日々散文の最近のブログ記事

 

 

ホームページのプチ更新をボチボチと進めているのですが、これまた相変わらず

手の遅さが災いして、当初はボチボチで十分間に合う予定が、お尻に火が点いて

焦らずにはいられない。( 笑 )

 

出来るならば、その他をシャットアウトして、気づけば〇〇時間!みたいな没頭

作業をしたいところ。 更新結果をローカルで確認しているのですが、クラウド

サーバーを使えば、左側のパソコンでエディタを保存し、右側パソコンの更新を

すれば、結果が随時表示されるので、画面を占有しなくてよろし。

 

ま、その環境はありませんがデュアルモニタとか、大画面ならば、その手間さえ

要りませんが・・・ 用も無いけど、湾曲した横長モニタを使ってみたい。

 

若干のリンク変更もあるので、それはFTPでサーバーに上げてから確認。

 

ビューはそれほど多いサイトではないので大丈夫でしょうが、もしリアルタイム

で閲覧中の方がいたとしても、ホームに戻ってきた際には( 更新されたとして )

「 なにか変わった? 」程度の変化なものの、コンテンツを整理して、メニュー

ボタンを変更し、テキストボリュームは随分とアップしています。

 

さて、一番可能性が高いスマホで確認。

「 ん?写真を回り込むテキストのレイアウトがヘンだゾ! 」

 

その「 ホームページを見てね 」というラジオCMが、5月から流れはじめます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

と、昨日の通りキホン、衝動買いタイプなのですが唯一、漠然としたイメージを

何年にもかけて温めてきたのは田舎暮らしで、結果的に偶然めぐり会ったココは

年末のバタバタの中での衝動買いだったのですが、売主さんにも地域の方々にも

恵まれて、快適に住ませていただいている真っ最中の大正解。 運がよかった。

 

確認すれば、2007年クリスマスのことで、めぐり会ってからは売買、登記完了

までに1週間ほどかかったか、かからなかったか・・・

 

それまでの休日には、ハイラックスの荷台に、お気に入りのチェア2個と七輪と

クーラーボックスを積んで、兵庫から岡山の県境辺りを、ツーリングマップルを

見ながらドライブし、気に入った場所で現地で仕入れた食材での昼食。

 

「 ここに住みたいなぁ 」「 冬に出られなくなるで 」等々。

 

独り暮らしの部屋に彼女が転がり込んできて( 彼女とは見解が違う・笑 )結局

20年以上暮らした街中の狭いアパートから、そうした地方へ向けたドライブで、

少しずつイメージをかためつつある中、田舎暮らし物件を数多く紹介されている

不動産屋さんにもめぐり会い、岡山で桃源郷を築かれている方に学び、また当時

兵庫西部の物件をおもに紹介されていた不動産屋さん。

 

昨日、あらたにスタートされた部門の営業で、担当の責任者の方が弊社へ来られ

受け取らせていただいた名刺を見てビックリ。 当時、県西部の物件を見させて

いただいたその不動産屋さんの新部門で、従業員数もメチャ増えてるし。

 

めぐりめぐった新たな出会いに「 これからもよろしくお願いいたします 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ナンでもカンでも、ウェブから買えないものは無いほど( 実際にはどうなの? )

ネット通販スタイルで購入は出来るのですが、ワタクシの場合、これまでに購入

した一番高価なモノは・・・ オートバイを買ったことがあるわ。

 

そこそこ高額中古車だったのですが、評価がはっきりしている分野で、なおかつ

自分自身の知識があったので、安心して購入することが出来ました。

 

反面、安価だとしても身につけるモノは、ワタクシ的にはブツを目にしなければ

購入には至らない分野、知識が無いからでしょう。( 笑 )

 

さて衝動買いは得意分野で、過去にはそれこそオートバイ2台まとめて即決とか

( ローン )無茶もしてきているのですが、キホン買い物は一期一会、即決型で

悩み抜いての購入など記憶が無く、よって日々から、あらゆる分野の知識を広く

深く蓄えておく必要があります。( 笑 )

 

" ツンドク " だけにしてしまうのか、本を2冊衝動買いした昨夜、テレビからは

" 石 " が奏でる素敵な音色が響いています。 まったく知識の無かった分野。

 

ウェブ検索してみれば「 サヌカイト 」( おもに讃岐地方で産出される石なので

そのネーミング・魅かれる ♪ )いい音が響く呼び鈴が販売されていたのですが

「 これは観光して、産地で買おう!」と、衝動買いせず。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

朝からワタクシは何リッターの水分を摂取してるんだ? という訳で、午前中は

頻回のトイレとなって、なかなかハズかし。( この歳になればヘーキですが )

 

彼女が「 いいみたい 」と、アレルギーに効くだの、血圧を抑えるのに効くだの

アレコレ用意してくれるので、すべて飲みます。 飲みますとも。

 

一番の原因は " 運動不足 " と分かっちゃいるけど解消されない。 m(__)m

 

小皿のフルーツ数粒から始まり( 今朝は大きなアキヒメだった♪ )豆乳ミルク

マグカップ1杯約200ccでパン半切れなど。 〇〇〇酢( 知らない )を薄めた

マグカップ1杯約200cc、ヨーグルトを挟み、飲みやすいタイプの青汁を小ぶり

カップ1杯約150cc、血圧を下げるというお茶をカップ1杯約150cc。

 

これで終わりかと思っていたら「 名古屋の喫茶店かよ 」のヤクルト1本65cc。

 

そしてシメに( って、このあと歯を磨いて活動開始 )マグカップにたっぷりの

コーヒーをいただくので、朝から合計約1リッター! トイレも近くなるって。

 

ワタクシ的には、そんなモンで血圧が下がったり、健康になれるなら苦労せんわ

と思うのですが、ま、積極的な水分摂取は悪くはないのかと・・・

 

その分そこからの1日、ほとんど水分を摂らないのもどうかと思いますが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシの場合、朝一番はシャワーから始まるのですが、その際にはまず、昨夜

ハンガーに掛けて浴室乾燥機で乾かせておいた洗濯物を、ハンガーごとガバッと

取り込んで、居間側に同じ長さで用意したステンパイプに掛け移すことから。

 

しっかり乾いた洗濯物の、いい匂いがします。

 

昨夜の帰宅後にはすぐ、タイマーで洗い終えている洗濯物を洗濯機から取り出し

ソレを入れたカゴを小屋裏の寝室に上がる階段の3段目に置いて、腰をかがめる

必要の無いようにして1枚ずつ取り出し、パンパンとシワを伸ばしてハンガーに

通して居間のパイプに掛けて行き、入浴後の浴室内にガバッと移すという手順。

 

その間に彼女が夕食を作ってくれます。

 

中古家屋のリノベーションの目標は、田舎で便利に暮らすことを目指し、日々の

家事に関するルーティンを、なるべく無理なく快適に出来るよう工夫しました。

 

その電気仕掛けに頼った快適な暮らしの中で・・・

 

洗濯物を取り込み朝一番のシャワーを浴びようとしたら、乾燥機の壁リモコンに

エラーが表示され、深夜に動作が停まり洗濯物が乾いていない!

 

2室換気200Vの浴室乾燥機・・・ 結構するんですよねぇ~

 

読めないエラーコードを読み、ブレーカーと行ったり来たりしてアレコレ試した

結果、浴室乾燥機本体の故障ではなく、タイマー機能の異常のようで、手動にて

スタートさせればセットした時間までは動作することを確認し、今後はソレで。

 

リノベーション時に据えた機器類が、飼い猫 " ゆず " と同い年の12年を過ぎて、

そろそろかな的な・・・ 修理の技術を磨かねばなりません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ここのところ、自動車系の目撃談が多いのは、それだけ移動が増えているからと

思うのですが、彼女曰く「 あんたがキョロキョロしているからや 」と。

 

そんな昨日は、なんと!「 ピカピカのキューベルワーゲン見かけたよ♪ 」

 

いつ以来?って小学校高学年の頃の、シュビムワーゲン、キューベルワーゲンの

プラモデル( タミヤ1/35 )を組み立てて以来。 つまり実物を見たの初めて!

 

ジャーマングレーにワインレッド系の幌がオシャレ。

 

たしか、ポルシェ氏設計の1000cc空冷エンジンだったハズですが、メカニカル

ノイズも無く静かだったので、丁寧な整備が施されているのでしょう。

 

旧車も素敵とはいえワタクシとしては、オートバイで例えるならば、ブレーキが

如何ともし難く、アンダーパワーは楽しめるものの、ストッピングパワー不足が

コワイ。 レストアの際、ブレーキシューとかどうしてるんだろ?

 

なので、邪道と叱られるカモですが、旧車のフレームを補強して、現行パーツを

組み込んだ改造モノのほうが、忠実再生系より好き。 m(__)m

 

いまでもZ1やZ750FXに、最新の足回りとブレーキを組み込んだヤツは欲しい!

てか、作りたい。 しかし、もしノーマルを入手したら維持にも価値があるし。

 

クルマもオートバイも現在、まさにワタクシたちが中古で入手して、手を入れて

楽しんでいた、昭和中期~平成初期の中古車の価格上昇がハンパないです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 おっ!なんだコリャ? 」

 

午前9時前後、旧朝日橋付近を南下中に対向車でやってきたのは、グルグル白黒

デジタルカモフラージュを全身にまとい、赤い斜め線の入ったナンバープレート。

 

最近「 新型車を目撃!?」的な記事でよく見かける、目がハレーションを起こす

渦巻きいっぱい迷彩柄の、なにかの新型モデルとすれ違ったのです。

 

同じ方向に走っていればアレコレ確認できたものを、すれ違いの一瞬だったので

ナンバーがどこだったかも確認できず、クルマの形からすれば新型SUV???

 

ワタクシはハイエースでしたが、仮ナンバーが " 三河 " だったなら、もしかして

彼女が使用中のクルマの新型だったかも。

 

サービスエリアなどならば、スクープ写真が撮れたかも知れないのに、いきなり

だったので全然わからなかった。 ドライブレコーダーに映ってるかなぁ・・・

 

デカい仮ナンバーを装着した、カワサキのオートバイのテスト車両は過去に2回

偶然見かけたことがあり、革ツナギを着たライダーが当時、ウワサになっていた

50ccのロードバイクを。 はたまた新型オフ車2台揃って山の中の林道で。

 

しかし昨日、カモフラージュの四輪車を見かけるとは・・・ 油断していたゼ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

他の方が訪れた写真やレポートを拝見し「 いいなぁ~行ってみたいなぁ~ 」と

思っている、希少車系の販売店やミュージアム。( 中学生の頃にスーパーカー

ブームを過ごしたワタクシたち世代は、とくにその思いが強いような気がする )

 

動かせてこそ、乗ってこそ、活躍させてこそ、とは思うものの、走っている姿に

遭遇することが難しそうなクルマたちは、こちらから会いに行かねばなりません。

 

しかし、知識の無さもあって、そういった場所は富士山周辺から関東圏だろうと

思い込んでおり、ちょっと気軽に行ける距離ではないなぁ・・・

 

と思っていたら! 近くも近く事務所から歩いて行ける距離に何か竣工しそうな

気配にワクワクが止まりません。( 歩いて行っていいのか?・笑 )

 

ずっと工事中( いまも )から、ただならぬ雰囲気が、気になって、気になって。

 

って、いま確認してみれば、すでに公式ホームページが公開されていて 4/29 の

オープンに向けて、カウントダウンされてるし!

 

トップページに登場するクルマたちに興奮しながら、イタリア自動車工業都市の

名前を冠した、ワタクシたちの街にできるミュージアムに期待!

 

カフェダイニング&バーも併設されるみたい♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

雑草がグイグイ、すでに狩り時を過ぎて伸びているのが目に見えますが、ここは

心を鬼にして書類作業に没頭します。

 

そう順次、月曜、火曜、水曜と期限を迎えてしまうので猶予がありません。

 

作業のすき間、すき間にその他の小さなアレコレを挟み進めるのですが、例えば

5月から放送予定のラジオCMの原稿など。 第一稿を自身で読み上げてみると、

30秒にまるで収まらず、相当シンプルに伝えたいことをまとめねばなりません。

 

イントロ?インテーク?部分を考慮すれば、実質の原稿読みは20秒ほどか・・・

 

さて午前中にひとつ完了させ、イベリコブタのスープパスタで昼食、デザートに

アイスクリンを楽しめば、午後からも集中。 予定外に電話が掛かってくる日。

 

夕暮れの気配とともに集落に狩草をいぶす匂いが漂いはじめ、草刈りに出遅れた

哀しみをまぎらすために、また姿勢悪くパソコンに向かう自分自身をほぐすため

玉切り10個分ほどの薪割りを。

 

枝分かれ部分など、元々割るのに難しい薪を残していたので、クツを履き替えて

全集中で斧を降り下ろします。 

 

一撃目でクイ込んだ斧を抜き、スプリッティングアックスをクサビ代わりに当て

ハンマーで打撃して、割れにくい枝分かれ丸太を強制的に割って行きます。

( 各種斧は税務署の行き帰りに外川産業製を安価で購入させてもらっている )

 

悪い姿勢で凝った全身が、ホグれて行くよう。

 

青い空にコウノトリ空港へ向かうレシプロ機が、大きく右旋回して行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

初夏を思わす陽気が立ち止まり、春らしい肌寒さをともなった気温に、何につけ

自転車で移動したい気持ちが止まらない。( 笑 )

 

しかしここ数日、移動は多いものの、運ばねばならぬモノもあって、自転車とは

ならずにもどかしいゾォ。

 

と、まぁ実際のところソレは、カゴ付きの一般自転車となるのですが、できれば

ロード系のリムに気遣うものではなく、MTB系の路面を選ばないモデルが最適。

( なのでカバンは、ブリーフケースではなくデイバッグ )

 

当然、マナーは守ったうえで、ちょっとショートカットしたり、横道にそれたり

少しでも気になるものがあればUターン。 するとカメラも要るな。

 

現在、一眼レフが欲しいと思っているのですが、自転車と組み合わせて使うには

胸ポケットサイズの高画質が便利か・・・

 

「 自転車に乗る 」ことからも「 写真を撮る 」ということからも、何十年単位で

遠のいているので、リハビリから始めなければなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

日々、各種ソフトウェアに助けられて作業を進めている訳ですが、その内一つを

「 根本的に入れ替えたい 」と考えて、そのアプローチを年初あたりから継続中

なところ、これがなかなかハードルが高くて難しい。

 

担当の彼女とともに悩み続ける日々・・・

 

従来のソフトウェアと比較して、見た目はもちろん、操作方法も、考え方も違い

ゼロベースから始めなければならないのですが、以前のソフトウェアへ " 慣れ "

が残っている分、ゼロというよりマイナススタートに感じている真っ最中。

 

加えて、その作業専用としていたノートパソコンがスペック不足気味で、現在の

混迷状態が安定すれば問題なさそうですが、ソフトウェアをインストールしたり

している現状の、CPUとドライブ全開状態がなんとももどかしく、これは・・・

 

買い替えか、もしくはSSD換装か。

SSD換装で問題の大部分が解決するならいいのですが、効果が薄ければツライ。

 

最前線や核となる部門はもちろん、バックグラウンドで安心と安定を支えている

部門も重要ですので、ソフトとともにハードウェアも更新すべき時期でしょう。

 

「 よし!」って、テンキー付のフルサイズノートって、冷蔵庫を選ぶ気分。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

そんなことではなく、期限が迫った目の前の一つ一つをクリアして行くことが今

最大の重要事項であるのに、薪割り機を考えているアタマはなんだ?

 

昨日の午前がタイムリミットの一つが無事、クリアされてホっとしたのも束の間

飛んで帰って午後からの一大事に備えた、大量の書類をカバンに入れ・・・

 

とカバン。 移動時には両手が自由になるデイバッグを選びたいところ、現在は

A4サイズを収めたり、パソコンを持ち運ぶのに、なんだかんだ便利なので、結果

手提げのブリーフケースを使用しているのですが、当然、キズも増えてきた。

 

ソレがアジにもなるのですが、出来ればマメなメンテナンスで、消せるものなら

そうしておきたい、と考えてハタと「 ワタクシは革の手入れ方法を知らない 」

 

幼い頃は野球グローブ用の " ドロース "( コレは革を柔らかくするのが目的? )

オートバイブーツ、革ツナギ用の " サドルソープ "( 汚れ落とし? )があった

記憶はありますが、現在は革のメンテナンス用品が何もありません。

 

マジメなのは葬祭用しかありませんが、それでも革靴も幾つかはあるというのに

ブラシもクリームも( 何が要るの? )メンテナンス用品が何もない!

( タマの使用後は、キッチンペーパーで丁寧に拭いている )

 

カバンの黒い部分の小キズを、靴墨で直せば服に付着するだろうから、アレコレ

適切なメンテナンス方法を学び、せっかくなのでキチンと維持してやりたい。

 

ふむ、目の前の課題は " 革のメンテナンス " だな。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレ? 今回は余裕をもって臨めると考えていたのですが、ここにきてアレコレ

予定がテンコ盛りになってきて、当初のソレの時間が割けなくなってきて・・・

 

あせるわ、ヤバイわ、顔がひきつってきたゾォ。 ・・・雑草は伸びるし。

 

例えば、必ず「 1日に30分は必ずソレに時間を割く 」と決めて、少しづつでも

進めるのが良いのでしょうか? 集中してドカッとやりたいタイプですが、その

残り時間の計算が、毎度上手く行きません。( 涙 )

 

さてSNSなど覗くと、その広告に「 こんな薪割り機はいかがですか 」と最近は

やたらソレ系が紹介されて、ピンからキリまで「 色々なモノがあるんだなぁ 」

 

しかし、仕掛けの理屈は一緒で、割る刃をふり下ろすオノと比較して、機械系は

すべて刃は固定されており、そこへ電気式、エンジン式、もしくは人力の油圧で

「 薪を押し付けて割る 」というモノ。

 

大量に薪を割る必要がある方は、そういったモノが良さそうですが、ワタクシの

ように「 基本的にはオノだけど、カタチがスムーズでない薪だけお願いしたい 」

そういった程度ならば、油圧ジャッキを使って簡易的な薪割り機が可能そう。

 

乾いた溝の中で「 刃を当てた薪をジャッキで壁に押し付ける 」などね。( 笑 )

 

ふり下ろすオノで割れない玉切り丸太が、庭の隅に30個ほど積み上がっています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パラパラパラと昼食時、喫茶店に届いたばかりの最新 " 週刊現代 " をめくれば、

カラーの " 絶景日本遺産 " や " 鉄道の記憶 " など、美しい写真と記事は丁寧に

その解説を読みたいところですが、その隣のページがエッチなグラビアだったり

するので、見入るには抵抗があって、さらりとページを捲らねばなりません。

 

ザンネン。( 笑 )

 

さて続いている終活系の特集など目を通した後の、巻末あたりのカラーページで

おどろいた! 180ページ目 " 人生の相棒 " は " ガッツ石松 " さんがモデルで、

その腕に抱かれた " パンダ " と名付けられた白黒猫が「 ウチの " ゆず " やん 」

 

目の色も、富士びたいも、黒いハズの左耳の色が抜けて白くなっているところも

うり二つ! 感心して詳細を探れば、写真では分からない右耳も白いようですが

「 ウチの " ゆず " は黒いゾ 」とか違いはあるのですが、およそそっくり。

 

記事に目を通して行けば、オスで21歳ということは「 そうかウチもその年齢を

目指せるな 」と明るい希望。 " ゆず " まだまだ若輩の現在12歳半です。

 

似たようなアングルの写真で見比べようと、抱かれている写真を探せば・・・

 

yuzu165.jpg

 

・・・こんなのしかないし。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

シトシトと降る春のひと雨ごとに、雑草がスクスクと伸びるのが目に見えます。

・・・草刈りの夢を見る季節がやってきました。( 涙 )

 

草刈りは田舎暮らしの醍醐味ですから、刈払機のメンテナンスを万全に、適切な

混合比のガソリンを満タンに、焼けるオイルの匂いを楽しみたいところです。

 

すぐにでも降りだしそうな空に「 草刈りは来週にするか 」と敷地を散策すれば

タラの芽が出だして「 おぉ、ホダ木に巨大シイタケ!」

 

202104_taranome01.jpg

 

食べる分だけを収穫し、お昼ゴハンの天ぷらにして楽しませて「 いただきます 」

 

窓の外では雨が降り出し、このひと雨でまたタラの芽やシイタケが育ち、雑草が

スクスクと伸びるのでしょう。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 花見のあとで御座候( 回転焼 )を食べるから買ってきて 」と、満開を迎え、

日本に春が来たことを伝えてくれるサクラを、おもに車窓からにはなるのですが

連日、みなさんで眺めに行ってくれている彼女の、お買い物指示に応えます。

 

南側から青空に映えるお城を、東側に回り込んでレンガ色と桜色のデュエットを

楽しみ、北側を中濠へ歩みを進めれば( ここは後ろから来るクルマが無ければ、

本当に歩くような速度で移動したい )間近に迫るサクラに覆われるような錯覚。

 

町裏浄水場からオーバーフローした清流に、ゆるりと鯉が泳ぎます。

 

そんな車窓花見のハナシを聞かせてもらうだけでも楽しくなってきて、それこそ

ワタクシの記憶を重ね合わせ、その先には土手を越え教習所側へ行ける、木造の

古い橋があり、お地蔵さんの場所では湧き上がる水流に砂が踊っていました。

 

グルッと足を伸ばした夢前川沿いから、街中心地にあるのが特徴的な墓地公園を

通過して帰着。 だったのかな?? ルートは???

 

20210330_sakura03.jpg

 

さてワタクシは( 彼女も一緒ですが )ガラガラ快走通勤路で、貸切のサクラを

毎朝楽しませてもらっているのですが、一昨日は幻想的な朝霧に包まれて。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午前中の30分ほどは仕事の現場で草引きをしたのですが、小道具も無く、作業着

でもないのは、田舎暮らしの休日のようにサクサクとは進まない。( 笑 )

 

車道と歩道の際に生えた、チョロチョロっとほんの20mほどですが、意外に根が

深いヤツもいて、思わず向かいのホームセンターで200円程の二本爪購入したし。

 

「 田舎暮らしは道具が増える 」と書いたこともありますが、それぞれの道具は、

ちゃんと必然性があって、そのときには活躍するんですよねぇ~。

 

たぶん道具があって作業着ならば3分ほどの作業を、草を引いた際に跳ね上がる

土を気にしながら、ゴミ袋に収めつつチマチマ引いて約30分。

 

仕事量としては、100万分の1くらしか引いていないのに・・・

 

汗ばんでジンマシンが出てきたので( ホンマに困る )その後の移動はエアコン

全開の快適な冷風でカラダ静めるのですが、一度出ちゃうと当面は敏感です。

 

という訳の気温快適、春から初夏の風を楽しみたいところですが、とにかく寒さ

防げばいい真冬と違って、汗ばんでも、寒いと感じてもシンマシン、着るモノの

選択がメチャ難しい季節です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

幾つかのサービスを、サブスク契約の自動更新で使わせてもらっているのですが

コレ、契約日や次回更新日をしっかり記録&管理しておかなければ危険ですね。

( そんなの今更のあたりまえですが・・・)

 

とくに毎月更新ではなく、半年や毎年更新の場合はスタートの段階で解約方法や

その期日について把握しておく必要が。( 当然契約の際は分かっているものの、

長期の間に忘れる・涙 )

 

というのも今回は、サブスクといえばウェブ上での契約&管理がイメージされる

ところ、何年も以前に相手先へ出向いて、書面で契約したモノが自動更新されて

通帳から自動引落となったのですが、相手方名を忘れていて「 なんだコレ? 」

 

思い出した結果、市町村直系の〇〇〇機構の名前で、借りている駐車場3か所の

向こう半年分の使用料でしたが、更新が半年ごとで、解約しようとすれば、都度

その数か月前には申し出る必要があったような・・・

 

現在、駐車場は18か所借りていて、その使用料を足せば・・・ オソロシヤ。

 

約1年後の移転に向け、まだ具体的な工事は始まっていませんが、着々準備中で

完成すれば、上記の内14か所の駐車場は解約できるハズ?

 

半年ごとの更新時期、解約申出期日を把握しておかねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

断末魔の鳴き声も無く「 るーてぃんならしかたないにゃ 」と大人しく病院へと

連れられる飼い猫の " ゆず " 。 その前には胴回りにハーネスリードを装着し、

大きな洗濯ネットに入れられて、キャリーゲージへと、猛獣顔負けの三重対策。

 

病院にビビって大人しく、素のままでも大丈夫そうですが( 以前はそうだった )

ドアや窓を開け放つようになって、洗濯ネットルールが厳格化しましたから。

 

動物病院へ猫を連れて来られる多くの方々は、洗濯ネットだけ使用して、大きな

カバンに入れて連れてきているようです。

 

血液検査の結果を確認して " ゆず " を連れて帰れば、ちょうど昼食時となって、

「 サクラを見ながら食事できたら 」と彼女の無茶ぶりリクエストに応えるべく

プチドライブで窓からの景色が心地良いお店のパスタ&ピアッツァ。

 

少し足を延ばしたワッフルでコーヒーブレイク。

 

20210327_sakura02.jpg

 

サクラを見させてもらって帰途へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

春の陽射しの中、嬉しくなって自転車で漕ぎ出せば、風が強くペダルを踏む足に

力を込めなければならない。

 

郊外、街中と銀行の用事を済ませれば駅の南側へ。

 

つい最近の以前までは、街が東西に走る線路によって、完全に南北に二分されて

いましたが、JRの高架化によって、もうここに大きな陸橋があって、歩行者や

自転車は狭く、暗い地下通路を使用していた形跡もありません。

 

唯一、当時の銘板を残した石碑?コンクリート碑?と解説掲示板が残ります。

 

さて用事を済ませればそのまま北上し、通勤時にいっぱいのブルーが気になった

大手前公園に立ち寄れば、数多くの青い水槽は「 第37回 錦鯉全国若鯉品評会 」

英字で「 Young KOI Show 」って・・・

 

翌日のショーの準備のため、日本中のナンバープレートの貨物車から降ろされた

若鯉、さっそく業者?飼育者?間での品評会が始まっていました。

 

美しい「 和栗モンブラン食べてみたいなぁ 」と思いつつ、真新しい専門店前を

その価格にビビリながら通過し、好古園前を西進、サクラの向こう側には、常に

お城が見えています。

 

20210326_sakura01.jpg

 

千姫の小径を南進して、事務所へ帰着。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

例年、大ホール的会場満員状態で開催される、事業者向け重要事項説明会ですが

この状況下、昨年は中止になったものの今年は3年おきの改正年にあたり、また

およそ事業所側のインフラも整っているだろうことで、実際の会場とウェブでの

同時配信で開催されました。( 環境のない事業所以外はウェブでの参加推奨 )

 

ウチの場合、3種類の事業所がありその代表ということで、実会場開催の場合は

3名での出席となるのですが、今回はウェブなので各責任者も同時に参加可能で

実会場よりも効果が高くよい結果に。

 

また各資料は自身で印刷して持参するスタイルだったのですが、自分のデスクの

パソコンから参加しているので、壇上の画面を隅に、資料のPDFを同時に映して

進めながら、必要なページのみ印刷するなど柔軟な対応が可能なのも良し。

 

内容によっては対面での研修、講習、会議のほうが効果が高い場合もありますが

この1年ですっかりウェブ上でのソレが定着し、そちらの方が圧倒的に効率的で

効果が高い場合も多く、世の中の状況が改善しても戻ることはないでしょう。

 

その効率や効果の高さを、自分たち自身の環境下でも、普通に、あたり前に実践

出来るよう、まさに現在トライを繰り返して通常化へ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

あぁ~惜しい!

確認すれば、下端にボンドで接着してあった細長いパネルが外れて浮いている。

 

ビスで留め上げてもアタマは見えなくなるので、補修としてはソレでOKなのに

手元にビスが無い。 インパクトドライバはあるのにビスが無い。

 

いや、造作用の細ビスは何種類か手持ちにあるけれど、コレではボードを抜けて

支え上げることが出来ない。 ラッパアタマのモノが要るけれどビスが無い。

 

通り雨が降るけどビスは無く、近くで購入する場所もない。←( メロディ付き )

 

( 同様の事情の出先で、木工ボンドを調達することがままあるので、容量 750g

の大きなボトルが、意思に反して何個も溜まっている。 使わねば!・笑 )

 

ちょっと離れた場所まで来ているので、いま、この場で直してしまえれば、ひと

手間削減されて、非常に都合がいいのに・・・

 

こんなときに限って、ハイエースの荷室はスッキリ片付いている。

 

という訳のソコでは、デスクトップパソコン2台の不具合修正5分間のみ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨年は人を集めず役員のみとなったので、今年は「 集落の総会がある 」という

ことだけで嬉しい。 もちろん楽しい内容などではないのですが、この1年以上

小さな小さな集落なのに、会うこともなく過ぎて、お元気にされているかさえも

分からない状態の方多数。( 先方から見ればワタクシたちも )

 

ただ残念なのは、集落の歴史をご存じで、ご意見番的存在だったご高齢の男性が

その数日前に長養生の甲斐なく亡くなられたことで、それまでの葬儀の際も色々

アドバイスをいただいたりしたいた、その方の葬儀を皆で行えない無念。

 

たしか2007年の暮れ間近、この集落に初めて立ち寄ったワタクシたちに、話を

聴かせてくれたのがこの方で、その後も折に触れて応援していただきました。

「 ありがとうございます、ゆっくりとお休みください 」

 

さて長引いた総会が終わる頃には雨も上がり、一旦自宅に帰って着換え、哀しい

ばかりの式へ向かわねばならないのですが、事実がいまだ信じられず、その彼が

いつもの笑顔で会場に居そうな気がしてなりません。

 

彼自身が会場へ入る前には、彼が乗った車と一緒に友人たちが小さなツーリング

を楽しんだそうで、会場に流れるバイクで、クルマで、ダイビングで笑顔満載の

彼の映像を、哀しみの中で整えたお姉さんの姿にかける言葉もありません。

 

向こうでもフルビット免許で活躍、楽しみつつ待っていてください。

 

友人たちもワタクシも、なるべく元気で長くこの世で活躍させていただいた後に

あとを追いますので、その際はツーリングの道案内をお願いします。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

午後過ぎから雨の予報に「 こんな日を待っていた 」とばかりに、敷地斜面西側、

枯れ色になって、およそどれも寿命が来ている様子の真竹の伐採を行います。

 

太くスッキリ真っ直ぐなモノは少なく、かつ薪ストーブの燃料にも適さないので

一般的には利用用途がなかなか見つからないのが、竹の難しいところ。

 

かと言って、朽ちることもないので伐採後の放置も出来ませんが・・・

途中経過は端折って、なんとか完了。

 

雑草が育ち始める前までに済まさなければ、育ち絡んでオオゴトになるのです。

 

さて順調に作業が進んだので、彼女はノビルの収穫。 またコケてましたケド。

 

20210320_nobiru.jpg

 

20210320_sumire.jpg

 

夕暮れ時には、熾火の中から取り出した焼きイモ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

約1年後に手狭になった事務所を移動することが確定しているので、その際には

例えば、デスクトップ用に引き回している、(CAT.5e) 規格LANケーブルなどは、

グレードを上げて、目に見えないボトルネックを排除して行きたいところ。

 

当然、敷地内では Wi-Fi 利用も積極的にしたいので、セキュリティをしっかりと

複数のアクセスポイントが必要になりそうです。( 現在のエリアは1個で十分 )

 

悩ましいのがコンセントの設置位置で、壁面はほぼほぼ書庫で埋まりそうなので

思い切って、OAフロアにしたいところですが、予算的にどうなのか・・・

 

どんなモノでも 1m あたりとか、1平米 あたりは少しの単価アップでも、長く、

広くなれば、大きな金額になってしまうのでキケンです。

 

そこに「 どうせならば 」とか「 せっかく 」の概念が入って来るのでアブナイ。

 

出来るならばクルマなども、ハナから標準にしておいてくれれば、オプションの

取捨選択に悩まずに済むのでしょうが、これまた必要の無い方が、無駄に費用を

払うのも納得がいかないだろうし・・・

 

大昔のハナシになりますが、メッキパーツよりも黒いプラスチックの方が、その

ボディカラーには引き締まる感じがよくて、ワングレード下のモデルを選んだら

意図せず、サスペンションが四輪板バネで、結果オーライのカッコよさ。( 笑 )

 

その昔は、ダッシュボードめくって配線するのも楽しかったけれど、クルマ側は

高度になったしワタクシ側は歳をとったし、セットでポン! がラクで・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

移動に移動を繰り返し、各々の現場で朝一番から業務を続けてヘロヘロになった

彼女が、やっと帰途についた、その帰り道でワタクシを助手席に拾って帰る、と

いう段取りの昨日、乗り込んだワタクシはキョロキョロ、後方を気にします。

 

「 なんなん?」

「 いや、ちょっと、このクルマ、後ろが見えにくいな 」

 

「 だから??」

「 いや、たいしたことじゃないけど、もうすぐ人工衛星が見えるかも・・・ 」

 

「 帰るで 」

「 ・・・ 」

 

19時41分頃から、月の出ている方向の夜空を行く国際宇宙ステーション( ISS )

野口宇宙飛行士が乗る " きぼう " が、見えるまでに、あと3分ほど・・・

 

車内でキョロキョロ、ウィンドウを下げて後方を見上げたりしているワタクシに

「 ハイハイ、クルマ停めるわ 」

 

という訳で大変申し訳ないのですが、大きなお店の駐車場にクルマを停めてくれ

二人ドアを開けて降り、月の方向を見たその瞬間から、その左下あたりにかなり

明るい輝点が出現し、月の下を横切って西の空から北の空へ。

 

その間にも駐車場へは多くの車が出入りしますが、宇宙ステーションを気にする

人は誰もおらず、二人だけが話すこともなく、ぼうっと空を見上げる4~5分間。

 

「 見れてよかったね 」

「 うん 」

 

「 あの中に野口さんが? 」

「 うん、90分くらいで地球を一周するんだって 」

 

今宵、晴れていれば18時53分頃から。→ #きぼうを見よう

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

目が覚めると深夜にアヤシゲなメッセージが届いていた。いやアヤシイではなく

なんて表現すべきだ、この気持ち・・・ 「 信じたくない 」か。

 

何十年単位で長らく会ってはいないけれど、オートバイにクルマに特殊重機にも

造詣の深い若い彼は、海外を飛び回って仕事をし、休暇にはダイビングを楽しみ

ツーリングに出掛け、プチレトロなスポーツカーをレストアして・・・

 

技術的にはワタクシなどより遥かに上だけど、マニアックな生き方はワタクシや

まわりの友人と通じ、SNSで繋がるこんな時代だからこそ、会ってはいなくても

いまもすぐ隣から、特徴のある声、話し方が聴こえてくる。

 

煮ても焼いてもニコニコ笑って、ゼッタイ死なないような彼が、仕事先の海外で

亡くなったって??? 「 信じられない 」

 

メッセージから伝えてもらった通りに彼のFBを覗きにゆけば、もっともっと遥か

何万倍も信じられない家族からの書き込みが、真実であることを伝えている。

 

雨降る週末に彼が帰国する。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

スコップの柄の修理をジマンしている程度ならばいいのですが、パソコンを1台

入れ換えて、自社サーバーで構築しているクラウドサーバーに接続し、ゴソゴソ

している間に同期設定をミスったようで、サーバー上から大量にファイルが消失。

 

相当にヤバい事態が発生したのですが、まぁファイル自体は二重、三重のバック

アップがあるので無事ですが、全パソコンからの接続を一旦切った、その復活が

オオゴトな気配。

 

100ギガ級の同期を取ろうとすれば、なんだかんだ相当な時間を必要とし、また

同時に多くの台数を進めるのもトラフィック的にどうかと。

 

その間にも1台1台のパソコンでは、次々と新しいファイルが作成されて、仕方

なく「 とりあえずローカルに保存しておいて m(__)m 」

 

何が原因だったのか探って解決させ、これをついでにスッキリと構成を見直して

まずは数台での同期運用を始めてみるのですが、やはり時間がかかるわぁ。

 

スコップの柄を削るのは楽しかったけれど、自分自身のミスの修復修理に時間が

取られるのはたまらんわ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、ナビは半分だけ直ったものの( ナビ機能は皆無なので呼称がヘン )

クルマに乗ること無く過ごしていたのですが、その機会ありちょっとソコまで。

 

せっかくなので、ミュージックサーバー機能がまともに動くか試してみます。

 

HDDの容量が続くかぎり、その時々にかけたCDが、際限なく勝手に録音されて、

ナビ内部に溜まって行くという、サブスク的な契約が無かった当時、ディーラー

オプションとしては著作権的にどうよ?と、余計な心配の機能ですが・・・

 

ワタクシ程度の使用頻度だと、16年前に初めて差し込んだCD音源までもが残り、

流れてくるメロディに「 あっ、コレ、このクルマで一番初めに聴いた曲だ 」

 

グルグルと思い出がめぐり、なんとも懐かしい。

 

かと思えば「 なんで、この曲を聴いたんだろう 」と、思い出せないものもあり、

16年前当時の複雑な心の動きを映しているような気もします。

 

洋楽邦楽、ポップにフォーク、ターンテーブルの上で想い出が踊ります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

あと送りにしていたプライベート書類まとめや、家の掃除を完了させれば庭へ。

 

風が吹くので暖かい程ではありませんが、春の陽射しは草木や雑草を目覚めさせ

敷地斜面に咲くウメはすでに満開を過ぎた感じ。

 

庭に大量に積み上げた極細のみ払った枝を1本ずつ、薪になるサイズに手ノコで

切って行きます。いつ終わるのか先が見えない作業ですが、それでも繰り返して

いれば、いつの日にかは減るのでしょう。

 

気づけば彼女も外に出てきて、フキノトウやツクシを探している様子。

 

一旦戻ってきて、庭の隅に置きっ放しのスコップを手に出直して行きましたから

山菜以外の何かを見つけた?

 

戻って来た彼女「 コケたぁ~ 」と、ズボンのお尻に泥をつけ、手にはノビルを

10束ほど。「 スコップの柄の根元が折れたので、新しいのを買おう♪」

 

20210314_shovel.jpg

 

手ノコで切っている枝の端を使って即、修理。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

プラスだろうがトルクスだろうが極小だろうが、そこにネジがあれば何とか緩め

筐体を開くことが可能になるのですが、パチッとハメ込む方式だとか、それこそ

接着で作られていると、中が覗けず、修理が出来るかどうかの判断が出来ない。

 

現在、自宅で使用中のパソコンACアダプタは不調になった際、成型線を頼りに、

プラスチックカッターでガリガリ削って筐体を開き、極小基盤に直接ハンダ付け

されていた、破裂コンデンサとヒューズの交換で無事復活。

 

分解された筐体上下を接着すると、再確認の際に手間なので、現在は緑色の養生

テープで巻かれた( 笑 )ACアダプタとして活躍中です。

 

ちなみに仕事で使う機器のACアダプタは、即注文の3,500円でしたけれど・・・

 

さて金曜日、12か月点検で自動車ディーラーに立ち寄った際、メーターパネルに

" 電池が消耗している " と表示されるようになった、スマートキーの電池交換も

お願いしたのですが、これも当初は自分自身で交換すべく「 パカッと開くハズ 」

とアレコレ試してみたのですが、力の入れ方が分からず、破壊する前に依頼を。

 

案の定、先日半分直ったカーナビは、スイッチでギミックに開かなくなっていた

正面パネルを力技で開かせる際、機種名が印字された小さな化粧パネルが取れて

しまい、修理後にハメようとすれば、細い細いピンが折れてるし。( 涙 )

 

ま半分直り、フタのギミックな開閉もスイッチで出来るようになったので、細い

5 × 80mmほどの銘板パネルは接着しちゃってもいいのですが、再び度修理する

場合を想像すれば・・・ ゴハンつぶでくっ付けておきたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

その時々に興味あるモノの " 目 " になるのは誰もでしょうが、ワタクシの場合、

例えば、熱く彼女に屋根について語り、現在は「 鈍い勾配の段違い切妻屋根 」

 

クルマを運転しながら「 アレなんか、ちょっとイメージかなぁ 」と呟けば彼女、

「 シングル?」勾配が鈍い( ノロい )ので、屋根を葺く材にも興味を示します。

 

あっ、サッシ目も。( 笑 )

そのアルミのカラーで、設置された年代の想像がつきますね。

 

その " 目 " に加えて彼女がスゴイのが、畑に育つ葉を見て「 〇〇が育ってる 」

と、その地面の中までが見えるようで、ワタクシにはまったく無い " 目 " 。

 

その代わり、ワタクシは他所の誰かのエンジンのエキゾーストに興味津々。

 

さて、雨降る夜に帰宅の昨日、家に近づいてクルマの速度が落ちていたとはいえ

彼女がいきなり「 フキノトウ見つけた!フキノトウ 」

 

「 どこに?なぜ見える?」雨で視界も悪く、田舎暮らしの道は真っ暗やん。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アタマの中に、自身周辺のハザードマップを思い浮かべ、どんな自然災害に対し

いかなる危険が潜んでいるか、イメージしてみます。

 

今冬は異常降雪により、路上で長時間に渡って身動きがとれなくなるニュースが

ありましたが、その後なんぞの役に立つかもと、コンパクトなエマージェンシー

シート( アルミ蒸着のアウトドア用のアレね )2個を、クルマに忍ばせました。

 

実際、過去に何度かは世話になっていて、富士山登山の体育座りでの仮眠時とか

ツーリング中のアクシデント対応など、軽くて嵩張らずペラペラなのに、スゴイ

保温力が助けになります。

 

さて、田舎暮らしの自作小屋の中には、発電機やチェーンソー、巨大ハンマーや

バールもあるので、役に立つ可能性はあるのですが、日頃のメンテナンスと燃料

そして、まずは自分自身や家族が無事であることが大前提となります。

 

実際、何かが発生した際にどこに居るかがキモとなるのですが、どこに居ようと

命が守られることが最重要、とはいうものの・・・

 

古い古い住宅のフルリノベーション時には、考えうる可能な範囲の補強も随所に

入れているとはいえ、大きな地震では住宅崩壊の危険はあって、寝室を小屋裏の

2階にするなど、微小な対策はしているものの、なかなか難しいところ。

 

今般1階居間に設けた大きなテーブルは相当頑丈なので、その下に潜り込めれば

命の確保に役立つ可能性は高いです。

 

いざという際に、からだが反応できるか分かりませんが、それはもう自分自身で

精一杯になるでしょうから、猫には「 おまえはおまえで無事でいろよ 」と。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

モノ少なく「 シンプルに生きたい 」という思いはあるのですが、実際のところ

田舎暮らしは道具が増える。( 笑 )

 

いま思えば、どこかの納屋で見かける、使われていないと思われる数々の道具は

例えば年に一度、いや数年に一度かも知れない、その時のための道具だったり。

 

ワタクシも、駐車場からキャンプサイトへの荷物の移動など、なんぞの役に立つ

だろうと購入したものの、20年間以上に渡って、まったく使ったことのなかった

アルミフレームの背負子を、今回の薪運びで初めて使用。

 

わざわざ街から引っ越しの際にも荷物に加え( 覚えがないけれど )自作小屋の

天井梁にひっくり返して掛けていたのですが、存在さえ忘れていました。( 笑 )

 

その背負子に重く積み上げて、滑りながら何往復もして庭まで上げた、玉切りの

薪に斧を振り下ろし「 パコーン!」と絵に描いたように割りたいのですが・・・

 

スッキリ円柱状のモノは比較的割りやすいのですが、枝が出ているところの形状

不揃いの丸太は、なかなか難しい。

 

H鋼をベースにしてジャッキを組み合わせた " 薪割り機 " を、溶接で自作されて

いる方が集落内にいらっしゃるのですが、今度、じっくりと見させてもらわねば

なりません。 ワタクシ自身が溶接で自作するために・・・

 

" DIY " という言葉は昔から聞きますが、ここで暮らされている方々は、生活が

あたり前にそうで、無いものは自分自身で作って活躍させることが普通です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

カートリッジを持ち上げてみれば、今にも灯油切れのメロディが流れてきそうな

スカスカ残量に、居間と厨房2か所のファンヒーターへ灯油を注ぎ足せば、その

買い置き分が1缶を切って、「灯油をどれだけ購入するか 」が難しい季節。

 

アパート暮らしの頃は1個だけあった灯油缶が空になってから、自転車の荷台に

載せて片手で支えて押して行き、近所のガソリンスタンドで購入していましたが

それが現在は、軽トラの荷台に何缶も載せて、オーダー単位は100リッター前後。

 

暮らしの中の光熱費は、圧倒的に上がっています。

 

さて荷台に灯油缶を載せれば、クルッと遠回りのパン屋さんで翌朝分を購入して

軽トラにも給油してから帰宅。

 

先々週、斜面の下の方で玉切りしたまま放置している丸太を、背負い上げますが

道が整備されていないので、スリップを繰り返す足元がアブナイ。

( 参照:2021.02.22

 

20210307_tamagiri01.jpg

 

それこそアパート暮らしの頃に購入した、アルミフレームの背負子に数個載せて

ソレをバイク積載用のバンドで固定し( 形状が不揃いな重い物を、ゴムバンドで

固定すると、ふらついた際に荷崩れするので、伸びないロープ等が適切 )何度も

急な斜面を往復。斧で割った薪をカーポートの防風柵を兼ねた棚に積み上げます。

 

20210307_tsukushi01.jpg

 

彼女が「 ツクシ発見!」って。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昼食は峠を( コレは集落を出る小さな峠ではなく、狭くてクネクネと長く、頂上

付近では南北に走る広域スカイライン林道とクロスする峠道 )越えた、平面地図

で見れば、すぐ隣の町の農家レストランへ。

 

ずいぶん以前に見かけたホームページから、その魅力的な建物が気になっており

やっと実物に対面する機会。「 軒が深い 」というのは、たまらなく素敵です。

 

またレストランをはじめとする、周辺に点在する施設やイベントの運営方法等も

気になるところで、興味はあったのですが、なんと運がいい!食事を終える頃に

その運営の中心となるお二人と、いっぱい話をすることで出来てうれしい限り。

 

おいしい食事、貴重なお話「 ごちそうさまでした♪」

 

さて食後のコーヒーは、その町の北の端に位置するソコから、南の端あたりまで

プチドライブ移動ですが、その途中では昔、オフロードバイクで走り回っていた

ガタボコ滑走路の端にある、巨大な格納庫の扉が開いているのを見かけて、急遽

意外に大きい実物大を見学させてもらったり、コクピットに座ってみたり。

 

たどり着いたカフェで、美味しいイチゴパフェとコーヒー&ティータイム。

 

帰り際には、そのイチゴ仕入れ先の農園で2パック購入させてもらって帰途へ。

夕食は「 惣菜もので済ますか 」と、これまた帰途の大きなスーパーマーケット。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

体格に対するデスクの高さと、チェアの高さのベストバランスが分かっておらず

かつ、そもそもワタクシの姿勢が悪いせいもあって、パソコン、とくにデスクの

上に置いた小型ノートを操作している姿が非常にカッコ悪い。


「 何をすればいいのだろう?」と、答えが見つかっていなかったのですが、いま

田舎暮らしの自宅の居間の、再生巨大テーブル( 巨大と呼ぶほどのモノでもない

ですが、W2m・D1m・H50mm の天板は、ウチの暮らしでは広々迫力サイズ )

の上に置いた、旧ノートの上に置いた新ノートのキーボードを打てば快適。


ん?姿勢もマシなような気がする。


そうか!デスクの上に3cm程度厚のナニカを置いて、その上にノートPCを置けば

理想的な高さで作業が出来るのかも知れない。


いや、それならば、そもそもチェアを3cm下げれば同じ結果ではないのか?

いやいや違うな、キーボード面とヒジを置く面の高さの差が要るのではないか?


そういえば、冷却ファン付きだったり無かったりする、アイデアグッズみたいな

アルミ台みたいなのが販売されているので購入してみるか。


もしイマイチだったら悲しいので、使用中、使用済みの方のご意見を。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

隣の彼女が裏切って( 笑 )" android " に決別し " iPhone " へと乗り換えた。

「 そんなに魅力的か?」と尋ねれば " Clubhouse " 自体を知らなんだけれど。

 

男らしい( こんな表現もアウトだなぁ~ )分厚くてカクカクした黒いケースを

選んでいるので、画面も大きいとはいえ、弁当箱のようにデカい " iPhone " 。

 

落下させて破壊の " android " からの、緊急機種交換となる " iPhone " なので

「 型落ちモデルですから 」「 でも、カメラのレンズが3個あるやん 」

 

これでワタクシの知る限り、事務所内の " android " は、もうあと1台だけか。

だいたい世の中の比率も、こんなもんでしょうか?

 

どうやら今後、車に標準装備されるカーナビも、ナビゲーション機能内蔵型から

" CarPlay " や " Android Auto " を利用した、スマホ中心型に変わりそうだし。

 

ナビ機能は壊れて動作しないままに、ラジオ機能のみ利用中のハイエースですが

ちょっとここ最近「 ヤバげだな 」とは気づいていたのに、なにも対策をせずに

放ったらかしていたところ、昨日乗ろうとしたらバッテリーが弱り切ってしまい

ドアロックは解除できたけれど、セルモーターが " ウグウグウグ " と回らない。

 

「 バッテリー何年もったっけ? 」来月で満16年経過のハイエース、たしか一度 

どこかのタイミングでバッテリーを交換したので、8年、8年ともったのかな。

 

前回交換時に、1週間くらいバッテリーを外しっぱなしにした後から、タマタマ

なのかナビの調子が悪くなったので、今回も1週間くらい外してみて自然復帰を

期待してみるかぁ!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ご高齢の方から「 テレビが壊れた 」との訴えがあったので、まずはワタクシが

確認に向かいます。 ワタクシで直る程度の症状であればいいのですが・・・

 

・・・結果、知らずに受信切替ボタンを押してしまい、契約をしていない " CS "

になっていて、ショップチャンネル以外は映らないという・・・

 

伺う前から想像はしていたのですが、こういった事例は山ほどあり、たぶん全国

全世帯で発生しているので、メーカーが、もしくは汎用リモコン専用メーカーが

「 はよ対策品を用意してよ 」って、すでにあるのかな?

 

今回もシンプルでボタンの大きい汎用リモコンだったのですが、要らぬボタンが

1~2個あって・・・

 

例えば受信切替や入力切替ボタンの下には、ゼムクリップの先で押す小さな穴を

設けて、ソレでそのボタンの機能をON-OFFが出来る仕掛けとか、( ここからの

アイデアは有料ね・笑 )ボタンの長押し5秒目で機能ON。インジケーターLEDの

赤いランプが一度点灯。そのままボタン長押し10秒目で機能OFF。LED二度点灯。

 

「 すべてのボタンが、長押し5秒目で機能ON、10秒目で機能OFFが出来ます 」

みたいな印字をリモコン表面にしてくれていていいから。

 

すると「 地上波のNHKと10チャンネルしか見いひんねん 」という訴えに対して

操作間違いがゼッタイに発生しない設定が出来ますやん。

 

何ならその機能のNHKボタンは、第三者のパスワード設定( チャンネルボタン )

で使用不可に出来るようにして、受信料問題の一翼を担わすとか。( 無理・笑 )

 

さて、直ったテレビで( 何もしていませんが )チャンネル確認のためアレコレ

操作していると「 えっ?『 黒部の太陽 』放映してるやん! 観たかったぁ~ 」

 

3月1日、月曜日の昼下がりのこと。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

月初、信金や銀行を3軒ハシゴのあとは、年金事務所に立ち寄りハローワークへ。

 

所内駐車場の空き待ちの列の長さに、新幹線高架下のコインパーキングに入場し、

早々に用事を済ませて・・・ さて。

 

さすがの駅前系は、20分100円なので先ほどの用事ならば200円程度でしょうか。

 

しかし、ココはパーキングに並んで高架下を店舗に利用した " コーナンPRO " が

( デイサービス施工時には〇〇〇万円単位の買物をさせていただき助かった! )

「 お買上げのお客様60分無料 」を掲げてくれているので、ついでの買い物を。

 

ただし、未利用の方向けに説明しておくならば、ココは通常のホームセンターと

違って、ネーミング通りプロ向け資材しか置いていないので、以前、ワタクシは

ハローワークに用事のあった女性に「 空き待ち渋滞が長い場合はココの利用を 」

とアドバイスさせてもらい、60分無料の買い物の段になり「 もうまったくもって

何も買うモノが無く、仕方がないのでガムテープ5巻パックを購入した 」と。

 

・・・ガムテープ、一生分ありますやん。( 笑 )

 

という訳で、本日のワタクシ、以前から興味のあった " PZ-59 ネジザウルスRX "

( ちょっとした電工ペンチも兼ねて )その他モロモロ、8,982円のお買上げ。

 

レジで処理してくれた駐車券でゲートが無料で上がり「 得したゼ!」・・・か?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

井戸小屋の東側に三角形の小さな地面があり、敷地的にはちょうどウェルカムな

面となって、ウチに訪問される方が一番最初に目にする場所。

 

( 実際には井戸小屋が一番目立つので、ソレを目印に探してもらうのが良かと )

 

年末から年始にかけては、ソコに集落からもらった葉牡丹を植えていたのですが

それも時期を過ぎて抜き終えて・・・ さて、どうしましょう?

 

約1平米ほどの三角形は花壇をするのに適切なサイズで、いろいろと夢を広げる

ことが出来るのですが、致命的な欠点が・・・ そこの日照時間が短い。

 

明るい場所ですが、直接、日光が射す時間というのがほとんどないのです。

 

なので、しっかりと日光を必要とする種類の花は育ちが悪く、そこにワタクシの

無知が加わるものですから、枯れて、いや、枯らしてしまうのです。

 

そんな花壇には何を植えたらいいでしょうか?

 

知識はありませんが勝手なもので、春夏秋冬、何かしら咲いていればウレシイ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

このモデルの弱点は分かっているので、というか、ほとんどの全自動洗濯機では

給水のON-OFFや、洗剤や柔軟剤の投入に同様の電磁バルブが用いられてるので

モーター系が大丈夫でも、使用開始から6~10年前後で、弁に使用しているゴム

劣化での不調が生じる可能性が高いのではないでしょうか。

 

また乾燥を頻繁に使用する場合、温風を作り出すPTCヒーター内に布埃が溜まり

( 電気で熱くなる小型ラジエター状のモノ )通気が悪化し、温風供給ができず

洗濯物が乾燥しない、または時間がかかるようになるのもその頃。

 

サービスに依頼しても清掃はしてくれないでしょうし、交換となれば「 そろそろ

買い替えるか 」の時期かも知れません。 なかなか優秀な消耗タイマーです。

 

という訳でワタクシの場合、部品単価は100円もしないだろう弁ゴム探しの旅に

ウェブを彷徨うことになるのですが、部品単体では見つけられず、2年前の時は

直したい電磁バルブ同様に、5回路モノの電磁バルブASSYを別メーカーの部品

通販で見つけて、たぶん内部のゴムは一緒のモノだろうことに賭けて注文。

 

読みは見事に当たったものの、バラしてみれば内1個の弁ゴム形状が違うという

イレギュラーに、4個は新品、1個はマシなモノを残して修理ということに。

 

あっ、必要なゴム以外の、たぶんASSY単価の95%は廃棄です。( 涙 )

 

さて今回、残り1個の弁ゴムを入手するため、初めて海外通販にチャレンジして

( 安価ですが結局ASSY )「 相変わらず乾燥後に水が溜まるよ 」と言われ続け

「 届かんかもな 」と忘れかけた頃に、ポストに投函された雑な簡易袋に入った

海外から届いたシンプルな電磁バルブ。

 

まだバラしていませんが「 同じゴム部品を使用していますように 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 いつ修理をしたっけ? 」と、コレを検索してみれば、2019.4.224.23 の

1回目の修理は、原因を知ることがメインでしたから、当然、部品の用意は無く

問題個所発見後の弁ゴム( ダイヤフラム )を、輪ゴムを使って修理。( 笑 )

 

意外にコレが上手く直って、しばらくは正常に動いていたのですが、その際から

近々に輪ゴム修理の寿命がくることは分かっていたので、部品流用可能に賭けて

まったく別のメーカーの、よく似た形状の電磁給水バルブを注文していました。

※ ウチの全自動洗濯機『 AWD-AQ4000 』は、とっくに部品の在庫はナシ。

 

届いたソレは保管されたままになって、輪ゴム修理は意外に長持ち。( 笑 )

 

しかし約1年半後の 2020.9.29 に、いよいよ応急修理の輪ゴムの寿命が尽きて

不良在庫になりかけていた他社部品をバラして弁ゴム流用。「 ピッタリ♪ 」

 

しかしのしかし! 5個必要なところ1個だけ形状が違っていて、つまり4個は

新品で、1個は古い中から一番マシなのを残して修理を終えていたんですね。

 

するとやはり、最近になって、その1個の弁ゴムの寿命が尽きたようで、乾燥が

終了した全自動洗濯機のドラムに、弁から漏れ出した少量の水が溜まるように。

 

つまり、さっさと出来上がった洗濯物を取り出さないと、また濡れてしまうハメ

になって「 タイマーで帰宅時間に合わせて 」とかが困難になってしまいました。

※ 衣服の乾燥はハンガーに掛けて浴室乾燥を使うので問題ない。

※ タオル類は乾燥まで洗濯機に任せるので、上記症状は大問題。

 

という訳で、この問題をどう解決するのかは、また次回。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事上で現金を扱う比率は、ほぼゼロですが、ワタクシ個人としては、まだまだ

現金決済( って大層に書いてるけれど、喫茶店や昼食の支払ね・笑 )が多い。

 

それがフツーと思っていたのですが、吉野家でもコンビニでも、レジにスマホを

差し出して、キャッシュレス決済をしている方の多さにビックリ。

 

てか、ワタクシのようにジャラジャラ小銭を出している方は、ほとんどいない。

そうだったのか世の中!

 

インターネットバンキングを利用した振込や、クレジットカードでの支払などは

日常ですが、チャージしておいてから使用する決済システムは未体験。

 

てなハナシを彼女にしていると「 そんなものは100年前から普通 」とツレなく、

日々の食品買い出しに利用している「 ワオン 」と鳴くカードがソレで、用途が

広がってる現在「 サービスエリアなどの支払も全部コレやったの知らん?」と。

( 標準は「 ワオン 」でも、設定で「 ニャン 」も選べるようにして欲しい )

 

・・・そうだったのか。 使ったことがないのはワタクシだけだったのか・・・

 

しかし " 使う " となれば、積極的に使用し続けなければ、チャージ済みの金額の

存在を忘れて、無駄にしてしまうのではなかろうか??

 

使えるお店に立ち寄る機会が少ない、ワタクシの要らぬ心配か???

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 2月はなぜ少ない?」など検索すれば、わかりやすい解説がいっぱいあるので

そちらに譲りますが、暦を大切にせねばならないのは分かっていても、実務上は

1月と7月か8月から1日ずつもらって「 2月も30日までにしてよぉ~ 」

( 大晦日が無くなるのは何なので、12月は31日まで・笑 )

 

すると、30日の月が7回と、31日の月が5回で365日。 うるう年は2月31日。

( 昨年はズレたけれど、うるう年=オリンピック開催年 )

 

どうよ、コレで。

 

すると、アレやコレや計算する際にも、誤差は最大でも1日なので、助かる人も

多いのではなかろうか? 月別平均値も、2月の日数が少ないからか、別要因か

ひと目で分かりやすくなるし、2月が28日であることのメリットってなんだ??

 

( 冬の言葉らしいけれど )三寒四温、暖かくなったり寒くなったりを繰り返し

雪融けがすすんで春が近づき、野に山に草木が芽吹き、水面きらめく季節。

 

そのためには、2月の28日間も大切なような気はするけれど・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと頼まれ、というかワタクシ自身の興味があるからですが、アポを取れば

「 少しだけなら時間が空いている 」とのことでしたので、その方と二人、増築

なったピカピカのビルへ訪問させていただきます。

 

シーンと静寂、清潔な玄関フロア、奥には来客用手洗い、振動も音も無く動作の

エレベータでメインフロアへ上がれば、奥でデスクに向かっておられた皆さんに

次々と挨拶をされて恐縮しきり。

 

あたり前とはいえ、しっかり浸透した社風に感心させられますし、まさに今から

" 説明を受ける " とか " 交渉をする " とかの前段階で「 しっかりとした会社だ 」

との印象バッチリで、見習わなければなりません。

 

通された応接室?会議室?はシンプルでも寒さはなく、窓枠まで清掃がしっかり

行き届き、これまたあたり前ですが、なかなか、そのあたり前の実践が難しい。

 

現在、ウチも手狭になった事務所移転計画が( まだ1年先 )進んでいるところ

ですが、よそで感じた良いところはしっかり見習い、みんなで一緒に作り上げて

行きたいです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

春がきたので、あわててワタクシが勝手に植えて育ったクヌギの追加伐採作業。

今冬、すでに何本かを伐採していますが、本日2本。

 

ただ単に倒すだけならば一気に何本でも可能ですが、枝をおとし、玉切りにして

しっかりと活躍するようにしてやらねばなりません。

 

また生えているのは、家の建つ場所から下に向けて広がる斜面なので、その後の

作業をするために、人力で庭まで引き上げる作業がこれまたオオゴト。

 

kunugi01_20210221.JPG

 

青空の下、左端のほうに小さく見えている屋根は、ワタクシ自作のカーポートで

現在はクルマではなく作業場兼、七輪2台がセット出来る自作テーブルがドン!

 

枝切らぬバカ状態のウメの木の下に写るオレンジ色は、10年ほど借りっぱなしの

m(__)m 集落に響き渡る爆音型チェーンソー、ソーを交換して切れ味抜群。

 

kunugi02_20210221.JPG

 

受け口を刻んだあとに、追い口を切り込んで狙った方向へ倒します。

このサイズまで育てば、倒れる瞬間の迫力は相当です。

 

ある程度は枝を払ってからの選択肢もありましたが、この斜面を転がり落として

小川に達してしまうと、流れを堰き止めてオオゴトになるので、現状のまま倒し、

払った枝ごとに斜面を引き上げて、庭で処理します。

 

幹は現場で玉切りして、背負って斜面を上がる予定なのですが、スリップしての

転倒が頻繁なので、丸太で土留めした階段や、遊歩道を整備したいところです。

 

kunugi03_20210221.JPG

 

ご褒美は、枯葉や細枝を焚いた熾火で、密たっぷりのやきいも!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

先日、約10年ぶりの電車に乗った際に、車窓から見えた景色の中に、どうしても

確認しておきたいモノがあり・・・ 行ってみます。

 

出来れば再度、電車に乗って最寄りの駅で降り、散策を楽しみたいところですが

今回は、その他の用事も一緒なので・・・ クルマ。

 

「 駅と駅の区間を歩く 」というのは、なかなか楽しく、とくに普段、車窓から

見えている〇〇を、実際にその場に立って確認するのは、かなり新鮮。

 

とくに神戸~大阪間など、車窓に広がる混沌とした都会の風景を、カメラ片手に

歩いてみれば、それだけで満足感の高いプチ旅気分ですね。

 

なので、ワタクシは都会の数駅程度ならば、日常的に歩くことを苦としないので

ついつい「 そこまでスグやから 」と説明して、実際に歩いた方から「 2駅分も

歩かされた 」などのクレームが頻発しています。 m(__)m

 

さて今回、気になった〇〇を探すにあたっては、クルマで周辺を走ることとなり

思い出せば「 40年以上ぶりに、この道を通ったな 」と感慨しきり。

 

「 当時から、こんなに道が細かったかなぁ 」と。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

すでに何年目かの使用となる、スマホのバッテリー低下速度が激しくなってきて

通話が続く日などは、半日維持さえ厳しくなってきているのですが、スマートな

デザインの専用メーカー製の、ACアダプタ? ハブ? コレは何て呼ぶの??

 

PD対応のソレを購入し( 充電器に無知だったので、PD対応の意味も知らんし )

一番多くソコに居るデスクの上に置いて、いつでも、積極的に " USB Type-C "

を抜き差しするようになって便利なこと!

 

バッテリーの持ちが極端に短くなったスマホがストレスに感じません。( 笑 )

 

そもそも、その4ポートもあるACアダプタの購入に至ったのは、知ってました?

Windowsノート使いのみなさん。 最近のノートパソコンは従来の各種サイズの

ある( 電圧違い )丸い穴の接続ではなく・・・ 「 USB Type-C 」一択!

 

まだ移行しきれていないのですが、ワタクシが新しく使い始めたノートの場合は

左右にその " Type-C "( Type-〇〇 って書くと、アドバンのレーシングタイヤ

みたいでワクワクする )があるのみで、その他のポート一切なし。

 

外部ディスプレイへの接続もソコですが、ACアダプタからも左右どちらにでも

接続できるという便利さにビックリ。( MacBook 使いのみなさんは昔から?)

 

ノートパソコンを新調すれば、追加のACアダプタ購入も必須でしたが、規格が

統一すれば、その必要も無くなります。

 

「 行け、PD規格のUSB Type-C 」てか、繋ぐこと自体が古くなりますように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

からだの対応が追いつかない気温差に・・・ どころか街中で雪が舞ってるし!

北の空を覆う雪雲に「 田舎暮らしの自宅が雪に埋もれていませんように・・・」

 

朝起きれば一面真っ白な日が例年、冬の期間に2回ほどありますが、帰宅すれば

一面真っ白は、田舎暮らしを始めて12年半の間に一度もありません。

 

なので、「 大丈夫だろう 」と油断して、スタッドレスを履いていないクルマで

帰途に着けば、北へ向かうほどに舞う雪が強くなり、インターを降りれば、もう

前が見えない勢いに変わっています。

 

暗い夜道をいつも通りに、ハイビームで進めば、乱反射で一層前が見えないので

ロービーム使用でそろりそろりと丁寧に。 「 朝に積もっていませんように 」

 

と迎えた朝、まだ暗いのですが、薄く真っ白! アスファルトは見えているので

大丈夫そうですが、峠の凍結が心配されます。 やはり2月中はスタッドレス。

 

嬉しいのは、寒さが戻って飼い猫の " ゆず " が再び、ワタクシの羽毛布団の中に

潜り込んで来たことですが、週末は暖かくなる予報に、これが今シーズン最後の

二人寝になるでしょうか・・・

 

yuzu231.jpg

 

にくきゅうピンク。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 202104_taranome01.jpg
  • 20210330_sakura03.jpg
  • 20210327_sakura02.jpg
  • 20210326_sakura01.jpg
  • 20210320_sumire.jpg
  • 20210320_nobiru.jpg
  • 20210314_shovel.jpg
  • 20210307_tsukushi01.jpg
  • 20210307_tamagiri01.jpg
  • yuzu232.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja