2019年12月アーカイブ

 

 

粛々と着実にアレコレを減らして行きたいところに、緊急の事態が舞い込むのは

よくあるハナシで「 天井から大量の水が漏っているので、一緒に見に来て! 」

 

事務所が入るビルの4階からの漏水のようで、3階駐車場の天井からポタポタと

いや、ボタボタ? ドバドバ? そこそこキツめの雨が降っているくらいの量が

コンクリートから染み出ています。

 

あぁ、そういえばアパートの3階に暮らしていた頃、真上の4階の洗濯機の給水

ホースが外れ、蛇口全開状態で噴出した水が、ウチの家の天井全体からそれこそ

豪雨のように降ってきたことが思い出されます。

 

バケツで受けるとかのレベルではまったくなくて、レジャーシート状のモノとか

大き目のゴミ袋を家具にかけるのが精一杯で、もう笑うしかありませんでした。

 

ドアを叩けど、上の階の住人不在中の出来事で、パイプスペースの元栓を閉める

ことに気づくまでが長かった。( 笑 )

 

さて、昨日の事故現場、漏水の真上の部屋はリフォーム中で、まぁソコに原因が

あるだろうことは、ほぼ間違いなく、調べ調べてもらった結果、新しく入替えた

シンクの排水ホースの水が床下に流れ出ていたようで・・・

 

リフォームの見積って、施主にとっても、施工業者にとっても難しいですよね。

 

例えば300万円で受けた工事開始後に、めくった壁の内側の構造柱が傷んでいる

ことに気づいても、見て見ぬふりの新壁で塞ぎ、予算で収めた業者が良いのか?

ソレの補修を提案して、支払が見積より高くなってしまった業者は儲け主義か?

 

「 めくらないと分からない 」ところが多くて、双方にとってリスキーです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

年内必須であるのにやり残しているアレコレを憂い、残り日数を指追ってみれば

「 アレま! エライこっちゃ 」どうなる? ワタクシ・・・

 

今週末には、仕事へ向かう彼女を見送ったその足で、飼い猫の " ゆず " と一緒に

軽トラに乗って、動物病院までプチドライブの予定です。

 

集落に響き渡る、断末魔の鳴き声を聞くことが出来ます。

 

必須項目の大半を占める本業は横に置いて、大判、中判、ミニ判サイズ3種類の

ポスター制作も必須なのですが、まぁ、もちろんコレらはパソコンで作ることに

なるものの、ポスターカラーと筆を使ってみたい気分も。( 持っていませんが )

 

絵具皿にちょうどいい塩梅( アンバイと書けば齢を感じるのはワタクシだけ? )

に溶いたポスターカラーを、ちょっとリッチな筆でケント紙にククゥ~と延ばす

感じがたまりません。

 

今どきのドローソフトは、水彩画の薄く溶いた絵具が混ざって滲む、その微妙な

具合まで再現してくれて、ホント、ビビルほどキレイなのですが・・・

 

ワトソン紙かアルシュ紙に、カラス口を使ってロゴの輪郭を引き、紙を少しだけ

湿らせてから、薄く薄く溶いたホルベインかターナーのマヤブルーが滲んでゆく

感じがたまりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" MS Access " を急ぎで編集する必要が生じ、ググッと集中した時間を過ごした

のですが、なんとか丸1日で完了して動作確認、なかなかの充実感です。( 笑 )

 

イジリ好きな方のオートバイと一緒で、なかなか手間はかかるのですが、キャブ

レターをバラしてキレイにして新しいガソリンを送り込み、調子よくエンジンが

掛かった際の喜びと通ずるものがあるでしょうか。

 

その内容はちょっと横に置いておき、ワタクシの「 なんでも触って確かめたい 」

という、DIY 好きな趣味嗜好とピッタリとマッチするこのソフトウェアは、そも

そもワタクシがパソコンを手に入れる前に、ワープロの( あぁ、懐かしい響き )

カルク計算ソフト( エクセルみたいなの ♪ )を使い、超簡単なデータベースを

触りかけた頃に、その存在を知って解説本など購入し「 このソフトを使いたい 」

から Windows95 ノート( たしか50万円!ほどした )の購入に繋がるのです。

 

つまり、パソコン使用開始より先に、ソフトウェアを勉強しかけていたのです。

 

という訳で、アレコレ試行錯誤しながら運用をしはじめて、実際の売上に繋がり

活躍している頃もありましたし、現在もその活動を影で支えているオリジナルな

データベースソフトウェアと成長して、かなり思い入れが強いのです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 どこに行ってみたい? 見てみたい?」との問いに「 雲海に浮かぶ竹田城 !」

との答えが返ってきたのですが、ほぅ、これはなかなかハードルの高い・・・

 

まぁ、ワタクシも見たことはないのですが、シーズンは今頃も良さそうなものの

運に左右されながらの早朝も暗いうちから、いや駐車スペースのことを考えれば

前夜から現地に入り、クルマを停めた場所からは、ヘッドランプの灯りを頼りに

山道を登って、指定された展望台まで。

 

寒さ対策、トイレ対策が必須です。

 

見るなら明るめの双眼鏡が適切でしょうが、" 撮る " となれば望遠レンズも必要

と、ざっと思いつくだけでもハードルが高い・・・

 

20191210_mifune.jpg

 

これは昨朝、集落から出る際に通過する、小さな峠からの遠望ですが、同日の朝

竹田城はどうだったのでしょうね。

 

ちなみにワタクシが行ってみたい場所は「 千里川の土手 ♪ 」と答えたのですが

斜め向かいの席の女性が「 あっ、わたし何度も行ったことがあります ♪ 」って

かなりウラヤマシイぞぉ~、同志よ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

なんの因果か、どういった仕組みか、いつの頃からかワタクシのタイムラインを

プロ、もしくはプロ並みモデラーの、作品作りの工程が流れて行きます。

 

ワタクシ自身が " フォロー " したり " イイネ " したりした訳ではありませんが、

確実にワタクシの琴線に触れて、ワクワク、ドキドキを喚起するのです。

 

現在、タイムラインを流れるのはミリタリーモノが多いのですが、フィギュアや

小物への陰影の施し方次第で、リアリティがグンと増して、活き活きする様子や

本体へのウェザリングは、もうビビるレベル!

 

経年劣化した鉄板で出来たプラスチックモデルになって行きます。

 

同世代男子は、みんなプラモデル好き=「つばめや好き」だったのですが、かく

言うワタクシも当然、ミリタリーは陸上モノから航空機あたりを。

 

" メッサーシュミット Bf109 " の直線的な切り返しの迷彩柄がカッコよかった。

 

迷彩柄と言えば、最近の都市型迷彩も単純そうに見えて複雑で、スーパーカーに

施されているのを見かけたこともありますが、あれはラッピング技術でしょうか。

 

そうそう、ウチの飼い猫の " ゆず " も航空機と同じ理屈の迷彩で、黒い板張りの

床の部屋に居るところを上から見下ろすと、床と同化してその存在を見失います。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

う~ん「 ちょっと外を歩いた ♪ 」程度でしたが、微妙なバランスで保っている

ジンマシンの発症に刺激を与えてしまうと、小康状態が崩壊してオオゴトに。

 

すると超頭痛発症。

 

かなり以前になりますが、頭部CT検査も受け「 キレイな脳ですね 」とホメられ

( シワが少ないということか!?・笑 ) " 後頭神経ブロック " 注射で少しの間

快方に向かった気もしていたのですが・・・

 

頭痛とジンマシンとの因果関係ははっきりしない&ウェブを探ってもそのような

事例は見つかりませんが、実体験としては完全にリンクしていて、血管があれば

どこにでも発症する可能性があるので、ジンマシンの悪化で、脳の硬膜あたりか

脳本体からか、血管から漏れ出した成分が、その脳に圧迫を加えているのでは?

 

いずれにしても、カラダを動かせば「 やめて! そっとしておいて! 」てな感じ

ですし、アタマを使う作業は言わずもがな・・・

 

コマッタ、コマッタの、約20年のつき合いにしてしまっています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、町を歩く楽しさが9割、少しでも運動になればとの思い1割ほどで

シャキシャキ姿勢の徒歩にて、銀行などの用事へ向かうのですが、ちょっと冷え

気味の外気に触れて、マスクやメガネの保護域から微妙に外れている目の周辺や

手の指など末端に、ジンマシンがブワーと出てくるのでカナワンです。

 

ココロもカラダも元気なのですが、冬はアレルギー体質が冷気を不快と感じたり

夏は夏で汗をかいた皮膚が不快と感じたりで、ステロイド服用から、さてはては

緊急の静脈点滴に至ったりと、自分で自分の体質に気を遣わねばなりません。

 

「 30歳代のあの日に発症した 」と言える、その日が記憶にあります。

 

さて夜も冷え込んだので、昨夜は飼い猫の " ゆず " が、ワタクシの布団の中へと

もぐり込んできたのですが、密着度の高い布団カバーを使用しているので( 参照

高気密布団カバー )息が詰まらないか心配で、時折ちょっと持ち上げ、外気を

入れてやらねばなりません。

 

yuzu208.jpg

 

「 にゃに? 」 11歳と少々の " ゆず " 。

 

yuzu192.jpg

 

11年前の " ゆず " 。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

もう少しキレイにしておきたいエリアはあるものの・・・

草刈りのシーズンが終了しました。

 

するといきなり、運動不足が顕著になり「 こりゃ何かせねば 」とは思うものの

行動には結びついていない大変よろしくない状態。 生活習慣病とか高血圧とか

まったく無縁のことだと思っていましたが、近寄ってきている気配があります。

 

過去の運動能力が忘れられず、子供の運動会でスッ転ぶお父さん同様、若かりし

イメージが捨てきれていない、ダメダメ状態ですが、とくにハード系スポーツが

好きだったぶん「 やるなら汗がボタボタ流れ落ちるような運動だな 」と勝手に

思い込んで、最初の一歩が踏み出せていません。

 

草刈りもボタボタと汗が流れ落ちますから。( 笑 )

 

日常でも歩くのは好きなので、近隣への用事にはあえて徒歩で向かうこともある

ものの、その際に姿勢は気をつけますが「 汗はかかないように 」がキホン。

 

言い訳などせずに、一歩を踏み出さねば・・・

みなさん何で汗を流されてるんだろ?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

小康状態が続いているものと、先週に動物病院で血液検査をしてもらったところ

先々月と比較して、BUN(血中尿素窒素値)、CRE(クレアチニン値)が上がり

いままでは週1回だった点滴が、週3回へと変更になっています。

 

ワタクシが担当しますので、おのず、ワタクシの穿刺技術が向上中。

 

それとは別に、シリンジを使い朝に1種類、夜に2種類の服薬をしていますので

飼い猫の " ゆず " も、多くのヒトの高齢者と同様に、なかなか忙しい。

 

現在は11歳と数か月ですから、ヒト換算すれば60歳ほどで、昨年はワタクシと

ほぼ同世代でしたが現在、抜かされ始めていますね。

 

" ゆず " 先輩です。( 笑 )

 

ヒトも70代現役、80代まぁまぁ、90代を健康に過ごし、100歳標準になりつつ

ありますから、" ゆず " にも、え~と換算表によると20歳くらいまではボチボチ

過ごして欲しいところなのですが・・・

 

yuzu207.jpg

 

「 にゃにぃ~? 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

行列が出来る店に興味はあれども「 実際に並んでまでは・・ 」と、おっしゃる

ワタクシ自身や、みなさん方々へのジマンになるのですが・・・ m(__)m

 

昨夜の夕食は、ワタクシのリクエストで、自宅へ帰る途中のスーパーで買い物を

済ませてからの " 岩津ネギのスープ " の予定だったのですが、職場の駐車場から

国道を数十メートル進んでチラッと横を見れば、暖簾は出ているものの行列ナシ。

 

「 おっと! コレは立ち寄らねば 」と、メニューを変更し、焼肉の " マルフク "

さんでの夕食となって、瓶ビールとノンアルビールを頼んでカンパイ。

 

アバラとホルモン焼いて、食べて、約30分の「 ごちそうさま 」は、まじで夕食。

 

いつも必ず店の前に行列が出来ている、安くて美味しい人気の焼肉屋さんですが

という訳で、暖簾が出ていて、かつ行列が出来ていない瞬間のみを狙って、月に

1~2度、夕食に立ち寄らせていただいております。 ホルモン抜群 ♪

 

もう一軒、すぐご近所の国道沿いにある " つけ麺 冨 " さんも、大繁盛のお店で、

土曜日などは他府県ナンバーの車やオートバイも多数ですが、昼食に向かう足で

通りかかって、ガラス越しのカウンター席に空席があれば、立ち寄らせてもらう

こともあるのですが、より繁盛して、最近はその瞬間も少なくなったなぁ~

 

DIYペースで、お店が徐々に出来上がりつつあるハンバーガー屋さんも楽しみ ♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ポータルサイトに「 来年、1月14日に Windows7 の延長サポートが終了する 」

との記載が目立つようになり、「 えっ! まだサポート期間中だったの? 」

 

ソフトウェア側の対応など色々な問題があったり、企業だったり、個人だったり

事情は各種あれど「 使っている人は、もう少ないだろう 」と思っていたところ、

どこまで正確か、OSシェア率も 26.86% と意外に高くてビックリ。

 

4台あれば1台は " Windows7 " ということになります。

 

ワタクシも「 OSアップグレードが続いた日もあったなぁ 」と、このブログ内を

検索してみれば、2015年夏頃のことで、すでに4年前のこと!

 

元々、GUIに違和感があった Windows8.x でしたので、Win7 から Win10 への

乗り換え時には、OSが変わったことも気づかないくらいに、Win7 ライクなGUI

でセットアップしてあるので、非常に使いやすい状態だと自負しています。

 

ちょうどその頃に " Dropbox " も使い始めたようで、現在も個人的には便利に

使用していますが、全体としては自サバ運用の " Nextcloud " に乗り換え済み

なところ、これがなかなか問題もあって対策に追われる日々。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

おぉ!? ワタクシの取材を追いかけて( と言うワタクシもソースは神戸新聞 )

たぶん、日本一短い橋の珍百景がテレビで放送されてビックリ。

 

残暑が厳しかった9月4日、昼食を摂った喫茶店で読んだ新聞に載っていた記事を

実際に自分自身の目で確かめるべく、そのままその足で橋を探してブラブラ。

 

( その際のハナシはコチラ → 日本一探訪

 

もし探されるのなら、一方通行や狭い道も多い生活路ですから、徒歩か自転車が

おすすめですが意外に見つけにくい。今日は人だかりが出来ているでしょうか。

 

テレビ放送で説明はなかったのですが、ここは参道にあたるのではないのかな?

探す際のヒントにどうぞ。( 笑 )

 

11月3日の記事についても( 墓場迷走 )ワタクシの " 標高51m " との記載から

誰でもが知っている、霊園墓地のことと勘違いされている方もおられたのですが

その日本一?短い橋を渡る参道を通ってお参りする、お寺さんの裏山ですね。

 

ちょっと探訪はおすすめしない、そっとしておくのが適切な場所でしょう。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

何曜日の何時から放送があるのか、まったく意識もしていなのですが、本放送か

再放送か「 なにか興味のある番組はないかな? 」と、チャンネルを動かす際に、

あれば見てしまう " ブラタモリ " 。

 

昨夜は日帰り散策も可能な距離、岡山県は吉備津神社あたりを中心にブラブラ。

 

ワタクシの路地裏好きと相通ずるところもあって、テレビの前に座るタイミング

と合えば、ついつい興味深く見てしまうのですが、なんと! 12月14日(土)の

放送は、赤穂ではなく「姫路城~姫路城で江戸城のロケをするのはあり!?~

 

10月初旬頃から姫路城お堀周辺や、飾磨界隈で「 ロケを見かけた 」とツイート

など見かけていたものの、すっかり忘れていました。

 

放送が楽しみなので見忘れないように、録画をセットしておかねばなりません。

と、いまリモコンを触れば1週間先までしか操作できないし・・・

 

そういえばワタクシも今夏「 飾磨界隈をブラブラしたなぁ 」と、思い起こせば

8月14日のこと。 ブラブラと「 西へ流れて思案橋

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • 20191210_mifune.jpg
  • yuzu208.jpg
  • yuzu207.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja