日々散文の最近のブログ記事

 
 

事務的作業では極力、タッチパッドやマウスに手をやることなく、キーボードで

完結させたいところですが、ペイント&ドロー系ソフトウェアの使用においては

マウスに頼ること99%( 笑 )もっとショートカットキーを覚えねばなりません。

 

で、マウス。

 

メインPC用には、トラックボールが上側にあって、ソレを親指でコロコロさせる

タイプを使用中ですが、カーソルを画面上のドコに移動させても、マウス本体を

動かす必要はまったく無いので、散らかったデスクの上では最適です。(T_T)

 

しかし、ワタクシ的にはペイント&ドロー系とは相性が合わず、ソッチのPCでは

超シンプルな、フツーのマウスで作業をしているのですが、お勧めがあります?

 

という訳の昨日は、ドローソフトと向き合い没頭するという、シアワセな時間を

過ごし、そのままインターネットから入稿できる、重ねたシアワセ。

 

その後のたった数日で、自身のイメージが印刷物となって届きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

アタマの中でアレコレ温めているウチに、建築資材はドンドン価格が上昇するわ

入手さえ難しくなるわ、家を建てようとされている方にはツライ時代突入なのか

逆にチャンス到来なのか・・・

 

1月末に引越した物件の、引渡し3か月後点検が実施されました。

 

なんら問題なく、カッコよく便利に使っているのですが( ワタクシの基本設計

段階で「 こうしておけばよかったかも 」と感じるところは数か所あり )唯一、

洗濯機が3台並ぶ脱衣室の奥の、浴室周辺からの異臭が気になるところ。

 

浴室の床の手前と奥側に、細いステンレスグレーチングの排水が2か所あるので

そこのトラップが機能していないんじゃないかと訴えるべく、ワタクシは初めて

浴室の中まで入れば・・・

 

「 毎日の徹底した清掃をありがとうございます 」

 

その日の使用終了後には、グレーチングを外してステンレス製の排水溝の中まで

しっかりと掃除してくれているのですが、トラップを外して掃除して、そのまま

セットせずに、毎日、乾かしていてくれたのね。

 

トラップのワンが外してあるので、当然、浴室内には異臭が漂うのですが・・・

それを知らず、3か月間「 構造的な問題があるのでは? 」と思っていました。

 

あぁ、勘違い。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨日は彼女の誕生日、ワタクシはソレを久々年ぶりに忘れずにいれたので、朝一

起床の際から「 お誕生日おめでとうございます 」と伝えることが出来ました。

 

彼女もワタクシも、おかげさまの忙しい一日で、バタバタと通常よりも遅くまで

仕事が続いたので、夕食は外で済ますことにした帰路には「 今夜の生ビールは、

君が飲めばいいよ 」と、ワタクシの男前なセリフ。

 

ギョーザつまんで「 プハァ~ 」と、彼女が「 生ビールはやっぱ旨いわぁ 」

 

という訳で、何回目でしょ? 一緒に暮らし始めてから、たぶん36回目あたりの

誕生日を迎えた彼女に、あらためて「 おめでとうございます 」

 

彼女も、いや、ワタクシも、一緒に活躍いただいているみなさんも、健康に十分

気をつけて、ますますガンバらねばなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

あっ、ワタクシの「 うつ伏せ寝 」の場合、マクラはナシね。

 

普通のマットレスの上に、CMで聴いたりする効果ありげな薄めのマットを置き

ソレらをクルッとゴム入りシーツで巻いて、これまた四隅をゴムで留める方式の

ベッドパッドを敷いた上で、マクラを隅に追いやって。

 

うつ伏せだと、掛布団を引き寄せるのが若干難しいです。( 笑 )

 

で、やはり一番効果を感じるのは、敷布団が両肩を後ろ側に押すカタチになって

縮みがちな胸を開いてくれること。 周辺の血流が良くなるような気がします。

 

寝返りを打った側臥位( 横向き寝 )の際には、アタマの下にマクラを挟みます。

 

マクラが合う、合わない問題は、おもに仰臥位( あお向け寝 )の際に生じるの

ですから、その問題から解放されるのもオマケの効果。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

さっそく「 大人のうつ伏せ寝 」を試してみたみなさん、どうでしたか?

 

睡眠中に比較的多く目を覚ます( 10~20回くらい? )ワタクシの場合、寝入る

際は仰向けか横向きですが、寝苦しい夜や、明け方に目を覚ましてからの睡眠を

" うつ伏せ " とすることで、起床後の肩や、首周りの調子が良いと感じています。

 

実体験先行だったので、あとでコレを書くために検索してみれば、寝相に関して

色々な解説があるので、参照してみなければ・・・

 

で、寝相よりもオオゴトなのは、この季節、田舎暮らしの明け方の寝室の室温は

そこそこ下がり、布団から出していた両方の手が冷気に反応して、ジンマシンで

パンパンに腫れあがり、現在 " ドラえもんの手 " 状態。

 

キーボードの操作難しく、歯ブラシが持ちにくく、手のひらがカユイのツライ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

サクッと自作小屋周辺、井戸小屋周辺の草を刈れば( と言っても1時間半ほど )

これで田舎暮らしの自宅周囲、すべての場所の草刈りを終えたのですが、最初に

刈った場所では、すでに次の草刈りが必要な頃になってきています。

 

来週は集落の一斉草刈りなので、刈払機のシャフトのギア部分にグリスアップを

施し、刃を新品に交換してから、自作小屋の梁に垂らしたS環に吊るします。

 

さて夕暮れの気配が漂い始める時間、水が張られて稲が植えられた田に空が映り

その空から高く遠く行く飛行機の音が響き聞こえる時間、炭に火をいこしてから

シャワーを浴びて出てくれば、湿度低く快適な初夏の風。

 

新品の網を七輪に高めにセットして、お届けものの干物を、じっくり、ゆっくり

炙れば、シアワセな夕暮れの時間が流れます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

水曜日だったかな? 市役所へ出向いた際に、1階ロビーでスレ違った懐かしい

顔に、勇気を出して声を掛ければ( 互いにマスクをしているので判別しにくい )

「 おぉ、久しぶり! 元気にしてた? 」

 

会釈をかわしておきながら「 アレ? 誰だっけ? 」と、不明なままにした後悔が

残らないよう積極的に声をかけるようにしています。

 

・・・結果、見ず知らずのヒトなこともタマに。 m(__)m

 

で、市役所の1階ロビー。

 

共通の懐かしい面々のハナシになれば、「 〇〇〇ちゃんテレビに出たんですよ。

" マツコの月曜から夜ふかし " に 」

 

「 背景のひとりとして? 」

 

「 いやいや、企業取材の際のインタビューを受けているんですよ 」

 

と、スマホのアルバムを繰って見せてくれたのは、その出演時の動画と思いきや

映っている一瞬のテレビキャプチャ画像。

 

ワタクシのアタマの中の記憶では、線の細い、押せば折れそうな、色白の華奢な

イメージだったので「 こ、これは同一人物か? 」「 大企業の社長になった? 」

 

「 間違いなく、ひろっちゃんです 」「 総務部長として活躍しているそうです 」

 

そう説明する彼の、首から下げた名札を見れば、立派な肩書があって、ワタクシ

ウルウル「 息子たちが順調に立派に育って 」( ・・・テレビの彼の体重が )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ご多分に漏れず " 運動不足 " なので、やれ「 田舎暮らしの自宅に鉄棒が欲しい 」

だの、人生いまだ利用したことさえないのに「 スポーツジムに通いたい 」だの、

好き勝手を言うだけになっている昨今。

 

歩くのは大好きなので、日々の移動を徒歩ですればいいのですが、なんだかんだ

やはり「 かかる時間の捻出が難しい 」と、これまた試しもせずに。

 

以前の事務所の立地は、駅前周辺へ徒歩圏だったので( 自転車が多かったけど )

歩く機会もタマにはあったのですが、中心地から若干外れた、現在の場所からは

やはりクルマに頼った移動になってしまうのが悔しい。

 

気づけば姿勢を正し、前方に縮もうとする背筋を伸ばし、肩を開きます。

 

で寝相。 ウスウス気づいていたのですが、マクラを使わずにうつ伏せに寝れば

おのず肩が開いて首にもやさしい感じ。 ハタから見れば倒れていますが・・・

 

他人もそうなのか、彼女にすすめてみれば「 顔に線がつくからうつ伏せはイヤ 」

と、とりつく島も無し。

 

肩凝りや首凝りにも効きそうな、大人の「 うつ伏せ寝 」

体験者みなさんからの肯定や否定、いい道具等々、情報お待ちしています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

一昨日の帰路では、道路の反対側の道端に立っている、二十数年前の知り合いを

偶然見つけたものの、クルマだったのですぐに停車することが出来ず、クルッと

回って反対車線のソコに戻るまで「 居てくれよぉ 」と祈りながら。( 笑 )

 

何がビックリかって、二十数年前とまったく変わらぬ容姿に、気づいた訳ですが

もしかしたら「 息子さん?」の可能性もあったのですよね。 本人でよかった。

 

勇気を出してUターンしたおかげで、しばしの懐かしい談笑が出来てウレシ。

 

それにしても、見た目にまったく歳をとっていないのは、何か不老不死の秘密が

あるのではなかろうか? m(__)m

 

さて、帰路が逆を向いたので、いつもと違う道を選べば「 そういえば昔、ココに

" 岩下レーシング " というステッカー屋さんがあってなぁ 」( 記憶違いがあれば

申し訳ないです )「 大昔、一緒に来てアンタがロゴ入りジャンパー買ったやん 」

 

えっ! そうやったん?

 

各種のクルマ、オートバイ系のレーシングステッカーが豊富に揃えられた店内は

その他、レーシングキャップやブルゾンなども置いていたのか・・・

 

35年ぶりくらいに思い出した記憶です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

テレビで亀岡市が紹介されて「 篠山のちょっと向こうやな 」とワタクシ。

「 わたしのふるさとの川向かい 」と京都府八幡市出身の彼女。

 

「 えぇ~、そんな位置関係とはちゃうやろ? それは亀岡市を勘違いしてるで 」

「 そんなことはないよ。 あの亀岡やろ? 」

 

と、テレビを前にした血みどろの争いに決着をつけるべく、居間を立ちあがって

トイレ前のスペースに設けたニッチ本棚の中に揃えた、全国ツーリングマップル

から関西版を取り出して、居間に戻ってパラパラめくれば・・・

 

ま、確かに372号線沿い、ワタクシの「 篠山の向こう 」と言えなくもないけれど

丹波篠山市からは、まだだいぶ距離を残している感じ。

 

対し、彼女の「 八幡市の川向かい 」も淀川を挟んで( 桂川、宇治川、木津川の

三本が八幡市で合流して淀川になる!)大山崎から天王山、そのずっと向こうに

亀岡市があって、ま、強引に「 川向かい 」と言えなくもないけれど、篠山から

亀岡までの距離とほぼ同等。

 

快走の372号線だと一本道でスグな感じですし、かたや京都縦貫道の大山崎から

のれば、亀岡までは「 あっという間 」っぽい。

 

この勝負、引き分けか?

 

という訳で、テレビなどで紹介される日本全国興味が湧く場所を、すぐに地図で

確認して実際に自分自身で移動する場合に置き換え、なぞってみるのが楽しい。

 

一家にひと全集。 ツーリングマップル( クルマならR版がおすすめ )北海道

から九州沖縄までを揃えておくことをお勧めします。( 笑 )

 

地元ドライブでも「 関西版 」があれば楽しいよ。

 
 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの集落では来年、ここに住ませてもらってから3度目の、役員当番が

回ってくるのですが、世帯数が少ないので頻度が高いのは仕方のないところ。

 

集落の会計など厳しい面も多々ありますが、ワタクシたちを含めたすべての人が

安定して、安心の日々を過ごせるよう務めさせてもらわねばなりません。

 

はたまた職場側でも2か所、同様のものに参加しているのですが、現在、大きな

変化の最中なので結構な頻度で集まりがあり、まさに昨夜がそうだったのですが

「 会合は1時間以内で 」との提案が実を結び、テキパキ進行するのがいい感じ。

 

しかし、会計の厳しさはどこも同じです。

 

どこも最近はチラホラ、より若いパワーの参加も見られるようになってきており

それぞれの世代、とくに高齢者よりの世代やワタクシたち世代は、自身の役目を

しっかりと理解して、闊達な意見交換へ参加し、蓄えた知識の提供は必要ですが

新しいパワーのジャマをしないよう気をつけなければなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

深夜あたりから左手が腫れだし、痛くて眠れずベッドを抜け出し、ステロイドの

服用で、ようやく明け方近くにウトウトすれば起床時間。( 涙 )

 

起きて見れば「 うおっ! 」と声が出るほど、左手がパンパンになってるやん。

 

昨日はちょっと気合を入れて、午前1セット午後から2セットと、1日中かけて

敷地北側から西側の斜面の草刈りを行って、足腰ヘロヘロ、刈払機のハンドルを

握る両手の親指、人差し指の間が疲労していたのは確か。

 

すいぶん以前に、他の工事がどんどん進んで行くのにワタクシ1人が間に合わず

24時間以上ぶっ通しで電気工事をした際にも、左手がパンパンに腫れあがった

ことがあるのを思い出しました。

 

しかし今回は、もしかして「 なにかに刺された? 」可能性も否定できず。

 

草刈り中はずっと、ラバー引きグローブを装着しているものの、竹やぶなどヤバ

そうなシチュエーションもテンコ盛り。 毛虫系だと遅延して腫れる・・・か?

 

草刈りをあと回しにしている目の前、庭が一面シロツメクサに覆われています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

休日の昼食はちょっと出かけて、あなご重とお蕎麦を楽しませていただきます。

「 旨し! 」

 

田舎暮らしの我が家から近くもないのですがアクセスが良く、自動車道を繋げば

30分足らずの信号2個で到着することが出来るのも Good !

 

と、ここまで出かけてきたので、大きな池が借景の( バイパス工事のため空池 )

大人気農協直営マーケットで、いちごと新鮮野菜の買い物。

 

移動して、彼女が仕事用のスニーカー2足をお買上げ。 「 ん? アレは?? 」

という訳で、すぐ近くのワタクシ的に話題のロープライスユートピアスーパーに

立ち寄らせてもらい、圧倒的なパワーを勉強させていただきます。

 

ここのウェブサイトの構成も勉強になるなぁ~

破格的プライスに、思わずヒレ肉のブロック買っちまったよぉ~

 

帰路には下道繋いで、夕暮れ時の「 soraかさい」。

時間を外せば、予約なしでも大丈夫。( かな? )

これだけの施設が入館無料。

学ばせていただきます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 欲しければいつでも手に入れられる 」( 家電レベルね )状態に疑問も感じず

生活していたので、生産や流通の停滞による「 ちょっとやそっとじゃ入手不可」

な現状に、ちょっとビビっています。

 

本年初頭に完成した会社移転工事も、当初から材木をはじめ、各種設備の入荷が

懸念されていたのですが、元請&施工各方面の方々の努力によって、予定通りに

竣工を迎えることができたものの、その後に完成する他の現場では、ボイラーや

トイレ機器の入荷が未定で、建物は完成したのに竣工に至れないとか・・・

 

ニュースで知ったのですが、現在「 洗濯機が入手できない 」とか。

万が一、壊れることがあれば、すぐに必要な家電の一つですね。

 

ワタクシが修理を繰り返し、ダマしダマし使い続けてきた、ウチの斜めドラムの

全自動洗濯機は、いよいよ基盤がイカれ、見たところコンデンサのパンクが原因

のようでしたが、留守中や就寝中に回すことが多く、なにより安全が第一なので

ついに修理せずに買い替えるという、ワタクシにとっての屈辱。( 笑 )

 

すでに、昨年末頃のハナシで、彼女の選んだ機種が購入できる時期でよかった。

で、届いてみれば、なんだかんだ最新モデルは便利で、なにより静か。

 

ただ・・・ 平成中期頃のモノの値段で見積もっていると、洗濯機もビビルほど

高級になっています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 貼る 」を使うのか「 張る 」なのか、いまだ悩みますが、久々のクロス貼り。

 

腰下のみ補修のための一部施工なので面積は少ないのですが、いま貼られている

クロスは約4年半前の施工なので、まず心配なのは「 同じ品番があるか? 」

 

品番は変更になっていましたが、同じ柄があり、すでに10m分を入手済みですが

リピートがある柄なので、ソレが合うかどうかが不安です。

 

ソフト巾木を外し、貼り替える範囲にカッターを入れ、古いモノを剥がします。

 

リピートを合わせ、ロールから大きめに切り分けたクロスに、養生の上でノリを

細ローラーで塗り、乾燥しないように畳んでオープンタイム。

 

慎重に柄を合わせて・・・ と以下、施工手順をハショリますが、結果オーライ

貼った本人が見れば、経年分かロットずれか、古い側のクロスと微妙に明るさが

違うようですが、補修を知らなければバレることはないでしょう。( 笑 )

 

マスキングテープで囲った壁面の下部とソフト巾木に、たっぷりボンドを塗って

これまたオープンタイムを取ってから、ローラーで圧着。 よし、よし。

 

造作工事の作り付けの棚や靴箱、ワタクシが製作した建具や枠、その他の木部の

地肌が覗いた傷を、同色オスモカラーで着色し拭き取れば、これまた、補修跡が

ほぼ判らなくなって、よし、よし。

 

1回あたり2~3時間ずつに分けての、リメイク工事完了です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で、工事用の太いキャブタイヤ延長コードに( 消費電力が高いだろう

機器の電源を延長する場合には、許容電流の大きい延長コードを使わなければ、

その能力が発揮されない )ヒートガンを繋いで使用開始。 初ヒートガンです。

 

H200 x 2000 アクリル板が3枚、合計 6m ベタで貼られたカッティングシートを

剥がさなければなりません。

 

ヒートガンを使用した作業でなければ、永遠に不可能と思われるシート剥がしも

温めながら行えば、千切れずに剥げることには剥げるのですが、力が要ることに

変わりなく、気づけば強い摩擦で皮膚が浮き水泡が生じたり、擦過傷になったり

指のアチコチがボロボロ。

 

それでもナントかカントか 6m を剥がし終え、アルコールで拭いて、脚立2台に

足場板を渡した上に乗り、無地になったアクリル板を外部看板にハメ直します。

 

ヒートガンが無ければ不可能な作業でしたので、購入しておいて助かりました。

一家に一台ヒートガン。

 

さて次回、久々のクロス貼り編。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

修理っぽいのが続きます。( 笑 )

 

デイサービスが移転して、より広くて素敵になっているのですが、友人大工さん

とワタクシが協力して作った、現在は空き家になっている以前のデイサービスを

「 使いたい 」と言っていただける方が現れたのでメンテナンスを。

 

その一つが「 浴室ドア硝子交換 」ですね。

 

で昨日は、外部電飾看板( これもワタクシが製作した♪ )から、アクリル部分を

取り外すところまでを進め、貼られているカッティングシートを剥がすため用に

以前から欲しかった、ヒートガンを購入。

 

コレを使用して温めれば、上手く剥がすことが出来るか!?

 

腰高で貼り分けた壁クロスも傷んでいるところがあるので、面単位でワタクシが

施工するために、クロス用ボンド( 糊 )も購入しておきます。

 

カッティングシートが上手く剥げるか心配ですが、ワタクシの久々のクロス張り

も上手く出来るかどうか、かなり不安。( 笑 )

 

帰社後には「 ペーパータオルホルダーを取り付けてくださ~い♪ 」の、甘い声の

願いに応えるのですが、そのためには照明器具を動かす必要があって、はたまた

そのためにはスチール製の取付プレート、アルミダイカスト製の本体に電源線を

通す、大きめの穴を開ける必要があるという、かなりオオゴトな作業。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

なんかずっと直しているような気もしますが・・・ とにかく直します。

 

田舎暮らしの我が家の、主にそこで過ごしている居間スペースと、客間や厨房や

トイレなどがあるスペースとは、短い廊下で繋がっているのですが、そこにある

ニッチ( 飾り棚 )の上部に仕込んだ、装飾極細蛍光灯が切れて早やひと月以上。

 

廊下の照明はソレのみなので、夜間の移動時に困りながら、交換用の蛍光灯管を

探すのですが、当然すでに生産が無く、やっと似たようなサイズのLED装飾照明

器具を入手して、丸ごと交換。

 

ニッチと言えど、縦1m、横2mほどある大きなモノですが、その上部の奥まった

ところに仕込んだ器具を交換するのは結構オオゴト。

 

無事に交換が完了し、明るく安全に短い廊下を移動出来るようになりました。

 

さて、次は依頼された掃除機の修理。 足を引っ掛けてプラグの根元で断線して

電源コードがコードリールに巻き込まれてしまいました。

 

掃除機をバラすしか方法はないのですが、プラスチック一体成型のような本体を

無事にバラすことが出来るのか? たぶんそれが修理の99%と考え臨みましたが

クルクルとゼンマイバネで回り過ぎたリールを、どの程度戻せば再び巻き込みが

スムーズに行くのかを、試し試してセットするのに意外な手間が。

 

さてさてその他、現場修理のための道具の準備、ハイエースの荷室に足場板2枚

一間脚立2台など積み込んで備えます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅の薪棚に積まれたまま、もう何年も利用できず、旬を過ぎた薪

それも今回は針葉樹の軽い薪を( 薪ストーブには密度の高い広葉樹の薪が最適 )

軽トラックの荷台に、スリキリいっぱい積んで移動させます。

 

前回、今回と2度の移動で、薪棚の1/3が空きました。

密度が高くて重い広葉樹の薪を、また補充しておかなくてはなりません。

( 乾燥は1~2年程度が適しており、長く置き過ぎると薪の燃焼力が弱る )

 

荷台に載せる際は早いですが、移動先では丁寧に薪棚に積み上げる必要があって

時間がかかるものの、こんな作業に活躍するのが " てみ " 、一家に一台です。

 

さて、薪を積み上げれば移動して、借りているジャリ駐車場2台分の草引き。

「 貸主さんに対策して欲しいなぁ 」と思いつつガンバります。 オオゴト。

 

またまた移動して、車に注意しつつ車道と歩道の際に生えた雑草の草引きですが

そこに土が溜まるから草が生えるので、その対策を何か施したいところです。

 

で、軽トラ移動ついでにホームセンターに立ち寄り、4mものの材木を大量購入。

1年以上前からオーダーを聞いているアレの製作に・・・ かかれるのか?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

割れた浴室ドアのガラス( と言ってもプラスチック製 )を入れ替えます。

 

折れ戸の天地2枚のうち、1枚が割れたのですが、その部分だけの部品の入手が

不可であれば、アクリル板を購入して2枚とも入れ替えればバレないと( 誰に )

思うので、まずはドアを外して分解し、プラガラス単体を取り外します。

 

と、ここまでで結構、四苦八苦。

 

なかなかスムーズに分解できませんし、バラせばバラしたで、掃除が必要となる

箇所がいっぱいで、なかなか前に進みません。( 笑 )

 

さて、外してみれば、t2 x 306 x 1853mm で、ホームセンターでは入手不可そう。

 

純正部品の入手を模索した結果、なんとかはなったのですが、片側だけで結構な

お値段にビビリつつ、ま、カットする手間が省けるのでヨシとします。

 

という訳で、届いたソレをハメて、固くなったパッキンの再利用中に、力余って

ドアアルミ材の断面でザックリと指を裂き、マスキングテープのグルグル巻きで

作業するハメに。

 

無事、完璧に直っています。 ドアが。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

2個並んだ奥行きの浅い物入を、有効に活用するため、その中に棚を組みます。

 

その棚は、物入を採寸し収まるサイズのモノを、ずいぶん以前に購入済でしたが

やっと今になっての設置。って、手が遅いにもホドがある!

 

という訳で、まずは右側の物入のドア2枚を外したその中で棚を組み立てます。

 

既製品に結構ピッタリ寸法の棚があったので、ソレを2台購入していたのですが

組立がネジ式ではなく、叩き込み式の廉価品( 物入の中で使うのでね )なので、

ゴムハンマーを用いてガンガンと、うるさい組立。

 

高さ自在の棚板を、どの高さに設定すれば使いやすいのか・・・ 悩みながら。

 

さて、右側の物入内部の棚の組立が完成し、外していたドアを取り付けて完了。

次は左側の物入のドアを外して、同じ作業をもう一度。

 

アレ? アレレ??

 

同じ寸法が2個並んでいると思っていた物入は、10mmほど左側が小さいやん!

なので、右側だけ採寸して購入していた棚は、左側ではビチビチで、組み立てが

出来ないぃ! てか、2mmほど棚のほうがデカいし・・・

 

ソレを無理やり、長手方向のステーを曲げ込みながら、物入内に強制的に収めて

組み立て、再びドアを取り付ければ一件落着。

 

棚が無いせいで、無駄な空間が広がっていた物入2か所が活用出来そうです!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

なかなか出来ずに放置状態のことを、どこかでは「 する 」必要があり、GW中の

電話が鳴る機会が少ないときを狙って、重い腰を上げます。( 笑 )

 

すでに新しい機器や、cat7のLANケーブル各種長は多めに用意済み。

 

という訳で「 パソコンのネット接続が15分ほど停止するよ 」と宣言し、勇気を

持って、仮設で繋いでいた光ファイバー、LANケーブルなどすべて外し、機器の

設置場所そのものを変更させてしまいます。

 

ルーターは高速なモノへと更新。

 

OA床の下を這いまわっている、どの線がどこへ繋がっているか、一つずつ確認

しながら確定させて、マーキングしながらスッキリと。

 

仮設の際は、すべての線をハブに突っ込んだ、結果オーライ型接続でしたから。

 

当然、SSIDも変えてノートPC、タブレット、クロームキャスト等の接続も更新

させて一段落と思いきや・・・ みんなのスマホのWi-Fi接続も切れたのね。

 

さて時を同じくして彼女は、これまた放置部分が多かった花壇に、購入してきた

ネットを張って、ツル系の何かを育てるみたいです。

 

その他、入り口横の花壇にも花を植えてくれて、雰囲気が楽しくなった!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

この季節、楽しみなのはSNSを流れてくる、お出掛け先や行事を楽しまれている

みなさんの写真やコメントで、地図を開いたり、その土地の追加情報を調べたり

しながら、疑似体験を楽しませてもらいます。

 

その行動力を見習わなければならない彼は、譲ってもらい、整備&自家塗装した

軽トラに、キャンパー仕様のオリジナル自転車を積んで島根県まで移動してから

" フェリーおき " に乗船して島へ渡った模様で、その何枚目かの写真は、海辺の

キャンプ地にテントを張って、オピネルで捌いた夕食は巨大な岩ガキやサザエ。

 

松ぼっくりを燃料に、焼鳥の串を焼いてるし・・・

 

はたまた同年齢彼はGW恒例、1300ccのオートバイにテントなどパッキングして

向かった、どこかのキャンプ場で朝を迎えた写真。どこだ? 別府峡あたり?

 

ハーレーで北海道へ渡った彼は、苫小牧からの中山峠でミゾレに打たれながら

極寒の中、ニセコに着いての温泉で生き返ったとコメント。

 

さて、それぞれの方の旅を、地図を開いてなぞらせてもらいます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳の行事が入ったりと、タイムリミットが迫るものの、間に合っておらず

事務所へと向かいますが、残りは程々の量なので、早めの昼食を済ませてから。

 

道路上には、まさにGW中な他府県ナンバーがいっぱいで、嬉しくもありますが

より注意した運転が必要。みなさん安全運転で行楽や帰省を楽しんでください。

 

このシーズンどこの飲食店も混み気味ですが、早かったおかげで、お気に入りの

ハンバーガー屋さんへ何とか滑り込み、置いてくれている日経新聞を捲りながら

コーラ&ポテト、ハンバーガーで至福の時間。

 

じつは・・・

 

新聞は他のテーブルにあって、そこではすでに読み終わり、スマホを操作されて

いたので、勇気を出し「 もし読み終えているならばよろしいですか?」と、声を

かけたんですねぇ~( 笑 )ココがお気に入りなのは新聞が置いてあるのも理由。

 

短時間な滞在の間に新聞が捲れたので、至福な時間を過ごすことが出来ました。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

1月と5月に生じるのですが、月末までの実績を確認&確定させての10日振込を

中2営業日をあけて実行する場合に、休日が多いおかげで余裕が無くなります。

 

今月を例にとれば、10日(火)を中2営業日あけて前倒しすると・・・ 2日!

そう、昨日までの実績を確認&確定させて、2日(月)に振込する必要があって

なかなかに厳しいスケジュールです。

 

そんな昨日月末最終日、目を吊り上げてガンバってくれている、隣の席の彼女に

「 スマヌ 」とお願いした午後、ワタクシは凛と静まったお堂に響くお経の中。

 

こういった分野には疎く、無精しているワタクシですが、伸ばした背筋にこころ

洗われるような素敵な時間。

 

タイムリミットは迫りますが・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

朝一からボコボコ&カユカユ身体( 笑 )で臨んだ仕事が13時頃に完了したので

移動しながら「 どこかで昼食 」と探すのですが、雨の休日はどこも行列状態で

結果、いつもの喫茶店におじゃまします。

 

休日でもフツー通りの風景に「 落ち着くわぁ~ 」

ママが自分で食そうと思って作った、スペシャルカレーをいただきました ♪

( リッチ過ぎるその内容はナイショ・笑 )

 

手洗い洗面台では他の常連客さんが、ママに頼まれてサビたS管の交換中ですが

洗面台との接合部のナットがデカ過ぎて、汎用モンキーがハマらず悪戦苦闘。

 

「 開口がデカい、水道工事用のモンキーレンチ積んでるよ ♪ 」

本日は激しい雨に、喫茶店の表にハイエースを停めましたから。

 

交換が完了して次は、足元のザラザラタイルが貼ってある、入隅部分のスキ間に

コーキングを施そうとされていて、本剤はあれどセットするガンが無い。

「 あるよ、クルマに積んでる 」

 

するといきなり、マスキング( 養生 )もせず、コーキングを打とうとするので

「 ちょっと待った! クルマに積んでるから 」と、粗面用マスキングテープの

新品梱包をバラして、18mm幅の1巻をママにスッと渡し「 ごちそうさま 」と

立ち去るワタクシ。( あっ、飲食代と )

 

まるで、ドラえもんのポケットの様なハイエース ♪ カッコいいゾォ。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨夕あたりから、かなりオオゴトなのは、全身ジンマシンでカユイ、カユイ。

 

元々、季節の変わり目は危険要素いっぱいなので、色々と避け回って生活をする

必要があるのですが、今回の主因は明確。 一昨日の3回目の注射ですね。

 

1回目の際は、リアルタイムなその場でブワッとジンマシンが出たので、会場の

体育館中の看護師さん方々が大騒ぎとなって、ソレが日常的な、つまり、どんな

注射でも、打てばそうなるワタクシとしては申し訳なく、ハズかしい限り。

 

2回目の結果は穏やかに過ぎたのですが、1回目の情報があるので、注射を打つ

前からワタクシの周りには、看護師さん方々が集まって「 このヒトは要注意よ 」

てな感じで、これまたハズかしかった。

 

で、3回目。

 

ちょっと期間が空いたので、ワタクシの周りは、過保護にも、騒ぎにもならずに

よかったですし、注射のあとの当日から、翌日の朝にかけても、平穏だったのに

・・・ コレや。 全身ジンマシン。 多めのステロイドも効かんし。

 

いまのところ、ノドなどのヤバいところには出ていないので、ま、何日か経てば

治まって行くと思いますが、本日も契約などの対人仕事が山積しているところで

この症状はカナワンのよ。

 

ちょっとした何かの刺激で、ジンマシンスイッチが入るので、ワタクシに触れる

際には、やさしくお願いいたします。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ウチの制服は、そのマリンブルー色と胸の刺繍は同一なものの、形が4種類あり

職種やシチュエーション、気分、洗濯ローテで使い分けてもらっています。

 

それぞれに素敵なのですが、その内、一番多く活躍しているスクラブスタイルで

( 元々は半袖Vネックの医療用白衣のこと )ポケット大きめなマリンブルー色の

制服の同一箇所が傷む事象が報告され「 う~ん困った 」

 

しっかりしたメーカー、グレードのモノなので残念ですが、仕方なく次の候補を

探すべく、別の制服を無刺繍状態単品で仕入れて、モデル( 職員 )に着てもらい

「 ソレを本採用にしても良いか 」の実験中。

 

その実験1回目は、ストレッチ度が足りずに不採用。 実験2回目が間近です。

 

という訳で現在、良い制服に巡り会うのがオオゴトそうな、迷路の中にいるので

「 コレいいよ 」という情報や実体験をお持ちの方があれば、教えてください!

 

選定の縛りは、カラー設定に「 マリンブルー色があること 」

 

本採用になれば、胸に刺繍を入れて、まとめて発注することになります。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

自身の行動力が足りないのは、この10年ほどは、まったく遠くへ出掛けていない

ことで、「 見知らぬ土地を見てみたい 」との思いを満たすための一歩が必要。

 

その10年ほど前までは、ちょうどこの頃に出掛ける機会が多く、春から初夏へと

移りゆく季節の匂いに「 あぁ、遠くへ行きたい 」( 笑 )

 

ただし、その年にもよりますが、ワタクシ好みの道は、北部方面では、まだまだ

残雪に覆われていることが多く、目的地にたどり着けない可能性もあります。

 

そう兵庫県北部の林道でさえ、GW前後は残雪で抜けられないことが多いのです。

 

そういえば青森、八甲田山の麓で山田温泉を目指した際も、残雪上を延々と歩き

崩れかけた丸木橋を渡って、たどり着いたのでした。

 

はたまた別の機会の北海道、ニセコ小湯沼の野湯は、残雪に到達を断念したので

いつの日にか思い果たさねばなりません。

 

しかしサクラ前線は、ちょうどこの季節に北へと達し、弘前城址で見たサクラは

まるで、黒澤監督の映画の中にいるようで、まだまだ訪れたことがないところが

いっぱいのニッポン。

 

相変わらずの手の遅さに溜まる書類と、バックオーダーてんこ盛りのDIY工事の

山ですが・・・ 「 遠くへ行きたい 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ワタクシとデスクを並べる彼女が、大量の伝票に埋もれながら、デスクトップに

ノート2台、合計3台のパソコンに映る、会計ソフトやエクセルを同時並行して

キーボードをガガガッと、鬼のスピードと形相で操り闘っています。

 

「 ありがとうございます 」

 

まるでテレビコマーシャルの様な(その彼女の家庭では、テレビを見ない暮らし

なので、CMのハナシは盛り上がらない )前時代的な方法の仕事をさせてしまい

申し訳ない思いでいっぱい。

 

伝票類の処理を、もっとスマートなモノにして行かねばなりませんが、たとえば

よその事業所では、どうしているのでしょうか? 基本の " き " を知りません。

 

はたまたパソコンも、ワイドモニターにアプリを並べるのが使い勝手がいいのか

現在のように複数台を立ち上げる方が、理にかなっているのか・・・

 

誰もの仕事のし易さや効率が、モノで叶うならば、それはワタクシの役目。

 

手は遅いですが・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

降り続く雨に「 今夜は空いているかも? 」と、国道の右車線を走りながら確認

すれば、「 ラッキー、並んでいるの1組! 」という訳の、右折、右折、右折で

彼女を降ろし、ワタクシはクルマを停めに行って走って戻ります。

 

暖簾をくぐり店内に入れば、彼女はすでにテーブルについて、「 プハァ~ 」と

瓶ビールをコップに手酌で注いで呑りながら、割りばしで網の上の肉をひっくり

返してるし。 ワタクシも慌てて座り、遅れまじとアルフリーで「 プハァ~ 」

 

クルクルひっくり返して丁寧に焼いたセンマイ「 うんまぁ~ 」

美味脂たっぷりのホルモン「 うんまぁ~ 」

たっぷりのアバラ「 うんまぁ~ 」

 

いつも行列いっぱいの人気店なので、こうした偶然まかせの立ち寄り方でないと

難しいので、誘えなかったみなさん申し訳ないぃ。 m(__)m

 

ニコニコ、ガツガツ「 プハァ~ 」と食べて、「 ごちそうさま 」・・・「 安っ 」

マジ、ウチでは夕食代わりの超人気店「 マルフク 」滞在30分程度。

 

行列にビビって、なかなか利用できていない、みなさんに申し訳なく思いつつも

こんな感じで、月に一度、二度、立ち寄らせてもらっているので「 ラッキー! 」

 

デザートはその後に続く通勤ドライブで自宅に戻ってから、廉売カップアイスの

充実感。( 笑 ) 飼い猫 " ゆず " に「 スマン、スマン、二人だけ美味しくて 」

 

さて、今夜も「 ニャン滴ですよぉ 」「 あんたらだけやきにくやったんやろ? 」

点滴前の " ゆず " 、体重4.6kg 。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

SNSが勝手に「 〇年前 この日の思い出を見る 」などと、大きなお世話を勧めて

くるので、心を鬼にして無視するか、誘惑に負けてクリックするか・・・

 

・・・予定外の時間が消費されて行きます。( 笑 )

 

ワタクシとSNSつながりの " 枕元ビール彼女 "( 詳細はココを検索 ♪ )も同様に

7年前の思い出を勧められてしまったようで、自分自身のその投稿をシェアして

コメント「 懐かしい もう7年前 」

 

ここ数年の蔓延する病のせいで、なかなか " 集まって行事 " 的なことを開催する

ことが難しく、いやホント、色々な意味から「 懐かしい 」

 

この思い出の場には、たぶんワタクシも同席していて、写真には「 最近酔いが

回るのが早い気がする 」とコメントがあるケド、写っているビールジョッキは

たしか10杯目だったのではないか・・・

 

さすが毎夜、枕元にビールがなければ眠りにつけない彼女( ウソ )ワタクシの

酒量など足元にも及びません。

 

飲食店に小売店、その他各種、色々な職種で、みんなガンバって稼いで消費して

病一色だった世の中をグルグル、グルグル、大きく回して行かねばなりません。

 

酔いが回るのが早いのは「 歳のせいか? 」ともあるけれど、写真からはすでに

7年が経過した現在、" 枕元ビール彼女 " は、最初のひと口で、ホホを赤らめて

「 ちょっと酔ったみたい ♪ 」などと言っているのか?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 そんな使い方ありか! 」と、職場菜園シロートのワタクシが目ウロコなのは

お昼ごはんに使いたい葉っぱ( レタスか? )を4~5枚、育っているソコから

もぎ取ってガラスボールに入れていたこと!

 

育つのを待ち、収穫となれば「 丸ごと切り取り 」のイメージしかなかったので

いままさに成育中のソコから「 ちょっと拝借 」は、ルール違反でないのか?

 

レタスからすれば、育っている最中に「 なにすんねん! 」てな感じ?

 

ま、しかし、パセリやハーブ系の葉っぱは、ちょこっとチギって使うのですから

レタスも一緒か? 一年中ず~っと、何か葉っぱがチギれればいいのに・・・

 

そう、これも菜園の難しさのひとつで、採れるときはガバッと一気に収穫なので

頑張って食べ続けるか、保存食づくりに精を出すか。

 

溶接を覚えなくてはなりませんし、もしかすると漬物も覚えなくてはならないし

なかなか目がまわるゾォ。 しかし、レタスの漬物は無いな。 たぶん。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

15年前に田舎暮らしのこの自宅を選んだ理由は「 めぐりあい 」がすべてですが、

あと付けにはなるものの「 田畑が無かった 」というのも、決め手のひとつ。

 

まったく知識や経験が無く、当時のワタクシたちにとって様々な面から難易度が

高すぎると思いましたから・・・ 現在でもハードルは高いですが・・・( 笑 )

 

2007年12月9日にウェブで売買情報を見つけ、仲介の兵庫県へ問い合わせたのが

12月11日。 12月25日のクリスマスに頭金を支払って、彼女名義での購入を確定

させていることを記録に残しています。

 

さて田畑は無いものの、家庭菜園程度のスペースは十分にあって、過去に何度か

栽培もしているのですが・・・ やはり難しい。

 

すごいほどの手間がかかる訳でもないのですが、マメさが必要というか、日々の

関心が大切というか、家の裏手にあると・・・ やはり難しい。 m(__)m

 

という訳で、引越し後の社屋には、なが~い花壇があり、ボチボチと花や野菜が

植えられ増えているのが、とにかく目立つ位置。

 

ここなら、なんとかなるか? 職員一丸となって!( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

事務所側で交換したあと、軽トラックの荷台に載せて持ち帰っていた、スタッド

レスタイヤを洗います。 いや、その前にホースリールの修理。

 

田舎暮らしの自宅には、20mのリールが2個あるのですが、紫外線のあたる外に

放置していることもあってか、いや、そもそも回転を支える接合部に弱点があり

ソレが製品の寿命とも言えるのですが、2個ともが同時に不調になってしまった

それぞれから無事なパーツを取り出して直します。

 

過去にはソコの部品を取り寄せたこともあるので、冬期の極寒にも晒されるまま

となるホースリールの回転接合部を、プラスチックだけで構成するのは難しい?

 

さて修理かなって、タイヤ&ホイールを台所用スポンジで洗い( 小さいサイズ

でなければ、スポークやナット穴部が洗えない )エアーガンで水滴を飛ばして

エア圧確認&高めに調整して、自作小屋の奥へと。「 また来シーズン 」

 

さて、入口まわりの草引きと、今シーズン初の草刈りを始めますかぁ!

 
 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

休み予定のところ、急きょ用事が入ったので、あわてて出かける用意。

 

田舎暮らしの自宅ではグングン雑草が伸びて、草刈り&草引きをする予定だった

作業着を脱いで着替えます。

 

という訳で、用事2案件を完了させてからの昼食は「 ちょっと奢るかぁ~ 」と、

贅沢ランチ。 昼食には少々お高いですが、パフォーマンスの高さはピカイチ。

 

hanayasu01.jpg

 

食後のコーヒーを楽しませてもらったあとは、クルマで5分ほど移動してからの

デザートタイム ♪

 

rebirth-village01.jpg

 

あたたか~いワッフルに、クールなアイスの組み合わせが口に楽しく、イチゴの

甘い酸味が、初夏の昼下がりにシアワセな時間をプレゼントしてくれます。

 

近場に素敵なお店がいっぱい ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

宣言していた「 自転車生活への移行 」( スポーツタイプのことではなく日常の

生活で使用する自転車( MTBタイプを考えている ))が、なかなか進まない。

 

理由はやはり「 自転車置場が無い 」ということに尽きるので、その設置を急ぎ

進めなければなりませんが、それにともなって服装の変化も必要となる訳で。

 

とくにパンツ( ズボン )は、お尻部分の強度があるモノでなければなりません。

とは言うものの、サイクルパンツ系は普段着とするには抵抗があるので、例えば

アウトドア系のパンツ? ソレに合わせたアウターでモロモロはデイバッグに。

 

そう、自転車生活には、モノが " 背負える " というのも重要ですね。

 

今は普段使いのブリーフケースの中身も、ゼッタイ必要なモノ半分と、そもそも

毎日必要でないモノが残りの半分を占めているので、ソコもスッキリと整理して

デイバッグの中は「 パソコンのみ 」みたいにせねば。

 

うん、まず、最初に取り組まねばならないのは「 整理整頓 」か・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

期限1日前で無事、超重要な書類を提出できたので「 ホッ 」毎度ギリギリです。

 

その最大の理由はワタクシのせいなのですが、それ以外にも月々のルーティンが

増大していて、その他のモロモロをかなり圧迫するようになってきました。

 

その時間短縮のために、アレコレと周辺のシステムを整えたいところなのですが

そのための時間捻出が難しという矛盾ループ。

 

乗り越えねばなりません。自分自身で。

アタマの中にイメージはあるんですけどね。

 

さて、その提出した書類はPDFにしてホームページから閲覧できるようにします。

 

そうホームページももっとツールとして活用したいところで、離れたところから

アップする数字などは、ウェブを通じて集計したいところ。

 

同規模、同業種と比較して、ウチのIT化とそのセキュリティはどの程度なのか

気になりつつ、あえて紙ベースのアレコレも残しているのですが、そのあたりも

どうにかして行かねばならない問題でしょう。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

お風呂に入る前にはいつも、入浴剤をガバッと入れたカゴを、彼女が持ってきて

「 今夜はどこの温泉にする? 」と、ワタクシに選ばせてくれます。

 

カゴの中には、固形だったり、袋入りだったりと、色々な入浴剤が混在していて

「 今日はハードだったので、登別温泉で癒されるかぁ~ 」

 

最近はまったくなのですが、過去にはおかげさまでワタクシ、また彼女もソロで

もしくはワタクシにダマされて、日本各地の温泉、300湯くらいを訪れており

( 全国3000湯くらいある )「 登別ではアンタ、大湯沼川でハダカになって

白濁の川に浸かり、ウレシそうにしとったな 」

 

現在は無くなってしまった温泉もありますし、入浴シーンや、道端ポリバス系の

野湯は、SNSの普及で撮影は難しく、入りにくくなってしまった感もあります。

 

またボチボチと再開したい全国温泉めぐり。 あと、ほんの2700湯です ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

以前の事務所が入っていたビルには、1階に郵便局があったおかげで、郵便物は

重さの確認、切手の購入、そして投函は常にオンタイム ♪

 

と、気づいたのは、郵便局が同じ屋根の下でなくなってからで、便利なときには

そのありがたさを意識してなかったんですよねぇ~ m(__)m

 

ま、自転車距離には、新たな近隣の郵便局があるので、あ! カゴ付き自転車を

以前の場所に忘れたままやん。 カーポート下に置くことは出来ますが、倒れて

車に当たると面倒なので、自転車置場を作らねばなりません。

 

ソレが完成したならば、その梁から頑丈なステンレスS環を吊って、マウンテン

バイクを引っ掛けられるようにしておきたい。すると風雨をしのぐ壁が要るな。

 

う~ん、アルミサイクルポートの既製品を購入してセルフ施工する計画でしたが

アレコレ満たそうと思えば、図面を引いて木組みで作った方がベストかも。

 

すると・・・ また手の遅さが災いして、完成がいつになるのやら・・・

あっ、たしか脱衣室の棚を頼まれていたな。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

この冬の間に、スタッドレスタイヤを装着したのは1台のみで、その車のタイヤ

交換は、外したソレの保管場所問題もあって、田舎暮らしの自宅で行っていたの

ですが、春になりノーマルタイヤに戻したいところ、なかなか乗って帰る機会が

ないままに、時間はドンドン過ぎて4月中旬。

 

あまりの恥ずかしい遅れ具合にたまらず、田舎道専用のつもりの、24年半経過の

軽トラックにタイヤやレンチ、ガレージジャッキ、空いた隙間には薪をいっぱい

載せて、出勤時間帯のなか街へ。

 

遠慮なく使えるボディは年式なりですが( いやそれ以上のヤレ具合でしょうか )

昨秋の電磁ポンプの交換で、アイドリング高めのままのエンジンはとても好調で

なんの不安もなく街へも向かえるのですが、ずいぶん以前からラジオが鳴らなく

なっていて、そこそこ掛かる通勤時間に音楽も情報源も無いのが寂しいかぎり。

 

シートの下で元気よく回る、3気筒エンジンのメカノイズがBGMです。( 笑 )

 

さて、積んでいった薪( 田舎暮らしのウチの在庫の1/10程度 )を薪棚に並べて

( 積み上げるというほどの量でもない )カーポート下を作業場にチャチャっと

タイヤ交換を済ませれば「 なんでもっと早く軽トラを活用しなかったのか 」と

遅きに失したタイヤ交換が恥ずかしい。

 

makidana_20220411.jpg

 

手の遅いワタクシがタイヤ保管棚を作るまでは、外したスタッドレスタイヤは

そのまま、また軽トラックの荷台に。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅の空を行く飛行機の便数は、まだ少ないのですが、いつも通り

同じ飛行機が同じ場所でターンして、目的地へ向かう姿を目撃すればシアワセ。

 

ウチの上空は航路になっているようで、以前のように多くの飛行機が、どこから

どこへ向かっているのか、アプリで確認するのが忙しくなりますように。

 

昨夕方は、レシプロエンジンの音が響いて見上げれば、日本エアコミューターの

ATR42-600、ジウジアーロデザインの客室は乗ってみたい!

 

東の空から来た ITM→TJH( 伊丹空港→但馬空港 )便は必ず、ウチの集落の山を

越えて、ググッと大きくバンクしてライトターン、北へ向かいます。

 

小さくなる飛行機を見送れば、自作小屋から七輪を取り出して、炭に火をいこし

今シーズン初のバーベキュー夕食。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨日のコレを書くにあたって「 宮崎港から霧島温泉までどのくらいの距離か? 」

を確かめるため、ツーリングマップル(九州沖縄)を、天窓下のスペースの壁に

埋め込んだ、小さな本棚から取り出してきたので止まりません。( 笑 )

 

とりあえず古いモノも含めるならば、日本全国をカバーしているのですが、随時

最新版に更新してゆかねばなりません。 m(__)m

 

それぞれの土地に素敵な道、素敵な温泉があるのですが、九州は絶景を楽しめる

快走路も多く、温泉は湯量豊富で個性的。

 

過去にはハイエースに 110cc のスクーターを積んで行っての二人乗りで、別府の

マイナー温泉巡り。 はたまた彼女はソロツーリングで何度も九州を訪れていて

大隅半島から薩摩半島探索。

 

別の機会には、山歩きが苦手なのに、高千穂峰登山の天の逆鉾まで行ってみたり

ワタクシにダマしダマされながらの法華院温泉とか。

 

こうして書いていると、まだまだ浸かったことのない温泉がテンコ盛りの九州は

フェリーで、新幹線で、はたまた自走で、何度でも訪れなければなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ポストインされた広報誌の広告に「 新船就航、神戸~宮崎 」と嬉しいニュース。

神戸三宮フェリーターミナル発なので、三宮駅から歩いて行ける距離!

4月15日、めでたく新船「 フェリーたかちほ 」就航です ♪

( 初就航は宮崎発からなので、神戸発は4/16の夜から )

 

例えば、金曜日の仕事を早めに切り上げた 19:10 に神戸港を出港して、淡路島の

東側を南下、紀伊水道から太平洋に出たことは、船内にいても分かります。

 

高知沖の太平洋を西進して、夜が明ける頃、フェリーはどこにいるでしょうか?

日向灘から宮崎港へ入り、着岸が 8:40 なので降りればスグ、鹿児島方面へでも、

えびの高原、霧島、はたまた新燃荘で温泉三昧。

 

土曜日、日曜日とたっぷり遊んだ 19:10 に宮崎港を発てば、月曜日の 7:30 には、

神戸港に着岸するので、ちょっと朝方の渋滞が心配なものの、阪神高速神戸線で

ジャスト、オンタイム出勤です。( 笑 )

 

というか「 フェリーの旅 」そのものが楽しいので、宮崎周辺を1日だけ遊んで、

到着日の夜便で往復する手もありで、すると機動性を優先したスクーターとか。

 

永井博氏の( A LONG VACATION のレコジャケ等 ) イラストが素敵で魅力的な

宮崎カーフェリー 」のホームページへレッツゴー!

 

乗れるのか? オレ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

おもてに出れば「 ホーホケキョ 」と、ウグイスがさえずり、先週あたりは庭の

斜面にフキノトウ。 土手にはツクシがツンツン伸びて、そろそろワラビ?

 

春の陽射しが降りそそぎ、小川の水面キラメキ、雑草もグングン伸びてそろそろ

草刈りの季節がはじまるでしょうか・・・

 

田舎暮らしの冬は、街中と比較すれば気温も低く、かかる燃料費など厳しい面も

多いのですが、その分、春到来のよろこびが大きい。

 

畑の土が起こされ、もうしばらくすれば、田に水が張られます。

 

水道管の保温を解くなど、ワタクシも春の準備を進めなければならないのですが

なかなか思うように取り組めず、そういえば抱えているオーダーは2年前からの

「 パーゴラの上に屋根を作ってほしい 」「 頼んでおいた、脱衣室の棚は? 」と

容赦ない。( 涙 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

いまは水位が高くなっていますが、ワタクシが小学生の頃、お城北側のお堀には

コンコンと清水が湧いて川底の砂が舞い上がっていました。

 

満開の桜の下を、その頃でさえ朽ちかけた木橋を渡り、土手に登れば内堀側への

近道。 舞い終えたサクラが堀の水面を埋めて行きます。

 

お堀と船場川に挟まれた土道の( 当時はまだ千姫の小径という呼称は無かった )

幼い頃のワタクシがいつも躓いて転倒し、ヒザを擦りむいていた木の根はいまも

そこにあるでしょうか。 サクラのトンネルの中を駆け抜けていました。

 

好古園の西端あたりにはガソリンスタンド、初めてのオートバイ、初めての車の

給油はここで、その向かい側の空き地のサクラは今年も見事に咲き誇っています。

 

そして今春、あまりの見事さに初めて足をとめてスマホを取り出したのは・・・

 

sakura_20220404.jpg

(クリックで大サイズ)

 

通勤途上で毎日気にしている枝ぶりの美しい巨木、約束の時間へギリギリなのに

「 今日しかない! 」とクルマを停めてしまいました。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ワタクシの身近でも「 給湯機が入手できない 」ことに、困難中の方がおられて、

待てど暮らせど、なかなか入荷の目処もたたず、実損まで生じている・・・

 

半導体を中心にありとあらゆるモノの需要と供給、生産と流通が上手く機能せず

世の中オオゴトなのですが、改善される日はくるのでしょうか?

 

それぞれのプロの方に伺えば「 元に戻るのはちょっと難しいな、価格も・・・ 」

と、どこからも先行きの厳しさが伝わってくるので、この状況が当たり前となる

生活への対応力を養っておかねばならないかも知れません。

 

早め早めの手配が必要でしょうし( ワタクシの苦手とするところ・涙 )現状の

モノを少しでも長く維持させる( ワタクシの得意とするところ・笑 )修理力や

工夫が重要になるのかも知れません。

 

消費しきってから、ポチっと簡単に、翌日に手元へ届くのは難しくなるのかもで

その便利さが誰かの犠牲によって作り出されているのならば正常進化なのかも。

 

ワタクシやその家族のシアワセを希求するのならば、所属する会社などの組織や

居住する地区の安心と安定。 地方自治ひいては国家、そして世界が、安心して

暮らせるようにならなければなりません。

 

現在のワタクシに、そのための何が出来るのかの答えは分かりませんが、ひとつ

はっきりしていることは「 無駄に過ごす時間はない 」ということです。

 

春の海を眺めて「 ボー 」と過ごす、こころの充電時間は無駄ぢゃないよ ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

相変わらずSNSのタイムライン上には、明らかにワタクシを狙った広告が流れて

ゆくのですが、みなさんのソレには「 何の広告が流れるのか 」気になるところ。

 

さてワタクシの場合、どこかの国の便利なDIYグッズ、いやプロ用の建築工具や、

その手法が流れるので、思わず見入ってしまうのですが・・・

 

家を建てるための効率の良い工具やその手法など、目からウロコではあるものの

なかなかアバウトな方法で「 よその国の家はこんな風に建っているのか? 」

<m(__)m>

 

反面、金属加工やタイル貼りなど、ワタクシ自身の知識が乏しい分野は、まるで

手品を見ているような気分にもさせてくれるのですが、「 出来るのかオレ? 」

 

フムフム、何かを学ぼうとする際の動画の良さと、静止画の良さに改めて気づき

「 ワタクシにとって、動画はショー的な要素が大きいな 」と。

 

各地ではサクラ満開、その動画や静止画も次々と流れてゆくのですが、手の届く

距離であれば生で見たいところ。 渾身の一枚に誘われ現地に行けば「 アレ? 」

ということもあるのですが、やはりワタクシは「 この一枚 」が好きです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

実際のところ春は霞んで遠景が見えないことも多いのですが、ほどよい外気温に

近場の低山登山を楽しみたい季節でもあります。 ワタクシの場合は、まったく

知識がないことに加え、目にも入れずに通過してしまうのですが、芽吹く草花を

見つけるのも楽しい季節でしょうか。

 

月に2回しか顔を合わさない " いつでも駆けてる彼女 " が「 夫に誘われて週に

2回は高御位山に登っている 」とのことで、なんと健康的な!

 

春霞でなければ、明石海峡大橋がクッキリです♪

 

夫さんは日本海から太平洋まで、日本アルプス単独縦走の経験もある健脚ですが

「 最近は花の写真を撮るのが趣味で、しょっちゅう足を止めるので助かるの♪ 」

と彼女。 ワタクシなど到底足元にも及びませんが、趣味人であることに共感を

覚える彼の遊びに付きあってあげている " いつでも駆けてる彼女 " スゴイぞぉ。

 

意識しているのかどうか、そんな彼に付きあうことで彼女自身も知らずのうちに

アマチュアアスリート並みの運動能力なのですが( 週2回の高御位山ですから )

ソレをつゆほども感じられない雰囲気が素敵。

 

エコバッグ風の手提げから取り出した、ヒビ割れまくったiPadには、彼女が生で

見たオーロラの写真が入っていたりするのが、またスゴイ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

例えば給湯室に「 サイズの合った適切なすき間家具を購入する 」などの方法で

引越しのあと「 片付いていない場所 」というのは徐々に減って来て、いよいよ

「 ワタクシの周囲を残すのみ 」となりつつあります。( 涙 )

 

あっ、あとプリンタやルーターを置いている周辺と。

 

LANケーブル等が多量に入るダンボールは、機器類の設置場所が固定しなければ

片付けられず、ワタクシとしては現在の配線は仮設で、パソコンが停止している

休日を使って、全面的に見直したいところ。

 

ケーブルなどによる、ボトルネックが発生しないようにしなければなりませんし

無線ルーターは Wi-Fi6 に更新したく、すでに購入済み ♪

 

問題はソレをどこに設置するかで、外に置いたテーブルでもパソコンが使いたい

ですから。 その横にはサクラの木が1本欲しいかな・・・

 

それより問題は冒頭に戻ってワタクシ周辺ですが、新旧の書類を混在して収めた

ダンボール箱が2個、ハダカのままの書類の山がいくつか。 それらを整理して

収めねばなりませんが、それ以前にワタクシのアタマの中の整理がつきません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 20050425_hiace.jpg
  • rebirth-village01.jpg
  • hanayasu01.jpg
  • makidana_20220411.jpg
  • yuzu252.jpg
  • sakura_20220404.jpg
  • sakura_20220404.jpg
  • sakura_20220404.jpg
  • sakura_20220404.jpg
  • yuzu251.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 7.8.2