ニューモデルラッシュの2017年

 

 

まぁ、偏った知識ですがレース用車両で無い、市販車部門( 笑 )のクルマにも

興味はあって、街中で見かける車両の型式までは言えなくなってしまいましたが

最近見かける現代版エンジンを積んだストラトスや、RB26や1UZ搭載のGC110

の記事を見かけると、マジマジと見入ってしまいます。

 

はたまた昨秋ココでちょっと触れ、年末に登場した " C-HR " も街中で見かける

ようになって、なかなか魅力的、インパクトのあるイエローボディもカッコイイ

ですが、メタルストリームやホワイトパールもシャープで現実的そうです。

 

そんな世界的なSUVブームの中、たぶんベースを同じにしたレクサスUXもウワサ

されていますが、モーターショーレベルながら初のモニター式サイドミラーレス、

3DホログラムインターフェースのHMI、専用タイヤ、そして何よりインパクトが

あるのは、キネティックシートと呼ばれる蜘蛛の巣を参考にした、帯状の素材で

編まれたようなフロントシート、シートには拘りがあるので座ってみたいです。

 

プラス、ガンガン酷使するイメージのクルマも好きで、国内市場から姿を消して

久しいピックアップ系もブーム再到来らしく、ハイラックスや、ニッサンNP300

ベースのメルセデス・ベンツ「 Xクラス 」など、ワタクシ的にカッコイイ話題も

多く、ハイラックス、4ランナーは2017年にフルモデルチェンジですね。

 

ぜひ、ハイブリッドエンジンも積んで、国内販売を再開して欲しいモデルです。

 

ハイラックスの魅力ですか?トランプさん怒るでしょうが、北米仕様のバカデカ

サイズで無い、日本の道路事情に合致する程よいサイズで、モノコックではなく

ラダーフレーム構造なこと。( ボディの下に黒いシャシーが見えるアレね )

 

ま、日本の道路事情でソレが活躍するようなことは、ほぼ無いとはいえ、タルガ

トップを外したスポーツカーでコーナーを攻めたら、天井がハマらなくなった!

事件を経験すると、ボディは歪むのだと知らされます。

 

それはモノコックのせいではなく天井が無いのが理由で、オープンカーのドアを

開けた状態を真横から見れば、ボディの前後が床だけで繋がっているのですから。

 

なので同じモデルでも、屋根が無いオープンカーの方が床の補強でクルマが重い。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3026

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu172.jpg
  • yuzu171.jpg
  • yuzu170.jpg
  • yuzu169.jpg
  • yuzu168.jpg
  • yuzu167.jpg
  • irori07.jpg
  • yuzu166.jpg
  • cat-iiduka01.jpg
  • yuzu165.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja