夏のお寺

 

 

週末の昼下がりは、お寺の本堂に上げていただき、空間に溶け込むようにしみる

読経を聴いていました。 幾台かの扇風機が首を振り、そよ風を運んできます。

 

さきほどまでの雨も上がり、雲の切れ間からはとき折りの日が境内に射し込んで

濡れた石畳を照らし、いま蝉が鳴けば、それもまた岩にしみ入ってゆきそう。

 

法要が終わり本堂を背に縁側に腰を下ろせば、そんな風景や音の世界が広がって

街中にあるお寺だというのに、その境内はなんて閑かなんでしょう。

 

この雨雲が去ってしまえば青空が広がり、入道雲が湧き上がってくるでしょうか。

夏のお寺は、そこがはじめての場所でも懐かしさがしみ入ってゆきます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4601

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • kinoko06_2021.jpg
  • shimoteno_0708-02.jpg
  • shimoteno_0708-01.jpg
  • yuzu235.jpg
  • tonari_neko01.jpg
  • macaroons.jpg
  • ajisai_20210620.jpg
  • momiji_20210606.jpg
  • shimoteno_0607-01.jpg
  • 20210524_newroad02.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja