく使わせていただきます。 m(__)m

 

まぁそれにしても、どのテクスチャ素材も素晴らしい出来で、パーツを拡大した

目で見れば、確かに描いたモノですが、もう現実の手触りが伝わってくるほど!

 

紙はカサカサと音が伝わってきますし、メタルはどこまでも硬く冷たく、木材は

その匂いさえ脳裏に浮かびます。 これらを、そうでない素材にプリントすれば

人間の脳をダマすのは、いとも簡単ですね。 今回の目的ではありませんが。

 

さて、使わせていただくテクスチャ素材を元に加工して、自分流に仕立てて行く

のですが、好みが露出控えめハイキー調に浅く焼いた感じなので、元々は適正な

露出か、もしくは焼き込んで陰影をはっきりとさせた感じのテクスチャですから

そこからですね。 いや、その他の加工を済ませてからトーンバランスです。

 

先日にも書かせていただきましたが、印刷が上がると、またイメージも違うので

それを一致させる知識を学ばねばなりません。

 

ハナシ変わって、フリーソフトの場合は " 加工 " 出来るモノは少ないので、ソレ

を使わせていただいて「 こうアプローチするのか 」とか「 これは使いにくい 」

と学んで、ゼロからの制作に役立たせます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

月々の料金の中に、分割代金が組み込まれていたりするので、結構高価なモノを

気軽に持っている実感がありませんが、実際のところ普及クラスのデスクトップ

パソコンより高価なスマートフォン。

 

例えるならば、そこそこ頻繁に「 おっと! 」と言いながら、手元から滑らせて

床にパソコンを落とす感じでしょうか。

 

メーカーいち押しのハイスペックモデルは、十万円を超えますから、アチコチに

" ポン! " と気軽に置き忘れたりしている " 十万円札 " です。( 笑 )

 

まぁ、そんなことを言い出すと、何百万円もするバイクやクルマを駐車できなく

なり、「 盗まれたので拡散お願い 」的な、SNSを見かけると哀しくなります。

 

万が一、無くなってヤバイのは値段よりも情報ですけれど・・・

 

そんなスマホをつい先々月あたりに、液晶画面デカイ最新スペックみたいなのに

交換した彼女が「 液晶が割れたぁ~ 」って。 「 えっ!? 」

 

見れば、絵に描いたようなピキピキのヒビが、縦横無尽に走って悲惨な画面。

 

どうやら手帳型ケースのバンドの、スナップボタンが液晶に当たっている状態で

カバンの中で圧力が加わってしまった感じです。 パチンと留めておけば・・・

 

「 う~ん 」と、一縷( いちる・書けんわ )の望みにかけて、保護フィルムを

ソロリとめくってみれば・・・ ラッキー! ヒビはフィルムのみです!!

 

ちょっと、お高く感じたけれど保護フィルムを貼っておいてよかった。

 

新品に貼り替えて、古いのをクイッと曲げてみれば、パキン! と割れて、マジ

薄いガラス製であることが分かります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 A4サイズ三つ折りパンフレットの原稿制作をしなくては 」ずいぶん前からの

課題で、それも3種類! なかなか「 このようなモノを作ろう 」との基本方針

が見えて来なくて、着手そのものが先送り、先送りとなっていたところ・・・

 

「 作りかけた 」と言うだけですが、やっと1個めの制作開始。

 

印刷物を作り始めるにあたって、いつも思うのは「 もっと印刷について勉強を

しておけばよかった 」いや、いまからでも遅くはありませんから「 したい 」。

 

原稿から紙の選定、印刷、製本、裁断( 順番が違う? )に至る、実際の作業を

知らないので、原稿を作る際のルールがよく分かっていないのです。

 

ドローソフトの操作も、こと " 印刷用原稿 " という意味では無知で、トンボに

始まって、ヌリタシ、フォントのアウトライン化あたりは理解できるとしても、

アレコレ入稿に際しての注意点が分かっていないのがトホホ。

 

で、また今回は " 三つ折り " ということで、完成イメージの確認に、手持ちの

A4レーザープリンタで印刷して折ってみるのですが、周囲に白いところが残り

実際の完成イメージとは違います。

 

あっ、A3プリンタ( インクジェットですが )を使い、用紙の真ん中に印刷して

裁断すれば、完成イメージが分かるか・・・ 裏表で位置が合うかなぁ・・・

 

完成すれば、ウェブに落とし込んで、クリックで三つ折りが開くような仕掛けも

作ってみたいので、印刷原稿のキホンと合わせて、ご指導お願いいたします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

制作してアップすれば、すぐに効果を発揮するという訳ではないホームページ。

 

しかし、コンテンツが " タイムリーなモノになっていない " など、そのままに

することなく更新をかけ、レイアウトなどデザインのチェック&更新もマメに。

 

すると、最近になって目に見えて反応を感じるようになり、それがクライアント

及び制作者の意図するところとズレていなければ、これはウレシイ。

 

直接、電話、ホームページからも各種お問い合わせ「 ありがとうございます!」

また求人へのご応募、ともに仕事をさせていただける日を楽しみにしています。

 

アスケア株式会社のホームページ → http://ascare.co.jp

 

という訳で、本日は自画自賛、宣伝を兼ねた内容になっているのですが、昨年来

処遇の改善や、研修への参加意識向上、制服の一新など、ホームページの更新を

含めて、少しずつ改善に努めてきた効果が現われはじめ、職員方々、会社自身の

レベルアップを実感しており、しっかりと継続させて行くことが重要です。

 

また求人への問い合わせに関して、その内容、用意書類、面接場所などの説明に

「 弊社、ホームページから確認をお願いします 」と応答できるのも大変嬉しく、

求職者の方々にも、それらをしっかり確認してから応募いただけるので、安心と

レベルアップに繋がっているのではないかと自負しています。

 

今後も、働いていただける&いただいている方々の安全を最優先に、安心と安定

した収入、スキルアップとやりがいに繋げられるように、がんばって行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

市販ソフトウェアや、ASPソフトに頼らなければ、とんでもない手間が発生する

分野もあり、そこに費用が掛かるのは良いのですが、他の分野ではウチが独自の

内容だったりして、既製品ソフトでは " 帯に短し襷に長し " が多々発生中。

 

もちろん折り合いを付けながら使用しているのですが、使わせてもらうその度に

「 ここがこうならば助かるのになぁ~ 」という思い。

 

ワタクシレベルの知識でもなんとか作れそうではあり「 じゃ、オリジナルを! 」

と意気込むのは、いつもその問題に直面したとき。

 

直面してから作り始めたのでは、当然そのアウトプットが必要な期限に間に合い

ませんから、結局 " 帯に短し~ " を使わせていただき、その度の思いの繰り返し。

 

う~ん、どこかで何とかしたいゾォ~

 

いただいた年賀状を楽しませていただいた後は、あいうえお順に並び替えてから

データベースと照らし合わせ、住所変更などが無いかをチェックすのはもちろん

お名前の表記などを最新のものに合わさせてもらっています。

 

「 崎 」と「 﨑 」( 文字化けするかな? )とか、「 浜 」のアレコレとか。

 

いくらソフトウェアが便利と言っても、ひとの手や眼があってこそです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

遅れに遅れて恥ずかしいのですが、やっとホームページの制作に着手し、まずは

トップページから。 素材写真が撮れていないので、仮写真を挿し入れて。

 

今回、写真は若い( ワタクシより・笑 )センスに任せてみようと、イメージを

伝えているのですが、仮写真で作ったページを見れば、そのスペースにはどんな

写真が相応しいのか、よりはっきりと伝わるのではないかと。

 

ワタクシといえば、さっさとコンテンツにかかればいいものを、トップページに

使うロゴに悩んで停滞中なのはいつものことで、" .png " で保存する際の文字の

輪郭線のボヤつきが気になる。

 

ん? 今回に限ってなぜ?? 結果的には、パスをオフセットする際にコンマpt

を指示していたからっぽく、それを整数に修正すればボヤつきが解消されたので

良かった良かった @ ホームページ用のロゴ作成に数時間。

 

ノートPCで作り、レンタルサーバーに上げて、別のパソコンやスマホで見栄えの

確認を繰り返すのですが、パソコンをたてればスマホがたたず・・・ みたいな

ジレンマの妥協点はあるのか???

 

じつは、まさにコレもそうなのですが " 改行 " には、こだわりがあって・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

離れた場所にある職場から「 パソコンが映らなくなりました! 」と報告があり、

さてさて、まずは電話でのやりとり。 どうやら本体は動いているようです。

 

また、このモニタが運悪く、見えにくい側面に、電源ボタンや切替ボタン、設定

ボタンなどが並び、もしかして間違って押され、モニタ2になってるとか・・・

 

アレコレ、そんなこんなを電話で伝えるのですから、もどかしい。

 

ソフトウェアに関してならば、リモートの遠隔で対象画面を見たり、操作したり

出来るのでしょうが、ハードウェアの問題ですから、どうにもこうにも原始的。

 

隣のパソコンのモニタと入れ替えて実験をしてもらうため「 青いコネクタの線、

電源の線を外して ~ ウンヌン 」「 青い線が抜けないんですけれど! 」

 

「 あっ、左右にある小さいネジで固定されてるから・・・ 」さきが長そうです。

 

結果、どうやらやはり、最初のモニタに問題があるようで、とりあえずというか

たぶん、この対策で解決とされそうですが、ワタクシのデスクの上に置いてある

モニタを外して持って行ってもらい、故障品と入れ替えて修理終了。

 

持ち帰ってもらった故障品は、また時間が許す際に、いじってみますかぁ・・・

 

とりあえず一旦、広くなったワタクシのデスクトップですが、パソコンのソレと

同様に、乱雑に散らかった書類で、ソコもすぐに埋まって・・・ 元の木阿弥。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

追加したパソコンのセットアップ。 ここでは複数の職員が2台のPCを共有して

操作することになるので、ログインユーザーを各々、人数分のセットアップ。

 

たいした手間ではないものの、パソコン側が新セットアップを整えるのに時間が

かかって、サクサクとは進まないのがじれったいです。

 

例えば、パソコンのログインは " guest " などに統一させる方法もあるのですが

" Dropbox " などクラウドサービスへの、各々のログアウト、ログインの手間を

考慮すると、パソコン操作開始時にログインしちゃうほうが便利なのです。

 

なので、追加した新規ユーザーを一括で選択しておき、デスクトップの設定など

まとめて出来たら便利なのですが、そんな機能は無いですよね???

 

スタートのピン留めをすべて外す。 Cortanaを表示しない。 PDFファイルの

関連付けを Edge から Adobe Reader へ変更。 ついでに Edge と ストア を

タスクバーのピン留めから外し、IE とよく使うアプリケーションをピン留め。

 

IE のホームに Google を設定し、ASPサイトなどのショートカットをお気に入り

バーに登録。 Dropbox のフォルダをダスクトップに配置。 あっ、メーラー。

 

等々、手間はたいしたことないけれど、時間がかかる。

複数ユーザーの設定を、まとめて変更する方法って無いですよね???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

田舎暮らしの自宅のインターネット回線は、従来からの電話メタル線を利用した

ADSLですが、まぁ動画などのチェックはしないので、遅いなぁ♪ と感じつつも

それほどの不自由はなく使わせていただいています。

 

自宅にいる時間も短く、現在のワタクシはコレでいいのですが、望めば光回線も

引けるようになりましたから、選択の自由度は少ないものの田舎暮らしといえど

インターネットに関して遜色はありません。

 

さて、そのADSL事業者の名を騙ったようなメールが一通。

 

「 この度、お客様がご利用中のモデムにつきまして、故障の疑いがあることを

 検知しました。 これにより以下の不具合が~ 云々 」 アヤシ過ぎ!

 

こちらから連絡を入れた訳でもないのに、一方的なメールがやって来たのです。

 

という訳で当然メールは放置していたのですが、宅配便で実際に届いたモデムに

「 ありゃ? ホントだったの?? 」

 

そういえばここ最近、モデムを通した通常の電話が鳴らないな、とは思っていた

のですが、元々、自宅の電話なんて年に一回も使いませんし、どうでもよかった

ので気にしていなかったのです。

 

インターネット側は通常に作動し、電話側がイカレたのを、ADSL事業者が遠隔

レポートみたいなので検知して、メールでの通知に続いて、交換用の実物送付と

なったようで、いや、疑ってスマン、スマン。

 

いまの時代、何でもかんでも知られていることに疑いはありません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

請求業務なども担当してもらってる彼女のパソコンの入れ替え。 セットアップ

など済ませ( この際、小規模事業所などの業務用パソコンの場合は " Microsoft

アカウント " を設定しないのもコツ )使えるように・・・ なった?

 

とは、請求業務日が来て、データ送信など実証してみないことには何とも言えず

とりあえずデスクの上には、新旧2台のパソコンのディスプレイが並んで置かれ

まるで、クリエイターかトレーダーのようで、なんかカッコいいゾォ彼女。

 

きっと本人は「 デスクの上が狭くなって使いにくい 」と思っているでしょうが。

 

なぜ、このような手間が要るのかと言えば、請求先によっては固有のパソコンに

電子証明をインストールする必要があり、それが上手く機能していない可能性も

あるので、とりあえず2台置き・・・

 

するとやはり当日、電子証明問題が発生したのですが、とりあえず旧パソコンに

頼らず、新パソコンの操作のみで乗り越えられたので、これで心置きなく接続を

切断して、次の場所へ移動させることが出来ます。

 

もっとタブレット運用に切り替えて行きたいシーンも多いのですが、ウチの場合

まだまだソレを活躍させることが出来ずにいるので、そのあたりは今後の課題。

 

おっ!これで現在、ウチで一番スペックのパソコンがソレとなるので、コソッと

ドローソフトを使わせてもらおうかな♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年に一回だけ作成するような書類、書く内容を確定させるまでは少々ややこしい

けれど、記入項目は少なく、書き出せば数分で終わる・・・

 

こんな書類は、ぜひとも昨年度のソレをコピーして使用し、更新するところだけ

書き換えればOKの、パソコン編集で済ませたいところ。

 

しかし直接、ボールペンで紙に書き込めば数分のところが、書類の全体を一度は

パソコンで作成する必要があるので、それにはちょっと時間かかり、するともう

「 今回は手書きでいいか 」と済ませて、また翌年、同じ問題の繰り返し。

 

という訳で、今回も手書きで進めてしまったのですが、毎年繰り返す同じ作業を

省力化するため、自分自身で作るのも何なので( 笑 )フォーマット( 書式 )が

インターネット上に存在しないか、探してみるのですが見つかりません。

 

特殊なのか???

 

その他アレコレ「 こうすれば早く、手間がかからず、なおかつデータとして残し

有効に使えるな 」という、MSアクセスを利用して作るアイデアはあるのですが、

それをカタチにする為には、小説家に執筆前の温泉地での長逗留が必要なように

ワタクシもソレを望むところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

知らない娘( こ )たち5名がカワイらしく踊って、ネコに追いかけられるCMに

「 国内生産のノートパソコンが39,800円( 税別 )かぁ 」と良いのか悪いのか

パソコン物価の下落定着ぶりに、改めて「 儲けはあるのか? 」( 笑 )

 

もう随分以前から海外、国産意識せず、廉価パソコンをフツーに使っているので

いまさら感もあるのですが、自然豊かな長野県飯山市でセル生産しているという

売り文句が、憧れの " iiyama " ブランドモニターを彷彿とさせます。

 

じつは・・・ と言うほどのコトでもありませんが、現在ワタクシがメイン機と

している 13.3インチ液晶の小型ノートPCがココのブランドで、小さなボディに

" HDD " と " SSD " 2台積みのデュアルストレージという変わったモデルです。

 

「 そうか、そうか、ワタクシの購入費も活用して、カワイ娘ちゃんCMが流せる

ようになったのか 」と育てたつもりで、会社概要を拝見すると・・・

 

街のBTOメーカーというイメージのままでしたが、メチャ大企業ですやん!

 

それでもスタートは地方都市の一軒、たった一人からですので、着目とガンバリ

その他モロモロ要素でここまで大きくなれるんだなぁ、って、どの企業も最初は

創業者のアイデアとガンバリに支えられた、そんな感じでしょうか。

 

そのあたりのセンスに欠けるワタクシ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ふた昔ほど以前まで、ソフトウェアのインストールと言えばCDベースのものを

トレイに挿し入れて、グィィーンと回転音が始まったり、止まったりを繰り返し

シリアルナンバーなど入力して完了させるスタイルでしたが、すでに懐かしく。

 

企業向けのボリュームライセンス( 複数台へのインストール可 )でもない限り

上記のような場合に困るのは、目的のソフトウェアが使えるのは、インストール

されたパソコンのみとなってしまうことで、複数名が複数の場所でソフトウェア

を使うには如何ともし難く、もどかしい感じ。

 

それらを解決してくれるのが現在主流の " クラウドベース " とか " ASPタイプ "

と呼ばれる、インターネット経由で " ID " や " パスワード " を打ち込んで使う

ソフトウェア群で、その恩恵に与れる作業が必要とされる方々には、ホント夢の

ような時代になったものです。( 笑 )

 

ただし、それらを活用するためには、すでに意識せずとも、それが普通になって

いるかも知れませんが " 高速インターネット " が必須なところ。

 

ウチの場合もA拠点、B拠点、予定されるC拠点も当然、光回線を用意するので

まったく問題は生じず、昨夜も移動先のB拠点で作業が出来て助かったのですが

自宅が・・・ なんともかんとも旧態依然としたメタル電話線を利用した ADSL

のままなので、接続が切れてしまうほど、遅い、遅い。

 

ここのところ遅さに拍車がかかり、いま書きながらスピードテストをしてみたら

690Kbps って・・・( 笑 )

 

ダイヤルアップしていた時代ならば、これでも嬉しいくらいですけれど、いまの

時代は田舎に住んでいても高速回線の確保は難しくはありませんから、そこへの

投資を惜しんではいけませんね。

 

電波まみれの街中にいれば意識もしませんが、高速インターネットの常時接続が

あってこそのスマホ、タブレットなどパソコン類となっています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

閲覧する資料は紙ベースではなくメールで配信を告知し、閲覧者側からウェブに

アクセスしてもらって、" html " で書かれた文書を確認してもらう。

 

と、ここまではフツーですが、出来るハズと思いながら方法を記述出来なかった

のが " 閲覧した資料にブラウザから直接、確認済みのサインを入れること。"

 

シンプルで動作が軽く、もちろん複数のサインが出来て、署名時間が残るモノが

いいですね。 と書けば「 簡単に出来そう 」と考えて制作にあたります。

 

しかし、これがなかなか。( 笑 )

 

ワタクシの知識の少なさゆえですが、仮に作った告知文章のフッターに記述して

アップロードしては動作確認、デザインは " CSS " で整える繰り返し。

 

「 ここをこう記述したらこうなるのか!」実際に試し動いたり、動かなかったり

少しずつ完成イメージに近づけて行きますが、途中で「 署名があった際にメール

送信があれば助かるな 」などと思いついたり。

 

なんとか、かんとか完成形。( まだ運用前のプロトタイプ )

 

ほぼ目的通り、閲覧者側からすると「 メールで配信を知り、リンクをクリック、

スマホのブラウザからパスワードを入力し、表示されたソレを読み進めば、文章

最下部に署名欄があり、すでに閲覧済みの何名かの署名と時刻が記載されていて

自分自身も署名すると、その閲覧済み一覧の最上部にサインが加わった 」的な。

 

配信者側からは署名が入る度に、メールで " ピロロン " って着信音が。

 

署名数を確認すれば閲覧人数を知ることが出来ますが、本人認証は設けていない

ので、一人が全員の署名を出来なくもない・・・

 

メール配信時にパスワードを割り振り、アクセス時に認証することは可能ですが

そこまでは必要なさそうなので、それは運用しながら考えるということで・・・

 

上手く運用できますように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

2カラム仕様の、ヘッダー、フッター、サイドバーは、すべてのページで共通の

モノを使いますから、まず「 index.html 」を、しっかりと作り込んでいました。

いや、作り込んでいる " つもり " でした。

 

現在のところの全9ページは、既存のコンテンツに修正を加え、追記したモノが

ほとんどですが、スマホでテーブルの見栄えが良くないなど、パソコンと何度も

見比べながら、全体のレイアウトに関わる「 style.css 」に手を加える繰り返し。

 

そんなこんな、ココでもたまに書かせてもらっていた、仕事上のホームページの

スマホ対応&大幅更新作業が、ちょっとコンテンツが足りないページがあったり

するのですが、そこは徐々に増やすということで、ほぼ完了。

 

昨日、すべてのファイルを入れ替えて公開したので報告させていただきます。

 

「 アスケア株式会社 」→ 「 http://ascare.co.jp

 

ここを借りて、複数の人の目で、誤字脱字の確認や、ダメ出しのチェックをして

いただけると助かります m(__)m が・・・ 「 やさしくしてね ♪ 」

 

それにしても自分自身、何度も見直したつもりでも、後から後から、ここがダメ

ソコがおかしい、と次々に発見されて、その度にすべてのページのヘッダーやら

フッター、サイドバーの書き換えです。 ・・・なので他人の目も必要なのです。

 

イメージカラーを以前のグリーン系から、淡いブルーグリーンに変更したことが

ちょうど季節にマッチして、そうハミガキ粉のような " 爽やかな風 " ( 笑 )を

感じていただけたならば、狙い通りです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

Windows 10( Home )になりまず目に入るのは、起動時の背景画像( 壁紙 )

が適時、自動的に切り替わり表示される「 Windows スポットライト 」という

新機能ですが、カメラマンの腕や、加工技術( しているのか? )がスゴイのか

景色そのものがスゴイのか、そこへ行ってみたい風景がいっぱい。

 

気に入った写真があった場合の参考にぜひ!、右クリックのプロパティで、撮影

日時や場所、露出などの設定、カメラマンの詳細情報が知りたいところです。

 

想像するに、ちょっとやそっとじゃ行けない、世界の果て的な場所が多いように

感じているのですが、日本の風景ってありましたっけ???

 

過去に表示された画像は、ユーザーフォルダ内を " ContentDeliveryManager "

で検索し「 LocalState 」→「 Assets 」の中の、ランダムで長いファイル名の

450KB以上のモノに " .jpg " の拡張子を追加してやれば、画像として確認する

ことが出来ます。( 丸ごと新しいフォルダにコピーしてからが安全ですね )

 

再度、日本の風景あった???

 

まぁ、しかし、この機能に限らないのですが " 勝手にダウンロードされている "

ことが毎回、目に見えて気持ち悪い、ということであれば、設定( 歯車マーク )

から「 個人用設定 」→「 ロック画面 」のプルダウンメニューで、「 画像 」or

「 スライドショー 」を選択すれば、従来の Windows ライク、望むならば、旧

マシンから引っ張ってきた、Windows 7 の背景にすることも可能でしょう。

 

もうパソコンにしても、タブレットもスマホも、常時インターネットで繋がって

いることは、当たり前になっているので、セキュリティに気を配らねばならない

ことは当然ですが、よほど詳しくなければ、何がダウンロードされて、何を収集

されたかは、知る由もありません。

 

先ほどの設定( 歯車マーク )から「 プライバシー 」「 更新とセキュリティ 」

→「 Windows Defender 」など見てみると、ちょっとゾワゾワするでしょうが

設定を変更すると思わず使いにくくなったりしますから、しっかり調べてからに

しましょ( 笑 )。 初期設定のままで、あまり気にする必要はありません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

隙間、隙間の時間を見つけ、ホームページ更新作業中 @ 進捗率75パーセント?

 

ひと月ほど前に「 公式ホームページのイメージフォトについて 」でお伝えした

スマホ完全対応のレスポンシブ化にともなって、レイアウトやイメージカラーも

全面的に変更した、リフレッシュ工事となっているのですが、コンテンツは基本

同様なので、クリエイティブというよりは " 作業 " がメイン。

 

とは言うものの、文字のレイアウトやサイズだけでも、ホームページイメージは

ずいぶんと変わるので、デザイン的要素が高くないこともなく、結構面白い。

 

公開用のフォルダ、例えば " public_html " の中に " test " みたいなフォルダを

作っておいて一式、そこへアップロードして、スマホから確認、確認の繰り返し。

 

6ページ+3ページの合計9ページで構成予定の、現在2ページがほぼ完成して

進捗率が75パーセントって間違ってない? って、実際のところ " index.html "

でヘッダーやフッター、サイドメニューのデザインが固まれば、ほぼ使いまわし

ですから、およそこのような進捗率でしょうか・・・

 

しかし、アップロード後に確認すれば「 ここはセンタリングのほうが見栄えが

するな 」とか「 フォントを大きく、小さく 」とか、細かな修正は続きます。

 

コンテンツに大幅な変更はありませんが " このホームページを見る人 " の想定

を少々変更して、それに合わせた内容へ修正を加えているのが隠された真実。

( オオゲサ・笑 )

 

現在、知識のない " アナリティクス " について、もっと学ばねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

満員状態の大会議室でぎっしり4時間程の説明&指導があるので、景色を眺める

余裕はないのですが、ここは10階ですから、さぞかし絶景が・・・

 

期待しつつ先日、迷ってしまった東館での用事を済ませてから市役所本館10階へ

移動し、大会議室に居るのですが、もう目前、平成29年度から変わる制度説明に

ここは満員で何名? 約500名が景色どころでなく、シーンと聞き入っています。

 

という訳で、フロアマップに定員記載がなかったので、収容人員を調べるために

姫路市のホームページ( 定期的に訪れて最新情報のチェックがお薦め ♪ )から

" 大会議室 収容 " で検索してみると「 新庁舎特集号 」と銘打った、昭和55年に

発行された、茶色に変色した広報誌の pdfファイル が出てきて・・・

 

片付け時のアルバムのごとく・・・ 読み込んでしまいます。( 笑 )

 

冒頭部分に「 ~予定される国鉄高架化で、」と、この時すでに、未来のアーバン

デザインが示されていますね。 引っ越しまでの市政は、現在の整備される前の

姫路市立美術館=旧軍隊兵器庫で担われていましたが、ワタクシ世代くらい迄が

なんとか記憶にあるでしょうか。

 

で、「 もしや? 」と思いつき、pdfファイルURL の「~backpdf/ 」から後ろの

部分を Delete してみると・・・ おぉ! " 広報ひめじ " のバックナンバーが!

 

みなさんはちゃんと、ココ → 「 広報ひめじWEB版 」から「 バックナンバー

で、お入りください。

 

昭和のソレに作業の手がとまること必至。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事上のホームページも管理しているのですが、その内のいくつかの骨格部分は

ライセンス購入したモノに、各パーツをペイントソフト&ドローソフトを使って

自作し、なるべくシンプルなソースになるよう、タグ打ちで構成しています。

 

その内の一つがアクセス数そこそこにもかかわらず、XHTML + CSS のままで、

レスポンシブ対応( 共通の html ファイルを css ファイルによって、パソコン、

タブレット、スマートフォン、のアクセス元に応じてレイアウトを切り替える )

していなかったので、ちょっとガンバります。( もちろん現在、未完成 )

 

( 実際のところはスマートフォンからも見られるのですが「 ページがモバイル

フレンドリーではありません 」と表示されるので、たぶん敬遠されちゃいます )

 

で、せっかくですからホームページのレイアウトもイメージカラーも若干変更し

・・・すると、アイキャッチに使用している写真も変えたほうが良いよなぁ。

 

コレが難しいところで、時間はかかれど作業として変更できるという内容でなく

出来ればオリジナルモノを使いたいところですが、普段からソレをイメージして

セミプロ級の写真をストックしておかねばなりません。

 

もちろん、そんなモノは手元にありません。( キッパリ・笑 )

 

あぁ、あの全員が揃ったときに! とか、あのイベントのときに撮っておけば!

は、すべて " あとのまつり " 。( カメラマンを頼んで級のモノが要りますが )

 

結果、購入ということになるのですが、どこか他社とカブってもイヤだしなぁ~

の思いが拭えません。 どんな方法がベストなのか・・・ 課題です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

先週の「 教えてDNS 」で尋ねさせていただいた内容に関しては、多くの回答

( 2件・m(__)m )、アドバイス等いただき、ありがとうございます。

 

しかし・・・ 解決しておりません。

 

が、問題がどこにあるのかは見えてきたので、早晩解決しそうな気配はしますが

取り組む時間少なく、原因がピンスポットで判明している訳でもないので、さて

はて、もう1回アドバイスもらっていい?( 笑 )

 

離れた場所にあるプリンタをネットワークの中にあるように使いたく、グーグル

クラウドプリントサービスも使っているのですが、コレの場合、エクセルなどの

ファイルを一旦、PDFに変換して送る必要があるので、ひと手間が必要です。

 

で、ちょっと考え工夫して、先月まで上手くいっていたのが、その離れた場所に

あるパソコンを立ち上げている際には、それをサーバーとしてドメインを与えて

プリンタポートのみ解放しておくことで、もう一方の場所で印刷を指示する際に

プリンタを選ぶドロップボックスから " http://~ " の付いたプリンタを選べば

どんな出力でも、そちら側でプリントアウト。

 

ファックスなどで送る荒れた文字等ではなく、そのままプリンタ品質のレベルで

出力されるので超便利なのです。

 

それが・・・ 先月あたりから、DNSサーバーエラーが返されて、ウェブ上から

プリンタが見つからない状態。 しかし、スマホからは見つかって印刷もOK。

 

パソコンのDNSキャッシュをクリアしてみたり・・・ アレ? 自宅に持ち帰った

ノートPCからならOKじゃん。 では! とアレコレ試してみると、事務所にある

光回線用、NTT貸与TAルーターを通して出ようとした時にだけ、DNSエラーが

返されるやん。 ファームウェアは適時自動更新されているでしょうが、先月と

比較して何も設定を変えていないのになぁ・・・

 

という訳で、問題のある " 場所 " が特定された、現在ここまで。

 

さて、ルーター( 場所 )のどこに問題があるのかが問題です。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

キチンと基本を理解しないまま「 まぁこういうことだな 」と、現象からおよそ

解釈して、過去の自サーバー期間には密接に、そして現在も、ワタクシの場合は

意図して必要となることもある、誰もが世話になっている " DNSサーバー " 。

 

この " DNS " について再度、学び直す必要に迫られています。

 

そもそも何ぞや!? DNS = Domain Name System 。 例えば、この散文を

ブラウザに直接、URLを打ち込んで見てもらおうとすれば「 http://hopper.jp

と入力することになるのですが、ソレはワタクシが幾つか借りている、レンタル

サーバーのうち、IPアドレスが「 203.189.105.144 」とのコンピューター内に

散文が置いてあるよと、一般的に意味があり覚え易いドメイン名( hopper.jp )

と、数字の羅列で覚えにくいIPアドレス( 203.189.105.144 )を、結びつけて

くれているからです。 ありがとう " DNSサーバー "( 笑 )

 

余談ですが、個人宅のパソコンでは接続の度に、リースされるIPアドレスが変化

するのですが( TAやルータの電源が落ちなければ同じアドレスのことが多い )

自サーバー運用の際に、変化したIPアドレスを、DNSサーバーに通知してくれる

DDNS =Dynamic DNSサービス 。 という便利なものもあったり・・・

 

という訳で、色々なシステムで世界中が結びついていると言うのに・・・

 

ワタクシが、ある固定IPアドレスにアクセスしようとしたら、スマホからならば

DNSが機能してキチンと繋がるのに、パソコンからだと「 DNSサーバーエラー 」

と返されて接続不能。

 

この " スマホならば可能 " 、" パソコンからだと不可 " の違いが分からない。

( もちろん接続先側で、アクセス制限をかけている訳ではない )

 

NIFTY-Serve 以来ハズかしながらの今更ですが、パソコン通信のキホンを学ぶ

必要に迫られています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

新品からの使用数回で、インパクトドライバのリチウムバッテリーの調子が悪く

なったので、サービスステーションに持ち込み診断機にセットしてチェックして

もらったところ、密閉させたプラスチックの塊にしか見えないソレから得られる

情報は、何回充電したか、水濡れがないか、はもちろん、達した最高温度とかも

記録しているそうで、真夏のクルマのダッシュボードへの放置で生じた不良等は

保証対象外なことが判別できるみたい。

 

上記、少々以前のハナシですが、その際は新品と交換してもらい助かりました。

 

電子的なモノが安価、高性能、ミニマムになり多種多様、従来では考えられない

小さな製品や、安い製品にも搭載されていることが多くなり賢くなっています。

 

なので、その部分に不具合が生じるとアマチュアでの修理が難しく、調子が悪く

なっても従来のように、テスターとハンダゴテという訳にはいきません。

 

・・・スマホに充電器を差しても、受け付けなくなっている。

 

本体側ならキャリア任せですが、アダプタ側に問題があるのであれば、過去には

何個もパソコンのACアダプタの修理をしているので、同様に直したいところ。

 

しかし、あの小さな充電器は差された相手の機種をちゃんと判別しているようで

どうも双方のプログラム的な部分がアヤシイ感じ。

 

さて、どう修理?修正?に取り組みましょうか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年末にまさかの " 予備在庫無し " を、ワタクシのせいで引き起こし、FAX受信に

不安を生じさせてしまったプチトラブル( 印字不良の従来機対応で切り抜けた )

本日やっと、CMYK4色のトナーが届いて安心しました。@ 約4万円!

 

プリンタは、" 本体は安価で販売するから、消耗品を使い続けてね " 商品なので

最初がリーズナブルに入手可能な反面、消耗品の価格にはビビリます。( 笑 )

 

とくにこのモデルはワタクシが選定した理由の一つである、ドラムが各トナーと

一体となっているので、" トナー交換=ドラム交換 " となって、いつでも鮮明な

印字が保証されているのではないか、と考えられること。

 

ドラム別体モデルの場合、トナー消費5~10本くらいまでは、同じドラムを使い

続けることになりますから。

 

もちろんその分、トナー交換時の費用は抑えられる訳ですが、たまにやって来る

ドラム交換費用が嵩んだ場合を計算に入れて、印刷単価を算出した情報サイトは

便利なものの、ワタクシが欲しいのは " 出力の継続した美しさ "( 素人レベル )

で、そんなことを教えてくれるサイトは見かけないので現在、人柱実験中。

 

その答えが見つかるのは、1~2年後でしょうから、乞うご期待。( 笑 )

SOHO( 死語?)スタイルで、出力にこだわる方には有益な情報かもです。

 

・・・紙送り時の誤差の少なさとか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

やれば出来るモンで電話帳ほどあった、メクっても、メクっても減らない厚みも

気付けば最後の一頁となって、とりあえず入力は終了。( たぶん )

 

次は出力で「 簡単フォーマット作っておけば早かった 」と、この段階になると

思うのですが、いまから作るとなると本末転倒、余計に時間がかかるので、また

次回は同じ思いに駆られるのでしょう。

 

その思い熱いうちの( 笑 )10か月後に向け、さっそく準備に入ればいいものを

当然、次のバタバタに取り組み始めるので、後回しとなり・・・ 忘れます。

 

アレやコレやの事務系の仕事は、それこそ好きな( 得意と言い切る自信はナシ )

ソフトウェアである " MSアクセス " を用いて体系化しておけば、使いまわしも

ラクなことは分かっているのですが、アプローチ出来ずにいます。

 

そうそう、アクセスで作りかけの " アプリ風 " も、9割ほどが完成したところで

他のことに追われて放置状態、アタマの中に設計図があるうちに作り上げないと

それこそ無駄になりかねません。

 

思い通りに完成させられれば、価値を付けることが出来そうな感じ( 笑 )です。

 

はたまた趣味で作って変わらずアクセス数高い( このアクセスは前述のアクセス

とは別なのがややこしい・笑 )ホームページを一度、電子書籍化実験してみたい

との思いもあるのですが・・・ これももちろん放置状態の思い。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いままでしっかり考えたことが無かったので、意外に簡単なことかもなのですが

メールの受信に関して、使い勝手を良くする方法。

 

仕事用のアレコレソレや、プライベート等々、複数のメールアドレスを運用して

いるので、ノートやデスクトップパソコンなど複数のパソコン、そしてスマホも

マルチドメインに対応したメーラー( パソコンはオフィス定番のアウトルック )

をインストールして使っているのですが・・・

 

もちろんどの端末でも受信したいので「 サーバーにメッセージのコピーを置く 」

として、一番初めの受信がスマホであっても、同じメールを後からパソコンでも

確認できるのはいいのですが・・・

 

メーラー同士を同期している訳ではないので、Aパソコンで受信、チェックの後、

不必要になったメールを削除していても、その後でBパソコンやスマホで受信と

なれば、先ほど削除したメールも、またまた一緒に受信されて、また削除。

 

って、ここまで書いて気が付きました。( 恥 )

 

「 [削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除 」に、チェックを

入れておけばいいだけとちゃう? それで解決やろ??

 

もちろん、最初に受信したパソコンでメールを削除した後、右クリック+「 Y 」

( アウトルックの場合 )で「 削除済みアイテム 」を、空にしてやる必要はある

のですが、コレでいいやん!

 

対外的には「 パソコンに長けている人 」と思われている可能性が高いワタクシ

ですが、まぁ、こんなもんです。 文字に書いてみて気が付きました。

 

あっ、スマホのメーラー側にそんな設定があるかな???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 2018kuri02.jpg
  • 2018kuri01.jpg
  • 2018higanbana01.jpg
  • salvage01.jpg
  • 2018sanma02.jpg
  • 2018sanma01.jpg
  • ido20180902.JPG
  • ido20180828.JPG
  • yuzu178.jpg
  • 20180730kabutomushi.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja