2010年4月アーカイブ

 

 

ガラスサッシ内側の広縁を解体すると、床下の隙間から吹き込んだ風が

地面の砂埃を舞い上げ、障子戸の隙間から室内に吹き込みます。

 

とにもかくにも床を塞ぐまでの工事を早く進めたいです。

 

地面を均して、生コンの上端墨を入れ、防湿シートを敷き込み、ワイヤー

メッシュを並べ、結束線で繋ぎ、グリ石で全体を浮かせて準備完了。

 

囲炉裏 (予定) 和室、広縁と、その作業を済ませ、生コンを頼もうと

カレンダーを見ると、今日しかありません!

 

それを逃すと、GW中の1週間ほどは吹き込む、風と埃との闘いです。

 

あわてて朝一番にお願いすると、午後からの2立米となって、掃き出し

サイズのサッシ8枚を外し、レールや柱を養生してミキサー車を待って・・・

 

の、続きのヘロヘロ報告は、また明日に。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

解体はしたものの、その廃材を地面に落としたままだった

縁側の片付けをします。

 

古い時代の工事で、床の下地材にはOSB合板状のものが

使われていたのですが、なぜそれを? 縁側の床下ですから

外気が直接あたります。 多少の断熱性が期待できたから?

 

いずれにしても、そのパーティクルボードが劣化して粉状に

なるものですから、解体も片付けもおおごとです。

 

施工時には床の断熱工事をどのようにしましょうか・・・

 

庭から覗き込んだ際に、断熱材の色がモロに見えるのも

抵抗がありますし。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

暗いうちから動き始めた今日は、わらび採りの日です。

 

着替えや簡易コンロ、カップ麺、ポットにコーヒーなどを

用意したら、年に一度だけ訪れる別荘 (笑) 目指して

クルマを走らせます。

 

現場では完全装備で草木の中に分け入って、例年より

少な目の収獲に、クルマを停めた場所に戻ってみると・・・

 

その周辺が、わらびの園になっています!

 

10warabi.jpg

 

採っても、採っても、わらび! わらび! わらび!

 

二人が食べられる分 + α で十分です。 別荘で手を洗って

簡単、でも温かい朝食 & デザートして、後ろ髪を引かれる

思いで現場を後にし、久々の温泉ドライブです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

昨夕はパソコン先生として、初心者の方宅に訪問して

音楽や映像を取り込んでから、メディアに記録し直し、

かつ、分かりやすいレーベルを印刷する講習です。

 

って、自身がまったく興味の無い分野だったので、さも

知識があるようなフリをしつつ、さりげなく適切な手法を

探りつつの指導です。 (笑)

 

最近のPCやプリンタってホントに進んでいて、そういった

一連の操作をガイダンスに従って進めていけば、簡単に

完成品にたどり着けるのですね。

 

こちらが機械に教えられました。

 

朝から雨が降り現場作業が難しい今日も、午後からは

ちょっと調子の悪いPCの様子を見に伺います。

 

超、深刻な状態ではなく、比較的簡単に復帰が出来て

幸いです。 ついでにバックアップをとって完了。

 

歴代の Windows OS に興味を持って付き合ってきた

甲斐がちょっとあります。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

完成した和室と現在、床をめくっている和室、この二間に接する

広縁の解体を始めました。

 

生コンを打つ際に、まとめて施工したほうが効率が良いですから。

 

部屋の障子の外側、掃き出しサイズのサッシの内側の床ですから、

外から縁の下に入るように、ひょいっと潜れば、もう家の中です。

 

防犯も何もあったもんじゃありませんが、昨年の今頃は壁を落として

ブルーシート1枚で外と区切っていましたから、大いなる出世です。

 

そういえば工事現場用の仮設トイレにも2ヶ月間通ったなぁ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

あまりに心地よい空気感の休日! って朝に、家の中での

作業なんかしてられんな、と外に出て草刈りから始めます。

 

一面だけですがキレイにすると、これまた気持ちいい。

ちょっと足りないものの買い物は、スクーターでプルルルル。

 

午後になってガマンしきれなくなって、小屋からバイクを

引っ張り出してしっかり暖気。 グルッと1時間ほど信号も

何も無い道を走ってきました。

 

夕方からは、自宅の改装、改築を始める前に寄ってもらって

一緒に宴会したご夫婦が、久々に訪ねてくれてのまた宴会。

 

家の変化に驚いていただけたのが、かなり嬉しい夜です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

途中で接いであるのは、やはり不安なので大引も撤去して

交換することにします。 もちろん根太も。

 

まずレベルに合わせて大引を刻んで、土台に架けてみてから

一旦外して、下側になる部分や木口に強力な防腐、防蟻塗料を

たっぷり塗って再度、架けなおして固定します。

 

で、大引1本に5ヶ所、束を設けるのですが、それは後回しにして

地面を均してから防湿シートを敷き詰め、ワイヤーメッシュを設置。

 

それから、羽子板付きの沓石を置く場所のワイヤーを切って設置し、

およそのレベルを出してから寸法を測って束を嵌め込みます。

 

メッシュ同士を結束線で繋ぎ、石をかませて浮かせて準備完了。

あとは生コンを流し込んでもらってからの根太設置です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

またまた軽の箱バンに無理を言わせた、大引や根太、沓石、

ワイヤーメッシュなどの資材買い出しを午前中に済ませ、

午後からは訪ねてくれた友人と、お茶しながらの世間話。

 

いやいや改め、世間シンポジウム。

 

改装なった和室で、新作の長座椅子に腰を下ろし、身近な

ところから世界情勢まで。

 

いつもは延々と日が暮れるまで、口も開かずの一人作業。

時には有意義に意見を交わす時間も必要です @ 6時間。 (笑)

 

PS、長座椅子の座り心地のよさも確認できました。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

ゆず (飼い猫) にも時々 (1ヶ月毎くらいかな) 風呂に入って

もらっております。 (大きめ洗面器 & シャワー)

 

普段はネコをかぶって小さく 「ニャー」 としか鳴かないのですが

抱えて風呂場に連れて行くと、断末魔の叫び 「グギニャァ△※☐」

を聞けるのがちょっと楽しみだったのですが、最近は慣れてしまい、

「はぁぁ、気持ちエエのぉ」 と、おとなしく洗われています。

 

すぼんで細々の濡れネコを専用バスタオルで拭いて、ドライヤーの

弱風で乾かして・・・ それでもそこから3時間ほどは散々からだ中を

舐めまわしています。

 

外していた、住所と電話番号を書いた首輪をつけて風呂完了。

 

yuzu17.jpg

 

「ん? なんですか??」

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

火打ち (隅にある斜めの補強材) 部分に、スポットライト4個を

照明器具として取り付け終えて、抜いた天井より上の部分の

造作が完了したので、床下工事に入ります。

 

畳下板を取り外し、レーザーで墨を確認すると、大引は片側が

微妙に下がっているようですし、途中で接いであります。

 

敷居のレベルを胴縁を使って調整し、やはり大引、根太ともに

撤去して新設したほうが良さそうです。 その方向で行きましょう。

 

さて、囲炉裏を設置する場所の立ち上がりはどうしましょう?

コンクリートブロックとかでいいのかなぁ。

 

寒気が伝わりにくい構造にしたいです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

養生に中一日かけて、しっかり乾燥したオスモクリア、軽くウエスで

擦って表面のザラ付きを取り除き部材の準備が整いました。

 

おしりが接する部分には、厚手の床断熱材を切ってはめ込みます。

 

裏にフェルトのクッションが付いた、畳表? ゴザ? (ホムセン調達)

を、テンションを掛けながら、椅子に巻きつけてタッカーで固定。

 

その切り口を隠し、しっかり押さえるための板をビスで止めます。

表皮は定期的な交換が必要でしょうから。

 

長座椅子2脚完成。

 

nagazaisu01.jpg

 

さて、座り心地を試してみなければなりません。

 

発泡材のおかげで、暖房器具が仕込んであるのか、と思うほど

おしり暖か、背筋が伸びで飲食できる高さもバッチリ。

 

酒がすすみます。 (笑)

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

木部が完成した座椅子を昨日、オスモカラーのクリアで

塗っておいたのですが、仕上げをするには、まだ早そう。

 

なので気になっていた屋根回りの手入れや、壊れたまま

放ったらかしにしていた雨樋の補修をします。

 

集水枡の位置を変えたいので、雨樋の傾斜を逆にして

付け直し、バケツで水を流して確認などしながらの工事。

 

思い通りに完成して、あとは大雨時の排水能力ですが、

それは、その時に確認ということで・・・ (笑)

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

 

作業をしていると、まったく気付かないのですが、遠くから聞こえる

草払い機の音も消え、日が暮れて、まだ虫たちの合唱も始まらない

この季節 「あっ、雨が降り出した」 と勘違いすることが間々あります。

 

歳のせいか、ネコのせいか、眠りが浅く、その音に 「・・・雨?」 と

目を覚ますのは、ほぼ毎日。

 

サラサラサラと流れる小川の音が、静かな夜には耳に届くのです。

 そして・・・ 水車作りを夢見る眠りに、また落ちてゆきます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

テーブルの長辺用、約160センチ幅、高さを20センチに変更した

長座椅子の製作開始です。

 

床に接する足が2ヶ所だけではたわむので、4つ設けるのですが、

すると正確な工作をしないとシーソー状態になる可能性大。

 

なったらなったで、カンナで微調整すればいいのですが、4つの

足が一直線であることを測るための2mほどの定規がありません。

 

さて、何が流用できるかなぁ。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

先月末に購入したノートPC、スペックに影響されないグラフィックの

キレイさと、サクサク感が心地よいです。

 

古いのに慣れた者には使い難いのですが、OSもスタンダードの

ままで色々試してみて (リカバリとかもね) だいぶ理解です。

 

初チャレンジは、ハードディスク内蔵型の薄型テレビとのリンクで、

テレビにファイルを置いてみたり、録画した番組をPC側で見たり・・・

って! コレが無線ルーターの速度が低すぎて使い物になりません。

 

改築、改装がもう少し進めば、薄型テレビを1台追加予定です。

で、なんでもDLNA接続可の機器同士だと、こっちのテレビで録った

番組を、あっちのテレビで見たり出来るそうです。

 

そのためにはルーター、ハブ・・・ いやケーブルも。

家庭内ネットワークを (笑) 見直さなければなりません。

 

ま、それよりインターネット回線の選択肢が、中継局から距離のある

ADSL環境しかないのを何とかして欲しいのですが・・・ 難しそうです。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

小川のせせらぎを聞きながら、庭の斜面で採れた、まだ

はしりの細いわらびとフキ、夕食には他の食材も加えて

わらびは天ぷらに、フキは昆布と炊いていただきます。

 

2010warabi01.jpg

 

美味しいなぁ春の味。

 

台所で次々と揚げてくれるのを、カウンター越しに立食で

つゆでいただいたり、天塩やレモン果汁。

 

おっ、わかさぎ! タケノコ旨っ! フキノトウ! etc

シアワセ真っ最中です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

一番汚れ染みが付いてしまっている作業着にそでを通し、

朝から塗装工事に取り掛かります。

 

先月購入、搬入し、なんとか据付も終えた梁や、天井を

抜いたことで現れた火打ち (隅にある斜めに入った補強材)

が、それぞれ違う傷みかたをしていたのを、同じトーンに

することで、イメージを統一するためのステイン塗装です。

 

そこそこ高い不安定な足場の上での塗装工事・・・

案の定、グラッときて塗料撒き散らしたりしながらの作業、

なんとか無事完了して、こんな感じです。

 

harihiutci.jpg

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

友人自身が仕込んだ酒を持って寄ってくれたので、

新和室で近況報告などしながらのプチ宴会。

まったりとした時間が流れます。

 

「おっ、クルマ変えた?」

「低めのに」

 

なんか久々に見るスポーツカー、ちょっと全般的に

元気の無さを感じる時代だからこそ 「いいんじゃない」

 

低いルーフにワイドなトレッド。 運転席に座らせてもらうと

グッと沈んだシートに良くない後方視界。

 

若い血がフツフツと血管を流れ始めます。

曲は何をかけてアクセルを踏み込みましょうか。

 

こんなちょっとした気持ちのパワーが嬉しいですし、

応援したくなります。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

寝ている間の激しい雨音に、ただならぬ気配を感じ、夜が明けて

見回ると、小川サイズの御船川は氾濫寸前 (のような気がした)、

現在、工事中の狭い道路は土砂が削られ崩落寸前 (々) です。

 

フツーの雨降りの日だと構えもせずに迎えた今日ですが、ちょっと

台風上陸並みの雨量になっています。

 

そんなアレコレが気になって、自身の作業進まず。

本日の成果は、白熱電球をすべて蛍光灯型電球へ・・・

 

・・・LED、まだ高いもん。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

予報通りの雨模様に、室内で出来る作業に没頭します。

 

囲炉裏設置予定部屋の屋根裏の仕上げ工事、よしずを

半分ほど張り終えたところで、あっ! 電気工事を済ませて

おかねば、と配線し作業続行。 8割ほど終わりました。

 

で、気付いたのですが、囲炉裏がある部屋の照明って、

どのように設置してるの?

 

真上は燻るからダメですし。

 

いままで、まったく目にとまっていなかった囲炉裏部屋の

照明方法。 まずは図書館から (笑) でしょうか。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

用事で街に来たのですが、早目の到着に商店街でクルマから降ろしてもらい、

東来春の中華そばで昼食を済ませ、明日で天守閣への登城が出来なくなる

姫路城へ向かって、ぷらぷらと歩いてみます。

 

入城はすでに1時間待ちの列、桜の樹の下にはシートを広げた花見の宴会や、

お弁当持参の家族の姿。 暖かい陽気にも誘われ楽しそうです。

 

動物園を覗きながら坂を越えると、すでに巨大な足場が組まれ、クレーンが

その高さを大天守と競います。

 

himeji_castle.jpg

 

土手に登ったり、下りたりしながら姫山公園を行くと、幼い日のスパイ手帳の

溶けるメモ用紙を試した水路など、昭和の大修理とともに、ここに住み育ち、

遊び、通学して、恋して。

 

確かな思い出が、そこここに散りばめられていました。

 

現在、平成の大修理を前に街を離れ、新しい土地で暮らし始め、そこでの

思い出が一つ、また一つと積み重なってゆきます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

板の間や、畳の部屋でも、座布団だけに座るより、ほんの少しでも

床からの高さがあったほうが、腰にも、膝にもいいようです。

 

なので、2台置く予定のテーブルの高さはあえて揃えずに、椅子を

選ぶことが出来るようにしても面白いかと・・・

 

zaisu01.jpg

 

10センチ高の座椅子を作り、さっそく腰を下ろして酒を呑んでみると

(あくまで実験です ・ 笑) これでは、少し低いようです。

 

食事用にはテーブルのほうが少し低目がいいようです。

作り直します。

 

現在、立ち呑みしているカウンター用の、ハイスツールも3脚ほど

作らねばなりません。

 

雰囲気のある椅子作り、これもなかなか難題です。

 

床の間に飾るモン、掛けるモンなどにも、まったく縁の無い生活を

していましたから、いつまで経っても飾りっ気ナシですが・・・

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

屋根裏に葦簀 (よしず) を張り詰めるのも、なかなか難しく

ちょっと厭きかけた頃、随分以前に発注していた、新調した

床の間のある部屋用の照明器具が2台、宅配で届いたので

さっそく取り付けてみます。

 

wasyoumei.jpg

 

ちょっと大き目のサイズを頼んだのが、その下で酒を呑みたく

なる雰囲気をかもし出していて正解。

 

明日はプチ宴会でもしましょうか。

 

って、トイレが出来ては宴会。 クローゼットが出来ては宴会 etc

・・・ですが。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

まずはユーザー車検から。 早めに準備を、と先月から書類を

用意しておいたら、年度が替わって重量税が安くなったのね、

返金してもらえて、ちょっと儲かった気分。

 

スムーズに検査ラインを通過して完了。 小型貨物は毎年車検

なので、プロ、ユーザー、プロの繰り返しで受検しています。

 

そのまま囲炉裏部屋、天井作りの資材買い出しを済ませて、

午後からは、また空中足場の上なのですが、先日までのヤワで

落ちそうな梁に換わって、新設の太くて頑丈な古材梁に足場を

架けているので、ちょっと安心作業です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

と昨夕、墨付けした古木の梁を刻み始めます。

 

この方法で正しいのかどうか、自信がなかったので墨付けしたのは

一本だけ、何度も測りなおしながら慎重にノコを入れます。

 

さて、刻み終えた一本目の梁、ロープを掛けたり、引っ張ったりして

散々な目にあいながら設置し終えました。 疲れきって昼食。

 

すると! ありがとうございます! 昨日のコレを読んでくれた友人の

本職大工さんが、「今日は早めに仕事を終えたから」 と、墨付けの

指導 & 応援に寄ってくれました。

 

なるほど、目ウロコ。 そうやってグニッと曲がった材木に墨を付けるのか!

いっぱい教えていただき、二本目はあっという間に設置完了。

 

まだまだ、進んだのは10パーセントほどですが、いい感じの天井に (笑)

なりそうです。

 

重要な勉強をさせていただいた、暖かい春の日です。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

先日、軽四の箱バンに無理をさせて搬入した古材の梁二本。

洗って、乾燥させて、ちょっと磨いて、設置側の準備を済ませ、

やっと本日、梁に墨付けです。

 

って、グニッと曲がった材木にどうやって墨付けするの?

 

知識も無いままに、ああやって、こうすれば何とかなるのかな?

などと、想像だけを頼りに墨を付け終えたら、もう真っ暗です。

 

(レーザーの光が見えやすいから、夕方から始めたので・・・)

 

明日、墨に沿って刻んで・・・ うまく収まるでしょうか。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

バイマーヤンジンさんという、チベットで育ち、中国の音楽大学で学び、

現在、吹田市在住の、妻であり、母であり、歌手の他、色々な活動を

されている女性の語りと唄を聴きに出かけました。

 

町内のお寺で開かれたので、春の陽気と、満開の桜並木が心地よい

川沿いに自転車を走らせます。

 

2010sakura.jpg

 

犬の散歩。 ゴザを広げて花見をしている家族の姿。 きらめく川の流れ。

春ですねぇ。

 

楽しくて考えさせられる話、素敵な歌声を聴かせていただいたあとの

帰りの道は、陰るとまだ肌寒い道でペダルを踏み込みます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

部材は冬に入る前に揃えていたのですが、どうせ寒い間は

使わないだろう、と放ったらかしにしていた、外の流し台用の

配管を修正します。

 

これで、どこでもの湯利用が可能になりました。

 

で、さっそく1年ぶりの洗車。 来週中にはユーザー車検に

持ち込む予定ですので、まずは清掃です。

 

バイクもそうですが、洗車して、油差して、拭き上げることで

異常の早期発見に繋がりますから。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

自宅前の町道の一部が陥没して、だんだんと穴が広がりつつの

1年以上。 やっと予算執行、修復工事が始まりました。

 

穴に何かを詰めて終わり! かなって思っていたのですが、その

原因が水の流れによるものだったので、穴の100倍ほどの土砂を

中型ユンボで削って、かなり大掛かりな現場になっています。

 

工事の人が 「電気借りていいですか?」 って聞いてきたので、

「どうぞ、どうぞ」 のコンセントには、水の汲み上げポンプ4台に

夜間用ライトが繋がれて、現場を煌々と照らしています。

 

そんないっぱい繋ぐとは・・・

 

全部で5アンペア以上あるんじゃないかな。 まして長期に渡りそう。

これはキチンと電気代をいただかなくてはなりませんが、こんな場合

どうやって計算するの???

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

 

 

 

 

 

タイトルには、あえて送り仮名を付けず、また四畳半ではなく、床の間を作った

八畳の部屋の話ですが・・・

 

建具はすべての部屋の造作が終わった後で、まとめて綺麗にするつもりでしたが

せっかくの作業が、床の間横のふすまの古ぼけた感じが台無しなので、そこだけ

先に張り替えることにしました。 ふすま初チャレンジです。

 

まずは裏張り。 木枠を外したあとで、糊を塗って延ばした雲華紙を張ります。

紙が薄くて弱いので、なで刷毛を擦るのが気を使います。

 

裏返して下張り、これまた超薄の茶ちり紙を袋張りにします。 ここが先人の知恵!

四辺隅にだけ糊を塗って張ることで、表張りに下地の線が現れず、パンッと張って、

少し浮き出た感じに仕上がります。

 

その、ふすま紙は少々厚手なので、これまた作業が難しい。

いやはや、職人さんはスゴイです。

 

たった2枚に丸一日かかってしまいました。 (枠のステイン塗装付き)

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

  • スレート屋根: 外での自然の環境下に 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • トタン屋根: 一般住宅用の市場規模 続きを読む
  • スレート屋根: 新製品の材料の傾向に 続きを読む
  • ガルバリウム鋼板屋根価格: 壁の塗装は外壁の下地 続きを読む
  • 喪中はがきはどこで買える?コンビニで販売してる?: どもー。 ゆきずりの 続きを読む
  • ガルバリウム屋根工事: 屋根の単体工事を建築 続きを読む
  • 福島県の外壁塗装の情報: 福島県の外壁塗装のと 続きを読む

アイテム

  • 10warabi.jpg
  • yuzu17.jpg
  • nagazaisu01.jpg
  • 2010warabi01.jpg
  • harihiutci.jpg
  • himeji_castle.jpg
  • zaisu01.jpg
  • wasyoumei.jpg
  • 2010sakura.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja