という訳の一昨日は、飼い猫 " ゆず " 用のケージの柵も綺麗にすべく、その細い

鉄線の1本、1本を拭いてゆくのですが、外からだけでは拭ききれず、狭い入口

を潜って内側から。 昨日も書いたソレを不思議そうに外から眺める " ゆず " 。

 

この既視感はナンだ? そう、幼い頃に連れられて行った " るり寺 " 。

あのヒトがオリの中からサルを眺める光景そのもの。

もしくは「 猿の惑星 」改め「 猫の惑星 」か!

 

1968年製作の映画の向かう先は2673年でしたから、まぁ、3673年頃には猫が

ヒトを支配しているのかも知れません。 いや、すでに現在がそうか・・・

 

さて " るり寺 " 、バスに揺られ揺られて、母に連れられて行った記憶には、親子

二人のおやつだったドラ焼きをアッという間に盗まれて哀しかった思い。

 

なので、いまでもドラ焼きに込める思いは強く、先日の網干の銘菓 " はまぐり "

は美味しかった。「 ありがとうございます 」

 

その出来事が約50年前なので、現在の " るり寺 " は当時と変わっていないの??

いや、そもそも観光で訪れたのはモンキーパークなので、瑠璃寺にはお参りして

いないのではないのか??? ちゃんと行っておかなくては。

 

と思っていたら彼女「 30年前以上になるけど一緒に行ったよ。 女性がサルに

狙われていたけれど、なぜかワタシのところには来なかった 」とプンプン。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年末の大掃除は「 そんなときにバタバタして風邪でもひいたら 」と " しない "

ことにしているのですが、まだ11月ですので田舎暮らしの自宅の大掃除。

 

元々の和室二間半を、フローリングのワンルームとして使用中ですが、その内の

洗面台や洗濯機がある側( 居間から直接、浴室にアプローチできるリフォーム )

の床にはタイルカーペットを敷いていたのですが、コレを撤去。

 

畳の色がそこだけ若いわ~♪ 改め、フローリングの色がそこだけ若いわ~♪

 

古くなった布製のソファーも捨てるのですが、掃出窓から外に出す必要があって

トイレを中に置いているものの、ケージとしては活躍していないソレに、飼い猫

" ゆず " を閉じ込めてからの作業。 あばれるかと思いきや、なかで寝てるし。

 

そのケージも大掃除、ワタクシが中に入って内側から拭いたり。

外から " ゆず " が見ている・・・

 

" ゆず " の爪とぎ用と、柱に巻いていたロープも全然使ってくれないので撤去し

ソレを荷括用に使おうと、両端をアイスプライス( さつま結び )しようとして

「 アレレ、どうやるんだったっけ? 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

飼い猫 " ゆず " の通院日。( 日々のクスリ残量から、勝手に決めているだけ )

病院へ連れて行く準備を始めれば、気配を察して部屋の隅へ・・・

 

抱え連れてきて、まずは胴回りにリードを装着すれば、すでに腰くだけになって

「 もう、どうにでもして 」という訳で、動物病院が換気のためドアも窓も解放

していることから「 次回からは 」とお願いされた、大きな洗濯ネットの中へ。

 

リードを装着された腰くだけの猫が、洗濯ネットに入れられてキャリーケージへ

「 スマヌ、スマヌ 」いつもの断末魔の鳴き声もないままに車のリアシートへ。

 

春以降、動物病院の待ち時間は、番号の書かれたマグネットシートをボンネット

に貼って待つという方式になっています。

 

順番が来て、オネーさん先生に採血された結果は「 状態維持が出来ています♪」

 

という訳の診察後、年末年始を越せる分の処方を受けた支払額に、猫じゃなくて

ヒトが腰くだけになって「 悪化していなくて、よかった、よかった 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

排煙窓を開けてエアコンを効かせた広くて静かな部屋、見たことのないサイズの

大きなテーブルを90度に挟んで、一対一の会話が続きます。

 

・・・冷静にしっかりと深く掘り下げて、またときに熱く思いを込めて。

 

それは2時間以上に渡って、午前中いっぱい続いたのですが、あとに残ったのは

疲労感ではなく、充実感。

 

ただ、大きく外していないと思うのですが、どんな内容なのか事前にわからない

会話について、もっと勉強をしておきたかった。( なにを? )

 

やはり常日頃から、そんな意識を持って、知見を広めておかねばならないことを

実感することになった訳で、いずれも流行りの表現を使うならば「 エビデンス 」

=「 証拠・根拠 」ある数字や内容を、知識として持っておくことが必須です。

 

しかし、そんな中にあっても刻々と情勢が変化する数字もあって、上記に加えて

 " 最新の " が重要ですね。

 

さて! シメのオマケの会話にホッとして、目標に向けてガンバります!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 え~と、なかったっけ 」と探せば、ハイエースのダッシュボードに仕舞った

薄い袋に、工具というか文具が数種類収めてあって、その中に発見!

 

ハサミと超強力両面テープを使って、自動ドアの開閉センサー不良の修理完了。

 

たまに「 車の中から刀剣類を見つけて逮捕した 」的なニュースを見かけますが

ワタクシの場合、カッターはあるわ( カッターマットも・笑 )カナヅチあるわ

いまは降ろしたけれど、釣り道具と一緒に中サイズの出刃包丁があったことも!

 

以前は自転車に乗った深夜の通勤だったこともあって、職務質問を受けることが

よくあり、職場から自宅へ工具箱を持ち帰り中の午前3時「 荷台のその箱は?」

「 工具箱です 」「 中身は?」「 カナヅチとかバールとかドライバーとか 」

 

そりゃ、深夜にそんなアヤシゲは箱を持っている人物は、職質お願いします!

 

思えば、その時のその工具箱は現在も変わらず活躍中で、大きくて頑丈がゆえに

工具満載で超重い工具箱にしてしまい、2つに別ける必要があるかなぁ・・・

 

「 コレを積んでいれば、ほぼナニゴトにでも対応できる 」というのは魅力です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 なんだかんだ、粗大ごみの持ち込みを2回も経験したわぁ 」と、話ていれば

隣の彼女が「 えっ! ウチなんかしょっちゅう車満載で捨てに行きますよォ~ 」

 

その彼女、5人家族とはいえ、そんなにあるものなのか? 粗大ごみが???

いやまて、ワタクシが捨てられないだけなのか・・・

 

かと思えば独身の彼「 半年使わなければ捨てます 」「 また必要になったら? 」

「 再び買えばいいんですよ 」「 無駄やん? 」「 それを機会に、本当に必要な

モノなのか、しっかり考えることが出来ますしね 」 

 

う~ん、レベルが高すぎて、ワタクシにとってコレは悟りの世界。

洗濯や掃除にもマメな彼の部屋は、いつでもスッキリ片付いて清潔です。

 

何かの機会に「 片付けねば 」と考えるのはアナタと一緒なのですが「 えい! 」

と覚悟を決めて、キレイさっぱりスベテを捨てるということが出来ていない。

 

これから益々、ソレが肝心な年齢に達して行くのですから、可能な限り早めから

スッキリ片付いた生活を心掛けたいものです。

 

薪ストーブの煙突掃除の道具と、チェーンソーのソーチェーンの購入が必須です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

各種の郵便物を出す必要がそこそこあるので、職場事務所と同じビルに郵便局が

あることは非常に便利で、一日の間に順次何通も生じる場合でも、まとめてから

発送でなく、随時投函出来るので、日に何度かの集配に間に合ってよろし。

 

どのような手順を追って、相手方に届くのか知りませんが、もしかしたら早めに

着く場合があるのかも知れません。( まったく意味が無い可能性もあるけど )

 

しかし全国津々浦々、84円( 普通郵便 )で配達してくれるシステムはスゴイ!

現在のところそのような場所宛はありませんが、山奥だったり、離島だったり。

 

その郵便局が最近、従来より混んでいる時間が多いように思うのは、個人発送の

大き目ゆうパックの持ち込みが増えたからのようで、メルカリ系???

 

ここのところ休みのたびに、彼女が勇気を持って整理している衣類のワタクシ分

なかなか捨てきれない時代遅れの新品、レーシングブランドのロゴが入ったアレ

コレのウェア類も需要があるのかないのか、よろしくお願いしたいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝一番から電話で「 水道が固い 」との相談を受け、よく聞けばレバー式水栓の

上下動が重いとのこと。 う~ん、電話で直すのは難しいかなぁ~ m(__)m

 

遠方のことでしたので、それの力添えにはなれなかったのですが、そんな昨日は

水栓3か所の移設をしたり交換したりの工事をすることに。

 

重い重い工具箱を用意します。

 

とは言うものの、必要となるのはモンキーレンチ2個と、水栓取付の薄ナットを

洗面台の裏側の狭い空間で、緩めたり締めたりするための専用工具くらい。

 

備えの、ウォーターポンププライヤー、シールテープ、パッキン類、その他モロ

モロが入った、重い重い工具箱は保険です。

 

最近、ワタクシの腰袋にはバスコーク3色が常に入っていて、結構なんぞの役に

立っているのですが本日も、見れば洗面台のコーキングがカビている状態。

 

水栓を取り外している作業のし易い間に、古いコーキングを切って除去、脱脂後

マスキングテープを貼ってコーキングを流します。

 

水栓も、交換そのものより " 外したついで " のカルシウム分除去など、そこそこ

磨いてやるのに時間がかかる。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

急ぎなので、引き続きCADソフト操作中。 マルチモニターで活躍させるという

使用方法をしたことが無いのですが、ドロー&ペイント系ソフト場合、パレット

などを別窓に置ければ、より広いワークスペースが確保できて便利そうです。

 

ただし、姿勢が悪い状態でのパソコンの長時間使用は、アレコレカラダに問題が

発生するのですが、そもそもノートPCって、台の上にでも置いて使わなければ、

目線が下に向き、首が曲がって、胸が閉じ、非常によろしくない姿勢。

 

適時「 モニターから離れて軽く体操でも 」と、終了してからいつも思います。

 

という訳で、アタマの中を図面に具現化してたどり着いた、完成ファイルですが

たぶんあと1日猶予があるので、プリントアウトして持ち歩き、例えば喫茶店で

「 コーヒーを飲みながら 」のシーンで見直せば、気づきがあるかも知れません。

 

つまり「 校了 」とするのは、そのあとで。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

CADソフトに注力する機会が時折、突然やって来るソレが現在。( いま・笑 )

 

小型ノートの出力を、そこそこサイズのモニターに映して操作しているのですが

レイアウト的に仕方なく、前後ではなく並べて置いている関係上、キーボードに

触れる度、少しだけ上半身を捻るので、何かがグキッといいそうでコワイです。

 

さて昨日も、使いはじめは「 アレどうするんだっけ? 」と機能を思い出しての

操作になるのですが、一日の終了間際にはマウス片手にサクサクと。

 

左右両ボタン押しなどの操作をよく使います。

 

まぁ、操作そのものよりも、どういった手順で描けばスムーズなのか、アタマの

体操的要素が高いので、脳の活性化には効果高そう。 3Dをイメージするとか。

 

これまで外部モニターに出力させる使い方は、ほぼ無かったですが、このような

接続方法が VGA や DVI でなく、Type-C に変化しているのは良いですね。

 

ケーブルが細くて取り回しがラクです。

 

アマチュアだからですが、アタマの中を図面に描けるCADソフトは、時間を忘れ

いつまでも触っていたくなります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 もうちょい耐えられるか?」とガンバっていたのですが、さすがに「 ダメ 」

と、通りすがりのセルフスタンドで給油します。

 

メーターの針が " E " ラインと完全に重なってしまいました。

 

昔、ガソリンスタンドに寄れば「 オイル点検しましょうか?」とか「 空気圧 」

とか、親切というか、大きなお世話と言うか、セールストークに押されていたり

したのですが、セルフスタンド全盛の現在になれば、かえって必要なサービス。

 

最近のクルマはメンテナンスフリーに近くなっているとはいえ、外的要因が主の

何かが刺さって発生するスローパンクチャーなどは、昔も今も一緒。

 

空気圧チェック等で、何らしらの異常に早めに気づくことが出来れば幸いです。

 

ホースを引っ張ってくるタイプの補充では気づきにくいのですが、エアタンクを

ぶら下げて巡るのであれば、大切なのは「 四輪ともに均等に減っているか 」で、

どこかに不均等があれば、細いモノが刺さっているとか、虫バルブの傷みとかを

疑ってみる必要があります。

 

といったようなことを、ほぼ任せられる有人ガソリンスタンドはホント助かる。

 

なので、いつものソコへガソリンが無くなるまでにたどり着きたかったのですが

メーターの針が " E " ラインと完全に重なり、さすがにビビってあえなく給油。

 

もっとマメに、早めに給油しろって?

 

昔は引っ張って痛い目に遭うタイプでした、ワタクシ。 いまは違うよ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パソコントラブルの相談をされたりもし、自分自身のモノならば筐体をバラして

デスクトップ機のコンデンサの交換や、ノートのマザーボードから液晶へ繋がる

フラットケーブルを、ハンダゴテ片手に直したりもするのですが・・・

 

先ごろ、より積極的な " IT化 "( すでに死語に聞こえる )を推し進めるための

最新ノートに " Microsoft 365( BS )" を導入しようとしてつまづいた。

 

アクティベート中に長時間離席して、やり直したことから始まったので、余計に

原因が見えなくなって、初めてサポートに電話をする始末。

 

時間をかけた親切丁寧な対応にアタマが下がる思いですが、結果2日間に渡って

Windows の再インストール等々、色々なアクションを試してもなかなか解決に

至らなかったのですが・・・ あることでアッサリ問題解消。

 

ハズかし備忘録を。( 下記、DELL XPS 13 9310 )

 

" Microsoft 365( 系 )" のアクティベートでつまづき、サポートサイトの.exe

ファイルの利用で、アプリはインストール出来て、エクセル等は動作するものの

オンライン系アプリがスタートしない問題。

 

かつ、ウェブ上の " Microsoft 365 " ログインサイトのみ繋がらない。

 

回答 : 動作中のネットワークアダプタのプロパティ画面から「 インターネット

プロトコルバージョン6(TCP/IPv6) 」のチェックを外せば解決しました。

 

通信プロトコル " IPv4 " に " IPv6 " が優先することの問題でしたが、当然他の

パソコンからは、その設定を無視していても繋がるんですよね~

 

課題です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

急遽頼まれた、ホームセンターで販売されている簡易カギの取り付け @ 2か所。

いまハイエースに積んでいる工具類で可能か、じっと現場を見つめます。( 笑 )

 

別の工具箱になら入っているブツが必要なのですが、工事を先送りにするよりは

本日片付けてしまった方が、コスパが高いと判断してソレも購入。 あぁ2個に。

 

日曜大工のオトーさんも取り付けられているようなモノですが、そこは " 丁寧 "

だけが取り柄のアマチュアのワタクシですから、こだわって・・・

 

しかし、商品のザグリが付属のビス頭のサイズと合わず、キチッと締め込んでも

微妙に面がフラットにならんし。 ビス箱があればピッタリを探したいところ。

 

という訳で、それなりの時間がかかってしまったのですが、スッキリと2か所の

取り付けが完了して、いきなり始まった工事は一件落着。

 

・・・2個になっちゃった道具がありますけれど。( 消耗品なのでよし )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

え~と、いつだったっけ?

古い写真のファイル更新日を確認すれば、2008年11月のこと。

 

その夏に引っ越してきた、田舎暮らしの集落に入るための小さな峠道を、暮れて

からの通過中に、ヘッドライトの中を横切った小さな影。

 

道路脇の乾いた側溝の中に、落ちるように入って行きました。

「 ん? リスか?? 」

 

軽四を道路脇に停め、暗くて何も見えないコンクリート製の溝蓋の奥を覗き込み

手を差し伸べてみれば「 ミ~ 」と、か細い鳴き声。 「 ねこやん 」

 

しばらく、呼んだり手を振ってみたりしていれば、徐々に距離が縮まり、ついに

手のひらに乗って来た小さな、小さな、やせ細った仔猫。

 

両手で包み込むようにして、あたりを探してみますが、ひと気の無い暗い峠道に

母ねこや兄弟ねこの気配はなく、なぜこんなところで、ひとりぼっち???

 

手のひらに乗せた片手運転のカーラジオから「 明日の朝は初雪が降るでしょう 」

 

「 拾ってきたらアカンやん!」と怒りながら " ゆず " と名付け「 おかかゴハン

をやっていたら指もカジられた 」と、ウレシそうな彼女。

 

それから12年、住む部屋を移動しつつの田舎暮らしの我が家の全面リフォームに

付き合いながら、寝たり食べたり、寝たり寝たり・・・

 

yuzu229.jpg

 

「 zzzzz 」

 

今朝も安眠中。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

街中に用事がある際は、ほぼほぼカゴ付き自転車の利用となるのですが、これが

キョロキョロ楽しく、おまけに寒さ緩んで、快適お散歩気分。

 

用事が済めば、遠回りで帰ります。 m(__)m

 

街中からお城方面へは、まさにワタクシが育った校区で、ソコココに思い出ある

風景となるのですが、整備され美しく快適になった場所が多い中、当時の面影を

残す路地も。

 

学んだ小中学校が( 同じに敷地に建つ小学校、中学校だったのですが、2018年

からは、本当に9年間一貫教育の " 小中学校 " )そこにあって、とくに小学校は

当時、時代を先取りした鉄筋コンクリートの校舎が、耐震改修を加えて現存。

 

中学校は1~2年生を木造校舎で過ごし、3年生は改築にともなうプレハブでした

から、ワタクシたちの1学年下からは、鉄筋校舎で卒業を迎えたでしょうか。

 

クルッと回り込み " 千姫の小径 " で自転車を押しながら・・・

 

20201116_momiji.jpg

 

この道に名前はなく、柵も無かった大昔、虫取り網でオタマジャクシを捕ったり

アメリカザリガニを捕ったり、川にハマったりしたのがこのあたり。

 

ワタクシにとってはどこの紅葉よりも、ヤンチャな時代をみまもり育ててくれた

姫山公園をはじめとする、お城周辺の晩秋の景色が一番なのかも知れません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

その傷み方に風格さえ感じ始めた我が家の軽トラ、バッテリーは先々週に充電を

済ませていたので、ビンビンとまではいきませんが、なんとかエンジンが掛かり

ホームセンターまで灯油5缶、90Lの買い出しに向かいます。

 

標準のラジオが鳴らなくなっているのはナゼ?( 笑 )

 

車検の残りも1年を割って、そろそろ更新も視野に入れつつ、何かしら考えねば

なりませんが、田舎暮らしには必須なものの、現在は乗る機会も少なく、なので

傷みやすいという哀しい逆転現象も。

 

やはり、自作ガレージを建て、まずは軽トラを仕舞わねばなりません。

 

軽トラオートマがイメージ出来ず、マニュアルミッションが適切だろうと勝手に

思いこんでいるのですが、どうでしょうか? あっ4WDはゼッタイですね。

 

ウチには田んぼや畑は無いものの、草の生えた地面などでは簡単にスリップして

脱出できなくなりますから。

 

最近では、ホワイト以外のボディの軽トラも見かけるようになって、そういった

カラーも良いのですが、まぁソレは新車ならばですね。( 笑 )

 

近場のクローズドコースへ、競技用のオートバイを荷台に載せて出かけたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

プロフェッショナルな方にアレコレと教わるありがたい機会に恵まれ、ちょっと

遠出とはなるのですが、朝一番から現地へと訪ねさせていただきます。

 

紅葉まっ盛りの道中は、車窓からモミジやイチョウ、いろどり豊かに里を染める

樹々を眺めながらの快適ドライブ。 要所要所の休憩処ではちょっと買い出し。

 

さて本題、ワタクシの不躾な質問にも、わかりやすく明快な回答と、サクサクと

フリーハンドで描かれた図を用いての説明に「 なるほど!」と納得の連続。

 

知識や技術が豊富なプロフェッショナルさに加えて、伝えることにも長けた方は

素晴らしいです。

 

夕方からの用事もあったために、2時間しかとれなかったお話を伺う時間ですが

充実度満点の貴重な時間となり、「 ありがとうございます!」

 

往路と復路では違う道を選びたいワタクシ、しかしナビによればギリギリの時間

となるようで、仕方なくおよそ同じルートとなったのですが、なんとか中国道と

山陽道とに別けることが出来て、ちょっと満足。

 

混雑ぶりに立ち寄ることはしませんでしたが、観光バスも増えて、どこのSAも

賑わいある様子でした。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

スマホのアプリアイコンに、なにやら小さな赤い丸が付いているモノがいっぱい

あって「 お知らせがあるアプリだな 」とは分かるのですが、アプリを立ち上げ

アレコレと通知をチェックしたと思っても消えない。

 

コレを書くにあたって初めてググり、ソレらが " 通知 ドット " と呼ぶモノだと

( Android だけかな? )知ったのですが、消えることもあるけれど消えない。

( 設定で赤い丸の表示をオフに出来ることも、今回知った訳ですが・・・ )

 

まぁ、小さな赤い丸は見て見ぬふりで、すでに何年も経っているのですが、昨日

突然ぜ~んぶ消えてスッキリ! 今日になれば幾つか、また発生していますが。

 

いまだ使い始められていないノートPCのセットアップで、なにやら「 スマホと

連携させる? 」的な案内に、とりあえず設定してみた " Dell Mobile Connect "

最近はこういうのが標準? ワタクシが遅れてる?

 

パソコンとスマホがシームレスに繋がったことで、アプリ通知がデスクトップに

表示され( なので赤い丸が消えた )スマホ内部や " mini SD " に溜まっている

データが、まるで外付けドライブ。

 

新しいパソコンをセットアップする際、ワタクシはほとんどの場合、最初にアレ

コレ試してみたあとで一度、初期化するのですが( 使い始めてからの不測の事態

対応の予習のため )プリインストールされていた、このソフトウェアは機種依存

というか、メーカー依存ソフトだろうなぁ・・・

 

すると、パソコンを変えれば使えなくなっちゃうし・・・

と思っていたら、こんなの Microsoft 標準であるやん。

 

なんと、ワタクシはスマホ系に疎いことか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 6年前かぁ 」 → http://hopper.jp/2014/11/post-2248.html

大手前公園の植木市で、衝動買いしてしまった " もみじ " 。

 

購入してしまったあとで「 どうやって持ち帰るんだ? 」と、枝ぶりを含めれば

軽トラックの荷台にも厳しいサイズの " もみじ " を、現場では縄でクルクルと、

柔軟性のある枝を細身にまとめ、サクッと荷台に載せてくれたのですが・・・

 

家に帰ってからがオオゴトで、降ろすにも、植えるにも、知識がありません。

 

なんとか移植を済ませ、根もしっかりとつき、6年後の現在・・・

 

momiji03.jpg

 

みごとに彩づいて、庭に癒しを与えてくれているのですが、どれだけ育ったかと

尋ねられれば・・・ ほんの少し。( 笑 )

 

これもワタクシが勝手に植えたクヌギと比較すれば、成長スピードはゆっくりで

すると、社寺や森でみごとな枝ぶりを魅せる " もみじ " の、その樹齢の重み。

 

・・・ゆっくりでいいので、しっかりと育ってください。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 薪ストーブ " について、アレコレと調べているところですが、アレ? 11年前

ウチに設置した『 ネスターマーティン 』ベルギー製薪ストーブが、ググっても

ユーザーが少ないのか、ほとんどヒットせず、寂しいような、レアなような。

 

鋳物製の薪ストーブですが、直線的な中にアールを取り入れたデザイン、大きな

耐熱ガラス等々、シンプルな重厚感に好感が持てる、H33モデルです。

https://www.handinhandjp.com/makistove/

 

ただ・・・ もっと積極的に使用したいところですが、設置場所が田舎暮らしの

自宅の居間ではなく、厨房前の客間との共有部なので、家全体を稼働させている

際でなければ、暖房のかいが少ない。

 

・・・小型でOKなので、居間にも欲しい。

 

はたまた、稼働の際には天板にのせたヤカンに沸く、90度前後のティータイムに

ふさわしい適温の湯や、コトコトと煮つづけるナベの匂いにも癒されるのですが

もっと積極的な調理に使用できる薪ストーブにも興味があるところ。

 

stove11.jpg

( 熾火 " おきび " になれば、炉内の調理には最適な時間 )

 

最強なのは、それこそ北国の居間の中心に据えられた、時計型の薪ストーブかも

知れませんが、ガラスの向こうで、やさしく揺らめく炎も捨てがたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

資料請求した訳では無いのに、分厚いガラスのカタログが送られてきてウレシイ。

以前、ココからガラスかカガミを購入したっけ?

https://ookabe-glass.co.jp/

 

そう、ちょっとしたことで割れてしまうガラスやカガミでさえ、いまでは通販で

購入することが出来てしまうのです。

 

それも一般の方が、まず買わないような、2×1mとかの大きなものまで!

 

ワタクシも3度ほど、寸法や切断面の仕上げなどフルオーダー出来るのが便利で

購入させてもらっているのですが、いずれも施工現場に直接配達でより便利♪

 

ビックリするのがその梱包スタイルで、厳重極まりないグルグル巻きかと思えば

そうでもなく、要所だけをしっかり押さえたシンプルさ!

 

「 コレで割れずに届くの?」 ・・・届きます。( 笑 )

 

day-cafe03.jpg

( 参考写真は、洗面台3作目となるワタクシのDIY作品 )

 

意図せず届いた分厚いカタログをパラパラとめくり、変わった雰囲気を醸し出す

レトロなガラスから「 こんな部屋を作ってみたいな 」と夢がひろがります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

なんだかんだメールや添付ファイルではなく、まだまだ「 郵便を出す 」ことも

多いのですが、事務所と同じビルの中に " 郵便局 " があるのはチョー便利。

 

ワタクシたちにとってもそうですが、そのおかげで、たぶん先方も1日程は早い

受け取りが可能になっているんじゃないでしょうか? 集配時間を熟知した上で

窓口への差出や、ポストに投函出来ていますから。

 

たまたまの立地ですが、便利に過ごさせていただき「 ありがとうございます 」

 

便利な立地と言えば、コンビニなどもそうでしょうが、コレらはまったく近所に

無かったところ、そこそこ近距離に出店してくれたので助かっている方も多し。

 

プラス、最近では、ハンバーガー屋さん、お弁当屋さんなども出店されましたし

お隣のビルでも、出店や工事が続いていて、一時期、シャッターが目立っていた

場所が、出店のしやすさからか、にぎやかになりつつあり嬉しいです。

 

ワタクシ自身を含め、継続が社会貢献につながるよう、ガンバりましょう!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午前3時半頃から起こされて釣りへ。 同世代女子のハナシなのでスゴイわぁ。

釣果を拝見すれば、チヌ、グレ、セイゴにサヨリ、それも結構いい型。

いや、これは写真の撮り方が上手なのか・・・ m(__)m

 

ワタクシがコケた海端かぁ?( 笑 )

 

もう何十年も釣りに行ってないなぁ。 思い出せば彼女が熱心だった時期もあり

フルマラソンの翌日、前へ出ぬ足のワタクシを助手席に放り込み、このときには

どこだったかな、たぶん赤穂は鷆和の浜での投げ釣りだったか・・・

 

道具はどれも安いモノばかりだったのですが、唯一、有名メーカー製の( 安い )

万能竿のコシが絶妙で、やはりよく釣れたのは、思い入れ効果もあったのか。

 

ファイバーロッドの耐用年数を知りませんが、捨てられず、たぶんハイエースの

自作サイドボックスの中に、十年以上に渡って収まっているハズ。

 

そもそも、釣りによく出かけていた際のクルマは、ハイラックスだったし・・・

 

ラインは巻き直すとして、もし大物が釣れたときロッドが耐えられるだろうか?

心配無用って???( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まぁ、ヌルッと滑ってコケた訳ですが、尻もちをついたのではなく、汚したのは

ズボンのヒザから下の左足側面くらいで助かった。 グネらずに済んだし。

 

振り返って眺めると、知らず路面ヌルヌルのキケン地帯に入り込んでいたようで

踏ん張った右足が、よく持ちこたえてくれたもので、ヘタをすれば両足が滑って

宙に浮き、絵に描いたようなスッ転びもあり得たゾ、コレは。

 

時を戻せばその30分ほど前、若い女性から声をかけられ舞い上がっていたのかも

知れません。「 シャッターを押してもらえますか 」と渡された iPhone 。

 

なかなか昭和なシチュエーションに、ちょっと構図がんばったし。 オジさんは。

2×2のカップル2組、4人が揃った集合写真。

 

ま、その約30分後にスッ転んで、ズボンを汚したんですけどね。

 

雨が降っているような、止んでいるような曇天の下、それでも海端に来てみれば

歩かずにはおれへんやん? 波に洗われる護岸コンクリートの上を。

 

黒く汚れてると思っていたのが、すべて海藻類やとは思わへんやん。 濡れた。

コケて、立ち上がって、ソレに気づいたら一歩が踏み出せんし。( 笑 )

 

ここまで延々、どのくらい歩いたやろ? 500mくらいかな。

 

駐車場のクルマの助手席でウトウトしている彼女に電話して「 ちょっとコケた

から、戻らずに道路に出るので、500mほど先まで移動してきて 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

現在のところワタクシは、超頭痛を発症する要因を排除するため、アルコールが

飲めないカラダになっているのですが( 涙 )SNSなど拝見していると、魅惑の

モルトを片手に、川べりにチェアを置いて寛いでいる写真。

 

肌寒くなった季節、休日の午後の太陽の恵みを感じながら、自慢の防寒具を着て

シンプルなラベルのボトルのコルクをキュっと捻って、個性豊かな香りをしばし

楽しみ、シェラカップかお気に入りのショットグラスに少量注いでチビリ。

 

組み立て式のひとり用アウトドアテーブルに置いてある、本屋さんの紙カバーが

かかったままのソレは、誰の執筆本でしょうか。

 

うらやましいゾォ~、自家燻製したアレコレが肴として用意されているし・・・

 

かと思えば、旅先の醸造元で入手したまぼろしの酒の写真がアップされていたり

その蒸留酒のためだけに九州までツーリングしたハナシとか。

 

あっ、ダメダメ、キメ細かい泡に覆われた生ビールの写真は。

 

先月、立ち寄らせてもらった和食の店では、ちゃんとドリンクメニューに、素の

" 炭酸水 " が用意されていてウレシかった。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

メイン使いにしていて、自宅と仕事場の間を持ち運んでいる( 微妙に重いので

常時携帯している訳ではなく " モバイル " とは言いづらい )13.3インチ液晶の

ノートパソコン、一番気に入っているところは、CドライブSSD、Dドライブは

HDD搭載という変わった構成。

 

おかげで、起動やアプリはSSDで快速、データはHDDの安心感。( なにが? )

そのHDD駆動のDドライブは、バックグラウンドで常にクラウドと同期です。

 

しかし、それらクラウドサービスの充実と、通信環境の向上とともに、データが

ローカルにあることの意味合いが薄れ、というか利便性や安全性からも、そこに

あることの意味が無くなって、PCのドライブはSSDのみのサクッと軽いものに。

 

すると、昨今のリモートワーク等々の件もあって、メーカーもモバイルしやすい

モデルに力を入れるようになり、デザイン秀逸、機能的なモデルが乱舞で廉価。

 

したことはありませんが、ワタクシも動画編集などに備えなければなりません。

 

という訳で、ワタクシのメイン使いモデルを更新すべく用意はしているのですが

乗り換える機会が見つからず、ズルズルと時間が過ぎて・・・

 

しかし、上記にツラツラ書いた内容からすれば、そもそも乗り換えるのに手間や

時間を要するという考え方がおかしいのではないかと。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、初めて " エコパークあぼし " へ直接、粗大ごみを満ち込みます。

 

その道程の途中では、銀行3か所に立ち寄ったり、モニターの交換を行ったりと

( 機能皆無の小型モニターだったPCを順次、ウェブミーティング等対応のため、

スピーカー、マイク、カメラを内蔵した、24インチモニターへと交換している )

時間がおして「 おわ! 現地に到着するのが、正午ギリギリになるかも? 」

 

もしかすると受付が正午までで、過ぎてしまえば次の開門まで、1時間待たねば

ならなくなる可能性があります。( 想像ですが )

 

気持ちがアセっていたせいで( ダメですね・笑 )付近の道路に速度抑制のため

デコボコ舗装があるのに気づかず、ドンッとクルマを跳ねさせてしまい、荷室で

粗大ごみを盛大に踊らせてしまうし。 あぁハズかしい。

 

11時59分到着。 カンカン( 乗って来た車ごと重さを量る巨大はかり )に乗り

受付で案内を聞いて場内へ。 係の方が親切に対応してくれるので、安心ですが

クルマがハイエースなので「 何を積んできたんだ?」と若干、疑心暗鬼の目線を

感じるのは自意識過剰?

 

荷室を空にすれば、クルッと回り込んで再度、受付の裏側で退場時のカンカンに

乗って、差分重量に応じた料金を支払います。

 

うん、有料でも、少量でも「 どんどん捨てることが重要なこと 」と改めて。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

田舎暮らしの自宅出発時から作業服を着こみ「 今日は倉庫の片づけをするゾ!」

と意気込んで、職場へと向かいます。

 

基本的にまだまだ紙ベースで、日々はもちろん、月間、年間ベースでも相当量の

書類が発生するところに、それぞれ5年間保管するためには、それなりの、いや

結構なスペースが必要となってくるのです。

 

おまけに、必要なときに必要量を仕入れていた消耗部材が、価格暴騰入手困難と

なって久しく、ある程度は在庫しておかなければ、必要なときに「 無い! 」と

なって仕事が進まない可能性が。

 

そのための倉庫が、元々のガチャガチャを片付けないままに、書類を詰め込んだ

ダンボールが増えて、まさに足の踏み場のないエライことになっているのです。

 

当然、消耗部材の在庫を仕舞うスペースが無い事態に・・・

という訳で、朝一番から片付けです。

 

一旦、半分量ほどを外に出し、拭き掃除を済ませてから内部の半分量を移動させ

再度、仕舞うために外に出したモノを選別すれば・・・ ほとんどゴミやん。

 

センターに持ち込むために、分別しなかがら順次ハイエースに積み込めば・・・

あっという間に夕方。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

『 晴れの特異日 』と言われている今日ですが、極端な気象現象が目立つ昨今は

あまり『 特異日 』というのを聞かなくなったように感じます。

 

さて何十年前の今日だったっけ? オートバイ雑誌なども通じて参加者を募集し

「 エンデューロレース 」を( このときはクローズドコースを用いたオフロード

バイクレース )ワタクシが中心になり、仲間に協力してもらって開催しました。

 

たしか今日と同様に、雨上がりの晴天で、午前中の路面は結構マディでした。

 

その午前には、ショートカットコースを用いてビギナー向けの1時間耐久レース

午後には、オープン、アンダー250cc、125cc にクラス分けした3時間耐久を。

 

マディな路面がウェットからドライへと変わって行く、砂ぼこりの少ない絶好の

コンディションで競技が開催出来た『 晴れの特異日 』11月3日。

 

現役IAライダーのデモンストレーション走行のあとでの表彰式は、スポンサー

企業各社のおかげで賞品も用意することが出来ました。

 

まだ " Windows95 " が発売されていない当時に、パソコンを会場に持ち込んで

コンピュータ集計にチャレンジできたのも、その分野に長けた仲間がいてくれた

からで、プチトラブルにバックアップの手書き集計が活躍したことはナイショ。

 

運営が洗練されて、翌年春にも開催できたことはシアワセでした。

 

参加者のみなさん、スタッフとして活躍してくれた仲間のみなさん、スポンサー

企業のみなさん、ゲストとして訪れてくれた髙濱龍一郎選手、その他いっぱいの

応援をいただいて開催にこぎつけた何十年か前の11月3日でした。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

引っ越しすればその後も「 アレがないドコに仕舞った? 」などと、バタバタが

続くのは、現実でも仮想区間でも仕方のないところ。

 

パーミッションを変更したり、データベースの設定ファイルを空にしたり、まぁ

想像しきれていなかった現象が実証の中で発生するのですが、原因にシンプルに

気づき、解決できるかがキモですね。

 

ここでまたグニグニいらぬ方向に、原因でない設定を変えるキケンがあります。

 

さて、田舎暮らしであろうが、高速インターネット回線さえあれば、リモートで

作業できてしまうところが良し悪しですが、時間は無限にあらず、草も刈らねば

なりませんし、今冬は薪ストーブもしっかり活躍させたいところ。

 

これは来冬用となるのですが、庭に積まれた中枝を薪にしたり、あと3本程度は

ワタクシが勝手に植えて、高さ電柱程度まで育ったクヌギの伐採も必須です。

 

「 まずは草刈りから 」と準備を進めれば「 そうだった 」

 

前回の作業時、混合ガスのタンクを空にしていたので、まずはミクスチャーから

始めなければならず、軽トラックのタンクからガソリンを拝借。

 

今シーズンは、あと何リットル必要でしょうか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

SSLの設定等を含めて、ウェブ、メールサーバーの引っ越しは意外とスムーズに

終了したのですが、予定どおりと言えばその通り、クラウドサーバーを構築する

サーバーを引っ越せば、ローカルの各パソコンやスマホ側の設定が必要となって

それが・・・ やはりオオゴト。

 

通常は更新されたファイルだけ同期させればいいのですが、引っ越しにともない

アドレスが変わっているので、2桁ギガサイズのファイルの全数チェックを行う

必要が生じて時間のかかること!

 

その間にも日々新しいファイルが作られ、必要なファイルは更新されて行きます。

 

最初に、もっと容量的に余裕のあるサーバーに引っ越してから、クラウドを構築

すればよかったと反省している訳で・・・

 

しかし、なんとかかんとか引っ越しが完了した新しいサーバーのディスク容量を

確認すれば、すでに30%も埋まってるやん!

 

重複ファイルの確認など、整理整頓を進めねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

背もたれは起こし気味でヘッドレストと頭の隙間は手のひらの厚み程度、身体の

自由度は低くしっかりとホールドされたタイトなシートが好みで、おのず内装も

コクピット的でレーシーな雰囲気に緊張感が続くものが好印象。

 

とは言うものの、運転席と助手席をウォークスルー出来るのも便利で、カバンを

左右のシートのすき間に縦に置けるのは超実用的。

 

上記はドライブ向きで、下は日常向きでしょうか・・・

 

欧州スポーツカーのステアリングを握り、スロットルを踏み込んでみたいですが

大きめのボディにベンチシートのアメリカンなスタイルにも憧れる。

 

そんな西海岸の乾いた風の中を、ラジオを聴きながら窓を開けて流したいような

クルマが昨日、光岡自動車から発表されてビックリ!

 

『 ミツオカ バディ 』→ https://www.mitsuoka-motor.com/buddy/

 

ベースは、トヨタ " RAV4 " っぽいけど、テイストがまるで違うボディワークが

素晴らしく、用意されたカラーも 80's な魅力あふれるものまで!

 

内装の情報をまだ見かけないのですが、現代風のままかなぁ~

ルーズなベンチシートが似合いそうですが、それは保安基準的に難しそうです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨年と比較して少々小ぶりに育った甘柿を、かなり大きいダンボールにいっぱい

ひとりでは持ち上げられない量をいただいて嬉しい。「 ありがとうございます 」

 

さっそく自家選別し、上位クラスからさらに、お裾分けをさせていただきます。

我が家の朝食時のフルーツも柿が続き、これはこれでシアワセ。

 

ふむふむ、適切な時期に手間をかけ摘果してやれば、お店に並ぶようなサイズも

目指せるのでしょうか? 

 

じつは・・・ 毎年いただく、この美味しい柿の苗を5年ほど前に譲ってもらい

敷地斜面に植えているんですねぇ~( 笑 )

 

当初は、草刈りの際にはねてしまわないように、気を付けねばならない幹の太さ

だったところ、なんとか育ちつつあるものの・・・ 日当たり等の条件のせいか

なかなか大きくならず、まだワタクシの背丈を越してはいません。

 

同時期、同じ斜面に植えた栗の木と比べれば、成育に10倍ほどの差がある。

 

「 モモクリ3年カキ8年 」どおり、柿の成育は遅いのですが、あと3年で実が

できるようになるとは、とても思えないのですが・・・

 

「 美味しい実のなる、柿の木が育ちますように 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まぁ、想像はしていましたけれど・・・ 引っ越しは完了していません。( 涙 )

 

ウェブではFTPのエラーで、リンク切れ等が発生していたのですが、確認作業が

面倒なだけで、これらはすぐに修復して引っ越し完了。

 

しかしCGIなどの、フォルダ属性を変更させる必要があるものについては、順次

追いかけて行かねばならず、現在のところサーバーからエラーが返されます。

 

さてメールサーバー、職員全員にアドレスを割り当てているので、登録すべてを

やり直す必要は覚悟していましたが、タブレットやパソコンそれぞれのメーラー

設定は・・・ 「 順次よろしくお願いします 」 m(__)m

 

という訳で、使用頻度高く、復旧が遅れると困り、そもそも引っ越し前から一番

懸念していた、自前のクラウドサーバーが停まったまま。( 涙 )

 

ソフトウェアのバージョンも更新されていたので、当然最新のモノをサーバーに

インストールしたものの、対応するPHPの差異など、乗り越えなければならない

山が複数あって、いまワタクシはどのへんにいるの?

 

実際の山歩きと一緒で、自分自身のポジションを明確に知ることが肝要で、もし

迷ったのならば立ち止まり、引き返す勇気が必要です。

 

って、まさに現在のワタクシ・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

使用中のレンタルサーバー4基のウチ( " 台 " か " 基 " と書くか迷ったけれど、

盛り上がるので " 基 " )ひとつの容量が上限に近づいてきて、引っ越しの準備。

 

そこには " Nextcloud " というサーバーインストール型のソフトウェアを使用し

" Dropbox " 同様のクラウドサーバーを構築して、フォルダ毎に権限を付与した

各ユーザーのパソコンと同期を取っています。

 

それらはデータベースに整理され収められているので、ユーザーの台数分が重複

している訳ではないのですが、そもそも日々増える各種のファイルが肥大化して

さすがの容量圧迫。

 

整理整頓すれば、若干の空きも出来そうなのですが、先日の経営計画発表会でも

報告された「 今後は積極的に動画を使用して行こうと考えている 」との内容に

応えるためにも、倍量などと中途半端なものではなく、ドーンと一気に!( 笑 )

 

という訳で引っ越しなのですが、クラウドサーバーはもちろんですが、ウェブや

メールもサーバーアドレスが変わるので、設定を変えてやる必要があって、一応

想定した時間内で完了させる予定ですが、フタを開けて見れば・・・

 

なにか想定外の事態が発生しそうでコワイ、コワイ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

一輪車にシャベルを( 東西スコップ・シャベル呼称問題は各自で検索 )使って

土を積み込み、グルッと押して、小さな坂を駆け上がり、降ろして、均して。

 

その作業を何度も繰り返しているのですが、運動不足の足腰にきます。( 笑 )

 

プランターや花壇とは違う、まさに " 土 " をダイレクトに触ることが出来るのも

田舎暮らしの魅力、スコップ( ? )ではない、それなりの道具が必要です。

 

さて、土の移動に区切りをつければ草刈り。

 

本日は真竹の生える、西側斜面の1/3に取り組みますが、集落のまつりの際には

ここから縄を張る竹を切り出すことが多いので、地表に残った竹が刈払機の刃を

跳ねて難度を上げるところに、傾斜がきつくスリップダウンの繰り返し。

 

斜面下から上へ、上へ、少しずつ刈り進めて行きます。

 

shiitake01_2020.jpg

 

自作小屋裏に置いたホダ木には、巨大なシイタケが。

 

kaki01_2020.jpg

 

吊るし用の柿もいい感じ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

低い石垣のすき間から生えたそれらも除草したく、何年かぶりの久々に刈払機の

刃をナイロンコードへ交換し( 予備機にセットしていたけれど、放置し過ぎで、

キャブ清掃から始めないと動かない!)飛び散り回るアレコレから防御するため

網戸のような作りのワンタッチエプロンに、メッシュになったフェイスカバーも

装着し、いざ作業開始。

 

「 うぉぉぉ! 」

こんなにハデに飛び散ってたっけ? 刈払機の馬力が上がったからかぁ??

 

勘が戻らないうちは、ナイロンコードを深く当てすぎ、よりハデにまき散らせて

いたのですが、ちょっと慣れてきて、パワーをコントロールしながら作業継続。

 

適材適所、石垣とナイロンコードの相性サイコー!

 

この場所は一応、今シーズン最終の草刈りにしたいと考えているので、しっかり

除草したくてナイロンコードを選んだのですが、その思いバッチリ。

 

しかし、飛散するアレコレが非常に危険なので、あたり前ですが安全ガード類の

装着と、周辺に傷ついて困るものがないことが条件ではあります。

 

さて、田舎暮らしの自宅周辺を何ブロックかに分けての草刈り作業も、ボチボチ

今シーズン最後にして行けるでしょうか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いきなり " ポリッシャー "( クルマのワックス掛けではなく、床掃除用の中型 )

が欲しくなって色々と調べるのですが、使用したことがないのでイマイチ不明。

 

洗浄液を散布しながらブラシがクルクル回って床掃除をしてくれるんですよね?

汚れた洗浄液の回収は別の機械でするの? その後でワックスの塗布ですよね?

 

そもそも、そういった本格的な床掃除の手順を知らない。

 

可能であれば専門業者さんにお願いしたいのですが、365日24時間稼働している

都合上、ブロック分けして進める必要があって「 一晩で 」とかが無理なのです。

 

という訳で、セルフで施工する道具として「 ポリッシャーが欲しい 」となって、

その知識が無い。

 

たぶん、専用バケツや、ワイパー状のスクイジー等が必要になるのではないか?

 

" ポリッシャー " という機械そのものよりも、まずは床掃除のイロハ、その手順

を学ばねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

SNSを歩いていると、過去に買ったアレコレを「 もう一度どうですか? 」とか

おせっかいを焼いてくれるのですが、ワタクシの足跡の何を根拠にソレを見せて

いるのか、タマに「 おっ、コレはナンダ? 」と興味津々。

 

深夜のアメリカ発の、通販番組のような動画で紹介されているのは、正式名称を

知らないのですが " 低温アルミ溶接ワイヤー " ?

 

バーナーで炙ったソレを融かして、細い角パイプを90度にくっ付けて、クイクイ

捻れば、溶接場所じゃないところで曲がってるし・・・ そんなに強力に付く?

 

いやいや、動画はワイヤーを融かす場面から始まっているけれど、それ以前には

素材を熱して高温にしているハズで、するとやはり使えるシーンは限られるか?

 

などなど、通販動画に揺らぐ気持ちと、疑う心をもて遊んでくれるじゃないか!

 

年式違いの同じ排気量の同じ車種を、オフロード仕様とモタード仕様で " 整備 "

を楽しんでいるのですが、オフ側にも小径ホイールにロードタイヤを履かせれば

わかっちゃいましたが、アルミ製のサイドスタンドが長すぎて切断が必要。

 

接地面はある程度の面積が必要なので、中間あたりを切断して接ぎたいところ。

 

可能ならば、旋盤で削った凸と、ドリルで開けた凹で接ぎたいのですが・・・

適切なアドバイスあります?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、天井を見つめ「 処置室はまだLEDになっていない 」と思いながら

リノロサール( ステロイド )を、生理食塩液で薄めた輸液を点滴中です。

 

点滴前には記録のために、全身の写真を撮られて「 いいパンツを穿いておけば 」

 

急なデートなど、やはり人生いつ何が起きるか分かりませんから、いつでもまぁ

それなりの下着の着用は必須ですね。( 笑 )

 

さて、看護師さんが「 ゆっくりにしておくね 」と調整してくれた、クレンメの

滴下速度がマジで遅くて、天井ジプトーンのビスの数が数えられそうなくらい。

 

見れば、ステロイドである輸液の中身以外、使用中の点滴ルートの輸液セットは

針にいたるまで、ワタクシが2日ごとに、飼い猫 " ゆず " に使用しているソレと

同一で、刺されているのが " ゆず " でなくワタクシなのが不思議な既視感。

 

本日も、帰宅すれば " ゆず " の点滴の日です。

 

「 効くわぁ~ 」という実感は無いのですが、半日もすれば効果が現われはじめ、

写真に撮られた「 浮腫でボコボコの全身は何だったん?」と、言いたくなるほど

ジンマシンは治まるのですが、その時間が長くかかるようになってきているのと

あまりのカユミに引っ掻いて皮膚の表面につけたキズが、正常な肌に残ります。

 

そうなれば、それ以前の症状が消えているので、なかなかにシュールな光景。

 

おしまいに今回、ワタクシの静脈から取り入れた「 リノロサール 」の効能効果

を確認すれば、まぁ多種多様で、非常事態用に数パック持っておきたいくらい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

一昨日、月曜日「 冬が近づいたな 」と強く感じる気温の下がり方に、からだが

反応し、ジンマシンが暴走をはじめて止まらない。

 

昨日は寒さも緩み、比較的穏やかだったにもかかわらず、暴走にコントロールが

きかず、倍量のステロイドをいくら飲んでも効果が無く、全身ボコボコになって

カユくて眠られない。

 

年に1~2度、こういった季節の変わり目や、長時間、肌が不快と感じる状況に

置かれると( 例えばオートバイで風を切って走るとか、ホコリっぽい作業とか )

どうにもこうにもならなくなって、困った、困った。

 

とにかく、全身カユいのが辛い。

 

もうこうなったら病院へ行って、ステロイドの静脈点滴となるのですが、それも

以前は劇的に効いていたものが、徐々に即効性が薄れてきていて・・・ 不安。

 

ワタクシの暴走免疫 vs ステロイド( という解釈でいいのかな? )

 

なにが何でもステロイドには勝利しておいてもらわないと、カユいのは集中力を

欠くわ、眠られないわ、モノゴトが進まなくなるわ、メチャ困る。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

日常使いのカバンが( ブリーフケース )かなり傷んできたので、お気に入りを

探すため、定時で仕事を終えたあとに何年ぶりだ? 超久々の山陽百貨店へ。

 

それにしても、ここの地下100階へ下りて行くような駐車場は、なかなか狭くて

クルクル目が回り、かつアチコチに付いた傷跡にいったい何台のクルマが犠牲に

なっているのか、オソロシイ。

 

すでに、ひと月以上は傷んだカバンを気にしながら過ごしていて、機会があれば

お店を覗かせてもらっていたのですが、コレといったモノが見つからず、そして

ついに禁断の山陽百貨店へ。 ちょっと高級なのは覚悟の上です。( 笑 )

 

それはもう地下の食料品売り場から始まっていて、活気があり新鮮で豊富な食材、

めちゃ美味しそうな総菜各種、ピカピカのショーケースに魅せるディスプレイ。

 

「 やっぱ百貨店スゴいわ 」と、すでに圧倒されながら階上へ。

 

紳士服売り場のマネキンが着ている、良さげなジャケットの値札にビビリながら

バッグコーナーへ。 いまいちピンとくるモノが無いなと眺めていれば、それが

オネーさんの作戦か、どこからか素材の切り返しが個性的なバックを持ってきて

「 これなどいかがですか?」 ・・・気に入ってもたがな。 値段も見んと。

 

という訳で本日からは、おニューのカバンでルンルンと仕事場へ。

どのスペースに何を? と、中身を詰め替えるのが楽しい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

世の中には、まだ知らないことが多々あって、というか、まだほとんどのことを

知らない訳で、なので、知らない道を見れば遠回りでも通ってみたくなりますし、

昨日のような解説本も入手しなくてはなりません。

 

とくに趣味嗜好の世界観は千差万別人それぞれ、その一端に触れる機会があれば

大いに興味を示すところですが、ワタクシ自身が傾向するかどうかは別のハナシ、

いやはや、世の中には変わった趣味の方がいらっしゃいます。 m(__)m

 

さて昨日、昼食に寄せていただいたお店のパブリックスペースの棚にさりげなく

置いてあった数冊の書籍、思わず手に取って席に戻り、食後のデザートとともに

パラパラとめくって楽しませていただいたのですが・・・

 

hisago01.jpg

 

いやはや、世の中には変わった本があります。 m(__)m

 

ワタクシ自身が傾向するかどうかは別のハナシですが、しっかりとその世界観に

ハマって、ちゃっかり出版社を確認させてもらったし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 パソコンが欲しい 」と、25年程前に考えたきっかけは " Microsoft Access "

というソフトウェアを使ってみたい、との思いからだった訳ですが、その当時に

流行っていた「 わかる~ 」とか「 できる~ 」解説本も数冊買ったハズ。

 

いまだ、わかっていませんし、できていません。( 笑 )

( 参照:アクセス偏愛 他、このブログを " Access " で検索すればゾロゾロ )

 

さて、いまだに触れたことのない( 涙 )" MS Power Apps " も、先に解説本を

入手して概要を把握しておくかと考えて探したところ、これが絶版で購入出来ず、

かといって、ワタクシにとって解説本と電子書籍の相性はよろしくない。

 

と思っていたら、改訂新版が出てるやん! 教えてよぉ~

( 旧版は再版された際の通知設定をしていた )

 

さっそく購入、明日届くのですが・・・

 

現在のワタクシにとって、レベルが高すぎても、低すぎても役に立ちませんから

いまからドキドキ、ページをめくるのが楽しみです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ごぶさたをしていて申し訳ない限りですが、昨夜は久々に繁華街の外れのお店で

ディナータイム。 ってほど、オシャレな時間ではなく夕食。

 

超絶美味しく、シアワセな時間を過ごさせていただき「 ありがとうございます 」

 

" since 1983 " のオープンされた直後から、ワタクシの同級生がココで働かせて

もらっていたこともあり、当時からアレコレお世話になっていたにもかかわらず

ワタクシはすっかり忘れていたのですが、昨夜の彼女曰く「 デートした時には、

ここのマスターの車を借りて行ったね 」

 

そういえば、そうだった!

 

彼女と一緒に暮らし始めるまでの唯一のデートが、通勤にスクーターを使用する

彼女が「 一度ツーリングというものがしてみたいわ 」と言って、それを聞いた

ワタクシが借り物のスクーターを用意して、赤穂御崎へツーリング。

 

原付ヘルメット着用義務化直前のノーヘルでしたね。( 笑 )

結局、入籍するまでに一緒にどこかへ行ったのは、そのデート1回のみ。

 

そのツーリングの晩に、そのまんまマスターの車( 真っ赤なスターレット )を

借りて・・・ 六甲山へ行った。 m(__)m

 

重ね重ね、約34年前のその当時は「 ありがとうございました 」

 

なかなかリッチな夕食となるので、そうそう頻繁にディナータイムを楽しむのは

難しいのですが、彼女の言葉に改めて思い出すと、それこそ言葉にできない程の

お世話になっているので、ちょっとガンバって背伸びしなければなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 蛍光灯が切れました 」との報告に、どこか電気屋さんで購入してもらおうと

思うのですが、目的のソレはどこも在庫しなくなり、もうこれはさすがにダメだ

と判断し、器具ごとLEDへと交換することにします。

 

" ベースライト " と呼ばれる、天井露出40W×2本のタイプをとりあえず6台。

 

機種選択の際に気にしたのは外寸で、旧型と比較して長手方向は同じサイズなの

ですが幅が数種類あり、新しいモノが狭ければ、天井素材が日焼けしていた場合

ソレが露出してしまいます。

 

メーカー不明品が多く出回っている中、日本メーカー製が比較的安価で入手可能

になっているので、まとめて購入。 さっそく取付工事に向かいます。

 

このタイプのLED器具取付は初めてですが、フムフム、ベースフレームを天井に

取り付けてから、ソコにLED本体をパコッとハメ込む仕掛けになっています。

 

まぁキホン、簡単な工事ですが、ずっと上向きで、かつ片手で器具を押さえつつ

右手だけでインパクトドライバにビスをセットして締め込まねばなりません。

 

取り付け位置というか角度が揃うよう、その目印として、旧器具を取り外す前に

マスキングテープを天井に貼っておきます。

 

片手でソレに沿うようにしつつ・・・ 「 あっ、インパクトからビスが落ちた 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ホームセンターでスマホの写真を見ながら、似たような柄のレンガ1個198円と

ゴムハンマーとインスタントモルタルを購入し、現場へ。

 

ハイエースから道具を降ろして店を開きます。( ワタクシはこの際に、いつも

サンダーバード2号のコンテナポッドを思い浮かべて、気分を高揚させる・笑 )

 

水道ホースを引っ張ってきて準備が整えば、まず施工場所の既存の土を " てみ "

に一旦取り除き、たっぷり濡らしたレンガの上に、練ったモルタルを2列に敷き

レンガを置いてゴムハンマーでポンポンと隣のレンガとツラが揃うまで叩きます。

 

目地は専用こてを使用するほどの幅が無いので、スクレーパーにモルタルをとり

クニクニ、ゴシゴシと。 意外に便利で、キレイに仕上がってるし。

 

レンガ積みは初めてですが、コンクリートブロックの施工は何度もしているので

昨日、書かせていただいたほどのハードルはないのですが、今日は " てみ " 。

 

この " てみ " は万能の道具で、田舎暮らしにはもちろん、DIY工事現場にもぜひ

用意しておきたく、運搬からチリトリまで大活躍します。

 

先日の日曜日の栗拾いでは、バケツに落ち葉などと一緒に入った栗を、外流しに

斜めにセットした " てみ " にあけ、流水で洗いながら選別をしたり。

 

コンテナポッドには1個、" てみ " を常備ですゼ。

 

泥にまみれたモトクロッサーの積み下ろしで汚した路上の泥を回収し、そのまま

容器として車内に置いておけるとか。

 

あっ、花壇は無事補修なったのですが、購入していったレンガがひと回り大きく

( てか花壇のレンガがひと回り小さい )裏側の一番目立たない場所のレンガが

1cmほどはみ出しています。「 カッコわるぅ~ 」・・・また、いずれ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

レンガ積みを補修する作業が必要となったのですが・・・ 経験がない。

 

brick01_201014.jpg

( 補修が必要なのはココだけではない・笑 )

 

花壇の枠の二段だけのレンガ積みの上段なので、ヘタでも影響は少ないのですが

スキッと面を通した仕上げにしたいところですから、ガンバらねばなりません。

 

って、こんな場合のモルタルは何を使うんですか? もうソコから知識が無くて

フツーのモルタルだと、またスグに接着が切れて外れるんじゃないか???

 

はたまた、ダンゴ状のモルタルの上に置いた、レンガを " トントントン " と叩く

大きめのゴムハンマーと、こんな際に使うトランプのスペードのような形をした

コテも持っていないので( この程度の作業ならばスコップで大丈夫そうですね )

ホームセンターでインスタントモルタルと一緒に、アレコレ同時購入です。

 

距離が短いので、水糸は張らずとも長い棒があれば充分か・・・

 

作業部分周辺の土をガバッと一旦、取り除く必要があるのと、レンガのモルタル

面をキレイにする必要がありますね。 たっぷりと濡らす必要も。

 

てか、モルタルより何よりドコへ行ってしまったのか、そもそも外れたレンガが

1個、足りないんですけれど・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

妻が代表を務めさせてもらっている会社が、来月からの第9期を迎えるにあたり

各部門の管理者、責任者等に集まっていただき、今期の成果を振り返り、来期に

向けた運営上の重点目標と数値上のそれを明確にする経営計画発表会。

 

昼食を含めた13時からの開始に、各部署から責任者の方々に集まっていただき、

「 ありがとうございます 」

 

ただどの部署も、手狭であったり365日24時間運営している都合上、それだけの

人数が極度の密にならずに使えるスペースが無く、今回は商工会議所の会議室を

お借りしての開催となります。

 

詳細は端折って・・・ ある部門の管理者女性の開催後のプライベートレポート

を拝見すれば「 発表に備えて何度も原稿を書き直して頭痛と胃痛! 昼食の上等

そうな弁当も、これから発表の緊張で味もわからん 」と。

 

いざ発表の段になっても「 声が震えるし手も震えるし、自分自身で何を言って

いるのか訳わからんし 」って。

 

いやいや、要点を押さえた分かりやすい内容の、一番立派な発表でしたって。

おまけに成績も、今期の目標値をしっかりと上回る達成度で表彰されてるし。

 

「 退職を考えることも無く前向きにがんばれる 」って、そんな正直に・・・

 

しっかりと応えられるよう、私たち自身も会社も成長して行かねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まったくの計算違いが発生するのは、ヒジョーにマズいのですが・・・

起こります、ワタクシの計算ですから。( 笑 )

 

雨も上がった日曜日を、おかげさまでゆっくりと過ごし、かつ、ご近所と言えど

1年ぶりにお会いする友人が、軽トラックで秋の便りを届けてくれるという贅沢。

 

庭に置いたイスで、止むことのない久々の近況報告に楽しい時間を過ごします。

 

で、継続して取り組んでいる多量の入力作業の後半、csvで取り出し、コピペで

サクサク進められると考えていたのですが、コレがそうではなく、非常に手間の

かかる作業であることが判明し、必死の形相になりつつある深夜零時。

 

結果、完了させられずに朝を迎え( 寝たよ )コレを書いている訳ですが・・・

さて「 時を戻そう 」。

 

souppasta_20201011.jpg

 

昼食には、彼女が作ったスープパスタ。( 参照:先週のFMゲンキの放送 )

 

kinoko04_2020.jpg

 

アヤシゲキノコ、NO4 。

 

kiri04_2020.jpg

 

強風一過の栗ひろい。

 

kinoko05_2020.jpg

 

アヤシゲキノコ、NO5 。

 

最近、キノコの発生と栗の木の関係を疑っています、ワタクシ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu229.jpg
  • 20201116_momiji.jpg
  • momiji03.jpg
  • stove11.jpg
  • kaki01_2020.jpg
  • shiitake01_2020.jpg
  • hisago01.jpg
  • brick01_201014.jpg
  • kinoko05_2020.jpg
  • kiri04_2020.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja