クリスマスのモモ肉

 

 

「 一日前なら空いているだろう 」と、少々遅めの帰路途上のドライブスルーで

立ち寄った、フライドチキン屋さん。

 

朝に空タンクが近いことに気付けたので、石油ファンヒーター2台への給油など

帰宅後のアレコレを済ませてから「 いただきます♪ 」

 

最近は2ピースが苦しくなってきました。( 笑 )

 

揚げた " かしわ " を食べながら、母と二人暮らしだった幼い頃を思い出します。

 

当時もクリスマスと言えば鶏肉だったのか、ヤマトヤシキの地下食料品売り場の

脂で褐色に染まるガラスのロースターで、金属の串に刺し吊られ、クルクル回り

炙られる骨付きのモモ肉を、たぶん1個買ってきてくれていて、アルミホイルを

巻き、マヨネーズとキャベツを添え、冷たくなって白くて丸いお皿の上に。

 

クリスマスの夜はもちろん、お正月も仕事の母でしたので、24日の夜だったのか

25日だったのか、ワタクシひとり贅沢気分満喫で頬張ったクリスマスのモモ肉。

 

いまでも「 クリスマスに何を食べたい? 」と聞かれれば、ニワトリのモモ肉に

炙られた串の穴が開いている、その映像が記憶に残るソレを食べたい思いです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4047

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu209.jpg
  • 20191210_mifune.jpg
  • yuzu208.jpg
  • yuzu207.jpg
  • yuzu206.jpg
  • 20191116_ontheroad01.jpg
  • 20191116_ankokuji01.jpg
  • yuzu205.jpg
  • 20191110_pizzeria.jpg
  • burger_car.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja