週末の天気予報が「 冬の嵐 」や「 冷え込む 」だのと、ビビらせてくれるので、

仕事用のクルマの1台に、例年よりひと月も早くスタッドレスタイヤの装着。

 

道具のアレコレは自宅に揃っているので、前日に乗って帰って朝一番からの作業

まずは自作小屋内から、冬用タイヤ4本&ホイールナットを揃えて用意、いまや

スチールとアルミの価格差もほとんどないので、アルミホイールとなります。

 

" クロストルクレンチ "( 自慢の道具・笑 )に、ホイール傷付防止の樹脂カバー

ソケットを装着してナットを緩め、ガレージジャッキで上げて順次タイヤ交換。

 

ココまでは作業にも慣れていて簡単なのですが、ココからが手間で・・・

 

外したタイヤの位置を覚えておくために、トレッド面に養生テープを貼っておき

マジックで「 F/R 」だの「 R/R 」だの書き込んでおいてから、中性洗剤使用で

サイドウォール&ホイールの洗浄、ブレーキダストをしっかり落とします。

 

エア圧が4本とも一定か、確認しながら高めに充填し、そのままノズルを替えた

エアガンで水分を飛ばし、タオルで拭き上げてから自作小屋の中へ。

 

外したナットも1個ずつ拭きながらケースに収め、コレはタイヤと一緒ではなく

万が一のスペアタイヤ( 装備なし車両ですが )装着時に、必要となる可能性が

あるので、グローブボックス内へ収納しておきます。

 

タイヤ交換自体は楽しいくらいなのですが、あと片付けがメンドくさいなぁ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

銀行でアレコレな用事に続いて、その隣にある立地がナイスな " うどん屋さん "

での昼食、久々に立ち寄らせて頂いたので「 なにか新メニューでもないかな?」

 

が、お決まりパターン安定のオジさんは、ほぼいつもの「 サラダうどんの小!」

をオーダーするのですが、ちょっと贅沢に「 野菜増量で♪」

 

夏の期間は、熱いうどんを食すとアタマが汗まみれになるので、冷たいうどんが

適しているように思っていましたが、秋も深まる昨日今日「 熱いのでもよかった

かなぁ~ 」と食べながらメニューを見ていると・・・

 

正午前の店内は空いていたので、もっと余裕を持ってメニューを見ればよかった。

なんと! 「 11/11~11/17期間限定・温玉ぶっかけ半額 」って。( 笑 )

 

さて、S字になった部分から、プリンのプラスチック容器が見つかったトイレの

床との接触部分に再コーキングを施したり、吊りドアのブレーキの異音を探って

解消したり、アレコレ必要な道具や材料が次々出てくるハイエースは頼りになる

クルマですが、車内が散らかりはじめたら一旦全部を片づけ、また自宅倉庫から

持ってくる必要なモノが、車内にボチボチ増えるを繰り返しています。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシのネット環境( 高速回線が当たり前になって、こんな表現自体が死語 )

のせいなのですが、最近それがさらに悪化して、超々低速となり " Nextcloud "

をはじめとする、同期をとるようなソフトウェアが、もうまるでダメダメ。

 

もちろん、動画や音声は以前から無理でしたが、それらは必要とする機会もなく

不自由もなかったので、ここまで放置してしまいました。

 

そうそう、スマホも自宅や職場などの " Wi-Fi " 環境のある場所では、自動的に

繋がってしまい、超々低速となるので、自宅では接続を切ったほうがマシ。

 

ただし、自宅内の場所によっては、アンテナが立たないので不安です。

 

集落内には昨年だったか一昨年か " au " のアンテナが建設されて、キャリアが

ソレならば「 バリ5 」( 死語 )確実なんですけれどね。

 

あ、すると固定電話もやめて、光回線を引かずとも " au 系 " データ通信端末を

使えば、などのプランがあり得そうですが、その方面の知識からとんと遠ざかり

なにが現在のワタクシに最適なのか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昼食は「 ピッツァにしよう♪」と( イタリアンが " ピッツァ " 、アメリカンが

" ピザ " で合ってる?)出掛けるのですが、せっかくですので紅葉も見つけたい

思いから、ちょい西へ、北へ。

 

20191110_pizzeria.jpg

 

青い空、まっすぐな道、開放的な景色に気分爽快、初めて訪れた人気店でしたが

おかげさまで待つことも無く、ピッツァ&パスタをシェアしながら美味しく頂き

「 ごちそうさまでした 」

 

食後には、樹齢900年イチョウ、1000年イチョウと巡ってみますが、まだ青々と

夏の気配のままで、山間の紅葉にはまだ早かったようで、一面黄金に染まる絨毯

の頃に、もう一度訪ねてみたいです。

 

今シーズン、山の中よりも町に、チラホラ彩づく木々を見かけます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

肌に感じる季節がグイグイ進み、天気予報では「 金曜日は冷え込み、内陸部の

山間部では雪が降るでしょう 」 ・・・ゆ、雪ですか。

 

播磨地方の山あいの田舎暮らしのデメリットとしては、街中では何ともなくても

道路が一面真っ白、スタッドレスタイヤを履いていなければ、身動きが取れなく

なる朝が、冬の間に何度かあることで、天気予報では金曜日にその気配ありと。

 

という訳で、万が一そんな気象になったとしても身動きが取れるよう、例年より

早めに、軽トラックのタイヤをスタッドレスに交換します @ 賞味期限切れ。

 

チビかたは九分山といった程度ですが、スポンジのようなゴム製スタッドレスは

賞味期限が短く、ちょっとアヤシイところもあるのですが・・・と思っていたら

バルブゴムの根元からの空気漏れが見つかったし。

 

バルブは在庫があったものの、スタッドレスは柔らかいとはいえビードを落とす

作業が毎度大変で、前回同様に軽トラックのスペアタイヤ部分にセットしてから

油圧ジャッキで上げることで、ビードを落としたのですが、この方法は非推薦で

アルミホイールだと傷つける可能性大。

 

なので作業後になって、ビードブレーカーの購入を検討すべく、ネットを探れば

単管パイプを使った自作ブレーカーなど、工夫のアレコレ。

 

その中の一つに・・・そうか!油圧ジャッキとホイールを、タイダウンベルトを

使用して、しっかりと巻き付け固定しておけばいいのですね!

 

さっそく試してみたいのですが、そうそうタイヤビードを落とす機会も少ない。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

本町商店街が熱い ! 」と書かせていただいた先日ですが、素敵なアイデアや

センスを活かして、アチコチの古い商店街や路地裏に、いや表通りにも、新しい

お店をチラホラと見かけるようになってきており、興味津々。

 

そのお店作りもカタにハマらず、それこそDIYな部分もあったりとアイデア満載。

 

どのお店にも立ち寄らせてもらいたいところですが、混んでいてもガラガラでも

遠慮してしまう、オジさん特有のワガママさがジャマをしてしまいます。( 笑 )

 

いや、空いているのは大丈夫か。先日はシナモンの香りに誘われて入ってみたし。

 

という訳で、ワタクシたちの事務所が入るビルの1階にも、何やら新しいお店が

出来る様子で、マイペースな店作りが進んでいて、前を通りかかれば覗き込んで

フムフム。 m(__)m

 

めぐり巡ったハナシでは「 ハンバーガー屋さんが出来る ! 」とのウワサ?

 

そういえば4棟ほど西にあるビル裏で、こんなワクワクするクルマ?を見かける

のは、ナニか関係があるのか無いのか・・・

 

burger_car.jpg

 

素敵なナニかが、アチコチで始まりそうです ♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと低迷中の「 ビモータ 」( イタリア )と我が町の( 広い意味で・笑 )

「 川崎重工 」が、合弁会社を設立させて、ミラノモーターサイクルショーにて

ニューマシンを発表したとの記事。

 

「 ビモータ 」と言えば・・・

 

オートバイに乗り始めた十代の頃、行きつけのショップで、はるか世代を越えて

会話させてもらう、粋なオジさんたちが乗っていたリッターバイクや外車などの

うちの1台がソレで、たしか " HB-1 " だったかなぁ~

 

カウンタックなどと同様に、十代の少年にはゼッタイに手が届かないと思わせる

雲上のオートバイでした。( HB-1 = ホンダエンジンを載せたビモータ )

 

そういえばその後、西八代町には " bimota " のアパレルショップもあったハズ。

 

さて今回発表された、フロントスイングアーム、ノーズダイブゼロの " テージ "

フレームと " Ninja H2 " のパワーユニットを組み合わせたソレは・・・

 

相変わらず手が届きそうにありません。( 笑・届かないのは足だったりして )

 

モーターサイクルショーでは、二輪車分野でもEVモデルが多数発表されており、

走行可能な時間が現実的なモノになれば、軽量トレッキングバイクが1台欲しい

ところですが、置きっぱなしにしてしまう可能性を考慮すれば、エンジンよりも

バッテリーの方がより厳しいでしょう。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

思いっきり床に、右手の人差し指をブチ当ててしまい、爪と肉の間に血のにじむ

突き指状態、痛みは過ぎ去ったのですが、キーボード操作が不自由です。(T_T)

 

事務所には、文集づくりなど昔懐かしい " 押し切り "( この呼び方で分かる? )

があって、紙の裁断に活躍しているのですが、左手の指の位置に気を付けながら

紙の束を押さえて、ためらうことなく右手でグイッと刃を下ろす動作、この際に

コーヒーカップの小指よろしく、ワタクシは右手人差し指を伸ばしていたようで

下ろす刃の勢いそのままに、床に指を突き立てたんですねぇ~

 

" A3 " でも " A4 " でも " A5 " でも、紙をセットすれば、キチッと真半分に切る

あまり嵩張らない " 簡易自動裁断機 " みたいなモノが欲しいところです。

 

つい最近、そこそこ大型のシュレッダーの寿命が尽き、新しいモノに入れ替えた

ところですが、これがパワフル&スピーディで、次々と処理してくれるのが快感

気持ちよく、ついつい大事なモノまでヤッてしまいそうで、コワイ、コワイ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

田舎暮らしの朝晩の気温が、ググッと下がり「 灯油を買っておいてよかったぁ 」

帰宅すれば、まずファンヒーターのスイッチを入れる生活へ戻って来たのですが

すると、また深夜の " 灯油切れのメロディ " に怯えることにもなります。( 笑 )

 

飼い猫の " ゆず " は、ファンヒーター前から離れず「 まっとったでぇ~ 」てな

感じですし、また仕舞うことになるかもですが、昨夜は毛布まで引っ張り出して

彼女用には掛布団の上へ、ワタクシ用は掛布団の下へ敷いて、シ・ア・ワ・セ。

 

" ゆず " も冬支度に喜んで、ワタクシの掛布団の下、毛布の上の隙間に潜り込み

中でクルッとUターンしてちょこんと顔を出し、ワタクシと並んで寝ています。

 

すると、ワタクシと " ゆず " は毛布1枚を挟んで隣り合うカタチとなり、まさに

" ねこアンカ " 状態、それまたシアワセなのですが、時間の経過とともに・・・

 

「 暑いゾォ~! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

じつは・・・ ( 笑 )新そば昼食からの帰宅後、「 当面は今日しかないな 」と

置きっぱなしだった、ホコリの積もった灯油ポリ缶を拭き、軽トラックの荷台に

載せて、18L × 5缶 = 90L の買い出しに向かいます。

 

22年落ち、満24年を迎える予定で、先々月車検を受けたところの軽トラックは、

たまにしかエンジンを掛けないので、たぶん燃料系統からガソリンが落ちていて

ちょっと掛かりが悪いのですが、エンジンに火が入れば調子は、まぁまぁ。

 

ついてきてもらう必要は無かったのですが、助手席に彼女が乗り込んで、仲よく

ドライブ( 笑 )ドアのパッキンに挟まっていたのか、車内がカメムシ臭いです。

 

こうした町内の移動には軽トラの便利さハンパなく、やはり田舎暮らしを始める

にあたっては必需品ですね。 それも田んぼや畑があるならゼッタイに4WDを。

 

往路は空のポリ缶でしたが、復路では約100kgが増えており、集落の手前にある

峠を越すのに、ちょっとキツイか? 途中には野菜類のミニ無人販売所があって

なにが置いてあるのか見てみる必要もありますし・・・

 

高速道路をビューンと使った新そばドライブに続き、片道5分ほどの軽トラック

プチドライブですが、これはこれで楽しいゾォ~ ♪

 

「 石油ファンヒーター、スイッチオン! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 お昼ごはん、どうする? 」

 

「 う~ん・・ おそばを! 」

 

という訳で、" 新そば収穫感謝祭 " が開催されている、三田市永沢寺まで向かう

のですが、いやホント、田舎暮らしの自宅は高速道路へのアクセスが抜群なので

東西南北、街中に住んでいるよりも、ずっと気軽で便利に距離がかせげます。

 

混雑も考えられ、南西から近づくマイナールートを選んだおかげで、スムーズに

到着し、まずは新鮮野菜の販売コーナーでの買い物から。

 

淡くて繊細な緑色が食欲をそそる、新そばのおろしをテント下の店頭販売で頂き

引き続いて、レトロ硝子が素敵な奥の食堂で、またまたおろしそばと天ぷらを。

 

ちょっと食べ過ぎました。( 笑 )

 

「 寄り道して帰るか 」と初めて訪れた " 神戸三田プレミアム・アウトレット "

の巨大さにビビリ、立体駐車場から眺める全景に「 こ、ここを歩くのか? 」

 

かなり以前、それしか無かった頃に寄せてもらった大沢温泉( おおぞ温泉 )が

2017年、道の駅 " 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢 " として生まれ変わって

日本一ということで、ここにも寄り道してみました。

 

ペット同伴可、インスタ映えする敷地と遊園地も併設されて、ファミリー層には

楽しそうですが、オジさんが求める " 道の駅 " とは、ちょっと違う?  m(__)m

 

やはり田舎道に忽然と現れる、オアシスのような癒しある " 道の駅 " が嬉しい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

晴れ渡る空高く、時間が停まったような土曜日の昼下がり、ワタクシは道に迷い

落葉を踏みしめながら、ひと気の無い墓場を彷徨い( さまよい )歩いています。

 

もうどれだけ時間が過ぎたでしょう。永遠のようにも感じますし、もしかすると

まだ5、6分ほどしか経っていないのかも知れません。

 

ときおり現れる蜘蛛の巣を払うために、枯枝を1本拾い上げ、上下に振りながら

どこに繋がっているのか、繋がらないのか、微かな踏み跡を辿ってみるのですが

先ほどからもう二度、三度、行き詰まって引き返すことの繰り返し。

 

20191102_keifukuji.jpg

 

ガソリンスタンドに預けたクルマを引き取りに、徒歩で向かっていただけですが

なるべく真っ直ぐに行ってみようと、高低差を無視して進んだがために。

 

標高51mの墓場から出られません。

 

迷い迷って見つけた踏み跡に沿って歩き続け辿り着いたのは、直線的に歩こうと

一番最初に現れた、崩れかけた石段を登りはじめたその場所で、そう巡り巡って

何年もかけてふり出しに戻った感覚は、もしかするとキツネに化かされたのか?

 

いや、裾の汚れたズボンが、それが現実にあったことの証で、夜に洗濯物として

出す際には、汚した場所を申告せねばならず、彼女に叱られること必至。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

心臓縮む、朝一番からの電話は・・・ 「 トイレが詰まって溢れています! 」

 

オーノー! しかし、まぁ " モノ " に関することであれば、何らかの方法で対応

できるのですから、大したことではありません。

 

とは言いつつも、現場はオオゴトですので、ワタクシもとり急ぎ向かう道中では

いまから必要となるだろう道具が、アレコレ思い浮かぶのですが、田舎暮らしの

自宅には置いてあれど、いまは無い。

 

とりあえず、灯油ポンプは道中で入手して現場へと・・・

 

さて、一件落着した午後には( ここまでのアレコレは、一気にハショって・笑 )

銀行や市役所を巡るのですが、3Fまである駐車場の、2F前半1/4迄に停めるのが

コツとはいえ( 参照:裏腹駐車場 )ハイエースの場合、駐車場の建物の支柱に

運転席側が隣り合うスペースに停めると、ドアが開けにくく、シートを乗り越え

助手席側から乗降するほうが安全。

 

という訳で、中途ハンパな姿勢でシートを乗り越えようとしていて腰がグキッ!

あっ、ヤバいぞ、ヤバいぞ、この感じ・・・ 継続中です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

月末月初は銀行へ行く用事も多く、それには街中の銀行も含まれ " みゆき通り "

 

いつもであれば自転車で向かうところですが、たまたまリコールの修理中だった

ので( 2台保有の2台ともリコール対象車で順次対応 )徒歩にて向かいます。

 

ワタクシ、歩くスピードが速いほうなのですが、ちょっと汗ばむほどの気温には

速度を緩め、汗をかかないようにしながら国道2号線沿いの石垣の裏側を。

 

抜けて、古い家屋の残る路地に、古民家再生の人気のパン屋さんの前を通過して

大手前公園、本日からの「 皮革フェスティバル 」から入って「 全国陶器市 」

 

じっくりと見て回りたいところですが、人の多さに足早に抜けて " みゆき通り "

 

その北端にあたる " 本町商店街 " には、魅力を感じるお店や、先ほどの人気の

パン屋さんも出店してきておられ、とても活気を感じる通りに変化しています。

 

お城本町を知っている " つばめ屋 " 世代にとっても嬉しい進化で、ますますの

活気を期待してしまいます。

 

信号を渡って1件目の銀行へ、次の銀行へ向かうために、またまた信号を渡れば

" みゆき通り " にシナモンの香りが漂って「 おっ、ここにも新しいお店が! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 七曲のドラゴン "( ワタクシが勝手にそう呼んでいる )が、鎖骨を折った。

 

色々な分野で参考にさせていただいたり、憧れている方は多々おられど・・・

 

過去に「 座右の銘は上沼恵美子氏の言葉 」とさせていただいているワタクシが

彼の旅に憧れている「 レンタルバイクで台湾一周ツーリング 」の著者としても

有名な " cotaro70s " 氏( 左記IDで検索すれば、美しい写真など多数ヒット )

 

はたまた彼のオートバイを操る速さと自由度に憧れている " 七曲のドラゴン " 。

 

ワタクシなどフツーのライダーが、感じとれるグリップと折り合いをつけながら

コンマ秒ずつタイムを詰めているところ、ポーンとハナから桁の違うスピードで

コーナーを抜けて行く速度。

 

リッターバイクのフロントを上げたり、リアを上げたり、300km/h からコケて

みたり、自由自在にオートバイを操るテクニック。

 

まぁ、プロフェッショナルライダーは、そのまた上を行く訳ですが・・・

 

そんな彼も歳を重ねたにもかかわらず、相変わらずの体脂肪ヒト桁台で、クロス

バイクなど自転車レースの遠征に活躍されているのですが、たぶん、レース前の

ウォームアップを広場でされていて転んで鎖骨を折った・・・

 

300km/h から転倒しても、ガソリンスタンドで給油前にウィリーのタコ踊りを

してもヘーキだったけれど転んで鎖骨を折った・・・ ( 参考ページは、ココ

 

看護師さんがキレイと評判の病院で、バナナに囲まれながら手術をしたらしい。

 

人生「 突然なにが起こるかワカラン 」という教訓をいただき、座右の銘に一行、

「 自転車はアッという間もなく前転する 」略し「 ヒトはコケる 」を加えねば。

 

「 お見舞い申し上げます 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

現在、ICカードリーダライタを用意するなど、ハード面での準備や登録も必要な

電子認証を利用した行政サービスが、他サービスで一般的な、IDとパスワードで

利用できるようになる " GビズID " が来春から始まるとのことで、さっそく書式

ダウンロード&印鑑証明を添えて郵送という、超アナログな方法で申請します。

 

という訳で、印鑑証明の取得。

 

法人のソレは、法務局に1台しかない( 2台用意して~ )機械に法人カードを

差し込み、ピコピコ必要事項を入力して取得、法務局に出向く手間が必要です。

 

さて個人のソレですが、たまたま役所に出向く用事ついでに窓口へと、すっかり

ソレに代わっているものと、マイナンバーカードで手続きしようとするとアレ?

「 AIカードが必要です♪ 」って、マイナンバーカードを取得したので、すでに

AIカードを携帯してないし。

 

「 マイナンバーだけで出来る? 」「 出来ない? 」など、窓口の方がザワザワ、

そんなに印鑑証明の取得はマレか?( 笑 )と、不思議がっていると、なんと!

マイナンバーカードを使用してコンビニで取得すれば( コンビニで出来るのね )

200円。 役所窓口だと300円。 ということで需要がないらしい。

 

「 コンビニだとマイナンバーカードだけで出来て、なおかつ200円ですが・・ 」

と案内されても、いまここに居るのですから「 300円でいいのでお願いします 」

 

「 マイナンバーだけで出来る? 」「 出来ない? 」など、窓口の方がザワザワ。

 

結果、取得出来たので結果オーライですが、なかなかモヤモヤする展開となって

「 まだの方はさっさとマイナンバーカードを取得しておき、住民票や印鑑証明、

モロモロの手続きはコンビニで♪ 」ってコンビニの機械、触ったことないし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

秋晴れの空の下にいると、無性に歩きたくなるのは、みなさん一緒でしょうか?

空高く空気は澄んで、遠くの景色がクッキリと見えるとたまりません。( 笑 )

 

事務所の前、国道2号線の東行も、普段は気にならないのですが、こんな日には

その一直線に延びる道路の延長線上に " 山 " が見えます。

 

地図で確認してみると・・・

 

ちょっと意外、船場界隈から見えているのは、御国野~別所あたりの " 桶居山 "

( おけすけやま )と思われます。

 

と言うことは・・・ 桶居山に登り、双眼鏡で覗くと、ウチの事務所が見える?

そう考え始めると、登らずにいられないのが、町と一体化した低山の魅力。

 

30分ほどで登れる低い山は、ワタクシたちの町を俯瞰する楽しみがあります。

 

この現象は( そんな大げさなものではないです )山陽本線の英賀保駅あたりを

東進していても発生、道路延長線上に見えているのは、山陽道姫路東インターの

" 城山 " でしょうか?? 登ったことがありませんので「 登らねば! 」

 

東進しながら棚田踏切で左に目をやれば、荒川線の延長線上は " 八丈岩山 " から

" 広峰山 " ??? 遠くに見える低山に詳しい方、教えてください!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アパート暮らし時代は、仕事を終えて帰宅するのが、深夜~明け方だったという

こともあって、それこそトイレを流すにも気を遣う生活でしたが、" 生活音 " と

いう面からは、まったく気にしなくてもよくなった田舎暮らしの日々。

 

自身もそうですが、もちろん上や隣の方の生活音が気になることもありません。

 

ということで、朝一番からの草刈り( 笑 )

 

ま、しかしコレは前段の内容とリンクしている訳では無くて、まだ暗い早朝から

刈払機の音が響き渡るのは、田舎暮らしのスタンダード。

 

午後からはご近所の( と言っても歩いて行ける距離ではありませんが )友人が

軽トラックで訪ねてくれたので、外ベンチに腰掛け、近況報告など楽しい会話の

時間が持てて、シアワセな秋の夕暮れ。

 

自分自身も含め、年齢に応じた大変さやオオゴトに、先人や詳しい方の話に耳を

傾けるなど情報をしっかり収集し、しっかり対応して行かねばなりません。

 

刈払機のメンテナンス & 修理( 笑 )。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

遅くなった帰路、いつもならば2名乗車なのでBGMは無く、ミーティング( 笑 )

を兼ねた車内となるのですが、今夜はバラバラのクルマで連なってとなったので

テールランプを追いかけながら、ラジオのスイッチをON。

 

前を走る彼女のクルマの中では、きっと中年 m(__)m アイドルグループの曲が

かかっているでしょう。

 

スイッチを押してBGMに流れ出てきたのは、前任のドライバーがチューニング

済みのFMステーションのナイトタイムテーブル、落ち着いたナビゲータの声が

ひとときの夜のドライブを演出してくれます。

 

流れているのは " U2 " か・・・

 

昼間の移動や、日曜大工中にはラジオをかけることもあるのですが、夜のそれは

久々で、遠いむかし、ステレオイヤフォーンを耳に、クロスオーバーイレブンを

聴きながらのジョギングを思い出します。

 

今夜はテールランプを追いつ追われつ、遅くでもなく、飛ばすでもなく心地よい

速度で、流れてくるBGMに気持ちをゆだねつつ・・・

 

わずかな時間とはいえ、思わずの素敵なひとときを過ごしています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに、SUVブームも過ぎ去ったかと思いきや、" TOYOTA RAV4 " がヒット中

だそうで、実際に街でもよく見かけますし、エッジが立ってカッコイイ感じ。

 

その見た目も、しっかりとオフロード寄りで、フェンダーに泥をはね上げている

姿も似合いそう、アーバンスタイルの " C-HR " などとは対極ですね。

 

ピックアップトラックもカッコイイのですが、日々の実用度では " レヴォーグ "

にするか " RAV4 " にするか・・・( 笑 )

 

と好みもあって、活躍するシーンがあるのか無いのか、おのずオフロード寄りの

" 力強い " クルマに興味が向きますが、自然災害などその瞬間には、どのような

クルマでも役に立たず、ひたすらヒトの判断力と行動力を磨くのみです。

 

さて、二輪車部門でも、オフロードの雄 " HONDA CRF1100L Africa Twin " が

来年、発売されるそう。 あの " アフリカツイン " の新型ですね。

 

ヤマハもホンダも、BMWもKTMも、はたまた各メーカー、この分野の開発にも

しっかり力を入れてくれていて、憧れはあるのですが、二輪車となれば体格的な

面もあって、シンプル軽量なオフロードバイクを得意とするところです。

 

ワタクシとしては、四輪車もシンプル軽量推しな面もあって、路地をクネクネと

駆け抜ける必要のある、仕事用の軽自動車は、" ジムニー " でお願いしたい。

( 実際には、二駆のほうが小回りが利くけれど・笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自前のサーバーにインストールして、便利に利用しているオンラインストレージ

" Nextcloud " ですが( Dropboxと同様の機能が自身のコントロール下で、実質

容量無制限で使える )ちょっとした部分の便利さは、有料サービスに分があって

その差をどうやって埋めて行くかが課題となっています。

 

とくにワタクシの場合に限るのですが、田舎暮らしの自宅の回線速度が大変遅く

( あっ、田舎だから遅いのではなく、ウチの回線がADSLのままだからですが )

クラウドサーバーと同期をとるようなソフトウェアとは相性が悪い。( 笑 )

 

オフラインのパソコン本体内で作業を進め、仕事先で同期をとる必要が・・・

その間に、同じファイルを誰かが操作すると、ややこしくなるのですが・・・

 

で、そのADSLを提供してくれているプロバイダ( この意味でこの単語は久々に

使ったなぁ~ )がすでに、2020年でADSLサービスの終了を告知しているので、

何かしらの代替案が出てくるのか、出ないのか・・・

 

そろそろ( 10年以上経って・笑 )高速回線に切り替えてもいいかな、とは思う

のですが、一昨年、集落の中に " KDDI " の中継アンテナが建ったので、ここは

思い切って、有線を廃止する手もありか。( 使ってるキャリアと違うけれど )

 

遅い回線速度に、それほど不満を感じていないことが不思議です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

毎年、10月21日、22日は魚吹八幡神社の秋まつり、ウチの網干の事業所の前で

宵宮には二町の屋台練りがあるのが勇壮で、絶好のロケーション。

 

しかし、本宮を含めて車で近づくには細心の注意が必要で、屋台の運行行程表が

ワタクシも欲しいところです。( 笑 )

 

昨日は時間に余裕があったので、所用のあとは徒歩にて、神社からお旅所まで。

 

20191022_usuki01.jpg

 

広場の両側に並んだ屋台と檀尻の数が壮大で美しい。

 

日にちが固定された祭りですので、今年は平日の月曜日、火曜日だったのですが

本宮は、即位礼正殿の儀の祝日と重なってものすごい人出、そこへ数千人規模の

祝賀行列もあるとのことで、晴れ渡って暑い、暑いお旅所です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに使用中のカレンダーには、その日の設定が無い " 即位礼正殿の儀 " の祝日

システム手帳アプリは、いつの間にか今日がちゃんと祝日設定になっていました。

 

通常のカレンダーで、まだそれを見かけたことは無いのですが、仕事上で便利に

使用するため、アプリでは週の始まりを月曜日に設定しているので、紙ベースの

カレンダーでも( とくにデスクの上に置く三角タイプ )左端が日曜日ではなく、

月曜日のモノが欲しいところです。

 

オーダーして作ろうかしらん? 需要ある??

 

さて、覚えていなかったので調べてみると、前回の " 即位礼正殿の儀 " は元号が

平成になった、1989年ではなく( もちろん喪中でもあった訳ですから )翌年の

1990年11月12日に執り行われていますね。 ダイアナ妃も参列されています。

 

つまり1989年が平成元年だった訳で、この年にお店を始めさせてもらったので、

明確に覚えているのです。 平成とともに歩ませてもらいました。( 笑 )

 

また機会を見つけ、その当時のアレコレも記しておきたいなとは考えるのですが

そのアレコレが多すぎて、なにから手を付けたらいいのやら・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

草刈りに区切りをつけて上がってくるとオートバイ、クルッと周辺林道を走った

あとで寄ってくれたそうで、毎年11/3頃に開催される " 高齢 " 改め " 恒例 " の

ツーリングに誘っていただいたのですが・・・

 

草刈り直後のその時もそうだったのですが、ちょっとした環境変化でジンマシン

まみれになってしまうので、オートバイで風を切って走るなどがかなり難しい。

 

困ったもんです。

 

さて午後からは、雨どいの修理などの手入れをしながら周辺を探れば、ウチの木

ではありませんが、たわわに実る柿の木が4~5本もあって、それぞれ甘いのか

渋いのか、1個ずつもいで回収してみます。

 

20191020.jpg

 

続いて、使用2年弱でスイッチがおかしくなった機械の修理にチャレンジですが

依頼すると、ほぼ購入価格でしたので「 エイヤッ 」と勇気を出して。

 

毎度、筐体をバラすのがキモですが、基盤についているSWの異常を疑っていた

ものの、開けてみれば基盤の固定が甘くなっているのが原因で、さてどのように

直すべきか・・・ アイデア勝負が功を奏して無事修理完了。

 

修理前、すでに新品をもう1台購入していたので、2台並べての活躍に期待です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ガッツリ掃除( 笑 )。バタバタにかまけて、飼い猫 " ゆず " のブラッシングを

はじめ、何もかもを放ったらかしにしていたので、一家総出で取り組みます。

 

まずは " ゆず " の爪切りから。 キホン、されるままに大人しいので、手こずる

ことも無く、チャチャっと終わらせ、掃除機を用意してブラッシングなのですが

この " 掃除機 " をはじめ、" ドライヤー " など大きな音を出すモノはキライで、

ワタクシのスキをみつけて逃げようとしますが、逃がしません。 m(__)m

 

布団のカバーを替えて、掃除機掛けて、拭き掃除して・・・

 

寝室リフォームが、天井に杉板を張ったところで中断しているので、腰板を張り

壁漆喰を塗って、目的の " エアコン取り付け " を完了させねば。

 

アチコチの扇風機3台を、バラして、拭いて、置いている段ボールに収めます。

誰もが知っている知識ですが「 扇風機のモーター軸のネジは逆ねじ 」( 笑 )

 

そろそろ灯油を買ってきておかねばならない季節になりました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

今秋はまだ夏の気配も抜けきれず、秋が深まるのは、もう少し先なのでしょうが

裏通りのキンモクセイの匂いに立ちどまり、漂ってくるその木を探してみます。

 

日が暮れる時間はずいぶんと早くなり、昼下がりを迎えれば、すでに日没時間を

考え出さねばならず、人生にも例えられる、その一日の短さを実感する季節。

 

自転車をこいで用事に向かいます。( 笑 )

 

ですよねぇ~、みなさん色々と思うところはあるでしょうが、炊事に掃除に洗濯

日常は絶え間なく続き、休ませてはくれません。

 

ただ、帰途上で立ち寄ったスーパーでは、1個100円の柿を選んだ後で、別棚に

2個で600円!の柿を見つけ「 人生あと何回、柿が食べられるかも分からんし 」

と適当な理由をつけ、勇気を出して非日常を楽しんだりもしています。( 笑 )

 

「 美味しい! 」

 

と言えば今夏、県境を越えただけあたりの、鳥取県の道の駅でスイカを購入した

ところ、コレがさすが名産地だけあってメチャクチャ旨く、もうスイカと言えば

鳥取県でしか購入できなくなってしまいましたが、出来れば、大栄町あたりまで

足を延ばしたいところ。

 

現在、なかなか遠くへ出掛ける機会を無くしてしまっているのですが、近隣にも

アレコレ産地があるので、季節をしっかり感じながらいただきたいです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

バタバタの一区切りがつく予定の昨日も、移動に追われるような時間を過ごした

のですが、その隙間を狙って " 手すり取付工事 " を。( 本当にバタバタかぁ?)

 

ユニットバス壁面への取り付けですから、当然薄いパネルの向こうはスカスカが

予想されて、さてどのような固定方法を選択するか・・・

 

そのような取り付けを想定した既製品の中には、壁の裏側でアンカーが放射状に

開いて、ガッツリと固定させるモノもあるのですが、そのアンカーを通すために

手すりブラケットに隠れるとは言え、結構大きな穴を開けなければなりません。

 

ユニットバスのパネルにソレは避けたいので、別の方法を。

 

出来れば、ユニットバス組立時にソレを想像して、ソノ位置の裏側( 外側 )に

あて木でもしておければ最適ですが、ソレを忘れていた小さなデイの造作工事の

際には、まず、手すり取り付けのためのビス穴を開けて、明かりが漏れるように

して位置が分かるように工夫し、天井点検口から身を乗り出して、長い棒の先に

仮固定した、あて木を。

 

昨日は普段着のままですから、そこまでは難しく・・・ と、まぁ若干、悩んだ

シーンもあれど無事、しっかり手すり2本を固定して、工事完了。

 

道具を片付ければ、もうあと少しのバタバタが続きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

つい先週までの七分袖シャツが、いきなり長袖&ジャケットに変わった気温差に

カラダがついて行けず、指先や足の裏など末端を中心にアチコチ、ジンマシンを

発症してカナワン状態は、カユイ、カユイ、コマッタ、コマッタ。

 

ならば真冬はもっとヒドイのか、と言えばそうでもなく、ちょうど変わり目的な

いまの季節の方が、ワタクシのカラダを、ワタクシがコントロール出来ません。

 

クスリに頼らざるを得ないのですが、それも効き目を発揮できな程に症状の勝ち。

 

さて、そんな季節の変わり目は、飼い猫の " ゆず " がワタクシの掛布団の上に

やって来る季節でもあって、それは天然アンカとなって嬉しいところなのですが

今季はなにか考えるところがあるのか、ワタクシとビミョーに距離をとる。

 

なので、" ゆず " の体重で掛布団は押さえられているのに、ワタクシとは距離が

あるので、あまり暖かくないという、もったいない矛盾。「 なんでよ!?」

 

それも一番冷え込む明け方近くには、掛布団の上を抜け出して、トントントンと

階段を下りて、居間の専用毛布の上に移動し、朝方の睡眠を楽しんでいる様子。

 

yuzu204.jpg

 

ワタクシが目覚めて下りて来て照明を点けても、まだ眠っているし・・・

( あっ、目あけた? )

 

しかし、昨夜も点滴だったのですが、昨冬 6.8kg あった体重は現在 4.8kg 。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

消費税が8%から10%へと変更になって、はや半月が過ぎたのですが、昨日まで

まったくその実感がありませんでした。

 

それが何故なのか、この2週間のワタクシの消費行動を思い起こせば・・・

 

すでにキャッシュレス決済メインの生活に移行していたので、現金を使ったのは

郵便局で切手を購入した際と、日々の喫茶店での昼食だけで、確かに切手は82円

から84円になっていたものの、それは消費税の影響なのか、単なる値上げなのか。

 

気づきませんでしたが、改めて思うと、価格据え置きの「 喫茶店ありがとう!」

 

で昨日、100均ショップに立ち寄って、壁フック3個を手に取ってレジへ向かい

サイフの中の小銭でちょうど支払えないかと、324円を探っているとオネーさん

「 330円になります 」

 

「 あっ、そうですね。 そうです。 3個で324円じゃなくなって330円です 」

「 なるほどなぁ 」と、すでに半月が経って、感慨深げに支払をさせていただき

「 これからは、1円玉と縁遠くなる? 計算力が弱まる? 」などなど。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

何の日の祝日か、通勤路が空いていて快適だった、よく分からないままの祝日は

「 体育の日 」で、「えっ、こんなにも遅くに? 」と感じたのは、第2月曜日と

決められている、最大限後ろ寄りだったからですね。

 

来年は「 体育の日 」改め「スポーツの日 」となって、オリンピック開催都合で

7月24日へ移動、つまり10月の祝日は無くなります。と、なかなかのフリー具合。

 

1964年の東京オリンピックでは、その日が開会式だった訳ですから、穏やかで、

爽やかな天候に恵まれた日々だったのでしょう。 現在の開催日程は真夏・・・

 

個人的には昔から、土日や祝日が休日ではない仕事をさせてもらっている関係で

実感がないというか、現在はデスク向かいの彼女が頭を悩ませながらガンバって

くれている「 シフト作成 」上では、祝日が入ることでヤヤこしさ倍増。

 

「 大型〇連休 」など、ひと塊にはせず、まんべんなく散らしておいてください。

とは言うものの、経済効果は連休の方が高そうですね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

報道で台風被害の惨状を見ると、その規模が甚大でお見舞いの言葉も見つからず

こんな駄文を綴っていてもよいのか悩むところですが、日々の営みをしっかりと

重ねることも大事との思いで、日常を繰り返します。

 

土曜日は大荒れでしたが日曜日には晴れて、各地でお祭りなど行事が開催された

ものの、ワタクシ、やり残した仕事が膨大で参加させてもらえずにいたのですが

実際のところ、グッと下がった気温にカラダが対応できずにジンマシンまみれで

こんな状況下、一日中外にいるとオオゴトになる体質にも四苦八苦です。

 

つい昨日あたりまで、七分袖のシャツ1枚で大丈夫だった気温は、長袖になにか

軽く羽織るものが欲しい季節へと、一気に進みました。

 

さて帰宅は早めだったので、ラグビーの試合は自宅テレビでの観戦となり、興奮

しながら応援させてもらったのですが、みなさん同様、今回のワールドカップで

ルールの主だったところを知ることになり、当時ラグビー部の同級生が日常でも

やたらタックルのように突っ込んできていた意味を知ることとなっています。

 

色々な面で、意味で、ニッポン、いや自分自身がガンバらなくてはなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いすゞの " D-MAX "( 4WD ピックアップトラック )がフルモデルチェンジを

受けて、ついに発表! トラック好きは、この日を待ちわびていました。( 笑 )

 

日本発売があるかどうかも分かりませんが、とりあえず写真にはフロントサイド

アンダーミラーが無く、スッキリとしてカッコイイ。

 

いすゞ公式ページにも、10/11付で、フルモデルチェンジの記事はあるのですが

日本発売については触れられていませんね。 気になるところです。

 

各メーカー各車、LEDヘッドライトを採用して久しいですが、おかげでフロント

周りのデザイン自由度が上がり、個性を明確に打ち出せるようになっています。

 

またまたの寄り道は " D-MAX " のついでに、いすゞのホームページをしっかり

拝見しているのですが、" 会社が発信しているページ " というのは、アレコレと

興味深く参考になることも多く、社長のメッセージとか読んでみたりして・・・

 

多くの企業ページでは、細部に渡ることも公開されていて、部署や組織図等から

採用情報、そしてこれは当然ですが、企業理念、決算状況、etc 。

 

勉強になりますね。

 

ウチをはじめ零細企業の場合、以前は「 無いのもなぁ 」と作るだけ作って放置

状態のページも目立ったのですが、最近はそういったことも少なく、とくに閲覧

されるのは、お客様よりも、銀行、監督官庁、求職者さん等々多岐に渡ります。

 

クローラー的なものが大半でしょうが、何のSEO対策をしていなくても、ビュー

回数も相当なモノになっていて「 スマホで確認できる 」ホームページの重要度

を実感しています。

 

的の外れた営業などあれば「 せめてホームページを見てからにしてよ 」とか。

m(__)m

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ご無沙汰過ぎて申し訳ないどころか、忘れられて当然のお店に寄せていただくと

超、あたたかい出迎えに「 ありがとうございます 」

 

先月から続くバタバタや社内研修等々、それらはもうしばらくドタドタと続くの

ですが、そんなところに「 お店移転します 」と届いたメッセージに、取り急ぎ

超、久々に寄せていただいた次第。「 いやはや申し訳ないぃ 」

 

ご無沙汰期間中には、ビックリの変化もあったそうで「 おめでとうございます 」

と掛けさせてもらった言葉も、いかほどズレたものになったのか・・・

 

さて、新しいお店のことも伺わねばならないのですが、まずは美味しい酒と肴で

楽しませてもらい( ワタクシは炭酸水に、生産者の顔が分かる、大分のカボスを

ギュッと絞って爽やかハイを )シメは手打ちのお蕎麦で。

 

楽しい時間とともに「 ごちそうさまでした 」

 

そうそう、新しいお店はちょっと新しい、現代風の形態で11月2日(土)17:00

オープン予定の準備を進められているそうで、フレッシュな風舞う野里商店街が

ますます楽しくなりそうです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

都会のアチコチで、日本グランプリのために来日した、F1ドライバーの日常風景

が目撃されていて「 へぇ~、こんなモノに興味があるんだ 」とか。

 

毎日のようにテレビで見かける芸能人と違い、興味のある方にとっては雲の上の

ヒトですが、多くの一般人にとってはフツーのヒトにしか見えないですもんね。

 

現在1年間に21戦! 日本で大ブームだった当時は、ブラジルに始まりオースト

ラリアで幕を閉じる全16戦でしたから、興行収入のためか随分と増えています。

 

当時もそうでしたが、するとシーズン中8月を除き、2週間ごと世界を転戦して

レースですから、その消耗の激しさと言ったら・・・

 

「 世界21か国の旅行に行かしたるで、2週間ごとに1か国、3日間の旅な 」と

誘われたら・・・ それだけで疲れ果てます。( でも、行くかも・笑 )

 

そうそう、" F1 " と言えば、その舞台をモデルにした、古いコミック( マンガ )

「 赤いペガサス 」もアタマに浮かぶワタクシですが、時代背景はニキ・ラウダ、

ジェームス・ハント、そしてタイレルの6輪車が活躍した頃で、あぁ懐かしい。

 

どこかで巡り会ったならば、じっくりと読み返したいコミックです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

イヤな進路で台風が近づいているのですが、偏西風が力を増し早めに、グイッと

曲がっていって欲しいところ。 どこにも、どなたにも被害が出ませんように。

 

10月の連休は、お祭りがある地区も多く、また各種イベントも目白押し。

ちょっとラグビーに隠れて地味気味ですが、鈴鹿ではF1日本グランプリが・・・

 

F1と言えばワタクシ、1989年日本グランプリ、プロストとセナのチャンピオン

シップがかかった47周目、残り6周となって130Rの立ち上がりで勝負をかけた

セナが、シケインでプロストと接触したあのレースの、スタートからゴールまで

全編、車載カメラの映像とエキゾーストノイズだけのビデオを所有しているハズ

ですが、どこに仕舞ったのか・・・ もちろん再生するデッキもありませんが。

 

今シーズン、ホンダエンジンとタッグを組む " アストンマーティン・レッドブル

・レーシング " & " レッドブル・トロ・ロッソ・ホンダ " のコンディションが

上向きで、かつ金曜日のフリープラクティスには久々の日本人ドライバーとなる

" 山本尚貴選手 " がドライビングする予定で、ぜひドライで走って欲しい・・・

 

「 レギュラーシートが掴めますように 」

 

というモロモロの訳で、お願い! 台風曲がって行って!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年末前の( 笑 )大掃除の実施 @ 事務所。

 

という訳で、まずフィックス( 固定 )の窓拭きからですが、2階とは言えども

国道に面しているので、油分を含んだ埃汚れは、拭いても延ばすばかりになって

キレイになりませんから・・・ 洗います。

 

この事務所も、スケルトンな状態からワタクシ自身で作ったのですが、窓ガラス

については、元々あったアルミフレームの天地サイズのフィックス窓の下、1/5

ほどをファブリックレンガ張りに変更しています。

 

office_ex01.jpg

( 施工途中の参考写真:この後、フレームの色も変更している )

 

厚みを持たせたファブリックレンガの内部には、床用断熱材が隠れており、その

上側の笠木は、外側へ傾斜させてガラスとの接触面をしっかりとコーキング。

 

洗いに耐えられる仕様にしてあります。

 

さて、ハンドスプレーで濡らせてから、スポンジに含ませた中性洗剤でしっかり

擦り洗いし再度、スプレーでたっぷり濡らせて、ハンドワイパーで水分を切れば

アレ、ビックリのピカピカ。

 

下端部分などワイパー跡が残ってしまうところは、乾いてからそこだけペーパー

タオルで拭けば、若干残るワイパー跡も消えて、さらにピカピカ。

 

ちょっと長期間、ガラス拭きをサボっていましたが、定期的な洗いが必要ですね。

内側は中性洗剤を使わず、水分だけで同様の作業を。

 

床のPタイルは、専用クリーナーを希釈してゴシゴシ。etc 、etc ・・・

ペンダントライトの、ガラス製の傘も洗ったり。

 

大掃除のあとは、整理整頓、片付けをして本日を迎えております。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

他所の方々には「 水分補給をしっかりと 」と伝えながら、自分自身がまったく

出来ていないことに気づいた最近、昨日もエアコンの効いた事務所で、たいして

汗をかいているつもりもなかったのですが、買って来てくれた600ccのミネラル

ウォーターのペットボトルが一気に空いて、クイクイ入る水分にビックリ!

 

歩行中もクルマの中も、はたまたデスクの上にも、ペットボトルを常に携帯する

習慣はワタクシにはありません。 飲むなら飲む、飲まないなら飲まない、軽く

ひと口飲んでキャップを締める、その中途半端に残った水分がメンドくさい。 

 

実際には、こまめに水分補給をすることは良いことで、ガバガバと飲んでも吸収

される量は、たいしたことが無いのかも知れません。

 

という訳で、昼間にはコーヒー以外、水分らしい水分をほとんど摂取しませんが

しっかり食べる朝食時には、豆乳と酢水とコーヒー、マグカップ3杯分たっぷり

飲んでいるものの・・・ コーヒーとかは水分量の計算に入るのかな?

 

昨日、事務作業中に、一気飲みしたミネラルウォーターが、とても美味しく感じ

られたということは、カラダは水分を欲しているのかも知れませんから、午後の

タイミングで、水を500ccくらいは飲むように心がけてみましょうか。

 

出来るかな? 効能アヤシゲな小さなビン飲料よりも( 普段から飲みませんが )

500ccの水で滋養強壮、体調万全、いま以上に元気になれるかも知れません。

 

「 こまめに積極的な水分補給が大切ですよ 」と、他の方々には伝えながら。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと続いているバタバタに「 にんにくパワーを補給せな 」と2号線を東進、

立ち寄る機会少ない車屋さんが建ち並ぶエリアを通過していると、対向車線から

低く構え丸みを帯びたホワイトボディ、スーパーカーの気配が近づいて来ます。

 

「 おっ、フェラーリか 」と思いきや、これは!「 マクラーレンやん! 」

初めての生拝見ですが、デザインがそう見せるのか、意外にコンパクト。

運転できそうな気がします。( 笑 )

 

大昔、カウンタックの運転席に座らせてもらったことがあるのですが、まったく

見えない周囲、遠いクラッチに、運転できるハズもないと思いましたから・・・

 

" McLaren " マクラーレンと言えばワタクシの場合、赤と白のマールボロカラー

F1世界選手権イン・ジャパンにて、ジェームス・ハント駆る " M23 " が記憶に

残るのですが、ロン・デニスが加わり、ジョン・バーナード設計の " MP4/ x "

シリーズ、とくにホンダエンジンとタッグを組んだ1988年の16戦中15勝という

圧倒的強さを魅せた、スティーブ・ニコルズ設計の " MP4/4 " が有名ですね。

 

長年続いたマールボロカラーから変更なった、ニール・オートレイがデザインの

ウエスト・マクラーレン " MP4-12 " もシャープでカッコ良かったです。

 

その、マクラーレンの市販車を街で見かけられるとは・・・

 

アレ? ハナシが横に逸れましたが、にんにくパワーを補給して「 ファイト! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

エクセルの気軽さと、MSアクセスの便利さが、シームレスに使えればと思って

いたところ、そんなタイトルの本を発見し、さっそく購入したのが初夏の頃。

 

ズバリ「 Excel VBA で Access を操作するツボとコツがゼッタイにわかる本 」

なんとまぁ、長いタイトルだなぁ~( 笑 )思いつくままのキーワードで検索を

かけて見つけたのですが、これほど、そのままのタイトルの本があるとは。

 

それぞれには使っていても、" 絡めて使用する " ということを、チャレンジした

ことがありませんでした。 なので、とりあえず、その本の長いタイトルだけで

「 そうか、そんな考え方があったのか! 」と、満足してしまい・・・

 

秋になっても、いまだ・・・ ページをめくっていません。( 恥 )

 

言い訳ですが、なかなかコマ切れの時間内では、骨格を組み立てたり、試したり

はたまた改造したりが難しく、中途半端に進めたソレは、時間を置いた再開時に

その時の思いが伝わらず、結局リセットするとか無駄の極み。

 

「 鉄は熱いうちに打て 」ならぬ「 アタマは熱いうちに回せ 」とか、「 思いの

高いうちに具現化しろ 」とか、「 リフォームは最後までやり遂げろ 」とか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

強く吹く始めた風と雷鳴に、少々不安を感じながら迎えた夜でしたが、おかげで

ほとんど影響もなくやり過ごせた台風、地域によっては浸水等、被害に遭われた

みなさんにお見舞い申し上げます。

 

台風にビビるのは何度も書かせてもらっている通り、田舎暮らしの自宅母屋側の

屋根瓦が、もう寿命を超えて古くなっており、直撃級の風雨に耐えられるか心配

だからなのですが、これを修復( リフォーム )するとなると覚悟が必要。

 

晴れ間が続きそうな季節を選び、事前にコンパネを用いてこしらえた、滑り台を

架けて、瓦と土を落として合板を張り、ルーフィングを敷き、桟木を打ち、瓦を

並べる訳ですが、当然、瓦を上げる電動ハシゴなど持っていませんので、材料を

どうやって屋根まで上げるのか?

 

高いとはいえ、大屋根は長方形2面の切妻で、施工はスムーズそうですが、軒に

あたる部分が板金作業などともなってややこしい。( 笑 )

 

経年で傷んだ、垂木の取り替えや、破風の修理などもあるでしょう・・・

 

そもそも材料の運搬を含め、限られた期間内に一人で出来るのか?

その、かかる時間を捻出出来るのか?

 

彼女曰く「 あんたが考えなアカンのは、滑り台作りや施工方法と違い、プロに

依頼する、そのリフォーム代を貯める方法とちゃうか? 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

生活スタイルに合わせて、アレコレと合理化出来るのであれば嬉しいところ。

 

田舎暮らしの自宅フルリノベーションの際には、それらも目的に取り組んだので

平面図( 真上から見た図 )的にウチは、ジグザグと二分割されて、それぞれが

カッコよく言えば「 パブリックスペース 」( 見られてもマシな側 )「 プライ

ベートスペース 」( 見られてはイケない側・笑 )と区切られています。

 

繋ぐのは家の中を走る廊下( というほど長いモノではなく、一瞬で終わる通路 )

で、夜は間接照明に照らされた、花など活ければ似合いそうなニッチスペース。

( こう書けば素敵に感じる場所に、要らぬモノなど置いてあったり・・・ )

 

さて、その「 見られてはイケない側 」の居間の死角になる場所には、洗面台と

洗濯機があり、お風呂にも居間から直接入られるようになっています。

( このあたりが一般的な家庭とは、大きく違うところでしょうか )

 

で先日、帰宅直後に点けた居間のテレビでニュースを見ながら( 彼女は厨房側

のテレビで録画を )ワタクシ自身で何度か修理している、ドラム式洗濯機から

取り出した洗濯物を干していたのですが( 彼女が夕食準備中のワタクシ担当 )

落としたハンガーを拾おうとして、差し出した右手薬指を突き指!

 

現在「 コレはゼッタイ骨折や 」というほど痛いのですが、きっと3日もすれば

痛みも治まってくるのでしょう・・・

 

一旦、洗濯機前の天井に固定したバーへ、ハンガーに干した洗濯物を掛けておき

お風呂を上がった後に、丸ごと浴室内に移動させて、深夜の浴室乾燥へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で「 あっ!」という間に、10月に入ったものの、秋の風吹く空高い日、

とはならず、台風が近づいているせいか、気温も湿度も高い日となって、夏か?

 

職場にはカゴ付き自転車があって、おもにワタクシが便利に使っているのですが

「 作り過ぎたので、お昼を食べに来て 」との指示に、急いでペダルを踏み込む

アタマに降りそそぐ陽射しが真夏のソレで、近場とはいえ「 日焼けするわ 」

 

作り過ぎた、クリームシチューをいただきます。 「 美味しゅうございました 」

 

その足で銀行経由のアチコチ用事ですが、途中ではバイク屋さんにも顔を出して

忘れられないようにします。( 笑 )750RSのフルレストア途中の車体が置いて

あり、ケーヒンCRキャブを組むようですが、オーダーの「 エアクリーナーBOX

はノーマルで 」に四苦八苦されている様子。 マニアは我がままです。( 笑 )

 

さて、乗り物といえば " リコール " が、ままあるのですが、それは自転車にも

あるようで、まさにコノ自転車が対象車で、無償の部品交換を初体験。

 

元々、なにに問題があったのかな?

よく分からないままに、カギが新品になりました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

元々、あまり見ないタイプ( 笑 )なのですが、クルマがハイブリッドになって

益々、見なくなったガソリンゲージ。 たまたま目をやると「 わっ!エンプティ

マーク( E )と針が重なってる! 」

 

1mm の余裕も無くヤバい状態じゃないですか! オマケにちょっと遅くなった

ので、有人スタンドはもちろん無理、セルフスタンドさえも開いているのか?

 

と、閉店時間を気にしながらガソリンスタンドを目指すのですが、到着してみて

ビックリ! 長蛇とまでは言いませんが「 こんな時間に中蛇の列が! 」

 

増税まで1時間強を残して、みなさん駆け込み給油でしょうか? 「 ちゃうねん

ワタクシはタマタマ( E )やったねん 」と言い訳をしながら、数台分を並んで

無事給油完了。 このクルマになってから初めての「 こんなに入るんだ! 」の

量だったので結果、直前に入れられていたスクーターより遥かに増税前の恩恵を

与ったことになって「 いや、ちゃうねん 」( 笑 )

 

自宅に帰着し日が変わった夜中のニュースで、増税前の駆け込み需要のビールを

買い込まれた方の映像が映り、ヘビー消費者の彼女「 しもた! 在庫があと数本

しかあらへんから明日の帰りに買わなアカン 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お祭りを来々週に控えた、秋の一斉道普請、心配された天気も上々の青空の下で

汗を流してガンバります。 たまたま深めの長ぐつ( 地下足袋が多い )だった

ワタクシの担当は、小さな神社の前の小川に入り、その両岸の雑草を。

 

小さな橋の下あたりの水深は、長ぐつギリギリでスリリングですが、それよりも

時折、刈払機の刃を川に浸けてしまい、撒き上げる水煙でズボンをビチャビチャ

にしています。( 笑 )

 

終了後には今回初、アツアツのたい焼きが用意されていて、旨いゾォ~。

 

さて、彼女はすでに朝一で職場へ行っているので、シャワーを終えたワタクシは

軽トラで Go! 見上げる空には縦横無尽に飛行機雲が走り、機体は見えずとも

ここが航路であることを教えてくれています。

 

エアコン( 一応、付いてるよ )を切り、窓を開けて秋の空気を取り込みながら

今日の選曲、ちょっと薄くて乾いた音を伝える AMラジオから、チューインガム

のジングルが流れてきます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事で使用するクルマは、すでに6年ほど前から全車、ドライブレコーダー装着

となっているのですが、当然、機器にアタリ、ハズレがあって、2年も持たずに

交換を繰り返した機種や、6年経過して何の問題も無く活躍している機種。

 

う~ん、その差がワカラン。

 

いまどき " 国産 " に拘る意味も無くなっていますが、ソレのそこそこ価格機種が

バタバタと壊れたのはショック、それも〇ニータイマーよろしく、測ったように

1年が経過した頃に。( 笑 )

 

という訳で、新規導入したクルマにもドラレコを装着しなければ( あっ、現在は

全車でないですね )ならないのですが、どこのメーカーの何を選べばいいのか。

 

目的からして信頼性が一番重要なのは当然として、今回は最近主流になっている

2カメラではなく、本体レンズが前方と後方に付いていて、車内の記録が残せる

タイプがベストバイ。

 

ま、6年×複数台の期間で大活躍したのは、ワタクシの火球目撃事件くらのモン

だったことが、かえって幸い。( 参照:2013.8.3 真夏の流れ星

 

いぢめないでね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

比較的、道幅に余裕のある2号線東行き沿いに事務所があるので、朝方にはその

道端に、現場搬入待ちの資材を載せたトラックが駐車していることがあります。

 

柱になるのでしょう、各部溶接を済ませた、ドンと太い鉄骨を載せたトラック。

鉄製の階段や、らせん階段を載せたトラックも見かけました。

 

さて昨日は、2号線を東へ研修会場へと移動すれば、いつものように現場へ資材

搬入待ちのトラックが3台駐車していたのですが、積載物はどれも同じ金属製の

巨大な直方体ぽいモノで「 なに? なに? 」と注意深く観察してみれば「 おっ!

コレは! エスカレーターじゃないか! 」

 

エスカレーターを単体で見るのは、初めてだと思います。

想像より、はるかにコンパクト。

メカメカしくてカッコイイ。

 

ショッピングセンターで乗るモノよりは幅が狭く短いようなので、どんな建物に

設置するのでしょうか?

 

「 取付工事を見学したいなぁ 」と後ろ髪引かれる思いで、研修会場へと向かう

のですが、内容は非常に有意義で濃く、質疑応答の時間にしっかりとワタクシの

疑問を明快にできた研修、参加させていただき「 ありがとうございます 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

知らぬ間にケガをしていることは多々あり、とくに " ムコウズネ " には常に傷が

絶えないのですが、ただソレが、いつ、どこでなのか覚えが無く、もしかしたら

「 脚立から落ちそうになって踏ん張った、あのときのものか? 」

 

「 いや、よく理解していない、セルフタイマー機能を使って写真を撮ろうとして

スマホに駆け寄った際にコケた、あのときのものか? 」

 

現在、キーボードを叩きながらコノ文章を書いている最中も、昨夜から痛む右手

薬指をかばいながら「 突き指をしたようだが・・・ それはいつ? 」

 

かなり昔、剥離骨折とやらで右手を固めていたことがあるのですが、その期間の

不自由だったこと! とくに洗面やトイレなどの日常動作を、左手で行うことの

難しさを痛感しました。 いまがそんな感じ。

 

さて本日、丸一日研修の予定で、すると昼食は会場の向かいにある喫茶店が予定

されるのですが、そこの扉で痛めてハガれた親指の爪は( 参照:2019.08.21

7割程度、あと少しのところまで再生しているので、再び、あの調子の悪い扉に

挟まれないよう気を付けねばなりませんが、もしかして扉が直ってる?

 

「 確かめてきます! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

用事ついでの外出に、途中のコンビニでサンドウィッチ昼食を済ませ、そのまま

徒歩にてディーラーへと向かい、食後のコーヒーとおやつを。( 笑 )

 

そう、先週車検が切れてしまい、すでに引き渡し済みの活躍してくれたクルマに

替わる、新しいクルマを引き取りに来ました。

 

これからの時代、すべてのクルマに必須のアシスト機能についての説明を受けて

( コレは実際のところ「 あっ! 」という際に、どこまで機能するのでしょう )

さっそく出発、税務署から始まって各役所巡りですが、小回りが利いて便利!

 

目線がちょっと高め、立ち気味のドライビングポジションも、ワタクシの好みで

荷室の広さは「 何かが出来そう 」とワクワク、アレ? さっそく給油警告灯が。

 

あまりガソリンは入ってなかったのね、とスタンドに到着して、再び、アレレ?

「 どこに給油口を開くレバーがあるんだ? 」

 

普段からお世話になっている、有人のガソリンスタンドで助かった。( セルフ

ならば、延々悩んでましたね )フィラーキャップカバーのオープナーレバーが

Bピラーの下にあるなんて! ちなみに給油口は右側、運転席のすぐ後方。

 

流行に乗って、白いナンバープレートにしてみましたが、見慣れていないので

なんかヘンです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 よくそんな音量で気付けるな 」と、蚊の鳴くような音量の着信音で「 ハイ 」

と、スマホに対応している、向かいの席の彼女に感心しているワタクシと言えば

移動時にはカバンの中なこともあって、通常音量でも気づかなかったり・・・

 

かと思えば、喫茶店で他人のスマホの、超バカでかい着信音にビビることもあり

「 そこまで大音量に設定しておく必要があるのか? 」

「 そうか、カラオケ屋さんか! 」

 

昨日、早朝というか深夜というか、午前3時頃、けたたましく鳴り始める彼女の

スマホに「 すわ、緊急事態か! 」と飛び起き、その内容に耳を澄ませば・・・

 

鳴り続く着信音に「 はよ出えな 」「 いや、出られへんねん 」「 ??? 」

 

その内容への心配と、飛び起きたことで、すでに心臓バクバク。「 はよ出えな 」

「 なんか変なメッセージが出て、出られへんねん 」

 

ドタバタドタバタ、ホントに緊急の電話じゃなかったのか・・・ 結論を言えば

バッテリーが減り、残量が1%とかになった際に着信音が鳴る機種があるようで

その現象でした。

 

なんと、まぁ、着信音が鳴るなんてややこしい!( プンプン )

コレはフツーの、電子お知らせ音みたいなので良くないかい?

てか、そこそこ充電してから寝てよォ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パソコン黎明期が過ぎてしばらくの頃「 ブラウザは何か 」が話題になることも

あるくらい、その選択のセンス( 笑 )を問われたのですが、最近はどうなって

いるのでしょうか?

 

一般ユーザーの場合、スタンダードな設定のままで「 ブラウザ 」を意識せずに

使われているでしょうから、" Windows " は " Edge " でほぼ 100%?

 

アップデートの度に、ソレをスタンダードにさせようとしますし。( 笑 )

 

" iOS " なら " Safari " が 95%? OS が推奨する以外の「 ブラウザ 」を使用

している方の割合って、どのくらいなんでしょうね。

 

さて仕事場、業務ソフトウェアの絡みもあり、あえて " Internet Explorer " を

使用していたのですが、PDFとの親和性が低いのが良し悪しなのと、ASPソフト

もすでに " Edge " 対応済み、そろそろブラウザの乗り換えでしょうか。

 

OS にしてもブラウザにしても、バックグラウンドで何やらイゴイゴ、ウゴウゴ

しているのが気になる性質ですが( 笑 )まずは、ワタクシ自身が新しいモノに

慣れておかねばなりません。@ 新しいクルマ導入まで、あと1日。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 20191110_pizzeria.jpg
  • burger_car.jpg
  • 20191102_keifukuji.jpg
  • 20191022_usuki01.jpg
  • 20191020.jpg
  • yuzu204.jpg
  • office_ex01.jpg
  • yuzu203.jpg
  • yuzu202.jpg
  • yuzu201.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja