という訳で、手元にやってきた汎用の燃料ポンプ、心配になるほど安価なコレも

確かに電磁ポンプで・・・ 検査満了までの2年間はもってください。

 

新車からは姿を消したキャブレター方式の、その上にタンクがあるオートバイの

重力式を除けば、タンクの中にあって見えないことも多いですが、ほぼすべての

乗り物に何らかの燃料ポンプがあるにもかかわらず、意識もされないその存在。

 

しかしエンジンチューニングには欠かせないパーツで、ワタクシ世代のエンジン

換装や、ボアアップ等々に対応した、ソレックスやウェーバーへのキャブレター

交換時には、燃料供給量不足を補うために必須の、大容量電磁ポンプへの交換。

 

キーオンで「 カチカチカチ 」と聞こえる微かな電磁ポンプの音に、スロットル

ペダルを数回あおり、キーを捻る一瞬の緊張感が高まって行きます。

 

まさに " カーグラフィックTV " オープニング、燃料ポンプを「 シュコシュコ 」

と手動で操作してエンジンを掛けるまでの一連の儀式。( ブガッティ35T Ver )

 

松任谷正隆氏の " THE LAST RUN " が、アタマの中に響いてきます。( 笑 )

 

燃料ポンプの交換が完了して再び軽トラックのエンジンを掛ける際は、BGMに

その曲を掛けようと思いましたが、CDプレーヤーやFMが無いのは当然として、

純正のAMラジオさえ不調で音も出ない。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ホットカーペットの上に座って過ごすスタイルから、テーブルとチェアの生活に

変化しているウチの居間ですが、先日あわてて用意した石油ファンヒーターとの

相性がバツグンで「 あぁ、標高の高い生活にして良かった 」( 笑 )

 

以前の中~大サイズの座卓は足元が塞がっていたので、ファンヒーターの使用は

側面からで、そっち側に座れば暑すぎるし、こっち側の反対面は寒いし。

 

それが、脚つきの大~巨大テーブルとなったことで、ファンヒーターを正面側の

壁掛けテレビの下あたりに置くことが出来て、均等にやってくる温風。

 

プラス、長椅子スタイルのチェアには布を掛けて使用しているので、椅子の下の

隙間がほぼ無く、正面から来る温風は布にあたって上昇し、ワタクシの元へ。

 

あぁ、シアワセ。

 

ワタクシたちの地方の場合、山間部の田舎暮らしの冬は、街中より外気温が3度

から5度程度は低く、暖房器具の運用が欠かせません。

 

そんな大活躍の石油ファンヒーター用の灯油を買いに行くための、軽トラックの

エンジンが掛からなくなって本日、ネットで安物買いした、汎用の燃料ポンプが

届く予定。 週末には寝板に転がり、固定方法を模索しながら交換です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自動ドアが開いた真正面、風除室の壁には和風とも洋風ともとれるナチュラルな

風合いの新石材を縦目で張ることにしたのですが、その1枚1枚が不規則な形を

しているので、必要枚数の割り出しが少々悩ましい。

 

という訳で図面を引きます。

 

shimoteno_1024-01.jpg

画像はJPG。ココをクリックでPDFをダウンロード )

 

図面の中の2個の四角形が、ワタクシ製作のコレ!

 

左右対称なので、左側のみ描き込んで右側は線を引いていません。

 

広くもない風除室の一面だけですから、枚数が必要な感じもしなかったのですが

図面に起こして数えてみれば・・・ 168枚!

 

張る手間のことも考慮すれば、ちょっと予算的にキビしいところですが、かける

ところにはかけるのが良。 勇気を持ってオーダーします。

 

ちょっと図面上でこだわったのが下端を直線状に整えず、底目地に張った石材の

上に不規則な形のデコボコに張るところ。

 

しかしコレは施工上からNGが出る可能性もあり、頑張って欲しいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午後からの仕事はゆっくりと自宅を出発し、まずは昼食をハンバーガー屋さんで。 

ここのお店が素敵なのは、日経新聞を置いていてくれることで、ハンバーガーに

かぶりつきながら新聞をめくる音の楽しいこと♪

 

白基調の明るい内装と、コーラとポテトがよく似合う。( 笑 )

 

さてスムーズに仕事を終えて、土曜日の建築現場へ。

 

平日はクルマも( おもにハイエース・笑 )ヒトも多いですが、本日はほぼ無人。

エレベーターの調整のみ作業されている感じ。「 ありがとうございます 」

 

shimoteno_1023-01.jpg

 

雨降りの日でも、傘なく平屋側へ移動が可能なように、軒下を長くとっています。

 

shimoteno_1023-02.jpg

 

メインフロア、奥にエレベーターと階段が見えています。

 

shimoteno_1023-03.jpg

 

その階段。 緑の枠で養生されているのが出入口です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

街中では騒音の問題などもあって、ほぼ電気式一択ですが、田舎暮らしならばそこは

クリア出来るので、電気式とエンジン式のどちらかが選べるモノの選択に悩むところ。

 

電気式は行動範囲が限られますが、放置状態からタマに動かす場合でも、まず大丈夫。

 

反面、エンジン式はどこでも活躍させられるのですが、タマにしか動かさない場合は

すぐにエンジンが掛かるかどうかアヤしく、ヘタをすれば目的より先に整備からかも。

 

使わなくても定期的にエンジンを掛けておくことが肝要です。

 

さて田舎暮らしのウチにある道具の内、チェーンソーは電気式とエンジン式の両方が

あるのですが、爆音にも背を押されるパワー感からエンジン式ばかり使っています。

 

風の勢いでアレコレ吹き飛ばすブロアー、コレは電気式なのですが、どこでも落葉を

吹き寄せ集められるなど考えれば、エンジン式がよかったか・・・

 

刈払機のエンジンは不調になる間がないほど頻繁に使用しますし、非常用の発電機の

エンジンはタマに空運転させて調子を保ちます。

 

さて最近入手した、ユンボとプレート。 コレらもエンジンですから( 刈払機混合、

発電機とプレートはレギュラー、ユンボは軽油、昨日からのファンヒーターは灯油 )

用事が無くとも、タマにはエンジンを掛けて、地面に穴を掘ったり、均したりし続け

なければなりません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

離れた場所で、知った人に出会うと、その偶然に驚いてしまうのですが・・・

 

「 何時に起きたん?」「 午前1時には起きて、準備して・・・ 」

 

そう、運が良ければ天空の城、竹田城の絶景の雲海にめぐり会える季節になって

いるのですが、深夜に出掛けて、山を登ったそこで、会社で活躍してくれている

A職員とB職員が、真っ暗な中「 声でわかったわ 」と出会うなんて。

 

365日稼働している仕事なので、二人の休日が重なっていることも珍しいですし

現地には100台以上の車が停まっていたとのことで、おのず人数も相当数。

 

帰宅してから見た、A職員の写真に、B職員の背中姿が写り込んでいると聞いて

さらにビックリ。

 

ワタクシ実は・・・ 中学生の頃、おじいちゃんの家が竹田城の麓にある同級生

含む計3人で、当時まったく無名、訪れる人も無い廃墟感漂う、その石垣の上で

テントを張って二泊したことがあるのです。

 

現在の活況ぶりからすれば嘘のようなハナシですが、潜在意識がそうさせるのか

テントの中では二晩とも、落武者に追われる夢を見てビビリまくるという。

 

そうワタクシ、これも現在の姿からすれば嘘のようなハナシですが、姫路城の中

と言ってもいいような現在の好古園で育ち、姫山公園を中心とする、その遊びの

フィールドからはいつも、お城が見えているという贅沢。

 

いまも多くの方々との関係に支えられて生き育てられているのですが、ワタクシ

お城にも育てられました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

彼女が代表を務めさせてもらい、ワタクシが総務経理業務を担当している会社の

第10期経営計画発表会、3名だった会社が昨日現在で、常勤&非常勤合計45名、

シルバー人材等の委託&派遣12名が所属する会社となっています。

 

しかし、少しずつ整ってきていますが、安定した成長を続けられる組織としては

まだまだその途上にあり、ここ2~3か月の期間で、相当数の職員が増える予定

を考えれば、一層の精進が必要です。

 

昨年、今回と商工会議所の会議室をお借りし、管理者&責任者クラス計14名が

集合して第9期の報告と第10期の目標&計画を発表したのですが、現在建築中の

デイサービスと本社社屋が入る建物が完成すれば、来期はそこで開催できる?

 

いや、シーンとして冷たい雰囲気の、商工会議所の会議室の方が良い緊張が?

頑張った個人、部門の表彰式で締め、10日後には第10期が始まります。

 

シメはワタクシが当日の朝「 あっ要るわ 」と慌ててスマホで撮ってきた画像。

経営計画発表会の中で流れた映像

だいぶ出来てきました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" ユンボ " に続いて、中古で見た目それなり、機能完璧な " プレート " を入手!

一般的に " プレート " って略すけれど " プレートコンパクター " 転圧機ですね。

 

舗装工事現場などで見かける、ドッドッドッとエンジン音と振動を響かせながら

その自重と連打する転圧力で地面を平らに均している、手押し車のような機械。

 

" ユンボ " + " プレート " で、田舎暮らし土木の三種の神器の内の2台が揃い、

あと1台の入手で、ワタクシは無敵になれるのではなかろうか?

 

その1台は何かって? ふふふ、すでに手配済みなのですよ。

 

しかし! 手載せ手降ろしダンプとして活躍させようと、車検をとったところの

軽トラックのエンジンが掛からなくなったのがツライ。

 

昨朝、入手したプレート運搬のために軽トラで出勤しようとして、その症状。

 

セルモーターの勢いはあるけれど、キーオンで「 カチカチカチ 」との電磁音が

しないので、ほぼほぼ燃料ポンプがダメになったのでしょう。

 

エンジンの掛かりが悪いとか、スローが効かないとか、前触れもありましたし。

 

三種の神器の3番目を運搬するために、まず軽トラの修理が必要となり、車体の

下に潜って燃料ポンプを交換せねばなりませんが、それより前に、燃料ポンプを

探し見つけて入手せねばなりません。( 笑 )

 

どなたかのジャンクボックスに、24年落ち " U42T " 燃料ポンプ落ちてません?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

余裕の時間はまったく無いにもかかわらず、移動の途中では建築現場に立ち寄り

大急ぎで写真だけ撮って次の用事へ。 みたいな日々が続いています。

 

とは言うものの、立ち寄れるのは週2回程度で、基本、見た目の変化はそれほど

無いのですが、ときに現場が大きく変わっていてビックリ。

 

基礎完成後、その上に突然、建物の骨格が立ち上がっていた時ほどの( 棟上げ )

驚きは滅多にありませんが。

 

shimoteno_1018-01.jpg

 

足場が外れていたよ! 2階建側の足場が。 ほぼほぼ完成イメージですね。

 

shimoteno_1018-02.jpg

 

平屋側は、煙突工事がまだなので足場が残っています。

煙突に角トップが乗るのも楽しみです。

 

写真では右寄り、平屋中央部分の自動ドアが開いた正面の壁をどうするか・・・

 

手前に写るコンクリートの立ち上がりまで軒が延びて、野菜の花壇を作る予定。

左上の隅、足場に隠れるようにワタクシが取り付けたLEDチャンネル文字看板。

 

その軒下の色の参考にするため、日曜日に訪れたのが・・・

 

urumi-gallery-cafe.jpg

 

「 URUMI gallery cafe 」さん。

 

軒下は、けやき色っぽい赤味を感じるけれど、実際にはクリア仕上げでした。

悩むなぁ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

半年ほど前にオープンしたカフェの紹介記事を目にして、どうしても自身の目で

見ておきたいので出掛けます。( との思いは半年前からで、やっと今になって )

 

紹介記事中の写真から察するに、現在建築中の平屋と外壁の配色が似通っていて

黒い外壁に軒下の垂木のみ無垢材を露出させて赤味があるように見える。

 

ワタクシもこの部分の色が気になっており、けやき色が再現できればいいかなと

考えているので、参考になる建物があるならば生で見てみたいのです。

 

さて到着、ん? 写真ではオイルステインで着色してあるように見えたのですが

たぶん米松材素地のままの色で、クリアのソレで保護塗装のみ施している???

 

そうか、クリアだけでも写真で見れば黒い外壁との対比で、結構赤く見えるのか。

やはり自分自身の目で直接、確かめることは重要ですね。

 

すると悩むゾォ~ 

 

室内にて露出させる梁は、当初からクリア仕上げの予定ですが、軒を支える柱や

垂木、意匠格子などをクリアで行くのか、当初の思い通り、けやき色で行くか。

 

悩みつつ、木と白基調の素敵な店内で、美味しいコーヒーをいただきました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

壁クロスや床長尺シート、浴室タイル等の選定は大急ぎでほぼ完了したのですが

悩ましいのが平屋側の風除室。 自動ドアが開いた真正面の壁面です。

 

" 顔 " とも言えるような場所になるので、限られた予算の中で( 笑 )センスが

問われるところ。 ワタクシが施工する訳じゃありませんが、DIY心も騒ぐし。

 

その壁面に2個、以前にも載せたワタクシ製作のニッチ風の看板枠が納まります。

 

kanbanwaku02.jpg

 

ショールームに出向いて実物タイルを確認するなど手間はかかりましたが、実質

半日で選定を完了させた、天井、壁、床のそれらですが、風除室は・・・

 

風除室は・・・ 自動ドアが開いたその先、正面の壁のCADを引きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

引き続き、床貼材と壁&天井クロスの品番の選定、昨日は2階建側の33部屋や、

共用部のそれらでしたが、本日は平屋側。

 

まずは現場を訪れ、内装工事が進む2階建ではなく、現在はまだ柱が並ぶ平屋の

中に立ち( 2棟同時進行ではなく、それぞれの分野の作業が、2階建の完了後、

平屋側に移動して作業開始という感じ )出来上がりの内装色をイメージします。

 

shimoteno_1015-01.jpg

 

梁は無垢のまま露出させ、斜天井と水平垂直部分の天井クロスを張り分けようと

考えています。 天井の低い側、写真では右側の火打ちも露出ですね。

 

shimoteno_1015-02.jpg

 

おっ! このコンクリートで固めたスペースは何だ?( 笑 )

 

shimoteno_1015-03.jpg

 

この状態から待望の軒下が加わります。

 

その後、建築設備の大手ショールームを訪ねて、タイルの現物サンプルを見せて

もらい、お土産に分厚いタイルカタログ。 今回の採用はありませんが、楽しい

カラフルなモノがいっぱい載っていて、いつか自分自身の建築で使いたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

一昨日の夕方になって手元に届いた、サンプルが貼られた分厚いカタログが数冊、

実質、昨日だけが床貼材とクロスの品番を選定できる日となったので、大急ぎの

午前中に他の仕事を済ませ、午後からはアレコレ分厚いカタログの山に囲まれ。

 

共用部はワタクシにとって安定定番の配色となる床と壁にすることは、以前から

決めていたので迷いはありませんが、その他の事務室や浴室に繋がる脱衣3室や

階段2か所の床は? 壁は?

 

プラス、個室はすべての部屋の床、クロス、カーテンを違えることで、個性演出

と選択の動機づけとするので、33種類の選択を・・・

 

なんとか半日で確定させて、表に品番を並べてメールで送信。

あっ、洗濯室の壁を決め忘れた・・・( 笑 )

 

しかし! 同時に3浴室のタイル類も確定せねばならないところ、これに関して

写真では、色も質感も何とも判断しがたく、サンプルも無いのでショールームに

出向いてみようと考えているのですが、時間が無い!

 

道路際に設置する2台の内照式ファサード看板のデザインも決めねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 色がわからん、色が! 」

 

クルマやオートバイのカラーネームも、訳のわからんネーミングが多いのですが

建築中の平屋の屋根から突き出るチムニー( 煙突 )部分に張る " モノ " を選択

するにあたって、やっと「 コレならイメージに合う 」というブツが見つかった

ものの、その5種類の用意されたカラーから品番を確定をせねばならない。

 

3種類は選択から外して、残り2種類のカラーネームが「 カーサブラック 」と

「 カーサフォレスト 」・・・ 「 フォレストって何色やねん? 」

 

と恥ずかしながら、よく聞く単語をいまさらながら調べてみれば、大森林つまり

" 樹海 " って意味だったのか・・・( 恥 )

 

当然、それぞれの商品をモニターでは確認しているのですが、ワタクシとしては

ブラックとチャコール( 炭色、黒に近い灰色系 )に見えていたので、「 カーサ

フォレストがいいかな 」と思っていたのですが、" 樹海 " ってことは濃緑系か。

( 濃緑色と聞けば、ゼロ戦の上面側のカラーを思い浮かべる、昔プラモ好き )

 

今回、外周りに緑系の使用は無いので、すると選択は「 カーサブラック 」か。

モニターでは、緑系には見えんなぁ~ RGBは濃色系の再現性に弱いかな?

 

今回のお勉強 = カラーネームに " フォレスト " が入れば濃緑色系。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝から作業着で事務所へ、そのまま必要な道具一式、ハイエースに積んで、現在

2階建てと平屋の建築が進む工事現場へ。

すでにサイディング工事が完了し、2階建ての内装工事が日々進んでいます。

 

さて、ワタクシが担当する( と自分で勝手に決めた )看板製作および取り付け

工事のために現場へ向かっているのは、近々には足場が外れるとのことで、急ぎ

外壁高所にかかわる作業を完了させるため。

 

ワタクシが製作する看板&銘板は合計7か所、外部4台、室内2台、軒下1台と

あって、自動ドアが開いたところの風除室の正面となる、室内2台のニッチ状の

看板はすでに大工さんに渡し済みで設置を待つのみ。( はめ込む銘板はあとで )

 

今回は平屋外壁に取り付ける2台の設置です。

 

平屋は妻側が道路に接する角度に建っているので、道路際の平側の表裏に看板を

付ければ、どちらの方向に進む車や人からも視認してもらえる・・・ ハズ。

 

マスキングテープをケガキ線の下地とするとともに、足場を上がったり下りたり

しながら、離れた道路上から位置を確認します。

 

午前中で完了させる予定が、職人さんに合わせた昼休憩を挟み、午後3時半まで

かかったのは、いつも通りのワタクシの時間の読みの甘さです。

 

shimoteno_1012-01.jpg

 

「 どこ? 」って。( セルフ工事はハイエースをやめられない大きな理由・笑 )

 

shimoteno_1012-02.jpg

 

洗い工事がまだなので、屋根上がホコリまみれ。

 

shimoteno_1012-03.jpg

 

夜間は文字部分と周囲がLEDでブルーに光ります。

 

shimoteno_1012-04.jpg

 

建物裏側、まだ足場のネットが外れていないので、離れた場所から撮れません。

 

文字のみを外壁に直接取り付ける方法もあったのですが、LEDに修理が生じた際、

傷めず取り外すのが困難になるので、デザインも考慮したステーを利用しました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

田舎暮らしの自宅の居間には、" ゆず " 用のダンボール箱が「 はみ出とるやん 」

な小さめと、ゆったり大きめの2個置いてあるのですが、それぞれの使い分けに

意味があるのか無いのか、アッチやコッチに入ることはなく、アッチと決めたら

しばらくはアッチのみ。 コッチと決めたら当分はコッチのみの使用です。

 

過去には「 アマゾン別荘 」などもあったのですが、" ゆず " が若かりし頃には

噛み散らかせダンボール箱が消滅してしまうか、ヘロヘロにヘタってしまうか。

 

参照( アマゾン:2009/10/192012/03/222012/04/272013/02/05

 

来月で、手のひらに乗ってウチに来てから満13歳。 すっかり大きくなられて、

上のリンクをたどった成長の様子がなつかしい。( 笑 )

 

yuzu242.jpg

( 2021/10/10 撮影 )

 

ちょっと気温が下がってきたせいか、一昨日から小さめマイブームがきています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まさかの全身筋肉痛、布団から抜け出すのに「 グヌゥゥゥ~ 」っとヘンな声を

出す始末で、同じマクラにカラダを寄せて寝ている " ゆず " もビビってるし。

 

さて昨日なにをしたのか思い出せば、ユンボで庭に3個の穴を掘り、単管パイプ

5本で組んだユンボ小屋の片側を、移動させ、起こし、レベルを合わせまで。

 

tankan02.jpg

( 単管パイプの向こうに見える、古いフェンスの支柱は撤去 )

 

たったそれだけ、まして穴掘りはユンボに任せたのに・・・

 

とは言えど、1本1本の重さは軽くとも一人で、組んだ単管パイプを持ち上げて

移動させ、立て込むのは結構オオゴトで、xyz方向のレベル合せは夕刻頃に。

 

ま、コレはワタクシ所有のレーザー墨出器の赤色線が、晴天下ではちょっと判別

不能で読み取れないからなのですが・・・ 上級機種が欲しいところ。

 

そう、夢のガレージの基礎工事までには緑色のシャープな線で、大矩が( 直角 )

測れるモノが必須。 10m×6mの正確な長方形を知らねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

最近になって急に、色々な方面から「 ホームページを見た 」と聞くことが多く、

担当するワタクシとしては、涙を浮かべる嬉しさ。

 

自身で心掛けていることはアレコレあるのですが、なかでも、コンテンツ自体に

変化が無いとしても " ソレがいま発信したい内容 " と、相手方に伝わること。

 

毎日、頻回にコンテンツが増えて、ダイナミックに変わって行くサイトは魅力的

ですが、逆に内容は変わらずとも、アップされている情報の、正確さや新鮮さが

キチンと伝われば、それはそれで信頼に繋がるのではないかと。

 

取り引きのある事業者をはじめ、金融機関等がホームページを確認しているのは

当然として、同業者の閲覧も多いでしょう。

 

そんな中で例えば、何かから情報を得た求職者さんが、ホームページを確認して

応募となり、採用となって頑張っていただいている。 涙を浮かべる嬉しさ。

 

今後も継続して、正確で新鮮な情報を発信して行くことの大切さを心に刻みます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いまどんなモノが流行なのか、興味が無い分野では知らないことが・・・ いや

すべての分野で知識が無いので、いざ何かを購入しようとした際に困ることが。

 

つい最近も、ノートPCを1台導入したのですが、さてはて廉価モデルの定番CPU

" Celeron " で果たして使いものになるのかどうか? 価格優先ならコレですが

安物買いの・・・ になってしまっては意味がありませんし。

 

これから新たに導入ならば " Windows 11 " 対応かどうかも必要???

 

さて、職場で大きめのテレビが必要となり、機種選定をしなければなりませんが

他のモノと同様まったく知識の無い分野、サクッとショッピングサイトを見れば

聞いたことが無いメーカー製が大量にヒットするし。( 低価格側から検索・笑 )

 

四角い額縁の本体側は、どこ製でもいいような気がしますが、他国ブランド製の

場合、リモコンの使い勝手が大幅に違っていたりするのが意外にストレス。

" 4K " ってのを選んでおけばいいんですよね???

 

・・・にしても、聞いたことが無いメーカー製の価格破壊のスゴいこと。

素直に感動すべきか、アヤしむべきか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝一からの現場打ち合わせには、各施工業者をはじめ、設備納入業者も参加して

図面上で確定させている事項の最終確認やら、現場が進んできて決めることやら。

 

ワタクシ製作のニッチ状の看板枠も納入し、取り付け位置を確認してもらいます。

気づけばお昼も回る打ち合わせメインだったので、撮っていた写真がたった1枚。

 

shimoteno_1007-01.jpg

 

2階建側のスロープに、縦板サイディングが張られてアクセントになっています。

この面に取り付ける看板枠も製作済みですが・・・ どこに付けるよ?( 笑 )

 

まだ先と思っていた壁クロスの選定も、日付が迫られるようになって、まったく

別のその他や申請アレコレも山積で、これはちょっとヤバくなってきました。

 

10/6に書いた駐車場の線引き問題は、まだちょっと検討時間に余裕があります。

各種情報よろしくお願いします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ルーティンになっている、日々、月々、年々な作業を少しずつでも自動化したい

思いはあれど叶っていない現状、アタマの中では「 ああしてこうすれば作業量が

軽減できる!」との確信はあるのですが・・・

 

ググッと1週間ほどソレだけに没頭できれば、かなり進みそうな気はするものの

アレやコレやに追われ気が散り、あとから「 あの時がそのチャンスだったのか 」

と気づく始末の繰り返し。 そのうち、そんなチャンスも訪れなくなって・・・

 

さて、ワタクシが製作した看板枠3個とは別に、専門業者に依頼していたウチの

ロゴを立体化した内部にLEDを仕込んだ、チャンネル文字&マークの看板2台が

完成したので、その取り付け前の確認をします。

 

文字やマークそのものはワタクシのアウトラインデータ通りに、コンピューター

カッティングの正確さで再現されていますが、ベースの精度にはミリ単位のズレ

があり、サイディングに穴を開けるその位置を確定させねばなりません。

 

プラス、ワタクシの看板枠に仕込んだのはLED蛍光灯100V入力ですが、コレは

非防水の専用トランスを介した12V入力なので、将来、交換の必要が生じた際の

対策も考えておかねばなりません。

 

建物をワタクシが施工しているならば、詳細な取付図面など必要としないところ

看板枠を取り付けてもらうのは大工さんとなるので、その図面が必要等々。

 

さてはて、建物外壁の高い場所に取り付けるロゴマークは誰が施工するんだ?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

駐車場にどのように線を引くのか? そろそろコレを考えねばならないのですが

当然、同じ面積内に、無理のない範囲で、可能な限り多くの車を停めたい。

 

仮の配置図上では現在、不便の多い前後の駐車も含めて21台の枠があるところ、

朝から晩まで動かす予定の無い通勤車を奥側に、手前側を来客用にすれば問題は

無さそうですが、例えばコレを前後半分ずつずらして線を引けばどうでしょう?

 

ヘタなワタクシの説明で意味わかる?

奥の枠に対して、手前の枠を半分ずらして引く訳です。( 説明に変化ナシ・笑 )

 

前方の車がキツキツにバックして停めれば、かえって2台の発進を妨げることに

なるのですが、前側の停止線に余裕を持って引いておけば、隣さえ空いていれば

後ろ側の車は出て行ける???

 

どこかの駐車場で、そんなの見かけたことありませんか?

あれば出向いて、実際に体験してみたいです。

 

建物と建物の中間に立って・・・

 

shimoteno_1005-01.jpg

 

2階建側。

 

shimoteno_1005-02.jpg

 

平屋側。

 

shimoteno_0924-03.jpg

 

俯瞰は先々週の写真ですが、ここにどう線を引くか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で時間を巻き戻し・・・ 軽トラック。

 

今回、満24年を迎えて「 新車にするか 」と覚悟を決め、最近では色々なボディ

カラーを見かける中から「 何色にするか 」迷っていたところ、急遽ユンボ購入

のハナシが浮上してきて、シロートがユンボのバケットで、軽トラの荷台にガツ

ガツ石を積むには新車ではキビしいゾ、と判断して車検を受けることに。

 

自分自身が操作するユンボで、新車の軽トラを破壊しかねませんから。( 笑 )

 

これまた色々あって、関係者方々には恥ずかしながらのお世話になって車検完了。

右側タイロッドエンドのブーツがヘタって交換を必要としていましたが、サビで

固着して、ナットどころか割りピンも抜けない状態。「 ありがとうございます 」

 

それ以外に徐々に症状が顕著になってきたので、整備してやらねばならないのが

キャブレターのスロー側が効かず、回転数が上がっていれば問題はないのですが

回転を落とせば、そのままエンストか、スロットルを煽って上がるのを待つか。

 

キャブをバラして、ジェットをはじめ流入経路をエアーで通せば直るでしょうが

これまたタイロッド同様、ネジの固着がコワいのと、パッキンやOリングは用意

しておかなければ再利用不可でしょう。

 

エアクリーナとの接続を外して、キャブクリーナーの吹付で直るかな?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝一番から休むことに忙しい日曜日。( 笑 )

 

台風は離れた通過となり直接の被害はありませんでしたが、強い風が吹いたので

田舎暮らしの自宅の敷地斜面で栗ひろい。 ワタクシが移植した栗の木も、まだ

小さめとはいえ実りはじめ、いつかは伐採するその親木はホレボレするサイズの

大きな栗が拾えます。

 

kurihiroi01_20211003.jpg

 

彼女が拾う山栗の小さな実もツヤツヤでカワイイ。

 

栗を拾い終えれば、昨夜ウェブから地元ホームセンターに発注した単管パイプが

「 用意出来ました 」とメールが着ていたので軽トラックで引き取りに。

田舎で暮らしていても、アレコレツールがあれば便利な世の中です。

 

帰ってくれば、ご近所( といっても歩けば1時間以上 )の友人が軽トラックで

で訪ねてきてくれていて、久々の近況報告会。「 ありがとうございます♪ 」

田舎暮らしには軽トラ必須です。( 笑 )

 

さて午後からは、その単管パイプを組み始めるのですが、まず図面通りの寸法を

単管に写し、組めば正確な直角が出るように。 しかし長尺モノは気温の影響も

あって、そこそこ寸法誤差があるので、中心から割り振るように要注意です。

 

tankan01.jpg

 

クランプ位置に養生テープでマーキング。

 

そんなこんなゴソゴソしていると早や夕暮れ近づいて、先週に製作と塗装を完了

させている看板枠に、急いで器具の仕込みをして完成させ、2台&枠のみ1台の

合計3台をプチプチに包んで、現場搬入を待ちます。

 

kanbanwaku02.jpg

 

中にはステンレスのエッチングで作る銘板を収めます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

過去には余った単管パイプで、ガレージの中に棚など作ったことはあるのですが

現在、手持ちに何かある訳ではなく、部材をゼロから揃える必要があります。

 

するとユンボ車庫製作に要る、単管パイプの長さや必要本数は手書きのラフでも

分かるものの、そこそこの数となるクランプ、ソレが直交か自在かなどはキチッ

とした図面から判断したく( 余らせたくない )CADを引きます。

 

基礎は設けず、単管パイプ先端に円錐を取り付け、50cm程打ち込む予定ですが

正確な車庫作りのためには、基本的なカタチを地上で組んでから6本となる柱を

打ち込むのが良いのではないか?

 

そのためにも図面から測った位置に直交クランプを先に固定して行けば、かなり

正確な直方体が出来上がるのではなかろうか??

 

単管パイプ車庫を製作したことがない、ワタクシの施工前の想像です。( 笑 )

 

さてどうなるか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

どの業界でも同様のバタバタサイクルがあるでしょうが、ワタクシたちのソレは

月末月初にピークを迎えるところに、個人的なアレコレが重なって " 忙しさ " と

言うよりも " 何か忘れていないだろうか " という恐怖心がフツフツと。

 

電話でのやり取りも通常より遥かに多く、ふと見ればバッテリー残量20%割れ!

 

コンセントから引っ張って、デスクの上に無造作に置いている汎用ACアダプタが

秀逸で、出力も十分、Type-A や Type-C などのポートが並んでいるので、携帯

電話からノートパソコンまで各種の同時充電が可能。 ・・・買ってよかった。

 

元々、ワタクシ用のノートPCを更新した際には、事務所用と自宅用の2個のAC

アダプタを必要としていたのですが、パソコン側のポートが Type-C に統一され

つつあって( EUでは議決決定されたし )このあたりの無駄が解消されそうです。

 

ただ・・・ そもそも論ですが「 挿すのを忘れて 」出掛けようとすれば、残量

30%! なんてことを繰り返しています。

 

置くだけ充電器でも、ソコに置かなければ意味ないですし・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨日、ユンボ( エレクトーンはYAMAHA商標だけど、電子オルガンと書くより

一般的でわかりやすい=ユンボ )の購入を( 話が進んでいるときから、ココに

書きたくて仕方なかったけれど、やはり手元に届いてからと我慢 )公式に発表

したところ「 羨ましい 」と " 羨望の眼差し " コメントを多数いただき( 2件 )

いやホント、購入してよかった。( まだ何も活躍させていないけれど )

 

それ以外の10倍以上、圧倒的多数だったコメントは割愛。( 笑 )

 

backhoe02.jpg

 

さて自作カーポートの下は、ワタクシの作業場でもあり、ここにずっとユンボを

停めておく訳にも行かず、昨日もチラっと書いた単管パイプ( 足場パイプ )を

使った小さな車庫を作ろうと思います。

 

" DIY " と " 単管パイプ " で検索すれば、出るわ出るわ、色々なアイデア。

今回のような " 仮設 " ということを考えれば、一番適切な材料かと。

( 現在、悩んでいるのは地面との固定方法 )

 

ただ、クランプ類は自家用車での購入も可能ですが、長ければ6mサイズもある

単管そのものは運搬に苦慮するところで、出来れば近場のホームセンターで購入

したく、その在庫確認もしておかねばなりません。

 

そうそう、新車へ更新予定だった満24年を過ぎた軽トラックは " 石積み入門 "

という本の購入と、" ユンボ " の購入で「 ガツガツ使えることが重要 」と考え

車検を更新。 そこでもお世話になりまくったハズかしいハナシはまた次回。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まずは今回、お世話になりまくった関係みなさまへ、お礼申し上げます。

「 ありがとうございます 」

 

という訳でワタクシ、ワタクシはついに、ついに、念願のユンボ購入しました!

小型のバックホーです♪

 

お世話になりまくって「 手放してもいいよ 」との中古車両を見つけていただき

納屋で長年眠っていたソレを、整備工場でメンテナンスをしてもらったうえでの

昨日の納車。 スポーツカーの納車( 経験は無いけど )同等の喜び!

 

田舎暮らしのウチに「 フェラーリがやって来た 」と例えれば、ワタクシの嬉しさが

伝わりやすいでしょうか。( 笑 )

 

20210929_tonarineko.jpg

 

「 お正月用の葉牡丹が育てられている畑を見守る隣の猫 」を横目に、積車から

ユンボを降ろし、ウゴウゴウゴとまっさらのゴムキャタピラーでウチの庭へ。

 

自作バーベキューテーブルを隅へ片付けた、自作カーポートの下へ停めます。

 

20210929_backhoe01.jpg

 

ふふ、ふふふふふ、ウレシイぞぉ~♪

 

現在、溝掘り等に活躍する幅狭のバケットが装着されていますが、通常サイズも

あるし、排土板もあるし。

 

単管パイプを購入してきて、仮設の簡易車庫を作ってやらねばなりません♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレレ? 彼女が電気を消したのかと思っていたら、勝手に消えてるやん!

 

そう、田舎暮らしの自宅のフルリノベーションから早や13年経過。 電化製品は

作業の進捗に合わせて、順次購入しているので13年もは経過していないのですが

一番使用頻度の高い、居間の天井に取り付けたシーリングライトが消えた。

 

当時はまだLED器具が一般的ではなかったので、スリムラインの蛍光灯器具。

 

蛍光灯管だけ交換しようかと、別件の用事で訪ねたホームセンターで確認すれば

その価格の倍を出せば、LEDのシーリングライトが購入できるやん・・・

 

という訳で、LEDの器具ごと購入し、帰宅後の暗い居間で懐中電灯も使いながら

シーリングライトの交換。 ま、パチッ、パチッと道具も必要ありませんが。

 

ちなみにシーリングライト( 天井取付照明器具 )も進化していて、高級モノは

ネットに繋がって外部から操作できるとか、音楽が鳴るとか・・・ 要るか?

 

という訳で、低価格のシンプルな器具のスイッチオン!

おぉ! メチャ明るくなったけれど、きっと電気代は安くなっているハズ。

 

低価格といえども「 食事 」ボタンを押せば、照明光が暖色系に切り替わったり、

留守にしていても、勝手に点いたり消えたりのタイマーがあったりのリモコン。

 

ただ・・・ 普段は壁スイッチを利用のオン、オフだけあれば十分なので、その

便利な機能がテンコ盛りのリモコンを使うことがあるかどうかはギモン。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと今シーズンは難しそうですが、オートバイに最高の季節がめぐって来て

乗らねば。 風にあたればソコから全身へジンマシンが広がるけれど。( 涙 )

 

休日など、街へ向かう自動車道上では、街から地方へと走る多くのオートバイと

すれ違って気持ちよさそう。

 

そう、いまくらいの季節から寒さを感じ始めるくらいが最高でしょうか・・・

 

日暮れが早いのは辛いものの、秋深まり冬を濃厚に感じる、かなり寒いくらいが

エンジンの調子もよく、着込んだウェアも快適に機能していい感じ。

 

そういえばウチで活躍してくれているバイク女子、ハーレーも乗るのだけれども

先週はカブでハチ北周辺のキャンプ場までツーリングしたと言ってたなぁ。

 

火をおこして調理を楽しむのも、寒いくらいがちょうど。

キンと冷えた朝を迎えるフレッシュさ。

 

山へ行きたいゾ、山へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

集落の道普請は、初夏、真夏、そして今回の秋まつり前と、一斉草刈りを年3回

行っているのですが、昨年に引き続き、秋まつりは中止になって寂しいかぎり。

 

その朝一番からの道普請が早めに完了したので、引き続いて田舎暮らしの自宅の

周辺に広がる斜面の草刈りを行います。

 

すると・・・

 

しまった! もう一歩早めに、その周辺の草刈りをしておくべきだったのですが

看板枠製作を優先したので、一歩遅かった。

 

伸びた草の隙間や上に、多くの栗や中身の入ったイガが落ちています!

 

そのまま草刈りを進めれば落下した栗を傷めてしまうので、周辺だけ残して進め

午後から30分ほどの栗拾い。

 

20210926kuri01.jpg

 

自宅の庭やその周辺で、採ったり拾ったり出来るのは田舎暮らしの醍醐味ですが

その後の仕分けや手入れが大変。 m(__)m

 

洗ってから1個ずつ拭く際に、栗拾い時に選別しきれなかったモノを再度選別。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

さて、先週に半日で完成させる予定が、部材刻みだけで終わっていた " 看板枠 "

を組み立てて、その後で塗装を施して完成させてやります。

 

刻みは手持ちのフシもある杉板を使用したので、組立時には隠れる部分に目立つ

フシを持って行くようにします。

 

すでに寸法通りの各部材になっているので、チャチャっと進むハズが、予想外に

時間がかかっているのは、ビスとボンドで組む、そのビス位置がニッチ状になる

箱の露出部分は避けなければならない等々。

 

ビチっと直角。 プラスマイナスゼロ。 縦桟を横桟より5mm勝たせています。

 

kanbanwaku01.jpg

 

手前の薄いモノは、LED照明仕込みナシで、エッチングで作るステンレス銘板の

枠となって、軒下のサイディング壁面に取り付けます。

 

この後、木目を活かしたオスモカラーでの塗装( 自然な風合いを残したままで、

長年に渡る木材の表面保護的な機能の高さが素晴らしい )を済ませば夕暮れ。

 

結果、組立と塗装はチャチャのハズが、ほぼ丸一日かかっとるし・・・( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ここに屋根をつけて、雨の日にも洗濯物が干せるようにしたいです 」という

訴えは、ずいぶん前からあるのですが、ワタクシのアイデアが固まらずいまに。

 

やっと腰を上げて「 まずは寸法どりをするかぁ 」 m(__)m

 

現場はすでにパーゴラ状になっているので、屋根のために柱は必要なく、既存の

木組みの上に、傾斜を考慮した小屋束( 垂木程度で十分 )を立て、母屋を渡し、

そこに・・・ ポリカ波板を張るのが簡単なのですが。

 

で、まずは寸法どり。

 

見た目でパーゴラの梁?には傾斜があることが読み取れたので、その水平からの

ズレを確認しなければ、屋根に適切な傾斜がとれません。

 

という訳で、脚立で上がったパーゴラの梁の一点に、レーザー墨出し器を置いて

各ポイントで水平からのズレ寸法を確認して記して行きます

 

が、ワタクシのレーザーが赤色なので、真っ昼間の晴天下では、距離が離れると

読めないので、夕暮れ時を狙った寸法どりとなって、すでに真っ暗。( 笑 )

 

その現場へ向かう前には、プロ方々が建築中の現場に立ち寄って写真を数枚。

 

shimoteno_0924-01.jpg

 

2階建は内装工事が着々と進行中。

 

shimoteno_0924-02.jpg

 

平屋は現在のところ、変化が少ないかな。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ウンチが3日出てないんや 」

「 食事量が減ってるからちゃうん? 」

 

ごもっともで、夏の間は毎日、飼い猫 " ゆず " のためエアコンをかけて出掛けて

いたので、田舎暮らしの自宅の居間は快適、食欲もしっかりと1日60gを、ほぼ

食べきっていたところ、秋の気配が濃厚になり、切って出掛けるのですが・・・

 

南に向いた掃き出し窓の居間は、まだ昼間にはエアコンが欲しくなる室温になり

" ゆず " も「 なつよりあついやん 」となるのか、秋になって食欲減少。

 

食事量が半分程度になっているので、2日に1回ペースのウンチが3日は正常か。

 

てなことを二人で話していたら、" ゆず " がそそくさとトイレへ向かって・・・

「 よかった!」

 

トイレ後にはひっくり返して、ウェットティッシュで拭いてやれば「 ウニャ 」

 

yuzu241.jpg

 

夏の間は見向きもしなかった " ひとりじめ " に戻って、暖房を入れたいくらいの

田舎暮らしの夜を過ごし、ヒトが寝る段になれば、トコトコと階段をついてきて

そこから朝までワタクシの枕元で寝ています。

 

ワタクシが起きても、まだ寝ていることもあるし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ノートパソコンを用意してください 」との訴えに、早急な対応が必要ですが

いま購入するならば " Windows 11 " への対応は必須?

 

と、公式からスペック要件を確認したのですが、これがわかりにくい。( 笑 )

アレコレ読み進んでみて「 ま当面、Windows 10 のままでいいか 」 m(__)m

 

いまさら書くまでもありませんが、すでに以前から「 ペンと紙 」レベルの道具

ですから「 用意して欲しい 」との訴えに、グズグズしている理由がありません。

 

現在 " iPad " の導入は4台で、その内2台だけは、カバーと一体になったような

キーボードを装着して使用中ですが、これがなかなか使い勝手がいいようで。

 

なにか集中して入力作業をするならばパソコンに分がありますが、作業の合間に

サクサクっと入力したり閉じたりを繰り返すような場合、その携帯性と即応性が

圧倒的に " iPad " 。 しかし今回の案件は・・・ ノートパソコンかな。

 

定期的に実施してくれている " Zoom Meetings " は、おもにデスクトップ利用

ですが、カメラやマイクがガチャガチャするのが面倒&画面サイズアップを兼ね

カメラ内蔵のモニターに交換したので、マジのデスクトップ周辺がスッキリ。

 

そんなこんなも兼ねてのノートパソコン、どんなモデルが最適なのか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

季節はみるみる進んで、起床しても外が暗いままの時間がずいぶんと長くなって

夕暮れ時間も早々と、中秋の名月は満月となって大きく登ってきます。

 

田舎暮らしの庭の木々は彩づいて、実がはじけた栗の木の下には彼岸花。

 

20210920higanbana.jpg

 

先日、久々に木材の刻み作業をして、大量に出たオガクズの片付けは、ホウキで

掃いたり、道具に付着したものはエアガンで吹くのですが、すると、しばらくは

付近に木の匂いが漂うとともに・・・ 粉っぽい。

 

庭の葉っぱの中には、オガクズが積もっているものも。( 笑 )

 

さて昨日も所用帰りの途中では、回り道で3分間ほど建築工事現場に立ち寄って

バタバタと写真を数枚。

 

外からの見た目に大きな変化はないのですが、壁内には断熱材が入って、確実に

工事は進んでいます。

 

shimoteno_0921-01.jpg

 

ワタクシのDIY作業程度ならば、バッカンの中の廃材で家が建ちそう。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

製作途中の木製 " 看板枠 " とは別に、アルミ枠の既製品ファサード看板を、2台

購入して、道路際の低い壁面に取り付ける予定。

 

1800 x 450mm LED内照式アクリル板に、インクジェット印刷かカッティング

シート貼りとすることで、交換によって随時、内容変更が可能なように。

 

モノは既製品ですが、当然、デザインと取り付けはワタクシ担当となります。

 

今回、合計7か所の看板を作る( デザインする )ことになるのですが、これら

とは別に、自動ドア2か所のガラス面をどうするか等、次々とデザインを決めて

行かねばならず、ここにきてオオゴト。

 

当然いつものように、提出期限迫る書類も山積しており、困った、困った。

 

サクサクデスクトップと大きめのディスプレイで助かるのですが、真に困るのは

" 色 " の問題で、各種色見本が手元にないので、あわてて注文するという・・・

 

透過光のディスプレイでデザインしつつ、インクジェットやカッティングシート

の仕上がり色を確定せねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

平屋の方は横幅の中央に自動ドアがあり、開いて入れば風除室。 そこから左の

親子ドアを抜ければ調理特化型のデイサービス。 薪ストーブも設置してみます。

 

右側のドアの向こうは受付カウンター、そして本社事務所となるのですが、その

自動ドアが開いた正面、風除室の壁にハメ込む看板の製作。

 

看板というよりも、それぞれの事業所名を刻んだステンレスの「 銘板 」ですが、

そのまま取り付けるのでは芸がないので、内側上部にLEDを仕込んだニッチ状の

箱を2台ワタクシが製作し、正面の壁に2/3ほど埋め込みます。

 

プラス、2階建ての方の壁に取り付ける銘板の枠、これは平面状で仕込みなし。

 

どちらも結構、いや、かなり「 顔 」になる部分なので気合が入ります。( 笑 )

 

さて「 半日もあれば作れるだろう 」と製作を開始したのですが、いつもどおり

精度にこだわって手が遅く、刻みしか出来ず、組立と塗装はまた次回。

 

大工さんが壁を張るまでに作っておかねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午後からの仕事が入ったので、飼い猫 " ゆず " の4週に一度の通院を朝一番から

連れて行き血液検査&輸液の処方。 BUN値は高めの小康状態ですが、赤血球の

濃度を示すヘマトクリット値等が貧血気味で、ビタミン補助スポイト薬をはじめ

朝晩3種類の服薬と、週に4回の点滴を実施しながら元気に過ごしています。

 

で " ゆず " を置くために m(__)m 田舎暮らしの自宅へ一旦帰り、ゲージと洗濯

ネットから出し胴ベルトを解けば、急いで部屋の隅へ駆けて行き、通院の緊張を

落ち着かせるために、からだじゅうをペロペロペロ。

 

yuzu240.jpg

 

「 ・・・ほんまにつういんつかれるわ 」

 

再度のお出掛けで、ちょっとのつもりが意外に長引いた午後からの仕事を終えて

夕方になってからの現場訪問は・・・

 

shimoteno_0918-01.jpg

 

「 アヤシイ人が覗いとるし・・・ 」

 

shimoteno_0918-02.jpg

 

2階建ての方は、サイディング張りがかなり進んできました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

深夜から明け方にかけて通過の台風に、田舎暮らしの自宅はもちろん心配ですが

屋根葺きは完了しているものの、足場に囲まれた建築現場も強風は心配です。

 

アレは何て呼ぶモノかな? 足場に固定されて建物を覆い隠す幕もヒモを解かれ

一つ一つカーテンのように畳まれて、強風への対策がされています。

 

すると、おぉ! 張り進められたサイディングが顔を覗かせて、完成イメージに

近い姿がチラリ見えてきました。

 

ってフツー、ここまで書けばその写真でしょうが・・・ ワタクシ、いつぞやと

夢見る自作ガレージの外壁には「 サイディングを張ってみよう 」と考えており、

その施工方法のほうが気になる。( 笑 )

 

shimoteno_0916-01.jpg

 

「 フムフム、こんな風に役物を使うのか 」

その他、端材に金物を組み合わせて、嵌合具合を見てみたり・・・

 

アマチュア施工の場合、材料をほぼピッタリ使い切りたいですから、仕入単位も

気になりますが、なにより納まり寸法が気になるところ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

看板はワタクシの担当となるので( 誰かが決めた訳ではない )アレコレ思案し

コストパフォーマンスのベストを探ります。 しかし、すでに時間は無い。

 

ビルの外壁などに直接張り付けてある、チャンネル文字( 箱文字 )の社名とか

カッコイイですね。 最近はLEDが仕込んであって、夜間には文字が光ったり。

 

しかしチャンネルのスタッドを、例えばコンクリート面に直接、接着固定したら

いつぞやのLED切れの際には、相当困る事態になるのではないか?

 

よくある( のか? )パチンコ屋さんのネオン看板の「 チンコ 」のみの点灯とか

メンテナンスの行き届いていない看板はカッコ悪いし。

 

ドローソフトの画面上でアレコレ模索し、図面に落とし込んでみます。

 

しかし、ワタクシの個人的な好みでロゴに細い線があり、ステンレス等を用いた

箱文字での再現が困難な模様、困った、困った。

 

と思っていたら樹脂製のソレで再現可能とのことで、文字そのものの製作は専門

業者さんに任せ、レイアウトと取り付けをワタクシが担う方向で。

 

防水でないトランスを、どのように設置すのかが目下の問題。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ファサードサイン( 壁面看板 )のデザインを、ドローソフトの原寸大で描いて

いるのですが、外注することになるので、細い線などどこまで再現できるか。

 

夜間にはLEDで文字を見せたいのですが、するとメンテナンスも考えねばならず

取付方法もアレコレ考慮しておかなければなりません。

 

線を引くのは楽しいですが、予算もそれなりに・・・( 笑 )

 

さて、夕暮れ時の現場へ。

 

shimoteno_0915-01.jpg

 

調理に特化したデイサービスのメインフロア、現在よりは随分広くなるのですが

アレコレ置けば狭くなるんだろうなぁ。 右奥には薪ストーブを置いて、ソレを

利用した調理も楽しみたいところです。

 

shimoteno_0915-02.jpg

 

写真からは分かりませんが、両建屋とも屋根葺きが完了し、奥に見える2階建は

外壁サイディングも9割ほど張り終えています。

 

日が暮れるのが、日々早くなって行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

事務所が入居するビルは相当に古く、設備面の不安はあるものの、立地の良さは

それらに勝るところもあって、当分はお世話になる予定。

 

現在の使用を始める前、ワタクシのスケルトン状態からのフルリノベーションで

給排水の不安はほぼ無いまでに安定させたのですが、シャッターが・・・ 重い。

 

で、理想は中身丸ごとの交換ですが、昭和規格のソレを交換することは出来ない

とのことで、既存のレールの上に新しいレールを溶接して取り付ける、いかにも

リフォームしました的な方法しかないらしい・・・

 

建物に埋め込まれたレールは、ステンレスの化粧仕上げの現在でも綺麗な状態で

可能であればソレを活かしたいのですが・・・

 

若干、幅が広そうなので、上から下まで滑りの良いプラスチックのスライダーで

厚みの調整をすれば可能なんじゃない? シャッターボックスが隠れている室内

天井はワタクシが、作業に必要な範囲を一旦撤去するから。

 

あぁ、ワタクシがシャッターに詳しく、部材の入手が可能ならばDIYしたい。

 

巻取りシャフトのスプリングが少々コワイけれど、例えば、シャッター屋さんが

自分の趣味で直すならば、既存のガイドレールを再利用する方法も可能なような

気がするなぁ~、たぶん。

 

次に購入すべき本は「 図解 シャッター入門 」。 やさくし解説してね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

今朝の起床後、まずしたことは・・・ エアコンの暖房入れたよ、ワタクシ!

 

後半、雨の多かった今夏、まだ残暑と書きたい今週も雨まじりの日が多いようで

またまた雑草が伸びるのでしょうか。 気温はグッと下がってきました。

 

例年、日照り続きとなる真夏には、雑草の成長が止まるのですが、気温は高いわ

雨は降るわの今夏、雑草が伸びる伸びるで草刈りも多めに行うことになりました。

 

ワタクシが一番親しくしている内燃機関が、刈払機の2ストローク混合、27ccの

単気筒エンジンですね。 面倒ですが混合ガスを作る手間が楽しい。( 笑 )

 

思えば最近は、自分が乗っているクルマのエンジンの基本構造やその排気量さえ

「 何ccだったっけ?」と意識しないことが多くて、エンジンルームを覗くことが

無くなったというか、興味が無くなったというか、別に何ccでも街中で乗るには

十分なパワーがあるようになったというか・・・

 

クルマの方もクルマで、車名の前後に付く数字が実排気量を示すモノではなくて

電気仕掛けのパワーも加えた「 たぶん〇〇〇〇ccくらいの馬力だろう 」的な。

 

ボアアップの1750ccとか、エンジン換装の2800ccとか、速く感じたなぁ・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ゴハンは1日60g、ワタクシがキッチンはかりでキチッと測ってあげるのですが

先月後半には皿が空になることがあったものの、ここ最近は2/3程度の食事量。

 

yuzu239.jpg

 

1日の大半を寝て過ごしているのでしょう。( 笑 )( アレ、ピンボケ? )

 

週に4回の点滴も継続しているので、疲れているのかも知れませんが、おおむね

体調はよさそうで、便の具合も良好。 尿量は点滴もしているので頻繁です。

 

相変わらずルーティンにはうるさく「 このじかんはコレ!」という、こだわりが

強いのは猫全般にいえることなのでしょうか?

 

昨年まで、暑い夏の期間はワタクシのベッド付近の冷たい床で寝ていたのですが

今夏はベッドに上がって来て、同じマクラを共有して寝だしたことが変化です。

 

彼女はまだ厚手タオルケットのままですが、ワタクシはすでに薄手の羽毛布団を

使い始めているので、最近は気づけばその上で丸まって寝ている " ゆず " 。

「 ねこ暖房 」にはまだ早く・・・ 暑いです。( 涙 )

 

今秋で満13歳を迎える、飼い猫の " ゆず " 、互い元気に長生きですゼ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

いまさらですが・・・ 田舎暮らしの自宅の玄関照明の取り付け。

 

土曜日は夜から来客がある予定で、ちょっと照度が足りない玄関先に、レトロな

風合いの、現代版照明器具を追加します。

 

元々、あまり広くない玄関だったものを、フルリノベーションの際に、上がって

すぐの部屋をひと部屋つぶして、広い玄関土間へと変化させたのですが・・・

 

照明器具選びが難しい。

 

蛍光灯の昼光色の色合いで明る過ぎれば、一般家庭のようになってしまいますし

暗すぎて不安を覚えるようではダメですし・・・。

 

という訳で、放っておいたものを、やっと腰を上げて。( 笑 )

 

和室天井の竹製の竿部分に、角型の引掛シーリングローゼットという、典型的な

昭和中期的住宅天井に、ベースの大きい現代版レトロ照明器具をどう設置するか。

 

竿より厚みのある木材から、ベースと同サイズの丸型を切り出し、竿にまたがる

部分を掘り下げてパコッと竿をまたぐ形で設置。 そこに照明器具の取り付け。

 

予定通りの純正っぽい仕上がり( 黒のステイン塗布がまだ )を得て、掃除した

ところで来客というギリギリ感は、あいかわらずでシビれます。( 笑 )

 

結果、わざと重くした自作玄関引戸に近い、和紙を利用した飾り照明と合せても

照度がもう少しあったほうが良さそうなので、電球を替えてみるか、追加器具を

考慮してみるか・・・

 

2021_genkan01.jpg

 

夜に写真を撮り忘れたので、コレは朝の玄関。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと前になるけれど、行きつけのバイク屋さんに " Kawasaki Z400FX " が

入庫していて懐かしい。 個人で購入してきた中古車の整備らしいけれど、その

中古車価格を聞いてビビった!

 

「 なんぼや思う? 」「 その筋では人気の車種やし、100万は超すんやろ? 」

「 300万や 」「 ????? 」 ちょっとした新車の自動車なみやん。

「 乗って行った先でも気軽にバイクから離れられんわ 」( 笑 )

 

ワタクシが自動二輪免許取得可能年齢を迎えた高一、16歳の時に新車発売された

オートバイで、加古川河川敷で撮られたカタログ写真には、UFOのように見える

貯水タンクが写っていたハズ。

 

当時の電話帳のようなオートバイ雑誌の広告や記事も、このFXで占められていた

記憶が・・・確か当時40万円前後。 オフロード派だったワタクシは卸売市場の

アルバイトで貯めて買ったバイクは " YAMAHA DT125 " 18.3万円だったかな。

 

このオートバイから、色々なことを学ばせてもらうことになるのですが、十代の

ワタクシの油断から盗難に遭って見つからず、再び " DT125 " を購入しました。

 

なんだかんだ、その頃から現在に至って50台以上のオートバイを乗り継ぐことに

なって行くのですが、一番長く所有しているのが・・・ アレ、ゼファー1100?

 

オフロード派を自負するワタクシなのですが・・・

 

オマケは昨日そんなハナシになり、古いフォルダの中から探し出した、自動車の

窓から撮ってくれた大昔のワタクシの写真。( このゼファーはまだ手元にある )

 

zephyr1100.jpg

 

二輪、四輪交えて、讃岐うどん食べ歩き移動の途中だったので、お腹がポッコリ

出ているのは愛嬌。 革ツナギのフル装備で、目を吊り上げた走りも好きですが

ネオクラシック系のバイクをラフな格好で操るのも好きなスタイル。

夏物薄手のライダージャケットは、ウエストバッグの中ですね。

 

冷却効果を高めるために、エンジンは一旦降ろしてサンドブラストの素仕上げ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

結果、プリンターのベルトユニットに、ブラックのトナーが付着していて、紙を

送るたびに、その汚れを押し付けていたのですが、なぜ汚れていたのか?

 

各色のドラムユニットにセットされたトナーをすべて外して、ベルトユニットに

たどり着く構造なので、トナーが落ちればソコに付着するのは仕方ないのですが

そのまた下にある " 廃トナーボックス " 、コレがアヤしい。

 

ベルトユニットにしても、廃トナーボックスにしても、積算カウントされている

プリント枚数が規定に達すれば、メッセージが表示されるハズですが、それより

先に寿命を迎えた?

 

ベルトユニットはソコソコしますが、廃トナーボックスは安価なので、さっそく

交換したいところですが、その際にはエアガンを準備して、本体丸ごと外に出し

取り外せるモノを一旦バラバラにして、汚れを吹き飛ばしながら組立直したい。

 

廃トナーボックスが印刷結果にどのように影響しているのか、いないのか。

まずは、そのあたりの深掘りからです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

離れた現場から「 プリンターの出力が汚れるので見て欲しい 」との連絡あり。

 

ま、まだ見ていないので何とも言えないものの、そのプリンターで印刷した紙を

確認すれば・・・「 う~ん、コレはドラムか、ベルトユニットか 」

 

稼働中の6台のプリンターの中では、一番新しいヤツやん。( 涙 )

当然トナーも純正、粒状の安定性や密着度、ケース外への漏れ汚れが違います。

 

どなたもそうでしょうが、当然ワタクシも「 紙が汚れる 」というのが許されず

普及品とはいえど、用紙もホワイトがくっきり、紙の粉の出ないタイプを選択し

補充の際には、手を洗いアルコールで脱脂しているけれど・・・

 

コピー機能にしてもフラットヘッドの汚れは許されんところを、ヘーキで指紋を

残すのはなぜだ? m(__)m

 

内容によって裏紙を使用してくれる気持ちは嬉しいけれど、インク密着度の悪い

再利用用紙を使えば、機種によるけどベルトユニットが汚れるし。

 

どんな機械でも、その機械にやさしくない使い方をしてしまうのは、その機械の

仕組みを知らないからだと思うのですが( 典型的な例は、アクスルシャフトに

届きそうな水深なのに、ヘーキで車を走らせている映像とか )とはいえ、利用

する人に、その仕組みを説くのも違うような気がするし。

 

そんなこんな、何を求めているのかを想像して( 真っ白な紙にくっきりと印刷

された出力 )丁寧に扱わないと、汚れた印刷をするプリンターは意味ないやん。

 

清掃程度で簡単に直りますように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 世の中で一番キライなコトバは『 目的地周辺です。案内を終了します。 』と

ナビが肝心なところで案内を放棄するセリフで、私にとってはソコからも困難 」

 

市内に住みながらも、お城の横の大病院へ行くのに「 ナビが無ければ行けない 」

との発言をはばからない、仕事にまい進中、デスクが " ワタクシの隣彼女 " 。

 

・・・そうか、そういう人も多いのか。

 

「 病院の近所に着いても、ソコからどうやって駐車場へ入れて、どのあたりに

停めたらイイのか、ソレが知りたいのに 」プンプンと " ワタクシの隣彼女 " 。

 

ごもっとも。

 

自分が方向音痴であることを公言しているのですが、地図をクルクル回しながら

見ている姿に、世間ではナビをノースアップ( 常に北が上 )ではなく、ヘッド

アップの地図がクルクル回って進行方向が上になる使い方をしている方が多い?

 

さて、彼女も「 地図は苦手だろう 」と、ワタクシが勝手に思っている別の彼女。

 

新たなショップがオープンしているのを見かけた話をしたところ「 私の知人が、

その場所の隣に住んでいるので、新しいお店のことを教えてあげなくちゃ♪ 」

 

いやいや、隣に住んでいるならショップ工事中からとっくに知ってるハズやん。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • shimoteno_1024-01.jpg
  • shimoteno_1023-03.jpg
  • shimoteno_1023-02.jpg
  • shimoteno_1023-01.jpg
  • urumi-gallery-cafe.jpg
  • shimoteno_1018-02.jpg
  • shimoteno_1018-01.jpg
  • shimoteno_1015-03.jpg
  • shimoteno_1015-02.jpg
  • shimoteno_1015-01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja