襖の下張

 

 

タイトルには、あえて送り仮名を付けず、また四畳半ではなく、床の間を作った

八畳の部屋の話ですが・・・

 

建具はすべての部屋の造作が終わった後で、まとめて綺麗にするつもりでしたが

せっかくの作業が、床の間横のふすまの古ぼけた感じが台無しなので、そこだけ

先に張り替えることにしました。 ふすま初チャレンジです。

 

まずは裏張り。 木枠を外したあとで、糊を塗って延ばした雲華紙を張ります。

紙が薄くて弱いので、なで刷毛を擦るのが気を使います。

 

裏返して下張り、これまた超薄の茶ちり紙を袋張りにします。 ここが先人の知恵!

四辺隅にだけ糊を塗って張ることで、表張りに下地の線が現れず、パンッと張って、

少し浮き出た感じに仕上がります。

 

その、ふすま紙は少々厚手なので、これまた作業が難しい。

いやはや、職人さんはスゴイです。

 

たった2枚に丸一日かかってしまいました。 (枠のステイン塗装付き)

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/615

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja