2010年9月アーカイブ

 

 

全国数万、いや数百万の七輪ファンの方々にはナイショですが

ほぼ毎週、時には連日、夕食を七輪焼きで楽しんでいます。

 

夏に予定していた台所の床張りを含めた改修は結局、10月に

ずれ込んで行うことになりそうですが、その予行演習にと始めた

外食 (この場合、ガイショクでは無くソトショクかな) が、意外に

楽しく効率的でやめられません。

 

食材や調味料用意してから (昨夜はサンマ&いただいた野菜)

七輪に炭をいこし、外テーブルに一式運んで夕食です。

 

最近では暗い中でになってしまうのですが、照明も2ケ所に配線

しているので快適に過ごせます。

 

で外食 (ソトショク) の魅力を彼女曰く。

 

普段、用意も片付けもまったく手伝わないワタクシが多少でも動く。

テレビが無いので会話がはずむし、結果的に食事時間が短くて済む。

何よりサンマなどの食材を美味しくいただける。

 

などなど。

 

どんどんと季節は進み朝晩は寒く感じるようになったので、外食が

いつまで出来るか分かりませんが、冬でもしたい? かな。

 

というより、台所改修がよりずれ込んで 「しなくてはならない」 ように

なるかもしれません。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

幼い頃にあこがれた、固定式で高さの差もしっかりとある二段ベッドと違い、

親子ベッドは、キャスター付きの一段目を二段目の下に仕舞うという設計。

 

つまり二段目の高さはさほどなく、使う際には引き出して並べる、もしくは

下段の足元を差し入れて直角に置いて使うのが一般的でしょうか。

 

片付けや掃除、布団干しが比較的簡単に済みそうです。

 

順調に完成に近づいている自作の親子ベッド、図面を引いて、刻み作業を

先に終わらせてから組み立てを行っているので、さながら気分はイケアで

購入した巨大組み立て家具を作っている感じ。 (行ったことないけど・笑)

 

oyakobed01.jpg

 

二分割 x 上下分のスノコ作りと、自然塗料を使った塗装がまだです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

図面寸法通りに刻んだ材料を使って、まずは親子ベッド下段を

組んで行きます。

 

ベッドに使うのですから、カンナで面を取り、サンダーで両面を

磨き、素肌で触れても安全なように加工しながらです。

 

そして・・・ 大きな四角形が出来上がったのですが、これが

正しく直方体であるかを確認するのが多少難しいのです。

 

もちろん角、角には差し金をあてて確認しますが、50センチ程の

長さでは 「正しい!」 とまでは言い切れません。

 

なので慎重に、それぞれ対角線を測ってみると・・・

やはり4mmのズレが生じています。

 

枠を押して微調整しながら、ピタッと揃ったところで両端と中心の

桟をビスで固定し、「日」 の形にすると、もうズレません。

 

他の底板はスノコ状に組んで取り外し式に。

 

上段側の同じものを、もう1個組まなければならないのが面倒です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

一気に涼しくなって一週間、羽毛の掛け布団を出してきて

使い始めていますが、はねる事はありません。

 

さすがにストーブはまだですが、まだ明けきらぬ早朝には

ちょっと欲しいくらいですね。

 

冒険疲れもすっかり忘れたネコの 「ゆず」 にも、快適な

季節がやってきたようで、しっかり食べて、23時間寝て、

時々はオニのように走り回っています。

 

夜中には羽毛布団の上で仰向けになって寝ているので、

こちらとしては迷惑なのですが、アンカ代わりにはなる?

 

もちろん昼間もほとんど寝ているのですが、涼しくなってからは

ソファーにふわっと掛けている布の下に、もぐり込んで寝るのが

テントの中のように暖かく面白いようで、油断して上に腰掛けて

「ゆず」 をつぶさないように・・・ いや、お尻をかじられないように

注意しなくてはなりません。

 

yuzu20.jpg

 

「なにか?」

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

土、日曜日に訪ねてくれる方もチラホラですので、作業内容は

軽めのものをあてることが多いです。

 

なので本日、親子ベッド自作のための木材刻み。

 

CAD図面に多少手を加え、脚を上段ベッドの上まで延ばして、

補強のための筋交いを上下に入れてみました。

 

底は取り外し式のスノコ状に。 木の幅をコンマミリオーダーで

揃えておきたいので、刻み作業は一気に済ませたいです。

 

図面から木材の必要量と寸法を書き出し、上下2台分の材料を

用意し、「取り」 を考えて無駄の無いようにして刻み開始。

 

午後からは趣味の登山をされている方に (この夏は北岳にも!)

最寄りの駅から歩いて訪ねていただきました。

 

お土産に、山でしか手に入れられない綺麗なバンダナや、お酒、

自宅菜園の果実までいただき 「ありがとうございます!」

 

ちなみに駅からここまで、その方の健脚の足でちょうど1時間。

 

みなさんからの 「どうやって行くの?」 の問いには 「駅から徒歩

1時間です!」 と、明るく答えることにしましょう。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

午後からは小雨が降ったり止んだりの中途半端な天気が続き、

なんとも作業に気合が入りません。

 

仕方なく自作カーポートの下で、オイルステイン塗布後、面倒で

後回しにしていた建具磨きを。

 

ウエスで磨きこむと艶が出て落ち着くと同時に、色に濃淡が生じ、

いい感じに使い込んだ風合いが表現できます。

 

ただ、桟がいっぱいの建具を何枚も磨くのは辛くて面白くないし、

雨は降り続きます。 あぁ今日の午後はみんなも雨の中かぁ・・・

 

と夕方になって、そこに帰ってきた彼女。

 

「あれぇ、ここだけ雨? 峠の向こうは晴れてたよ。

                 ちょうど、この集落が虹の下にあるように見えたわ」

 

niji20100925.jpg

 

虹の下の山の向こうに現在、改築改装を進めている我が家。

って、どないに山奥やねん! と見えるのは写真のせい?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

漆喰塗りに引き続き、腰壁の塗装1回目と2回目を施します。

乾燥後、軽く400番程度のサンドペーパーをあて、仕上げの

クリアを塗れば、年を経た感じが表現できる予定です。

 

囲炉裏の蓋など、刷毛を汚したついでにと後回しにしていた

その他のクリア塗装も一気に済ませます。

 

あと少し、今週中には床の間のある和室、囲炉裏の部屋、

その縁側と、一区切りが完成し、次の工事に移れそうです。

 

が、涼しくなり飼い猫の 「ゆず」 に掛け布団を盗られるのが、

安眠の妨げですので、親子ベッド製作が先でしょうか。

 

CADで描いた図面は完成しているので、作り出せば早いと

思うのですが・・・ (外テーブルの際にも聞いたような)

 

ただ、完成しても寝具は1セットしかありません。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

予報どおり、昨日からの荒天が朝になっても続いており、

このように暗く明ける一日は梅雨以来? 久々です。

 

雨の日用に置いてあった作業 (笑) を開始します。

 

天井のダウンライトを取り付け、床を張り、腰壁の造作が

完了したので、そこに接する壁の漆喰塗りです。

 

以前に塗った真夏には乾燥するのが早く、コテで模様を

付ける前に半乾きになって難しかったのですが、深まる

秋の気配を感じる雨の日には、ゆっくり作業できます。

 

夕方になって3面の壁の漆喰塗り完了。

気付けば雨もすっかり上がっています。

 

engawa05.jpg

 

腰壁の塗装、床の間書院の障子張りがまだですが、

格子越しに見るのもなかなかです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

落ちた拍子にウンともスンとも壊れちゃった、という被害に

遭った話を、身近で一件聞いたのでカミナリに弱いだろう

ワタクシ自身と薄型テレビが心配です。

 

なので一応、居間のコンセントには、挿しておくと落雷時に

効果があるという小さな器具を付けています。

 

さて回転テレビ。 電源線を取り回す際にはカミナリのことを

すっかり忘れていました。

 

午後からは波状になって雷雨がやってきています。 明日は

もっと荒れる予報。

 

とりあえず近くのホームセンターで雷サージフィルター付きの

テーブルタップを買ってきて、そこから電源を。

 

ま、気休め効果は多少あるでしょうか?

ワタクシ自身にも何かフィルターを!

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

前回、細いのがいっぱいで辛い! と書いた建具塗装、

一気に済ませられなかったので、まだまだ続きます。

 

本日は囲炉裏の部屋分をなんとか済ませ、ゴールが

見えてきたので、そろそろどんな障子を張るのか? を

決めねばなりません。

 

真っ白の障子がスキッと張ってあるのもカッコイイですが

和紙をマス目ごとに張り分けているのもオシャレです。

 

縁側に面した建具は 「雪見障子」 という、スライドさせると

下半分はガラス窓になる仕掛けがあるので、作業は少々

難しそう。

 

上手に張るコツ、ってあります?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

一昨年の11月に集落への入り口の峠で掌に乗せて拾った翌日、

動物病院で健康診断してもらうと 「たぶん9月生まれですね」

とのことだったので、おぉ! ちょうど満2歳。

 

スクスク育った5.1kgの体重で網戸に寄りかかったら、古くなった

網が簡単に外れたようで、本日午前9時、出て行きました。

 

気付いてちょっと後を追ってもみたのですが、かなうはずもなく、

冒険の旅に 「いってらっしゃい」 と言う他ありません。 (笑)

 

以前、抜け出た際には約12時間後の午前3時、枕元へ 「ニャァ」

と帰ってきたのですが、そのくらいで冒険にも飽きるようで、今夜

午後9時、「ニョォ」 と情けない声で帰宅です。

 

dassouyuzu02.jpg

 

相当に疲れたようで、まったくおとなしく風呂で洗われ、早々に

眠りについています。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

「痛っ!」 こっ、これはケッコー刺さってるゾォ。

 

トゲが刺さったり、釘に引っかかってアタマから流血したりは

日常茶飯事ですが、今回のパターンは初めてです。

 

材料にケガキを入れる際、最初はエンピツを使っていましたが

なるべく細い線が引きたくて、頻繁にカッターやノミで削るので

すぐに無くなってしまいます。 ・・・短くなると使えないし。

 

次はボールペン。 なかなか勝手は良いのですが、仕上げに

使う木に間違った墨を引くと致命的。 インク溜まりも鬱陶しい。

 

で、もうずっと墨入れにはシャープペンシルを使っています。

 

長く使った安物シャーペンが壊れ、あらたに安物シャーペンを

導入したのですが、これが間違い。

 

ペンのお尻のクチックチッと押す部分と、芯が出てくる部分の

デザインが一緒で、どちらがそうか見誤るのです。

 

材料にスケールを当て、コンマミリ単位を見つめる真剣な目。

その目をそらさずとも、手は勝手に腰袋からペンを取り出します。

 

繊細な線を引きたいので芯を多めに出した作業が続いています。

一連の動作で勢いよく、クチックチッ。 「痛っ!」

 

ペン先と、押す側を間違って、力いっぱい親指に芯を押し込んで

しまいました。 痛いよぉ。

 

そこからは大騒ぎで、カッターやら毛抜きやら動員して、親指の

中で折れた芯を抜いたのですが、指の中から5mmほども!

 

親指にポチッと小さく丸いイレズミを入れてしまいました。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

プロの写真家の方に食材&ビール持参で訪ねていただき、

七輪に炭をいこして楽しい昼食をさせていただきました。

「お土産までいただき、ありがとうございます」

 

お話がとても楽しく、撮影での苦労やプライベートなことまで

面白く聞かせていただき、思わず時間を忘れてしまいます。

 

気がつけばお昼過ぎから延々、日が暮れるまで引き止めて

しまい、申し訳ないです。

 

見送ったあと、暮れゆく蒼い空と道路に流れるテールライトが

旅先で感じるあの瞬間を想いださせる表紙が美しい、撮られた

写真が綴られる冊子の一頁一頁を、ゆっくりゆっくりめくります。

 

楽しく過ごせた今日の出逢い、時間に感謝。

 

そして、そこに広がる風景の美しさと大切さに、

旅への想いを募らせながら・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

縁側の突き当たり、妙に落ち着く空間で、ここに小ぶりな

テーブルと椅子を置いて過ごすのも楽しそうです。

 

ただし狭い空間、壁にもたれるのは、ほぼ確実なのですが

塗り壁が床まで下りてきているので、ちょっとマズイです。

 

あらたに腰壁を作ることにします。

 

が、下地になる支えが無く、かつ一方は床の間の書院窓の

戸当たりとなる柱です。 壁自体もそこに何か作ろう、という

目で見ると、塗りが相当にうねっています。

 

どう作るか、の思案の一つには、腰板を直接接着剤で貼るか!

という無謀なものまでありましたが、案がまとまって造作開始。

 

作り出せば、2枚の板の45度の止メ合わせなど (22.5度に切る)

ワクワクする細かい作業いっぱいを楽しんでいます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

昼過ぎ、パラパラっと降り出した雨に一旦、道具類を片付け

「かなわんなぁ」 と、まだ余裕でいると一転して猛烈な風が

吹き出し、真っ黒な雲がどんどんやってきて豪雨状態。

 

木材にかけたブルーシートを、まだ縛っていませんでしたが

もうこうなると手も出ず、バタつくのを見守るしかありません。

 

ひとしきり降ると遠くに晴れ間が見えだし、ついに家の上まで

青空が広がったのですが、まだ豪雨中。 不思議な感覚です。

 

夕方にはスポーツカーで楽しいカップルが訪ねてくれたので、

床が仕上がった縁側に腰掛けてコーヒータイム。

 

あれだけの雨でしたが、山が乾ききっているからか、用水路を

流れる水はすでに治まっています。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

枠を自作して取り付けた縁側のダウンライト5個ですが、

柱に露出配線でスイッチが付いているままでした。

 

可能であれば回転テレビ上部に集めた、照明スイッチに

組み入れたいところです。

 

双方の距離約6m、天井を見上げて当時の電気工事なら

こう配線しているだろうと想像し、VVFケーブルと道具類を

持って天井裏に上がります。

 

初のルート、懐中電灯で照らしながら埃にまみれ、天井を

踏み抜かないよう、露出スイッチ上部を目指します。

 

「痛っ!」

 

屋根から突き出た無数の釘にアタマを引っ掛けてしまいました。

相当に痛い。

 

手で押さえるとヌルッとした感触。 これは血か? それとも汗か?

暗いのでよく分かりません。 あぁぁ、触った手も埃で真っ黒。

 

すぐに出たいけど、ここまできたら引くに引かれぬ天井裏。

このまま出血多量で朽ちるのかオレ?

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

アンテナ線や電話線は点検口から点検口へ、床下を這わした

CD管に収めて配線しています。

 

が、回転テレビに繋ぐには中心軸の塩ビ管を通す必要があり、

その真下には冷蔵庫を置くので、上から配線する他ありません。

 

すると一旦、床下から天井裏に線を上げる必要が生じるのですが

周辺の壁はもう仕上がっているので、露出配線以外それも不可能。

 

仕方ないので、新たにS-5C-FBの同軸ケーブルを35m用意して、

外部保安器の直後に分配器を設置して防水F型接栓を用い分岐し、

片側は従来の床下CD管へ、もう片側を目立たないところに這わせ

屋根下面戸部から天井裏に入れ、回転テレビ上部へ。

 

これでやっと仮設配線から抜け出せるので、テレビ周辺のコンセントや

7個の照明スイッチの配線がブラブラしていたのを収めてスッキリ。

 

回転させれば厨房から観られるので 「わぁーい、ワタシのテレビ!」 と

喜んでいる彼女の姿に、仕掛けや配線に手間をかけてよかったな、と。

 

トータルで相当の時間はかかりましたが・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

テレビの下には、ガラス扉の飲料用台下冷蔵庫を置く

予定ですから、AV機器はなるべく離して置きたいです。

 

思い立って夕方から、30x80センチの棚を作り始めます。

置くものが少々高価ですからヤワでは困ります。 (笑)

 

暗くなる頃に出来上がって、機器を1個乗せてみます。

ちょっと棚がデカ過ぎたような・・・

 

この空きスペースに真空管アンプ置きたいなぁ。

持ってないけど。

 

あたたかい音色が、秋の夜長の酒をきっと旨くします。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

初期不良確認のためにも、ダンボール箱に入れっぱなし、

という訳にはいきませんから、勇気を出して取り付けです。

 

数値としては解っていましたが、相当に重い薄型テレビ、

自作の回転テレビ台が耐えられるでしょうか? (笑)

 

まずは同時購入の壁面取付金具を組み立ててから固定、

中心軸の塩ビ管に電源線とHDMI線を通します。

 

さて、テレビを二人で抱えながらコネクタに線を繋ぎます。

で、金具に引っ掛けるようにして固定。

 

上手く行きましたが、テレビ台がギシギシ言うてへん?

あっち向けたり、こっち向けたり、オーケー、オーケー。

 

スイッチ入れて、初期設定みたいなの済ませて・・・

映らん、なぜ?

 

アンテナ線を繋ぐの忘れてました。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

親子ベッドの設計図をCADを使って描きます。

 

材料がどのくらい要るのかを知りたいですし、刻みを先に

済ませておきたい工作ですので、図面が必要なのです。

 

およそを外で組んで塗装を済ませてから、部材の状態で

2階まで持って上がり、その場で組み上げて完成の予定。

 

下になるベッドだけは、掃除の際に軽く移動できるように

脚にキャスターを取り付けます。

 

続いて、買っちゃった薄型テレビを、回転テレビ台に固定

する準備と、アンテナ線の取り回しの変更を思案。

 

真下まで同軸ケーブルは配線しているのですが、それでは

どうしても一部、露出配線になってしまいます。

 

屋根に上ったり、天井裏に入ったり調べると、上手く行けば

外部、保安器の直後で分配して家内への取り込み場所を

増やせば露出配線にならずに済みそう。

 

S-5C-FB が30mほど必要です。 あっ、F型接栓も。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

高圧洗浄機とはどれほどのものか? 興味があったので

小型のモノをお借りして試してみます。

 

まだその日は遠そうですが、外部の造作を始める前には

外壁を洗っておきたいですから。

 

水道からホースと電源を繋いでレバーを握ると・・・ おぉ!

コイン洗車場ほどの水量はないですがパワーは相当です。

 

ブロック塀に当てると、面白いようにコケや汚れが落ちる

のですが、経年劣化部も吹き飛ばしてしまい注意が必要。

 

ただ相手が家となると水流の線が細いので、かかる時間が

ハンパじゃなさそうです。

 

実験終了、ちょっと大型のものが欲しくなりました。

 

午後からは縁側のクリアー塗装。

 

engawa04.jpg

 

乾けば艶は落ち着きますが、濡れ色がいい感じです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

床を塗装する際には自分自身の最終的な逃げ場を

考慮して進めないと、最後の一角に閉じ込められる、

とマンガみたいなことが起きてしまいます。

 

さて、精度高くて満足な造作が出来た縁側、和室の

床と同様にオスモカラーのエボニーで保護、着色して

フロアクリアー塗装、と二度塗りで仕上げます。

 

本日一回目の塗装。

 

サッシ下部を養生して、奥側から二列ずつ長手方向に

塗り進め、最終的にサッシ側四列を手前に逃げながら

塗って完了。

 

engawa03.jpg

 

閉じ込められず、ちゃんと居ますよ。 (笑)

 

と余裕かまして夕暮れ時、掃きだし窓を閉めるのは外

から出来ましたが、誰がどうやってカギ掛けるん!?

 

という訳で今夜は戸締りナシで。 しょっちゅうですけど。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

日本海を通過する台風での荒天が予想されたので

昨夕には風雨に備えて飛びそうなモノを片付けたり、

カーポートに置いた材木に掛けたブルーシートの確認。

 

夜半からの風が相当に強いようなら万が一に備えつつ

自宅内で事務仕事など、雨だけなら資材買い出しに行く

予定で朝を迎えたら・・・ 晴天。

 

アレ? これなら作業も出来そうですが、縁側や和室の

天井中心に元々付いていたシーリングライトの配線穴を

隠すための家庭用火災報知機も欲しいので (本末転倒)

買い出しに出掛けましたが・・・ 晴れかぁ。

 

気になる草刈りやその他モロモロ etc、あきらめがつくので

用事は雨天のほうが心落ち着いて出来ていいです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

近づく台風の影響か、ものすごい勢いで流れる雲が

時おり雨を運び、パラパラっと降っては道具を片付け、

また引っ張り出す、を繰り返しながらの作業です。

 

縁側床張り最後の一列、通常それを張り終えてから

サッシを付けるのでしょうが、それが無理ですので

難しい造作が必要です。

 

engawa02.jpg

 

なので、このように削ってからサネのメス側を差し込み

サッシ枠の黒く塗装した木 (塗装は無駄になりました)

に、被さるようにします。

 

合わせては外して削り、を何回も繰り返す途中で降る雨、

集中力を切らさないようにするのが大変です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

息苦しくてオソロしい床下からのビス打ち作業以来、

縁側床張りから遠ざかっておりましたが、ちょっと

オオゴトだった天井ダウンライトの取り付けも完了し

本日、一気に作業を進めます。

 

長手方向が約8mあるので、縦のジョイント部分が

1、2ケ所は必ず出てきますが、そこで段差が生じず

全体が一直線になるよう細心の注意が必要です。

 

engawa01.jpg

 

掃きだし窓側の細い一列を残して本日終了。

 

床が白木のままだからか、こうして床を張ると、あれ

こんなに広かったかな? って感じの縁側です。

 

さて最後の一列が相当に難しそうです。

上手くいきますように・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

床張りや塗装、アレコレ工事もあるのですが、日曜日の

お昼過ぎからは村の集会があります。

 

塗装は途中で中断させられませんし、床張りも道具類を

片付けるだけで時間がかかります。

 

という訳の日曜午前、ちょっと遊ばせてもらうことにして

小屋からオフロードバイクを出してきてタイヤ交換です。

 

アマチュアレースに頻繁に参加していた頃は日常でしたが

久々の作業、手順を思い浮かべ萌えます。 (笑)

 

tirechange.jpg

 

リアホイールを外し、端材で作った四角い木枠にのせて

ビードを落とし、タイヤレバーで持ち上げて・・・

 

順調でしたが、スポークニップルとの接触で相当傷んでいた

リムバンドが寿命と劣化で切れてしまい手持ちがありません。

 

うう、ここで作業中断。 競技目的なら布ガムテープを使う手も

考えられますが、現行使用ではデメリットのほうが多そう。

 

お昼も近づき、リムにタイヤだけ付けた状態で組んで、小屋に

押し入れ、リアをリフトアップさせて終了。

 

結局、タイヤ交換も中途半端な作業になってしまいました。

 

さて、本日の集会のメイン議題、まつたけ山の入札して (笑)

幼い頃の記憶・・・ まつたけばっかりのすき焼きしますかぁ!

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

照明器具の枠、一作目は先に塗装したのですが結果的には

採用されずとなったので工作時間が無駄になりました。

 

なので長方形で作った二作目は厚みだけ塗っておいて、先に

取り付けてから、脚立に上がって塗装します。

 

万が一を考えて床側の養生が必要ですが、乾燥場所が必要ない

ので塗ってしまえば手間がかかりません。

 

さて、VVFの1.6mmで送り配線してから器具を取り付けてみます。

 

lightring03.jpg

 

天井裏の中心に桟があり、それを避けるため照明位置をズラしたの

ですが、ズレが少しだと失敗したように見えるかな、と大きくズラした

のがオオゴトを招いた照明工事、結果オーライということで。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

出てきた桟を避けるため、3cmズラせて穴を開けなおします。

 

1個目の穴は仕方ありませんが、他の4個はこれでOKのハズ。

と作業を続けると3個目でまた桟が!

 

縁側の天井裏で斜めに入ってる?

いや、継ぎ足して桟1本分、一寸ほどズレて延びているのか?

 

見えない桟の位置を想像してみます。 こんな時、大工さんなら

縁側の天井の吊り方のセオリーを知っておられるでしょうから、

難なく問題解決でしょうが、素人露呈。

 

結果5ケ所中、2ケ所の穴で余分に傷をつけてしまいました。

どう隠すか?

 

薄板で角型ダウンライトの枠より大き目のリングを作り、それを

天井に貼り付けてから器具の取り付けをする、という作戦で。

 

lightring01.jpg

 

1作目、薄板6枚 (予備付き) をコンパネ上にビスで固定してから

切り抜いて作った楕円リング、(写真は端材側) 塗装もしましたが

和室の縁側にはデザインが合わないようで作り直します。

 

lightring02.jpg

 

2作目。 これで行きましょう!

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

縁側の杉板を張り始めて、「あっ、先に天井の照明器具を

取り付けておこう」 とか 「小壁の漆喰を塗り残してるなぁ」

と気になり始めて、床はおいといてそれらの工事を・・・

 

レーザー墨出し器を使って天井に直線を出し、ミニ角型の

ダウンライト5個が真っ直ぐに付くようケガいて1個目の穴を

開けると・・・ オーノォー!

 

天井を吊っている桟を避けるために、中心からズラした所に

穴を開けたのに、ここにも桟が!

 

こ、困った。

 

余計な仕事が増えそうな気配ムンムンで落ち込んでみたり。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

真っ昼間の暑さは同様ですが、朝晩の涼しさに夏から秋へ、

季節の変わり目がはっきりと感じられます。

 

エアコン無しで耐えた今夏ですが、どうせならエコポイントが

付くうちにと思いますので、そろそろ購入しましょうか。 (笑)

 

さてそんな中、いつもは丸めてどこに蹴飛ばしたか分からない

タオルケットですが、9月に入ってちゃんと被っています。

 

そろそろ布団への交代も近いのでしょう。

 

そうなると以前に書いた親子ベッドの登場を願いたいのですが

なかなか気に入るモノが見つかりません。

 

なので、これも自分で作ることに決めて本日、資材買い出しの

ついでに、標準的なベッドやマットレスの寸法を測ってきました。

 

アタマの中ではすでにスノコ式のベッドが出来上がっていますが

イメージ通りのモノが作られるかどうか・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • oyakobed01.jpg
  • yuzu20.jpg
  • niji20100925.jpg
  • engawa05.jpg
  • dassouyuzu02.jpg
  • engawa04.jpg
  • engawa03.jpg
  • engawa02.jpg
  • engawa01.jpg
  • tirechange.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja