先日話題のプリンタはすでに納品されており、その大きな梱包がかなりの容積を

占有しているので、早々に入替設置を済まさねばなりませんが、本日その予定。

 

古い方を抱えて移動する際に、積もり積もったトナーの古い塵で、服を汚さない

よう気を付けることが最大の使命で、それに関しては不安しかありません。

 

結果、製品寿命を知らせる表示にビビり、故障や停止する前の交換となった訳で

" その対応にチャレンジ " 出来なかったことは残念ですが、使用目的からすれば

仕方ありません。

 

必ず成功するとは限りませんが「 モノを修理する 」というのは楽しいです。

 

しかし! 昨日、これも修理にチャレンジすることなく発注を済ませてしまった

ことが残念だった " ステンレス製のサーモス( 保温ポット )が不調 " の謎。

 

同じ商品、容量のポットを並べて使っているのですが、その内1台( 台、か? )

の保温が利かず、すぐに中身がぬるくなってしまう謎。

 

昔と違い内側がガラスなどではなく、外側と同じステンレスの一体成型に見える

その構造のどこに不調になる原因があるのか謎なのですが、確かにその1台だけ

湯を入れると外側まで熱くなっているのです。 熱が遮断できていない。

 

「 そんなん分からんし、修理も出来んわ 」

 

新しいモノが届いたら、金ノコ使って縦に切ってみましょう!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨日のネコバカ写真について「 カガミを写したのではないか? 」という感想が

1件寄せられましたので回答します。( 笑 )

 

ホントまぁ、ウチの " ゆず " とよく似た配色なので、こうして見ると同じネコに

見えなくもない、お隣のネコなのですが、実際にはペルシャっぽさが入っている

( さて、お隣のネコを「 何て呼ぶか? 」が問題なのですが、ワタクシは勝手に

「 みーちゃん 」と呼んでいるものの、ホントは「 マロ 」だろうことが、すでに

判明しているので・・・ ここは " みーちゃん " か? )( きっと、あっちの家

で「 たまちゃん 」、そっちの家で「 しろちゃん 」と呼ばれているのでしょう )

( 上から二行目に戻って )ペルシャっぽさが入っている " みーちゃん " なので

毛並みは相当違っていて、飼い主には一目瞭然です。

 

※ よく聞くたとえですが、犬はゴハンを用意してくれる「 ヒトは神様のような

存在だなぁ 」と思っているそうですが、猫はゴハンを用意してくれる「 ヒトは

召使のような存在だなぁ 」と思っているそうで・・・

 

まぁ、この写真のキモは( カッコ囲いで話題がアチコチに飛ぶので注意が必要 )

撮影者が " みーちゃん " 側に居るということで( 外に置いている汚れたフタの

粗大ごみ箱も写っていますが )ワタクシと " みーちゃん " が、仲良しなことが

伺えます。

 

ちょっと写真では目つきの悪い " ゆず " には「 召使がアッチ側につきやがった 」

と思われているのかも知れませんが・・・

 

" ゆず " 約10歳半。 " みーちゃん " 改め " マロ " 聞くところによると1歳半。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

もしかしたらワタクシは、どえらいことを発表してしまったのではなかろーか?

 

という訳で、昨日は第一回目の社内研修会、仕事柄 " 一堂に会する " というのが

難しいので約半数ずつ2回に分けてとなるのですが、それでも集まってもらった

人数を見れば、結構なものに・・・

 

20190220_meeting01.jpg

 

1時間半がアッという間に感じる動的な研修会で、参加させて頂いた職員からも

充実した内容に「 良かった!」の声が圧倒的で、講師の先生、研修会を多面的に

サポートしていただいている方、組織に感謝です。

 

で、ワタクシ。

 

みんなの前で先生から突然「 最近嬉しかったことを1分間で発表してください 」

との急なフリに、「 雪の日でもウチの猫に会いに来てくれる、お隣の猫と仲良く

なれたこと 」的な内容を、みんなの前で発表したことで・・・

 

ネコバカがバレてもたやん。

 

yuzu186.jpg

 

ま、イイんですけどね・・・

 

ちょっとハズかしく、素直に「 こうして職員が一堂に会せたことが嬉しい 」と

言えませんでした。 残りの約半数は来月に!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

雨の中の移動の途中、行きつけのバイク屋さんに立ち寄らせていただきます。

 

雨降りの平日のお客さんは少ないように思いますが、整備中のバイクが多数あり

忙しそうで、手を止めさすのは申し訳ないのですが・・・ 遠慮なく。m(__)m

 

ん? 新車同様へのレストア中のコレは " 750RS " 、通称「 ゼッツー 」かな?

いや「 ゼットワン 」輸出仕様、903cc の方ですね。

 

ワタクシも友人に譲ってもらった " D1 " に乗っていたことがあり、エンジンの

フィーリングは旧車のソレも楽しいのですが、足回りは時代相応としての納得も

ブレーキタッチの頼りなさは何とも不安で、このあたりは新しい技術が欲しい。

 

まぁ趣味のモノですから人それぞれ、空冷4発前面に据えたオイルクーラーから

IN、OUTのステンメッシュホースが、エンジンに回り込む雰囲気が、たまらなく

カッコいいです。

 

ネイビーブルーにゴールドのピンストライプのシャープなデザインの燃料タンク、

" Z1000MKⅡ " は、今でも欲しいオートバイのひとつなのですが、オリジナル

モデルを改造するのは忍びないので、すでに手が入れられたベースモデルを。

 

ホイールを含めた足回り、ブレーキ、オイルクーラー、キャブレター、マフラー、

このあたりの定番は、ワタクシ的には五種の神器ですね。( 笑 )

 

触れるだけでもジャックナイフしそうな( それはそれでタッチが怖すぎですが )

よく効くブレーキの、しっかりメンテナンスされた旧車には魅力を感じます。

 

あっ、タイヤも新品の幅広扁平ハイグリップを。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

直接、消費者、ユーザー、必要とする人、等々と接する仕事も多いですが、もし

そうでなくとも、その仕事の先には必ず " ヒト " がいたり、" ヒト " と繋がって

いたりするのですから、常にソレを想像していなくてはなりません。

 

そして、その仕事をすることによって何らかの対価を得ている訳ですから、仕事

そのものはまだ不慣れであったとしても、常にその先の " ヒト " を思い、プロと

して仕事をしている意識も必要。

 

たとえ無償のボランティア的な仕事であっても、参加した以上は、責任を持って

役目を果たす努力をすることも当然です。

 

まぁ、このあたりは自分自身を棚に上げなくても、基本中の基本としてワタクシ

たちの中に根付いているのですが、見渡すとソレに気づいていないのではないか

と、ギモンに思う方々をチラホラ見かけるのも事実で、昨日は・・・

 

設備よし、コンセプトよし、価格納得!、と全体的な評価は高かった、ちょっと

立ち寄らせてもらったココなのですが、仕事をされている方々の気の回らなさと

いうか、たった一言が無いのが残念でならなく、もったいない。

 

衣服などの清潔度はしっかりされており、その部分での問題はまったく無いのが

より惜しく、ほんのちょっと、いま目の前の " ヒト " への想像があれば・・・

 

しかもソレ全部、そのこと自体に費用や手間がかかることでは無いのですよ。 

 

そんな体験をしっかりフィードバックさせて、自らに活かさねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

数日中に入替する主力プリンタですが、ムチを打ちガンバってもらっている現役

旧モデルのこれまでの活躍ぶり半端なく、使い切った感さえあります。

 

どんな機械でも、いつかは故障や経年による寿命が来るのは仕方のないところで

修理や部品交換で、その寿命を延長させるかどうかは、モノと価格によりますね。

 

例えばクルマやオートバイなどは、メンテナンスや修理を繰り返して使い続ける

ことが大前提ですし、まぁソレが前提ならば「 決められた寿命 」は無い訳で。

 

対して上記プリンタなどは、家庭用でも中の基盤で印刷枚数をカウントしていて

設定枚数に達すると、その時点で壊れていなくても、エラー表示で停止したり。

 

かなりの枚数を出力されている方は、その現象に遭遇する可能性が高いのですが

ウェブ上には、そのエラーを解除させる( ボタン2個押しで電源を入れるとか )

方法が載っていたりするので、遭遇された方は確認を。

 

パソコンを含め、なかなか機械的な寿命まで使い切るのが難しい分野です。

 

フルリノベーションから10年以上経過した、田舎暮らしのウチの設備機器類も、

アレコレアヤシイ兆候を示しており、自分自身で設置したエコキュート温水器は

昨年、内部の湯温調整バルブがイカれ修理が必要でしたが、同じ部品はもう一つ

機器の中に存在していて、きっと近々にイカれるのでしょう。( 笑 )

 

フルオートを選んだ便器も、早い点滅を繰り返し出したメンテナンスを警告する

LEDが気になるのですが、メーカーサービスに問い合わせると、時間経過のみの

点滅で、実際に何かがどうにかなってる訳ではないそうで・・・ ソレ必要か?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

事務所の近くで借りている、小さな倉庫の片付けをしたのですが( と言っても

まだ片付いていない )仕舞ったその当時は要ると思ったのか、捨てるにしても

取捨選択の時間が必要だったのか・・・

 

時間が経過していま見ると、ずっとゴミを保管して、その家賃を払い続けていた

ようなもので、なぜもっと早く行動に移すことが出来なかったのか。

 

まぁ最近は、過去書類の保管年数も2年から5年間へと変化しているので、まぁ

即処分しても問題ないようなモノでも、置いておく必要はあるのですが・・・

 

それらが膨大になる職種の場合、その保管費用も見積もっておかねばなりません。

 

さて、片付けたモノは保管義務があった訳でもなく、ただ単純に処理を先送りに

していただけなので、早くに動かなかった後悔があるのですが、こういう場合に

感心、感動、見習わなければならないのは「 いま必要がない 」と、判断すれば

次から次に、パッパッと捨てられる方。

 

つい、何かに使えるのではないか、とか、必要とする人も居るのではないか、と

問題の先送りの言い訳にして・・・ 置いてしまうのです。

 

処分の達人に「 ソレソレ、要るわぁ~ 」とダマしてもらって、キレイさっぱり

持って行ってもらい、見えないところでザックリ捨てていただきたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

創業から6年間活躍したカラーレーザープリンタは「 ご苦労さま 」という訳で、

まだ壊れてはいませんが、同クラスの後継モデルの発注となりまして・・・

 

調べると昨日のエラー表示の、ヒーターやレーザーユニットは販売されておらず

設定された装置寿命の20万枚、もしくは5年間の経過で表示される仕様のようで

サービスマンによる主要部品の交換が必要となるそうです。

 

エラー表示のまま、限界まで使い続けることも出来なくはなさそうですが、印刷

品質が低下してきていますし、部品代モロモロ、ほぼほぼ新機種購入代と大差が

ないか、ともすれば超過するか・・・

 

ちょっと勿体ないのは、トナー4色5本( ブラックは2本 )の予備を在庫して

いることで、後継機なのにトナー品番が変わるので、とりあえず使い切らねば。

 

一応、目的別にプリンタを4台並べているので、いよいよ停止しても、代替機は

あるのですが、主要としている速度重視機種なので、ひと月の中で繰り返される

繁忙期と、完全停止が重なると、ちょっと面倒。

 

そうなる前の、事前の入れ替えとなります。

 

ほぼ同じサイズのニューモデルには、印刷品質が向上していることを望みますが

スペックを比較して見ても、現行モデルとさして差が無いので、ちょっとこれは

まだなんとか冷えている冷蔵庫を入れ替える気分か・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ホームセンターの開店と同時にスベリ込んで、滑り止め床ワックスの購入。

 

で、現場へ移動してワックス塗って、乾燥を待つ間にホワイトボードを組み立て

その間に乾燥させた、滑り止め床ワックスの二度塗りを終え、別の現場へ移動。

 

シャワートイレ2台の取り付け工事、外したノーマル便座を、取り出したあとの

ダンボール箱に保管するため、アルコールスプレーを使いながら綺麗にするのが

手間です。( 笑 )水管接続部にはティッシュをあてて、滲みがないか確認。

 

法務局に寄って印鑑証明を取得( 以前は縁の無かった姫路支局ですが、法人の

住民票=履歴事項全部証明書や印鑑証明はコッチ )、続きまたまた別の現場で

洗濯機の壊れた排水ホースを修理します。

 

工具袋にチューブ状の、浴室コーキング剤を入れておいてよかった。( 笑 )

 

で、クルッと一周、やっと戻って来れたので「 さて、ルーティンの・・・ 」と

汎用のレーザープリンタのエラー表示を確認すると「 ドラムの交換時期です 」、

「 ヒーターユニットの交換時期です 」、「 レーザーユニットの交換時期です 」

って、まとめて3項目! 

 

値段を調べてみますが、たぶん「 3個のユニット > 本体価格 」だと思います。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

フォーミュラ1でも続々、今年の新型車が発表されていて、やはり気になるのは

ホンダエンジンを搭載する " レッドブル・レーシング " カーナンバーは33、10、

( ドライバー固定番号制になってから、昨年順位が分からなくなってしまった )

" スクーデリア・トロロッソ " 、この2チームには頑張って欲しいところ。

 

今年の " ホンダ PU "( エンジンの性能は、エネルギー回生、バッテリー、電子

制御装置、ターボ、1.6リッターV6、パワーユニット全体でのソレに変化した )

は、映像広告の雄 " レッドブル " と組んで、そのマーケティングも楽しみです。

 

ふた昔前の、どのチームのカラーリングもタバコメーカーのそれで覆われていた

時代が懐かしく、モデルカーの塗装を悩ましてくれましたが( 組んだこと無し )

2019年の " レッドブル・レーシング " も、デカールとの闘いになりそうです。

 

WRC( ラリー )、WEC( 耐久 )などでは、日本車、日本人の活躍も華々しい

のですが、フォーミュラ1での活躍は久しいですから・・・

 

フォーミュラEでは " ニッサン・e.ダムス " が活躍中で、街では・・・ 街?

 

先日の大手前公園での " ひめじSubかるフェスティバル " は見学させてもらって

いませんが、ビックリするような塗装の " 痛車 " もいっぱいだったですか?

 

" 大阪オートメッセ " の写真を見れば " LB☆WORKS " のオーバーフェンダーと

シャコタン具合がエゲツなく、バーフェンと言えば、街ではボチボチとレクサス

UXを見かけだしました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

相変わらずワタクシのすべてをご存知のようで、すでに購入完了済み、もしくは

ちょっと調べてみたモノを、次から次に「 コレもいかがですか? 」と繰り返し

表示してくる、ユーザーの嗜好や行動をターゲットした広告はオソロシア。

 

放っておけば、それがいつまで続くのか? 一度だけ検索した、中古バックホー

( ユンボ )を次から次に表示してくるので、買って終わらせねばなりませんが

いつぞやの井戸ポンプと同様、購入したらしたで「 もう1台いかがです? 」と

きっと2台目のユンボを勧めてくるのでしょう。

 

建機関連のインターネット購入は、ヒジョーにキケンな香りがプンプンします。

 

はたまた、誰かが " いいね! " した広告が、ワタクシに表示されるシステムも

訳が分からずオソロシアで「 あ、この本の広告はワタクシの趣味だからだな 」

まではいいのですが、その本と本の広告の間に、ちょっとベッピンさん系の本が

入っているのは、誰かが検索したのか、ワタクシの潜在意識か。( 笑 )

 

ワタクシと繋がる他の方々のその広告に、自身の興味ある本と本の間にいきなり

訳の分からない本の広告が表示されているとして、きっとソレはワタクシの趣味

なのだろう、と思われているとしたらドキドキもんです。

 

他の方にはいったい何が表示されているのか・・・

きっとソレは、あなたの潜在意識なのですよ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

前回は、え~といつだったか・・・ 先月の27日、日曜日の朝でしたね、積雪。

 

今シーズンは運がいいのか、一部の方にとっては悪いのか、積雪が日曜や祝日と

重なって大渋滞とならないのが幸いですが、前回よりも少し多めに積もった昨日、

たまたま頂いていた休みと重なり、移動することも無かったので、スタッドレス

タイヤを装着して「 いつでもOK 」と準備している身としては、ちょっと残念。

 

ただし、早朝から現場調整など電話がひっきりなしになるので、やはり積雪NG。

落ち着いたところで、薪ストーブに火を入れます。

 

今シーズンは比較的、楽しめているのですが、雪に覆われて外出も難しく感じる

ような日に、ゆらめく炎で暖まる家の中はまた格別で、すでに10年ほどが過ぎる

大変だった、田舎暮らしの自宅のフルリノベーションが思い出されます。

 

厳冬期に2ヶ月ほど、外の工事現場用の仮設トイレの利用で過ごしたり・・・

 

見渡すと自画自賛「 よくぞここまで来れたなぁ 」とは思うのですが、もう一度

屋根に大穴を開けて天窓を作ったり、薪ストーブの煙突を抜いたり、そこまでの

集中力を発揮する自信がありません。

 

irori05.jpg

 

丁寧に <m(__)m> 作られた囲炉裏を見て「 誰が作ったの? 」って思いますし。

( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

研修会場でよく見かける " ホワイトボード " 、壁に掛ける程度の小さなモノは

使っていますが( といっても、伝達事項など全面的にウェブ移行させてからは

壁に掛けたホワイトボードは飾りになっていますけど )脚の付いた大きなコレ

ザ・ホワイトボードというのは、使ったこともなく、購入したこともない。

 

ということで今回、ワタクシが書くのではなく、出向いてもらい研修を実施して

いただく講師の先生に使ってもらう、脚つきのホワイトボードを用意する必要が

生じて購入しようと探してみれば、基本的な性能として・・・

 

1、スチールの上に白い塗装が施されたもの。

( 壁掛けスタイルなど、軽くて安価なモノはほとんどの場合コレ )

 

2、琺瑯( ホーロー )板面のホワイトボード。

( 表面がツルンとガラス質な、鍋やマグカップに代表されるアレ )

 

の、二種類があることを知りました。

 

そもそも板書が苦手なワタクシは、ホワイトボードを使ったことは、ほぼ無くて

それぞれの材質の " 書き味 " を知らないのですが、文字を書く際のソレが重要な

ことは、スラスラと思考が連続するかどうか、気分が乗るかどうか、大切な事と

想像に難くないところ。 m(__)m

 

なにより、スチール製か、ホーロー製かで " 消し味 " が違うそうで、ホワイト

ボード使いの醍醐味は、その " 消し " にあるような気もしますし・・・

 

という訳で、ちょい小型の " 琺瑯製板面の脚つきホワイトボード " を注文して

フフフ、届いたらさっそく、ワタクシの子供絵が火を噴くゼ!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午後からググッと気温の低下を感じはじめ、自転車で向かう銀行への道程の寒さ、

気持ちはヘーキなのですが、カラダが反応しジンマシンが発症して困ります。

 

と、小康状態な時期と発症期間が、何に因果しているのか、コントロール不能で

繰り返されるのですが、現在は7割不調といったところでしょうか。

 

カラダ中のアチコチが超カユクて困っており、掻いて皮膚を痛めると、これまた

あとが大変( この場合 " 後 " と " 痕 " をかけるのが正解 )なことに。

 

例えば夏、蚊に刺されても " あと " が平気な人もいれば、ワタクシたちタイプは

虫刺されがなかなか治らず、ジュクジュク分泌液に発展してしまいます。

 

という訳でワタクシ、虫類がおらず、エアコンディショナー&フィルターで年中、

気温、湿度が安定して汗をかかず、不純物の少ない空気の中で暮らせば、たぶん

体調的には落ち着いて過ごせそうですが、心が落ち着きませんから。( 笑 )

 

気持ちとしては、ハードワーク( 遊びの )で汗をかき、砂埃にまみれ、冷水で

それを洗い流す、みたいなのが好き( モトクロスや草刈り )なのですが、いま

それをする際には、たっぷりの頓用ステロイドが必要です。

 

あまり飲むシーンを作りたくはありませんが本日、処方箋に基づきネット経由で

注文したアレルギー薬が、ドンッと2か月分届いて、それはそれで安心です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

人生ここまで「 なぜ2月だけが28日なのか? 」よく知らずに来てしまいました。

 

31日の月が7回、30日の月が4回、28日が1回なのですから、大の月から少し

分けてもらって、31日5回、30日7回にすれば、月締めで計算するアレコレの

アンバランスがかなり解消されるのに・・・

 

2月は4年に1回、30日が31日へとうるうという目論みです。

 

で、今更調べてみれば、そうかそうか、カエサルとアウグストゥスが自分自身の

記念月を大の月にしたくて、7月、8月を連続して31日にした、そのしわ寄せで、

1年の最終月であった2月が憂き目にあったのか・・・

 

「 シーザー! あんたのせいでな、2月最終日を含む月締め計算でアンバランスが

生じてるんだよ 」( ま、後から8月を設定したアウグストゥス = Augustus ≒

August = 8月、の方が罪深そうですが )

 

そして間近に迫った元号の変更、こちらは日本で暮らさせてもらっていることを

実感、感謝、大事に出来るいい制度だと思いますが <m(__)m> ワタクシ的に、

次の元号のアルファベットには「 B 」か「 G 」、「 文 」とか「 学 」が入って

いれば嬉しいところ。

 

もしかすると、人生ラスト元号になる可能性も高くなりますから「 一生学び 」、

コレを深く胸に刻んで生きたいと思います。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 勤労市民会館 」と「 労働会館 」があり、そのネーミングから混同しやすく、

細心の注意を払って向かわねば、" 間違った場所に到着する! " という大失敗を

しでかすことになります。

 

ワタクシ自身は間違わずに済んでいるのですが、いつぞや " 違った方を教える "

というミスをやらかしたことがあり、その時のどなたか、申し訳ございません!

 

それぞれ、正式名称は「 姫路市勤労市民会館 」と「 兵庫県立姫路労働会館 」、

違いを意識しておかないと、間違って当然のネーミングでややこしい。( 笑 )

 

という訳で昨日、間違わずに到着しての研修終了が15時、そのあとは徒歩にて

駅前へと向かい、超久しぶりの巨大本屋さんに立ち寄らせていただきます。

 

現在、取り組んでいるデータベースの構築に、なにかヒントを与えてくれる本に

めぐり会えないだろうか、という漠然とした目的で・・・ 結果は撃沈。

 

ただ専門分野系の書籍は、本屋さんの棚に複数を在庫していることは珍しいので

ワタクシの一歩先で「 コレコレ、このヒントが欲しかったんや! 」と、誰かが

手に取ってしまえばそれまで、まさに良書との出会いは " 一期一会 " です。

 

過去には、そうして背表紙のタイトルに惹かれた、素敵な( ハズレも )本との

出会いも多くあるのですが、本日その時間なく、本屋さん滞在時間は約10分と

いう短いもので・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨今では全車、用途やグレードにかかわらず、うっかり発進防止等の安全装備と

ドライブレコーダーは標準装備にしておいて欲しいですが、まだですよね?

 

軽トラのスタンダード仕様など、装備を削り低価格を求めるような車種にしても

そのあたりは省けないモノとして・・・

 

という訳でウチの全車、現在のところは別途購入にてドライブレコーダーを装備

しているのですが、おかげさまで利用したのは、巨大隕石の目撃を確認したのと

( 記録されていたのは仁丹サイズの火球 )、つい先日の道端のヘラジカ目撃は

( 犬と間違われたニホンジカ )記憶に新しいところです。

 

ただ、高級でなくとも、安物と言うほどでもない商品を選んでいるつもりですが

画像が記録されなくなるトラブルは複数回あって、SDカードを入れ替えすると、

一時的には直るのですが、すぐに再発、みたいな故障。

 

メーカーオプションで装備するようなモデルでは、こんな故障が発生することは

稀なのでしょうか? 軽トラに装備されているドライブレコーダーに、チカチカ

SDカードのトラブルをLEDの点滅で訴えられてもなぁ~

 

という訳で今回、日本製をアピールしている、価格を見れば高級な部類のモノを

注文したのですが、その基本性能はスペックを見れば分かるものの " 信頼性 " は

何で測ればいいものか・・・ 日本製が " 高い " という時代でもないし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ビシバシとコメントが入るコレでは無いのですが、昨日の " ハンコ " に関して、

ちょっと琴線に触れた( オオゲサ・笑 )方も多かったようで、届くわ、届くわ

ハンコ写真( 二通・涙 )、ハナシの通り猫柄( ゆず柄が欲しい )のカワイイ

のと、「 コレは知らなんだ! 」オートバイ柄の( 広告写真の転送 )ハンコ。

 

あたり前ですがハンコ特有の、モノクロで中間トーン無しの陰影のみで、かなり

写実的に、これは何だ? 見分ける目を持たないのですが、セパハン風に見える

ことから、1100でしょうか・・・ いや、フロントがシングルディスクなので、

コレはズバリ " GSX250S KATANA " と見た! 違ってる??

 

中学生くらいで " サーキットの狼 " 、スーパーカー世代を迎えたワタクシたち、

" S " が付くや付かないや、テールレンズ形状などで、その違いが分かるオトコ

のハズでしたが・・・ 忘れちゃいました。

 

しかし、今でも何ぞの機会に旧車など見かければ「 それはセドリックと違って、

グロリア 」とか「 スーパーホワイトのクレスタやん 」とか。( 笑 )

 

不必要な情報で大脳皮質の容量が圧迫されており、新しい学びを保管する場所が

狭くなっているのは、ワタクシの周辺、引き出しの中や、部屋と同じなのですが

パソコンのハードディスクと違って、ヒトの脳は同じ領域の使い回しをしている

ことで " 連想 " という機械には難しい特殊な能力が生み出されていると聞けば、

とりあえず何でもかんでも詰め込むのもアリか?

 

現在でも " GC110 " と " KPGC110 " の違いには詳しいです。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 回覧板 " 的なモノの配布と、周知の電子化は、従来から実施しているのですが

コレをウェブに完全移行すべく作業中。

 

スマホで閲覧、電子的な確認署名のシステムの構築が完了すれば、以降省力化に

つながる予定ですが、いま現在は試行錯誤の繰り返しを経て、やっと完成に近い

カタチでの実験的な運用も順調。 イケそうです。( 笑 )

 

ただし、アレやコレやに絶対にハンコを求める時代では無くなってきていますが

管轄する部署によっては、まだその見解が曖昧で、そのあたりの確認作業と回答

記録が必要なのが手間なところです、本来の作業よりも。

 

「 認印に何の意味があるねん? 」とは思うのですが、ソレを「 必要!」とする

先方にそんなやり取りをするつもりもありませんし、ま、気持ちの区切りとして

" ポン!" とハンコをつく、その気持ちも分からなくはありません。

 

なので、最近流行りの花柄や猫柄の印鑑が「 かわいいな~ 」とは思うのですが、

しかし、さすがにソレを使うと「 ちょっと軽すぎ? 」と、上記主張と相反して

もういったい何が何やらハンコの必要性。( 笑 )

 

その見解が、部署や書類の種類によって混沌としていることが「 ヤヤコシイ 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

トラブルではないけれど、急に対応する必要が生じて " 予定外 " となった昨日、

自分自身のせいにプラスして、また何かが遅れることとなり、こころザワザワと

気持ちだけが焦ります。( 笑 )

 

と言いながらも、午後6時過ぎには終了したので、初めての " ゆめタウン姫路 "

に寄せていただき、必要な物品購入ついでに夕食の買い物など。

 

いつも寄せていただくスーパーとは根本的に流通のルートが違うのか、同じ生鮮

食品群でもモノが違って、見た目にも実際の商品も新鮮!

 

もう15年以上も昔のことになるでしょうか、ここ " ゆめタウン " のスグ近くで、

バイク用にガレージを借りていたこともあって、周辺は生活圏で、ここの5階に

ある屋外休憩所のベンチに腰掛け、紙コップのコーヒーを飲みながらパソコンの

キーボードを叩いていたのは、甘酸っぱい思い出です。

 

すでにその思い出が、そんな昔のこととなっていることに驚きますが、ワタクシ

世代がギリギリでしょうか、ここに「 あづみパラダイス 」があった思い出は。

 

ま、ソレは関係ないのですが、誰しも、幾度も通過する人生の分岐点的なモノを

「 あのとき違う方に行っていたら、現在はどうだったのだろう 」と意味のない

ことを思ってみれば、ワタクシにとって " あのとき " のひとつは、" ザ・モール

姫路 " の5階の屋外休憩所でひとり、夕暮れる空を行く飛行灯を見上げてだった

のかも知れません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まだシートに囲われて詳細は分からないのですが、田舎暮らしの自宅を出発して

小さな峠を越えて左折し、自動車道のインターへ着くまでの道沿いの工事現場に

素敵な感じの設計の「 こども園 」が、近々に誕生するようで楽しみです。

 

円形と直線を組み合わせた、結構大きめの建物なので定員も多そう。

 

すぐ近くでは宅地分譲も進行中で、子育て世代の移住を積極的に勧めたい思いも

あるのでしょう。 @ 人口約12,000人

 

( 人口分布に見る、生産年齢が15~64歳とか、老年が65歳以上とか、そもそも

 区切りを見直さなきゃならんのじゃないの? @ 総務省統計局 )

 

移住を考えるには、ワタクシたちのように5分で決めず、色々なことを考えねば

なりませんが、話題にしている分譲地から最寄りのインターへは1~2分で到着。

 

すると、まず渋滞することのない一直線の自動車道を10分ほどで、姫路市市街地

北端あたりに着くので、東西に移動するよりは簡単で早い通勤路でしょうか。

 

通行料と燃料費、走行距離が嵩みますが・・・

 

DIY好きに最適な田舎暮らし、その場合には分譲地は向かないかも知れませんが

市川町のホームページから「 空き家、空き地情報 」、田舎暮らしを得意とする

不動産屋さんの情報などから、ウソのように安価な物件が見つかったりもします。

 

相当、DIYのしがいがありますけれど、クルマは置き放題。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

繰り返される事柄は、その作業をシンプルに省力化すべく、アレコレ工夫をして

おり、それが達成されている事もあれば、逆にその過程にあって「 余計に手間が

かかってるわ! 」と、本末転倒状態にあるモノも。

 

先日もココに書かせてもらった、MSアクセスを利用したデータベース構築などは

まさにソノ途上にあって、スムーズに運用出来ている部分と、そうでない部分の

混在が、余計な手間を生んでいます。

 

ひと月間、いや一週間、やはり二週間、ソレだけに没頭させてもらえれば・・・

( ま、言い訳なのですが、結局その時間があっても余計な事するのよ、タブン )

 

という訳で、ニュースで取り上げられている " 統計 "( コレについては高校生の

頃の思い出もあるのですが、ソレはまた次回に )「 数字を正確に把握している 」

という事は、言うまでもなく重要なのですが、意外とこれが難しい。

 

例えば " 会計 " と呼ばれる分野が、まさにそうなのですが、日々絶えることなく

動き続ける数字を追いかけ「 現在の状況を把握する 」、難しいです。( 笑 )

 

おぉ、2月に入ると自営業の方や、個人方々の " 確定申告 " がヒシヒシと迫って

これまた、焦る気持ちの方が何パーセントほどでしょうか?

 

大部分の方々が「 事柄が発生するたびに記録しているので余裕~♪ 」なのか??

なんか一年中「 何かに追われている 」感じが抜けないのは、なぜなのか???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

船場界隈から( 文字にすれば時代劇みたい♪ )御坊さん横を抜け車崎辺りまで、

用事を済ませて切り返し、東雲( しののめ )、花影、忍町( しのぶまち )。

 

高校生の頃、毎朝のアルバイトでお世話になった卸売市場を抜けて駅前方向へ。

 

ちょっとのつもりで歩き出した結果、くるっと大回りで普段、クルマの生活だと

触れることが難しい道を抜け、自転車だと見落としてしまう風景を見つけたり。

 

まだ信号機が機能していない横断歩道を渡れば、アーケードの下でモルティ姫路、

魅力的な看板のお店が多数あって、夜が待ち遠しいですが、斜めに通路が伸びる

高架下は、どこに居るのか分からなくなってしまう感じが、カオスで楽し。

 

ここまで来ると、どこに境界があるのか急に人が増えてきます。

 

周辺での用事を済ませ、駅前に回り込むと東側に見える、ホテルモントレ姫路の

風景が新しく、階上に見えるガラス張りはレストランスペース? 機会を作って

食事に寄せてもらいたいです。

 

みゆき通りをキョロキョロとお城の方向へ移動の向きを変えれば、増えたお店や

消えてしまったお店、新旧混在、外国語飛び交い人通り多し。

 

平和堂の角を西向きに針路を変えて西二階町のアーケードを抜け、船場界隈へと

振り出しに戻って事務所の下の郵便局。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

CS系をじっくり観れば、各種モータースポーツの中継もあったりするのですが

実際のところ、気軽にタイムリーな情報に触れるのは、なかなか難しいです。

 

つい先日の " ダカールラリー " では、トヨタが初の総合優勝を飾り、ワタクシが

推していたカッコイイ " ハイラックス " が表彰台の中央に。

 

そう、ピックアップトラックがブームです!( ワタクシが勝手に・笑 )

 

その " ハイラックス " は、50周年記念モデル " Zブラックラリーエディション "

メッキパーツを排し、ブラックアウトしているのが、これまたカッコイイ。

 

レッドやブルー、オレンジやイエローの原色系ボディに、各パーツをブラックで

 仕上げたクルマは、もうそれだけで欲しくなりますね~

 

価格を見れば " ハイラックス " は高級車で、" メルセデス・ベンツ Xクラス " が

お買い得に感じ始めますから、最近のクルマの値段設定は、う~ん、なかなか。

 

気軽にオフロードへと持ち込むには勇気が要ります。( 笑 )

 

そうそう、電気自動車のパイオニア、あの " テスラ " も、もちろん100%電気の

ピックアップトラックを発表するみたいですし、あぁ、西海岸を南へとひたすら

ピックアップの窓を下げて走りたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワンシーズンに2回ほど、積もる雪が降ると言うならば、昨日のソレを1回分と

数えて、半分は済んだことにしておいて欲しいところ。

 

庭の木々やクルマの上など、そこそこは積もったのですが、アスファルトの上に

降った雪はすぐに融け、通勤への支障はなくてよかったです。

 

yuki-20190127-01.jpg

( 庭からの風景が雪国みたい・笑 )

 

yuki-20190127-02.jpg

( ちょっと取り除いて厚みが見えるように )

 

雪景色の中の移動後、朝一番からの契約を済ませます。

 

で、その後はワタクシのみ帰途につくのですが、その途上で某先生宅に立ち寄り

パソコンの調子を見させてもらったり、アッチを訪ねたり、コッチを覗いたりと

なかなか前に進めず( 笑 )雪も楽しむ前に、ほぼ融けてしまい・・・

 

積もる雪がワンシーズン2回ほどと言うならば、もう一度はその可能性が・・・

個人的には楽しいですが、交通に支障の無い程度でお願いします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

深夜からゴウゴウと荒れた天気は、明けると穏やかになりましたが、シンシンと

雪が降り、時折、思い出したように風が強く舞います。

 

「 ・・・これは積もるな 」

 

お休みをいただいていた日と重なったので焦りませんが、外は徐々に雪景色へと

変わってゆく中、閉じ込められた家の中では、薪ストーブの炎がゆらり揺らめき

その上に乗せた煮込み料理の鍋とともに、家中をやさしく暖めてくれています。

 

そう現在は、1年半ほど前にデイサービスを施工した際に出た、建築端材のうち

純な木材を薪ストーブで燃やしているのですが、それがやっと、後わずかとなり

これはこれで長かった。( 笑 )

 

松材と杉材を主に使用し、なるべく無駄が出ないように " とり " を工夫しますが

当然、両端など結構な量の端材が生まれる訳で、それを幾つかの大きな土嚢袋に

入れて、持ち帰っていたのです。

 

毎日、薪ストーブを焚いているならば、あっという間に消費するのですが、確か

昨シーズンは一度、火を入れたかどうか・・・

 

おかげさまで今シーズン、雪降る日に火を入れることが出来ています。

 

stove10.jpg

 

ブルーの袋には野縁材などの端材、左に杉板の端材があり、奥の扉はトイレ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ほぼ毎朝、お城の目の前にある " 大手前公園 " の横を通過するので、何かしらの

イベントが近づくと、数々のテントやステージの用意が始まり、ノボリが立って

クルマの中から目を凝らせば「 ニッポン全国鍋グランプリ 2019 」と!

 

ちょっと調べてみると、埼玉県で毎年開催されている有名なイベントが、西日本

エントリーも増やして盛り上げようと、今年は全国62チームの自慢鍋料理を集め

姫路で開催! ちなみに昨年の優勝は「 本場和歌山県日高町の天然クエ鍋 」

 

うぅ、今回の参加は無しかぁ・・・

 

ポスターに並ぶ、エントリーされた鍋を順に見れば、北海道から熊本県まで色々

美味しそうな鍋名がいっぱいで、どれもこれも食べてみたいけれど、幾つくらい

食べられるかな? 2つか3つか・・・ 選ぶのが難しいゾォ~

 

地元発なのに知らない鍋も多いので、ソレも気になる。

 

この週末は冷え込みも厳しく、もしかすると雪も混じって「 鍋サイコー! 」の

日和かも。( 笑 ) 「 全国酒まつり in 姫路城 」が同時開催です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

懐中電灯が無ければ歩くのも難しい、田舎暮らしの暗い夜道を( ここ数日は徐々

に欠けてゆくスーパーブラッドムーンのおかげで明るい )クルマのヘッドライト

だけを頼りに走る帰路途上、切り取られて照らされる空間に浮かぶ風景。

 

ルートは2種類あって、自動車道を最寄りのインターまで乗って、真っ直ぐ帰る

最短ルート。( 降りたところを逆に曲がって、地元スーパーに立ち寄ることも )

 

1個手前のインターで降りて、うどんなど食し( 笑 )国道、県道と下道を繋ぐ

ルートは、より真っ暗で道幅も狭く、悪天候時にはあえて避けたりするのですが

その延長に住まわれる方は通らない訳には行かないので、一刻も早い道路整備が

望まれます。 どんどん奥に走ってトンネル越えれば、神戸ナンバーエリア。

 

ウチへは、その2種類のルートが選択できるのも魅力です。

 

さて一昨日、最短ルートで帰るいよいよ終盤の峠道、カーブを曲がるアウト側の

茂みにツノのある巨大な鹿が! 鹿を見かけること自体は、さほど珍しくないの

ですが、ヘッドライトに照らされる、ヘラジカクラスの巨体はさすがに圧巻。

 

自宅に到着し、さっそくドライブレコーダーのメディアを取り出し、パソコンへ

取り込んだ翌日の昨日、デスク向かいの女性の仕事の手を止めてまで、ちょっと

「 見て!見て! 」と半強制的に見てもらうと・・・

 

「 犬?ですか? 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

真ん中でなければ気が済まないようで、ここのところ毎晩、ワタクシの掛布団の

上から、その 6.6kg の自重で布団の上下左右の中心に " 竪穴式住居 " を作って、

( 6.8kg だった体重が、なぜ 200g 減って! いるのかというと、昨朝出かける

前のカリカリと水を入れ忘れたから )丸くなって寝ている飼い猫の " ゆず " 。

 

その " ゆず " が昨晩は、カリカリを入れ忘れて出かけたことをオコっているのか

「 なぜワタクシがベッドの隅で寝なければならんのか?」と、真ん中を陣取った

からか、ワタクシに遅れて一旦、掛布団の上にやって来たのですが、モゾモゾと

丸くなるポジションが決まらず、階下へと降りて行ってしまいました。

 

ちょっと寂しい・・・

 

睡眠中はあまり無いほうですが、昨晩はたまたま丑三つ時にトイレに行った際に

居間で眠る " ゆず " を両手でぶら下げ「 まぁ遠慮するなよォ 」と持って上がり

掛布団の上に置いたのですが、すぐに居間へと下りて行き「 まぁ仕方ないか 」

 

( こどもに嫌われる、アルコール臭い息ですり寄る、酔っ払いオヤジそのもの )

 

すると階下で「 ニャア、ニャア、ニャア 」と3回遠吠えしたあと、ダダダっと

階段を駆け上がって来たその勢いで「 ドンッ!」と、掛布団に飛び乗ってきて、

丸くなって収まり・・・ で、朝まで。

 

一旦は「 ケッ 」と付き合わないことにしたものの、ワタクシの寂しさに気づき

「 もぉ、仕方ないなぁ~ 」と駆け上がって来た感じ。

 

yuzu185.jpg

 

こうして見ると小さいんですけれど・・・ 実際のところ、ワタクシが " ゆず "

に掛布団越しで乗り上げるように寝ても大丈夫なほど・・・ デカイです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

センスが無くなってしまったのか、いや元々無いのか、リレーショナルが上手く

機能しないデータベースソフトウェア " MSアクセス " は年始に一度、一部分の

完成としたのですが、ソレは構想全体の20%ほどで・・・

 

という訳で残り80%を、どんどん増殖させたい思いがあるので、基本的な骨格を

いい加減に進めることが出来ず、その辺りを行ったり来たりしているのが現状。

 

さて、理解できていない部分を補うために、とりあえずはウェブを彷徨ってみる

のですが、一つ一つのトピックに対しての答えやヒントは多いものの、マクロ的

な視野で全体像を考えるような・・・ コレをなんて表現すればいいのか・・・

体系論?、哲学?( 笑 )、そんなアドバイスはまず見つからない。

 

この辺りは、紙ベースの " 本 " のほうが圧倒的に優位で、ポン、ポン、と答えを

載せるだけで検索にヒットしてアクセスのあるウェブと比較し、ページを捲れば

まず " まえがき " というか " 序文 " というか「 どんな目的で執筆したのか 」が

書かれており、取り上げられている内容はまったく違っても、ココを拝読させて

もらえれば、彷徨えるワタクシに一条の光となって救いの手を差し伸べてくれる

可能性があるのかどうか、およその判断が出来るのです。

 

ウェブにコレを見いだすことは難しい。

 

そんな哲学的な体系論を語り掛けてくれ、ワタクシの脳に「 パッ! 」と光明と

回転を与えてくれる、そんなアナタはいまどこに。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自分のアタマの上にのせておきながら「 メガネが無い、無い! 」と大騒ぎする

オジさんほど、オジさん化はしていないと思っていたのですが、ワタクシ・・・

 

一昨年、白内障手術を受けた彼女の術後の経過は順調で、従来は、0.0 台だった

裸眼視力は、1.5 ほどになって視界良好、ただ日中の眩しさを強く感じるように

なったのと、遠近両用の眼内レンズを選んだにもかかわらず、やはり手元などの

近くは焦点が合わず、お手元鏡( 老眼鏡 )を使用しています。

 

なので、十代の頃からコンタクトレンズを使い続け、眼鏡とは無縁だった彼女は

現在、文字などを読む用のお手元鏡( 老眼鏡 )と、日中は度のない、UVカット

メガネ2~3個を使用する生活。

( 自宅や仕事場やアチコチに置き忘れるため、同じモノが2~3個ある )

 

で、彼女は自宅の中でも、その、度の入っていないメガネをアチコチに置くので

日常的に近眼鏡を使用して、パソコン使用や本を読むなど、近くのモノを見る際

にはソレを外して裸眼で対応しているワタクシが、さて立ち上がろうと、手元に

あるメガネを掛けて、移動しようとしたら、ん?ん?ん?前がよく見えんゾ。

 

よく見えない理由が分からず、メガネをアタマの上オジさん並みに慌てていたら

「 なんだ、彼女のUVカットメガネを掛けてるやん 」

 

レンズの汚れで気が付きました。 m(__)m

 

メガネはレンズをこする拭き方はせずに、汚れがあれば、もしくは1日2回程度

薄めた中性洗剤で洗い、やさしく水分をティッシュに吸わせる手入れを!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ひと月に2回程度は、例え一行でも更新を加えるよう心掛けている、ワタクシが

管理しているホームページですが、前回はとりあえず、新年の挨拶を取り下げる

だけですがソレを実施、ついでに句読点の打ち方程度の小さな修正を加えます。

 

で、「 気にしていない 」と言いながらも、思い出したときには気になっている、

トップにあったものが、箸にも棒にも掛からなくなった検索順位、何が原因かは

明確に分からないままに、ん? マップと連動して登録しているURLが " http "

のままやん!

 

ソレも一因なのかは知りませんが、とりあえず正規の " https://~ " に修正。

 

この " http " が " https " へと変わる、常時SSL化ですが、単純に悩ましいのが

「 一文字増える 」ということで、印刷物の対応が間に合わないことはもちろん、

ロゴなどに用いている場合は、スマートじゃなくなるので変えなくていいかな?

 

もちろんリダイレクトをかけているので、" http " だろうが " https " でも結果、

同じホームページが表示されるのですが、クローラーはどう判断しているのか?

 

ま、「 どっちでもいーや 」と言いつつ現在、求職応募難とニュースになる中で、

それでもリクルートページに反応があるのは、インディードと自ホームページを

上手くリンクして使えているからではないかと思っているので、やはり結構重要。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

一昨日、鹿児島県内之浦宇宙空間観測所から、無事に打ち上げられたイプシロン

ロケット4号機、一生涯のあいだにココか、種子島宇宙センターからのロケット

打ち上げは、ゼッタイに生で感じておきたいリストに入っています。( 笑 )

 

7個の衛星が予定の軌道に投入されたのですが、その内のひとつ、ニュースでも

話題の「 人工流れ星衛星 」、どんな素敵アイデアと強い意志が突き動かすのか、

ソレを実現させた宇宙ベンチャー企業のCEOは39歳、行動力が素晴らしいです。

 

軌道の微調整を繰り返し、広島県付近の瀬戸内上空での実証実験は来春頃の予定。

オーストラリア上空で、流れ星のタネとなる粒を放出するそうです。

ズレれば m(__)m ワタクシたちの地元で見れるカモ?

継続して、衛星ニュースへの着目必須です。

 

39歳CEOはインタビューで「 2001年のしし座流星群が非常に美しかったから 」

それで「 人工的に流れ星が作れないかな 」と思って、と回答されています。

 

ワタクシも1985年8月12日の日没直後から、日本海の海岸上空をそれこそ無数の

星が流れるのを、同級生数名と目撃して、それがのちに「 ペルセウス座流星群 」

と知り、それはそれで別の思いを過去何度かココで書いているのですが、まさか

そこから " 人工流れ星 " へとは・・・

 

手に取れそうで遠い夢を実現されようとしている方々の、そのアイデアとパワー

を見習わなければなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

数年単位、いや十年単位で会っていなかったバイク繋がり友人が、オートバイを

それこそ10年以上前に手放したことは、風のウワサに聞いていましたが、昨春頃

再びオートバイに乗り始めたと、これまたウワサで知り、その後、年末になって

直接会うことに( オートバイは関係ナシに )なるのですから・・・ 不思議。

 

一昨日は、40年くらいかな? 声を聞いていなかった同級生から、選挙や勧誘の

内容ではなく( 笑 )電話が掛かってきて、これまた嬉しビックリ。

 

ただ、SNSでは頻繁でしたが、これまた直接会うのは10年ぶりくらいの方の元へ

ワタクシが足を運び、聞いたハナシは「 数年前に〇〇〇ちゃん亡くなったんよ 」

 

ワタクシより遥かに若い彼でしたから、そんなことは露知らず、年賀状を出した

失礼をご家族方々に謝りたい。 「 ご冥福お祈り申し上げます 」

 

みなさんもそうでしょうが、年賀状でしか繋がっていない方も多く、そんな方の

中には、いままさに " 介護 " の不安や悩みを抱えておられる人もいて、五里霧中

どんな方法があるのか、いったい幾らほどお金がかかるのか、数えればきりない

" 知りたい " がいっぱいでしょうから、何なりと尋ねていただき、少しでもその

不安を軽く出来ればと思います。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お隣さんの猫とそこそこ仲良くなれてシアワセ中なのですが、当人、いや当猫は

どのように感じているのか、お隣もウチも田舎の集落内の家とはいえ、" 庭 " と

呼ばれる部分が、モロに " 土 " なのは、ウチくらいです。

 

なので隣の猫も、ウチの庭でゴロゴロと楽しそうにひっくり返り、甘える仕草に

見えなくもないですし、タマには穴を掘って用を足しているのかも知れません。

 

まぁ、それはそれで良い部分も多い反面、建物際のコンクリートの犬走り部分を

歩く日々の移動でも、クツの裏が汚れるのは仕方なく、ウチのクルマのマットは

結構、草まみれで「 どこ行ってきたん? 」な状態。

 

やはり庭は、クツの裏が汚れない " 何か " の施工をしたいところです。

 

その工事に「 ユンボが欲しい!」だの「 コンクリートミキサーが必要! 」だの

言っている訳ですが、そもそもの " 庭の地面改良 " の方法を知らないのです。

 

犬走りならば、10センチほど掘り下げ、砕石を敷いてプレート( ランマー )で

レベルを出した後、型枠をしつらえ、必要ならば防湿シートを展開し、ワイヤー

メッシュを並べて生コン投入。

 

厚みを10センチ以上確保した上で、水勾配&面取りを考慮して均します。

 

この作業を庭全体に施工するとは考え難く、かといってクルマの通過を繰り返す

程度で、陥没するようなヤワなものでも困ります。

 

アクセントは欲しいですが、ほぼフラットな庭に詳しいアナタからのアドバイス

お待ちしています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

所用で( 笑 )警察署に来たのですが、すでに玄関を入る前から異様な雰囲気で、

通常でもロビーには比較的多くの警察官が警戒にあたっているココですが、本日

何があるのか、カメラを手にした人も混じる、大勢の制服、私服、職員方々。

 

バスが到着するとか、しないとかの声も聞こえてくるので、アイドルの表敬訪問

でもあるのか、ないのか、どなたかの定年退職か・・・

 

高校生の頃、自転車で移動する近道に刑務所のレンガ塀沿いに走り正面の門へ。

すると、いままさに扉が開くのを待ち構えている、門から続く道の両側にズラっ

と並んだ黒いスーツのコワイ人たちの、その間を抜けることになり・・・

 

互いに流れる気まずい雰囲気、若かりしワタクシはコワイばかりでしたが。

 

という訳で現在に戻り、誰が来るのか警察署の玄関先、その華々しいイベントに

偶然のワタクシも混じれるのか、と考え始めた矢先、順番がやって来て個室に。

 

その直後、大きな拍手とカメラのシャッター音が外から聴こえてきて、誰?誰?

誰が来たの?? もしかすると一日署長のタスキをかけた白石麻衣さんか???

( ユニット名が答えられず、他のメンバーの名前は知らないけれど )m(__)m

 

ワタクシがその部屋から出る頃には、すでに騒動は過ぎ去り平常通りの玄関先。

 

総合案内の制服姿のオネーさんに「 白石麻衣さんが来てたの? 」とも聞けずに

所用が終わり、あとにする警察署。 誰が来たのか気になるぅ~!!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 火鉢の思い出で楽しもう " みたいなプチイベントを考えているのですが、先日

素敵な周辺グッズを見かけたので、写真に撮っておきました。

 

chabudai01.jpg

 

フムフム、こういうモノで火鉢を囲えば、小皿や温かい飲物などを手元に置いて

「 ちょっと炙って 」が、便利に楽しめそうです。

 

昨春頃の井戸フタ製作を思えば、ゼロから作るのも難易度は高くなさそうですが

もしちょうど、お古の " ちゃぶ台 " が見つければ、ソレをベースに加工するのが

早そうですし、味わいもあるモノに。

 

数も要りますし、イスのほうが遥かに難易度が高いです。( 笑 )

いや、一番難しいのは、こういった空間の演出か・・・

 

" ちゃぶ台テーブル " の脚を10cmほど長くして、背の高い同様のモノを作れば

既存のイスが使えるので、それが現実的そう。

 

お古の " ちゃぶ台 " を利用して製作し、高くするためにカマす " 脚( ウマ ) "

を作ればいいですね!

 

ちょうどいいサイズの " ちゃぶ台 " が見つかれば、あとは簡単そうですが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょい遅めになった帰途で立ち寄らせてもらう、うどん屋さん。加古川発の全国

いや、世界チェーンの有名で美味しいココですが、昔々、まだ焼き鳥屋さんのみ

だった頃に、そこで働いていた方と知り合いで、社長の考え方にホレて働かれて

いたことを思い出します。魅力のあるヒトになれるよう頑張らねばなりません。

 

さて、うどん。 彼女はどのメニューにも、ちょこっと " ショウガ " を入れるの

ですが、以前のワタクシは元々の味が、" ショウガ " を入れることで大きく変化

することを嫌い、まったく入れることは無かったのですが・・・

 

しかし、すった " ショウガ " を多めに摂取すると、からだポカポカ芯から暖まる

ことを知り、オマケにアタマに汗までかいて。( 笑 )

 

という訳で、疲れるなど「 ちょっとカラダが弱っているな 」と感じた帰途には、

うどん屋さんに立ち寄り、サイドメニュー皿の隅にショウガを取らせていただき

2/3ほど食したところから、うどんをショウガ入りに変化させて・・・

 

すると思い込みもあり " 風邪気味 " みたいなのが払拭されてショウガ効果絶大。

ニンニクも効果はあるのですが、あり過ぎるのと、ショウガの場合は翌日に尾を

引くことがないのがいいですね。

 

美味しさと低価格と " 元気 " を提供していただき「 ありがとうございます 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

およそ現代のトイレの設置方法は、床下からやって来た直径100mmか75mmの

塩ビ管の口が、床高とツライチにあり、そこにフランジと呼ばれる、それぞれの

便器に専用の接続口が接着されている状態。

 

フランジの厚み分が、床より高くなっている状態です。

 

そのフランジのゴムパッキンに、便器底の接続口が、差し込まれる形で設置され

便器は、底部の化粧キャップ2個を外すと見える、大きめのボルトの様なネジで

固定されているだけです。

 

つまり、そのネジ2本を抜いて、固着をクイクイと解いて持ち上げれば、いとも

簡単に外れるのです。( 注1・文章ではタンクへの上水道の接続を省いている )

( 注2・リフォームした便器や一部品番は、ガスケットシール剤などを用いて、

フランジと便器が合わさっているだけで、物理的に差し込まれていないモノも )

 

という訳で、設置方法が分かれば自分自身で緊急対応することも可能なのですが

排水のS字部分に溜まった水がこぼれるので、ブルーシートを敷くなど、養生が

必要になるのと、再設置に部材が必要となった場合に対応できるのか・・・

 

と、ここまでは前置きで( 長すぎ!・笑 )つまり、何が言いたいのかといえば

「 便器は床に置かれているだけなので、その縁に多量の液体がかかると、その

液体は便器の底部分に浸入する 」ということ。 異臭が取れない原因にも。

 

という訳で、上記のような可能性がある使用場所では、ワタクシは便器の底部を

クルッと一周、コーキングしておくべき、と考えているのですが、どうでしょ?

 

「 接続部から漏れた際に、気づくのが遅れる 」との声を聞きましたが、接続が

差し込みの場合、漏れることは無さそうですし、そもそも漏れたとしたらそれは

詰まったときのことで、そうなれば当然、コーキングを切って便器を外す訳で。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと遠出のお出掛け、といっても県内ですが、紙ベースの地図とカーナビを

併用してのドライブは、例えそれが近距離だとしても、楽しめる要素満載なので

" 地図 " が、お出掛けの必需品ですね。

 

安全な場所に停車して、もしくはコーヒーブレイクの合間に、地図を眺めるのは

もうそれ自体が楽しいです。

 

そんな時「 ここからの景色がいい 」とか、立ち寄りのきっかけを生んでくれる

小さくとも有益な情報と、極力、路地裏的な道や未舗装路も省かない、地形図と

同等の詳細な道路情報が欲しいので、選ぶ地図は、ツーリングライダーに限らず

クルマのドライバーも、自転車も " ツーリングマップル " 一択です。

 

昨日はその " R " 版( 掲載内容は同一で、文字サイズを含め地図が約1.2倍! )

を利用したのですが( クルマでの利用ならこちらが便利♪ ・リング製本なので

必要なページを開いて置いておける )通常版のA5判地図の14万分の1に対して

B5判地図の縮尺が12万分の1となり、交互に使うと「 パッと見た目の距離感の

判断を誤る 」という事態が発生します。

 

どちらかに統一しての購入をお勧めします。( 笑 )

 

ただ・・・ 毎年、更新されるその時期が2月発表の、3月発売ですから、より

最新情報は、あと2か月ガマンしたほうが有利かと。

 

カバンに余裕があるならば、いつも携帯しておけば " お茶のお供 " に最適ですし

ワタクシのように、同じ場所に向かうにも「 遠回りになっても前回とは違う道 」

「 往路と復路はゼッタイ違う道 」派のアナタには最適です。

 

あっ! どこに出掛けたかは、また次回。 地図でドライブが楽しくなります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午後一番から打ち合わせがあるので、早めに摂ろうと思っていたにもかかわらず

昼食のスタートが遅れたので、いつもの喫茶店を変更し、つけ麺屋さんを覗くと

毎度の大繁盛でこれは無理、これまた滋味旨い、お向かいのラーメン屋さんへと

向かえば、ここも繁盛中のまとめたオーダーが入ったところでタイミング悪し。

 

という訳で、スタート地点に戻った海鮮丼屋さんで「 何を頼もうかなぁ~ 」と、

ウルトラ豊富なメニューを見ていると、たまたまお客さんが切れてワタクシ一人

となったので、女将がワタクシの仕事に関する質問をしてきてくれます。

 

メモ用紙に図解入りで説明したり、ウルウル、ちょっと急いでいるんですけれど

・・・ハナシが長い。 m(__)m

 

やっと " イクラアボカド丼 " をオーダーして( 注文さえ済ませば( 笑 )ほぼ

待たずして受け取れます )事務所に持ち帰り「 いただきます! 」

 

別添専用醤油の封を切り、控えめ半量ほどをかけ、ドンと添えられたワサビを

ハシでチビっと削り取りながら食すと・・・ 旨し! これは旨い!

 

ムニュっと、やさしい歯応えの絶妙なタイミングで食す、切り口がシャキッと

シャープなミドリ美しいアボカドとイクラの塩味がサイコー!

 

ただし! このメニュー、いっぱいのアボカドと、ドンと添えられたワサビが

もうまったく同一の色で、グイグイ喰い進める勢いで、ワサビの塊を口に運び

そうでコワイのなんの。( 笑 )

 

急ぎの時でなく、ゆっくり時間がある際に頼むべき、旨しメニューの " イクラ

アボカド丼 " 500円( 税別 )、どのメニューも具材の大盛りが頼めます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ビミョーな0.5度の差を感じて決めているのか、何が基準なのか分かりませんが、

昨日はワタクシの布団に潜り込んできていた、飼い猫の " ゆず " ですが、今朝は

居間に置かれた、畳んだヒザ掛けの上での一晩を過ごしていたようです。

 

石油ファンヒーター、エアコン、ホットカーペットを同時に使用という、贅沢な

仕様で過ごしている朝晩ですが、当然、出掛ける際や就寝時にはオフにするので

真っ暗な中のヒザ掛けの上も、寒いとは思うのですが・・・

 

ただし、布団に潜り込んだ際も、縦に並んで寝てくれるなど、こちらが思い描く

ような添い寝だと、湯タンポ代わりに温かくていいのですが、昨晩などベッドの

掛布団の裾側から入ってきて、ワタクシの足と足の間に丸く収まろうとするので

そんなところで寝られたらカナワンと、足と足を強く寄せねば、その上に乗って

寝ようとするのです!

 

長時間居座られるとヤケドしそうになるくらい熱い、体重6.7kgのネコが( 実際

ずっと同じ場所にくっ着いて居られると低温ヤケドすると思う )そろえた両足の

上で寝ようとするのですから、キケン極まりない。

 

深夜に帰宅してからの「 コレでは寝られん 」と思っていたのですが、知らずの

あいだにワタクシも眠っていて、ちゃっかり " ゆず " は足と足の間に。

 

午前4時頃には出て行き、トッタン、トッタン、階段を下りて行きましたけれど。

 

yuzu184.jpg

 

で、「 こんな小さなサイズには入らんな 」と思っていた箱で寝る " ゆず " の図。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

現在となっては、なぜ「 ダカールラリーなの? 」という、若い世代もいそうな、

2019年は南米ペルーのみで開催されることになった " 第41回 ダカールラリー "

ですが、すでに7日には首都リマをスタートし、2日目は「 プジョー3008DKR 」

「 ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリー 」が、ワンツーとなったものの、

総合1位、2位は「 トヨタ・ハイラックス 」が、デザートの上で健闘中です。

 

トラック部門の常連「 日野チーム・スガワラ 」は、どうやら苦戦している模様、

二輪部門は「 ホンダCRF450ラリー 」と「 KTM450ラリー 」が接戦中です。

 

そのあたりのリアルタイム( 日本では半日~1日遅れ )な情報は " J SPORT "

のデイリーハイライトで観るか「 ダカール2019 」で検索の、各種ウェブサイト

の情報が興味深く面白いです。 二輪系は " HONDA " に過去の情報も満載!

 

そんなワタクシ・・・ 心配通り、アレコレなかなか追いついておらず、昨日も

マウスを置いたのは( " ペンを置いた " の比喩・笑 )零時近くになってしまい、

食事を摂る場所も無くなって仕方なく、繁華街外のコインパーキングにクルマを

停めて、徒歩でネオン街を通過した、超久々のラーメン屋さんで。

 

もちろん、アルコールは呑んでいないのですが、繁華街の深夜のラーメン旨し!

大ムカシは明け方、もしくは明るくなってからのソレでしたけれど・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨年から期限付きで取り組んでいる、オリジナルな( と言いつつ、完成度高く、

かつ柔軟性に富んだモノが作れれば、職種によっては必要とされる方が多い? )

データベース処理に使うMSアクセスの構築ですが、いよいよ第一段階の期日が

迫り、未完部分は手動処理で補うことで運用開始、そして出力へ・・・

 

今後は運用の中で、必要に迫られながら構築を続けることになるので、従来より

多少は作業速度がアップするのではないかと。

 

が、それとはまったく別に3月10日を期限とする、MSアクセス作成案件もあり、

コレは現在、エクセルファイルを肥大させながら進行中ですから、上記のモノと

比較して、ま、悩まずに済むだろうと楽観視しているのですが、レポート作成に

手間が必要となりそうです。

 

いずれの場合も一番の手間とまとまらないのは、知識と容量が少なめのアタマの

なかで巡らすアイデア部分ですけれど、これはすべての事柄に共通事項。

 

どんなことでも、複数の事柄を同時進行的に処理することが難しくなり、無理を

すれば、うっかり忘れの欠落が発生したり、顕著なのは、自分自身の暗算結果に

自信が持てなくなったことですので、あえて日常動作のなかに、マルチタスクな

用事をこしらえたり、暗算してみたりしていますが・・・ 効果はあるのか?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

その火鉢、五徳、焼網のセットは、年賀状で宣伝させていただいた( 年賀状を

お届け出来なかったみなさんへは、PDFでドゾ → 2019年の年賀状・約40MB )

調理特化型のデイサービス「 デイカフェ・クックラボ 」へ運び込んで、昨日の

写真にあった、かき餅、干しいも、みかんなど焼いて、懐かし楽しみたい予定。

 

ただし炭を使うので、換気に厳重注意は当然ですが、その " 炭 " をどうやって

「 いこす 」かが、若干問題。

 

ワタクシが幼かった頃は、底が網目状になった鍋、" 火おこし " に豆炭など入れ

直接ガスコンロにかけて、火の粉をパチパチ飛ばしながら、いこしていた記憶。

 

現代の厨房でのソレは避けたいところです。( 笑 )

 

すると、七輪も持ち込んで、昨秋にデイ裏手の駐車場で楽しんだ " サンマの日 "

のように炭をいこし、そこから火鉢へと、それこそ鍋に移して移動でしょうか。

 

「 先日はどうやっていこしたのか 」って? ふふふ自慢ですが、昨日の写真を

ちょっと引くと・・・

 

hibachi01.jpg

 

薪ストーブで炭をいこし、火鉢へ移動という贅沢を楽しませていただきました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

広葉樹の灰で満たすところまでは完了させていた、昨秋に入手した火鉢( 参照:

火鉢の使用方法 )コレの使用に必須となる道具 " 五徳 "( ゴトクという言葉は、

小学校の国語の教科書の、卵を立てるハナシで覚えた )を探していたのですが、

ホームセンターには華奢なつくりの小さなモノしか置いておらず、もっと大きな

サイズのゴツめ( これは標準語か? )を探して移動した三木の町並み。

 

あるもんですね~、さすが三木! それもデカく、ゴツく、知りませんでしたが

規格サイズというものがあるのでしょう、火鉢にセットすれば、高さも、直径も

ピッタリで、まるでオーダーしたかのよう。

 

D12( 鉄筋の表示方法? )サイズの鉄の丸棒で、曲げと溶接で武骨にこしらえ、

表面を黒く酸化させてサビに強くさせた五徳、これこそワタクシが溶接機を入手

して作りたかったモノですが、鉄の棒を丸く曲げる道具も無いので、イメージは

留めに切り刻んだ鉄の棒を利用して作る、四角い五徳・・・

 

こうして製作の手間を書いてみれば、その価格が、そこそこしたのも納得ですが

その何十倍もする溶接機を入手してさえ、やはり囲炉裏に置く五徳は自分自身で

作りたいですね。 覚えなければならないことテンコ盛りです。

 

さて、どんなモノを入手したのかというと・・・

 

gotoku01.jpg

 

さすが三木! いい五徳でしょ~( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お休みをいただいたので、2日ほど過ぎてはいますが「 誕生日に何が食べたい?

おごるわ 」と声をかけてもらい、「 蕎麦 」と答えて出掛けます。

 

ナビに目的地を入れ、高速道も利用する標準ルート案内のまま、それを無視して

一般道で走っていると、目的地をロストして案内が中断し、すると再設定しよう

としてもナビが反応しなくなる、という症状が、ディーラー対応でも改善しない

ので、これはソフトウェアのバグっぽく、解決策はあるのでしょうか?

 

ま、現在の位置は表示されているので、自分自身で道を選び、なるべくマイナー

ルートを選んで向かう、それもまた楽し。

 

到着すれば、並ぶ程ではないけれど、ちょうど満席という理想の混み具合の中で

蕎麦を満喫し、さて「 食後のコーヒーは ? 」と、ここは外から利用が初めての

山陽自動車道下り線の " 三木SA "、意外だったのは、ドッグランの利用に外から

訪れている方の多さ、スターバックスもあるし、綺麗なトイレが2か所もあるし。

 

広島ナンバーを中心にメチャクチャ混んでいるサービスエリアで、帰省や観光の

帰路気分にまぜてもらい、買い物楽しんで、採れたてイチゴがメチャ美味しくて

ワッフルで珈琲して・・・

 

さて次は、何のイベントか、オートバイであふれ返る " 道の駅みき " に立ち寄り

火鉢で使用する " 五徳 " を探すのですが、ここには置いてなく、その " ゴトク "

を探し求めて、三木の町並みを楽しくウロウロするハナシは、また次回!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ほぼ返さなくてもいいのだろうとワタクシの手元にある、借り物である年代物の

チェーンソーの排気音のけたたましさは、想像を絶する爆音で、はっきり言って

田舎暮らしの自宅でも遠慮してしまうほど。

 

集落の山間に反響して樹木を揺らします。

 

なので、リコイルスターターのワイヤーを引っ張って始動させ、チョークを戻し

スロットルレバーをクイックイッと、エンジンレスポンスを探れば、思わずヘラ

ヘラしてしまって、マフラーが無いんじゃないか?( 笑 )

 

意味のない爆音は迷惑でしかありませんが、サーキットでレーシングエンジンの

エキゾーストノートを聴けば、鼻血が出そうになって( 実際に出たことあるし )

メカニカルな技術と、それをヒトが整備し、操る技術の融合に興奮します。

 

さて昨日、昼食後に事務所へ戻る、国道2号線東行き沿いの歩道の上、遠くから

カン高いエキゾーストノートが聴こえ「 何かが近づいて来るゾ! 」とワクワク。

 

眩しいほどに艶々妖艶、ロッソコルサ( イタリアンレッド )のフェラーリ488!

ちょっと違和感があるのは、社外マフラーのバルブ開度の設定間違いか、速度と

エキゾーストノートがアンバランスで・・・ m(__)m m(__)m m(__)m

 

市街地ではさり気なくジェントルに、ワインディングではちょっと小粋に・・・

排気音のチューニングってのも、なかなか難しい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年賀状に添えて、メールで、SNSで、誕生日のメッセージをいただいたみなさん

「 ありがとうございます 」

 

すっかり忘れていました、ワタクシも彼女も。( 彼女はたぶん今も・笑 )

 

当日は( 昨日 )隔年1月3日の恒例行事となっている、高校時代の部活OB会が

ある年にあたっており、ワタクシの下から遥か先輩まで、2年毎に結構な人数が

集まって、2時間程度の親睦会&中華昼食を美味しく楽しんでいます。

 

回転テーブルに乗ったアレコレ大皿から飛び出た、大きなスプーンや取箸の柄が

ビール瓶を倒さないかドキドキしながら、話題の中心は " 定年退職 "、目の前に

迫っている方々は、すでにそれも通り過ぎた方々から各種アドバイスを聴いたり。

 

写真撮影を趣味にされている方の多さに驚きです。

 

みなさんに支えられたショットバー、個人商店時代を経て会社を立ち上げ満6年

おかげさまで、まだまだ学ぶことだらけのヒヨっ子のつもりですから、同世代が

定年退職間近だという現実が信じられません。

 

昨日で満56歳を迎えて元気いっぱいの予定、しっかり学びがんばり続けますので

よろしくお願いいたします。

 

平瀬謹也

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

元旦の朝一番、零時ちょうどには、つい2~3時間前に年末の無事と感謝を報告

させていただいた、田舎暮らしの地元の小さな神社で初詣。

 

誰も居ない、シンと静まり返った境内で、世界平和を言葉にしてみます。

 

ワタクシたちが誰かの、そして社会の役に立つ仕事をさせてもらい、対価として

報酬を得ようとすれば、なにわともあれ日本の平和。 ソレを維持するためには

やはり世の中が平和で安定していることが大切だと思いますので。

 

と、コレを始めた2000年頃から、同じことを繰り返し書いてますが・・・

 

さて、いつもの通勤路はガラ空きで、スムーズに走れて快適なのですが、観光や

帰省の他府県ナンバーも多く、走る目的がバラバラなので注意が必要です。

 

現場では、事務所では、お正月等関係なく働いていただいている方々に感謝。

 

ワタクシも「 さて 」と、まずはお歳暮にいただいたパックになったレギュラー

コーヒーの高級版を、いつも以上に丁寧にドリップしてから、自宅宛、会社宛に

届いた年賀状を、一枚一枚、丁寧に拝見、拝読させていただきます。

 

年賀状で、メールで、SNSなどを通じてメッセージをいただいたみなさん

「 ありがとうございます 」

 

本年もみんなで力を合わせ、かかわらせて頂く方々、社会の役に立ち、そして

それらが自分自身の知識として、対価として反映されるように頑張りますので

よろしくお願いいたします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu186.jpg
  • 20190220_meeting01.jpg
  • yuki-20190127-02.jpg
  • yuki-20190127-01.jpg
  • stove10.jpg
  • yuzu185.jpg
  • chabudai01.jpg
  • yuzu184.jpg
  • hibachi01.jpg
  • gotoku01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja