素材の加工

 

 

背景に使わせていただくフリーのテクスチャ探し、本来すべてオリジナルである

ことが理想ですが、ペイントソフトの利用でゼロから作る手間を考えると・・・

ありがたく使わせていただきます。 m(__)m

 

まぁそれにしても、どのテクスチャ素材も素晴らしい出来で、パーツを拡大した

目で見れば、確かに描いたモノですが、もう現実の手触りが伝わってくるほど!

 

紙はカサカサと音が伝わってきますし、メタルはどこまでも硬く冷たく、木材は

その匂いさえ脳裏に浮かびます。 これらを、そうでない素材にプリントすれば

人間の脳をダマすのは、いとも簡単ですね。 今回の目的ではありませんが。

 

さて、使わせていただくテクスチャ素材を元に加工して、自分流に仕立てて行く

のですが、好みが露出控えめハイキー調に浅く焼いた感じなので、元々は適正な

露出か、もしくは焼き込んで陰影をはっきりとさせた感じのテクスチャですから

そこからですね。 いや、その他の加工を済ませてからトーンバランスです。

 

先日にも書かせていただきましたが、印刷が上がると、またイメージも違うので

それを一致させる知識を学ばねばなりません。

 

ハナシ変わって、フリーソフトの場合は " 加工 " 出来るモノは少ないので、ソレ

を使わせていただいて「 こうアプローチするのか 」とか「 これは使いにくい 」

と学んで、ゼロからの制作に役立たせます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3392

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu172.jpg
  • yuzu171.jpg
  • yuzu170.jpg
  • yuzu169.jpg
  • yuzu168.jpg
  • yuzu167.jpg
  • irori07.jpg
  • yuzu166.jpg
  • cat-iiduka01.jpg
  • yuzu165.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja