2020年2月アーカイブ

 

 

という訳の1個目の " 台 " 。 コレは既製品の大型スチールラックを組み立てる

だけですが、水勾配のあるコンクリート床の上に設置するので、水平を出すため

脚4本の下にはアジャスターが必要になるのですが、巨大ホームセンターなのに

適合するコレの在庫がない。

 

取り寄せになるそうですが、スチールラックを必要とする人の何割かは、不陸な

床に設置する場合があるんじゃなかろうか? 常時在庫にしておいてよぉ~

 

まぁ、次に立ち寄ったDIYに強そうなホームセンターで、目的のアジャスター&

本体を入手出来たので、無事、本日中の設置が出来ました。

 

問題は、オリジナル製作が必要なプリンタ台のほうですが・・・

 

で、設置現場からの帰路となる線路沿いの道路を走行中、向かい側の下り線路を

やって来たのは『 WEST EXPRESS 銀河 』、初めて見ました! @ 17:45

 

って、調べてみれば先月、公開されたところで、運行は5月から?

 

気楽に入手できる乗車券ではないのかも知れませんが、ちょっと山陰地方等への

プチ旅行に手が出ない金額でもなさそうで・・・ 乗ってみたいゾォ!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" 棚 " を作らねばならない。( " 棚 " と言えば、昭和のオトーさんが、金づちで

指先を叩いてこしらえ、モノを置いたら崩れ落ちるパターンのアレのイメージ )

 

壁の一面にロッカーとデスク2台、その隙間の脇机の上に置いているプリンタを

更新することにしたのですが、35mm ほど幅が増えて同じ場所には置けない。

 

すると現在、壁の隅の張り出しのせいで無駄になっている左端の、20cm ほども

ちゃんと活用させられる、棚?台?をオリジナルで作る必要が生じたのです。

 

" 棚 " と呼ぶのは改めて、ちょっと角の欠けた長方形の台ですね。

 

高さはデスクと揃えて、その下にはキャスターの付いた脇机を収めたいのですが

すると、しっかりとした脚にするとジャマになってしまうのが悩みどころ。

 

この程度であれば、新たに材料を購入せずとも、手持ちの端材で済ませたいので

在庫を思い出しながら、効率の良い " 取り " をアタマの中で練ってみます。

 

平面図的に、控えなければならないのは角だけでなく、建具桟の出っ張りも少々

問題になるので、そのあたりをキレイ&技を魅せておさめたいのが色気です。

 

あっ、新しいプリンタですか? 巨大な箱がすでに昨日、配達されていますので

ワタクシの " 台 " 作りが急がれます。

 

既製品に、角が欠けた台がないかなぁ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

天気予報通りに、グングンと外気温が下がってゆく夜、冷暖房器具の無い寝室の

温度も、いつもよりはずいぶんと低いようで、飼い猫の " ゆず " が、ワタクシの

掛布団の中に潜り込んできました。

 

今シーズン " ねこたんぽ "( 湯たんぽの猫バージョン )の、暖かいシアワセは、

あと何回、発生するでしょうか・・・

 

潜り込んだ布団の中で、ワタクシのお腹を踏んづけたりしながら、方向転換して

ワタクシとアタマの向きを揃えた " ゆず " は、クイクイとポジションを修正して

その半身をワタクシにゆだねてきます。

 

" ゆず " に気を使い、ワタクシは不動キープで、寝返りを打てません。( 笑 )

 

しかし、気づけば " ゆず " は布団の中にはおらず、いつも通りに、いつの間にか

布団の上の、ワタクシの足元あたりに移動しているのです。

 

するとワタクシは、クイが打たれたように " ゆず " の重さで固定された掛布団が

引き上げられずに、肩元が少々寒い思いをしなければならず、どちらかと言えば

" ゆず " は、布団の中に居てくれる方が、都合が良いのですが・・・

 

「 あっ、布団の中に入ってくるのは、ワタクシへのサービス精神なのか? 」

 

そうそう、シアワセだけじゃなくて、ワタクシが布団に入ってスグには、階下の

居間で " ゆず " がゲロゲロする声が聞こえ、温もりかけた布団を抜け出し、その

掃除に降りたことを思い出しました。

 

yuzu211.jpg

 

「 キホンてきに、ほっといてください 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

写真を撮ることは好きなのですが、道具としては、いつも手元にある " スマホ "

ということになるので、現在のところ、カメラアプリを標準でしか使ったことが

ないので、キチンと調べて、ピントや露出の操作方法を学ばねばなりません。

 

スマホを安定させられるのであれば、流し撮りなど長時間露光も可能なのかな?

 

そういった知識は、アングルや小技を含めて、カフェのちょっとしたメニューも

とてつもなく素敵に映える、インスタ写真に学ぶところも多いですね。

 

さて、SNSで繋がる超ハードライダー彼の、趣味の写真作品のクオリティが高く

いつも感心させられているのですが、先週アップされていた、風景写真・・・・

 

kurotaki.jpg

Photo by 超ハードライダー彼

 

「 どこだ! これは? 」

 

撮影のためには、深夜の出発などいとわず、見習うべき積極さで行動されている

彼ですが、先週、ナイアガラの滝まで行かれたとは聞いていません。( 笑 )

 

答えを求めて、コメント欄など読ませていただくと、吉川町にある " 黒滝 " と。

 

「 そこですやん 」

 

知りませんでした、ナイアガラ級のこんなに巨大で素敵な滝があるなんて・・・

 

という訳の数日後、同じく行動力が素晴らしい " どかっ亭 " の大将が、さっそく

行ってみられた記事もアップされていて・・・

 

たぶん、ウチから30分程度のナイアガラ。

もちろん、ワタクシも訪ねてみなければなりません。

 

・・・スマホ撮影術を磨いて。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昼食は必ず外食とはいうものの、通い慣れた喫茶店がその大半を占めているので

会計は現金で支払う以外、まったく想定にありませんでした・・・

 

昨日は移動の合間の " 吉野家 " にて昼食としたのですが( たまに食すと旨し!)

駐車場の空きは1か所しかなく混んでいますが回転よく、ワタクシも座るなりの

オーダーで、いきなり食べ始めてるし。( 笑 )勝負が早くてよろし。

 

で、そこしか空きがなく座ったレジ横のカウンター席で、ワタクシが食べている

間にも、次々と会計が進んでいるのですが、ほとんどの方が " 〇〇ペイ " などの

キャッシュレス決済をされていて、今さらですがビックリ。

 

じつはワタクシ・・・ まだ使ったことがありません。

てか、ワタクシのスマホにソレはインストールされて・・・ したな以前、確か。

 

確認してみれば残高ゼロのままなので、チャージしなければならないですよね?

クレジットカードから??

 

いやはや興味が無いと、ここまでかというほどに無知で、これは使いはじめねば

なりませんが、ワタクシの日常はたぶん、使う機会も少なそうではあります。

 

" 吉野家 " のレジで釣銭、113円を現金で受け取ります。

「 さて、何を頼んだでしょうか?」( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

相変わらず何がどう反応するのか、就寝中の深夜に食道から胃にかけての内蔵に

ジンマシンを発症し、痛くて苦しいうえに呼吸が難しくなって眠れない。

 

這うようにして階下へ行き、頓用のステロイド錠を飲むのですが、そんなすぐに

効き始める訳でもなく、ひたすら苦しみに耐えながらのベッド上となります。

 

本来、柔軟性のある臓器がカチカチになって行く感じがする痛みで、例えるなら

空腹時に胃がキューっとなるアレを、1000倍くらいにしたような痛み。

 

エビ型になったり、うつぶせになったり、もだえながら眠れない朝を迎え、現在

ステロイドが効いてきたのか、多少マシになっています。

 

原因不明でコントロールのきかない、このジンマシン体質「 かなわんわぁ~ 」

 

さて巷を賑わす " ウイルス " ですが、何よりまずはマメな手洗いで、取り込まず

もしカラダに入ってしまっても " 増殖させないうちの退治が肝心 " とワタクシは

考えるところで、咳をする人と近距離だったりしたその日の夕食は、たっぷりの

ニンニクやショウガを摂取することで、体内温度を上げて退治しています。

 

いや、正しくは " 退治したと思い込んで " 風邪を近寄らせないようにしています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

生まれてこの方 " 尺八 " の演奏を、間近で見た、感じたことが無かったのですが

初めて目の前で聴いて、なんとも言えぬ、乾きかすれたような音色が美しい。

 

軽妙なトークを交えながらの1時間ほど、知らぬ世界の楽しい時間を過ごさせて

いただき「 ありがとうございます 」

 

その、自転車に乗り手作りケースに入った尺八をリュックに背負ってやって来た

黒ずくめの演奏家さんは、譜面やその他一式を、コンパクト&システマチックに

まとめておられ、屋外での演奏もままあるとのこと。

 

リードがないので、まず " 音を出す " だけでも大変そうですし、アナもどうやら

5孔だけなので、どうやって音階を奏でるのか、そもそも楽器や音楽にまったく

通じていないワタクシが、演奏をしげしげと観察します。

 

機会があれば、こんどは屋外で聴いてみたいかなぁ~

 

この季節、梅林など屋外で演ずれば、その乾いた音色にウグイスが訪れるそうで

なかなかに風流です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ちょっと手狭になってきている事務所ですが、コンパクトさにはメリットもあり

「 暖房がよく効いて暖かい 」( もちろん、夏には冷房も )

 

じつは、天井エアコンからの温風だけでは " 頭寒足熱 " ならぬ " 頭熱足寒 " で、

足元あたりが頼りなく感じるので、ワタクシの要望にて、石油ファンヒーターと

併用暖房しているので、より暖かい。( 笑 )

 

オマケに冬季には、湯沸しポット型の加湿器を利用しており、ボコボコと沸いて

シュンシュンと蒸気を吹き出し続けるので( 4L程の水を結構頻繁に追加する!)

フィックスガラスの内側がたっぷりの結露で曇る、ウチの事務所に外から入れば

一瞬でメガネが真っ白になって視界がなくなり「 ここはジャングルか!?」

 

・・・シアワセです。

 

という訳で、実際の温度を確認してみれば、事務所内の室温が異常に高いのでは

なくて( 標準的な温度・しかし足元からの暖房もあるので暖かく感じる )その

湿度が、たぶん他所よりも高い。

 

いまさらですが、湿度が高いと暖かく感じる?

 

まぁ、冬に流行るソレらは多湿が苦手だと聞くので、ワタクシ自作のフィックス

ガラス枠が、結露でビチャビチャになるのは、ワタクシが拭くということにして

とにもかくにも「 インフルエンザウイルス撃退!」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

テレビのちょっとした短いコーナーで、最近の『 有馬温泉 』の魅力を伝えてる。

 

そうワタクシ、比較的最近に周辺をブラブラしたハズ、とココを検索してみれば

昨年9月に仕事用カバンを片手のままで、路地から路地を繋いで歩いたのですが

「 こんな狭い路地の奥に!」と感じるような場所に、オシャレなお店が誕生して

いたりして、元々、源泉巡りなど路地の素敵な町が、より楽しく変化してます。

 

そう、路地マニアにたまらなく楽しい町は、どこもかしこもフォトジェニックで

素敵なカフェや美味しいハンバーガーショップなど、新旧、魅力的なお店があり

宿泊でも、日帰りでも楽しく過ごせる素敵な町です。

 

テレビで紹介されている場所や、お店に「 同じところで写真を撮ったわ 」とか

「 ここで食べた!」とか、しばしコーフン。( 笑 )

 

全国各地、いつも観光客でにぎわっている町はいま、たぶんちょっとお客さんが

少ない状態かも知れませんから、地元をはじめ、混雑を懸念して、なかなか足を

向ける機会が少ない場所がレジャーの狙い目かも。

 

電車に乗り継いで向かうのも楽しいですが、クルマならば駐車場の確認を入念に。

 

もちろん、いまに限らず、いつでも、どこでも『 ワンアクション、いち手洗い 』

または、アルコール消毒を心掛けて!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

仕事で使うクルマのバッテリーが弱って「 朝にエンジンが掛からない! 」など

発生したら、多くの方に迷惑がかかるので、早めの交換を実施します。

 

最近のクルマはアイドルストップが、ほぼ標準装備になって( コレについては、

強制的な OFF が継続できるような仕掛けが欲しい! )バッテリーに求められる

性能が上がり、おのず大きくなって価格も UP しています。

 

で、早めの交換を実施した、お古のバッテリーを正しく譲り受け、メンテナンス

を施してから、過去に交換した記憶の無い、軽トラックに装着することにします。

 

と思ったらAサイズ !( L型端子 )なのでクルマ側のケーブルの先にはリング

形状の圧着端子が付いていて、そのままでは装着できません。

 

灯油の買い出しついでに、ホームセンターで互換ターミナルを購入し、Bサイズ

( テーパー式細端子 )と、少々穴径を広げたケーブル側の端子を接続します。

 

と簡単に書きましたが、バッテリーの高さも増して、固定する金具の足の長さが

足りないなど、小さな問題も生じて、ジャンク箱をひっくり返したり等々 etc 。

 

5分で片付けるつもりが、ホームセンター往復も入れれば、たっぷり1時間ほどは

クルマをイジっていたことになるのですが・・・ 楽しかった。

 

セルモーターが、ギンギンに元気よく回ってくれてるし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

税金に限らずアレやコレ、申告系の書類作成、及び提出には、常に追われている

のですが、マイナーな分野も徐々にインターネット上からソレらが出来るように

なってきているので、ますますよろしくお願いします。

 

さてしかし、提出などはインターネットを利用することで、時間短縮や省力化に

繋がるものの、その前段階の " 書類作成 " に関しては、便利なソフトウェア等の

力は借りるものの、結局 " 自分自身が動かなければ何も始まらない " 。

 

・・・あたり前ですが。

 

という訳で、遅れて提出されてきた年末調整など済ませながら、確定申告の書類

作成に取り組むのですが、もうすでに30年以上に渡ってソレをしていて、慣れて

いると言えばそうだし、常に新しいことを覚える必要があると言えばそうだし。

 

まぁでも、手引書など読むと、少々ややこしそうで「 個人でするのはちょっと 」

と思われるかも知れませんが、知ってしまえば単純明快で分かりやすく、きっと

「 なるほど、所得税はこうして決まっていたのか 」と納得。

 

最近では " ふるさと納税 " や " 医療費控除 " の申告も、広く知られて、普通に

なってきたので、もしアナタが、いままで確定申告をしたことがないのであれば

この年内には、家族の出身地を応援するための " ふるさと納税 " などをしてみて

「 来年は確定申告をしてみるか 」など思い立つのもアリかと。

 

スマホから出来ますが「 確定申告書A 」はダウンロード入手して、ぜひ一度は

源泉徴収票と電卓を横に、手書きしてみることをお勧めします。

 

例年は会社まかせの " 生命保険料控除証明書 " の計算も、シミュレーションして

みれば、家族間でドレをドコに出せば、よりメリットが発生するかが分かるかも。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

まったく乗っていないワタクシに、バイクを語る資格はありませんが、それでも

ツイッターのタイムライン上を『 # 乗ってたバイク晒してくよ 』の、ハッシュ

タグでつぶやかれた、懐かしいオートバイのコメントや写真に胸が熱くなる思い。

 

そのひとつに当時、高校生のガキが<m(__)m>初めて買ったバイクを、家から

近くもない、山の中の干上がったダム湖の底まで、モトクロッサーを押して行き

乗り回して練習を重ねていた内容に、それより遥かに古いワタクシも高校生の頃

同じダム湖の底へ出掛けて「 トレールバイクを乗り回したな 」と懐かしい。

 

そしてオトナになったワタクシは、その後、オートバイ屋さんで、その高校生と

出会うことになるのですが、なにに乗っても速いこと、速いこと。( 笑 )

 

オフロードレースはもちろん、ミニバイク系でも、サーキットでも。

 

彼が晒して行くバイクの中に、後方排気の " TZR250 " がアップされて、ハタと

気づいた ! 「 ワタクシはこのオートバイを転倒させたのに、あやまりも修理も

せずに、彼へと返したままにしたハズ 」・・・申し訳ない。

 

小雨降り続ける、路面ウェット状態の、中山サーキット( 山陽スポーツランド )

走行会で、暖まってはいるけれど、スリックタイヤを履いた彼の " TZR250 " で

「 ハーフウェットでも結構イケるやん ♪ 」と調子に乗って、何周かしたあとの

第1コーナーの出口あたりで、スリップダウンしちゃって止まらない。( 笑 )

 

下りの緩いS字を転倒したままスライドして行く " TZR " のミッションケースは

削れて穴が開き、その日の走行をフイにしたハズで、その時の彼は、レーサーの

" RS125 " に乗っていた? トランスポーターに仕舞った記憶すらありません。

 

いやホント申し訳ない。

 

当時も高かっただろうけれど、いまとなっては欠品で、より高いハズの " TZR "

のミッションケースや、たぶんバーエンドやレバーもダメにしていたと思う。

( カウル類などもっとか!? )

 

繰り返し申し訳ない。

 

" TZR250 " や " NSR250 " 等々、当時の時代背景もあり、メチャクチャ面白く

気持ちよくて楽しいバイクだった。

 

「 いまこそ欲しい1台 」に一票 !

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

事務所の入るビルの1階で、およそDIYによる工事が続くハンバーガー店ですが

ここ数日は、石膏ボードのジョイント部分に施したパテ研ぎ作業で、粉も舞うし

上向きだったり、コレはなかなかツライ。

 

で、パテ入れも慣れて、最低限必要な適切少量を2度ほどに分けて入れられれば

研ぐ作業も削減されるのですが、ここ3日ほど研ぎ続けられているので・・・

 

きっと、厚すぎるパテ盛りをされたのではないかと老婆心。 m(__)m

スポット的なDIYの場合、その作業が完了する頃にやっと慣れ始めます。( 笑 )

 

ちなみに、DIY工事現場の店舗前に掲げられていた『 2月下旬オープン予定!』

の看板は、『 3月上旬 』に書き換えられていました。 楽しみです。

 

DIYと言えば、日々フロントガラスが霜で凍る現象を防ぐために、田舎暮らしの

自宅の玄関先に、大きなヒサシ( その下にクルマを駐車させる )を造るための

基礎4個は埋設済みなのに、一向に柱の立つ気配ナシ。

 

渡す桁の1本に、古家解体の際に出た、グニャリと曲がった梁を使おうと思って

いるのですが、柱の上にソレを乗せたり、ソコに直角で交わる桁を差し入れたり

それらのヒカリ方と、接合方法がイマイチわからんのですよ。

 

厚く入れ過ぎたクロス下地のパテよりも、トホホです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

今冬、一番冷え込んだ朝になった・・・ のかな? 一応、凍結や積雪に備えて

ここ数日は、スタッドレスタイヤを装着したクルマを使っていますが・・・

出来れば、活躍しないままに過ごしたいところです。

 

という訳で、寒い夜に飼い猫の " ゆず " も、ワタクシの布団にやって来るかな?

と期待( 笑 )していたのですが、ここのところ居間のクッションの上で勝手に

寝てることが多く、やって来ませんでした。( 涙 )

 

ただ、アンカ代わりになるものの、温度調整ダイヤルが " 高 " のままと同じで、

一緒に寝れば寝たで、暑苦しくて寝られず、ウレシ辛しな状態なことも確か。

 

以前にもお伝えした、布団カバーを密着度の高いモノに替えたところ、真冬でも

毛布を使わずに充分暖かいのですが、その布団の上に " ゆず " が乗って丸まると

暖かさは充分を通り越して、暑くなり過ぎるのです。

 

しかし、布団の上に乗られるとワタクシの自由もなくなり、ひたすら暑いところ

布団の中に入ってくれば、寝返りもうてて快適、快適。

 

でも、一番冷え込んだ朝には来なかったり、布団の上で寝たり中に入って来たり

「 なにを根拠に決めているんだ? 」

 

yuzu210.jpg

 

「 ・・・ん? きぶんかな 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

昨夜、午後7時ちょうどあたり、北を向いてクルマを走らせるフロントガラスの

上から前方へ、つまり天頂あたりの空から北へ向かって、白色系に輝く、かなり

大きく明るい火球を目撃しました。

 

記憶に残るモノだけでも、これで2個目ですが・・・ 見られてウレシイ。

 

核? 芯? は、何で出来ているのか、燃え尽きるのか、流れた方向からすれば

ちょうどウチの庭に落ちていてもよさそうなモノですが・・・

 

見てみる?

 

実際のところは、どのあたりの高度で輝いているのか、大気圏あたりだとすれば

ジェット機の窓から目撃すれば、もっともっと明るい火球なのでしょうか。

 

見てみる?

 

するとウチの庭は通り過ぎて、日本海あたりまで行ってしまうのか、目撃情報を

繋ぎ合わせれば、軌跡が辿れるかも知れません。

 

2020年2月4日、午後7時00分~01分頃に目撃した火球

 

その他、参考文献は・・・ 2013年8月3日の『 真夏の流れ星 』からリンクした、

2013年8月2日、午後8時30分~31分頃に目撃した火球

 

いぢめないでね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

田舎暮らしの我が家に引いてある、世界と繋がる超低速回線 ADSL:12Mbps が

( 基地局から遠いウチの場合、実質 200Kbps 程度 )いよいよ3月いっぱいで、

「 サービスを終了する 」との通知が届いたので、何とかせねばなりません。

 

フツーのホームページでさえ、ちょっと写真が多ければ開くまでに時間がかかる

というか、開ききれないというか「 ダイヤルアップ 」とか「 パソコン通信 」、

はたまた「 ニフティサーブ 」などの単語を彷彿とさせる、低速度@ワタクシ。

 

ま、ワタクシの場合は、その速度でも、およそこと足りている訳ですが、やはり

FTP など必要になった際には困る、というか「 自宅からは出来ない 」と諦めて

いる状態で、どうせ何かを引くならば「 速いに越したことはない 」

 

Wi-Fi 系の端末を、お試しで借りて接続実験してみますが・・・

「 まったく電波が掴めません 」

 

なので仕方なく、4G で接続してみれば、オンラインストレージの同期など入り

あっという間の上限ギガに達して、実際のところ「 使いものにならない 」

 

すると、やはり固定の光回線を引くしか選択肢は無さそうで・・・

 

町のどこまでファイバー線が引かれ来ているのか知りませんが、3月末の ADSL

サービス終了から逆算して、工事日程など考慮すれば、早々に動かねば!

 

乞うご期待、『 田舎暮らしが光の速度で世界と繋がる 』( 実質、何 Mbps ? )

( 距離による減衰は少ない? ベストエフォート的には人口が少なくて有利? )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

古民家のリフォーム&リノベーション、DIYでの駐車場の整備などSNSを通じて

日々拝見させていただき、着実に前へ進めておられる姿に、同様の古民家再生を

道半ばで休止状態にしてしまっているワタクシは、アタマの下がる思い。

 

ワタクシの場合、家の中はほぼ完成しているのですが、それらを活用していない

ことに加え、建物の外観や庭の整備がまったく出来ていない状態です。

 

なので、より興味津々にて読ませていただいた投稿は、駐車場の整備に関してで

2トンダンプに12杯の甘土とか、20杯の生コン再生など、ワタクシの知識に無い

土木分野のセルフ作業内容。

 

転圧ローラーをしっかりかけて、仕上げのウッドチップをこれまた小型ダンプに

何杯も敷き詰めて均すという、ご自身の不眠不休のがんばりと、お人柄でしょう

多くの友人知人の応援もあって、店内を整え、厨房を整えてのプレオープン。

 

「 おめでとうございます! 」

 

お忙しいところを、さっそくお邪魔させていただき、クルマを停めれば、ウッド

チップのやさしい匂いに包まれます。

 

もちろん本業のほうの技術とこだわりは言うまでも無く、店内には著名な店主の

お名前が書かれたお花がいっぱい。

 

「 ごちそうさまでした」の後は、これまた自ら焙煎されたコーヒーをいただき、

至福のひととき。

 

信号少ない快走路での、ドライブ&ツーリング、自転車で訪ねるのも楽しそう。

少しだけ北に走った道の駅で、野菜を買って帰ります。( 笑 )

 

素敵なお店の詳細はココから♪ → https://www.facebook.com/ryugenan/

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

暮らし方によって、生活スタイルが変化するのは自然なことですが、ワタクシの

場合、何が変わったって「 自転車に乗らなくなった 」こと。

 

以前の、街中のアパート暮らしの仕事繁忙期には、ひと月間丸々クルマに乗らず

自転車だけの生活もあったりしましたしたが、まぁ現在はご想像の通り、クルマ

必須の生活になっています。

 

汎用自転車好きのワタクシとしても、寂しいところですが、移動のワンスパンに

距離があるので、やはりクルマに頼ってしまいます。

 

あと、夜道が暗いことも理由のひとつ。

 

自然とともに生きる生活スタイルであったり、またはインターネットを活用した

在宅での仕事が成り立つなら、クルマが無くても大丈夫かも知れませんが、いや

それでも軽トラは要るか。( 笑 )

 

パソコンでの作業の方が、手計算時代よりたぶん、紙をより多く消費するように

ワタクシの場合、田舎暮らしの現在の方が確実に、化石燃料を消費しています。

 

ペーパーレスを謳っていても結局、提出が紙ベースに押印とかね。

 

おっとハナシ逸れましたが、日常の道具としての刈払機やチェーンソーにしても

ガソリンが必須ですので・・・ 活躍させない期間中にも、たまにはエンジンを

掛けておかねば。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 雪が降るのか? 」

グイグイと下がる気温に、表では風花かみぞれか、小雪が舞っているようです。

 

事務所前の通路に接する、フィックスガラスの内側は結露して、透明なガラスを

くもりガラスに変えて、外から帰ってきた人のメガネを曇らせます。

 

ストーブの上に置いたヤカンが、シュンシュンと沸く昨夜( イメージ:実際は

ファンヒーター )、メールが一通届き、開封してみれば「 工場見学に行く? 」

との誘い。 ラブレター以上に小躍りして書いた返信は「 行きます! 」

 

風花舞う今日、明日ではなく、きっと春の気配に包まれた3月初旬のハナシでは

ありますが、ワタクシと誘っていただいた彼を含む見学班の一団は、海に面した

重工工場内でキョロキョロしているのでしょう。

 

そういえば大昔、その彼とは富士の総合火力演習の見学にも出かけたことがあり

いつのことだったかとアルバムをめくれば( イメージ:実際はフォルダの展開 )

2000年9月のことでしたから、すでに20年前のことです。

 

90式戦車の、120mm滑腔砲の射撃音が予想以上に激し大きく、ビビったことが

思い出されます。 その泥濘悪地での走行も「 キュルキュルキュル 」といった、

ゴジラ映画でイメージするキャタピラ音の、ゆっくりしたモノではまったくなく

2ストローク・ターボディーゼル、時速70kmほどの速度から50トンが急停車し

車体の揺れも収まらぬうちの射撃。

 

彼曰く「 ボクの設計した( 例えばネジ1本 )モノが、あんなに激しく扱われて

いるとは思わなかった 」と。 やはり現場を見ることは重要ですね。

 

楽しみです、工場見学!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu211.jpg
  • kurotaki.jpg
  • yuzu210.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja