日々散文の最近のブログ記事

 

 

粛々と着実にアレコレを減らして行きたいところに、緊急の事態が舞い込むのは

よくあるハナシで「 天井から大量の水が漏っているので、一緒に見に来て! 」

 

事務所が入るビルの4階からの漏水のようで、3階駐車場の天井からポタポタと

いや、ボタボタ? ドバドバ? そこそこキツめの雨が降っているくらいの量が

コンクリートから染み出ています。

 

あぁ、そういえばアパートの3階に暮らしていた頃、真上の4階の洗濯機の給水

ホースが外れ、蛇口全開状態で噴出した水が、ウチの家の天井全体からそれこそ

豪雨のように降ってきたことが思い出されます。

 

バケツで受けるとかのレベルではまったくなくて、レジャーシート状のモノとか

大き目のゴミ袋を家具にかけるのが精一杯で、もう笑うしかありませんでした。

 

ドアを叩けど、上の階の住人不在中の出来事で、パイプスペースの元栓を閉める

ことに気づくまでが長かった。( 笑 )

 

さて、昨日の事故現場、漏水の真上の部屋はリフォーム中で、まぁソコに原因が

あるだろうことは、ほぼ間違いなく、調べ調べてもらった結果、新しく入替えた

シンクの排水ホースの水が床下に流れ出ていたようで・・・

 

リフォームの見積って、施主にとっても、施工業者にとっても難しいですよね。

 

例えば300万円で受けた工事開始後に、めくった壁の内側の構造柱が傷んでいる

ことに気づいても、見て見ぬふりの新壁で塞ぎ、予算で収めた業者が良いのか?

ソレの補修を提案して、支払が見積より高くなってしまった業者は儲け主義か?

 

「 めくらないと分からない 」ところが多くて、双方にとってリスキーです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年内必須であるのにやり残しているアレコレを憂い、残り日数を指追ってみれば

「 アレま! エライこっちゃ 」どうなる? ワタクシ・・・

 

今週末には、仕事へ向かう彼女を見送ったその足で、飼い猫の " ゆず " と一緒に

軽トラに乗って、動物病院までプチドライブの予定です。

 

集落に響き渡る、断末魔の鳴き声を聞くことが出来ます。

 

必須項目の大半を占める本業は横に置いて、大判、中判、ミニ判サイズ3種類の

ポスター制作も必須なのですが、まぁ、もちろんコレらはパソコンで作ることに

なるものの、ポスターカラーと筆を使ってみたい気分も。( 持っていませんが )

 

絵具皿にちょうどいい塩梅( アンバイと書けば齢を感じるのはワタクシだけ? )

に溶いたポスターカラーを、ちょっとリッチな筆でケント紙にククゥ~と延ばす

感じがたまりません。

 

今どきのドローソフトは、水彩画の薄く溶いた絵具が混ざって滲む、その微妙な

具合まで再現してくれて、ホント、ビビルほどキレイなのですが・・・

 

ワトソン紙かアルシュ紙に、カラス口を使ってロゴの輪郭を引き、紙を少しだけ

湿らせてから、薄く薄く溶いたホルベインかターナーのマヤブルーが滲んでゆく

感じがたまりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 どこに行ってみたい? 見てみたい?」との問いに「 雲海に浮かぶ竹田城 !」

との答えが返ってきたのですが、ほぅ、これはなかなかハードルの高い・・・

 

まぁ、ワタクシも見たことはないのですが、シーズンは今頃も良さそうなものの

運に左右されながらの早朝も暗いうちから、いや駐車スペースのことを考えれば

前夜から現地に入り、クルマを停めた場所からは、ヘッドランプの灯りを頼りに

山道を登って、指定された展望台まで。

 

寒さ対策、トイレ対策が必須です。

 

見るなら明るめの双眼鏡が適切でしょうが、" 撮る " となれば望遠レンズも必要

と、ざっと思いつくだけでもハードルが高い・・・

 

20191210_mifune.jpg

 

これは昨朝、集落から出る際に通過する、小さな峠からの遠望ですが、同日の朝

竹田城はどうだったのでしょうね。

 

ちなみにワタクシが行ってみたい場所は「 千里川の土手 ♪ 」と答えたのですが

斜め向かいの席の女性が「 あっ、わたし何度も行ったことがあります ♪ 」って

かなりウラヤマシイぞぉ~、同志よ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

なんの因果か、どういった仕組みか、いつの頃からかワタクシのタイムラインを

プロ、もしくはプロ並みモデラーの、作品作りの工程が流れて行きます。

 

ワタクシ自身が " フォロー " したり " イイネ " したりした訳ではありませんが、

確実にワタクシの琴線に触れて、ワクワク、ドキドキを喚起するのです。

 

現在、タイムラインを流れるのはミリタリーモノが多いのですが、フィギュアや

小物への陰影の施し方次第で、リアリティがグンと増して、活き活きする様子や

本体へのウェザリングは、もうビビるレベル!

 

経年劣化した鉄板で出来たプラスチックモデルになって行きます。

 

同世代男子は、みんなプラモデル好き=「つばめや好き」だったのですが、かく

言うワタクシも当然、ミリタリーは陸上モノから航空機あたりを。

 

" メッサーシュミット Bf109 " の直線的な切り返しの迷彩柄がカッコよかった。

 

迷彩柄と言えば、最近の都市型迷彩も単純そうに見えて複雑で、スーパーカーに

施されているのを見かけたこともありますが、あれはラッピング技術でしょうか。

 

そうそう、ウチの飼い猫の " ゆず " も航空機と同じ理屈の迷彩で、黒い板張りの

床の部屋に居るところを上から見下ろすと、床と同化してその存在を見失います。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

う~ん「 ちょっと外を歩いた ♪ 」程度でしたが、微妙なバランスで保っている

ジンマシンの発症に刺激を与えてしまうと、小康状態が崩壊してオオゴトに。

 

すると超頭痛発症。

 

かなり以前になりますが、頭部CT検査も受け「 キレイな脳ですね 」とホメられ

( シワが少ないということか!?・笑 ) " 後頭神経ブロック " 注射で少しの間

快方に向かった気もしていたのですが・・・

 

頭痛とジンマシンとの因果関係ははっきりしない&ウェブを探ってもそのような

事例は見つかりませんが、実体験としては完全にリンクしていて、血管があれば

どこにでも発症する可能性があるので、ジンマシンの悪化で、脳の硬膜あたりか

脳本体からか、血管から漏れ出した成分が、その脳に圧迫を加えているのでは?

 

いずれにしても、カラダを動かせば「 やめて! そっとしておいて! 」てな感じ

ですし、アタマを使う作業は言わずもがな・・・

 

コマッタ、コマッタの、約20年のつき合いにしてしまっています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、町を歩く楽しさが9割、少しでも運動になればとの思い1割ほどで

シャキシャキ姿勢の徒歩にて、銀行などの用事へ向かうのですが、ちょっと冷え

気味の外気に触れて、マスクやメガネの保護域から微妙に外れている目の周辺や

手の指など末端に、ジンマシンがブワーと出てくるのでカナワンです。

 

ココロもカラダも元気なのですが、冬はアレルギー体質が冷気を不快と感じたり

夏は夏で汗をかいた皮膚が不快と感じたりで、ステロイド服用から、さてはては

緊急の静脈点滴に至ったりと、自分で自分の体質に気を遣わねばなりません。

 

「 30歳代のあの日に発症した 」と言える、その日が記憶にあります。

 

さて夜も冷え込んだので、昨夜は飼い猫の " ゆず " が、ワタクシの布団の中へと

もぐり込んできたのですが、密着度の高い布団カバーを使用しているので( 参照

高気密布団カバー )息が詰まらないか心配で、時折ちょっと持ち上げ、外気を

入れてやらねばなりません。

 

yuzu208.jpg

 

「 にゃに? 」 11歳と少々の " ゆず " 。

 

yuzu192.jpg

 

11年前の " ゆず " 。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

もう少しキレイにしておきたいエリアはあるものの・・・

草刈りのシーズンが終了しました。

 

するといきなり、運動不足が顕著になり「 こりゃ何かせねば 」とは思うものの

行動には結びついていない大変よろしくない状態。 生活習慣病とか高血圧とか

まったく無縁のことだと思っていましたが、近寄ってきている気配があります。

 

過去の運動能力が忘れられず、子供の運動会でスッ転ぶお父さん同様、若かりし

イメージが捨てきれていない、ダメダメ状態ですが、とくにハード系スポーツが

好きだったぶん「 やるなら汗がボタボタ流れ落ちるような運動だな 」と勝手に

思い込んで、最初の一歩が踏み出せていません。

 

草刈りもボタボタと汗が流れ落ちますから。( 笑 )

 

日常でも歩くのは好きなので、近隣への用事にはあえて徒歩で向かうこともある

ものの、その際に姿勢は気をつけますが「 汗はかかないように 」がキホン。

 

言い訳などせずに、一歩を踏み出さねば・・・

みなさん何で汗を流されてるんだろ?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

行列が出来る店に興味はあれども「 実際に並んでまでは・・ 」と、おっしゃる

ワタクシ自身や、みなさん方々へのジマンになるのですが・・・ m(__)m

 

昨夜の夕食は、ワタクシのリクエストで、自宅へ帰る途中のスーパーで買い物を

済ませてからの " 岩津ネギのスープ " の予定だったのですが、職場の駐車場から

国道を数十メートル進んでチラッと横を見れば、暖簾は出ているものの行列ナシ。

 

「 おっと! コレは立ち寄らねば 」と、メニューを変更し、焼肉の " マルフク "

さんでの夕食となって、瓶ビールとノンアルビールを頼んでカンパイ。

 

アバラとホルモン焼いて、食べて、約30分の「 ごちそうさま 」は、まじで夕食。

 

いつも必ず店の前に行列が出来ている、安くて美味しい人気の焼肉屋さんですが

という訳で、暖簾が出ていて、かつ行列が出来ていない瞬間のみを狙って、月に

1~2度、夕食に立ち寄らせていただいております。 ホルモン抜群 ♪

 

もう一軒、すぐご近所の国道沿いにある " つけ麺 冨 " さんも、大繁盛のお店で、

土曜日などは他府県ナンバーの車やオートバイも多数ですが、昼食に向かう足で

通りかかって、ガラス越しのカウンター席に空席があれば、立ち寄らせてもらう

こともあるのですが、より繁盛して、最近はその瞬間も少なくなったなぁ~

 

DIYペースで、お店が徐々に出来上がりつつあるハンバーガー屋さんも楽しみ ♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

おぉ!? ワタクシの取材を追いかけて( と言うワタクシもソースは神戸新聞 )

たぶん、日本一短い橋の珍百景がテレビで放送されてビックリ。

 

残暑が厳しかった9月4日、昼食を摂った喫茶店で読んだ新聞に載っていた記事を

実際に自分自身の目で確かめるべく、そのままその足で橋を探してブラブラ。

 

( その際のハナシはコチラ → 日本一探訪

 

もし探されるのなら、一方通行や狭い道も多い生活路ですから、徒歩か自転車が

おすすめですが意外に見つけにくい。今日は人だかりが出来ているでしょうか。

 

テレビ放送で説明はなかったのですが、ここは参道にあたるのではないのかな?

探す際のヒントにどうぞ。( 笑 )

 

11月3日の記事についても( 墓場迷走 )ワタクシの " 標高51m " との記載から

誰でもが知っている、霊園墓地のことと勘違いされている方もおられたのですが

その日本一?短い橋を渡る参道を通ってお参りする、お寺さんの裏山ですね。

 

ちょっと探訪はおすすめしない、そっとしておくのが適切な場所でしょう。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

何曜日の何時から放送があるのか、まったく意識もしていなのですが、本放送か

再放送か「 なにか興味のある番組はないかな? 」と、チャンネルを動かす際に、

あれば見てしまう " ブラタモリ " 。

 

昨夜は日帰り散策も可能な距離、岡山県は吉備津神社あたりを中心にブラブラ。

 

ワタクシの路地裏好きと相通ずるところもあって、テレビの前に座るタイミング

と合えば、ついつい興味深く見てしまうのですが、なんと! 12月14日(土)の

放送は、赤穂ではなく「姫路城~姫路城で江戸城のロケをするのはあり!?~

 

10月初旬頃から姫路城お堀周辺や、飾磨界隈で「 ロケを見かけた 」とツイート

など見かけていたものの、すっかり忘れていました。

 

放送が楽しみなので見忘れないように、録画をセットしておかねばなりません。

と、いまリモコンを触れば1週間先までしか操作できないし・・・

 

そういえばワタクシも今夏「 飾磨界隈をブラブラしたなぁ 」と、思い起こせば

8月14日のこと。 ブラブラと「 西へ流れて思案橋

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

600×300mm 横長サイズのポスターの作成。 その他、モロモロな優先事項も

あるのですが、それらはデスクの隅に追いやり、さっそく取り掛かります。

 

拘りたいですが、視認性を考えるとシンプル必須? しかしアイキャッチとして

インパクトも必要ですし、このあたりの考え方のキホンが分かっていないままの

おもむくままにドローソフト上でグイグイ進めて行きます。

 

15分ほどで完成させて( どんなポスターやねん )A3ファイン用紙を顔料インク

ジェットプリンタにセットして分割出力。 出来れば一発で印刷したいのですが

手持ちのプリンタも紙も、仕上げのラミネーターも、A3対応が限界です。

 

ラミネートしたポスターの柄を合わせながら、両面テープを使って貼り合わせた

コレを4セット作って、さて公開。

 

離れた場所から、遠目で見れば・・・ アレ? 思ったほど目立たず、視認性も

悪いゾォ・・・ しかし、何が功を奏するか分からないので、公開継続。

 

「 どうか効果がありますように 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに今冬、灯油2缶を消費しきっている我が家の暖房ですが、朝起きたらまず

居間の照明を点灯させて、石油ファンヒーターとエアコンとホットカーペットの

スイッチを入れ、トイレへ向かうついでに、少し遅れて起きてくる彼女のために

厨房の石油ファンヒーターのスイッチもオンにしておきます。

 

昨夜、帰宅時にクルマのインストルメントパネル( いまどきのクルマもこの様な

呼び方をするの? )に表示されていた外気温度が「 3℃!」でしたので、今朝は

間違いなく、氷点下になっていると思われます。

 

昨日、昼間に強く吹いた風に押されて、冬がやって来ました。

 

現在のところタマタマ灯油缶が5缶なので、その買い出しは90Lとなっていますが

すでに36L以上消費していることを鑑みれば、もう少し在庫を抱えておきたい。

 

そう、クスリとか灯油とかビールとか・・・

 

年末年始にバタバタ病院へ行ったり、買い出しをせずに済むよう、計画的購入が

必要な時季になってきました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

職場Aに設置の洗濯機が、頻繁に " 排水エラー " コードで停止するようになって

排水口やホース内部を掃除してみたのですが、症状直らず「 購入しかないな 」

 

自宅で使用しているならば、ここは一発バラバラにしての修理も試みたいところ

ですが、そんな悠長なことは言っていられません。

 

ただ今回の機種は、エラーコードが液晶で表示される訳ではなく、いくつかある

インジケーターランプの点灯&点滅パターンを、取説やPDFと見比べて、エラー

内容を探る必要があって、いまいち「 ホントにソコなん? 」( 笑 )

 

可能性としては、そのエラーを感知するセンサーの故障もあり得る訳で、すると

まずセンサーを外して実験してみたいのですが・・・

 

" 排水エラー " の実験って、まず少量でも水を溜める必要があって、すずぎなり

洗濯なり、最小時間動かして、自動的に排水に切り替わる瞬間を待たねばならず

「 そんなに待ってられへんわぁ~ 」( 笑 )

 

一般家庭の3~5倍程度は動かしているでしょうし、ま、寿命ということで。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝一番の契約から始まって、次から次へと先方が入れ替わって会話が続く時間の

隙間には、現場事務所内のレイアウト変更を兼ねて大掃除をしたりと、気づけば

いつもよりも遅くなった、事務所から事務所への移動の帰路。

 

線路と並行してクルマを走らせるシーンがあるのですが、ここで各種電車や電気

機関車、特急や検測車など見かけ、ワクワクさせてもらえる、おいしいスポット。

 

AMラジオの入りは悪くなる区間ですが・・・

 

昨夜のすれ違いは明かり無く「 下り貨物列車か 」と思いきや、回送の新快速で、

車内の電気を落として真っ暗な電車が、ゴォーと走って行く不気味さ。

 

日常の光景なのでしょうが、意識して見たのは初めてだったのか、やけに印象に

残って、何とも言えぬ恐怖感が、ウルトラセブンのストーリーを彷彿とさせます。

 

闇夜の中を真っ暗な電車が走り去り、無人の団地が怖いアレは第何話のことか。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

完全に寒くなってしまったほうがマシになると思うのですが現在、ジンマシンが

止まらなくなって治まらず、全身まみれてカユイ、カユイ。

 

ここまで来ると、クスリの服用だけでは解決しなくなってしまうのですが、ただ

この時季、病院で点滴を受けるのもリスキーで、極力近づきたくない。( 笑 )

 

そう、インフルエンザ予防接種も、その注射でジンマシンの方が爆発してしまい

救急車騒ぎになるので「 接種をしていない 」というのも、その理由のひとつ。

 

困った、困った。

 

この季節、どこへ行っても暖房が中途半端なんですよねぇ~ m(__)m

 

部屋を足元からしっかり暖めて、上着を脱がなければならないような温度にして

おいていただけると、ありがたいのですが、暖房が入っていないところも多くて

働いている方には適温でも、座っているお客さんは肌寒かったり・・・・

 

難しいところです。 暖房ガンガン店内に入ればメガネ真っ白になるし。( 笑 )

 

という訳で、もう少し季節がすすめばマシになると思うのですが、今日もカユイ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ここへも何度か登場していますが、" ドライブの友 " は " ツーリングマップル "

遠いときはもちろん、たとえ近くても、まだ走ったことが無い道路があるのかも

知れませんから、出掛けるならば必携です。

 

それは近場でもまだまだあって、六甲全山縦走でクルマの通らない道路を見かけ

気になりつつもなかなか全線開通に至らなかった、神戸長田トンネルから始まる

" 阪神高速31号神戸山手線 " を走ることが出来たのも、つい最近。

 

主要道路近距離優先のナビまかせでは、案内してくれる機会の無い道も多いです。

 

さて、そう言うことの二人で行動している際は、知らぬ道、Uターンの繰り返し、

道幅かつかつ等は、彼女がハンドルを握り、ワタクシが助手席で地図を見ている

ことが多く「 あっ、さっきの廃道のような脇道を入って 」とか。( 笑 )

 

そうやって移動していた帰路、細い道を選んでいたら偶然目の前までやってきて

「 ここ! ここ! ここのお寺に来てみたかったんだよ! 」と、クルマを停めて。

 

お参りを。

 

20191116_ankokuji01.jpg

 

話題のとおり、境内からは切り取られた景色が、まるで絵画のようです。

 

そこからは山側へ入り、オートバイと鞄と浜田省吾なカフェでコーヒーブレイク。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

コレをカタカタ書いていると、彼女が朝食を用意してくれて、それをしっかりと

朝のニュースなど見ながら、食べさせてもらっています。

 

まず、小皿に盛られたフルーツから。

 

「 ヤホー♪ 」とリッチなときには、立派なサイズのブドウが5粒ほど盛られて

いたりするのですが、最近はシーズン後半になった " 柿 " 多し。

 

ワタクシ、人生の最後の晩餐には「 桃やろ桃、桐の箱に入った白桃しかないわ 」

と考えていたところ、関くんが「 柿ですねぇ、柿しかありません 」と言うので、

「 じゃ、食べさせて 」と。( たぶん20年以上も昔のハナシ・m(__)m )

 

すると!持ってきてくれた、関くんの自宅で採れた " 関柿 "( ワタクシが勝手に

ネーミング )が、それはそれは、もう例えようのない美味で、すっかり虜になり

「 最後の晩餐は柿やろ柿、関くんの庭で採れた柿しかないわ 」

 

という訳で、すっかり " 柿 " ファンになったワタクシ、朝食の際のフルーツには

彼女も機会多く用意してくれるのですが、もっと色々な種類の " 柿 " を知りたく

興味を持って見れば、実際のところ " 柿 " も、桐の箱どころではない高級品!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

銀行でアレコレな用事に続いて、その隣にある立地がナイスな " うどん屋さん "

での昼食、久々に立ち寄らせて頂いたので「 なにか新メニューでもないかな?」

 

が、お決まりパターン安定のオジさんは、ほぼいつもの「 サラダうどんの小!」

をオーダーするのですが、ちょっと贅沢に「 野菜増量で♪」

 

夏の期間は、熱いうどんを食すとアタマが汗まみれになるので、冷たいうどんが

適しているように思っていましたが、秋も深まる昨日今日「 熱いのでもよかった

かなぁ~ 」と食べながらメニューを見ていると・・・

 

正午前の店内は空いていたので、もっと余裕を持ってメニューを見ればよかった。

なんと! 「 11/11~11/17期間限定・温玉ぶっかけ半額 」って。( 笑 )

 

さて、S字になった部分から、プリンのプラスチック容器が見つかったトイレの

床との接触部分に再コーキングを施したり、吊りドアのブレーキの異音を探って

解消したり、アレコレ必要な道具や材料が次々出てくるハイエースは頼りになる

クルマですが、車内が散らかりはじめたら一旦全部を片づけ、また自宅倉庫から

持ってくる必要なモノが、車内にボチボチ増えるを繰り返しています。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昼食は「 ピッツァにしよう♪」と( イタリアンが " ピッツァ " 、アメリカンが

" ピザ " で合ってる?)出掛けるのですが、せっかくですので紅葉も見つけたい

思いから、ちょい西へ、北へ。

 

20191110_pizzeria.jpg

 

青い空、まっすぐな道、開放的な景色に気分爽快、初めて訪れた人気店でしたが

おかげさまで待つことも無く、ピッツァ&パスタをシェアしながら美味しく頂き

「 ごちそうさまでした 」

 

食後には、樹齢900年イチョウ、1000年イチョウと巡ってみますが、まだ青々と

夏の気配のままで、山間の紅葉にはまだ早かったようで、一面黄金に染まる絨毯

の頃に、もう一度訪ねてみたいです。

 

今シーズン、山の中よりも町に、チラホラ彩づく木々を見かけます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

本町商店街が熱い ! 」と書かせていただいた先日ですが、素敵なアイデアや

センスを活かして、アチコチの古い商店街や路地裏に、いや表通りにも、新しい

お店をチラホラと見かけるようになってきており、興味津々。

 

そのお店作りもカタにハマらず、それこそDIYな部分もあったりとアイデア満載。

 

どのお店にも立ち寄らせてもらいたいところですが、混んでいてもガラガラでも

遠慮してしまう、オジさん特有のワガママさがジャマをしてしまいます。( 笑 )

 

いや、空いているのは大丈夫か。先日はシナモンの香りに誘われて入ってみたし。

 

という訳で、ワタクシたちの事務所が入るビルの1階にも、何やら新しいお店が

出来る様子で、マイペースな店作りが進んでいて、前を通りかかれば覗き込んで

フムフム。 m(__)m

 

めぐり巡ったハナシでは「 ハンバーガー屋さんが出来る ! 」とのウワサ?

 

そういえば4棟ほど西にあるビル裏で、こんなワクワクするクルマ?を見かける

のは、ナニか関係があるのか無いのか・・・

 

burger_car.jpg

 

素敵なナニかが、アチコチで始まりそうです ♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

思いっきり床に、右手の人差し指をブチ当ててしまい、爪と肉の間に血のにじむ

突き指状態、痛みは過ぎ去ったのですが、キーボード操作が不自由です。(T_T)

 

事務所には、文集づくりなど昔懐かしい " 押し切り "( この呼び方で分かる? )

があって、紙の裁断に活躍しているのですが、左手の指の位置に気を付けながら

紙の束を押さえて、ためらうことなく右手でグイッと刃を下ろす動作、この際に

コーヒーカップの小指よろしく、ワタクシは右手人差し指を伸ばしていたようで

下ろす刃の勢いそのままに、床に指を突き立てたんですねぇ~

 

" A3 " でも " A4 " でも " A5 " でも、紙をセットすれば、キチッと真半分に切る

あまり嵩張らない " 簡易自動裁断機 " みたいなモノが欲しいところです。

 

つい最近、そこそこ大型のシュレッダーの寿命が尽き、新しいモノに入れ替えた

ところですが、これがパワフル&スピーディで、次々と処理してくれるのが快感

気持ちよく、ついつい大事なモノまでヤッてしまいそうで、コワイ、コワイ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 お昼ごはん、どうする? 」

 

「 う~ん・・ おそばを! 」

 

という訳で、" 新そば収穫感謝祭 " が開催されている、三田市永沢寺まで向かう

のですが、いやホント、田舎暮らしの自宅は高速道路へのアクセスが抜群なので

東西南北、街中に住んでいるよりも、ずっと気軽で便利に距離がかせげます。

 

混雑も考えられ、南西から近づくマイナールートを選んだおかげで、スムーズに

到着し、まずは新鮮野菜の販売コーナーでの買い物から。

 

淡くて繊細な緑色が食欲をそそる、新そばのおろしをテント下の店頭販売で頂き

引き続いて、レトロ硝子が素敵な奥の食堂で、またまたおろしそばと天ぷらを。

 

ちょっと食べ過ぎました。( 笑 )

 

「 寄り道して帰るか 」と初めて訪れた " 神戸三田プレミアム・アウトレット "

の巨大さにビビリ、立体駐車場から眺める全景に「 こ、ここを歩くのか? 」

 

かなり以前、それしか無かった頃に寄せてもらった大沢温泉( おおぞ温泉 )が

2017年、道の駅 " 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢 " として生まれ変わって

日本一ということで、ここにも寄り道してみました。

 

ペット同伴可、インスタ映えする敷地と遊園地も併設されて、ファミリー層には

楽しそうですが、オジさんが求める " 道の駅 " とは、ちょっと違う?  m(__)m

 

やはり田舎道に忽然と現れる、オアシスのような癒しある " 道の駅 " が嬉しい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

晴れ渡る空高く、時間が停まったような土曜日の昼下がり、ワタクシは道に迷い

落葉を踏みしめながら、ひと気の無い墓場を彷徨い( さまよい )歩いています。

 

もうどれだけ時間が過ぎたでしょう。永遠のようにも感じますし、もしかすると

まだ5、6分ほどしか経っていないのかも知れません。

 

ときおり現れる蜘蛛の巣を払うために、枯枝を1本拾い上げ、上下に振りながら

どこに繋がっているのか、繋がらないのか、微かな踏み跡を辿ってみるのですが

先ほどからもう二度、三度、行き詰まって引き返すことの繰り返し。

 

20191102_keifukuji.jpg

 

ガソリンスタンドに預けたクルマを引き取りに、徒歩で向かっていただけですが

なるべく真っ直ぐに行ってみようと、高低差を無視して進んだがために。

 

標高51mの墓場から出られません。

 

迷い迷って見つけた踏み跡に沿って歩き続け辿り着いたのは、直線的に歩こうと

一番最初に現れた、崩れかけた石段を登りはじめたその場所で、そう巡り巡って

何年もかけてふり出しに戻った感覚は、もしかするとキツネに化かされたのか?

 

いや、裾の汚れたズボンが、それが現実にあったことの証で、夜に洗濯物として

出す際には、汚した場所を申告せねばならず、彼女に叱られること必至。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

心臓縮む、朝一番からの電話は・・・ 「 トイレが詰まって溢れています! 」

 

オーノー! しかし、まぁ " モノ " に関することであれば、何らかの方法で対応

できるのですから、大したことではありません。

 

とは言いつつも、現場はオオゴトですので、ワタクシもとり急ぎ向かう道中では

いまから必要となるだろう道具が、アレコレ思い浮かぶのですが、田舎暮らしの

自宅には置いてあれど、いまは無い。

 

とりあえず、灯油ポンプは道中で入手して現場へと・・・

 

さて、一件落着した午後には( ここまでのアレコレは、一気にハショって・笑 )

銀行や市役所を巡るのですが、3Fまである駐車場の、2F前半1/4迄に停めるのが

コツとはいえ( 参照:裏腹駐車場 )ハイエースの場合、駐車場の建物の支柱に

運転席側が隣り合うスペースに停めると、ドアが開けにくく、シートを乗り越え

助手席側から乗降するほうが安全。

 

という訳で、中途ハンパな姿勢でシートを乗り越えようとしていて腰がグキッ!

あっ、ヤバいぞ、ヤバいぞ、この感じ・・・ 継続中です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

月末月初は銀行へ行く用事も多く、それには街中の銀行も含まれ " みゆき通り "

 

いつもであれば自転車で向かうところですが、たまたまリコールの修理中だった

ので( 2台保有の2台ともリコール対象車で順次対応 )徒歩にて向かいます。

 

ワタクシ、歩くスピードが速いほうなのですが、ちょっと汗ばむほどの気温には

速度を緩め、汗をかかないようにしながら国道2号線沿いの石垣の裏側を。

 

抜けて、古い家屋の残る路地に、古民家再生の人気のパン屋さんの前を通過して

大手前公園、本日からの「 皮革フェスティバル 」から入って「 全国陶器市 」

 

じっくりと見て回りたいところですが、人の多さに足早に抜けて " みゆき通り "

 

その北端にあたる " 本町商店街 " には、魅力を感じるお店や、先ほどの人気の

パン屋さんも出店してきておられ、とても活気を感じる通りに変化しています。

 

お城本町を知っている " つばめ屋 " 世代にとっても嬉しい進化で、ますますの

活気を期待してしまいます。

 

信号を渡って1件目の銀行へ、次の銀行へ向かうために、またまた信号を渡れば

" みゆき通り " にシナモンの香りが漂って「 おっ、ここにも新しいお店が! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 七曲のドラゴン "( ワタクシが勝手にそう呼んでいる )が、鎖骨を折った。

 

色々な分野で参考にさせていただいたり、憧れている方は多々おられど・・・

 

過去に「 座右の銘は上沼恵美子氏の言葉 」とさせていただいているワタクシが

彼の旅に憧れている「 レンタルバイクで台湾一周ツーリング 」の著者としても

有名な " cotaro70s " 氏( 左記IDで検索すれば、美しい写真など多数ヒット )

 

はたまた彼のオートバイを操る速さと自由度に憧れている " 七曲のドラゴン " 。

 

ワタクシなどフツーのライダーが、感じとれるグリップと折り合いをつけながら

コンマ秒ずつタイムを詰めているところ、ポーンとハナから桁の違うスピードで

コーナーを抜けて行く速度。

 

リッターバイクのフロントを上げたり、リアを上げたり、300km/h からコケて

みたり、自由自在にオートバイを操るテクニック。

 

まぁ、プロフェッショナルライダーは、そのまた上を行く訳ですが・・・

 

そんな彼も歳を重ねたにもかかわらず、相変わらずの体脂肪ヒト桁台で、クロス

バイクなど自転車レースの遠征に活躍されているのですが、たぶん、レース前の

ウォームアップを広場でされていて転んで鎖骨を折った・・・

 

300km/h から転倒しても、ガソリンスタンドで給油前にウィリーのタコ踊りを

してもヘーキだったけれど転んで鎖骨を折った・・・ ( 参考ページは、ココ

 

看護師さんがキレイと評判の病院で、バナナに囲まれながら手術をしたらしい。

 

人生「 突然なにが起こるかワカラン 」という教訓をいただき、座右の銘に一行、

「 自転車はアッという間もなく前転する 」略し「 ヒトはコケる 」を加えねば。

 

「 お見舞い申し上げます 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

現在、ICカードリーダライタを用意するなど、ハード面での準備や登録も必要な

電子認証を利用した行政サービスが、他サービスで一般的な、IDとパスワードで

利用できるようになる " GビズID " が来春から始まるとのことで、さっそく書式

ダウンロード&印鑑証明を添えて郵送という、超アナログな方法で申請します。

 

という訳で、印鑑証明の取得。

 

法人のソレは、法務局に1台しかない( 2台用意して~ )機械に法人カードを

差し込み、ピコピコ必要事項を入力して取得、法務局に出向く手間が必要です。

 

さて個人のソレですが、たまたま役所に出向く用事ついでに窓口へと、すっかり

ソレに代わっているものと、マイナンバーカードで手続きしようとするとアレ?

「 AIカードが必要です♪ 」って、マイナンバーカードを取得したので、すでに

AIカードを携帯してないし。

 

「 マイナンバーだけで出来る? 」「 出来ない? 」など、窓口の方がザワザワ、

そんなに印鑑証明の取得はマレか?( 笑 )と、不思議がっていると、なんと!

マイナンバーカードを使用してコンビニで取得すれば( コンビニで出来るのね )

200円。 役所窓口だと300円。 ということで需要がないらしい。

 

「 コンビニだとマイナンバーカードだけで出来て、なおかつ200円ですが・・ 」

と案内されても、いまここに居るのですから「 300円でいいのでお願いします 」

 

「 マイナンバーだけで出来る? 」「 出来ない? 」など、窓口の方がザワザワ。

 

結果、取得出来たので結果オーライですが、なかなかモヤモヤする展開となって

「 まだの方はさっさとマイナンバーカードを取得しておき、住民票や印鑑証明、

モロモロの手続きはコンビニで♪ 」ってコンビニの機械、触ったことないし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

秋晴れの空の下にいると、無性に歩きたくなるのは、みなさん一緒でしょうか?

空高く空気は澄んで、遠くの景色がクッキリと見えるとたまりません。( 笑 )

 

事務所の前、国道2号線の東行も、普段は気にならないのですが、こんな日には

その一直線に延びる道路の延長線上に " 山 " が見えます。

 

地図で確認してみると・・・

 

ちょっと意外、船場界隈から見えているのは、御国野~別所あたりの " 桶居山 "

( おけすけやま )と思われます。

 

と言うことは・・・ 桶居山に登り、双眼鏡で覗くと、ウチの事務所が見える?

そう考え始めると、登らずにいられないのが、町と一体化した低山の魅力。

 

30分ほどで登れる低い山は、ワタクシたちの町を俯瞰する楽しみがあります。

 

この現象は( そんな大げさなものではないです )山陽本線の英賀保駅あたりを

東進していても発生、道路延長線上に見えているのは、山陽道姫路東インターの

" 城山 " でしょうか?? 登ったことがありませんので「 登らねば! 」

 

東進しながら棚田踏切で左に目をやれば、荒川線の延長線上は " 八丈岩山 " から

" 広峰山 " ??? 遠くに見える低山に詳しい方、教えてください!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アパート暮らし時代は、仕事を終えて帰宅するのが、深夜~明け方だったという

こともあって、それこそトイレを流すにも気を遣う生活でしたが、" 生活音 " と

いう面からは、まったく気にしなくてもよくなった田舎暮らしの日々。

 

自身もそうですが、もちろん上や隣の方の生活音が気になることもありません。

 

ということで、朝一番からの草刈り( 笑 )

 

ま、しかしコレは前段の内容とリンクしている訳では無くて、まだ暗い早朝から

刈払機の音が響き渡るのは、田舎暮らしのスタンダード。

 

午後からはご近所の( と言っても歩いて行ける距離ではありませんが )友人が

軽トラックで訪ねてくれたので、外ベンチに腰掛け、近況報告など楽しい会話の

時間が持てて、シアワセな秋の夕暮れ。

 

自分自身も含め、年齢に応じた大変さやオオゴトに、先人や詳しい方の話に耳を

傾けるなど情報をしっかり収集し、しっかり対応して行かねばなりません。

 

刈払機のメンテナンス & 修理( 笑 )。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

遅くなった帰路、いつもならば2名乗車なのでBGMは無く、ミーティング( 笑 )

を兼ねた車内となるのですが、今夜はバラバラのクルマで連なってとなったので

テールランプを追いかけながら、ラジオのスイッチをON。

 

前を走る彼女のクルマの中では、きっと中年 m(__)m アイドルグループの曲が

かかっているでしょう。

 

スイッチを押してBGMに流れ出てきたのは、前任のドライバーがチューニング

済みのFMステーションのナイトタイムテーブル、落ち着いたナビゲータの声が

ひとときの夜のドライブを演出してくれます。

 

流れているのは " U2 " か・・・

 

昼間の移動や、日曜大工中にはラジオをかけることもあるのですが、夜のそれは

久々で、遠いむかし、ステレオイヤフォーンを耳に、クロスオーバーイレブンを

聴きながらのジョギングを思い出します。

 

今夜はテールランプを追いつ追われつ、遅くでもなく、飛ばすでもなく心地よい

速度で、流れてくるBGMに気持ちをゆだねつつ・・・

 

わずかな時間とはいえ、思わずの素敵なひとときを過ごしています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

毎年、10月21日、22日は魚吹八幡神社の秋まつり、ウチの網干の事業所の前で

宵宮には二町の屋台練りがあるのが勇壮で、絶好のロケーション。

 

しかし、本宮を含めて車で近づくには細心の注意が必要で、屋台の運行行程表が

ワタクシも欲しいところです。( 笑 )

 

昨日は時間に余裕があったので、所用のあとは徒歩にて、神社からお旅所まで。

 

20191022_usuki01.jpg

 

広場の両側に並んだ屋台と檀尻の数が壮大で美しい。

 

日にちが固定された祭りですので、今年は平日の月曜日、火曜日だったのですが

本宮は、即位礼正殿の儀の祝日と重なってものすごい人出、そこへ数千人規模の

祝賀行列もあるとのことで、晴れ渡って暑い、暑いお旅所です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに使用中のカレンダーには、その日の設定が無い " 即位礼正殿の儀 " の祝日

システム手帳アプリは、いつの間にか今日がちゃんと祝日設定になっていました。

 

通常のカレンダーで、まだそれを見かけたことは無いのですが、仕事上で便利に

使用するため、アプリでは週の始まりを月曜日に設定しているので、紙ベースの

カレンダーでも( とくにデスクの上に置く三角タイプ )左端が日曜日ではなく、

月曜日のモノが欲しいところです。

 

オーダーして作ろうかしらん? 需要ある??

 

さて、覚えていなかったので調べてみると、前回の " 即位礼正殿の儀 " は元号が

平成になった、1989年ではなく( もちろん喪中でもあった訳ですから )翌年の

1990年11月12日に執り行われていますね。 ダイアナ妃も参列されています。

 

つまり1989年が平成元年だった訳で、この年にお店を始めさせてもらったので、

明確に覚えているのです。 平成とともに歩ませてもらいました。( 笑 )

 

また機会を見つけ、その当時のアレコレも記しておきたいなとは考えるのですが

そのアレコレが多すぎて、なにから手を付けたらいいのやら・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

草刈りに区切りをつけて上がってくるとオートバイ、クルッと周辺林道を走った

あとで寄ってくれたそうで、毎年11/3頃に開催される " 高齢 " 改め " 恒例 " の

ツーリングに誘っていただいたのですが・・・

 

草刈り直後のその時もそうだったのですが、ちょっとした環境変化でジンマシン

まみれになってしまうので、オートバイで風を切って走るなどがかなり難しい。

 

困ったもんです。

 

さて午後からは、雨どいの修理などの手入れをしながら周辺を探れば、ウチの木

ではありませんが、たわわに実る柿の木が4~5本もあって、それぞれ甘いのか

渋いのか、1個ずつもいで回収してみます。

 

20191020.jpg

 

続いて、使用2年弱でスイッチがおかしくなった機械の修理にチャレンジですが

依頼すると、ほぼ購入価格でしたので「 エイヤッ 」と勇気を出して。

 

毎度、筐体をバラすのがキモですが、基盤についているSWの異常を疑っていた

ものの、開けてみれば基盤の固定が甘くなっているのが原因で、さてどのように

直すべきか・・・ アイデア勝負が功を奏して無事修理完了。

 

修理前、すでに新品をもう1台購入していたので、2台並べての活躍に期待です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ガッツリ掃除( 笑 )。バタバタにかまけて、飼い猫 " ゆず " のブラッシングを

はじめ、何もかもを放ったらかしにしていたので、一家総出で取り組みます。

 

まずは " ゆず " の爪切りから。 キホン、されるままに大人しいので、手こずる

ことも無く、チャチャっと終わらせ、掃除機を用意してブラッシングなのですが

この " 掃除機 " をはじめ、" ドライヤー " など大きな音を出すモノはキライで、

ワタクシのスキをみつけて逃げようとしますが、逃がしません。 m(__)m

 

布団のカバーを替えて、掃除機掛けて、拭き掃除して・・・

 

寝室リフォームが、天井に杉板を張ったところで中断しているので、腰板を張り

壁漆喰を塗って、目的の " エアコン取り付け " を完了させねば。

 

アチコチの扇風機3台を、バラして、拭いて、置いている段ボールに収めます。

誰もが知っている知識ですが「 扇風機のモーター軸のネジは逆ねじ 」( 笑 )

 

そろそろ灯油を買ってきておかねばならない季節になりました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

今秋はまだ夏の気配も抜けきれず、秋が深まるのは、もう少し先なのでしょうが

裏通りのキンモクセイの匂いに立ちどまり、漂ってくるその木を探してみます。

 

日が暮れる時間はずいぶんと早くなり、昼下がりを迎えれば、すでに日没時間を

考え出さねばならず、人生にも例えられる、その一日の短さを実感する季節。

 

自転車をこいで用事に向かいます。( 笑 )

 

ですよねぇ~、みなさん色々と思うところはあるでしょうが、炊事に掃除に洗濯

日常は絶え間なく続き、休ませてはくれません。

 

ただ、帰途上で立ち寄ったスーパーでは、1個100円の柿を選んだ後で、別棚に

2個で600円!の柿を見つけ「 人生あと何回、柿が食べられるかも分からんし 」

と適当な理由をつけ、勇気を出して非日常を楽しんだりもしています。( 笑 )

 

「 美味しい! 」

 

と言えば今夏、県境を越えただけあたりの、鳥取県の道の駅でスイカを購入した

ところ、コレがさすが名産地だけあってメチャクチャ旨く、もうスイカと言えば

鳥取県でしか購入できなくなってしまいましたが、出来れば、大栄町あたりまで

足を延ばしたいところ。

 

現在、なかなか遠くへ出掛ける機会を無くしてしまっているのですが、近隣にも

アレコレ産地があるので、季節をしっかり感じながらいただきたいです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

消費税が8%から10%へと変更になって、はや半月が過ぎたのですが、昨日まで

まったくその実感がありませんでした。

 

それが何故なのか、この2週間のワタクシの消費行動を思い起こせば・・・

 

すでにキャッシュレス決済メインの生活に移行していたので、現金を使ったのは

郵便局で切手を購入した際と、日々の喫茶店での昼食だけで、確かに切手は82円

から84円になっていたものの、それは消費税の影響なのか、単なる値上げなのか。

 

気づきませんでしたが、改めて思うと、価格据え置きの「 喫茶店ありがとう!」

 

で昨日、100均ショップに立ち寄って、壁フック3個を手に取ってレジへ向かい

サイフの中の小銭でちょうど支払えないかと、324円を探っているとオネーさん

「 330円になります 」

 

「 あっ、そうですね。 そうです。 3個で324円じゃなくなって330円です 」

「 なるほどなぁ 」と、すでに半月が経って、感慨深げに支払をさせていただき

「 これからは、1円玉と縁遠くなる? 計算力が弱まる? 」などなど。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

何の日の祝日か、通勤路が空いていて快適だった、よく分からないままの祝日は

「 体育の日 」で、「えっ、こんなにも遅くに? 」と感じたのは、第2月曜日と

決められている、最大限後ろ寄りだったからですね。

 

来年は「 体育の日 」改め「スポーツの日 」となって、オリンピック開催都合で

7月24日へ移動、つまり10月の祝日は無くなります。と、なかなかのフリー具合。

 

1964年の東京オリンピックでは、その日が開会式だった訳ですから、穏やかで、

爽やかな天候に恵まれた日々だったのでしょう。 現在の開催日程は真夏・・・

 

個人的には昔から、土日や祝日が休日ではない仕事をさせてもらっている関係で

実感がないというか、現在はデスク向かいの彼女が頭を悩ませながらガンバって

くれている「 シフト作成 」上では、祝日が入ることでヤヤこしさ倍増。

 

「 大型〇連休 」など、ひと塊にはせず、まんべんなく散らしておいてください。

とは言うものの、経済効果は連休の方が高そうですね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

報道で台風被害の惨状を見ると、その規模が甚大でお見舞いの言葉も見つからず

こんな駄文を綴っていてもよいのか悩むところですが、日々の営みをしっかりと

重ねることも大事との思いで、日常を繰り返します。

 

土曜日は大荒れでしたが日曜日には晴れて、各地でお祭りなど行事が開催された

ものの、ワタクシ、やり残した仕事が膨大で参加させてもらえずにいたのですが

実際のところ、グッと下がった気温にカラダが対応できずにジンマシンまみれで

こんな状況下、一日中外にいるとオオゴトになる体質にも四苦八苦です。

 

つい昨日あたりまで、七分袖のシャツ1枚で大丈夫だった気温は、長袖になにか

軽く羽織るものが欲しい季節へと、一気に進みました。

 

さて帰宅は早めだったので、ラグビーの試合は自宅テレビでの観戦となり、興奮

しながら応援させてもらったのですが、みなさん同様、今回のワールドカップで

ルールの主だったところを知ることになり、当時ラグビー部の同級生が日常でも

やたらタックルのように突っ込んできていた意味を知ることとなっています。

 

色々な面で、意味で、ニッポン、いや自分自身がガンバらなくてはなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ご無沙汰過ぎて申し訳ないどころか、忘れられて当然のお店に寄せていただくと

超、あたたかい出迎えに「 ありがとうございます 」

 

先月から続くバタバタや社内研修等々、それらはもうしばらくドタドタと続くの

ですが、そんなところに「 お店移転します 」と届いたメッセージに、取り急ぎ

超、久々に寄せていただいた次第。「 いやはや申し訳ないぃ 」

 

ご無沙汰期間中には、ビックリの変化もあったそうで「 おめでとうございます 」

と掛けさせてもらった言葉も、いかほどズレたものになったのか・・・

 

さて、新しいお店のことも伺わねばならないのですが、まずは美味しい酒と肴で

楽しませてもらい( ワタクシは炭酸水に、生産者の顔が分かる、大分のカボスを

ギュッと絞って爽やかハイを )シメは手打ちのお蕎麦で。

 

楽しい時間とともに「 ごちそうさまでした 」

 

そうそう、新しいお店はちょっと新しい、現代風の形態で11月2日(土)17:00

オープン予定の準備を進められているそうで、フレッシュな風舞う野里商店街が

ますます楽しくなりそうです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

都会のアチコチで、日本グランプリのために来日した、F1ドライバーの日常風景

が目撃されていて「 へぇ~、こんなモノに興味があるんだ 」とか。

 

毎日のようにテレビで見かける芸能人と違い、興味のある方にとっては雲の上の

ヒトですが、多くの一般人にとってはフツーのヒトにしか見えないですもんね。

 

現在1年間に21戦! 日本で大ブームだった当時は、ブラジルに始まりオースト

ラリアで幕を閉じる全16戦でしたから、興行収入のためか随分と増えています。

 

当時もそうでしたが、するとシーズン中8月を除き、2週間ごと世界を転戦して

レースですから、その消耗の激しさと言ったら・・・

 

「 世界21か国の旅行に行かしたるで、2週間ごとに1か国、3日間の旅な 」と

誘われたら・・・ それだけで疲れ果てます。( でも、行くかも・笑 )

 

そうそう、" F1 " と言えば、その舞台をモデルにした、古いコミック( マンガ )

「 赤いペガサス 」もアタマに浮かぶワタクシですが、時代背景はニキ・ラウダ、

ジェームス・ハント、そしてタイレルの6輪車が活躍した頃で、あぁ懐かしい。

 

どこかで巡り会ったならば、じっくりと読み返したいコミックです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

他所の方々には「 水分補給をしっかりと 」と伝えながら、自分自身がまったく

出来ていないことに気づいた最近、昨日もエアコンの効いた事務所で、たいして

汗をかいているつもりもなかったのですが、買って来てくれた600ccのミネラル

ウォーターのペットボトルが一気に空いて、クイクイ入る水分にビックリ!

 

歩行中もクルマの中も、はたまたデスクの上にも、ペットボトルを常に携帯する

習慣はワタクシにはありません。 飲むなら飲む、飲まないなら飲まない、軽く

ひと口飲んでキャップを締める、その中途半端に残った水分がメンドくさい。 

 

実際には、こまめに水分補給をすることは良いことで、ガバガバと飲んでも吸収

される量は、たいしたことが無いのかも知れません。

 

という訳で、昼間にはコーヒー以外、水分らしい水分をほとんど摂取しませんが

しっかり食べる朝食時には、豆乳と酢水とコーヒー、マグカップ3杯分たっぷり

飲んでいるものの・・・ コーヒーとかは水分量の計算に入るのかな?

 

昨日、事務作業中に、一気飲みしたミネラルウォーターが、とても美味しく感じ

られたということは、カラダは水分を欲しているのかも知れませんから、午後の

タイミングで、水を500ccくらいは飲むように心がけてみましょうか。

 

出来るかな? 効能アヤシゲな小さなビン飲料よりも( 普段から飲みませんが )

500ccの水で滋養強壮、体調万全、いま以上に元気になれるかも知れません。

 

「 こまめに積極的な水分補給が大切ですよ 」と、他の方々には伝えながら。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

生活スタイルに合わせて、アレコレと合理化出来るのであれば嬉しいところ。

 

田舎暮らしの自宅フルリノベーションの際には、それらも目的に取り組んだので

平面図( 真上から見た図 )的にウチは、ジグザグと二分割されて、それぞれが

カッコよく言えば「 パブリックスペース 」( 見られてもマシな側 )「 プライ

ベートスペース 」( 見られてはイケない側・笑 )と区切られています。

 

繋ぐのは家の中を走る廊下( というほど長いモノではなく、一瞬で終わる通路 )

で、夜は間接照明に照らされた、花など活ければ似合いそうなニッチスペース。

( こう書けば素敵に感じる場所に、要らぬモノなど置いてあったり・・・ )

 

さて、その「 見られてはイケない側 」の居間の死角になる場所には、洗面台と

洗濯機があり、お風呂にも居間から直接入られるようになっています。

( このあたりが一般的な家庭とは、大きく違うところでしょうか )

 

で先日、帰宅直後に点けた居間のテレビでニュースを見ながら( 彼女は厨房側

のテレビで録画を )ワタクシ自身で何度か修理している、ドラム式洗濯機から

取り出した洗濯物を干していたのですが( 彼女が夕食準備中のワタクシ担当 )

落としたハンガーを拾おうとして、差し出した右手薬指を突き指!

 

現在「 コレはゼッタイ骨折や 」というほど痛いのですが、きっと3日もすれば

痛みも治まってくるのでしょう・・・

 

一旦、洗濯機前の天井に固定したバーへ、ハンガーに干した洗濯物を掛けておき

お風呂を上がった後に、丸ごと浴室内に移動させて、深夜の浴室乾燥へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で「 あっ!」という間に、10月に入ったものの、秋の風吹く空高い日、

とはならず、台風が近づいているせいか、気温も湿度も高い日となって、夏か?

 

職場にはカゴ付き自転車があって、おもにワタクシが便利に使っているのですが

「 作り過ぎたので、お昼を食べに来て 」との指示に、急いでペダルを踏み込む

アタマに降りそそぐ陽射しが真夏のソレで、近場とはいえ「 日焼けするわ 」

 

作り過ぎた、クリームシチューをいただきます。 「 美味しゅうございました 」

 

その足で銀行経由のアチコチ用事ですが、途中ではバイク屋さんにも顔を出して

忘れられないようにします。( 笑 )750RSのフルレストア途中の車体が置いて

あり、ケーヒンCRキャブを組むようですが、オーダーの「 エアクリーナーBOX

はノーマルで 」に四苦八苦されている様子。 マニアは我がままです。( 笑 )

 

さて、乗り物といえば " リコール " が、ままあるのですが、それは自転車にも

あるようで、まさにコノ自転車が対象車で、無償の部品交換を初体験。

 

元々、なにに問題があったのかな?

よく分からないままに、カギが新品になりました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

元々、あまり見ないタイプ( 笑 )なのですが、クルマがハイブリッドになって

益々、見なくなったガソリンゲージ。 たまたま目をやると「 わっ!エンプティ

マーク( E )と針が重なってる! 」

 

1mm の余裕も無くヤバい状態じゃないですか! オマケにちょっと遅くなった

ので、有人スタンドはもちろん無理、セルフスタンドさえも開いているのか?

 

と、閉店時間を気にしながらガソリンスタンドを目指すのですが、到着してみて

ビックリ! 長蛇とまでは言いませんが「 こんな時間に中蛇の列が! 」

 

増税まで1時間強を残して、みなさん駆け込み給油でしょうか? 「 ちゃうねん

ワタクシはタマタマ( E )やったねん 」と言い訳をしながら、数台分を並んで

無事給油完了。 このクルマになってから初めての「 こんなに入るんだ! 」の

量だったので結果、直前に入れられていたスクーターより遥かに増税前の恩恵を

与ったことになって「 いや、ちゃうねん 」( 笑 )

 

自宅に帰着し日が変わった夜中のニュースで、増税前の駆け込み需要のビールを

買い込まれた方の映像が映り、ヘビー消費者の彼女「 しもた! 在庫があと数本

しかあらへんから明日の帰りに買わなアカン 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お祭りを来々週に控えた、秋の一斉道普請、心配された天気も上々の青空の下で

汗を流してガンバります。 たまたま深めの長ぐつ( 地下足袋が多い )だった

ワタクシの担当は、小さな神社の前の小川に入り、その両岸の雑草を。

 

小さな橋の下あたりの水深は、長ぐつギリギリでスリリングですが、それよりも

時折、刈払機の刃を川に浸けてしまい、撒き上げる水煙でズボンをビチャビチャ

にしています。( 笑 )

 

終了後には今回初、アツアツのたい焼きが用意されていて、旨いゾォ~。

 

さて、彼女はすでに朝一で職場へ行っているので、シャワーを終えたワタクシは

軽トラで Go! 見上げる空には縦横無尽に飛行機雲が走り、機体は見えずとも

ここが航路であることを教えてくれています。

 

エアコン( 一応、付いてるよ )を切り、窓を開けて秋の空気を取り込みながら

今日の選曲、ちょっと薄くて乾いた音を伝える AMラジオから、チューインガム

のジングルが流れてきます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事で使用するクルマは、すでに6年ほど前から全車、ドライブレコーダー装着

となっているのですが、当然、機器にアタリ、ハズレがあって、2年も持たずに

交換を繰り返した機種や、6年経過して何の問題も無く活躍している機種。

 

う~ん、その差がワカラン。

 

いまどき " 国産 " に拘る意味も無くなっていますが、ソレのそこそこ価格機種が

バタバタと壊れたのはショック、それも〇ニータイマーよろしく、測ったように

1年が経過した頃に。( 笑 )

 

という訳で、新規導入したクルマにもドラレコを装着しなければ( あっ、現在は

全車でないですね )ならないのですが、どこのメーカーの何を選べばいいのか。

 

目的からして信頼性が一番重要なのは当然として、今回は最近主流になっている

2カメラではなく、本体レンズが前方と後方に付いていて、車内の記録が残せる

タイプがベストバイ。

 

ま、6年×複数台の期間で大活躍したのは、ワタクシの火球目撃事件くらのモン

だったことが、かえって幸い。( 参照:2013.8.3 真夏の流れ星

 

いぢめないでね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

比較的、道幅に余裕のある2号線東行き沿いに事務所があるので、朝方にはその

道端に、現場搬入待ちの資材を載せたトラックが駐車していることがあります。

 

柱になるのでしょう、各部溶接を済ませた、ドンと太い鉄骨を載せたトラック。

鉄製の階段や、らせん階段を載せたトラックも見かけました。

 

さて昨日は、2号線を東へ研修会場へと移動すれば、いつものように現場へ資材

搬入待ちのトラックが3台駐車していたのですが、積載物はどれも同じ金属製の

巨大な直方体ぽいモノで「 なに? なに? 」と注意深く観察してみれば「 おっ!

コレは! エスカレーターじゃないか! 」

 

エスカレーターを単体で見るのは、初めてだと思います。

想像より、はるかにコンパクト。

メカメカしくてカッコイイ。

 

ショッピングセンターで乗るモノよりは幅が狭く短いようなので、どんな建物に

設置するのでしょうか?

 

「 取付工事を見学したいなぁ 」と後ろ髪引かれる思いで、研修会場へと向かう

のですが、内容は非常に有意義で濃く、質疑応答の時間にしっかりとワタクシの

疑問を明快にできた研修、参加させていただき「 ありがとうございます 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

知らぬ間にケガをしていることは多々あり、とくに " ムコウズネ " には常に傷が

絶えないのですが、ただソレが、いつ、どこでなのか覚えが無く、もしかしたら

「 脚立から落ちそうになって踏ん張った、あのときのものか? 」

 

「 いや、よく理解していない、セルフタイマー機能を使って写真を撮ろうとして

スマホに駆け寄った際にコケた、あのときのものか? 」

 

現在、キーボードを叩きながらコノ文章を書いている最中も、昨夜から痛む右手

薬指をかばいながら「 突き指をしたようだが・・・ それはいつ? 」

 

かなり昔、剥離骨折とやらで右手を固めていたことがあるのですが、その期間の

不自由だったこと! とくに洗面やトイレなどの日常動作を、左手で行うことの

難しさを痛感しました。 いまがそんな感じ。

 

さて本日、丸一日研修の予定で、すると昼食は会場の向かいにある喫茶店が予定

されるのですが、そこの扉で痛めてハガれた親指の爪は( 参照:2019.08.21

7割程度、あと少しのところまで再生しているので、再び、あの調子の悪い扉に

挟まれないよう気を付けねばなりませんが、もしかして扉が直ってる?

 

「 確かめてきます! 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 よくそんな音量で気付けるな 」と、蚊の鳴くような音量の着信音で「 ハイ 」

と、スマホに対応している、向かいの席の彼女に感心しているワタクシと言えば

移動時にはカバンの中なこともあって、通常音量でも気づかなかったり・・・

 

かと思えば、喫茶店で他人のスマホの、超バカでかい着信音にビビることもあり

「 そこまで大音量に設定しておく必要があるのか? 」

「 そうか、カラオケ屋さんか! 」

 

昨日、早朝というか深夜というか、午前3時頃、けたたましく鳴り始める彼女の

スマホに「 すわ、緊急事態か! 」と飛び起き、その内容に耳を澄ませば・・・

 

鳴り続く着信音に「 はよ出えな 」「 いや、出られへんねん 」「 ??? 」

 

その内容への心配と、飛び起きたことで、すでに心臓バクバク。「 はよ出えな 」

「 なんか変なメッセージが出て、出られへんねん 」

 

ドタバタドタバタ、ホントに緊急の電話じゃなかったのか・・・ 結論を言えば

バッテリーが減り、残量が1%とかになった際に着信音が鳴る機種があるようで

その現象でした。

 

なんと、まぁ、着信音が鳴るなんてややこしい!( プンプン )

コレはフツーの、電子お知らせ音みたいなので良くないかい?

てか、そこそこ充電してから寝てよォ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

一日が、ひと月が、一年が、とても短く感じられるようになったのは、ワタクシ

と同世代の方々、みなさん同じでしょうが、アタマの切り替えや回転力も衰えて

一日に完遂できる仕事量が徐々に減少しているのが痛い。

 

昨日は一日の大半を、会話を進めながらの内容だったのですが、終わってみれば

たったの2案件で、ノドは痛いわ、疲労感あるわ、ホント情けない。

 

ドドーっと勢いよくテキパキと、と思わなくはないのですが、それは若い方々に

任せて、まったり熟して進めることを求められる年齢なのか・・・

 

思いだけが先行して参加した徒競走で、足がもつれてコケるオトーさんの気分?

いや、そのオトーさんでさえ、ワタクシよりは遥かに若いです。

 

考えてみて救いなのは、たぶん時間的な勢いのある当時の内容より、ずいぶんと

その質が高まっているのではなかろうか。 いや、そうでなければなるまい。

 

一つのことにグググッと集中して時間をかけて向き合う。

そんな単純なことが難しくなったと感じています。

勢いがなくなった分、高い質を求めて・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 20191210_mifune.jpg
  • yuzu208.jpg
  • yuzu207.jpg
  • yuzu206.jpg
  • 20191116_ontheroad01.jpg
  • 20191116_ankokuji01.jpg
  • yuzu205.jpg
  • 20191110_pizzeria.jpg
  • burger_car.jpg
  • 20191102_keifukuji.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja