日々散文の最近のブログ記事

 
 

今シーズンは、なかなか草刈りの時間が取れずに、どこもかしこも伸びに伸びて

雑草オオゴト状態ですが、その影響は栗拾いにも。( 笑 )

 

実が落ちるソコの雑草が伸びていれば、探すのがタイヘンになりますし、落ちた

あとから刈れば、鋭利な刃が栗の実をハネてダメにしてしまいます。

 

という訳で、まずは栗拾いから。

 

20221002_kurihiroi01.jpg

 

この斜面では小ぶりな山栗が拾えます。

 

20221002_kurihiroi02.jpg

 

南斜面へ移動すれば、ぷくぷく丸い大栗いっぱい。

 

その後はガッツリ、自作小屋の西側斜面から北側斜面へと、刈払機の燃料が空に

なるまで草を刈り( 夏は汗だくフラフラになって、長時間の作業は無理だった )

シャワーを浴びて・・・

 

20221002_kurihiroi03.jpg

 

夕食はサンマ。( ちょっと身が細いけれど・笑 )

 
 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昼下がりの千姫の小径で振り向けば、明日には神無月を迎えるにも

かかわらず、キラキラと眩しい陽射しが降りそそぎます。

 

20220930-01.jpg

 

狭い路地を抜けて、たどり着いたのはひと気の少ない姫路文学館。

 

20220930-02.jpg

 

片隅には名残りのレンガ塀が少しだけ残っているのですが、むかし

ここには、使われているのかいないのか、男山市民寮があり、その

裏手のレンガ塀に囲まれた細い道で、その塀から突き出た白い手を

見たことがあるのですが、あれは何だったのだろう・・・

 

20220930-03.jpg

 

その離れにあたる、望景亭を訪ねます。

 

20220930-04.jpg

 

同級生女子が通う、陶芸教室の作品展「 重陽の節句と中秋の名月 」

・・・彼女の作品のチョビ( 猫 )が想像以上にデカい1/1サイズ。

 

20220930-05.jpg

 

陽射しは眩しいけれど、抜けるように高い空が秋の訪れを告げます。

 

※ むべ陶房・陶芸教室・作品展14th 10/2(日)~16:00まで。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

目まぐるしく次から次へ各種アレコレが連続するのですが、けして振り回される

ことなく、かつ抜け落とさず、継続もしくは完了させて行かねばなりません。

 

鼻のボタンを押すと動き出す、パーマンのコピーロボットが欲しいところ。

 

iPad のセットアップは遅々と進んでいませんが、使用開始前には現場側の Wi-Fi

環境を改善させなければならないことに今さら気づき、愕然としています。

 

癒しは、プラットフォームを変更して大幅に更新したホームページが機能し始め

目に見える効果が出てきていること。

 

同様に、もっともっと機能的で無駄のない業務改善に取り組みたいところです。

2か月間くらい、ソレ一本だけに没頭したい・・・

コピーロボットが・・・

 

コピーと言えば、ワタクシが使用するソレの ADF が不調でフラットベッドしか

使えず、大量読み込みや両面コピーが出来ずに不便極まりない。

 

長年活躍しているので入れ換え時ではあるのですが・・・

プリンタ置場周辺も整えたい。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

それほどの大雨にはなりませんでしたが、天気予報通り雷鳴が轟いてビビった。

それも地響きを伴うような、重低音型のカミナリ。

 

オーディオ系からは、とんと遠ざかって久しいので、現在の流行や考え方は全く

知らないのですが、ワタクシたち世代はソレにハマった方も多いハズ。

 

低音のビビリ等々を防ぐために、高価なインシュレーターを購入したり、部屋の

中まで、コンクリートブロックを持ち込んだり。( 笑 )

 

電源にも拘って、敷地の中に電柱を立てて、トランスを設置した人までいるとか

多かれ少なかれ、趣味の世界はそんなモノだと思うので、否定をしないどころか

どちらかと言えば、賛同する気持ちのワタクシ。

 

田舎暮らしのウチも、一昨年、裏の畑から建物横に電柱を移設したし。( 笑 )

 

とはいえどワタクシの場合、音を求める方向性が元々、低音系よりも、クリアに

響く高音を欲する派で、ともすれば中音のみの安物ラジオから流れるカントリー

ソングに望郷の思いやまず。( ふるさとはバリバリの関西ですが )

 

「 ハム 」とか「 BCL 」とかも死語ですよねぇ~

 

短波ラジオのチューニングを合わせ耳をすませ聴く、ラジオ・オーストラリアの

ワライカワセミの鳴き声とか・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

秋まつりは、通常開催される地区と見送られる地区が混在するようで、その日を

待ちわびている方々にとっては、嬉しかったり、哀しかったり、ホッとしたり。

 

ワタクシたちが暮らす地区では3年連続の神事のみになりますが、田舎暮らしの

小さな集落では元々、日本の原風景を見ているような、小さな社での神事のみの

秋まつりなので、その日、始まりの太鼓が響き渡り粛々と進んでゆくでしょう。

 

来年はワタクシの班が当番です。

 

事務所のある地区では、練り合わせなどは中止されるそうですが、屋台を出して

単独での練りや、子供たちが囲んで撮影をするために、ウチの駐車場を使わせて

欲しいとの申し出があったので喜んで応じます。

 

ワタクシも撮らなくちゃ。 焼きそばや、たこ焼き用意せなアカンかな?( 笑 )

 

まだ不自由も続きますが、どなたにも素敵で美味しい実りの秋が来ますように。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ノーベル賞と言えば彼女も、ワタクシがいたく感動した受賞級の発明?発見?が

あるのですが、最近の朝食は具たくさん味噌汁にゴハンなことが多く、健康的に

過ごしていて滅多に食パンが出てこないので、その発明を長らく見ていません。

 

ちなみにワタクシは、バターの上に重ね塗ったママレードの食パンが好きですが

彼女は苦手で、つまり、その組み合わせが出てくる可能性は極めて低いのです。

( と言っても、タマのタマには出てくることもあるので期待が無い訳ではない )

 

で、ウチの場合、朝食に食パンが出た際に、そのパンの表面に幅1.5cm程の穴が

開いているんですね。 もう何年も前にそのことに気づき、彼女に聞けば・・・

「 バターナイフの表面に付着した、バターやジャムを拭うため、パンに刺して、

抜いてしてるからやん。 あとで洗うの簡単やろ? 」

 

そう、朝食後の食器を洗うのはワタクシの担当なのです。

 

「 そうか! バターナイフをキッチンペーパー等で拭えば消費するだけですが、

パンに刺せば、ちょっとは中に味も染みて一石二鳥 」

 

アナタの家の食パンにも同様のキズがあればノーベル賞です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

人生、学びのシーンやチャンスは多々あり、ワタクシもこの年齢にして、ついに

ハンカチ( 実際にはバンダナ )にアイロン掛けする際のコツをつかんだのです。

 

えっ!常識?( 恥 )

 

対辺線( という言葉があるのか検索してみたけれど " 中点 " など位置を特定する

要素が無ければ、成立しない感じかな? )を、まず先にアイロン掛けする

 

たったコレだけで、ハンカチ( バンダナ )がピシッと正方形になるんですね~

( 常識ならば、気づいたことを自慢げに書いている自分が恥ずかしいですが )

 

いままでは、まず台の上に乗る半分をアイロン掛け、反転して残り半分。すると

正方形が出ないままに伸びて、畳んだ際に角と角がキッチリ合わないのです。

 

それがまず先に、対辺線を十字にアイロン掛けしてから半面ずつ掛ければ、アレ

不思議、ピタッと正方形に仕上がるのです。ソレを畳むときの気持ちよさ!

 

" 手順 " というのは、ついマンネリ化して、最適解を探し求める努力を忘れがち

になりますが、やはり常に " 考える " ということが重要ですね。

 

ワタクシ、学びました。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅あたりでは、雨量は激しくなかったので大丈夫だと思いますが

ひと晩じゅう吹き荒れた強風による影響が、徐々に明るくなり確認できるように

なって、どこにも台風による大きな被害が起きていませんように・・・

 

昨日の午後も強風で木々の葉が裏返り、広葉樹の山々が白かったのですが、それ

以上に空が白く濁っているようで、アレは何の影響だったのか?

 

そんな中、いまだ10台中の1台目の使い勝手を、アレコレ試行中の " iPad " ですが

その携帯性の良さを台無しにするゴツい、工事現場用のケース10個が届いたので

さっそくハメてみます。 さすが落としても大丈夫そうですが・・・ ゴツい。

 

実際の運用は " Wi-Fi " 圏内となる中で移動させた範囲、慣れた人、慣れない人を

含めた複数人での操作となるので、その携帯性よりも、わかりやすく目立つコト

落としても大丈夫なコトが重要です。

 

セットアップの方向はほぼ固まったので、あとは次々 Apple ID でサインアップし

各種アプリをインストール、ゴツいケースに収めれば配布開始です。

 

あっ! 現場となるアチコチの " Wi-Fi " 環境は隅から隅まで大丈夫だったかな?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

台風の接近にともない風雨が強くなりつつありますが、どなたにも大きな被害が

出ませんように・・・

 

ワタクシが中学1年生だったでしょうか、姫路市街地に大きな洪水をもたらした

台風があり、地下街や多くの商店が浸水&水没にみまわれて、被害は相当だった

ハズです。

 

にもかかわらず、その当日、少年のワタクシはヒザあたりまで水に浸かりながら

歩いて、わざわざ駅前まで行っていたのです。( のちに聞いた武勇伝では、同じ

洪水被害の中をゴムボートで偵察していた同年代少年とか )

 

その理由とは・・・ 台風襲来の当日が、たまたま発売日と重なった、ワタクシ

人生初の「 LPレコードのリリース日だったからぁ~ 」( チコちゃん風に )

 

という訳で人生初、自分自身で購入したLPレコードを手に、また地面の見えない

洪水の中をヒザあたりまで浸かりながら自宅まで歩くのですが、思い出せば当日

「 OSビル1階にあったレコード店がよく営業していたな 」と。

 

大切に封を解き、もらい物のレコードプレーヤーの針をそっと下ろします。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

" 腕時計 " というモノを着けることが無くなって、すでに10年以上が経ちますが

ここ最近、見回せばウェアラブルコンピュータな " スマートウォッチ " を着けて

いる方の多いこと! てか、職場では完全に半数を上回っているし・・・

 

そんなコトになっていたんですね世の中。 浦島太郎な気分。

 

腕時計で通話が可能なタイプだと、あとは相手の顔さえ映れば( すでにある? )

まんま " ウルトラセブン " のビデオシーバーそのもの。

 

当然 iPhone 連動の WatchOS 搭載のモデルが圧倒的に多い感じで、Android 版は

少数派か、ワタクシの見分けがついていないのか・・・

 

値段もピンキリで「 オモチャのように見えるソレがこの値段か! 」 m(__)m

 

なにの差か " コネクテッドウォッチ " とも呼ぶようで、高級時計然としたカッコ

イイものもあり「 そのクロノ文字盤は液晶で、選べるんですか! 」と驚く。

 

ちょっと物欲がソソられたりもしますが、搭載される機能のナニが便利で、そも

そもソレはワタクシが必要とするのか? 便利さを知らないだけなのか・・・

 

機械式の時計はメンテナンスをすれば、それこそ一生モノになりますが、電池や

液晶の寿命が尽きるまでとすれば、あまり高級なモノもツライ商品だなぁ。

 

デカい腕時計はソコら中にブツけまくるし。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

シアワセを呼ぶ道具と言えば " イス " で、座り心地の良いソレに巡り合えた際の

満足感は相当なモノです。

 

大昔、ハイラックスの荷台にアレコレ道具を積み込んで、ちょい遠出の出掛けた

先で仕入れた食材でのデイキャンプを楽しんでいた頃、深めの座り心地が最高の

クルッと丸めて畳めるイスにめぐり会い、このイスに座ってウトウトしたいから

出掛けていたと言ってもウソではないくらい。( 笑 )

 

はたまた現在の田舎暮らしの自作カーポート下での、お気軽バーベキューの際に

腰を下ろす、外に出しっぱなしのワタクシ自作のベンチイスも結構シアワセ。

 

その他、出掛けた先でちょっと変わったにイスにめぐり会えば、必ず座り心地を

試してしまいます。 ただし「 コレは良いイス ! 」と感動しても、ちょっとや

そっとじゃ手が届きそうにない価格なことも、よくあるハナシ。( 涙 )

 

さて現在、かなりお気に入りのオフィスチェアが、背もたれが腰まで少しだけと

低くて、座面しかないようなイスなのですが、チョー座り心地が良くて、背筋が

シャンとするんですね。 価格もほどほどにリーズナブル。

 

買い足しや入れ替えの機会には、順次このイスに変えて行きたいと思うのですが

イスを「 どこまでで寿命とするか 」これまた難しい問題。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

仕事上で頑張っていた掃除機がバタバタと連続して倒れ、4台を購入することに

なったのですが、この " 掃除機 " という機械もピンキリで( いまだにピンとキリ

のどっちが上なのかイメージがない )比較的安価なモノから超高価なモノまで。

 

ま、仕事上で使うのでロボット型や充電型は選択肢から省くのですが、それでも

まだまだあるよ高級品が。 総じて高価なモノが良いモノなのでしょう・・・

 

しかし、複数の人が扱うモノは傷みやすいという宿命。

 

なんとかせねばならぬ課題ですが、現在のところ解決には至っておらず、すると

超高価なモノはちょっと躊躇してしまいます。

 

ゴミ捨ても面倒に感じて積極的になれないのならば、目に見えるサイクロン式が

良いようにも思いますし、とにかく捨てる、その捨てやすさの紙パック式か。

 

急ぎ必要だったので、今回はすでに購入済みですが、今後の課題として「 どんな

掃除機が使いやすくて長持ちするのか 」課題です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

支柱が6本のカーポート、いやホント、大きめの屋根があるってのはシアワセで

出費はキビしかったけれど、建ててもらってよかった。

( 時間が許せば自分自身で建てたかった )

 

で、そのカーポートの「 ここに支柱があるゾ 」と明確に分かってもらうために、

黄黒斜めゼブラ模様のクッション材を、6本の支柱に両面テープで固定します。

 

実際のところ、自動車が当たってしまえば、クッション材があろうが無かろうが

ひとたまりもありませんが、ドア開閉や歩行不注意には効果がありそうです。

 

さて、クッション材の耐候性がどの程度か分かりませんが、ブチル系両面テープ

で固定した、その上端の隙間から雨水が侵入すると、接着が弱まる可能性が高く

また母材が傷むので、上端のみコーキングを流して隙間を無くしておきます。

 

安心、安心。

 

こういった簡単な作業に加えるひと手間は、自分自身施工でないと難しいです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

日本海を北上する台風の影響で、強風が吹き荒れた火曜日、路上に散らばるアレ

コレに注意しながら、運転するクルマの遥か前方を見れば・・・「 山が白い 」

 

「 ん?ん?ん? あの山って普段からこんなに白かった? 」

 

気になってキョロキョロ見回せば、あの山も、その山も、どの山も、普段よりも

白く見えて、アレレレ???

 

ちなみに " 山 " は、田舎の方が、スギやヒノキが育つ、針葉樹の山がほとんどで

街中のほうが自然に近い雑木 " 広葉樹が育つ山 " なことが多いです。

 

山を活用しているからこその逆転現象ですが、山を継ぐ人の問題や、木材価格の

低下によって、植林されているのに放置されている山も目立ちます。

 

ここにきて材木価格は急騰しているのですが、だからといってスグに対応できる

モノでもないところが難しい。 もし " 山 " を手放すにしても連続する他の方の

山々や植林のこと、そもそも山の管理を共同体で行っていたりもしますし、その

麓に続く田畑などとも密接に関連しているので容易ではないでしょう。

 

という訳の田舎と違い、街中の山々は広葉樹主体なので、大きな葉っぱが強風で

裏返り、一斉に白い面を見せていたので、山が白く見えていたのですね。

 

また台風が近づいていて、来週あたりに接近する可能性があり、どこにも被害が

ありませんように。 先日の台風では、ウチの大きなタラの木が折れてました。

 

そんな風の強い日、" 山 " を見てみてください。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

職人か趣味人か要素満載のハイエース、リアサイドガラスに小さく、自身が乗り

使用するバイク&ウェアブランドロゴと、ココのURLをボディ同色カッティング

シートで貼っていることもあり、突然、話しかけられることがあったり。

 

hiace-logo.jpg

 

直近は・・・ と言っても半年以上前ですが「 2022.01.29 」の出来事。

 

で、昨日は金融機関の駐車場で、ソコの支店長さんに突然話しかけられて、少々

驚きながら、心の中では「 なに? なんの用事? 」と、ビビリ気味。( 笑 )

 

「 オートバイに乗られているんですか? 」「 最近は " オートバイ持ち " です 」

「 私もプライベートではハイエースに乗っていましてね 」えっ! 支店長が!

 

てな会話に続いて、ワタクシ「 ステッカーを見て " オートバイ " と分かるという

ことは、支店長もオートバイを? 」

 

「 いえいえ私の場合は、ちょっと『サーフィン』を 」

 

そりゃどんな趣味もあり得るでしょうが、スーツ姿がビシッと決まった支店長が

オフにはハイエースに乗って海に通い、波に乗っているとは!

 

かなり驚きつつ、趣味人バンザイ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 ダカール・デザート・ラリー の映像がスゴイ 」と、ワタクシが語ったことが

彼のナニかに火をつけてしまったようで、レースがらみのゲームの話が始まって

もう止まりません。

 

映像のスゴさとか、その仕組み?とか、レースの内容など、次々と語ってくれる

のですが、チンプンカンプンで、まったくアタマに入ってきません。 m(__)m

 

確認できたのは、コマーシャルに使われている短編映像の質そのままでゲームを

楽しめるそうで、すごいレベルになっているのですね、ゲームの世界。

 

ココを " ダカール " で検索すれば、彼ほどではないにせよ、ワタクシの熱い思い

も伝わると思う( 笑 )のですが、2022.01.15 に綴った「 アウディRS Q e-tron 」

が、『 ダカール・デザート・ラリー 』の早期予約特典として入手できるそうで、

ならば " プジョー205T16 GR " 、" 405T16 " 、" パジェロエボリューション " にも

乗ってみたい!

 

オートバイ?? 突然、大きなギャップが現れるかもしれない道を、オフロード

バイクの時速 200km/h 以上で駆けるなんて、コワくてとても・・・

 

ハンドルがブレ出したら止まらんよ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ゲーム系の知識がまったく無くて、いったい現在、どんなハードが売れ筋の幾ら

くらいなのか、はたまた、どんなソフトに熱く萌え尽きているのか、蚊帳の外な

ワタクシですが( カヤノソトは通じるのか?)SNSから勝手に表示された内容を

思わず見入ってしまいます。( ターゲティング広告の思うつぼ・笑 )

 

世界一過酷な( か?は分かりませんが )モータースポーツ " ダカール・ラリー "

公式ゲーム『 ダカール・デザート・ラリー 』が PS4、PS5 で 12/1 に発売決定!

 

" アナウンストレーラー " と呼ぶのですか? ちょい見せの広告映像がカッコよく

繰り返し見てしまったのですが、あの映像レベルで全編、ゲームが出来るの?

 

広告によれば " 走り " だけではなく、ナビゲーションを楽しめたり、エントリー

マシンも、四輪、バイク、バギー、トラック、ATV と選べるようでスゴイ!

 

コントローラーを握りしめ、いきなりの大クラッシュよりも、上手い方の映像を

横で見ている方が、バーチャルなレイド競技にのめり込めそうですが、そもそも

PS4、PS5 って何が違うの? てなレベルのオジさんにプレイは可能か???

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

空間を一直線に切り裂き夜空を照らす一条の光、指し示す先は不安のない未来か

はたまた、果てしない幾千光年の時空を超える宇宙との交信か・・・

 

てな具合で、春頃から福崎町にある " 文殊荘 " がライトアップされている項目の

ひとつに、強力なサーチライト( この照明器具を何て呼ぶんだ? )で、まさに

夜空を切り裂く一直線で遠くを照らしているのです。

 

帰路の播但自動車道の上から、毎夜、それを眺めているのですが、日によっては

照らす向きが違う、それはいったい何を指し示しているのか・・・

 

それが昨夜、砥堀から乗ったすぐから光の線が見えていて「 まさか違うだろう 」

と思っていたのですが、進むにつれて、疑いが確信に。

 

「 こんなに遠くまで届くのか・・・ 」

 

晴れてはいるけれど、もやのかかった空気が、サーチライトの明かりを遠くまで

運んでいたのでしょう。

 

不安のない未来を照らして、どこまでも届く光源、ちょっと欲しくなりましたが

・・・電気代が高そう。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

コーヒーブレイクな時間に、個包装の小さなお饅頭がついてきたのでラッキー!

 

それをつまみ上げてワタクシ「 みんな知らんやろうけどデパートの1階になぁ、

何段かになった大きな円盤形の販売台がゆっくり回っているソコに、何種類もの

お菓子がいっぱい載っていて、量り売りしてたんや 」

 

「 何ですかソレ? 勝手に回るんですか? 想像もできんわぁ~ 」との声の中、

「 わたし大昔に、その横に立って量り売りするアルバイトをしてました 」と!

 

それも「 そごうで 」なんて聞けば、何かよくわからんけど負けた気に。( 笑 )

 

と言いながらもワタクシ、回るソコで何かを買ってもらった記憶はないのですが

化粧品の匂いが充満する、同じフロアで売られていた " けいらんまんじゅう " が

美味しかった。 " けいらん " が " 鶏卵 " なことを知るのは大人になってから。

 

そう " けいらん " と言えば " かしわ " 、大阪万博に堂々やってきたケンタッキー

フライドチキン日本1号店で、ソレを購入して食べた大人が「 なんと世界には、

こんなに旨い " かしわ " があるんかぁ 」と驚いたのは有名なハナシ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

4人部屋だったでしょうか・・・

 

端のベッドから順に、血まみれの女性が寝ている人を揺すって、目を覚まさせて

いるのですが、いよいよ次はワタクシの番です。「 ウワォガィィィ~ 」

 

訳の分からない自分自身の悲鳴で目覚めれば、「 ニィちゃん毎晩ハデやなぁ~ 」

そう連夜、同じ夢でうなされた大きな声の寝言で、同室の患者さんたちに多大な

迷惑をかけているのです。

 

ちょっと話題を逸れてワタクシ、寝てみる " 夢 " の話は「 書かない 」のですが、

今回はソコ( 血まみれ女性 )が無ければ、ハナシが進まないので・・・ m(__)m

 

「 恥骨が折れてる 」と聞いて一瞬、股間を石膏で固めた姿を想像したのですが、

幸い " 安静 " しか方法がないようで助かったものの、全身打撲の痛さでベッドの

上では寝返りも打てず、割れたヘルメットの頭部強打の超頭痛が続いています。

 

しかし、点滴液には睡眠導入のナニかが含まれているのか、落ちるように眠って

丑三つ時のブラッディマリーです。( 涙 )

 

同室者の失笑とかける迷惑に居たたまれなくなり、3日目で「 帰らせて~ 」と、

懇願しての退院となるのですが、まだまったく動けないどころか、時間が経って

よりヒドく染まる、太もものドス黒紫色に「 オレ、大丈夫か? 」

 

という訳の「 はじめての退院 」編は、また次回!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ちょっと " コトン " と当たったくらいで、その箇所がすぐに紫色になってしまう

彼女ですが、反面ワタクシは " ガツン " とどんなに激しく強打しても、めったな

ことでは内出血しない、頑丈な血管がジマンです。( 笑 )

 

しかし昨日書いた、飛び過ぎオフロードバイクで崖下落下の際は、ライディング

ポジションをキープしたまま墜落したので、地面との激突を、90度置き換えれば

高速度で壁に、そう正面衝突や高速オカマと同様の衝撃を受けた訳ですね。

 

すると、急激に止まるバイクから、慣性で飛び出すライダーは、ハンドルバーで

ももを強打し、大腿骨骨折に至ることが多いのです。

 

意識は取り戻したけれど、全身打撲でまったく動けないワタクシは、モトクロス

コース近隣病院へ運ばれようとしているところ「 地元の病院にして 」と懇願し、

連れて帰ってもらい「 お子さんですか? 」の受付から全身CTスキャンの後に、

ドクターから「 恥骨が折れてます 」と、2週間の入院を言い渡されるのですが、

大腿骨骨折は免れたものの、太ももの周囲を紫色というか、どす黒く変色させた

ワタクシは、3日目にコソコソ退院する、その一部始終はまた次回。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

力を合わせ、アイデアを練り上げ作った展示ポスターを抱え、参加してきました

「 エコレシピ博覧会 」は、初!アクリエひめじ @ 他イベントで大盛況。( 笑 )

 

広くてキレイな建物に感動しつつ、キョロキョロしながら会場の4階に向かえば

「 おぉ!ココも結構、人がいっぱい、高校生! 大学生! 少数の大人チーム 」

 

上記ラインナップの各グループが「 わたしたちが考えたエコレシピ 」を、展示

ポスターに、わかりやすくまとめたモノを使いながらの発表会です。

 

eco-recipe.jpg

 

よくガンバってくれました! お疲れさまです!

 

学生みなさんに、調理に特化した機能訓練を提供するデイサービスの取り組みや

会社の魅力が、ほんの少しでも伝わったならば幸いです。

 

色々なパターンが選べるウチの制服に気づいてもらえたらと、3名で話し合って

当日はデザインがカブらないようにしてくれてた!

 

気づいてくれた方はいるかなぁ~

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

建材と文具、双方で必要なモノが生じ、大型ホームセンターに立ち寄ります。

 

が、仕方ないのでしょうが、それぞれに売場が縮小してしまい、品揃えが豊富な

魅力が徐々に薄れて、タマに購入していた商品は取り扱いが無くなりました。

 

難しいですね「 こんなモノ誰が購入するんだろう?」という商品が、その売場の

魅力を作っていたのかも知れません。 売れ筋だけにしたら魅力が無くなった?

 

全然売れない商品にスペースを割いて無駄な経費が生じるくらいならば「 在庫を

見直し、2フロア分を1階に凝縮して、空いた2階をテナント貸ししよう 」と。

 

ごもっともです。 そうしなければならないでしょう。 しかしワタクシ的には

「 魅力が無くなった 」。 いや、そんな少数派の意見に左右されてはダメです。

 

常にコストを意識して、従業員方々にしっかりと給与が支払えるように、正しく

健全な経営を目指さねばなりません。

 

すると " 魅力 " は誰が創出するのかな? コンパクトになった売場だからこその

目が行き届くメリットを活かし、消費者の思いを敏感にフォローして売場つくり

に反映させる・・・ しかし目に見える形の成績も必要ですし・・・

 

難しいなぁ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

発表会的なモノがあるということで、枕元ビール彼女が( 検索してね )模造紙

( 大きな紙 )をベースにして、プリントアウトした写真を切り抜いて貼ったり

コメント添えたり、文化祭っぽい雰囲気の巨大なレポート?が完成しています。

 

見せてもらえば「 夏休みの自由研究 」風のなかなかの出来栄えと思うのですが、

20チームがソレを発表するリストには、〇〇高校とか、〇〇専門学校、〇〇大学

とかが並んでいて、ウチ以外はみんな自由研究のプロ( 学生 )やん。( 涙 )

 

ウチの中では若年チームを率いてガンバっている、枕元ビール彼女ですが、学生

相手となれば、発表ブツ的にも年齢的にも、なかなかキビしい勝負になりそうで

その内容への投票で、順位が着くようなのですが・・・

 

そんな目でもう一度、発表ブツを見直せば「 ちょっと地味ちゃうか? 」m(__)m

ウチの全員が、不得手&初体験でナニをすればイイのか分かりません。( 涙 )

 

しかし時は待ってくれず、8/28(日)11:00~16:00。 ワタクシは、まだ行った

こともない「 アクリエひめじ 」4階大会議室の一隅が会場で、各々グループに

掲示板1台とテーブル1台が貸与され、ソコに発表ブツを貼りだし、みなさんに

見てもらう形式。 って、そもそも何名くらい来るんだ? 10人?100人?

 

写真の周囲を、かわいいマスキングテープで囲わんとギャルに置いてゆかれるん

ちゃうか? ティッシュで作ったバラは貼らんでエエか? オジさん心配。

 

テーブルの上に何か置いとかんと寂しいかなぁ・・・

てな、発表会はコレ → eco-recipe2022.pdf (ascare.co.jp)

 

枕元ビール彼女に与えられる時間は、上記会場 12:30~13:30 の間の約5分!!!

昨日、彼女にインタビューすれば「 すでに胃が痛い (T_T) 」と。

 

・・・ワタクシも胃が痛くなってきた。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

もうすでに過去の事ですが( 先週くらい )どこぞで購入した、首に沿った形が

良さげに見える、反発素材で出来たマクラを捨てました。

 

惜しい気持ちは多少あれど、もうワタクシはマクラを使うことは無いでしょう。

 

というくらいにマクラ離れをしたワタクシ、個人差大きく、人によるでしょうが

そのことによって、かなりの頻度でツラかった首問題から遠ざかっています。

 

多くの方が該当しそうですが、なにか体調が悪ければ、弱点である首から調子が

悪くなることが多く、かといって具体的に問題がある訳でもない、もどかしさ。

( 原因に心当たりはあるけれど、ここまで歳を重ねたら何が主因かわからない )

 

それが6月、7月と2か月間に渡ってアレコレ実験を繰り返した結果、マクラを

無くした方が「 調子が良い 」という結論に達し、「 それでも 」と使ってみれば

絶不調な首の調子に「 コレは思い切って捨てよう 」となった訳です。

 

という訳で、同様の問題を抱えている方には「 マクラを無くしてみる 」という

実験をお勧めするのですが、個人差が大きいことは理解していただき、いきなり

マクラを捨てるのはどうかと・・・( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で一昨日、ワタクシは初めて連絡通路を歩いて、駅ビルというあたりを

ウロウロしたのですが「 アレ、2階にあるハズの本屋はどこだ? 」と迷子状態。

 

方向感覚には長けている方だと自負しているのですが、クルクル回って何階にも

分かれている駐車場だとか、それこそショッピングモール内はまったくダメ。

 

駐車場でも、例えば「 C-2ブロックに停めたゾ 」などと覚えておけばいいものを

その気も無く、後ろを振り返らずズンズン行くので「 アレ、何階に停めた? 」

 

さて一昨日も「 駅ビル2階には本屋がある!」ハズなのに、東側から連絡通路を

来たら見あたらず、迷子になっているワタクシに彼女が「 外に出たら分かるわ 」

 

そうか、そうか、本屋さんは線路下の建屋にあり、いま居た建物は線路の北側に

建っているのか。南北に2棟の( とはいうものの、線路下は棟でもないけれど )

レイアウトだったのね。( もしかしてジョーシキ? )

 

クルマでの移動メインの方は「 駅前に出る 」ということは珍しいと思いますが

タマに出てみれば新鮮。 魅力的なお店も多いし。 迷わないように。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

映画って「 いつ観たかな?」とココを検索してみれば、結構出るわ映画の話題。

 

自分自身が過去に書いたアレコレを読み返してしまい、いわば、片付けの最中に

見つけたアルバム状態。( 笑 ) それぞれの当時に書いた内容はすっかり忘れて

いたのですが、ま、そこそこ良い内容のモノもあったので、ぜひ " 映画 " で検索

してみてください。 カワイイ " ゆず " も検索ヒットした中に ♪

 

という訳でワタクシ、じつに何十年かぶりに映画を観てきたのですが、かかった

当初から「 観に行きたい ♪」と言っていたものの重い腰が上げられず、そうこう

しているうちに「 観てきましたぁ~ ♪」と周囲からチラホラ。

 

で、やっとなのですが「 良かった ♪」。やはり、大きなスクリーン大きな音量で

没頭して楽しむ映画は格別 ♪

 

クルマ駐車ついでの連絡通路での空中異動で、駅前に出てコーヒーブレイク。

 

夜からの同窓会は、フタを開けてみれば男子4名参加( 内1名は店舗オーナー )

47年ぶり?の会話に花が咲きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 ToDoリスト 」って言うのですか?「 アレコレやらなくちゃならないリスト 」

ワタクシもアレコレ試してみたのですが、結局「 リストそのものを見なくなる 」

という根本的な問題を乗り越えられず、その都度、スマホのカレンダーアプリに

直接書き入れるという、原始的な手段を用いています。

 

気をつけなければならないのは、そのカレンダーアプリは職場全体で同期させて

使用しているので、プライベートな ToDo は意識して登録しなければ、みんなに

公開することになる訳で・・・( 笑 )

 

昨日、懸念のホームページがおよそ完成し、みんなのスマホでの検証を依頼した

のですが、当事者となる職場は、全員が iPhone と言う・・・

 

そのホームページを参考に、もう一つ早々に取り組まなければならないサイトが

あることに気づき ToDo に追加。 昨年から持ち越しの物干し場の屋根は一刻も

早く作らねばなりませんし、別では脱衣室の棚も頼まれていたな。

 

個人的懸念なのは、給湯室のミニシンクを事務所の隅に移動させて、ソコにある

ドレッサー洗面台を給湯室に移動させたいという、給水給湯、排水が絡む問題。

 

その他、カレンダー ToDo には、月内に完成させ提出しなければならない書類が

二種類アップされているところに、イベント一つと、月々のルーティン等々。

 

そもそも ToDo がワタクシの能力を、はるかに越えてるって!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ちょっと今週、来週と早起きをする必要が生じ、シャワーを浴びて時計代わりの

テレビを点ければ・・・ 持論公論番組に続いて人形歴史劇が始まったし。

 

いや、早起きは急いで出掛ける訳で、見てる間は無いのですけれど。

 

テレビ人形劇と言えば、ワタクシたち世代が思い出すのは「 新八犬伝 」。

調べれば、1973年から2年間にかけての全464話。

視聴率も高かったんじゃないかな。

男子たちはみんな深くも考えず「 たまずさがおんりょう~ 」ってやってたし。

 

テレビ用の逸話盛りはあったでしょうが、そんな機会でもなければ、江戸後期の

長編小説、曲亭馬琴作「 南総里見八犬伝 」に触れることもなかったでしょう。

 

当時、その番組前に放送されていたのは「 少年ドラマシリーズ 」で、調べれば、

1972年から1983年にかけての全99話。 何回くらいで1話だったかなぁ・・・

 

結構、見たと思うのだけれど、内容とタイトルが一致して記憶に残っているのは

「 つぶやき岩の秘密 」と「 ぼくがぼくであること 」でしょうか。

 

「つぶやき岩の秘密 」主題歌、石川セリさんが唄う「 遠い海の記憶 」は今でも

聴きたくなりますし、「 ぼくがぼくであること 」は、山中恒氏の原作も購入。

 

当時、そんなドラマの冒険や恋愛に心ときめいてた。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

暑い、暑いと言いながら( ちなみにワタクシ自身は比較的得意なので言わない )

みなさん、外からエアコンの効いた事務所に入ってくるのですが、昨日はソコに

ずっといたワタクシは、時々、暖まりに外に出る必要がある変温動物状態。

 

エアコンは湿度を下げて、快適空間を作ってくれる必須機器ですが、この季節は

大きめのビーチパラソルを用意して、その下の外で事務作業がしたい。

 

カーポートに停めたクルマを追いやれば似たような環境になるので、気候の良い

秋口あたりに実験をしてみたいところですが、地面がアスファルトなのがなぁ。

 

そう、ヒトは " 屋根がある " ということに安心感を覚えるので、自然の中にある

東屋( あずまや )などは、日差しを遮り、雨がしのげる、メチャ落ち着く場所。

 

ぜひ、ウチの敷地斜面のどこかにも欲しいです。

草刈りの途中で「 ちょっと腰を下ろしてひと休み 」なんて・・・ シアワセ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

夜空を見るたび思い出すのは、マッドマックス・・・ いや改め、過去に何度か

UFOとも思えるような、不思議な光を目撃したことがあり、きっと毎夜のように

ソレは、見上げる誰にも、いくつも、発生しているのかも知れません。

 

つい先週は帰路を急ぐ自動車道から見て北東の方角に、マイナス何等星かと思う

輝点が現れて、目で追えば、ほぼほぼ同じ位置で輝きを増して行くのです。

 

あとからフライトレーダー( 飛行機の現在位置がわかるアプリ )で確かめると、

どうやら千歳から神戸へ向かうスカイマーク便が、着陸前のまさにレフトターン

を始める着前、着陸灯が点いていたのか、徐々に高度を下げながら、ワタクシに

向かって飛んできていたので、ワタクシから見れば、空に浮かぶ光点がどんどん

輝きを増しながら同じ位置にあるという。

 

クルマを停めて観察したかった。

 

古いハナシになるのですが、明け方の南の空に弧を描きながら、西から東の空へ

絵に描く隕石のように、オレンジ色のシッポが生えて飛んで行く、超明るい光。

 

同じく謎解きできたこの不思議な光は、明朝の種子島から上がったH2Aロケット

だったのですが、先週のも、この過去のも、謎が解けなければきっと「 UFO見た

見た! 」と騒いでいたこと間違いなし。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ペルセウス座流星群というものを、それまでは意識したことが無かったのですが

37年前のその夜、ワタクシは日本海の砂浜にテントを張り、無数の星がまたたく

夜空を見上る中、それこそ降りそそぐように流れる星々に、美しさよりも畏怖を

おぼえ、ただただその場に立ち尽くすのでした。

 

その後、毎年、8月12日が来るたびに、37年前のあの日の夜を思い出すのですが

ひらけていて街あかりの無い、そんな場所で、また夜空を見上げ続ける時間的な

余裕もなく過ごしてしまい、あれほど多くの流星にめぐり会うことはありません。

 

昨夜は流れる薄雲の隙間から差す、オレンジ色のフルムーンが、これまたおどろ

おどろしほどの雰囲気で、その不気味な明るさが、流星観察には不向きでしたが

いつかまたこの日、この夜を、あかりの無い砂浜で、はたまた3000m級の山々の

テント場で迎え、夜空を見上げ見渡し、降りそそぐ流れ星に身を任せたいです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅は、ゲストを迎え入れる( と想定していた )側の、各部屋の

壁は腰板を張り、その上は漆喰を塗り、床は厚い杉板を張るなど、そのすべてを

無垢材で仕上げているのですが、かたや生活のベースである居間として使う側は

床はフローリング材、壁はクロス仕上げ。

 

その床に専用ワックスを掛けます。

 

可能であれば部屋を空にして、一気に施工すればいいのですが、生活中の場所は

それも難しく、部屋を半分に割った片側に家具などを寄せ、マスキングテープで

区切り、半分ずつワックスを掛けます。

 

と、まぁ新しい部屋でなければ " ワックスを掛ける " という行為より、その為の

下準備の方がオオゴトなのは、どんな作業でも共通で、古いワックスの剥離など

事前に床をキレイにすることが重要です。 居間にある洗濯機周辺とか。( 笑 )

 

クルリと一周、巾木もマスキングテープで養生しています。

 

床をキレイにさえ出来れば、作業は9割がたが完了したも同然で、やっとここで

ワックスの容器を開けて、専用スポンジで塗り広げ、あとは乾くのを待つだけ。

 

ピカピカに復活した床に、ちょっとレイアウトを変更して家具を配置し、中身を

断捨離しながら戻せば、けっこうスッキリ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

片づけを済ませてからの昼食は、古民家再生プロが手掛けた、築130年超の農家

古民家で、板盛りされたそばと麦切りの合盛りを楽しませていただきます。

 

真夏でも涼し気な古民家の昼下がりは、まるで帰省したかのようで、その縁側で

スイカを食べて昼寝がしたくなるように、ゆっくりとした時間が流れます。

 

なかなか見つけにくい場所にあるのも一興。

 

ランチに続くティータイムをそこで過ごすことも出来るのですが、ちょっとだけ

足を延ばし、立ち寄った道の駅にデカいのがゴロゴロと並んでいた鳥取スイカを

購入すべく「 大きいのと小さめなのと、どっちを選んだらいいんですか? 」と

売場のオヤジさんに聞けば「 中心部の甘いところが多いから、大きい方やな 」

・・・わかりやすくて納得。( 笑 )

 

クルマの中で転んで割れないよう積みますが、はたしてウチの冷蔵庫に入るか?

 

で、到着したのは " 白いモンブランかき氷 " が話題の、今年、カフェスペースを

オープンされた、土日祝のみ営業のココ。

 

しかし! 午後の時間はすでに売切れだったので " 栗屋さんのモンブランかき氷 "

をオーダー。 そもそも糸状のモンブランが初めてのうえに、かき氷。( 嬉 )

 

デカい渋皮煮がゴロンとのって、ほうじ茶わらび餅、ほうじ茶ホイップクリーム

渋皮煮のアイスなどが添えられたテンコ盛りに、美味しいホットコーヒー。

 
montblanc_ice.jpg
 

シアワセなティータイムを過ごさせていただきました。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 物干スペースに屋根を作って♪ 」は、停滞している訳ではなく、下準備となる

束( ツカ )部分の造作が、ゆるりと進んでいます。

 

屋根勾配の高い側に制限があるので、おのず相当 " ノロイ " 勾配となるのですが

軒先、奥付100mmとして、3,232mmあるので10尺では足りず、重ね代を考えて、

7尺と8尺の半切使用か、11尺を手配するか・・・

 

また幅方向が、これまた微妙な5,245mmで、働き幅で9枚とちょっと。

う~ん・・・ 悩ましい。 重ね代たっぷりの10枚か・・・

 

このあたりの製品寸法と現場寸法をCADでシミュレーションし、取りや購入数を

しっかり検討するのがDIYの醍醐味です。( 笑 )

 

さて、その波板屋根のための高さを微妙に変えた束( ツカ )計60個は、すでに

製作済みで、ソレを間柱材に固定した上に、野縁材を渡して屋根下地とします。

 

とここまで、ワタクシの手の遅さを象徴するかのように、昨秋だったかくらいの

「 物干スペースに屋根を作って♪ 」のオーダーが、ゆっくりと進んでいます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

スマホの画面に、田舎暮らしの自宅エリアで「 数分後に大雨の危険あり 」的な

メッセージの表示が、この季節、結構な頻度で発生するのですが、実際のところ

「 どなたもウチも無事でありますように 」と祈るしかありません。

 

5年前だったか、深夜の線状降水帯による大雨で、ウチの敷地にも接して流れる

ゆるやかな小川が溢れ、集落のアチコチで土手を崩し、田畑を水没させ、大きな

被害を発生させたこともあるので、油断は出来ません。

 

さて昨日、一昨日も同様のメッセージが表示され、一昨日などは職場から自宅の

方角にあたる北の空を見れば、とてつもない入道雲が育ち「 あの下はヤバイな 」

と、ちょっと屋根瓦も傷んできているウチが不安・・・

 

な、気持ちを抱いたまま帰宅すれば、どうやら大きな被害は無かったようですが

濁流うずまく溝や小川に、ただ事ではない雨量だった模様。

 

翌朝になり激しい雨量がいかほどだったのかを知ったのは、その前日、ごみ捨て

のために使用した深型一輪車を、庭にそのまま放置していたバケットに、雨水が

ほぼ、スリキリいっぱい溜まっていたこと。

 

下すぼみ形状なので体積を1/2で計算するとして、水深30センチほどあったので、

「 ええっ、短時間で150mm降った???」( 考え方合ってるよね・不安 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で、うつ伏せ寝を勧めるワタクシですが、先日、彼女がアレコレ大量に

ガシガシ片付けている際に「 使わへんのやったら要らんやろ?」と、ワタクシの

マクラも捨てようとするので「 ちょっと待ってくれ 」と、未練が捨てきれない。

 

いくら使わなくなったとしても布団の上下を判別するために、一応、アタマ側に

置いておきたい。 いやマクラを使わず寝返りを打つにはジャマか・・・

 

さて、夜中に何度も目を覚ますとは言えど、睡眠には自信のあるワタクシですが

昨夜は宵の雷雨で湿度が高まったせいなのか、深夜に目が覚めてしまったその後

なかなか寝られず、トイレに行ってみたり、寝返りを何度も打ってみたり・・・

 

2時間近く、モンモンとしたあと、しまいに、ベッドに立てかけていたマクラを

拾い上げ「 使えば寝られるかも?」と、久しぶりに使ってみれば・・・

 

寝られていたようです。 スマホのアラームで目が覚めましたから。

 

ただ・・・ しかし・・・ クビの凝りがヒドイ状態で、やはりクビのためには

マクラ無しで寝たほうが影響が少ないように思います。

 

なので・・・ 勇気を持ってマクラを捨てるか!?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

紙ベースなモノをペーパーレス化しようと、数年前に取り組んだのですが頓挫し

以後、その状態が続いていたのですが、今夏前より再び取り組みはじめ、今回は

何があっても乗り越える覚悟。 そう、数年前には覚悟が足りませんでした。

 

その作業はひと月数千枚にのぼる枚数と、多くの人数が関わることで、間違いや

抜け落ちをチェックをするにあたり、紙ベースの方がより確実という事情があり

なかなか移行できなかったのです。

 

と、まぁ、ソフトウェアはASP( アプリケーション・サービス・プロバイダ )と

することで、いつでも、どこからでもアクセス出来るようにしたり、ファイルは

ローカルPCに保存せず、いちはやくクラウド化するなど、同業者の中でも、その

あたりは、どんどん進めている方でしたが、結構、根本となる部分で、紙ベース

からの脱却が出来ていなかったんですねぇ。 気づけばハズかしい。

 

さて、今回の再チャレンジが月末月初の忙しさに輪をかけ、担当者面々はいつも

以上のハードさに混乱していますが、これを乗り越えれば作業の効率化が大きく

進んで、その時間を他のことに割り振ることが出来るでしょうから、しっかりと

踏ん張って成し遂げましょう。

 

個人的には、FAXという機械も無くしたい。 m(__)m

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ワタクシはお城を中心に城下町だった時代を映す町並みや、当時のままの町名が

残る街の、現在となれば、お城の中とも言えるような日本庭園が美しい、好古園

がある、その場所で育ちました。

 

昭和中期の当時を知らない方からすれば、想像もつきませんが、お城の周囲には

官公庁や鉄筋アパート、木造長屋の官舎や住宅が数多く建ち並び、土手沿いには

戦後が強く残るバラック住居もいっぱいで、その並びに公共職業安定所。

 

雨上がりには水たまりの出来る、まだ土のままだった路地を駆け抜けて、ヒザを

擦りむき、昆虫網を手に真っ黒に焼けて、船場川や中堀で遊んでいました。

 

夜を賑わう繁華街も校区でしたから、友だちのお母さんが仕込み中のスナックの

奥の部屋で遊んだり、朝のけだるい時間のお姉さんが「 いってらっしゃい 」と

声をかけてくれる、登校のための集合場所とか。

 

となりの校区でしたが、街のどこからでもお城が眺められるのと同様に、大きな

仏舎利塔が見える墓地公園も街をつくる存在のひとつで、当然、この広い霊苑も

遊び場でした。

 

船場川から柿山伏を通りクネクネと路地を行けば、目の高さの1階が地階となり

安置室のある旧赤十字病院、そこから狭くて小さな峠を越えれば、少年刑務所の

レンガ塀が間近に迫り、葬祭会館の横を抜けて名古山霊苑。

 

当時はまだ整備が届かない場所も多く、廃墟化した一画のトンネルは格好の冒険

ゾーンで、高みにそびえる塔は、斎場の煙がここを通って空へ上がっていたので

冬場の凍えた手で触れると暖かかったです。

 

そんな昭和の時代の幼いワタクシを育んでくれた街は、時代とともに整備されて

美しい街へと生まれ変わっていますが、思い出は生き続けます。

 

また大人、それも後半になってからのワタクシたちを迎え入れてくれた、現在の

暮らしを続ける田舎暮らしの集落や町も大好きで、過疎の町の財政にほんの少し

でも貢献できるよう、納税など社会人としての努力を続けなければなりませんが

いつの日かワタクシたちがこの世に存在しなくなったとき、先祖代々の墓がある

二人でもありませんので、その骨は散骨もいいのですが、それをお願いする人の

ことなど考えれば、名古山霊苑の共同納骨堂に入れてもらえれば幸いかと。

 

昨日、7/31(日)午前5時、ここで暮らし始めた当初に、集落に入る峠で出会い

ともに暮らし、田舎暮らしの自宅のリノベーション、そのすべてを共有してきた

" ゆず " が、彼女とワタクシに看取られながら永眠し、からだを拭き、爪を切り、

二人でダンボール箱に納め、名古山へ連れて行きました。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

日曜日は集落の草刈りが午前7時からあるので、土曜日は午前と午後、それぞれ

自宅敷地の何ブロックかを事前に刈っておこうとガンバります。

 

太陽も高くなり、汗だくヘロヘロで午前の部を切り上げ、冷えた黒豆茶を飲んで

シャワーを浴びて、扇風機にあたりながらアイスクリームを食べればシアワセ。

 

昨晩はあまり寝られなかったので「 昼食のあとは昼寝をするゾォ 」と、誓って

いたのですが・・・ ちょっと職場でパソコン系のトラブルが発生し、どうやら

出向かなければ解決しそうにありません。( 涙 )

 

昼寝をあきらめて( 笑 )洗い立て作業着から外出着に着替え、せめて昼食はと、

ハンバーガー屋さんで日経新聞土曜版をめくりながら、それはそれでシアワセ。

 

事務所に着けば実質5分でトラブル解決。 なにより問題が解消してよかった。

 

いいタイミングでオーダーしていたロールスクリーン6本が宅配便で届いたので

背面の高窓は朝日、正面の大きな窓は日が傾くと差し込んでまぶしくなっていた

デイサービスの窓に取り付けます。

 

デイサービスは休日ですが、月末月初、責任者の枕元ビール彼女が、いっぱいの

書類と取り組んでいます。「 お疲れさまです!」

 

・・・で、いまになって本日のログ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

以前は道端で見かける子供たちの多さに「 夏休みに入ったのかぁ 」と、ソレを

知っていたのですが、昨今は何が主な原因か、ソレが感じられず寂しいかぎり。

 

とくに市民プール前の道路を通過する際には、その混雑具合に夏休みの賑わいを

感じられていたのですが、その跡地は現在、広い空き地となっています。

 

そう、市民プールが完成するその前、ココにはゴーカート場があって、遊園地の

中にあるゴーカートコーナーなどとはスケールの違う、ホンモノのサーキットを

模したダンロップブリッジ的なモノもあったハズ。

 

そのゴーカートに乗った際には、ブレーキがあまり効かずに、コワイ思いをした

記憶がおぼろげにあるのですが、さすがに詳細は覚えていない・・・

 

そんな幼いワタクシが単独運転で、なぜゴーカートに乗れたのかが不思議に思い

調べてみれば市民プールのオープンは昭和49年とあり、ワタクシが小学校6年生

のとき。 もっと小さかったと思っていたのですが・・・

 

カップヌードルを人生で初めて食べたのが、市民プールで泳ぎ疲れた時だったと

記憶しています。 ちなみにカップヌードルは1971年9月発売。 小学校3年生。

 

5年生の夏休み、毎日だったかな、陸上教室的なモノに一人でモノレールに乗り

陸上競技場に通った思い出。 コレも調べると昭和49年4月、姫路モノレールが

休止とあるので、モノレールが動かなくなった夏、市民プールがオープンです。

 

その市民プールも一昨年の夏を最後に閉園してしまい、今年の夏はその空き地に

暑い日差しが降り注いでいます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

クルマの契約書にハンコを押したので、2か月後に新車がやって来るその内容は

色も装備もまったく同じ仕様のN-BOXの増車。 希望ナンバーも同じでイイかな

と考えているので、乗車する際にどっちがどっちか間違えそうな気も。

( " どっちがどっち " って標準語? )

 

なので、スマートキーに色違いのリボンを結び、その色に対応したステッカーを

貼っておくなどの工夫が要りそうなのが楽しみです。( 笑 )

 

1台目のN-BOXは10万キロ近く乗って、すでに手放しているので、導入はコレで

3台目となるのには理由があって、スロープ仕様の完成度が高いから。

 

他車種の場合、車検証の型式に " 改 " が加わる通り、完成車を改造して 車いすが

積めるようにしていますが、N-BOXの場合は工場のラインに乗って、その仕様も

製造されるので、あとから切断したり溶接したりの余分な加工が無いのが素敵。

 

その他、左右スライドドアも電動でスムーズなのが( オプションだったかな? )

嬉しい反面、最近はコーティングあたり前、初回車検までのメンテナンスセット

なども標準化しているので、目が飛び出る購入価格にはなりますが・・・

 

ワタクシ的にはカーオーディオ( ラジオ )で十分と思っていたものの「 ナビは

要りますよォ~ 」の声に押され、前後ドラレコやETCもセットで付けたりとか。

 

現行のN-BOXをはじめ各車、丁寧でキレイ、無事故で運行してくれていますので

今後も引き続き、安全運転よろしくお願いいたします!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

本日は田舎暮らしの自宅の草刈り。 昨日の草引きと比較すれば、100万倍ほど

オオゴトですから、思えばジャリ駐車場2区画分なんてカワイイものです。

 

ただ街中では、引いた草を処分しなければならないのがオオゴトですけれど。

 

ちなみに面積が100万倍ある訳ではありませんが( 笑 )スリップダウンする程の

斜面であったり、竹などの障害物があったり、ハードさのレベルが違う。

 

という訳でさっそく、保冷剤を入れたタオルを首に巻いて草刈りをスタートする

のですが、2ブロックも済まない内にヘロヘロになり、傾斜地を移動する足元も

おぼつかなくなって切り上げ、這うように戻って水分補給&シャワー。

 

午後からは一輪車に土砂5杯分ほどを移動させてヘロヘロ。 午前中の草刈りを

キリのいいところまで追加してヘロヘロ。 シャワーを浴びて外に出れば夕暮れ

迫る中、炭をいこした七輪にホタテが焼けて、空高く飛行機が飛んで行きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

雨だと出来ないし、晴れたら晴れたで暑くオオゴトなのですが、土曜日の午後は

頼まれていた、気になっている、用事を次々と片付けて行きます。

 

「 シャワーヘッドを購入したけど合わなくてお湯が漏る、アダプターが必要? 」

どれどれと見てみれば何のことはない、樹脂製のピッチ大きいネジを締めるのが

難しかったのでしょう、ホース側のステンレス丸受口を、アルコールを染ませた

ペーパータオルでしっかり保持してシャワーヘッドを締め込めば完了です。

 

「 エアコンの冷風が直接、からだに当たって寒いとの訴えがあります♪ 」

7年の経過で故障して、先日、交換したところの4方向天井カセットエアコンが

さすが新品、よく冷えるので上記のような訴えが。

 

タマに見かけるアイデア商品的品質の、後付けフラップを一方向のみ取り付けて

試してみれば効果絶大、あと3個購入せねば・・・

 

もうコレは純正というか、室内機に組み込みで対応してくださいよメーカーさん。

 

外に出て草引き、道路際は危なっかしくて他の方に任せられません。汗ダラダラ。

 

移動して借りているジャリ駐車場2台分の草引き。すでにヒザ高を越して伸びて

いるのですが、管理会社に伝えても動いてくれないので、もう仕方なく自ら。

 

ゴミ袋大3枚分の草が・・・ いま気づいたけれどコレも自分持ちやん。( 笑 )

 

移動してフェンスの向こうの深い用水路上部の草引き。雑草に交じって木が育ち

コレが大きくなるとオオゴトですから、いまのうちにノコギリで伐採します。

 

フェンスがヤワで乗り越えられず、仕方なくネジを緩め1ブロックのフェンスを

外す作業が余分です。

 

あっ! 原稿をADFで読み込んだ際に、ファックス送信先で真っ白になる現象の

確認&修理を忘れた。 フラットヘッド読み込みならば正常なのがヒントかな。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

書類を一つ完成させ、宛名を印刷した封筒に入れて投函完了。

同時にPDFで出力して、ホームページにもアップします。

 

提出はたった3枚だけの、今週の肩の荷が下りてホッとするものの、この作業が

毎年あるのになかなか慣れず、ハードルが高く感じるのです。

 

同様の書類を提出する必要がある、みなさんはどうしているのか?

 

ワタクシの場合は、そのことだけに丸1日~2日、かかり切りの時間を捻出する

ことが出来るので恵まれている方ですが、プレイヤー&事務作業などを、兼務で

されているトップの方など、どうやって仕上げているのか気になります。

 

提出先は、その1年に1度の提出書類のフォーマットを用意してはいるのですが

そこに書き込む数字を導き出すには当然、1年間を通じたソレが必要になるので

その1年間用のフォーマットを用意しておいてくれれば、兼務業務がいっぱいの

超忙しい方が助かるのではないか?

 

月々、何をどう記録し残しておけば良いのか、リアルに使えることができますし

1年に1度の書類作成のハードルが下げられるのではないかと思うのです。

 

書類作成を経験して、何が必要かを理解し完成をイメージ出来れば、エクセルや

スプレッドシートを操れる方なら作っておくことが出来る程度のハードルなので

ソレを提出先側で用意しておいてねと。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

引越した先の事務所には花壇があり、当初数か月はバタバタに追われて手つかず

だったのですが、初夏の頃から彼女や職員みんなで、コツコツとアレを植えたり

コレを植えたり、柵を立てたりと世話を繰り返し、ボチボチと収穫したりも。

 

その収穫は事務所と併設する、機能訓練を調理に特化させたデイサービス職員が

利用者さんと一緒に、ボールを片手に採っているのですが、楽しそうな雰囲気が

職員、利用者さんともにカワイイ。

 

labo_staff_s.png

そんな収穫した野菜を調理に活かした完成形はココから ♪

 

で、彼女がホームセンターで柵やネットを入手して組み立てたソコに、ゴーヤが

ツルを巻いてグイグイと育っているのですが、昨日、ふと見れば・・・

 

20220721_goya.jpg

 

「 ハートの形にツルが巻いてるやん ♪ 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

先日「 糸ピンス 」と称される、カキ氷のようなモノを食べて、そのやさしさと

美味しさに感動したのですが・・・ カキ氷とは別物。

 

やはりギラギラした夏には「 カキ氷 」( かき氷と書くのがスキだけれど、他の

文字との区切りを考慮してカキ氷 )を食べて「 クゥ~ 」と頭を押さえたい。

 

カキ氷と聞きワタクシが思い出すのは、いまは無き網干の " まるつ食堂 " さん。

ココを「 まるつ 」のワードで検索してみれば、キーンと冷えたカキ氷の写真と

ともに思い出の記事がパラパラとヒットします。

 

さて現在に戻って、いまやカキ氷の専門店もあれば、色々なお店での提供もある

時代になって、どこでも楽しめるとはいうものの、ハズしたくないし、初めての

お店は勇気が要るし、人気店に並ぶのもオオゴトで・・・ ( 勝手 )

 

ワタクシのイメージは、路地裏にあるお好み焼屋さんの軒下に、夏にはゆらゆら

カキ氷の暖簾旗が揺れて、開け放たれた入口、窓の店内で食すカキ氷。

 

近所のお寺の境内から、ミーン、ミーンと、セミの鳴き声が響き聞こえてくれば

サイコーのシチュエーションです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

祝日の通勤路はスカスカ快適ドライブ、いつもスレ違ったり、同じ方向へ向かう

クルマ見知りの方は少ないですが、見かければ「 そうかアナタもガンバって 」

 

彼女が隣から「 ようそんな車種や色や覚えとるな 」と言いますが、ワタクシも

よほどスポーツカーでもなければ、興味がある訳でもないですが、勝手に記憶の

中に刷り込まれるので、大切なこともこんな調子で覚えたいです。( 笑 )

 

とはいえ、記憶力や持続力の衰えは当然、ワタクシも強く感じるところですので

機能を少しでも維持させるよう、なんでもかんでも興味を持って覚えて行こう!

いや・・・ 少ない容量を圧迫するか。

 

パソコンも以前は、本体の HDD 内に残すカタチが主流でしたが、いまやソコに

実体はなく、クラウドにデータを保存するのが一般的ですから、ヒトのアタマも

ソコは制御系のみで、記憶はクラウドで共有とか。 ・・・コワイ。

 

はたまた心臓の生涯における鼓動数が生物としての平均寿命を決めるのであれば

( 心拍数の多い小動物は寿命が短くて、ゆっくりと脈を打つゾウは長生きとか )

例えば禁断のクスリで心拍数を8割程度に落とし、慣れて通常生活を送ることが

できれば、寿命は2割アップということになるのか?

 

アタマの回転が、いま以上に悪くなりそうでコワイわ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

いままで意識していなかったのですが、今夏は刺す系のムシが多いのか、昨日の

草刈り中には、ブユ(たぶん)(ブヨ・ブトとも呼ぶ)に襲われたワタクシ。

 

違和感に刈払機を持つ手を見れば、ブユが手の甲に止まり、いままさに吸血中で

遅かったか、気づくのが?

 

当然グローブ、それもゴツめのをハメているのですが、手の甲側の布地の隙間を

狙われた訳で、相当長く伸びる口を持っているのでしょう。 コワイ。

 

その後、ネットで調べて見るブユよりはるかに大きかったので、種類が違うのか

個体差なのか、加害虫の確定に謎は残ります。

 

ただ判明したのは、先週に刺されていまだ患部がカユい、そのムシはブユでなく

刺されたその瞬間が激痛だったので、小型のハチだったのかも知れません。

 

ヤバヤバ体質なので、アナフィラキシー反応が出なくてよかった。

 

10年ほど前にハチに刺された際は( と検索してみれば、ココに記録があった!)

" 病院に行こう " ・ " 田舎暮らしと病院 " ( いずれも当時の考え方です m(__)m )

ジンマシンまみれになりましたから。

 

田舎暮らしでも、ジッとしていればムシに刺されることは無いかもしれませんが

なにかしら活動すれば、こんなことはあるでしょう。

 

大切なのは、ウェアなどによる事前の防御と、その後の処置だと思います。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

雨が降ること確実の予報ならば草刈りも遠慮したいし「 昼食は出掛けるか 」と、

極力、普段は通らない道を選択して進むのですが、予報が外れて雨は降らないわ

隣の席からは「 寄り道せずに真っ直ぐ向かえんのか 」とクレームが入ります。

 

キレイになって久しい福崎駅前には、キッチンカーが集まり " 第9回 FukuFes. " 。

観光交流センターを覗いていると時間がきて「 ゴボボボボォ~ 」と円柱水槽に

カッパのガジロウが現れます。 が、その不気味さに子供は泣き叫ぶ。( 笑 )

 

アマビエの座る( いや、立つ )ベンチで記念撮影を済ませ、西へ南へ進みます。

 

クネクネクネと進んで快走路、大規模トマト栽培ハウスを過ぎれば「 うみ~ 」。

 

雨予報が外れ、草刈りを放ってきたのが気になりますが、曇天の空は暑すぎずの

いい感じで、大きな窓の向こうに家島諸島を眺めながら昼食を楽しみます。

 

食後の散歩、道の駅での買い物を楽しんで、「 難しいかな 」と思いつつ、最近

アチコチで紹介されている、路地奥民家の " かき氷専門店 " を探したどり着けば

やはり行列、またの機会に寄せていただきます。

 

ならばと目的地を変更して、初体験の " 糸ピンス " がヒットで、冷や美味しくて

かつ、アタマが痛くならない( 笑 )スグレもの。「 おすすめです 」

 

カフェラテブレイクのその後は飾磨まで移動し、寄港している補給艦、AOE425

「 ましゅう 」を眺めれば( 7/18も一般公開 )その向こうを、夕暮れのオリーブ

ライン、姫路~福田( 小豆島 )便が、ゆっくりと出港して行きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 20221002_kurihiroi03.jpg
  • 20221002_kurihiroi02.jpg
  • 20221002_kurihiroi01.jpg
  • 20220930-05.jpg
  • 20220930-04.jpg
  • 20220930-03.jpg
  • 20220930-02.jpg
  • 20220930-01.jpg
  • 20220925_shiitake.jpg
  • 20220925_kuri.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 7.8.2