白内障手術の説明を聞いてきた@二回目

 

 

鏡に映る自分自身の眼球を見ると、もうずいぶん以前から " クロ目 " と呼ばれる

1センチ強ほどの周囲2ミリほどが白濁していて、とくに上まぶたが覆う部分は

キュッと引き上げてみると「 真っ白やん! 」

 

きっとコレは個人差はあれど、加齢で緩やかに進行する白内障ではないかと。

 

ただ、裸眼視力はコンマ1を切るものの、視界が濁っている訳でもなし、視野が

狭まっている訳でもないと思うので眼科へも行かず放置状態、そんなワタクシが

" 自分自身に言われてるな " と感じつつ、白内障手術の説明に2回目の付添参加。

 

どこも清潔で綺麗、眼科医の丁寧な説明も同様ですが、ここでは説明会でオペの

映像を上映してくれるようで、パソコン画面がプロジェクターを通し、ちょっと

照明を落とした、広い専用スペースの銀幕に映し出されます。

 

あっ、その上映を鑑賞する人数は付添者がいる方も多く、ざっと40名ほど。

 

編集なしでも5分ほどだそうですが( 手術時間が約5分ということ )、それを

3分に短縮した眼球アップ動画は、そこにメスを入れるシーンで何かがキュッと

縮まる感じがします。( 笑 )

 

動画を含め、ひと通りの説明が終了すればゾロゾロと、ガラス越しに中が見える

手術室を見学し、オペ中は先生の手元のアップ映像が、その付添者待機コーナー

のモニターにライブ中継として映し出されるそうで・・・ 至れり尽くせり。

 

すべてのオペ動画を残しておく?ことは、病院のリスク管理の一環でしょうか。

 

さて、約10日後のオペに備えた説明や検査などを終え「 これはいつか自分自身

も受けねばならないのだろう 」と、セカンドオピニオン。 前回とは違う眼科で

聞く二度目の説明を、一番真剣に聞いていたのはワタクシかも。( 笑 )

 

セカンドオピニオンのための参考資料は :「 白内障手術の説明を聞いてきた

( 違う眼科の3年3ヶ月前の散文なので、今回の説明とは違う部分が多いです )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3010

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20170204-04.jpg
  • 20170204-03.jpg
  • 20170204-02.jpg
  • 20170204-01.jpg
  • yuzu145.jpg
  • yuzu144.jpg
  • yuki-20170116.jpg
  • yuzu143.jpg
  • yuzu142.jpg
  • nagatoyumoto01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja