ちょっと寄り道

 

 

天気予報では、希少になりそうな秋晴れでスタートした10月は、実りの黄金色と

天高い青空、どこからか聴こえてくる " まつり囃子 " が似合う季節。

 

つるべ落としの落陽に肌寒い夕暮れ時が、ひと恋しさを誘います。

 

というような時間を感じながら、紅葉を探しての散歩など出来ればよいのですが

" 何かに追われている " 気配、いや現実がなかなか拭えません。

 

せめて移動には徒歩優先、十歩譲って自転車を選びたいところですが、なかなか

適切な距離が無く「 歩いて行ったら半日かかるわ 」( 往復で丸1日 )みたいな

移動が多く、ワタクシとしては望むところですが・・・

 

出来れば寄り道も加え、町の遠景に点在する低山を越えて行きたい。

 

姫新線の播磨高岡周辺から山陽本線英賀保駅方面への移動ならば、通常クルマで

夢前橋東詰を左折「 堤防の上を自転車で行きたい 」と思いながら左岸を南下し、

京見橋あたりを目指すのが妥当でしょうか。

 

そこをあえて播磨高岡駅を南へ改札し、まずは目前の鬢櫛( びんぐし )山から

籾取山、循環器病センター裏の山田峠を通過し、苫編山からバイパスを山で跨ぎ

山崎配水池から英賀保駅周辺へ徒歩で向かいたいところ。

 

そんなノリでちょうどこんな季節、高御位山から縦走路で下ろうと桶居山方面へ

歩き出し、つるべ落としの夕暮れが思っていたより早く訪れて焦り、馬の背から

鹿島神社へ走って下ったことを思い出しました。

 

山を走り下った空腹なワタクシの目の前で、営業を終えてシャッターを下ろした

かしわ餅屋さんがうらめしかった。( 笑 )←《 顛末記1 》《 顛末記2

 

教訓、書類の入ったデイパックや、普段着のままで山に入ってはいけません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3610

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2018kuri02.jpg
  • 2018kuri01.jpg
  • 2018higanbana01.jpg
  • salvage01.jpg
  • 2018sanma02.jpg
  • 2018sanma01.jpg
  • ido20180902.JPG
  • ido20180828.JPG
  • yuzu178.jpg
  • 20180730kabutomushi.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja