日々散文の最近のブログ記事

 

 

各パーツを添付し、レイアウトイメージと共に送信していた広告版下、第一稿が

完成し、軽くするために、解像度を落とした「 .PDF 」データで返信されたので

確認させていただき、色の変更など校正させていただき第二稿。

 

見直し、見直して、ワタクシの文章内の無駄な文字を省いて決定稿。

 

と、ここまでずっと、画質の悪い「 .PDF 」データだったので、アヤシイなとは

思っていたのですが、入稿したモノを生のデータで送信していただき、確認して

ビックリ、レイアウトの上で微妙に文字を移動させる際、一部パスを置き忘れて

クイッと動かしたものだから、短文のシッポが捻られておかしなことに。

 

これが粗い「 .PDF 」での確認だったので、原稿か画質のせいかの判断がつかず

放置したままの入稿となってしまった次第で・・・ 間に合うのか修正?

 

早い段階で解像度の高いデータを用いた確認が必要でした。 っていうかコレは

クライアント側じゃなく、制作サイドのミスだと思いますが、そういう問題では

なく、双方の眼で気づければいい訳で、その為にも解像度の高いデータが必要。

 

手間を惜しまず「 〇〇ファイル便 」などの、ギガクラスファイルも送信出来る

サービスを利用して、上手くやり取りせねば。

 

やはり「 印刷のイロハ 」みたく、初歩の初歩な勉強をしておきたいなぁ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨日、一旦完成していた看板のアングル材の上部と左右、コの字型にコーキング

処理を施し、庇の無い外部の雨天時、毛管現象で雨が浸入しないようにします。

 

3mm 厚キャスト板を使ったとはいえ、アクリル材は気温差で伸び縮みするので

アングルの中で遊ばせておく必要がありますが、雨水は防ぎたい。

 

表面にかかった雨は伝ってアングルの中へと侵入して下へと抜けますが、出幅に

降った雨が上部のアングルを伝い、アクリルの内側に侵入するのを防ぎます。

 

ootsu_kanban02.jpg

( スマホのオート撮影は何mm? 広角を超えて魚眼気味、ちょっと写真が歪んでるね )

 

正面からの写真、出幅 35mm で、コーキング処理をする余裕を持たせています。

 

アングルの中で上下左右 5mm ずつの隙間を設けていますが、当然に下にトン!

と着地して収まっているので、デザインの塗りは伸ばしておきますが、文字等は

ソレを考慮して配置。

 

アクリルのジョイント部は、同色シートを貼ったアルミフラット板で押さえます。

 

あっ、その「 ご見学をどうぞ 」の内覧会の日程が、4月28日(土)から1週間、

5月4日(金)までと確定し開催させて頂きますので、ぜひお立ち寄りください。

 

もちろん内覧会後も見学いただけますので、ぜひワタクシの看板を見に。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

結構、しっかりとしたサイズの、" 溝 " の向こうに現場があるのが悩みどころで

足場板3枚を含む、工具、材料、アレコレ満載状態のハイエースで到着。 

 

オートバイを載せる目的で購入したクルマには、ここ数年、工具を載せることは

頻繁ですが、バイクも自転車もまったく積んでいません。( 涙 )

・・・リアサイドウィンドウの自作ステッカーが哀しい。

 

さて、落ちればタダでは済まない( 濡れる )溝に足場板2本を渡し、横向きに

1本を置き、ガタつかないように木片を挟んでビスで留めておきます。

 

アルミアングル材の切断については直接、アドバイスもいただいていたのですが

測った寸法ですでに刻んでおいた( 溶けながら・笑 )ので、現場ではディスク

グラインダーと、手ヤスリを使っての微調整。

 

あっ前後しますが、看板内照用の蛍光灯ホルダーの電気工事&LEDの点灯実験は

もちろん済ませ、3mm厚のキャストアクリル板を養生テープで仮固定したあと、

まずは下部アングル材を固定、上部を固定、左右の短辺で " 留め切り " がピタッ

と合うように微調整の繰り返し。

 

出来れば全面的にお任せしたいところですが、表札になる部分の完成イメージを

上手く伝え、図面&指示書にすることが出来ないので、仕方なく自分自身で。

 

ootsu_kanban01.jpg

 

控えめなサイズで、こんな感じに完成しております。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アルミアングルを切断する際には " チップソーが適切だよ " というアドバイスを

いただいていたのですが、セットする相手が無く、刃を用意していなかったので

どうなるのか、高速切断機の砥石の刃で切ってみます。

 

ただ、鉄などを切断するのが主な仕事の高速切断機は、木材用スライド丸ノコの

ような微妙な角度調整は難しく、ボルトで固定する大胆なモノなので、スコヤを

当てながら調整して、なるべく正確な45度を探します。

 

アルミ材を乗せる際には、あて木をして傷付き防止対策も必要です。

 

結果・・・もうズバリ、アドバイス通り。 切断面はスッキリ切られた状態では

なく、" 溶け切れた " 状態で、ヤスリによる仕上げが必要です。

 

なおかつ「 あと1mm! 」というような切断ですと、しっかりとしたメーカーの

プロ用ですが、砥石の刃が逃げるんですね。 「 ウ~ン・・・ 」

 

しかし、練習を重ねると、あとでスコヤを当ててもピッタリ重なる、精度の高い

切断が出来るようになって、高速切断機の使い方のコツが分かってきました。

 

それを " 現場で " となると、なかなかに難しそうですが・・・

火曜日あたりが、現場での看板取付工事となります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

早くしなければと思いながらグズグズ、グズグズ、結果「 今週末までには着手

してもらわんと間に合わんな 」と、一気に原稿を考えて相手方に送信。

 

やれば出来るやんオレ。( 手が遅すぎるってば・笑 )

 

まぁ、アタマの中でクルクル、クルクル、アイデアをまとめるまでがオオゴトで

「 こういったモノにしよう! 」と決まれば、あとは作業ですが、コレが楽しい。

 

ドローソフトを操作している時間は好きですね、13.3インチの小型ノートで。

 

出来れば、21~23インチくらいの( デカ過ぎても疲れる )液晶とハイスペック

パソコンで作業をしたいところですが、みなさんのPCは順次、入れ替えを進めて

いますが、ワタクシのデスクトップは後回しです。@ 事務仕事専用スペック。

 

「 モニターがチラつきだしたな 」と入れ替えても直らず、たぶんグラフィック

ボードが逝きかけている様子に加え、CPUも何世代前のものか・・・

 

さて内照看板は、使用するキャストアクリル板をワタクシが用意したので、看板

デザインの出力をお願いしに、その事務所に持ち込んだのですが、いったいこの

出力機の価格はいくらするのか? と、デカイ、Roland製の溶剤インクジェット

プリンターのカッコイイこと!

 

透過時にワタクシの思い描くモノに近い " 色 " が出るか、試作をしてもらいます。

このあたりの無理をきいてくれるのは、ありがたい。

 

「 マゼンタを何パーセント増やして・・・ 」など、プロの仕事ぶりを見ています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お昼ゴハンに寄せてもらった洋食屋さんに、ブルーに染まる景色の表紙がキレイ

" 日本の絶景 " という雑誌が置いてあり、頼んだ、BとCランチが届くまでの間

彼女と一緒にパラパラパラとページをめくって行きます。

 

「 ここ行ったことある! 」

 

「 ・・・オレ、行ってへんわ 」

 

「 ここは一緒に行ったね♪ 」

 

と、まぁ周りから見れば「 仲のよろしいことで 」的な風景でしょうが、二人に

とっては真剣勝負、どちらが一つでも多くの生絶景を眺めているか。( 笑 )

 

ワタクシがソロツーリングした翌年に「 よかったからアンタも行ってきたら?」

と彼女もソロで向かった北海道、二泊ずつ道央から釧路に抜けて道東へ向かった

ワタクシ、道北から周りはじめた彼女、それぞれ眺めた景色が違います。

 

東北あたりは一緒に見た景色が多く、「 行ったことある! 」「 行ってへんわ 」

「 行ってみたい! 」を繰り返しながら、徐々に西へ向かいます。

 

パラッとページをめくって「 おぉ、姫路城! 」、日々の景色ですが、こうして

フォトフレームに切り取られると超絶景で、毎日の暮らしの中にも素敵な景色が

隠されていることに気付かされます。

 

ここで頼んでいたランチがテーブルに届き、紙上でめぐる絶景の旅、終了。

 

まだまだ見たことのない風景がいっぱいですから、行かねばなりません。

( ランチを食べに来て、姫路城より西の紙上の旅へ・笑 )

 

憧れるのは、「 日々旅にして旅を栖とす。」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

アレコレ種類があるようですが、ウチの職場では「 OKグーグル♪ 」というのを

1台活躍させていて、なかなかに便利なのですが、もっともっと機能を引き出し

プチ未来を楽しまねばなりません。( 笑 )

 

その調理特化型のデイは、歩いて操作しても数歩の小さな職場ですが、それでも

クロームキャストと繋いで「 世界遺産の映像を流して♪ 」と頼めば、キレイな

背景がBGMとは別に流れていますし、「 レシピを映して♪ 」と頼めば、iPadの

中に溜めている画像が、ドーンと大画面テレビに映し出され、パンタグラフ式の

ステーで壁固定しているのを引き出して( これは手動・笑 )調理台へ向けます。

 

動画系の仕掛けやソフトに弱いので、なんでこうなっているのかがイマイチ理解

出来ていませんが・・・ 結果、便利、便利。

 

赤外線リモコン系のデバイスを入手し「 照明を点けて♪ 」とか、空調の操作も

出来ればと思ったのですが、そもそもリモコンがあるのはテレビだけでした。

 

そんなアレコレ話しかけ方を、事前にアタマの中で整理しておけば、音声認識の

レベルはそこそこなのですが、フリートークのように同時進行の認識で、自由に

話しかけることは出来ないので、それはもう少し先の未来か・・・( 笑 )

 

「 OKグーグル、切れた灯油を足してきて♪ 」

 

まだまだ早朝、深夜には石油ファンヒーターの活躍が必要な、田舎暮らしの自宅、

スマートスピーカーはありませんし、そもそもウチは超遅いADSL回線です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと宣伝を・・・

 

縁あって、昨年から工事を進めていた高齢者向け賃貸住宅物件が、本日引き渡し

となって、ワタクシが管理するところとなります。

 

まだ外構など、詰めの工事を残しており、実際に完成するのは、あと1週間ほど

かかる予定ですので、内部の見学が可能になるのは来週末あたりから。

 

ootsu_pers.jpg 

( まだ外回りが完成していないので、建築パースで紹介 )

 

ちょうどゴールデンウィークも挟んだあたりで見学や、必要としていただける方

には入居契約、引っ越しなど進めていただければ幸いです。

 

例えば年齢を重ねたことによるからだの衰え、怪我、病気などによって、従来の

住まいでの暮らしが難しくなられた方やご家族に、ここで暮らすことの安心感や

便利さにメリットを感じていただき、これからの住居として選んでいただけたら

と思うのですが、食費や通院費など、どこで暮らしていてもかかる費用にプラス

賃貸住宅の費用が発生します。

 

現在、すでに賃貸住宅にお住まいであれば、差額( もしかしてマイナス? )で

済みますが、持ち家在住ならば、新たな費用に感じられるでしょうか・・・

 

ただ、早めの入居のメリットも加え初期費用を抑えていますから、もし一定期間

だけの居住となられても、ほぼ実際にかかる費用だけで済むのは助かるところ。

 

入居一時金とかで〇〇〇万円、とかが必要なところもあるので・・・ もちろん

そういったところは高級マンション的で、目指すところは違いますけれど。

 

費用について、詳細を確認してみようと思っていただける方は「 いろどりの家

のクリックか、ワード検索してもらえれば嬉しいです。

 

が、ホームページ内に記載している費用やコンセプトは一緒なのですが、写真は

網干区にある「 いろどりの家 あぼし 」のみとなっていますので、両方を載せた

モノへの更新も必要で・・・

 

と、アレコレ間に合っておりません。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

気温は低めなものの、春の陽射しに木々は芽吹き、雑草は・・・ 育ちます。

 

こんな日は小さな集落を巡ってワラビを探したり、井戸小屋のリフォームを再開

したりと動き回りたいところですが、まずは時間に迫られた、目の前の書類から

取り組まねばならず、仕方なくパソコンの前に居るのはザンネンです。

 

昼前になり彼女が「 お昼ゴハンを天ぷらにするから、タラの芽を採りに行くで 」

と誘ってくれたので、カーポート直結の裏口から出て、軽トラの中に置いている

グローブをはめ、高枝切り器を手にタラの芽収穫。

 

家から10歩程度です。( 笑 )

 

2018taranome01.jpg

 

昨日いただいた、かわいいサイズのタケノコと一緒に天ぷら昼食。

旬のモノをいただいたので、寿命が延びたでしょうか???

 

徒歩3分、ヒミツのワラビ群生地では昨年も自分自身で摘むことはなかったので

「 今年は! 」と思うのですが、この後に続く予定を見れば難しそう・・・

 

集落の中で採れたワラビは、小さな峠の小さい野菜販売所に並んでくれるかな?

大好物です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

個人的には自転車が好きなのですが、実際のところ移動の主たる手段が自動車に

なっていると、なかなか街中の駅前を散策する機会は少ないのですが、SNSや

テレビCMによると、大型電器店がオープンしたそうで嬉しい。

 

ちょっと記憶に曖昧な部分もあるのですが、その駅前周辺も学校区として育った

ワタクシにとっての電器店というと、繁華街の中にあった「 原田電機 」さんと、

「 正電社 」さんと、OSビルに進出してきた「 星電社 」さん。

 

当時のワタクシにとって " SONY " 製品といえば原田電機でしたし、電子パーツ

ならば正電社、トランジスタやコンデンサ等々を買いによく通っていました。

 

それら2店は駅からも遠くはありませんでしたが、イメージは " 繁華街の中 " 。

そして " 駅前 " といえば星電社なのです。( それもビルになる前の )

 

OSビルの1階でレコードをひと通り眺めたあとに、2階へ上がれば星電社で、

電器店というより、電器コーナー程の面積だったと記憶するのですが、ちゃんと

電子パーツコーナーがあり、そのオープン来店記念にもらったドライバーセット

は40年以上が経過して、現在も使っているのは自分自身で驚きます。

 

driverset.jpg

 

かなりババチイのですが、思い出した記念に写真を載せてみよ♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

Xデーは決まっているので、そこから逆算するとアレコレ、目の前に締切が迫り

かなりヤバイ状況なのですが当然( キッパリ )、間に合っておりません。

 

とくに外注する印刷物は、納品までにかかる営業日数が絶対なので、早めに動く

必要があるにもかかわらず、その前段階の版下作成の時間が取れずに焦る焦る。

 

まぁ、自業自得ですけれど。

 

その中には写真が必要な項目もあり、それら数カットは天気と時間に折り合いを

つけて撮影済みなのですが( 時間は太陽の向きのこと )、撮影日が違うと空の

色合いにも差異が生じて、ペイントソフトで近似値には出来るものの、なるべく

ならば自然のままで使いたい。

 

同日、同時刻に逆光で撮った写真の、被写体の露光を触るほうが自然か・・・

しかし、手前に落ちる影がジャマなので、そこにフォントを重ねるか・・・

 

試作を繰り返して、納得のゆく結果を探し求めるのですが、空の色を優先させる

となると、やはり「 逆光でもシャッターを押しておいてよかった 」となるので

デジタルな時代、どんな条件でも一応 " 撮っておく " と言うのは相当重要です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

先週の金曜日、外していた便器の取り付けなど、急ぎの必須作業後に、少しだけ

時間に余裕が出来たので、気になっていた「 草引きをしよう 」と駐車場。

 

その最中、アスファルトの上でカタンと倒した場所に運が無く、たぶん小石でも

あったのか、拾い上げたスマホの画面にピキピキッと、クモの巣状のヒビ割れ!

 

「 ヒェ~、まだ比較的新しいのにぃ~ 」 ガックリしながら草引きを終わらせ

そろっと液晶保護フィルムをめくってみれば・・・ 「 ラッキー! 」

 

" 保護 " の効果あって、本体液晶表面は無事だったのですが、従来のビニル質の

フィルムから、最近のソレはガラス質に変わっているので、ちょっとした衝撃で

一気にヒビが走るので、見た目にビビリます。

 

とは言うものの、機種変更時にショップで貼ってもらった際「 ガラスフィルム

高いなぁ~ 」との思いだったのですが、今回はネットで探してみると、たぶん

同等品が半額以下で「 ま、コレでいいか 」( ちゃんと守ってね♪ )

 

で、しばらくは " ヒビ入りスマホ " を使っていたのですが、届いて、貼り替え、

「 お、なんか本体も新品になった気分♪ 」という訳で、パンパンになっていた

SDカードも入れ替え「 もっとアレコレ機能を引き出し、活用させねば 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

遠回りでたどり着いたお蕎麦屋さんは、外で待っている方もいる盛況ぶりですが

回転の早いお店なので、さして待つことも無く店内へ。 時折「 ガッツリ 」と

そばが食べたくなったらここですね。( 笑 )

 

で、その店内に張ってあった地方紙で知ったのですが、来月近隣に小さな温泉が

オープンするそうで・・・

 

ここは以前に、何度か訪ねさせてもらっていたのですが、その近くに大きな温泉

施設が出来て以来、温泉としての営業を止めておられたので再開は嬉しいです。

 

まだ来月のことですが、前まで行ってみましょう。

 

kuwatanionsen01.jpg

 

以前のプレハブ小屋とは違い、素敵な建物が完成しています。 手前の背の低い

小屋はたぶん、" 塩の井 " と書かれていた、湧出場所ではないでしょうか。

 

kuwatanionsen02.jpg

 

玄関前まで寄ってみると、隷書体の泉名の下に「 きすみのの郷 」と併記あり。

 

kuwatanionsen03.jpg

 

ん? この石碑には見覚えがあるゾ。 と古いアルバムを繰れば・・・

 

kuwatanionsen04.jpg

 

18年前のフォルダの中から発見。 背景にはハイラックスが写って懐かしい。

右サイドバーからたどってみれば、当時の記事も発見されたり・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

徒歩でもクルマでもバイクでも、猫道が好きなことは、ここでも何度か取り上げ

延々と1km以上のバックなど、痛い目に遭ったことこと数知れず。

 

「 この道は抜けられるのだろうか? 」と見つければ、確かめずにいられません。

 

北へも( トンネル開通で快適に )東へも、急峻な峠を越えれば、文化も環境も

ガラっと違う( 北へはナンバープレートも )市町村へ抜けられるのも魅力的な

田舎暮らしのココですが、昼食に旨いソバを! と本日は東へ峠を越して、信号

少ないのどかな道を行けば、ちょっと右手にそれ、大きな高齢者施設横の山道が

確か抜けられたゾ、とオフロードバイクで通過したことがあるのは15年前。

 

記憶ではほんの100mほど、1~2分だったとの思いでフツーの乗用車で入って

行けば、なんのなんの両側から伸びる草木がボディぎりぎりで、助手席の彼女は

当然にあきれ、「 ・・・またビョーキが始まったわ 」

 

あっもちろんナビにも、こんな道は表示されません。( 笑 )

 

荒れた道をクネクネと、低い山を越えるその分水嶺になかなか到達しません。

「 あれ~? バイクで越えたときは、ほんの一瞬の道だったけどなぁ~ 」

 

やっと頂上を越え、南側眼下に明るく広がる台地の町を眺めながら、道幅も広く

なった山道を下り始めると・・・

 

2018sakura02.jpg

 

「 おっ、山の中の一本サクラ! 」

 

遠回りどころではない、超!寄り道ですが、抜けた満足感は何物にも代えがたく

急に取れた春の休日に、思いがけないご褒美。 ナビの画面を切ってクネクネと

東へ、南へ、なるべく走ったことが無さそうな道を選んで進みます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ニュースに新聞、身近な情報はSNS等から各名所のサクラ満開の知らせとともに

その写真を拝見して、どれもどこも素晴らしいこと!

 

知る人のみな隠れ一本桜の見事さも、この週末はすごい人出を心配する有名処の

圧巻桜並木も。 もちろん先日来の手柄山も。

 

田舎暮らしの集落から出行く小さな峠の桜や、そのあとで続く川沿いの桜並木は

あと2日といったところでしょうか、街中とは気温差分のずれがあります。

 

一昨日、気温がグイグイ上がって行く気配に、出勤途中は8分咲だったサクラが

「 これは午後には満開だな 」と、昼食後に出かけたのが正解で、まだ人出なく

貸し切り状態で楽しめた、職場ご近所のサクラトンネル。

 

そこを横から見るとこんな感じで、ちょっと画質を落としてご紹介。

 

2018sakura.jpg

 

みなさん元気でうれしいです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

小さなホームセンターに寄ったついでに、2階の家具売り場を覗いてみます。

 

事務所内に置く長イスというか、ソファーというか、目的に合致した使い勝手の

モノを探すのですが、まぁ大抵は " 帯に短し襷に長し " 。( 価格的にも・笑 )

 

ネット上で探すことも出来るのですが、" 質感 " が分からないんですよねぇ~

 

すると、自宅用に探し求めていたイメージに合う、イイ感じのL字型の長イスが

見つかって( 結構、お高い )彼女「 ちょっとコレ、前向きに考えへん? 」

 

「 座面の奥行きが、あと5cmあったらベストなんやけど・・・ 作るで♪ 」

 

「 そんなん待ってたら、一生イスの生活に出来へんわ 」

 

という訳で現在、3×6尺サイズの座卓に向かって並んで座るスタイルで、床の

生活をしており、それを長イスでの生活へ移行させることを熱望している彼女は

ことあるごとに " イス " を探すのですが、もちろんこれも " 帯に短し襷に長し "

で見つからず、だから「 ワタクシが作る! 」と宣言しているのですが・・・

 

「 百歩譲って、テーブルは作らせてあげるから、イスはコレを購入する方向で 」

 

「 ・・・いや、ワタクシが 」

 

セルフリフォームした田舎暮らしの自宅では、ベッドも自作なのですからココは

譲る訳には行かず、やはり " イス " も自作するべく、まずは座面クッション材の

作り方を学ぶところからです。

 

あっ、事務所用の長イスは、使い勝手の良いモノ見つけて購入します。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

サクラ満開のニュースが次々に飛び込んできますが、田舎暮らしの地元通勤路の

川沿いの桜並木はやっと、つぼみが分かる程度、週末か、来週か・・・

 

仕事で通う姫路城周辺も全国的に有名な桜の名所で、人出で賑わい始めましたが

満開にはまだ遠く感じるところ、しかし晴天が続く予報ですので、一気に開いて

週末に満開を迎えるでしょう。

 

「 そのお城に育てられた 」のセリフも過言ではないほどに、ワタクシはそこを

遊び場に、現在の好古園の中で育ったのですが、この季節を迎えて思い出すのは

" 桜 " ではなく、人出の多さです。

 

当時、目の前の道路の両脇が路駐天国でしたので、観光シーズンになれば他府県

ナンバーで埋まり、中学生のスーパーカーブームを知った眼で見ると、ポルシェ

なども路駐していましたね。( 笑 )昔のボート乗り場周辺のこと。

 

現在の大手門駐車場は市民グランドがおもで、その脇を使った小さな駐車場しか

ありませんでしたから。

 

堀と川に挟まれた遊歩道をお城まで、現在の事務所から歩いて向かえば、そこは

サクラトンネルを抜けることが出来る、幼いワタクシが駆け抜けた道です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

現場には行けませんでしたが、先々週に書かせていただいた手柄山回転展望台

昨日で約半世紀の歴史に幕を下ろし、その営業を終えたのでしょう。

 

寂しくもありますが、近隣のJR山陽本線には、新しい駅が出来る話題もあって

手柄山がいま以上便利になって、より賑わい、楽しく、素敵な場所へと変化する

ことを期待します。( だから特化だって!・笑 )

 

ワタクシ、その辺りでよく見かける " スーパーはくと HOT7000系 " のすれ違い

など、もしかすると貴重なシャッターチャンスじゃなかろうか・・・ と。

 

はたまた昨年末、3日間に渡って連載の " 三江線沿線の思い出 " シリーズ( 笑 )

の、その三江線もあと6日、4月1日で廃線となります。

 

と書くほど、鉄道に関する知識がある訳でなく、それらを被写体に写真を撮りに

行くこともないのですが、1987年のことだったか、彼女と枕木の上をガタガタ

自転車を押しながら、廃線なった飾磨線の鉄路の上を二人、港まで歩いてみたり

1991年、最後の片上鉄道、キハ312に乗っていたり・・・

 

それらのハナシは次回に譲るとして昨日、一年間に渡って務めさせていただいた

田舎暮らしの集落の代表役も無事?に引き継ぎ、交代をさせてもらいました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

なぜ、ワタクシのデスクの上に " ノギス " が置いてあるのかが、思い出せない。

 

現われてからすでに数か月、なにか測定器的なモノをネット経由で購入する際に

送料無料までの値段を合わせるために注文したのかも知れないと、購入の履歴を

確認してみたけれど記録ナシ。

 

すると、ホームセンターで " 測るために " 買ったと思われるのですが、何を?

ここまでのところ、意味あるモノを測った覚えがありません。

 

しかし、それ以上に驚いたのが、最近のムスメたちは「 ノギス 」という名前を

知らず、「 これはノギスと言い、こうして使うものだ 」と繰り返し説明しても

覚えられず「 え~と、なんて言う名前でしたっけ? 」と尋ねてくる始末。

 

ツベルクリン反応を知らんのか? 若い世代は??

 

と書くにあたって、改めて確認すべく調べれば、ワタクシ自身もツベルクリンの

意味は正解だったものの、BCG接種を間違って覚えていたようで、あの上腕部の

キュウリのような痕は、撲滅した天然痘の予防接種痕だと思い込んでいました。

 

すると、肩から離れて痕が残りにくくなったとはいえ、若い世代もBCGの接種は

しているということか??? 予防注射にも世代間格差を明確に感じます。

 

え~と " ノギス " 。

 

この度、シリンダープッシュ錠の取り付けにあたり、何パイの下穴を開けるのか

その本体直径を測るのに活躍しそうですが、当初にそんな目的は無かったしなぁ。

 

・・・なんで購入してたんだろう?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

先日の日曜日に川西~新神戸間、グーグルマップで探すと、ほんのチョロっとの

区間が開通した " 新名神高速道路 " ですが、とは言うものの、その間には宝塚北

スマートICに併設、上り下り共同利用、プラス、一般道からも入ることが出来る

いま話題の " 宝塚北サービスエリア " が魅力的♪

 

情報番組等でも取り上げられ紹介されていますが、すると益々寄ってみたくなり

「 なんとか利用する用事を作られないものか・・・ 」( 笑 )

 

とくに田舎暮らし中の自宅からは、信号無しで5分もあれば自動車道の上にいて

中国自動車道へ連結がスムーズなので、すると東へ向かう場合、宝塚トンネルを

抜けて一旦、吹田JCTを通過する必要が無くなり、これは超便利!

 

内部公開が始まった " 太陽の塔 " を、車窓から見られないのは残念ですが・・・

 

愛知より東へ行くなら、平成35年予定の全線開通で、時間が短縮されそうですが

現在なら、京都、琵琶湖方面への用事に使えばメリット大で、舞妓さんに会いに

行くか、鮒ずし食べるか・・・( もちろん、どちらも未経験 )

 

新設 " 宝塚北サービスエリア " で楽しみ過ぎ、食べ過ぎないよう気をつけねば。

( " 新名神高速道路 " から、JCT、IC詳細図を確認すれば・・・周回出来そう )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

何か落とし穴があるのか謎なのですが「 トナーをウチから購入して頂くだけで、

本体は無料で設置させてもらいます 」って詳しく聞いても、月に何本か購入の

ノルマがある訳でもなし、日々相当な枚数を出力してくれる事務所でもない限り

どこに儲けがあるのか・・・

 

小さな事務所ですが、プリンタや複合機や合計4台を、それぞれの目的専用機と

して使い分けている、そのFAX機の調子が悪いので、お願いしてしまいました。

 

トナーはどのくらいの頻度で交換になるかなぁ・・・ 便利な世の中です。

 

ワタクシの夢は、精度高いA3カラーレーザーの設置ですが、叶っていません。

 

その一歩手前として、精度の高さで購入したA4のソレは、各トナーそれぞれに

ドラムが付属して、つまりドラム使い捨てなのが、ワタクシの目的に合っており

トナー1本あたりは高価なのですが( CMYK の1セットで本体代・笑 )現在も

汚れがまったく無い出力が出来ていてシアワセ。 もちろん、純正一択です。

 

あっ、上記のセールス品は互換トナーということで( 互換とか再生品の販売に、

問題は生じないのか? というか独占の方がダメなの? )自社詰めかどうか仕入

価格は相当に抑えてあるのでしょう。

 

どの程度か、FAX&コピー機となりますが、ワタクシが人柱となってみます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょうど陸上競技場を見下ろす位置にあり、クルっとリーゼントを決めたような

屋根の建物は何の施設だったのか思い出せません。

 

その裏手の芝生の斜面を、地元の子たちと一緒になってダンボールを敷き、日が

暮れるまで滑って、体操ズボンを緑色にして母に叱られた遠い記憶。

 

ゴーカート場はすでに、真新しい市民プールへと変わっていたでしょうか・・・

 

造波プール、流れるプール、段付きの長いウォータースライダーが当時、斬新で

未来の食べ物、ワタクシのカップヌードルデビューがそこでした。

 

ということはすでに、水族館の上にあった、競技用の飛び込み台も備えた、古い

市民プールには砂が張られて、その役目を終えていたのでしょう。

 

ローラースケート場は現役だったかなぁ・・・ モノレール待避線にポイントが

あり、大きくレールが動く仕掛けがあったけれど、アレは何のためだったのか。

 

現在の県立武道館は厚生会館で、プロレス興行が回ってきており、温室植物園の

小山とを結ぶゴンドラは、すでにそのワイヤーも無かったハズです。

 

落雷発生器とテレビ電話があった科学館に図書館、野球場裏にユースホステル。

 

tegara02.jpg

( 画像クリックで原寸大写真・約7MBのDL完了後に汎用液晶画面程のサイズ )

 

30年以上も昔でしょうか、彼女とも一緒に立ち寄らせていただいた記憶が残る

この印象的で魅力あふれる建物は、モニュメントとして残して頂けるようですが

来週末に最終営業日を迎え、今月またひとつ、当時の記憶が消えて行きます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

これまた恒例、大きなホールに入りきれない人数を対象とした昨日の説明会への

参加はマジ満席、通路にまで人が溢れています。

 

閉所恐怖症のワタクシは、こういった " 何かあったらどうしようもない " という

満席状態にもキョーフを感じますね。

 

満員電車が線路上で、いつ動くかも知れず停まれば、かなりアブナイです。

 

延々と壇上から説明が続く3時間少々座りっぱなしも、なかなか疲れるのですが

( 説明されている方は、分野ごとに交代 )さすがに年度区切りで大きな変化を

迎えていることもあって、睡魔に襲われないのが不思議なくらいです。( 笑 )

 

終わればあっという間でしたが、これだけの人数が集まれば当然に、大駐車場も

オオゴトになって出るだけで時間のかかる状態ですが、そこは天気にも助けられ

自転車で向かっていたのでヘーワ、ヘーワ。

 

川沿いにペダルを漕げば、まだモノレールの橋脚が一部残る場所があり懐かしく

コレに乗って手柄山まで行って、先ほどまでの文化センターの上あたりにあった

旧、市民プールで過ごした夏の記憶。

 

あと10日ほどで、半世紀に渡って活躍した手柄山回転展望台が営業を終えます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

この時期、会場に指定されている道路向いのビルもソコも、駐車待ちのクルマで

大渋滞するので、税務署までの用事は自転車で済ませるとシアワセ。

 

若干、距離のあるソコまで自転車を漕ぐと、薄っすらと汗ばんでくるのも例年の

ことで、この行事にも春の到来を感じます。

 

帰路には外川産業跡( 過去文参照・旧々々旧々 )で掘り出し物がないか

カゴの中を見させてもらうのですが( クルマで通過すると、立ち寄りが難しい )

タケノコ掘り用の鉄部分のなが~いクワが、3,000円で魅力的。

 

田舎暮らしのウチの敷地には、食用のタケノコは生えないので、ソレ用のクワを

買うかどうか、後ろ髪を引かれながらペダルを踏みこみます。 また行くかも。

 

ついでに街中の銀行での用事も済ませ、昼間の繁華街を抜けて事務所まで戻れば

ん?ん?ん? メガネのレンズが汚れているのは花粉か?

 

薄い中性洗剤を使ってやさしく洗い、ティシュで水分を吸い取ります。 

 

もちろんメガネは毎朝洗うのですが、ホコリや汚れが付着すれば、適時洗浄して

けしてレンズを拭くという作業はしないので、いまのところ、購入直後に極小な

傷を着けてしまい、片側のレンズを交換した以外、無傷での数年。

 

それまで、ほぼ毎年ペースで掛け替えていたのですが、現在のコレの掛け心地が

良すぎて、なかなか次のモデルに手が出ません。 掛け心地が進化しているとの

ニュースを見てチャレンジしてみたい気持ちはあるのですが・・・

 

( 昨年購入したモノは、コッチが良すぎてお蔵入り・笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 まだ時間はあるな 」と思っていたのですが、気づくと秒読みに状態になって

いてビックリ! とにかく片っ端から書類を完結させて行かねばなりませんので

朝一番からパソコン相手に格闘しているのですが、こんな時に限って各種用事で

鳴る、鳴る、電話。

 

おまけに、自宅モノクロレーザープリンタの調子が悪く、出力に黒いスジが入る。

比較的最近トナーを買い替えたところなので、なんとかならんのかと思いますが

振り返ればなんと! 約20年落ちになっており、ドラムを買うより本体交換か。

 

メゲずに書類作業を進めますが、とてもゴールが見える量ではありません。

 

あっそうだ! 先日の雨の際に2階大屋根の雨どいの端から、ビシャビシャ雨が

落ちていたので、該当箇所を修理しておかねばなりません。

 

雨どいは常に気にして、不具合があれば早めの手当を施さねば、家本体を傷める

大きな原因となりますので、古い家での雨の日の点検は欠かせません。

 

せっかく屋根に上がるのですから、ナイロン袋を手にすべての雨どいを覗き込み

ゴミを拾って行きます。 結構ありますね。 大きな落葉樹が家の近くにあれば

要注意です。

 

地面より、ほんの数メートル高いだけで「 景色がいいゾォ~ 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 ちょっと銀行まで 」程度の用でクルマに乗れば、前運転者のチューニングは

まず間違いなく、神戸発音楽中心のFM局に合わされていて、わずかな時間でも

何かしら情報が欲しいと求めるワタクシは、身近な話題を教えてくれる地元発の

FM局に合わせたり、AM局を探ってみたり。

 

降車する際には、次運転者に「 オジサンが乗っていたな 」と思われないように

音楽メイン局に戻しておく動作が哀しい。

 

ワタクシたち世代とラジオのかかわりと言えば、ラジカセで聴く深夜ラジオから

でしょうか、ヤンリク派とヤンタン派があり、オールナイトニッポンの鶴光師匠

とか、よくまぁ明け方まで聴いて、翌日も元気だったこと。( 笑 )

 

FM雑誌を購入して番組表を繰り、エアチェックにも余念がなかったです。

 

ラジカセで録った、冒頭にRECボタンとPLAYボタンを同時に押込む音が入って

始まる、荒井由実の " あの日にかえりたい " が記憶に残ります。

 

リンクをダイレクトに貼るのも、どうかなとは思うのですが、ちょっと懐かしい

ところを一緒に聴いてみましょうか。

 

現在のワタクシと同じ歳、早すぎる他界にご冥福をお祈り申し上げます。

ABC派だったあなたに・・・

 

最近、夕方はここに合わさせてもらうと、ニュース&情報系で安心します。

潮風の香りとともに・・・

 

両耳に挿し込むイヤフォン時代に入り、ジョギングをしながら聞きました。

今日と明日が出会うとき・・・( まさにその当時の音源、聴いた覚えが )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

早めの帰宅でいつもの通り、ころんでお腹を見せる飼い猫を撫でながらテレビの

スイッチを入れれば「 おぉ、ここ行ったところやん! 」と、福島県いわき市の

" フラガール " が紹介されています。

 

そう温泉好きのワタクシは、東日本大震災の翌年、「 今回、巡るならば福島県 」

と、クルマの移動で首都高を抜けて、以前から行ってみたかった " スパリゾート

ハワイアンズ "( 旧名・常磐ハワイアンセンター )に向かったのです。

 

その際のパネル展示紹介で、映画「 フラガール 」のモデルになった彼女たちが

震災後に自身の大変さを置いて、46年ぶりに行った全国キャラバン活動を知り、

ちょっとウルウルのフラダンスショー見学。

 

その時の話などが、フラガール方々とともにテレビで紹介されています。

 

いわき湯本、ハワイアンズ、熱塩、高湯、新野地、東山と福島県、帰路に栃木県

の温泉を巡らせていただき、まだまだ福島県の素敵な温泉に行かねばなりません。

 

番組が終了してチャンネルを回してみれば、兵庫県浜坂町にダーツの矢が刺さり

「 おぉ、ここ行ったところやん! 」と、温泉と " かにソムリエの宿 澄風荘 "

が紹介されて、スタジオにまで来られてるし。( 自慢・笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

微妙に違うけれど、ほぼ同じモノが並んでいると、ヒトはその決定に迷うことが

多いので、明確に個性を分けて背中を押させていただきます。

 

という訳で、全25室すべての部屋において、床長尺シート、もちろんクロスも

模様を変えて個性を演出して行きます・・・

 

と書けばスマートですが、実際のところ、それだけの数の部屋、部屋をイメージ

しながら決定させて行くのはかなりオオゴトで、途中で思考が切れると、どんな

模様を選んだのか分からなくなってしまうので、一気に進める必要があります。

 

外界のアレコレから遮断されるために建設会社の事務所の一角を借りて、大量の

サンプルカタログを並べて、次々と確定させて行きます。

 

約3年前の前回は、職員全員にも選んでもらったのですが、おかげさまで人数も

増えてみなさん忙しく、今回は不肖ワタクシが選定の代表として。( 笑 )

 

コーヒーを出していただき、煎茶がきて、アイスティーが・・・

 

約3時間半の格闘を終え、整理して図面に記載し( これだけでも時間がかかる )

なんとか当日が締切の作業を完了させれば、「 あと、防火防炎カーテンも選んで

いただく必要があるんですけれど 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

家でもクルマでも、ひとりでいる際は、お気に入りのアイドルユニットの録画や

DVDを流している彼女ですが( ジャニーズとはいえ、すでに皆ええオヤジやん )

ワタクシといえば、とにかくニュース、情報系の番組を探してザッピング。

 

つまり、午後9時とかに帰宅をすれば、もう明快にチャンネルは決まるのですが

中途半端な時間だと、どこの局もソレ系が見当たらず・・・ おっ!サンテレビ

で、なにやら聞き慣れない、ニュースっぽいタイトルの番組が。

 

チャンネルを合わせてみます。

 

すると! いきなり! お城周辺からマラソン等々、地元の商店街で活躍されて

その情報発信サイトは、ワタクシはじめ多くの方々の興味を満たし、世話になり

なんと月間50万ビュー! の「 姫路の種 」さんの特集やん。

 

ワタクシが発信している、みなさんの生活にはほぼ役に立たないココとは違って

フェイスブック版との両方を購読しておけば、姫路のことは「 何でもわかる!」

というスグレモノサイト。 いやはや、すごい取材力です。

 

知らないことだらけ、暮らしの拠点である田舎暮らしのココや、知っていること

だらけと思っていても、知らないこといっぱいの " ひめじとその周辺 " について

各種情報を提供されているサイトや、SNSのアドレスをお待ちしています!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

長きに渡りお会いしていない、例えば同級生諸氏も、最近ではSNSなどの普及で

フツーに日常のご活躍を拝見していたりするので、" 会えていない感 " を忘れて

しまうのですが、テレビニュースにバーンと映って、インタビューなど流れると

やはりインパクト大。

 

" YouTube " をはじめネットの動画配信は、それこそワタクシでも簡単に出来て

しまいますが、ことテレビ、それも地方ローカル局ではないとなれば、なかなか

出演の機会もありません。

 

そういえばワタクシ、テレビに出損ねたこと2回。( 過去文を検索してね・笑 )

 

さて一昨日、割烹着にビニルのつま先カバーがついた婦人下駄、ナイロンの唐籠

を下げた母に連れられた幼いワタクシが、地階の食料品売り場へ買い物について

行っていた、地元老舗百貨店が、その111年の歴史に幕を下ろしました。

 

その最終日のニュース映像、インタビューなどが流れる中でバーンと同級生が!

 

どこのエライさんかな? と感じる落ち着いた受け答えに、他所からの見た目は

同様でしょうが、自分自身では「 ここまで大人かなぁ~ 」とギモンを感じます。

 

NHKの地方ニュースにアップで映り、大人な対応をしていた彼、男前でしたゼ!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨夏には大雨で甚大な被害が出たので、" 雨 " も怖いのですが、昨日深夜頃から

吹き荒れる強い " 風 " は、布団の中で聞いていても、ただただ不安。

 

アレは飛んでいないか、コレは大丈夫か・・・

 

こういった際はマンションみたいな住居のほうが、露出された部分が少ないので

安心でしょうか? 築50年前後の田舎暮らしの中古民家は、全面的リフォーム&

リノベーションで大幅な補強追加をしているので、さすがに " 揺れ " ( 笑 )は

ありませんが、屋根瓦など不安が残る部分も多くて・・・

 

先日までの冬季オリンピックも、風が吹いて競技が停滞するように、高いレベル

はもちろん、趣味でさえ、割り切れば " 雨 " は楽しめるものの、強い " 風 " は、

何も出来なくなってしまいます。

 

とくに、山と山に挟まれた谷筋になるここは、" 風の谷 " と呼びたくなるような

地形の影響で、吹く風が増幅されるようです。

 

この強風が " 春一番 " となるのでしょうか・・・

 

ひと雨ごとに春が近づき、風が暖かさを運んできます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨日のモノとは別の書類を提出に市役所にやって来ました。 以前はそう頻繁に

訪れる場所ではなかったのですが、ここ5年ほどは勝手知ったる我が家のよう。

 

窓口に知り合いがいる課もあったりするのですが、机の位置がだんだん奥の方へ

移動して、かなりの責任者さんみたいなポジションになっているのは、こちらも

嬉しくなって、元気そうな姿を遠目に応援させていただきます。

 

本日のワタクシは、まったく別のフロアに用事があるのですが、エレベーターを

降りた窓際からは、眼下に街並みが広がって、やはり高い所からの眺めは最高!

 

郊外に点在する小高い山に登り、そこから日々を過ごす街並みの風景を「 あれが

ウチの事務所が入ってるビルかぁ~ 」などと言いながら、いつもと違った視点で

眺めるのが好きです。

 

おぉ、そういえば手柄山回転展望台 " 手柄ポート " で珈琲と景色を楽しめるのが

たしか来月25日まで。 14分間の夢のような時間をあなたもトゾ。

 

市役所での用事が済み1階に戻ってきたらちょうど正午前「 いまなら間に合う 」

と地階の食堂へ向かい、本日の定食を・・・

 

「 相変わらず難しいわぁ~ 」の詳細は、また次回。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

丸ゴシックフォントの12ptを使い、少々難しめの文章をやさしく短く訳しながら

新たに組み立てて行くのですが、まわりくどい文章にも意味があるのか? など

自身の解釈も加えながらなので、時間がかかる、かかる。

 

で、打ち込んだ文章を読み返してみれば「 もっとシンプルに出来るゾ 」と。

 

改めて " 句読点 " の使い方や、" てにをは " が適切か、悩みながら他所の文章に

目を通させていただけば「 ここに読点を打つのか?」と、短く区切ってあったり

「 ここで打たなければ、どこでブレスするんだ?」と、疑問を感じたり。

 

いやはや、読点多め、行の文末にソレが来れば省いてみたり、「」の際の句点は

一切無視、我流の読みやすさを求め、キチンとルールを守れていないワタクシが

言うか、ではありますが・・・

 

行頭の一字下げも、比較的短い行数で改行代わりの空行を入れるので、見た目に

ガチャガチャすると感じて、用いていません。

 

キチンと調べられていないだけかも知れませんが、ウェブに横書きで記す場合の

" 日本語の書き方 " みたいな、明確なルールがあるのかな?

 

ワタクシがルールを作りましょうか( 笑 )、意識しているのは、もうコレ一つ。

 

書いた文章を目で追い、声を出して読んでみて、読みやすいか、読みにくいか。

そして、ブレスのタイミングよろしく、心地よいリズム感かどうか。

 

えっ! もしかして、日本語から学び直さねばならない?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 いつもの店 」が落ち着くのは多くの男性陣と同じく、日々ルーティンの中で

新しい昼食処にチャレンジする精神は小さめなワタクシです。

 

が、「 これではイカン 」と、SNSやミニコミ紙などで立ち寄れそうな店を発見

すれば、その情報をスマホにでも残しておけばいいものを、後日その周辺道路を

通りかかった際に、あの思いはいったい「 どこのなんて言うお店だったのか?」

うろ覚え過ぎて、検索のしようもありません。

 

ラーメン屋さんだったか、カフェランチだったか、リッチ系だったか、それさえ

思い出せず唯一、場所も覚えた太子町の、とある話題のお店は、機会がある度に

その前まで行ってみるのですが、かれこれもう4回目の定休日の来店。

 

「 定休日もメモしておけよ! 」ってな繰り返しです。

 

反面、事務所の近くにある超人気の、お昼はいつも行列、土曜日などは、他府県

ナンバーで渋滞するその店は、前を通りかかった際に「 おっ、席が空いてるな 」

のノリで立ち寄ることが出来るので、羨ましいでしょ?( 笑 )

 

超人気の裏付け通り、美味しいです。

 

先日は、ワタクシの舌的には「 今回、ちょっと素材の粉を変更したのか? 」と

感じたのですが、自信が無いので言えず仕舞い。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ワタクシの人生の中で、いまだ " ソファー " というものは、購入したことが無い

のですが、先月、神戸へ出かけた際に覗いた大量展示の家具屋さんで、百万円を

超えるようなソファーの数々を拝見することになって、いやはや眼の肥やし。

 

まぁ、そこまでは背伸びせずとも、ホームセンターの家具コーナーに置いてある

ニーキューパ!クラスの小型な個人用ソファーでも一度購入して使用してみたい

のですが、それはつまり床高の生活から、椅子高の生活に移行したいから。

 

水?を抜いてもらって調子が良くなったと感じているヒザですが、着座状態から

立ち上がる際など、いまだ「 いたたたたぁ~ 」と声が出てしまいます。

 

しかしソファー、それはそれで猫を飼っているので「 ウチのは賢いねぇ~ 」と、

ネコバカぶりを発揮していても、梱包を解いた途端、そのソファーが気に入って

そこでツメを研ぐ可能性が無いともいえません。

 

想像すると哀しくてソファーが買えない。( 笑 )

 

おかげさまで、壁や柱でツメを研ぐことは無く、もうソレ用に敷いているタイル

カーペットか、ダンボール製の爪とぎ器だけなのですが、猫の気分は変わるかも

知れませんし・・・

 

と言ったところで、紙面が無くなってきたので、じつは、ワタクシが初めて選び

購入したソファーが、ウチではない場所にド~ンと届いたハナシは、また次回。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

マイナス4度や、5度は当たり前、今冬はマイナス8度を二度も( ワタクシ調べ )

確認するという、例年になく寒さ厳しい冬になったような気がします。

 

しかし、積雪は4~5cm程度が一度だけ、まだ油断は出来ませんがスタッドレス

タイヤの活躍はその日きりとなって、良かったような、もう少しは活躍しないと

もったいないような・・・( 笑 )

 

昨冬は30cmほどだったでしょうか、雪国のような積雪にビックリ!しました。

( 参考資料・2017年1月16日(月)早朝の小さな峠「 雪道を行く 」 )

 

そんな厳しかった冬も、いつの間にか陽射しには春の気配があふれ、庭の斜面に

ふきのとうを探しているのですが、また今シーズンも闘いが始まるのかと思うと

草木の芽吹きがコワくもあります。

 

元気に動き回れなければ、なかなかに生活の維持自体が難しい田舎暮らしです。

 

飼い猫の " ゆず " がワタクシの布団に潜り込み、背中合わせで一緒に寝る回数も

例年より多くウレシかったのですが、すでに今朝など、互いの暑さにワタクシは

寝られなくなるわ、ゆずは階下へ行ったり来たりと落ち着きがありません。

 

yuzu172.jpg

 

今冬はもう何度、一緒に寝られるでしょうか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

コンビニ業界の方々には申し訳ないのですが、立ち寄らせていただくのは1年に

2~3回程度あるかどうか、ほぼ縁の無いワタクシでしたが、なんとマイブーム

美味しいコンビニコーヒーにハマっております。( といっても、まだ2回 )

 

過去に買ったことはあったものの、注文方法というか、セルフシステムというか

ソレがよく分からず、購入をためらうところもあったのですが、アイスクリーム

と一緒に駐車場で楽しむコーヒーの美味しいこと!( 笑 )

 

ただ・・・ レジでカップを渡してくれる、その一連の動作相手が看護師さんに

見えてしまう、あの受け渡し方法に改善策はないものかと・・・

 

はてさて話題変わり、街中にもかかわらずコンビニ空白地帯だったウチの事務所

周辺ですが、徒歩圏内の西側2個隣のビル道路向いで、年末あたりから始まった

工事が進み、先日は「 2/28オープン!」のチラシが入っていたセブンイレブン。

 

これでクルマに頼らずとも近所で購入できるモノが増えて嬉しく、もしかすると

ワタクシのコンビニ人生の始まりかも知れません。

 

ウワサによると、ご近所さんにオープン記念のクーポン( ハワイ旅行招待券? )

を配られていると伺いましたが、ウチ、まだもらってませんけれど。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自分自身でデザインしたモノが完成品として届くとそれはそれで嬉しく、しかし

今更ながらに誤字脱字、ズレなど無いか詳細に確認してしまいます。

 

この期に及んで発見しても、どうしようもありませんが・・・( 笑 )

 

ちょっとイエロー系の色合いが、ワタクシのイメージと違って " やさしい感じ "

違った表現ならば、" 寝ぼけた色目 " に仕上がってきています。

 

全体的に " ホワイト " を重視したデザインだったので、どうでしょ? ソフトな

感じが結果オーライというところですが、色の指定ってどうするんですか?

 

ドローソフト上のCMYKのイメージで作っていますから、作業中は透過光ですし、

もちろんプリンタで出力はしてみるものの、汎用機の汎用トナーorインクです。

 

一色刷りではないので試作品に色見本をあてがって選ぶのも難しく、隣り合った

色と色のバランス等、そもそも自分自身のセンスを磨かなければ、印刷屋さんが

見本通りの正確な色を再現してくれても、それが良い結果かどうか自信ないし。

 

さて、さっそく届いたソレに、プリンタ用の綺麗な和紙に印刷したメッセージを

添えるなど、みんなで手分けして、ソレが効果を発揮できるように活用します。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

建国記念の日の振替休日だったのですね。 朝の通勤路の空き具合で気づきます。

自動車専用道路も利用しての日々の通勤、距離としてはそっちの方が長いですが

それを降りてからの方に時間がかかるのがツライところです。

 

街中でかかる距離、時間の移動手間は全員等しく相殺し " ゼロ " と考えるなら、

( 相当に無理のある論法ですが・笑 ) " 田舎暮らし " ということで増えるのは

たった15分と通行料とガソリン少々。( 積もれば結構な金額かも )

 

お世話になってる町周辺の郡町村であれば、自動車専用道路が南北に通っている

おかげで、街中での仕事を継続しながらの田舎暮らしは十分に可能です。

 

ご家族での移住を推進している町もありますから、あなたもいかがです? ただ

不便は楽しみですが、教育と医療については、しっかりと下調べが必要でしょう。

 

さて、事務所にかかる電話も少なく、時折ガラスの向こうで舞う雪を眺めながら

ゆっくりとした時間の中でルーティンの作業をこなすのですが、う~ん非効率。

 

同じ数字を会計やアレコレ、違う用途で何度も使い回すのですから、ここは一念

発起、しっかりとデータベースソフトを使って、各種の日々の作業を一元化した

自社アプリを組み上げたいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

もっと専門的にかつ、論理的に綴られたサイトがいくつもあるでしょうが、今更

肌で感じるのは " 広告 " のアプローチが「 随分変わってきている 」ということ。

 

ムカシであれば、地方の郊外の小さなお店を知ってもらう手段としては、やはり

紙ベースのアレコレを駆使するしかなく、折り込み、ミニコミ誌、ポスティング

その他、etc 。

 

反応が出るまでにはタイムラグがありますし、何より費用が・・・

 

そんな中にあっても、隠れ〇〇的な " わかりにくさが人気 " みたいなお店もあり

口コミ等、根付くまでには時間もかかるでしょうが " 広告ゼロも売り " な。

 

さて、ここ10年ほどに至っては、もう完全にSNS系のサービスにその舞台を移し

費用をかけず広く知ってもらうことが可能になった反面、" 隠れ〇〇 " な存在は

経営者の意思を反映させてか、されずか、絶滅を迎えようとしています。

 

そんなことには動じず、ドンと構えた経営哲学には学ぶものがありますが、広く

知られ渡ることで、生産や提供が間に合わずに、旧来のお客さまが近寄りがたく

なっていたりすれば辛いところです。

 

さてさて、相当な出費が予想されるものでも、インターネットで調べ、評価等に

左右されて決定することが当たり前になっていますが、最後のひと押しの安心感、

例えばスペックやオプション、ネットで調べ確定させたグレードも、装丁豪華な

カタログを手元に置くことによって、それらが得られるクルマとか。

 

ウソかマコトか「 知る 」という目的だけなら、インターネットで足りることも

多いですが、確認、確証、安心感とか手元感、印刷物が活躍する場も多いです。

 

ワタクシが描いたソレの出荷日が、2月9日(金)との報告アリ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

違和感と微妙な痛みが残るので、ピキッと言わせば再発するのではと、ビクビク

ですが、先週あたりと比べるとソレは、1/100 ほどに減って快適、快適。

 

自然治癒に期待してズルズル数か月も放置せず、早めに病院へ行けばよかった。

 

結局、痛みが始まった原因は釈然としないのですが、もしかしたら昨夏、ヒザを

強打したのがそうではないかと、「 ヒザ 」で( 自慢ですが、ちゃんと漢字でも

書けるのですが、みなさんが「 ヒジ 」と間違わないようにカタカナで表記・笑 )

検索してみると、出るわ、出るわ。

 

ヒザが絡むハナシを結構書いているので、元来そこには不安を抱えているみたい、

昨夏の強打は、6月15日版「 突然はいつも右側から。」で書いていましたね。

 

思い出しました。 マンガのようにひっくり返り、モロに右ヒザを強打して声も

出なかった痛みを・・・ アレ? 右ヒザ?? 今回、トラブったのは左ヒザ。

 

しかし昨年、3月7日版でも「 古傷 」のタイトルで書いているので、まぁ積もり

積もった不安を抱えたヒザにしてしまったのは確か。 精神的にも、身体的にも

健康でいられるよう、前向きに明るく、適度な運動を欠かさない生活が大切です。

 

・・・ " 適度 " 、そこが難しい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" ヒザの水を抜いた " 一昨日の午後は患部をイジったせいか、より痛みが増して

それまで「 イタタ 」と訴えつつも、なんとか曲がっていたヒザが棒状態となり

「 アララ? 」だったのですが、24時間ほどが経過してステロイドが効いたのか

炎症が治まり?痛み激減!「 もっと早くに抜いてもらえばよかった 」

 

同じく、見た目も「 そんなに! 」と、ビックリする量の水を抜いてさえ、まだ

ブヨブヨしていた患部は、炎症が治まれば " 水 " は自然に体内に吸収されるのか

腫れが引いてきているのですが、なぜ大量の水のときは吸収しない???

 

どんどん快方に向かう症状に図に乗り、なんか 30kg 程度のザックなら背負って

山歩きにも向かえそうな気になってきますが・・・ 昔、そうして背負ってから

からだを左右に振ったところ、ヒザが「 バキッ! 」と大きな音をたてて鳴って

ビビったことがあるので( 笑 )、無理は禁物です。

 

ただ、現在のところ慢性的に続くアレルギーのほうが問題で、からだを冷やすと

収拾がつかなくなる症状など、いつ過剰な反応が出るのかコントロールが出来ず

山の中でアナフラキシーなんてこともあり得るのが、カナワン。

 

すでにヒザ痛を乗り切った気分のワタクシ、同様症状ならば「 聞いてください 」

と言えるのですが、アレルギーに関しては症状改善の道しるべが、まだまったく

見えませんので、藁にもすがる思いの情報をお待ちしています。

 

" 慢性蕁麻疹 " とか、" クインケ浮腫 " とかが、キーワードでしょうか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

それでも混雑が、多少は解消しているかもと期待を寄せて、マスク着用のうえで

お昼前の整形外科( 二か所目 )に寄せていただきます。

 

「 う~ん、これはダメだ 」と、自然治癒にあきらめをつけ、一か所目の病院へ

寄ってみたのが先週、保険証を出したあとで、あまりの高齢者による混雑ぶりに

「 申し訳ございません、あまく見ていました 」と謝り、保険証の返却を受けて

再チャレンジに賭けることにしたのです。

 

この期に及んで、ヒザ痛治療に詳しい方( ? )から情報収集。( 遅いわ・笑 )

という訳で、高齢者専門( ? )では無いっぽい、整形外科のロビーに居ます。

 

他の診療科目もあるので、混雑ぶりよりは早めに呼んでいただき、診察台の上へ

移動するのですが、無計画にスリムタイプのズボンを穿いていたので、脱がねば

ならず、上着着たままパンツ丸見え、なかなかに鯉。

 

シロート目にも、右側と比べて、左ヒザがブヨブヨと倍ほどに見えます。

 

次はレントゲン室へ移動。 ここでは上記パンツ丸見えスタイルにクツを履いて

という、輪をかけたトホホスタイルで撮影が進み、聞けば「 なるほど 」ですが、

比較のために問題を感じていない右ヒザも、左右対称の同じ角度で数枚を。

 

診察室に戻り、左右のヒザのレントゲン写真を丁寧に見比べながら先生の説明に

「 軟骨のチビに問題はないね 」と聞いて気も強くなりますが、ウワサに聞いて

用意されつつある " ぶっとい "( 1月14日版参照 )注射器にビビリます。

 

ピューっと抜けば、ヤクルト倍量くらいの透明な黄色い液体に「 それなに!?」

「 きれいなので他の病気の心配は無さそう、抜くと同時に薬も入れおいたから 」

 

事務所に戻って調べれば、なんだ? これもステロイドやん。 万能薬か??

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 視力 1.5 って! どれだけ見えてるねん 」

確かにワタクシも、小学生の頃は 2.0 を記録したこともありましたが・・・

 

ちょっと間が空きましたが、昨年末の健康診断の結果を改めて確認し、白内障の

手術をするまで、視力が 0.0X 台( 特別大きな C を前に出てやっと確認程度 )

だった彼女の、裸眼視力が 1.5 となり、パートナーとして治療の効果を実感。

 

現在のワタクシが、裸眼 0.1 、矯正 0.8 程度でしたから、前方を走るクルマが、

何県からやってきたのか、判別できるのは彼女の方です。( 停止中なら判るよ )

 

オフの時間だろうが、いつでも生活上、絶対にコンタクトが必要な彼女でしたが

いまでは入浴時や化粧の際も、裸眼でOKですから、「 落としたぁ~ 」の訴えに

「 その場を動くな 」と声をかけての、落としたレンズ探しから解放されました。

 

術後、日中が眩しく感じるようになったそうで、カットレンズの伊達眼鏡着用中。

 

さて、その姿を見ていると、すでに黒眼の周囲が相当に白濁しているワタクシも

眼科へ行けば手術を勧められそうなのですが、ちょいお高めドイツ製の遠近両用

レンズを使用したにもかかわらず彼女の場合、至近距離の焦点は合わないようで

小さめの文字を読んだり、手先仕事は難しい様子です。( 運転時視力は良好 )

 

う~ん、DIY作業でもせめて 0.5mm 単位くらいは確認したいですからワタクシ、

ちょっと至近距離に焦点が合わないというのはツライかも。

 

従来通り、ハードライディング( ほとんどしないけれど )の際は、コンタクト

レンズを使用するという手段、つまり現状のままということで・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お休みをいただき、ちょっと神戸方面に買い出しへ。

 

当初、買い物を済ませてから昼食を摂る予定だったのですが、アレコレ買い出し

物品をリストアップして行けば、この修行はいつ終わるのか・・・

 

昼食から始めることにして、まずは " 赤松PA "(上り線)にて、一考庵の箱崎氏

監修の、蕎麦の手打ちを見学しながら " 赤松コロッケ " 、" ソフトクリーム " で

コーヒータイム。 無駄なく美しい蕎麦打ちを見学しながらは贅沢。

 

SA、PAで休憩すれば、休日気分が盛り上がります。( 笑 )

 

田舎暮らしのウチですが、中国自動車道を移動のベースに使うならば、自宅から

すぐに乗ることが出来て、神戸方面へ向かうのも常に空いていて超便利なのです。

 

裏六甲あたりの休日用のちょっと奢った昼食は、食材、盛り付け、絶妙の味付け

等々、美しく食欲をそそり学ぶところ多く癒され、マタマと舌に記憶させます。

 

ゆっくり昼食を楽しんだあと、長いトンネルを南へ抜ければ、ほぼダイレクトに

ポートアイランド、ウチから渋滞、信号待ち、ほぼゼロなのはウレシイ事実。

 

さて、ヒザを悪くしているワタクシにとっては、ここからが苦行ですが、昼食を

先に済ませたので、買い物時間にリミットは無くなり、50円のソフトクリームで

何十キロ歩かされるのかの " イケア " のあとでは、「 一度寄ってみようか 」の

" 東京インテリア " で、ヒザの具合は益々悪化。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨秋あたりから、有人ガソリンスタンド( セルフでも人は居るけれど・笑 )で

お世話になり始めているのですが、やはり " 任せられる " というのは魅力的で、

職場からは若干、距離があるのですが補って余りある便利さ。

 

その効果はもう目に見えて出ていて、どの車両も秋頃までは雨染み跡が目立って

いた社有車ですが、ここのところ常にピカピカで乗った際に気持ちよく、それは

もしかしたら安全運転につながっている可能性も高いです。

 

ワタクシ自身が立ち寄らせてもらう機会は少ないのですが、昨日の昼前はそれで

「 このまま昼食にするか 」と預けたクルマを後に、押しボタン式の横断歩道を

渡り、これまためずらしく一人、回転ずし屋さんへ。 人生二度目か?

 

ちゃんとカウンター席があり、そこは空いていたので、パタパタと混み始めても

気を使わなくていいのが良くて、「 コーヒーもここで済ますか 」とデザートと

一緒に選んでボタンを押せば、かたや店員さんが、かたや流れに乗って。

 

意外に美味しいコーヒーと、既製品スイーツを楽しんでいる中で、ひとつ離れた

隣の席に案内されたキレーなオネーさんが、クィ、クィ、クィと連続して流れて

きた " エンガワ " 五皿をゲットして、ササッと食して会計に進むその姿に・・・

 

「 惚れてまうやろォ~ 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

何年にも渡って無精してしまい、声さえ聴いていなかった方に久々に電話を掛け

「 お元気ですか?」って、芸の無いセリフで始まった会話。

 

それぞれに、良いも悪いも、出来事や変化が多かったようで、近々に直接会って

「 酒でも呑みながら、ゆっくり話そう 」となったのですが、こういった場合は

反故にする可能性も高いので、有言実行を心掛けねばなりません。

 

「 アドレスは生きていますか?」「 あぁ、変えていないから届くと思う 」との

ことで、オジさん同士の長電話もアレですから、手短に切り上げた会話のあとに

テスト送信として、最近撮った猫写真を添付したメールを送ってみます。

 

To:〇〇〇

Subject:メール送信実験

yuzu165.jpg

「 届くかな?」

 

すると、しばらくしてから・・・

 

From:〇〇〇

Subject:Re:メール送信実験

cat-iiduka01.jpg

「 うちの猫 」

 

えっ! 猫飼ってたん? とビックリですが、何よりエエ歳したオジさんが二人

たぶん、10年以上ぶりのメールのやり取りで、猫の写真を送ったり、送られたり

してるだなんて・・・ トホホ。 これを " 歳 " と言わずして何と。

 

妻子は元より、孫( あ、まだでしたね )にまで相手にされなくなったか・・・

( じつは返信添付の猫写真はもう1枚あって、二匹飼っているそう )

 

う~ん、ヒザは痛いわ、猫の写真を送受信しとるわ、こんなトンガリを無くした

オジさんではイカン、イカン。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 私自身、家の食事が『 めちゃ美味しくなった!』と言われるようになって 」

 

昨秋からスタートさせている、リハビリの要素を調理に見いだすことに特化した

小規模デイサービスで活躍していただいている彼女の自宅でのこと。

 

大原則として食の安全はもとより、タンパク質の摂取や塩分濃度など、数値的な

部分をしっかり満たしたうえで、「 旨い!」という要素を最大限に引き出すため

ほんの少しの気づかいで、食欲を誘う見栄えに。

 

特別な材料を使ったり、あらたに皿を購入したりせずとも、例えば食材に適した

盛り付け量を考えるだけで、ちょっとしたカフェのようになったりします。

 

そんなこんなを、人生の先達方々に学ばせてもらったり、一緒に調理させて頂く

ことで、普段には見られない会話量の増加と、楽しい表情と、記憶への刺激。

 

大きな効果を感じています。

 

最近は、自宅での調理にも変化が見られるようになって、「 めちゃ美味しい!」

と、冒頭の家族の言葉につながった彼女。 「 それとそれは、てんもりでね♪」

の指示に「 えっ? やまもりですか? やまもり!」って喜ぶなって。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

表紙、裏表紙も数えると、ぜんぶで25ページのカラーパンフレットの作成。

 

原稿は以前から使用しているモノに、ざっくり目を通して、若干の修正を加える

程度ですから、手間のほとんどはA4プリンタで、表と裏になったページごとに

印刷し、まずは表紙を裏向きに置いた山々の上に、一枚ずつ重ねて置いて行って

冊子を完成させること。

 

小学生の頃の " 文集 " づくりを思い出させてくれます。

 

ワタクシの中で一番古い思い出は、3年生の時の読書感想文をそういったモノに

綴じていただいたのが初めてだと思うのですが、先生の「 載せるから清書して 」

の意味が分からず( 確かに " 清書 " と仰られたとの記憶 )、元の文章から一字

一句間違えないように、丁寧に書き直したのです。

 

いま思えば、推敲という言葉は難しすぎるとしても「 しっかり読み直してみて、

もっと伝わりやすいように、改めて書いてごらん 」とでも言っていただければ、

ページ数を変えることなく、見直せたのではないかと・・・ 言い訳です。

 

ちなみに題材は、トール・ハイエルダール著「 コンチキ号漂流記 」( ワタクシ

の手元に長い間あり続けた母に買ってもらったその本は、カタカナ表記が確かに

ヘイエルダールではなく、ハイエルダールで、コンティキ号が、コンチキ号 )

 

ついでに思い出したのは、たぶん1年生の社会科のテストで「 悪いことをした

友だちをどうするのがよいか? 」みたいな設問で、1・やさしくちゅういする。

2・きつくしかる。 3・ほうっておく。 のような解答が並んでおり、テスト

の意図としては間違いだと分かっていても「 2 」を選んで99点。( みんなが

100点を取るようなテスト )そんな可愛げのない子供でした。( 笑 )

 

そうそう、国語のテストでは「 細い 」の反対を「 ぶっとい 」と書いて「 × 」

 

世間は本日、センター試験2日目です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

明石駅からバスに乗り換え、研修会場に向かわなければならない彼女A「 え~!

電車を降りたらどっちに行くん? 右? 左?」「 そっち行きは南側ちゃう?」

「 え~! 南ってどっち???」

 

ほほう、そこからですか。( 笑 )( あとで分かりましたが正解は、北14番 )

 

「 アプリで確かめたらイイやん 」と彼女B、さっそく使い方をレクチャーして

いましたが、" iPhone " って標準で、コンパスアプリが入っているんですね。

 

「 仕事でも活躍しそうな、便利アプリを使ってたら教えてよぉ~ 」ワタクシ。

 

すでに職員間の連絡事項や、シフト確認など、仕事上ではアレコレとスマホから

活用できるようにしていますが、もちろん個人的なアプリは知りません。

 

あっ、ウチの彼女とは同じアカウントでの利用をしているので、スマホの画面は

ほぼ同期されていて、それはそれでかなり便利。

 

「 ちなみに、どんなアプリを入れているんですか? 」彼女B。

 

「 上空に旅客機が見えてアプリを立ち上げれば、その飛行機が、例えば、JALの

何便で、どの空港からどこの空港に向かっているのか分かるアプリとか♪ 」

 

「 ・・・それを知って何の役に立つんですか? 」と、クールに彼女B。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • ootsu_kanban02.jpg
  • ootsu_kanban01.jpg
  • ootsu_pers.jpg
  • 2018taranome01.jpg
  • driverset.jpg
  • kuwatanionsen04.jpg
  • kuwatanionsen03.jpg
  • kuwatanionsen02.jpg
  • kuwatanionsen01.jpg
  • 2018sakura02.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja