春の姫路城

 

 

用事で街に来たのですが、早目の到着に商店街でクルマから降ろしてもらい、

東来春の中華そばで昼食を済ませ、明日で天守閣への登城が出来なくなる

姫路城へ向かって、ぷらぷらと歩いてみます。

 

入城はすでに1時間待ちの列、桜の樹の下にはシートを広げた花見の宴会や、

お弁当持参の家族の姿。 暖かい陽気にも誘われ楽しそうです。

 

動物園を覗きながら坂を越えると、すでに巨大な足場が組まれ、クレーンが

その高さを大天守と競います。

 

himeji_castle.jpg

 

土手に登ったり、下りたりしながら姫山公園を行くと、幼い日のスパイ手帳の

溶けるメモ用紙を試した水路など、昭和の大修理とともに、ここに住み育ち、

遊び、通学して、恋して。

 

確かな思い出が、そこここに散りばめられていました。

 

現在、平成の大修理を前に街を離れ、新しい土地で暮らし始め、そこでの

思い出が一つ、また一つと積み重なってゆきます。

 

 

Copyright (C) 2010 平瀬謹也 All Rights Rsserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/624

コメント(4)

本町の県住も遂に更地に成りました。

その後、お堀沿いにボート乗り場があったところを過ぎ、
好古園から道路を渡り、聾学校と土手の間の桜の小径を
行きます。


北本町の牛乳屋さんがあったところは、ずいぶん以前から
整備されていましたが、何棟もあった県営住宅跡が更地に
なってしまっているのには驚きました。


職員住宅だけが淋しそうにポツリとその時を待っています。


当時そのどこにも先輩、後輩、同級生がいっぱい住んでいて
昭和、それもまだ戦後のイメージを強く残した地区でした。


くるま門から船場川に出ると大きな100年桜が、一面を
サクラ色に染めています。


* youtube等で 「私の愛した街」 って検索してみてね。

>溶けるメモ用紙を試した水路など、昭和の大修理とともに、こ>こに住み育ち、

>遊び、通学して、恋して。

>確かな思い出が、そこここに散りばめられていました。

このフレーズの「遊び、通学して、恋して。」に
胸がキュンとしてしまいました。
いい歳したオヤジにも青かった頃のなんとも甘酸っぱい
想い出が昨日のようによみがえらせて貰いました。

コメントありがとうございます!

そこで育った姫路城周辺。
甘酸っぱい想い出でいっぱいです。

これからもよろしくです。

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja