隙間の時間で棚板は作れるのか?

 

 

先々週と同様、昨夜になってから本日出勤が確定したので、事前にハイエースを

選んで、田舎暮らしの自宅に帰ってきています。( いつもは軽四輪自動車 )

 

この後、自作小屋の中から端材や道具を引っ張り出し載せて出発し、あわよくば

時間に隙間を見つけて、棚板の造作工事が出来ないかと目論んでいるのです。

 

ちなみに同様の前回は「 機械式テンキーロック錠 」の取り付けでした。( 笑 )

 

物入れ内に作る 1,232 × 400mm と、そこそこ大きい棚板となるので、材料も

さることながら、どうやってソレを支えるかが課題ですね。

 

木枠をしっかりハシゴ状に組むことでリブを設け、かつ前面になる材料は棚板に

勝たせて框加工してやることも可能ですが・・・ そこまでの手間が必要か?

 

単純に三面に胴縁を打ち付け、24mm 構造合板の棚板を乗せただけで十分か?

 

凝りたい気持ちもあるのですが、和風住宅の押入れの棚板のような加工をしても

棚厚が増えるし、誰も気づかないだろうしなぁ・・・

 

さて、端材( たまたま 24mm も 12mm もOK )を載せ終えれば、その隙間に

それぞれケースに収めた丸ノコやビス箱など積み込み、ちょっとマラソン大会の

早朝渋滞具合の予想がつかないので、高速道路を使った東西方向の移動を交えた

通勤路を選択して出発です。

 

あっ、作業着を積むのを忘れるところでした!

 

「 ちょっとだから 」と、通常の服装で作業して、それらを次々と作業着にして

しまう繰り返しは、過去に何度も経験していますから。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3032

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu147.jpg
  • yuzu146.jpg
  • 20170204-04.jpg
  • 20170204-03.jpg
  • 20170204-02.jpg
  • 20170204-01.jpg
  • yuzu145.jpg
  • yuzu144.jpg
  • yuki-20170116.jpg
  • yuzu143.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja