2019年3月アーカイブ

 

 

と、そんなことを書いていると、モータースポーツ系のニュース速報から流れて

きたのは「 マツダがル・マン復帰か! 」ヲイヲイ、嬉しすぎるじゃないですか。

 

すでに30年近くが経とうとしている1991年、ル・マン24時間耐久レースで総合

優勝を飾った " マツダ787B " については過去に何度も取り上げているのですが

当時、優勝の翌日に「 全財産を注ぎ込んででも、マツダを買う! 」と宣言して、

ディーラーへ向かった、いまは亡き友人のことを思い出します。

 

もちろん今回、ル・マン参戦を目指すのは残念ながらロータリーエンジンでなく

直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンを搭載の " RT24-P " となるハズですが

シャシー&ワークスカラーは、現在のマツダを支えているデザイン " 魂動 " を、

巧みに取り入れたモノであることは、なかなかに秀逸です。 

 

ここ最近のマツダ車の統一されたデザイン哲学 " 魂動 " と呼ばれているソレは、

商品を魅力的に成長させており好感が持てるのですが、ソウルレッドクリスタル

メタリックが美しすぎてソレばかりなのと、そこに最近のSUVブームが重なって

ちょっと食傷気味・・・ ヒトは勝手です。

( 実際にはスノーフレイクホワイトパールマイカが多いのかな? )

 

ウチも1台、車両追加となる予定ですが、個人的には新型ジムニーのミディアム

グレー or シフォンアイボリーメタリックを導入して欲しいところ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

2019年の " F1 " が開幕、そして、ホンダエンジンが超久々の表彰台に!

 

これはかなり嬉しいニュースで、エンジンサプライヤーとして復帰後は、目立つ

戦績を残せずにいたので、え~と何年ぶりだ? と調べれば、なんと! まぁ!

11年ぶりの表彰台は2008年のシルバーストン、コンストラクター " ホンダ " の

ルーベンス・バリチェロって、マジか!

 

そんなに遠ざかっていたとは・・・

 

ちなみに、そのレースの7位は " トヨタ " 、8位は " ウィリアムズ・トヨタ " と

いうことで、これまた超久々に新型の " GR スープラ " が、デビューする、その

イメージ戦略にトヨタCEOも登場してくれていることですし、四輪、二輪を含め

日本でのモータースポーツ認知度が、もっと上がりますように。

 

日本製のオートバイや日本人ライダーが " WGP " や " WCT "( トライアル世界

選手権 )で大活躍しても、日本では誰もその名前を知らず、スペインではサイン

攻めの超有名人という、ウソのようなホントのハナシがあります。

 

モータースポーツへの憧れ = 暴走族イメージの時代でもあるまいし、その他の

スポーツ同様に、ニュースなどで取り上げてくれればいいのですが・・・

 

今シーズンのホンダエンジンの活躍に期待するとともに、世界レベルの生産量を

誇る四輪車や二輪車が、もっともっと国内で注目されますように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

自宅で利用しているルーターが壊れ、2台目になっているのですが、それももう

ずいぶん以前のハナシで、なんか性能が落ちてきている、もしくはハナから悪い

ような気がするのですが、ソレを数値で表すことも出来ませんし、壊れなければ

交換の決断も難しい。

 

そもそも、囲炉裏のある客間に( 使っていないけど )電波がよく届くようにと

設置した場所が、現実の動線とズレているのと、一体成型のケースでアンテナが

露出していないために、指向性がイマイチ分からず、見当違いの方向にエリアが

向いているんじゃなかろーか? 見えないだけに疑心暗鬼。

 

そんなこんなで機会があれば、前向きにルーターの入れ替えを検討したいところ

ですが、さて、どのモデルを選べばいいのか?

 

あっ、家に引いているのは中速度のADSL回線ですから、そもそも動画視聴など

範疇になく、家の中のどこにいても、途切れることなく繋がっていれば良し。

 

田舎暮らしの集落の中では、一番小さな家かも知れませんが、それでもソコソコ

家の端から端までの距離があるのですよ、コレが。( 笑 )

 

これからの季節、裏口から外に出た、カーポートの下に置いたテーブルでお茶を

しながら使えればサイコーですし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

当日提出期限の書類を前に、いまだ処理を理解していない数字があり、ウェブで

アレコレ検索を繰り返すワタクシの、ギリギリにもほどがある、その姿勢を反省

せねばなりませんが、今回はコレまでと形式が変わっていることが言い訳です。

 

それに続き、大量の契約書など、慎重を期す書類の作成も、同日中に仕上げねば

ならなくなっているのは、何をどう間違ったのか、事前作成は無理だったのか?

 

・・・工場見学に行ったからですね、ちょうど1日分足らなくなっているのは。

 

その工場では、ロールス・ロイス社に納品している、航空機用ジェットエンジン

" Trent1000 " 、" ~XWB " 、" ~7000 " などの部品加工、モジュール組立を

行っているのですが、その精度、工程数、手間等々、コストを惜しまない設計や

製作技術ハンパなく、それを管理する手法をもっと詳しく知りたいところ。

 

と、自分自身が管理できていないワタクシが書くのもアレですが・・・

見学させてもらったことを意識改革に役立てねばなりません。

 

結果、提出およびソレに付随する手続きを完了させたのは、タイムリミットまで

残り1時間というギリギリにしてしまった反省をね。 繰り返さないように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

めずらしく当選したので、いや全員が当たるのか・・・ ま、ソレは置いておき

大人になって( 1回目はもう20年くらい前のビール工場・出来立てメチャ旨!)

2回目の工場見学へ、仕事を休んで! いつもより早起きで! 向かいます。

 

田畑に囲まれた田舎な風景の中に忽然と現れる未来都市のような駅前が集合場所、

バスに乗り込んで工場へ向かい、敷地の中へと入って行くのですが、写真撮影は

一切禁止なので参考画像はありません。( 笑 )

 

まずは会議室での概要説明の後、帽子、保護メガネ、手袋、案内用レシーバーを

装着し、いざ第1工場内へ。

 

何百キロのインゴットから何十キロの一体モノの完成品を導き出す、その工程の

管理レベルと手間と複雑さ、想像する出荷価格にビビりながら、ワタクシの目が

止まるのは、各職員へその周知をどのような手段で行っているのか。

 

要所要所に設置の大型モニターに映し出されている、工程や労務管理のデータは

○○○〇を使って作られているようですが、複雑すぎて・・・( 笑 )

 

しかし、規模は億千倍違うのですが、学ぶところも多く「 勉強になるなぁ 」と、

第2工場、第3工場、第4工場へと、案内をしていただきながら移動します。

 

見学コース終端からはバスに乗り込んで、最初の会議室のある管理棟へと。

 

製造部門に尋ねる方が多かった質疑応答では、ちょっと総務部の方に、労務管理

とか採用面のことを尋ね、歯切れ良い明快なご回答「 ありがとうございます 」

 

3時間ほどの見学を終え、再びバスで駅前まで送っていただき解散。

 

せっかくですので、ちょっと奮発の駅前ホテル17階のレストランで食事をすれば

遥か眼下遠方に、さきほど見学させていただいた工場が見えています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

スローモーションのように見えていたらしいですが、タイミングの悪いときには

重なるようで、縦長トートバッグ形状の革カバンにキチンと収まっていなかった

財布を入れ直そうとして( 口の開いたカバンにサイフを突っ込んだだけなんて、

すでにココでワタクシ的にはあり得ませんが・笑 )クイ、クイと取り出した際、

ゴツめの手帳型革ケースに収めたスマホも一緒に出ちゃったそうで。

 

で、タイミングの悪いのはココから。

 

「 あっ 」と見ている前で落下して行くスマホ、ゴツイので勝手に開く手帳型の

革ケース( 意味ないやん )すると、ゴツイ分の重みも加わった質量で、足元の

階段のカドにぶつかる、スマホ長辺のカド。

 

点と点の組み合わせで応力倍増し、拾い上げると「 あぁ~、コレは表面の保護

フィルムが割れたのではなく、液晶そのものが割れちゃった 」とワタクシ宛に

電話が入ったのですが、すると「 この通話はナニを使って? 」

 

「 液がジワジワ浸透して、当たったカドから真っ黒になって、どんどん表示が

消えてゆくその前に・・・ あ、あ、あ、あ~ 」

 

どれだけ前のハナシだったかワタクシが行った機種変更時、窓口のオネーさんに

勧められるまま、そんな保険に入ったような記憶はありますが、落下したソレが

対象だったか、どんな保険だったか、そもそも効力が続いているのかどうか。

 

「 とりあえずショップに行って聞いてみて 」

 

・・・入っててよかった保険。 どうやら本体価格の1/10程度の補填で、新品に

交換してもらえるようですが、すでに型落ちで、オジさん色のボディカラーしか

選べなかったのと、宅配便で届くので丸1日かかるのと・・・

 

コレを教訓に、といっても彼女の場合、バッグにサイフやらスマホやら、ゴチャ

ゴチャに突っ込んでいる状況は変わらんやろなぁ。

 

毎回「 無い! 無い! 」と騒いだあとにアレコレ、カバンの中から見つかるし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

2月に報告させて頂いた社内研修会( 参照:研修会でネコ )、その第二回目の

開催ということで、前回は現場で頑張ってもらった方々と交代して、若干少なめ

ほぼ同数の職員に集まってもらうことが出来ました。

 

前回も書かせてもらったのですが、仕事柄と事業場所が集中していないことから

" 一堂に会する " というのがまず難しいので、2回に分けてとはいえ、こうして

集まって学ぶ場を持てたことが嬉しいのです。

 

積極的に研修機会を設けるよう努力はしているのですが、これまでは個々に参加

する方法だけだったので、一歩進めた感はあるのですが、会議室等の広い会場が

社内にはないので、今後どういったアイデアで乗り切るのかは、ちょっと問題。

 

一事業場所で専業していただている方も多いので、研修会場を持ち回り出来れば

各事業所がどういったことをしているのか、見学を兼ねられるのですが、実際は

ホント、点在させてしまっているので、移動&駐車場が難しいでしょうか・・・

 

まだまだ遠いいつの日にか、会社を誰かに託す日がやってきたとき、しっかりと

した会社であれるように、日々、個人も会社も努力を重ねて行かねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

確定申告書の提出締切が近づいていますが、関係するみなさんは、すでに過去の

ことか、余裕で迎えられていることと存じます。( 時候の挨拶に使えそう・笑 )

 

さて、給与のみ所得者の場合、生命保険や住宅等、およそ事業所側で年末調整を

してくれるので、医療費控除や寄付金控除( 話題のふるさと納税のワンストップ

納税を選択しなかった方 )がある方以外は、確定申告をしたことのない方も多い

かもですから、いまから " e-Tax " を申し込んでおいて、次回はあなたも。

 

自分自身の出身市町村や家族の市町村に( 過疎化が問題になっている市町村なら

ぜひ!)ふるさと納税をしてみて、その控除分の申請を確定申告を用いてすれば

誰でも経験できます。

 

あと医療費控除、同一家計分は合算できますから、病院や薬局の領収書は忘れず

保管しておき、家族内でちょっと「 要ったぞ 」となれば、1年分を計算してみて

10万円を超えた金額を所得から差し引くことが出来ます。

 

《 初歩の初歩講座 》

収入=「 年収200万 」と言う場合の200万円。社会保険等の " 天引き " 分含む。

( 源泉徴収票の " 支払金額 " )

所得=「 年収200万 」の場合で「 122万 」( 年収金額に応じた計算式がある )

( 源泉徴収票の " 給与所得控除後の金額 " )( この金額から社会保険料や生命

保険料から控除できる分、ふるさと納税額から2,000円を引いた額、基礎控除額

等々を引いた金額への課税が、1年間の( 1/1~12/31 )" 源泉徴収税額 " )

 

で、ふるさと納税や医療費控除を確定申告してみて、納税の仕組みを知ることに

何のメリットがあるのか? というと( 今回はその微々たる( 笑 )節税金額に

については触れない )もし、あなたが定年退職後に「 ちょっとお小遣い程度に

起業してみるか 」と考えている際の練習ですね。

 

いまから " 所得税 " の仕組みを「 なるほどね 」と知っておけば、たぶん一人で

何かしらの売上があるようになった際、2~3月あたりにも申告に悩むことなく

本業に専念できますから。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

パッケージにイヌの写真が載っていた、ゴム製のブラシと掃除機を用意しだすと

その気配にソソっとテーブル下に隠れるところを、むんずと引き出し、いつもの

ブラッシング場所に行けば、あきらめて大人しくしています。

 

てか、ブラッシングを始めれば、気持ちよさそうにトロっとした目をしてるし。

 

しかし、お腹側は別で、ひっくり返すとニャーニャー訴えが続きますし、それを

無視してブラッシングを続ければ「 シャーッ! 」と、こっちがビビル鳴き声を

出しますが、負けずにブラシすれば、観念してお腹もされるがままに。

 

水面のきらめきに、あたたかい陽射しに、休日の雨にさえ春の訪れを感じますが

ブラッシングで抜ける " ゆず " の毛の量にも、気温の上昇が明確に。

 

背中側とお腹側で、毛の質がまったく違うのですが、シッポはシッポでまた別で

ここも抜ける、抜ける、調子に乗ってブラッシングし過ぎて薄毛にしちゃたし。

 

終わったらホッとして、春の訪れを感じつつまったりと。

 

yuzu187.jpg

 

「 zzzzz 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ファックス送信の1枚目「 送付状を含む 」の、その送付状に気を配ることなく、

何かのソフトウェアのサンプルフォーマットを、そのまま使用していたのですが

今更ながらの今更気づき「 こりゃイカン 」と、オリジナルのものを作成します。

 

浸透させたい思いで作ったロゴがありますので、ドローソフトを使ってそれらを

タイトルに配置して・・・ と、ここでアレコレ。

 

「 ちょっと凝ってやろう 」と、モノクロームのグラデーションを使用してみて、

直接、プリントアウトしたモノはキレイですが、これをファックスした際に再現

出来るかが問題で却下等々、ファックス特性とデザインを合わす必要があります。

 

で、書式プラットフォームには万人使用を考慮の結果、MSワードでいいとして

先ほどのロゴを、何で貼り付けるのが適切か?

 

画質優先で、グレースケールのTIFFもアリでしょうが、各々送信済みファイルを

保存しますので、あまり重くなってもですから、デザインをソレに合わせ込んだ

JPGあたりが適切でしょうか・・・

 

という訳で完成した、各部門に合わせた新しい " 送付状 " 、「 さて運用! 」の

一歩手前で誤植が見つかったし。( 恥 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

" お気に入りのペン " と言っても、ペン本体ではなく、中身の芯がお気に入りの

ジェットストリームですが、標準モデルはクリップ部分がプラスチック製なので

半年も持たずに割れて、デスクの引き出し行きとなるか、もしくは " 紛失 " して

" 消耗品 " と諦めていたのに! クリップを金属製にした、ほんの少しグレード

アップした商品にしてから、もう3年以上活躍させているような気が・・・

 

(1・書き味の良さ )に( 2・クリップ部の耐久度 )が加わり、そこに自身の

(3・無くさない自信 )も大きくなって、そろそろ使用中の安っぽい m(__)m

ボディから、ちょっとリッチな見た目のボディに( もちろん芯はいまのままで )

グレードアップさせてもよいのではなかろーか?

 

結構な頻度で、契約書のサインなどにも使っていますから。

 

便利に使っているのは " 2&1 " と呼ばれるタイプの黒、赤、2色のボールペンと

シャープペンが一体となったモノで、ワタクシにとってはコレの使い勝手がいい。

 

という訳で探してみたのですが、メーカー純正の高級タイプは、ちょっとコレは

の見た目で( クリップ部にプラスチック製の宝石が埋め込んである )もう少し

違った細工で所有感を高めて欲しいところ・・・

 

この分野でも、俗にいう " 社外品 " とか " アフターパーツ " という存在がある

のでしょうか? 無垢材削り出しとか、革巻きとか。 芯はもちろん純正で。

 

ちょっと知識に欠ける分野です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

シーズン真っ只中となって、というか真冬から始まっていますが、彼女を含めて

花粉症の反応が早い、ひどい方々にとっては辛い季節となっています。

 

この季節になると思い出すのは、残雪ツーリングを楽しもうと林道に入り、まぁ

兵庫県北部あたりでも、残雪といえど深い場所ではGWあたりまで、ゆうに1m

を超えるので、" 走る " のではなく " もがく " を楽しみに行くのですが・・・

 

ニュースなどでは、まだ話題になっていませんでしたが、花粉が多量に飛散する

周期の年にあたっていたのか、杉が植林された山の中の、真っ白な雪に覆われた

ハズの林道が一面、飛散した花粉で " 黄色い道 " となっていたのです。

 

さすがのビビる風景だったのですが、現在のように、手元に気軽なカメラなどが

ある時代ではなかったので、数多くの出来事に記録が無いのがザンネンです。

 

あっワタクシ? その頃はまだでしたが、もうここ二十年ほどはアレルギー系の

クスリが欠かせませんから、年中、花粉症のクスリを飲んでいるようなもので。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

という訳で、本格的な降雨にワイパーを動かせながら、夜の自動車道を北上して

帰宅、急いでテレビのスイッチを入れれば、ちょうど番組終盤の " ダーツの旅 "

が始まったところで「 おぉ、市川町 」

 

「 コレはあそこやな 」と見知った背景だったり「 ココはどこやねん? 」とか、

彼女がよく知っている方がドンと映って、" タズミのたまご " は美味しいよ!

 

サラッとした内容の地元紹介だったので、もっと " えぇトコ " みたいな番組で、

じっくり歩き回って欲しいところですが、「 ハート形の~ 」と言われた通りに

北東、北西方向へ伸びた地勢は、行き来するには不利な条件。

 

その中でウチは、北東へと伸びるメイン通りからヒョロっとそれて、細い谷筋を

北上した先の小さな集落にあるのですが、クルマで移動すると信号が無いもので

近いように感じるのですが、歩けば・・・ いやフツーは歩かない距離です。

 

街中で10kmと言えば、相当遠く感じるのですが、田舎だとあっという間に移動

出来るので、近い所だと感じてしまいがち。 歩けば2時間かかります。( 笑 )

 

そんなこんな、快適に過ごさせていただいている、田舎暮らしですが、どうにも

こうにも " 自動車必須 " となってしまうところに疑問符が付くでしょうか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

2週間ほど前の " 笑ってコラえて! " という番組で、ワタクシたち世代のバイク

オフローダーのバイブル的偉人 " 賀曽利 隆( カソリタカシ )氏 " が特集される

ということで録画しておいたモノを、昨日観たのですが、いや良かった!

 

十代の頃から、賀曽利氏の著書、紀行文は積極的に読ませて頂いていたのですが

番組内の再現ドラマ仕立ての中で、友人の前野氏と遥かアフリカの地で、互いの

意思を尊重して「 お前は右へ、俺は左へ 」と別れるシーンには思わず涙。

 

そう「 オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。」( 斎藤純 氏著 )

 

20年以上暮らしたアパートを出る際、まとめるとダンボール箱の山を築き上げた

新書や文庫本はアチらコチらにもらわれていったのですが、趣味性の強いそんな

オートバイ関連や、野宿関連( 笑 )の本たちは、どこへどう消えていったのか、

記憶にありません。

 

電話帳のような装丁の、月刊誌に投稿された、アマチュアのツーリング記でさえ

その体験に自分自身をなぞらえ、それぞれが宝物のような一文、一文でした。

 

そうそう、今夜の " 笑ってコラえて! " のダーツの旅は、兵庫県神崎郡市川町!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

「 どこかで音読の練習にでも 」と、おくのほそ道序文以下、お気に入りの十枚

程度をプリンタで出力し、クリアファイルに入れて常に持ち歩いていたのですが

そんなチャンスはなかなか無いことに気づき、カバンから出してしまいました。

 

その他、カバンの中のクリアファイルには、まだ図面に落とし込めていませんが

自転車置場施工予定場所の、平面、立面測量データ( A4の白紙にラフを書いて

スケールで採った寸法を描き入れただけのモノ )、おくのほそ道、MSアクセス

のテーブル構造をざっくり書いたレポート等々、日々にはまったく必要ではない

メモ類が、今日提出する為に作成した書類、結構な額の振込伝票等々と混在して

入っている状態。

 

ま、そもそもブリーフケースサイズのカバンですから、容量としての限界も低く

朝一番にパソコンを取り出せば、総重量は知れているのですが、無駄なメモ類を

アッチにコッチに持ち歩いているのかと考えれば、ソレは無駄。

 

ソレらも出せるか!

 

そんなときに限ってホームセンターへ行く用事が出来て、ちょっと自転車置場の

材料を見積もってみるか、となった際に「 寸法がわからない! 」とか・・・

 

家でも、倉庫でも、机の引き出しも、カバンの中も・・・ 

取捨選択実行断捨離決断諸行無常岩にしみいる蝉の聲。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

お城の前の大手前公園で昨日「 第1回 BLUE SKY MEETING 青空集改 in 姫路 」

が開催され、その見学を誘ってもらっていたのですがザンネン、月初事務作業に

追われ、たった徒歩10分の現地に向かうことが出来なかったのです・・・

 

が、もしかすると内面、若かりし頃、自分なりの価値観と経済力で、その方面に

注力させてもらったので、現代の技術、ルールでのソレらに嫉妬しているのかも

知れません。 なので、足が向かわなかったとか。( 笑 )

 

たまに取り出して楽しむ思い出と、そっとフタをしておいたほうがよい思い出が

あるような気がします。

 

セパハンでキップを切られる時代は、四輪も60タイヤ( 扁平率 )、ドアミラー

だけでも違反だったので、まぁ、それなりの何かが必要なのは、いつの時代も。

 

ここ最近、8年ほど前に車高調な足回りに、オーバーフェンダーを装着した状態

のクルマの構造変更が簡単に通ってしまい、ついその時代と比べてしまうのです。

 

ワタクシ自身の知識と技術と経済力( いや、かける費用のウェイトは当時の方が

はるかに高かった )が足りませんでした。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

長く乗り続けているクルマの、ヘッドライトのレンズが黄ばんで来ると、やはり

経年による傷み " 歳 " を顕著に感じてしまうので、対策を施したいところです。

 

昔、どの車種もまだ丸いレンズのヘッドライトで、カー用品店にもマーシャルや

シビエの交換用レンズが置かれていた頃には、 " レンズが黄ばむ " という症状を

感じていませんでしたから、その材質がガラスからポリカーボネートへと変わり

顕在化してきた問題ですね。

 

紫外線に当てなければ、劣化を抑えることが出来そうですが、現実には難しい。

 

そういえばワタクシが製作した、田舎暮らしのウチのポリカ板二重構造の大きな

天窓も、外側のポリカ板の劣化が相当進んで明るさ半減、交換が必要です。

 

すれ違うクルマを見ていると、メーカーや車種、年式等で、黄ばみに偏りがある

ようなので、それぞれの時代のポリカの品質も影響しているのでしょう。

 

クルマのヘッドライトも " 定期交換が必要な部品 " と割り切れればいいのですが

純正は結構な価格ですし、色気を出してアフターパーツに交換するならば、その

品質と車検対応が問題で、ヘッドライト内部の気密が悪いモノもあります。

 

そもそもアフターパーツが豊富な車種でないと、その選択も無理ですし・・・

専用の磨き剤なども販売されていますが、効果のほどは?

 

ワタクシ自身の白目部分と同様に、ハイエースのヘッドライトが黄ばんでいます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

健康になろうと思いついてたった1回、エレベーターを使わずに市役所の階段を

6階まで上がり、ムコウズネがチクチク痛むのはなぜか? 先日( 2/25 参照

自ら十字レンチをブチ当てたせいでは? とズボンの裾をまくり上げて見れば、

スワッ! スゴイ痕があって「 こんなにヒドかったのか! 」

 

彼女は毎度、オシッコやウンチの色や状態、または自分自身のカラダをしっかり

点検確認するタイプなのですが、ワタクシ、メンドーでチェックを怠るタイプ。

 

自身のカラダのキズなどが、どこにあるのか? あまりキョーミがありません。

 

さて、痕を指でクイクイ押さえてみると、痛むのはソコではなく、もうちょっと

上の方の「 これか? 十字レンチは 」程度の浅いモノで、するとこのヒドい痕は

と思い出してみれば・・・

 

そうそう、ずいぶん以前の温泉で( この場合の " 温泉 " は、料金を払って入る

入浴施設ではなく、大自然の中に湧出している温かい泉 )記録写真を撮ろうと、

セルフタイマーを仕掛け、スッ裸で右往左往している際に、岩場で足を滑らせて

スネをえぐり、ハダカ血まみれでモンドリ打った、あの時のモノか・・・

 

いや、幅の広いコンクリート製の乾いた用水路脇のフェンスの上で、コチラ側に

降りるか、アチラ側に飛び越すか、ビミョーな距離に判断つまぬまま飛び出して

しまった結果、飛距離足りず、アチラ側のコンクリートの縁にムコウズネをブチ

当てながら落下していった、あの時のモノか・・・

 

もう少し上のほうにある、黒いホクロのような小さな痕は、小学校2年生の夏に

フザけていて誤り、自分自身でエンピツを刺した痕なことは覚えています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

ユリウス暦のシーザーのせいで( 2/8 参照 )通常月より売上日数が2日少なく

しかし経費、その他は変わらないままに、ひと月分かかる( 笑 )2月が終わり

あっという間に3月突入。

 

通常の年度末に加えて、6年ぶりに巡ってくる仕事柄の区切りもあり、ちょっと

アレコレに追われ過ぎて、ヤバヤバが止まりません。

 

そこに敷地斜面の梅の木は満開、ワタクシが何十本も植樹した結果、育ち過ぎて

しまったクヌギの冬の剪定も出来ぬままに、草木の目覚めザワザワと目に見えて

始まっています。

 

「 ・・・春が来てしまった 」

 

田舎暮らしはちょっとサボれる冬から春へ、そして草刈りに追われ始める初夏も

間近に、忙しさを増して行きます。 そのためにも冬の間の準備が大切。

 

頼まれている日曜大工仕事も、思い出せるだけで " 自転車置き場 " 、" カフェ "

" シャッター棒の偽装 " 、田舎暮らしの自宅に戻って " 玄関先の大きなヒサシ "

" 濡れ縁 " あと何があったっけ・・・

 

ちょっと無理っぽくないか? 2月の2日分があればきっと・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu187.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja