アタマの中の掲示板

 

 

「 大きな掲示板を作ってほしい 」との声にこたえ、まずはアタマの中で構想を

練って、新たな素材にチャレンジしてみようと、コルク風のマグネットシートの

サンプルを取り寄せたのは、以前にお伝えした通り。

 

プラス、それを壁に貼り付けて枠で囲うだけでは面白みがないので、その両端に

消臭効果も期待できる " エコカラット "( 商品名 )と呼ばれる、石調の多孔質

セラミックタイルを用いることにして・・・

 

そういったモノを材料に採用する際には " トリ " を考慮しておかないと、微妙に

足りない、とか、ミリ単位の切断、など、イヤラシイ事態が発生するキケン。

 

ウェブ上のカタログデータで寸法は判明していますが、積み重ねることによって

生じる誤差など、実際に扱ってみないと分からないこともあって、そんな場合は

まず、材料の入手からです。

 

インターネット通販で " 梱包単位 " でなくとも購入できる時代ですから、便利に

なったものです。 @ 303 x 303 mm を左右4枚ずつの合計8枚。

 

という訳で、大きな杉板から切り出す予定の枠材、縦4本分の寸法を差し引くと

掲示板面、幅は壁寸法から 1,530 x 高さ 1,212 mm ということになります。

 

コルク調のマグネットシートは、5 mm 程度、枠の下に、のみ込ませます。

 

あっ、枠の縦横のどちらを勝たすのか、留めに切るのか、決めねばなりませんが

造作的には横一直線が簡単ですから、あえて縦枠を、横枠から突き出さすような

見た目に作ってみましょうか。

 

材料が揃えば寸法を再確認して枠材を切り出し、やっと現場での施工となります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2761

コメント(30)

ガルバリウム鋼板は厚さ僅か0.35~0.4mm程度の薄い材料ですので、冬寒く、夏は暑いことになります。その為に断熱材が必要になります。また音の問題もありますので、防音材も施工したほうが賢明と考えます。

メッキ鋼板の上に石粒をコーティングした鋼板、ジンカリウム鋼板とも自然石粒付鋼板
とも言います。これがガルバリウム鋼板より長寿命で耐用年数の長い鋼板になります。
屋根材としても瓦に次いで長寿命な屋根材として広く全世界に広がっています。

今外壁の材料としてトップのシェアーを持っているのが、窯業系のサイディングボードです。これ

に求められている性能機能は、耐力、耐火、耐用性能で、家を守る機能としては、最も重要なもの

になります。

外壁に塗る塗料、塗膜が何故固まり、しっかりと対象物に付着しているのか?塗膜の固化、固まるのか?そのれは結構現代科学の最先端の課題になっています。その塗膜の形成、塗膜の付着する理由、仕組みを解説します。

1995年、阪神淡路大震災後にできた瓦工事、耐震の工法です。 ガイドライン工法として当時の建設省、全瓦連が共同で推奨した瓦屋根の工事方法になります。

木造住宅の大部分を占める外壁、その種類、材質、性能を知ってください。

塗料としての最高の塗膜、汚れに非常に強い、光触媒を用いた光触媒塗料であるが、その不具合の件数が最近とみにふえつつあります。その原因は塗料自身にあるのではなく、他の要因によるところが大きいという結果がでています。その原因とは何か?をレポートします。

造成膜温度より高いMFTを示すエマルジョン樹脂は,粒子間の融着が充分には行われていないことがわかります。そのような場合造膜助

剤の添加が有効であることが実験から明白であります。

外壁用タイルの良さは一枚が小さなピースになっていますので、外壁の形がどのようなものでも、施工が簡単にできますし、耐用年数も長い。しかし、職人の手間、技術が必要なことで、費用が高くなります。

塗料、塗装業界でも時々間違って、あるいはかなり通常に間違っていて、塗料の命名をシリコン樹脂塗料などととメーカーでもつけていま

す。これは、シリコンがかなり普及している名前でそれにあやかっている風潮です。シリコンとシリコーンとは別、でも同じケイ素の物質

なので、良しとされているのでしょうか?

遮熱とは断熱と少し違い、塗料の成分、分子レベルのものが太陽光線のある波長のものを反射する機能をもった成分を練り込むことで実現しています。

東日本大震災によるサイディング工場へ影響:東日本大震災による被災地域には、ニチハ・いわき工場(福島県)、子会社の高萩・ニチハ高

萩工場(茨城県)、 ケイミュー鹿島工場(茨城県)、足利工場(栃木県)、旭トステム外装鹿島工場(茨城県)、束レACE福島工場(福島県)があ

る。ニチハと旭トステム外装の被害が大きく、操業を停止していた。

ウレタン外壁塗料の耐用年数は約7年~10年。 ポリウレタン樹脂塗料といい、塗膜が比較的柔らかいので密着性が良く、防水塗材としても

広く使われます。しかしリフォームにおける塗料としては耐用年数が10年未満という事もあり、シリコン樹脂塗料にその地位を奪われてい

ます。

外壁は 家 そのものの 意匠 になっています。その
外壁 の 構成 はどうなっているのか? 説明 外壁 の 構造
は 建物 の 構造 によっ

て 違い があるが基本的には、 外壁材、断熱材
で構成されています。外壁材などは、 モルタル などが使われています。内側は、 ボード、クロ

ス の構成が多いです。これらの外壁の 簡単
な お知らせ になります。家を守る機能で重要なファクターは、 耐震性能、耐候性能、防火性能、防音性能、透湿性能 などがありますが、これらの性能に影響を与える、壁の厚さ、強固性、耐用年数がその壁

の性能の要素です。デザインもそれと同等ぐらい重要ですが、デザイン、色、意匠ばかりに目がいって耐力性能が疎かになっていなでしょうか?メーカーではなく我々消費者も外壁についてお勉強しましょう。

マイホーム の 重要 部分、 マイホーム
そのものでもある 外壁 の 補修
である外壁塗装の費用は 謎 です

。その一番気がかりな 塗装価格 。  シリコン 、 フッ素 塗料を外壁に 施工 したときの 施工価格 、の相場を見て 驚きました  なんと
外壁塗装業者 さんに直接 依頼 す

るより、 知り合いの建築会社 へお願いすると、 工事価格 は 倍 になってしまうのです。なんということですか? 今まで信頼してきた リフォーム屋
がこんなに暴利を貪っていたとは? 信じられません。さらに費用をいろいろな形態の業者さんで比較してみた結果も知らせていました。これも驚きです。  街
の 工務店 は、 自社 で

塗装などの 工事はやらないのです。当然下請けか、提携している協力会社への依頼(丸投げ)になっていて、その仕事から
手数料 (30%~

50%)を 頂いて 仕事をします。 よって
直接塗装屋が行う費用にマージン、手数料の上乗せがあるのです。 もともと工務店や建築会社は、新築の住宅を施工するのが本業で

、リフォームは副業みたいなものです。それでも会社としたら、その会社を通すのですから、マージンは発生します。

福島県の外壁塗装のというはこちら。打ちきりサイトです。

屋根の単体工事を建築会社などに工事を発注しないほうがお利口さんです。何故なら、彼らは家屋を建てるのが本業です。屋根の工事などは、アルバイトの仕事。工務店は、主流の仕事ではないのです。建設会社は、住宅を造る為の様々な職人や業務部署を持っています。それらの給料を賄う為に、大きな物件を扱い、会社を運営しています。 なので一件の仕事は金額を大きく、儲けの金額もそれなりのものがないと成り立たないんです。 単純な屋根の仕事ですと、それからいろいろないろいろな部署、関係者の経費を賄うのですから、直に業者に依頼するよりかなり高額な施工費用になってしまうのは避けられないのです。故に屋根単体の工事は、直接発注するべきなのです

壁の塗装は外壁の下地を守っている、放射能や人体に有毒なガス等の影響を閉鎖して外壁材そのものの傷つきを防ぐ役割をしています。塗装が劣化した段階で再塗装をすれば、外壁の材料自体の耐用年数を伸ばすことが出来るので、寿命の長い塗料を採用することは、建物の維持管理にとって非常に重要なことといえます。よごれの防止で、外壁を再塗装されるお客様の多くは、外壁の塗装が劣化したからというよりも、「汚れ」を気にして再塗装を決断されていることが多いようであり、外壁塗装工事の要求でこの、汚れにくいということも重要な外壁塗装の要求です。低汚染の役割を評価するための促進試験については、下のような方法があり、実際野外に1~2年以上外気にさらして実験することも行われている。

新製品の材料の傾向について、製品開発の傾向には、峙代の流行といった而が顕茜に反|映される。外装材の近年の製品の傾向としては、表面積の均一なものから陰影のある外見が重視される傾向にある。これらの背景には、環境の変化や生態系重視といった住みやすさなどの環境に関する要求の高まりのほか、安らぎでの心配から生活面での潤い、住環境での癒しを求める要求と符合するものがある。いいかえれぱ、タイル・石といった自然の材料、素材が持つ自然さ、素朴さ、暖かみが求められている。そして、コストの面からもそれらの普及型というべき自然素材の質感に似せた壁材が開発されてきた。その他、素材形状に関しては、従来の左官・吹付け塗装に代わるものとして、シート型仕上材をあげることができる。製品傾向の特徴としては、仕上材に高価な天然素材を用いるタイプと普及型のタイプに大別できる。高級タイプは、素材自体の耐久性が高いものでタイル・石などを用いいたもの。そのほか金属系では、より耐久性の高い高機能なもの。もう一つの方向は、上記の製品群の形状を模したもので普及型のタイプの開発である。

一般住宅用の市場規模は前の年より4%の増加である。また、非住宅の用途は仮設建物や工場・倉庫等である。住宅用では新築比率が45%、リフォーム比率が55%であり、リフォーム市場では訪問販売業者への売上高が激減している。ガルバリウム鋼板が88%で最高の売上、高付加価値塗装と表面処理、防汚製品の拡大金属サイディングは金属の表面材と、断熱、防火、不燃等の性能を与えられた芯材とから作られている。表面材には鐵成分とアルミニウムがあり、2010年度における表面材比率はスチールが93.6%、アルミが6.4%となっている。アルミは訪販の凋落などにより減少が著しく比率も大抵に低下しているが、YKKAPはアルミに特化している。金属サイディングは嵌合式で雨水の浸入阻止に優れ、凍結融解による拡大収縮もないが、スチールではさびの問題を解消するために耐食・耐候性が良好なアルミ55%合金めっきのガルバリウム鋼板が主流となっている。

一般住宅用の市場規模は前の年より4%の増加である。また、非住宅の用途は仮設建物や工場・倉庫等である。住宅用では新築比率が45%、リフォーム比率が55%であり、リフォーム市場では訪問販売業者への売上高が激減している。ガルバリウム鋼板が88%で最高の売上、高付加価値塗装と表面処理、防汚製品の拡大金属サイディングは金属の表面材と、断熱、防火、不燃等の性能を与えられた芯材とから作られている。表面材には鐵成分とアルミニウムがあり、2010年度における表面材比率はスチールが93.6%、アルミが6.4%となっている。アルミは訪販の凋落などにより減少が著しく比率も大抵に低下しているが、YKKAPはアルミに特化している。金属サイディングは嵌合式で雨水の浸入阻止に優れ、凍結融解による拡大収縮もないが、スチールではさびの問題を解消するために耐食・耐候性が良好なアルミ55%合金めっきのガルバリウム鋼板が主流となっている。

一般住宅用の市場規模は前の年より4%の増加である。また、非住宅の用途は仮設建物や工場・倉庫等である。住宅用では新築比率が45%、リフォーム比率が55%であり、リフォーム市場では訪問販売業者への売上高が激減している。ガルバリウム鋼板が88%で最高の売上、高付加価値塗装と表面処理、防汚製品の拡大金属サイディングは金属の表面材と、断熱、防火、不燃等の性能を与えられた芯材とから作られている。表面材には鐵成分とアルミニウムがあり、2010年度における表面材比率はスチールが93.6%、アルミが6.4%となっている。アルミは訪販の凋落などにより減少が著しく比率も大抵に低下しているが、YKKAPはアルミに特化している。金属サイディングは嵌合式で雨水の浸入阻止に優れ、凍結融解による拡大収縮もないが、スチールではさびの問題を解消するために耐食・耐候性が良好なアルミ55%合金めっきのガルバリウム鋼板が主流となっている。

一般住宅用の市場規模は前の年より4%の増加である。また、非住宅の用途は仮設建物や工場・倉庫等である。住宅用では新築比率が45%、リフォーム比率が55%であり、リフォーム市場では訪問販売業者への売上高が激減している。ガルバリウム鋼板が88%で最高の売上、高付加価値塗装と表面処理、防汚製品の拡大金属サイディングは金属の表面材と、断熱、防火、不燃等の性能を与えられた芯材とから作られている。表面材には鐵成分とアルミニウムがあり、2010年度における表面材比率はスチールが93.6%、アルミが6.4%となっている。アルミは訪販の凋落などにより減少が著しく比率も大抵に低下しているが、YKKAPはアルミに特化している。金属サイディングは嵌合式で雨水の浸入阻止に優れ、凍結融解による拡大収縮もないが、スチールではさびの問題を解消するために耐食・耐候性が良好なアルミ55%合金めっきのガルバリウム鋼板が主流となっている。

外での自然の環境下における試験はそこころから各分野で広く実施されてきたもので、すでに多くの材料に対するテスト方法がわが国内外で考えられており、それだけに大切な多くのテストデータが得やすいことは確かである。しかし、建設資材の耐久力、かつその材料の性能との対応というフィルターをかけると直接的に活用することが困難な状況であることも多い。このこのことは、特に現状では建築材料としても活用されるようになってはいるが、もともと他分野においてその分野に応じた要求条件に則り体系化が進められてしまった材料、表面処理方法などについて明白であるように思われる。逆説的には建築サイトにおいて劣化外力を含めた要求性能の提案ができれぱ整合が可能であるともいえる。

社団法人日本塗料工業会がやった各種塗料別に評価項目ごとの耐候性試験に対する各種促進耐候性試験との相関性の調査結果がある。暴露テストと促進試験機のエネルギー比較を表3に、また色差に関する防爆試験と促進耐候性テストの関係を表4に示す。なお表3の促進倍率は、北海道、東京、鹿児島の全天日射量から求めた紫外線平均値である298、4MJ/m2を放射するのに必要な時間を示し、早くなった時間を促進倍率としており、サンシャインカーボンアーク灯式及びキセノンアーク灯式に関する計算上の値としての促進倍率である。

金属の外壁材には、カラー鋼板、亜鉛メッキ鋼板、塩ピ鋼板等の鉄材やアルミ、ステンレス板等がある。軽量で施工性がよいので各種外壁材料に使われており、外の階段やベランダ等の鉄部分やベランダの手摺や笠木、サッシ等の建基材等や、他の材料、例えば石膏ボードやウレタン発泡体と複合した外壁のサイディングや屋根材として使われている。これらの材料素材の塗り替えについては材料の質、既存の塗料の種類を事前に把握し適切な下地処理と塗装仕様の選択をしなくてはならない。

コンクリートの欠損部から鉄筋か出ている場合は鉄筋に防錆ペイントを施工した上で修正修理仕上げをしなければならない。ヒビわれや浮きが大きい場合、構造耐力に影響する重要部位については、その原因を究明することも大切である。もしこれが地盤沈下等により発生している場合は、短期間に再び発生する可能性もあるので、充分注意しなければならない。プレキャストコンクリート板は、現場に持ち込んでそのまま組み立てられるように、予め工場で鉄筋を入れて成形されるコンクリート板をいう。これらの材料素材は、表面が目が細かく仕上がっているので塗膜が剥がれる能性があり、含浸タイプの2液型エポキシ樹脂シーラーが使われる。工場で量産され、使用されるまでのリードタイムがある。

コンクリートの欠損部から鉄筋か出ている場合は鉄筋に防錆ペイントを施工した上で修正修理仕上げをしなければならない。ヒビわれや浮きが大きい場合、構造耐力に影響する重要部位については、その原因を究明することも大切である。もしこれが地盤沈下等により発生している場合は、短期間に再び発生する可能性もあるので、充分注意しなければならない。プレキャストコンクリート板は、現場に持ち込んでそのまま組み立てられるように、予め工場で鉄筋を入れて成形されるコンクリート板をいう。これらの材料素材は、表面が目が細かく仕上がっているので塗膜が剥がれる能性があり、含浸タイプの2液型エポキシ樹脂シーラーが使われる。工場で量産され、使用されるまでのリードタイムがある。

コンクリートの欠損部から鉄筋か出ている場合は鉄筋に防錆ペイントを施工した上で修正修理仕上げをしなければならない。ヒビわれや浮きが大きい場合、構造耐力に影響する重要部位については、その原因を究明することも大切である。もしこれが地盤沈下等により発生している場合は、短期間に再び発生する可能性もあるので、充分注意しなければならない。プレキャストコンクリート板は、現場に持ち込んでそのまま組み立てられるように、予め工場で鉄筋を入れて成形されるコンクリート板をいう。これらの材料素材は、表面が目が細かく仕上がっているので塗膜が剥がれる能性があり、含浸タイプの2液型エポキシ樹脂シーラーが使われる。工場で量産され、使用されるまでのリードタイムがある。

コンクリートの欠損部から鉄筋か出ている場合は鉄筋に防錆ペイントを施工した上で修正修理仕上げをしなければならない。ヒビわれや浮きが大きい場合、構造耐力に影響する重要部位については、その原因を究明することも大切である。もしこれが地盤沈下等により発生している場合は、短期間に再び発生する可能性もあるので、充分注意しなければならない。プレキャストコンクリート板は、現場に持ち込んでそのまま組み立てられるように、予め工場で鉄筋を入れて成形されるコンクリート板をいう。これらの材料素材は、表面が目が細かく仕上がっているので塗膜が剥がれる能性があり、含浸タイプの2液型エポキシ樹脂シーラーが使われる。工場で量産され、使用されるまでのリードタイムがある。

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu144.jpg
  • yuki-20170116.jpg
  • yuzu143.jpg
  • yuzu142.jpg
  • nagatoyumoto01.jpg
  • yuzu141.jpg
  • yuzu140.jpg
  • yuzu139.jpg
  • yuzu138.jpg
  • yuzu137.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja