曖昧な記憶を呼び戻す作業



記憶と言うのは、その一部分は鮮明なのですが、そう、前後関係とか、時間軸が

曖昧なことが多く、確かにソレはあったけれども、ソノ時ではない、みたいな。


「 以前にもここに来たよねぇ~ 」


「 ・・・わたしは初めてだわ 」


とか。( 笑 )


ちなみにワタクシが考えるところ、記憶と言うのは脳内にハードディスクの如く

一単位ごと各セクタに収められていて、ソレを探ろうとするピックアップを人が

コントロールして、論理立てて並び替え、引っ張り出しているのではないかと。


なので、一単位ずつは鮮明でも、前後関係や時間軸が曖昧になることがある。


" 夢 " というのは、そのセクタをピックアップが勝手に走ることで、一つ一つは

確かにあったことだけれど、並び順がめちゃくちゃで、もうストーリーとしては

それは、それは奇想天外なものに。( 笑 )


さて、先日の " エヴァ運休 " で、古い朝日橋周辺の記憶を書いたのですが、少々

自信がなく、別用で市役所に出向いた際 " 情報政策室 " に立ち寄り、その時代の

航空写真を閲覧させていただいて( 無料 )位置関係を確認します。


たまに空をウロつくセスナを見かけますが、こうしてほぼ毎年、キッチリ資料を

残されているんですね。 現在となれば信じがたい、ワタクシが「 好古園の中に

住んでいた 」という証拠写真も、時代が時代ですから解像度は高くありませんが

確かにありました。


お堀にはボート乗り場があり、NHKに米穀会社、ガソリンスタンド等ひとからげ

一緒に、現在の " 好古園 " の中です。( 笑 )


という訳で確認すると、先日書いた蒸気機関車やディーゼル機関車が格納された

扇形庫や転車台は、朝日橋周辺ではなくもう少し先の播但線分岐の東側でした。


約2か月間の公演が終了した " ポップサーカス " のテントが畳まれ、数年後には

総合医療センターが完成しているかも知れない、現在はまさに " 祭りのあと " の

空き地で当時、蒸気機関車がその動輪を休めていました。



Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3080

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2017sakura02.jpg
  • 2017sakura01.jpg
  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg
  • yuzu148.jpg
  • shoesbox002.jpg
  • shoesbox001.jpg
  • yuzu147.jpg
  • yuzu146.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja