シーズンはすっかり終了したのですが、ちょっと昨日は、その設置についてアレ

コレと奔走したので、にわかにマイブーム。( 笑 )

 

セルフフルリノベーションした田舎暮らしの我が家の場合、薪ストーブの搬入も

設置も、屋根を抜いての煙突配管もすべて自分自身で行ったのですが、もう1台

設置する機会に恵まれたので、ソレについてはすべてプロに依頼中。

 

実際の設置はまだ先のことですが、ストーブの機種および煙突やトップの選定が

完了し、仮図面が本図面へと確定しつつある進捗状況です。

 

我が家の場合、瓦を外して屋根を抜く位置に制限があったため、トイレ前の共同

空間に設置した薪ストーブと煙突は微妙にズレていて、45度曲がった煙突を2個

使用することでオフセットさせてズレを調整しています。

( ちなみに本体搬入は、ストーブをバラして部品ごとの持てる重量にして )

 

それはそれでカッコよく満足しているのですが、煙突の効率を最優先で考えれば

真上にストレートに抜きたいところで、今回はそのプランニングが叶いそう。

 

そう導入のキモは煙突で、その効率のために1階に設置した薪ストーブの煙突が

2階の室内と屋根を突き抜いて、ストレートにしている例もあるようです。

 

また今回、機種選定にあたっては、常時イスで過ごしている空間となることから

ゆらめく炎が目線の延長線上になるよう、炉の位置が高いモノを選びました。

 

セルフ施工の際はアレコレ試行錯誤、雨仕舞のオリジナル大型チムニーカバーを

ステンレス加工で製作してもらうなど、それこそ奔走しましたが、今回は昨日の

ヤマ場を乗り越えたので、あとはプロにお任せして安心、安心。

 

薪ストーブ設置を検討される場合、煙突部材や設置の費用が、本体価格と同等か

それ以上にかかることが一般的。

 

今回の場合はもちろん施工費等も含むので、煙突等諸費用が本体価格の約3倍!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

雨の降り続くお昼過ぎ、ひとり寂しく、というか捗りながら m(__)m 黙々と

事務所で過ごしていたのですが、いきなり出張が決まって( ちょっとそこまで )

落ちる雨と跳ねる飛沫で、視界の悪いバイパスを東に向けて走っています。

 

明石海峡大橋の主塔も白く霞んで見えず、その先端で点滅する航空障害灯だけが

空も海も陸も一体となった霧の中に浮かんで光っています。

 

玉津インターで降り( マジちょっとそこまでやん )右左折を繰り返すのですが

目的地が住宅密集地で、クルマギリギリ狭いのなんの。( 笑 )

 

ワタクシがキョロキョロあたりを伺い、彼女が運転します。

 

急遽2件の用事を済ませて帰路に着けば、西の空から徐々に明るさを取り戻して

たっぷり降った雨もほとんど上がり「 おぉ! 久しぶりに虹を見た 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まったく知識も無いのに「 ステンレス工作がしたい! 」と考えているのですが

あまりに無知すぎて、何をどうすればいいかも分からないので、鉄工で・・・

 

いや、鉄工にしても知識がある訳でなく、とりあえず必要となるおよその部材が

ホームセンターで入手可能っぽい。 しかし・・・

 

あまりに不安すぎるので、ここは自身で図面を引いて、ステンレス加工のプロに

お願いしたいところですが、素人図面の単品モノの製作を請けていただけるのか。

 

材料の " とり " を知らずトンチンカンな寸法かも知れませんが、およその数字で

幅3000mm、奥行300mm、高900mm程度の脚付きで、幅があるので中心に柱、

ちょうど細長い「 日 」の字を横に倒して、脚で浮かせた感じのモノです。

 

ここまできたら、外枠はヘアーライン仕上げで。( 笑 )

 

サイズがそこそこなので、はたして運搬&設置が人力で出来るのかも不安要素。

 

渡せるような、キチッとした図面が引けるかなぁ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシたち自身は、GW等の連休には縁のない生活を選んできているのですが

それでも休日にはアレコレ楽しまれている報告が無ければ寂しいかぎり。

 

SNS等を通して素敵な景色の写真を拝見して「 いつぞやの機会に行くゾ! 」と。

行楽に移動するクルマも少なく、通勤路が空いいて快適なものの喜びづらいです。

 

現在も行きたいところはヤマほどあって、飲食店経営の頃は、GW等の休日には

働かせていただき、明けに連休を取って国内各地へ出掛けて行った行動力を復活

させねばなりません。( 笑 )

 

北海道は美味しいですし、飛行機で行った東北は近かったけど、クルマで行った

ソコは遠かった。 オートバイでは東北の山深い林道で、一人もがいたり・・・

 

九州はどこでも温泉だし、走って行けば遠いけれど、フェリーならば超便利だし

あっ、ロケット打ち上げの生見学をしなくっちゃ!

 

てな内容のハナシをしていたら「 ウチの子は小学生の時に種子島へ留学していて

ロケット打ち上げの地響きを体感した 」と。 ウラヤマシイぞぉ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

放っていてはダメなことは分かっていても、ワタクシのノリにも流行りがあって

コンテンツ以外は放置状態だったホームページ。 CSSやHTMLの行を追いかけて

見直せば、アレよ、検索順位がトップに。

 

もっと早くから取り組んでおけばよかった。( 笑 )

 

で、検索順位に関係があるのか無いのか、今回ちょっと興味を向けて作ったのが

" favicon "( ファビコン )で( もっと早くからしとけって?)ホームページを

開いた際の、URLのアタマに表示されている小さなアレ、アイコンですね。

 

お気に入りに登録してもらった際には、とくに目立ちます。

 

バーを表示させていれば、ソコに登録できるサイトの数を増やすために、名前を

簡素化させる際、分かりやすいファビコンならばソレだけにすることも可能。

 

そのあたりを意識して、ドローソフトを立ち上げ、アートボードを48ピクセルの

倍数の正方形にセットして、アレコレ模索して( 実際にはあっという間 )制作。

 

16×16ピクセルで分かりやすいように表現させる手法として、ドロップシャドウ

なども効果的なことを実践として体験。 ちょっと面白かったので、ワタクシが

管理するホームページすべてにファビコンを作らねばなりません。( いまさら )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 おっワイドフェンダー 」と、街中でもチラホラと " GR ヤリス " を見かける

ようになってきたものの、パッと見た目では分からない " High performance "

がどれほどの割合で潜んでいるのか・・・ 一度、乗ってみたいです。

 

そうそう、普段乗っているクルマのブレーキがどれほど効くのか、安全な場所の

( 左右に振られる場合も )通常速度から「 ガツッ!」とブレーキを踏む体験は

一度しておいたほうがいいです。( 濡れた路面や、ABS作動の感覚も )

 

ちなみに、オフロードバイクにロードタイヤを履かせたモタードバイクも楽しい

ものの、ブレーキそのままに高グリップタイヤでサーキット的なところを走れば

たった1~2周でパッドがフェード、もしくはブレーキオイルがべーパーロック

を起こして、まったく効かなくなり、目前に迫るタイトコーナー。( 笑 )

 

車重がある四輪車をサーキットに持ち込んでも同様のことが発生します。つまり

ノーマルのブレーキは「 ガツッ 」とかけるブレーキングが繰り返されることに

耐えられるようには設計されていません。( 一般道でそんなシチュエーション

はありませんが、「 あっ 」という際に「 ガツッ 」と踏むのは意外に難しい )

 

まっ、それよりもタイヤが一瞬で終わってしまったことに愕然としますが・・・

 

二輪でも四輪でも " 効くブレーキ " ( タイヤ含む )あってこそのライディング

&ドライビング。 という訳で、書きたかったことの前振りが完了したのですが

行数が無くなったので、また次回。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

9月に必要となる軽自動車の手配を、GW明けには確定発注せねばならぬらしい。

世界中で問題になっている半導体不足の影響で。

 

という訳で、何十年ぶりかの久々に車のカタログを渡され( ハイエース以来? )

パラパラとめくるのが、新鮮なような・・・ メンドくさいような・・・

 

すでにウェブベースのクリックで仕様を選択し、トータル価格が横に表示されて

あげく自分仕様の3D画像をグルグル回せたりが、フツーになってるもんなぁ。

 

「 カーコンフィギュレーター 」なんて、以前はまったく聞かなかった単語。

 

これを使って仕様を決め「 購入 」ボタンをポチれば、玄関先に届くんですか?

テスラ。 もう少々デザインが洗練されれば、モーターの加速が魅力的です。

 

しかし、ワタクシのように、出先では必ず道を外れて迷わなければ気が済まない

タイプや、高速道路で渋滞に巻き込まれた際の、電気自動車の不安を想像すれば

ハイブリッドくらいが性に合っているような・・・

 

現在、通勤には人生初のハイブリッド使用中ですが、モーターの加速は心地良く

遠い遠い昔、キャブをいじりカムやエキパイを換えて、加速を競い合った、その

ハイオクの燃える臭いは捨てがたいものの、数字だけならばモーターの勝ち。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

たまたま、しっかりと雨の降る1日とタイミングが合ったので仕方ありませんが

ハイエースにアレコレ積んで移動させる作業が続きます。

 

スライドドアは雨避けにはなりませんが、リアゲートを跳ね上げておけば小さな

屋根代わりとなって、荷物の積み下ろしの際に大きく濡れずに作業が出来ます。

 

しかし!ワタクシは知っているので、リアゲートを閉める際、側面に手をかけて

閉め下ろしますが、中心に手をかけて下ろせば・・・

 

ナンバープレートの窪みなど、パネルにたっぷり溜まった雨水を浴びることに。

ワンボックス系に不慣れな方は要注意です。( 笑 )

 

同様に真っ平らな屋根も、たっぷり雨水を溜めるので、駐車状態から走り始めた

初回ブレーキング時には、屋根上の水が滝のようにフロントガラスを洗います。

 

その際たぶん、ワイパー格納部に流れた雨水の音だと思うのですが、Aピラーの

内部から、チョロチョロチョロと水の流れる音が聞こえるのが不安。

 

荷室の床下も、運転席フロア絨毯下も、濡れてはいませんが・・・

 

夕方になり上がりかけた雨、洗い流す雨量がなければ、路面の汚れの跳ね上げか

空気の流れか、どこからソレが来るのか、リアゲートの汚れ方がハンパないし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

葉が落ちて枯木のようだった木々が、あっという間に新緑に包まれて、瑞々しく

茂る葉に、見えていた向こう側の景色が遮られて見えません。

 

雨降る昨日、今日でより一層、みどりを濃くするのでしょう。

 

先週末には夕暮れが迫るような時間になってから思い立ち、小さなナイロン袋を

手に持って、集落の奥まで行ってみれば、わらび、わらび、わらび。

 

パパパッと食べる量だけの二つ握り分ほどを摘んで自宅に戻れば、そのあまりの

早さに「 なかったん? 」と彼女。 成果を見せる自慢気なワタクシ。( 笑 )

 

夕食に小鉢で添えられる、わらびがシアワセです。

 

引っ越してきた頃には、ウチの敷地斜面にもパラパラと少し育っていたのですが

草刈りなどマメに手入れをするようになって、生えなくなってしまいました。

 

いつぞやのテレビで、わらびを栽培している内容を放送していたので、まったく

知識はないのですが、ウチでも育てることが出来るのかなぁ・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自動ドアが開いて、ワタクシが店内に入った途端に、その背後で急に閉まりだす

シャッター。 すわ!「 緊急事態か!? 強盗か!? 」

 

金融機関に入った途端、それも窓口閉店時間には程遠い午前中、ワタクシの入店

直後に、背後でシャッターが閉まりだせばビビルやん。

 

実際に「 ナニゴト? 」と見回せば、告知ポスターが貼ってあり「 感染拡大防止

および業務継続のため ~ 11時30分から12時30分までは窓口休業と ~ 」って

聞いてないよォ。 それも実施は昨日から。

 

ワタクシにとっては超大金( 笑 )を、現ナマで振り込むために立ち寄った訳で、

するとなに、あと1分遅ければコノ大金を持ったまま店外で1時間待機しろと。

 

たまたまワタクシは1分前で間に合ったけど、振り込み終わってシャッター横の

小さいドアから出れば、案の定、シャッター前で立ちすくむ方々。

 

金融機関の利用は、各自が各種の事情を含む場合もあるだろうから、もっと早め

からの広域的な告知をしてくれんとマジ、ビビルわ。 ましてGW手前のいま!

 

その後も引き続いて立ち寄った、他の金融機関はどこも普通に営業していたので

ココだけ? いつから告知してたん? まさか昨日から告知と同時に実施??

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

気候もいいし、適度な風も抜けて大量の汗はかかずに済んだ草刈り2ブロック分、

真夏と比較すれば体力的にラクだな、と思っていたのですが、丸1日以上あいた

今朝になって、カラダのアチコチが痛いです。

 

う~ん、運動不足にも程があるゾ。

 

通ったことはないのですが、スポーツジム的なところに申し込んでも、1~2回

通ったまま会費を払うだけになりそうだし・・・

 

はたまたウォーキングは望むところですが、お昼休みとか、仕事の移動を徒歩で

とかが理想なので、その際にはソレ用のクツを使いたいとか、カバンをどうする

のかが少々ネックで、どんな方法が適切なのか・・・

 

ただ現在、痛みを感じているのは上半身なので、やはりここは鉄棒か!

 

入手したいのは、支柱は小学校の運動場にあるような鉄製の水色で、棒はタマの

使用でサビるのを防ぐためステンレス製、布団も干さねばなりませんし。( 笑 )

 

庭にガッツリ固定して、まだありませんが濡れ縁からピョンと飛びつきます。

 

う~ん、鉄棒が欲しいゾ!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

草刈りに励みます。

 

真夏は体力的にキビシいのですが、現在の気候ならば一度に2ブロック分くらい

刈り進めることが出来ますし、かつ、仕事が丁寧。( 笑 )

 

先週に引き続き、今シーズン初の場所を刈って行くのですが、まずは隣の畑など

に接する場所からで、溝を挟んだ左右など、先に刈られてしまうとカッコ悪い。

 

ご高齢の方に刈られる前に、コッチが先に刈れますように。( 笑 )

しかし、草に隠れた金属杭に強く刃を当ててしまい、チップが飛んだし。( 涙 )

 

午後から3時間ほど刈って、斜面を上がってくれば、彼女が七輪に炭をいこして

夕食の準備をはじめていて「 おっ、今シーズン初の外での夕食♪ 」

 

シャワーを浴びて着替えれば、少々強く吹く薫風に空高く、初夏の気配濃厚。

 

炭酸水のペットボトルのキャップを捻れば、プシュッ!と小気味よい音が響いて

炭は白く焼けていい塩梅。

 

草刈りの疲労が、汗を流したからだに心地良いです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

そんな飼い猫 " ゆず " の通院日、約4週間ごとに血を抜いて検査をしてもらい、

輸液セットなど処方してもらいます。 @ 保険適用でないのがツライ。( 笑 )

 

毎回プリントアウトしてくれる血液検査の推移は、朝晩のシリンジによる服薬と

週4回の点滴で、小康状態を保っているようで( 食欲旺盛、いたって元気そう )

よかった、よかった。

 

病院からの帰路には " ゆず " をクルマに待たせて( ボディリード、洗濯ネット、

ゲージ入り )図面を用意し、伐採巨木が山積みされている場所で打ち合わせ。

 

帰宅して昼食を済ませば、草引きから。

 

20210424_shiitake.jpg

 

自作小屋の裏にまわってみれば、菌を植えたクヌギにシンタケが!

 

20210424_yuyake.jpg

 

見上げれば、今日が暮れて行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

リニューアルというほどではない、あえて例えるならば、全体的な " チェック "

をほぼ終えたホームページ( 実際には相当量の差し替え、書き込みをしている )

ウェブからアクセスいただいて " 見える " 部分は、完了したのですが、残日数で

" CSS " や " HTML " の構文チェックや適正化を行いたいところ。

 

ブラウザから表示、ソースとたどって確認すればバレてしまうのですが、その場

しのぎ的なタグがアチコチに。( 恥 )

 

数式などと一緒で、無駄を省き、理路整然とスッキリまとめられていればクール。

また普段は意識していないのですが、SEO的にも有利になることも確実です。

 

とか理想や理屈を述べても、実際に興味を持って見てもらえるかどうかの大きな

ウエイトは、トップページのイメージとなる " 画像 " の占める割合が大きいのも

確かで、そういった面からは今回のページ・・・ 大丈夫かぁ?( 不安 )

 

いよいよ、ラジオCMで流れる日が近づいて、検索エンジンによってはトップに

表示されているのですが、肝心のグーグルでは検索サイトに負けて3番目。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

飼い猫 " ゆず " の食欲がとまりません。( 笑 )

 

2年前のゴールデンウィーク前後、" ゆず " の食欲がガクっと落ち、ドンドンと

痩せていって、水を飲む量、おしっこの量にも大きな変化があったので、病院へ

連れて行って検査をしたところ、腎臓が悪くなっていると。( 猫に多い )

 

そこから、週に2回の点滴( ヒトならば透析 )が始まり、ソレが3回に増えて

年を2回越し、現在は、週4回の点滴となっています。

 

目の前のゴールデンウィークを越せば、点滴を始めてから丸2年が経過となって

" ゆず " の食欲がとまりません。( 笑 )今朝の体重5.7kg。

 

また、ワタクシたちと同様に、歳とともに機敏さは目立たず、寝て過ごしている

時間が増えたような、元々1日のうち23時間くらいは寝ていたような・・・

 

毎朝ゴハン皿に、キチンと測って60gを入れているのですが、ここ最近は微妙に

足りず、朝起きてみれば一粒になっていることも。( なぜ、一粒残す??? )

 

「 ニャニャ~ン 」と鳴いてワタクシに催促する、ハンパない食欲の " ゆず " 。

 

yuzu233.jpg

 

キホン、寝ているんですけどね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに草刈りの季節には突入済みですが、何ブロックかに分けて進める我が家の

草刈りは、まだ2ブロックを済ませただけで、大半が雑草まみれ。 (T_T)

 

ワシャワシャと絡むように伸びたカラスノエンドウ?など、刈払機を左右に振る

腕にグッと力を入れねば、負けてしまいそうです。

 

そうしてグイグイと伸びる雑草の中には、可憐な花を咲かせているものもあるの

ですが、スマヌ、その他と一気に刈り進めて行きます。

 

すると、庭に黄色い花を咲かせていたタンポポ、日曜日に刈った翌日には萎れた

キイロだったのですが、気づけば・・・

 

tanpopo-01.jpg

 

刈られた黄色い花が白い綿毛に変わり、風にのせて種を飛ばそうとしています。

 

スマヌ、スマヌ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ホームページのプチ更新をボチボチと進めているのですが、これまた相変わらず

手の遅さが災いして、当初はボチボチで十分間に合う予定が、お尻に火が点いて

焦らずにはいられない。( 笑 )

 

出来るならば、その他をシャットアウトして、気づけば〇〇時間!みたいな没頭

作業をしたいところ。 更新結果をローカルで確認しているのですが、クラウド

サーバーを使えば、左側のパソコンでエディタを保存し、右側パソコンの更新を

すれば、結果が随時表示されるので、画面を占有しなくてよろし。

 

ま、その環境はありませんがデュアルモニタとか、大画面ならば、その手間さえ

要りませんが・・・ 用も無いけど、湾曲した横長モニタを使ってみたい。

 

若干のリンク変更もあるので、それはFTPでサーバーに上げてから確認。

 

ビューはそれほど多いサイトではないので大丈夫でしょうが、もしリアルタイム

で閲覧中の方がいたとしても、ホームに戻ってきた際には( 更新されたとして )

「 なにか変わった? 」程度の変化なものの、コンテンツを整理して、メニュー

ボタンを変更し、テキストボリュームは随分とアップしています。

 

さて、一番可能性が高いスマホで確認。

「 ん?写真を回り込むテキストのレイアウトがヘンだゾ! 」

 

その「 ホームページを見てね 」というラジオCMが、5月から流れはじめます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

と、昨日の通りキホン、衝動買いタイプなのですが唯一、漠然としたイメージを

何年にもかけて温めてきたのは田舎暮らしで、結果的に偶然めぐり会ったココは

年末のバタバタの中での衝動買いだったのですが、売主さんにも地域の方々にも

恵まれて、快適に住ませていただいている真っ最中の大正解。 運がよかった。

 

確認すれば、2007年クリスマスのことで、めぐり会ってからは売買、登記完了

までに1週間ほどかかったか、かからなかったか・・・

 

それまでの休日には、ハイラックスの荷台に、お気に入りのチェア2個と七輪と

クーラーボックスを積んで、兵庫から岡山の県境辺りを、ツーリングマップルを

見ながらドライブし、気に入った場所で現地で仕入れた食材での昼食。

 

「 ここに住みたいなぁ 」「 冬に出られなくなるで 」等々。

 

独り暮らしの部屋に彼女が転がり込んできて( 彼女とは見解が違う・笑 )結局

20年以上暮らした街中の狭いアパートから、そうした地方へ向けたドライブで、

少しずつイメージをかためつつある中、田舎暮らし物件を数多く紹介されている

不動産屋さんにもめぐり会い、岡山で桃源郷を築かれている方に学び、また当時

兵庫西部の物件をおもに紹介されていた不動産屋さん。

 

昨日、あらたにスタートされた部門の営業で、担当の責任者の方が弊社へ来られ

受け取らせていただいた名刺を見てビックリ。 当時、県西部の物件を見させて

いただいたその不動産屋さんの新部門で、従業員数もメチャ増えてるし。

 

めぐりめぐった新たな出会いに「 これからもよろしくお願いいたします 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ナンでもカンでも、ウェブから買えないものは無いほど( 実際にはどうなの? )

ネット通販スタイルで購入は出来るのですが、ワタクシの場合、これまでに購入

した一番高価なモノは・・・ オートバイを買ったことがあるわ。

 

そこそこ高額中古車だったのですが、評価がはっきりしている分野で、なおかつ

自分自身の知識があったので、安心して購入することが出来ました。

 

反面、安価だとしても身につけるモノは、ワタクシ的にはブツを目にしなければ

購入には至らない分野、知識が無いからでしょう。( 笑 )

 

さて衝動買いは得意分野で、過去にはそれこそオートバイ2台まとめて即決とか

( ローン )無茶もしてきているのですが、キホン買い物は一期一会、即決型で

悩み抜いての購入など記憶が無く、よって日々から、あらゆる分野の知識を広く

深く蓄えておく必要があります。( 笑 )

 

" ツンドク " だけにしてしまうのか、本を2冊衝動買いした昨夜、テレビからは

" 石 " が奏でる素敵な音色が響いています。 まったく知識の無かった分野。

 

ウェブ検索してみれば「 サヌカイト 」( おもに讃岐地方で産出される石なので

そのネーミング・魅かれる ♪ )いい音が響く呼び鈴が販売されていたのですが

「 これは観光して、産地で買おう!」と、衝動買いせず。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝からワタクシは何リッターの水分を摂取してるんだ? という訳で、午前中は

頻回のトイレとなって、なかなかハズかし。( この歳になればヘーキですが )

 

彼女が「 いいみたい 」と、アレルギーに効くだの、血圧を抑えるのに効くだの

アレコレ用意してくれるので、すべて飲みます。 飲みますとも。

 

一番の原因は " 運動不足 " と分かっちゃいるけど解消されない。 m(__)m

 

小皿のフルーツ数粒から始まり( 今朝は大きなアキヒメだった♪ )豆乳ミルク

マグカップ1杯約200ccでパン半切れなど。 〇〇〇酢( 知らない )を薄めた

マグカップ1杯約200cc、ヨーグルトを挟み、飲みやすいタイプの青汁を小ぶり

カップ1杯約150cc、血圧を下げるというお茶をカップ1杯約150cc。

 

これで終わりかと思っていたら「 名古屋の喫茶店かよ 」のヤクルト1本65cc。

 

そしてシメに( って、このあと歯を磨いて活動開始 )マグカップにたっぷりの

コーヒーをいただくので、朝から合計約1リッター! トイレも近くなるって。

 

ワタクシ的には、そんなモンで血圧が下がったり、健康になれるなら苦労せんわ

と思うのですが、ま、積極的な水分摂取は悪くはないのかと・・・

 

その分そこからの1日、ほとんど水分を摂らないのもどうかと思いますが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシの場合、朝一番はシャワーから始まるのですが、その際にはまず、昨夜

ハンガーに掛けて浴室乾燥機で乾かせておいた洗濯物を、ハンガーごとガバッと

取り込んで、居間側に同じ長さで用意したステンパイプに掛け移すことから。

 

しっかり乾いた洗濯物の、いい匂いがします。

 

昨夜の帰宅後にはすぐ、タイマーで洗い終えている洗濯物を洗濯機から取り出し

ソレを入れたカゴを小屋裏の寝室に上がる階段の3段目に置いて、腰をかがめる

必要の無いようにして1枚ずつ取り出し、パンパンとシワを伸ばしてハンガーに

通して居間のパイプに掛けて行き、入浴後の浴室内にガバッと移すという手順。

 

その間に彼女が夕食を作ってくれます。

 

中古家屋のリノベーションの目標は、田舎で便利に暮らすことを目指し、日々の

家事に関するルーティンを、なるべく無理なく快適に出来るよう工夫しました。

 

その電気仕掛けに頼った快適な暮らしの中で・・・

 

洗濯物を取り込み朝一番のシャワーを浴びようとしたら、乾燥機の壁リモコンに

エラーが表示され、深夜に動作が停まり洗濯物が乾いていない!

 

2室換気200Vの浴室乾燥機・・・ 結構するんですよねぇ~

 

読めないエラーコードを読み、ブレーカーと行ったり来たりしてアレコレ試した

結果、浴室乾燥機本体の故障ではなく、タイマー機能の異常のようで、手動にて

スタートさせればセットした時間までは動作することを確認し、今後はソレで。

 

リノベーション時に据えた機器類が、飼い猫 " ゆず " と同い年の12年を過ぎて、

そろそろかな的な・・・ 修理の技術を磨かねばなりません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ここのところ、自動車系の目撃談が多いのは、それだけ移動が増えているからと

思うのですが、彼女曰く「 あんたがキョロキョロしているからや 」と。

 

そんな昨日は、なんと!「 ピカピカのキューベルワーゲン見かけたよ♪ 」

 

いつ以来?って小学校高学年の頃の、シュビムワーゲン、キューベルワーゲンの

プラモデル( タミヤ1/35 )を組み立てて以来。 つまり実物を見たの初めて!

 

ジャーマングレーにワインレッド系の幌がオシャレ。

 

たしか、ポルシェ氏設計の1000cc空冷エンジンだったハズですが、メカニカル

ノイズも無く静かだったので、丁寧な整備が施されているのでしょう。

 

旧車も素敵とはいえワタクシとしては、オートバイで例えるならば、ブレーキが

如何ともし難く、アンダーパワーは楽しめるものの、ストッピングパワー不足が

コワイ。 レストアの際、ブレーキシューとかどうしてるんだろ?

 

なので、邪道と叱られるカモですが、旧車のフレームを補強して、現行パーツを

組み込んだ改造モノのほうが、忠実再生系より好き。 m(__)m

 

いまでもZ1やZ750FXに、最新の足回りとブレーキを組み込んだヤツは欲しい!

てか、作りたい。 しかし、もしノーマルを入手したら維持にも価値があるし。

 

クルマもオートバイも現在、まさにワタクシたちが中古で入手して、手を入れて

楽しんでいた、昭和中期~平成初期の中古車の価格上昇がハンパないです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 おっ!なんだコリャ? 」

 

午前9時前後、旧朝日橋付近を南下中に対向車でやってきたのは、グルグル白黒

デジタルカモフラージュを全身にまとい、赤い斜め線の入ったナンバープレート。

 

最近「 新型車を目撃!?」的な記事でよく見かける、目がハレーションを起こす

渦巻きいっぱい迷彩柄の、なにかの新型モデルとすれ違ったのです。

 

同じ方向に走っていればアレコレ確認できたものを、すれ違いの一瞬だったので

ナンバーがどこだったかも確認できず、クルマの形からすれば新型SUV???

 

ワタクシはハイエースでしたが、仮ナンバーが " 三河 " だったなら、もしかして

彼女が使用中のクルマの新型だったかも。

 

サービスエリアなどならば、スクープ写真が撮れたかも知れないのに、いきなり

だったので全然わからなかった。 ドライブレコーダーに映ってるかなぁ・・・

 

デカい仮ナンバーを装着した、カワサキのオートバイのテスト車両は過去に2回

偶然見かけたことがあり、革ツナギを着たライダーが当時、ウワサになっていた

50ccのロードバイクを。 はたまた新型オフ車2台揃って山の中の林道で。

 

しかし昨日、カモフラージュの四輪車を見かけるとは・・・ 油断していたゼ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 カーミュージアムが出来る♪ 」との情報に、ワタクシもヒストリックカーや

スーパーカーを所有することが可能なのか? 検証してみます。( 笑 )

 

昨日通り、基本方針としては、動かせてこそ、乗ってこそ、活躍させてこそ、と

考えていますので、ガラス張りのガレージに永遠に仕舞い込むのは本意ではなく

すると日々、田舎暮らしの自宅の目の前の進入路の狭さが気になるところ。

 

ちょっとペタペタでワイドフェンダーなフェラーリ、ランボルギーニは難しそう。

 

車幅もそうなのですが、道路がキャンバーしつつ前後方向にもウネっているので

車高が低いスポーツカーは、スポイラーとディフューザーで宙に浮きそうです。

 

う~ん、スーパーカーは少々難しそうなので、手に負えそうなサイズのレトロで

カワイイ♪クルマを入手してレストアに萌えるか、とヤフオクを検索してみると

ご近所から、マツダ「 キャロル360デラックス 」が出品されていて、明朝終了。

 

ほ、欲しいゾ! し、しかし・・・ ガレージがない。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

他の方が訪れた写真やレポートを拝見し「 いいなぁ~行ってみたいなぁ~ 」と

思っている、希少車系の販売店やミュージアム。( 中学生の頃にスーパーカー

ブームを過ごしたワタクシたち世代は、とくにその思いが強いような気がする )

 

動かせてこそ、乗ってこそ、活躍させてこそ、とは思うものの、走っている姿に

遭遇することが難しそうなクルマたちは、こちらから会いに行かねばなりません。

 

しかし、知識の無さもあって、そういった場所は富士山周辺から関東圏だろうと

思い込んでおり、ちょっと気軽に行ける距離ではないなぁ・・・

 

と思っていたら! 近くも近く事務所から歩いて行ける距離に何か竣工しそうな

気配にワクワクが止まりません。( 歩いて行っていいのか?・笑 )

 

ずっと工事中( いまも )から、ただならぬ雰囲気が、気になって、気になって。

 

って、いま確認してみれば、すでに公式ホームページが公開されていて 4/29 の

オープンに向けて、カウントダウンされてるし!

 

トップページに登場するクルマたちに興奮しながら、イタリア自動車工業都市の

名前を冠した、ワタクシたちの街にできるミュージアムに期待!

 

カフェダイニング&バーも併設されるみたい♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

雑草がグイグイ、すでに狩り時を過ぎて伸びているのが目に見えますが、ここは

心を鬼にして書類作業に没頭します。

 

そう順次、月曜、火曜、水曜と期限を迎えてしまうので猶予がありません。

 

作業のすき間、すき間にその他の小さなアレコレを挟み進めるのですが、例えば

5月から放送予定のラジオCMの原稿など。 第一稿を自身で読み上げてみると、

30秒にまるで収まらず、相当シンプルに伝えたいことをまとめねばなりません。

 

イントロ?インテーク?部分を考慮すれば、実質の原稿読みは20秒ほどか・・・

 

さて午前中にひとつ完了させ、イベリコブタのスープパスタで昼食、デザートに

アイスクリンを楽しめば、午後からも集中。 予定外に電話が掛かってくる日。

 

夕暮れの気配とともに集落に狩草をいぶす匂いが漂いはじめ、草刈りに出遅れた

哀しみをまぎらすために、また姿勢悪くパソコンに向かう自分自身をほぐすため

玉切り10個分ほどの薪割りを。

 

枝分かれ部分など、元々割るのに難しい薪を残していたので、クツを履き替えて

全集中で斧を降り下ろします。 

 

一撃目でクイ込んだ斧を抜き、スプリッティングアックスをクサビ代わりに当て

ハンマーで打撃して、割れにくい枝分かれ丸太を強制的に割って行きます。

( 各種斧は税務署の行き帰りに外川産業製を安価で購入させてもらっている )

 

悪い姿勢で凝った全身が、ホグれて行くよう。

 

青い空にコウノトリ空港へ向かうレシプロ機が、大きく右旋回して行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

初夏を思わす陽気が立ち止まり、春らしい肌寒さをともなった気温に、何につけ

自転車で移動したい気持ちが止まらない。( 笑 )

 

しかしここ数日、移動は多いものの、運ばねばならぬモノもあって、自転車とは

ならずにもどかしいゾォ。

 

と、まぁ実際のところソレは、カゴ付きの一般自転車となるのですが、できれば

ロード系のリムに気遣うものではなく、MTB系の路面を選ばないモデルが最適。

( なのでカバンは、ブリーフケースではなくデイバッグ )

 

当然、マナーは守ったうえで、ちょっとショートカットしたり、横道にそれたり

少しでも気になるものがあればUターン。 するとカメラも要るな。

 

現在、一眼レフが欲しいと思っているのですが、自転車と組み合わせて使うには

胸ポケットサイズの高画質が便利か・・・

 

「 自転車に乗る 」ことからも「 写真を撮る 」ということからも、何十年単位で

遠のいているので、リハビリから始めなければなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

日々、各種ソフトウェアに助けられて作業を進めている訳ですが、その内一つを

「 根本的に入れ替えたい 」と考えて、そのアプローチを年初あたりから継続中

なところ、これがなかなかハードルが高くて難しい。

 

担当の彼女とともに悩み続ける日々・・・

 

従来のソフトウェアと比較して、見た目はもちろん、操作方法も、考え方も違い

ゼロベースから始めなければならないのですが、以前のソフトウェアへ " 慣れ "

が残っている分、ゼロというよりマイナススタートに感じている真っ最中。

 

加えて、その作業専用としていたノートパソコンがスペック不足気味で、現在の

混迷状態が安定すれば問題なさそうですが、ソフトウェアをインストールしたり

している現状の、CPUとドライブ全開状態がなんとももどかしく、これは・・・

 

買い替えか、もしくはSSD換装か。

SSD換装で問題の大部分が解決するならいいのですが、効果が薄ければツライ。

 

最前線や核となる部門はもちろん、バックグラウンドで安心と安定を支えている

部門も重要ですので、ソフトとともにハードウェアも更新すべき時期でしょう。

 

「 よし!」って、テンキー付のフルサイズノートって、冷蔵庫を選ぶ気分。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

そんなことではなく、期限が迫った目の前の一つ一つをクリアして行くことが今

最大の重要事項であるのに、薪割り機を考えているアタマはなんだ?

 

昨日の午前がタイムリミットの一つが無事、クリアされてホっとしたのも束の間

飛んで帰って午後からの一大事に備えた、大量の書類をカバンに入れ・・・

 

とカバン。 移動時には両手が自由になるデイバッグを選びたいところ、現在は

A4サイズを収めたり、パソコンを持ち運ぶのに、なんだかんだ便利なので、結果

手提げのブリーフケースを使用しているのですが、当然、キズも増えてきた。

 

ソレがアジにもなるのですが、出来ればマメなメンテナンスで、消せるものなら

そうしておきたい、と考えてハタと「 ワタクシは革の手入れ方法を知らない 」

 

幼い頃は野球グローブ用の " ドロース "( コレは革を柔らかくするのが目的? )

オートバイブーツ、革ツナギ用の " サドルソープ "( 汚れ落とし? )があった

記憶はありますが、現在は革のメンテナンス用品が何もありません。

 

マジメなのは葬祭用しかありませんが、それでも革靴も幾つかはあるというのに

ブラシもクリームも( 何が要るの? )メンテナンス用品が何もない!

( タマの使用後は、キッチンペーパーで丁寧に拭いている )

 

カバンの黒い部分の小キズを、靴墨で直せば服に付着するだろうから、アレコレ

適切なメンテナンス方法を学び、せっかくなのでキチンと維持してやりたい。

 

ふむ、目の前の課題は " 革のメンテナンス " だな。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレ? 今回は余裕をもって臨めると考えていたのですが、ここにきてアレコレ

予定がテンコ盛りになってきて、当初のソレの時間が割けなくなってきて・・・

 

あせるわ、ヤバイわ、顔がひきつってきたゾォ。 ・・・雑草は伸びるし。

 

例えば、必ず「 1日に30分は必ずソレに時間を割く 」と決めて、少しづつでも

進めるのが良いのでしょうか? 集中してドカッとやりたいタイプですが、その

残り時間の計算が、毎度上手く行きません。( 涙 )

 

さてSNSなど覗くと、その広告に「 こんな薪割り機はいかがですか 」と最近は

やたらソレ系が紹介されて、ピンからキリまで「 色々なモノがあるんだなぁ 」

 

しかし、仕掛けの理屈は一緒で、割る刃をふり下ろすオノと比較して、機械系は

すべて刃は固定されており、そこへ電気式、エンジン式、もしくは人力の油圧で

「 薪を押し付けて割る 」というモノ。

 

大量に薪を割る必要がある方は、そういったモノが良さそうですが、ワタクシの

ように「 基本的にはオノだけど、カタチがスムーズでない薪だけお願いしたい 」

そういった程度ならば、油圧ジャッキを使って簡易的な薪割り機が可能そう。

 

乾いた溝の中で「 刃を当てた薪をジャッキで壁に押し付ける 」などね。( 笑 )

 

ふり下ろすオノで割れない玉切り丸太が、庭の隅に30個ほど積み上がっています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パラパラパラと昼食時、喫茶店に届いたばかりの最新 " 週刊現代 " をめくれば、

カラーの " 絶景日本遺産 " や " 鉄道の記憶 " など、美しい写真と記事は丁寧に

その解説を読みたいところですが、その隣のページがエッチなグラビアだったり

するので、見入るには抵抗があって、さらりとページを捲らねばなりません。

 

ザンネン。( 笑 )

 

さて続いている終活系の特集など目を通した後の、巻末あたりのカラーページで

おどろいた! 180ページ目 " 人生の相棒 " は " ガッツ石松 " さんがモデルで、

その腕に抱かれた " パンダ " と名付けられた白黒猫が「 ウチの " ゆず " やん 」

 

目の色も、富士びたいも、黒いハズの左耳の色が抜けて白くなっているところも

うり二つ! 感心して詳細を探れば、写真では分からない右耳も白いようですが

「 ウチの " ゆず " は黒いゾ 」とか違いはあるのですが、およそそっくり。

 

記事に目を通して行けば、オスで21歳ということは「 そうかウチもその年齢を

目指せるな 」と明るい希望。 " ゆず " まだまだ若輩の現在12歳半です。

 

似たようなアングルの写真で見比べようと、抱かれている写真を探せば・・・

 

yuzu165.jpg

 

・・・こんなのしかないし。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

シトシトと降る春のひと雨ごとに、雑草がスクスクと伸びるのが目に見えます。

・・・草刈りの夢を見る季節がやってきました。( 涙 )

 

草刈りは田舎暮らしの醍醐味ですから、刈払機のメンテナンスを万全に、適切な

混合比のガソリンを満タンに、焼けるオイルの匂いを楽しみたいところです。

 

すぐにでも降りだしそうな空に「 草刈りは来週にするか 」と敷地を散策すれば

タラの芽が出だして「 おぉ、ホダ木に巨大シイタケ!」

 

202104_taranome01.jpg

 

食べる分だけを収穫し、お昼ゴハンの天ぷらにして楽しませて「 いただきます 」

 

窓の外では雨が降り出し、このひと雨でまたタラの芽やシイタケが育ち、雑草が

スクスクと伸びるのでしょう。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

スタッドレスを履いたクルマを、田舎暮らしの自宅へ乗って帰り、遅れに遅れて

となってしまったのですが、ノーマルタイヤに履き替えます。

 

このクルマの走行スタイルは、日々、短距離の街中のみとなるので、こういった

用途には、まさにオールシーズンタイヤ( 2020.12.13 )( 2021.01.13 )が

適切では? すると毎冬ごとのタイヤ交換から開放されるでしょうか??

 

たまのタイヤ交換自体は楽しいくらいですが、結構なスペースが保管場所として

占有されるのがもったいないです。

 

さて、外したスタッドレスのトレッド面に養生テープを貼り、元のタイヤ位置を

マジックで記入してから、ホイールを台所用スポンジで洗い( 大きなスポンジ、

ブラシだと、ブレーキダストの洗い残しが発生する )拭いて仕舞おうとすれば!

トレッド面に小さなビスが!!

 

「 ゴムの厚み内でいてくれよ 」と、そろり緩めて洗剤をたらしてみれば、ブク

ブクブクと小さな泡が湧いて「 あぁダメやん 」

 

いつ踏んだのかチビ方からすればしばらく前で、その小ささゆえ、ほとんどエア

漏れせずに耐えていた様子。 それにしてもスタッドレスのトレッドは、まるで

スポンジのようにヤワヤワで、ウィンター性能と相反してドライ路面でのフニャ

フニャ感は仕方のないところ。 やはり評価の高いオールシーズンタイヤか?

 

風邪をひいているだろう手持ちのパンク修理キットは捨て、仕舞い込むタイヤの

パンク修理はプロに依頼することにします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

西海岸あたりの埃っぽい道や、デザートあたりが似合うシチュエーションですが

しかしアメリカ大陸では左ハンドルとなるので、羨ましいのはオーストラリア♪

クルマが左側通行の、右ハンドル仕様なんですね~( なんだかんだ使いやすい )

 

昨秋( '20.10.02 )「 HILUX MAKO がカッコイイ 」と書いたのですが、また

また魅力的なピックアップが発表されて、このカテゴリーが熱い。( 笑 )

 

「 MAZDA BT-50 THUNDER 」フロントマスクに、共通のデザインコンセプト

マツダ魂動デザインを取り入れつつ、ワイルド&エクストリームな雰囲気を醸し

エンジンは頼もしさの3リッターターボディーゼル。

 

キャビンのサイドウィンドデザインのラインが似ているなと調べれば、これまた

'18.09.09 )( '19.10.12 )に書いた「 ISUZU D-MAX 」のOEMですね。

 

魅力的なピックアップの選択肢が増えるのは嬉しいことですが、そもそも輸入が

無いのと、日本の保安基準に適合させるためにはフロントサイドアンダーミラー

装着が必須なことで、そろそろメーカー純正のデジタル化をして欲しいところ。

 

ハイエースのガッツミラー用など、サードパーティーの商品では、車検適合品の

デジタルカメラも見かけますが、メーカー装着のセンサーとカメラと液晶ならば

実際のミラーよりも製造原価は安上がりなくらいじゃない?

 

省庁、メーカー、各方面方々「 安全に継ぐデザイン優先よろしくお願いします 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

地元発信の話題をメインに、他の方々のブログを楽しみに拝見しているのですが

昨日はエイプリルフールということもあって・・・ すっかりダマされました。

 

歳とともに思考が単純になっとる。( 笑 )

 

子育てに仕事にガンバられながら、スポーツカーもこよなく愛されている女性が

書かれている、読ませる文章の構成が上手いブログで、更新されるのが楽しみ。

 

もちろん知らない方ですが魅力的なブログ♪ → https://911supercars.com/

 

フェラーリの入手を検討しながらも( 笑 )田舎暮らしの自宅進入路の、狭さと

微妙な傾斜から( ほんの少しの傾斜が凍結するとコワイ )駐車が難しいかもと

据え置いているワタクシですが( 笑 )ブログで拝見する彼女が乗るポルシェは

( 小説のタイトルみたい )すごく魅力的。

 

その「 ポルシェからテスラに乗り換える 」という昨日のブログに、すっかりと

ダマされた訳ですが( 現在はエイプリルフール記事と注釈入り )街でも結構な

割合で電気自動車を見かけるようになり、すると切磋琢磨、技術力もデザイン的

魅力もどんどん向上していって、シェア圧倒的となるのかなぁ。

 

辺鄙な場所の狭路に入り込むことが好きで( その際のワタクシはナビシートで

地図を開き、ナビに表示されないような道は彼女がドライビング )遥か遠くへ

出掛けてもソレは直らないので、電気自動車に一抹の不安が・・・

 

もうひとつ「 タマにしか乗らない 」というのも電気には良くなさそうですね。

加速の素晴らしさにはホレボレするのですが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 花見のあとで御座候( 回転焼 )を食べるから買ってきて 」と、満開を迎え、

日本に春が来たことを伝えてくれるサクラを、おもに車窓からにはなるのですが

連日、みなさんで眺めに行ってくれている彼女の、お買い物指示に応えます。

 

南側から青空に映えるお城を、東側に回り込んでレンガ色と桜色のデュエットを

楽しみ、北側を中濠へ歩みを進めれば( ここは後ろから来るクルマが無ければ、

本当に歩くような速度で移動したい )間近に迫るサクラに覆われるような錯覚。

 

町裏浄水場からオーバーフローした清流に、ゆるりと鯉が泳ぎます。

 

そんな車窓花見のハナシを聞かせてもらうだけでも楽しくなってきて、それこそ

ワタクシの記憶を重ね合わせ、その先には土手を越え教習所側へ行ける、木造の

古い橋があり、お地蔵さんの場所では湧き上がる水流に砂が踊っていました。

 

グルッと足を伸ばした夢前川沿いから、街中心地にあるのが特徴的な墓地公園を

通過して帰着。 だったのかな?? ルートは???

 

20210330_sakura03.jpg

 

さてワタクシは( 彼女も一緒ですが )ガラガラ快走通勤路で、貸切のサクラを

毎朝楽しませてもらっているのですが、一昨日は幻想的な朝霧に包まれて。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午前中の30分ほどは仕事の現場で草引きをしたのですが、小道具も無く、作業着

でもないのは、田舎暮らしの休日のようにサクサクとは進まない。( 笑 )

 

車道と歩道の際に生えた、チョロチョロっとほんの20mほどですが、意外に根が

深いヤツもいて、思わず向かいのホームセンターで200円程の二本爪購入したし。

 

「 田舎暮らしは道具が増える 」と書いたこともありますが、それぞれの道具は、

ちゃんと必然性があって、そのときには活躍するんですよねぇ~。

 

たぶん道具があって作業着ならば3分ほどの作業を、草を引いた際に跳ね上がる

土を気にしながら、ゴミ袋に収めつつチマチマ引いて約30分。

 

仕事量としては、100万分の1くらしか引いていないのに・・・

 

汗ばんでジンマシンが出てきたので( ホンマに困る )その後の移動はエアコン

全開の快適な冷風でカラダ静めるのですが、一度出ちゃうと当面は敏感です。

 

という訳の気温快適、春から初夏の風を楽しみたいところですが、とにかく寒さ

防げばいい真冬と違って、汗ばんでも、寒いと感じてもシンマシン、着るモノの

選択がメチャ難しい季節です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

幾つかのサービスを、サブスク契約の自動更新で使わせてもらっているのですが

コレ、契約日や次回更新日をしっかり記録&管理しておかなければ危険ですね。

( そんなの今更のあたりまえですが・・・)

 

とくに毎月更新ではなく、半年や毎年更新の場合はスタートの段階で解約方法や

その期日について把握しておく必要が。( 当然契約の際は分かっているものの、

長期の間に忘れる・涙 )

 

というのも今回は、サブスクといえばウェブ上での契約&管理がイメージされる

ところ、何年も以前に相手先へ出向いて、書面で契約したモノが自動更新されて

通帳から自動引落となったのですが、相手方名を忘れていて「 なんだコレ? 」

 

思い出した結果、市町村直系の〇〇〇機構の名前で、借りている駐車場3か所の

向こう半年分の使用料でしたが、更新が半年ごとで、解約しようとすれば、都度

その数か月前には申し出る必要があったような・・・

 

現在、駐車場は18か所借りていて、その使用料を足せば・・・ オソロシヤ。

 

約1年後の移転に向け、まだ具体的な工事は始まっていませんが、着々準備中で

完成すれば、上記の内14か所の駐車場は解約できるハズ?

 

半年ごとの更新時期、解約申出期日を把握しておかねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

シトシトと降り続く雨に、敷地の雑草の緑も増して「 あぁ、伸びはじめたな~ 」

地中では先日伐採した真竹が地下茎を伸ばし、樹木の芽も緩みます。

 

日当たりの悪い、井戸小屋東側に植えた花々も、元気に育っている様子に安心。

春の陽気と雨が大地に恵みを与え、実りの準備が始まります。

 

明ける時間も早くなり、雨の上がった今朝は、集落が濃い霧に包まれています。

 

玉切りはしたものの、" 割る " のを済ませられていないまま、庭に放置している

クヌギも雨に濡れています。 という訳で、いま欲しいのは薪割り機。( 笑 )

 

H鋼利用の、自作されているモノを拝見したこともあるのですが、溶接の準備が

まだ整っておらず、ゼロからはオオゴトなので、狙うのは油圧部分かモーターが

不動となり、使えなくなった薪割り機。

 

そのあたりの修理は得意とするところですが、置き場所の確保も必要ですね。

 

小枝を切断する用のデーブルソーも欲しいところで、コレはDIY初期に購入した

丸ノコを利用して、廉価台の購入で済ませる予定です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

断末魔の鳴き声も無く「 るーてぃんならしかたないにゃ 」と大人しく病院へと

連れられる飼い猫の " ゆず " 。 その前には胴回りにハーネスリードを装着し、

大きな洗濯ネットに入れられて、キャリーゲージへと、猛獣顔負けの三重対策。

 

病院にビビって大人しく、素のままでも大丈夫そうですが( 以前はそうだった )

ドアや窓を開け放つようになって、洗濯ネットルールが厳格化しましたから。

 

動物病院へ猫を連れて来られる多くの方々は、洗濯ネットだけ使用して、大きな

カバンに入れて連れてきているようです。

 

血液検査の結果を確認して " ゆず " を連れて帰れば、ちょうど昼食時となって、

「 サクラを見ながら食事できたら 」と彼女の無茶ぶりリクエストに応えるべく

プチドライブで窓からの景色が心地良いお店のパスタ&ピアッツァ。

 

少し足を延ばしたワッフルでコーヒーブレイク。

 

20210327_sakura02.jpg

 

サクラを見させてもらって帰途へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

春の陽射しの中、嬉しくなって自転車で漕ぎ出せば、風が強くペダルを踏む足に

力を込めなければならない。

 

郊外、街中と銀行の用事を済ませれば駅の南側へ。

 

つい最近の以前までは、街が東西に走る線路によって、完全に南北に二分されて

いましたが、JRの高架化によって、もうここに大きな陸橋があって、歩行者や

自転車は狭く、暗い地下通路を使用していた形跡もありません。

 

唯一、当時の銘板を残した石碑?コンクリート碑?と解説掲示板が残ります。

 

さて用事を済ませればそのまま北上し、通勤時にいっぱいのブルーが気になった

大手前公園に立ち寄れば、数多くの青い水槽は「 第37回 錦鯉全国若鯉品評会 」

英字で「 Young KOI Show 」って・・・

 

翌日のショーの準備のため、日本中のナンバープレートの貨物車から降ろされた

若鯉、さっそく業者?飼育者?間での品評会が始まっていました。

 

美しい「 和栗モンブラン食べてみたいなぁ 」と思いつつ、真新しい専門店前を

その価格にビビリながら通過し、好古園前を西進、サクラの向こう側には、常に

お城が見えています。

 

20210326_sakura01.jpg

 

千姫の小径を南進して、事務所へ帰着。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

今週末はいよいよ、2021年 F1グランプリが開幕するのですが、なんといっても

注目は " スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ " チームの " 角田裕毅 " 選手。

 

ルーキーに余計なプレッシャーを与えるのも、とはいうものの、世界で選ばれし

20人中のひとりですから。(^^)v

 

常に優勝をかけて闘っている " レッドブル・レーシング・ホンダ " の姉妹チーム

となるアルファタウリ( 旧・トロロッソ )なので、マシンの戦闘力も相当高く、

実際、昨年はモンツァで優勝もしているチームからの参戦となります。

 

※アルファタウリ=恒星の名前=レッドブルが展開するファッションブランド名

 

開幕戦の舞台となる " バーレーン・インターナショナル・サーキット " で、先日

行われたプレシーズンテストでは、全体2番手となるタイムも記録しています。

 

レッドブルもアルファタウリもチーム名に " ホンダ " を掲げ、リアウィングには

" HONDA " のロゴが大きく入るのも、たぶん今シーズン限り。

 

角田選手&ホンダPUの活躍を期待して開幕する、2021年 F1グランプリです♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

例年、大ホール的会場満員状態で開催される、事業者向け重要事項説明会ですが

この状況下、昨年は中止になったものの今年は3年おきの改正年にあたり、また

およそ事業所側のインフラも整っているだろうことで、実際の会場とウェブでの

同時配信で開催されました。( 環境のない事業所以外はウェブでの参加推奨 )

 

ウチの場合、3種類の事業所がありその代表ということで、実会場開催の場合は

3名での出席となるのですが、今回はウェブなので各責任者も同時に参加可能で

実会場よりも効果が高くよい結果に。

 

また各資料は自身で印刷して持参するスタイルだったのですが、自分のデスクの

パソコンから参加しているので、壇上の画面を隅に、資料のPDFを同時に映して

進めながら、必要なページのみ印刷するなど柔軟な対応が可能なのも良し。

 

内容によっては対面での研修、講習、会議のほうが効果が高い場合もありますが

この1年ですっかりウェブ上でのソレが定着し、そちらの方が圧倒的に効率的で

効果が高い場合も多く、世の中の状況が改善しても戻ることはないでしょう。

 

その効率や効果の高さを、自分たち自身の環境下でも、普通に、あたり前に実践

出来るよう、まさに現在トライを繰り返して通常化へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 いつのことだったかな 」と検索してみれば、すでに昨年の夏のハナシかぁ~

( 参照記事:2020年08月02日 → ハイエースのヘッドライト交換 )

 

文中には内容も写真も載せていませんでしたが、その交換の際にはヘッドライト

前方に脚立を立てコンパネをもたれ置き、交換前のライトのカットオフラインと

エルボー点を養生テープで記しておき、交換後のライトの光軸を、それを目印に

調整しました。 対向車を惑わすことなく、しっかりと機能よし。

 

とは言えど、テスターで測った訳ではないので、そもそも社外品ヘッドライトの

品質的にも、車検レベルの光軸検査を通過するか不安がなかった訳でなく・・・

 

毎年の春の車検が近いハイエースですので、先週そちら方面に出掛けたついでに

テスター屋さんに立ち寄って、光軸のチェックをしてもらいました。

 

すると、DIYによるセルフ光軸調整は、なかなか的を得ていたようで、微調整で

中心に収まり、よかった、よかった。

 

交換後の車検通過までは「 捨てれんな 」と一応、黄ばんだ純正ヘッドライトも

保管しているのが、やっと片付けられそうです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

あぁ~惜しい!

確認すれば、下端にボンドで接着してあった細長いパネルが外れて浮いている。

 

ビスで留め上げてもアタマは見えなくなるので、補修としてはソレでOKなのに

手元にビスが無い。 インパクトドライバはあるのにビスが無い。

 

いや、造作用の細ビスは何種類か手持ちにあるけれど、コレではボードを抜けて

支え上げることが出来ない。 ラッパアタマのモノが要るけれどビスが無い。

 

通り雨が降るけどビスは無く、近くで購入する場所もない。←( メロディ付き )

 

( 同様の事情の出先で、木工ボンドを調達することがままあるので、容量 750g

の大きなボトルが、意思に反して何個も溜まっている。 使わねば!・笑 )

 

ちょっと離れた場所まで来ているので、いま、この場で直してしまえれば、ひと

手間削減されて、非常に都合がいいのに・・・

 

こんなときに限って、ハイエースの荷室はスッキリ片付いている。

 

という訳のソコでは、デスクトップパソコン2台の不具合修正5分間のみ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨年は人を集めず役員のみとなったので、今年は「 集落の総会がある 」という

ことだけで嬉しい。 もちろん楽しい内容などではないのですが、この1年以上

小さな小さな集落なのに、会うこともなく過ぎて、お元気にされているかさえも

分からない状態の方多数。( 先方から見ればワタクシたちも )

 

ただ残念なのは、集落の歴史をご存じで、ご意見番的存在だったご高齢の男性が

その数日前に長養生の甲斐なく亡くなられたことで、それまでの葬儀の際も色々

アドバイスをいただいたりしたいた、その方の葬儀を皆で行えない無念。

 

たしか2007年の暮れ間近、この集落に初めて立ち寄ったワタクシたちに、話を

聴かせてくれたのがこの方で、その後も折に触れて応援していただきました。

「 ありがとうございます、ゆっくりとお休みください 」

 

さて長引いた総会が終わる頃には雨も上がり、一旦自宅に帰って着換え、哀しい

ばかりの式へ向かわねばならないのですが、事実がいまだ信じられず、その彼が

いつもの笑顔で会場に居そうな気がしてなりません。

 

彼自身が会場へ入る前には、彼が乗った車と一緒に友人たちが小さなツーリング

を楽しんだそうで、会場に流れるバイクで、クルマで、ダイビングで笑顔満載の

彼の映像を、哀しみの中で整えたお姉さんの姿にかける言葉もありません。

 

向こうでもフルビット免許で活躍、楽しみつつ待っていてください。

 

友人たちもワタクシも、なるべく元気で長くこの世で活躍させていただいた後に

あとを追いますので、その際はツーリングの道案内をお願いします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午後過ぎから雨の予報に「 こんな日を待っていた 」とばかりに、敷地斜面西側、

枯れ色になって、およそどれも寿命が来ている様子の真竹の伐採を行います。

 

太くスッキリ真っ直ぐなモノは少なく、かつ薪ストーブの燃料にも適さないので

一般的には利用用途がなかなか見つからないのが、竹の難しいところ。

 

かと言って、朽ちることもないので伐採後の放置も出来ませんが・・・

途中経過は端折って、なんとか完了。

 

雑草が育ち始める前までに済まさなければ、育ち絡んでオオゴトになるのです。

 

さて順調に作業が進んだので、彼女はノビルの収穫。 またコケてましたケド。

 

20210320_nobiru.jpg

 

20210320_sumire.jpg

 

夕暮れ時には、熾火の中から取り出した焼きイモ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

約1年後に手狭になった事務所を移動することが確定しているので、その際には

例えば、デスクトップ用に引き回している、(CAT.5e) 規格LANケーブルなどは、

グレードを上げて、目に見えないボトルネックを排除して行きたいところ。

 

当然、敷地内では Wi-Fi 利用も積極的にしたいので、セキュリティをしっかりと

複数のアクセスポイントが必要になりそうです。( 現在のエリアは1個で十分 )

 

悩ましいのがコンセントの設置位置で、壁面はほぼほぼ書庫で埋まりそうなので

思い切って、OAフロアにしたいところですが、予算的にどうなのか・・・

 

どんなモノでも 1m あたりとか、1平米 あたりは少しの単価アップでも、長く、

広くなれば、大きな金額になってしまうのでキケンです。

 

そこに「 どうせならば 」とか「 せっかく 」の概念が入って来るのでアブナイ。

 

出来るならばクルマなども、ハナから標準にしておいてくれれば、オプションの

取捨選択に悩まずに済むのでしょうが、これまた必要の無い方が、無駄に費用を

払うのも納得がいかないだろうし・・・

 

大昔のハナシになりますが、メッキパーツよりも黒いプラスチックの方が、その

ボディカラーには引き締まる感じがよくて、ワングレード下のモデルを選んだら

意図せず、サスペンションが四輪板バネで、結果オーライのカッコよさ。( 笑 )

 

その昔は、ダッシュボードめくって配線するのも楽しかったけれど、クルマ側は

高度になったしワタクシ側は歳をとったし、セットでポン! がラクで・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

移動に移動を繰り返し、各々の現場で朝一番から業務を続けてヘロヘロになった

彼女が、やっと帰途についた、その帰り道でワタクシを助手席に拾って帰る、と

いう段取りの昨日、乗り込んだワタクシはキョロキョロ、後方を気にします。

 

「 なんなん?」

「 いや、ちょっと、このクルマ、後ろが見えにくいな 」

 

「 だから??」

「 いや、たいしたことじゃないけど、もうすぐ人工衛星が見えるかも・・・ 」

 

「 帰るで 」

「 ・・・ 」

 

19時41分頃から、月の出ている方向の夜空を行く国際宇宙ステーション( ISS )

野口宇宙飛行士が乗る " きぼう " が、見えるまでに、あと3分ほど・・・

 

車内でキョロキョロ、ウィンドウを下げて後方を見上げたりしているワタクシに

「 ハイハイ、クルマ停めるわ 」

 

という訳で大変申し訳ないのですが、大きなお店の駐車場にクルマを停めてくれ

二人ドアを開けて降り、月の方向を見たその瞬間から、その左下あたりにかなり

明るい輝点が出現し、月の下を横切って西の空から北の空へ。

 

その間にも駐車場へは多くの車が出入りしますが、宇宙ステーションを気にする

人は誰もおらず、二人だけが話すこともなく、ぼうっと空を見上げる4~5分間。

 

「 見れてよかったね 」

「 うん 」

 

「 あの中に野口さんが? 」

「 うん、90分くらいで地球を一周するんだって 」

 

今宵、晴れていれば18時53分頃から。→ #きぼうを見よう

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

目が覚めると深夜にアヤシゲなメッセージが届いていた。いやアヤシイではなく

なんて表現すべきだ、この気持ち・・・ 「 信じたくない 」か。

 

何十年単位で長らく会ってはいないけれど、オートバイにクルマに特殊重機にも

造詣の深い若い彼は、海外を飛び回って仕事をし、休暇にはダイビングを楽しみ

ツーリングに出掛け、プチレトロなスポーツカーをレストアして・・・

 

技術的にはワタクシなどより遥かに上だけど、マニアックな生き方はワタクシや

まわりの友人と通じ、SNSで繋がるこんな時代だからこそ、会ってはいなくても

いまもすぐ隣から、特徴のある声、話し方が聴こえてくる。

 

煮ても焼いてもニコニコ笑って、ゼッタイ死なないような彼が、仕事先の海外で

亡くなったって??? 「 信じられない 」

 

メッセージから伝えてもらった通りに彼のFBを覗きにゆけば、もっともっと遥か

何万倍も信じられない家族からの書き込みが、真実であることを伝えている。

 

雨降る週末に彼が帰国する。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • favicon_ascare01.png
  • 20210424_yuyake.jpg
  • 20210424_shiitake.jpg
  • yuzu233.jpg
  • tanpopo-01.jpg
  • 202104_taranome01.jpg
  • 20210330_sakura03.jpg
  • 20210327_sakura02.jpg
  • 20210326_sakura01.jpg
  • 20210320_sumire.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja