タイプD

 

 

貨物車として活用しているプロ方々の場合は知らないのですが、趣味のクルマで

普段は空荷の状態で走らせることの多いワタクシのハイエース。 その状態だと

やたらフロントヘビーで、駆動輪のリアタイヤは浮いているんじゃないかと思う

くらい、すぐに空転しちゃうんですよねぇ~

 

雨に濡れた路面の、上りの坂道なんて相当に丁寧なアクセルワークが必要です。

 

なので、燃費には良くないのですが( あまり気にしませんが 7.0km/L 弱程度 )

オートバイくらいの重量物を積みっぱなしの方がスリップ防止には効きます。

( サスペンションもハネが抑えられてしっくり )

 

でタイヤ、フロントヘビーなので前輪の外側だけがやたらとチビて、ハンドルを

切って停めれば、比較的新しいタイヤなのに、まるで " ADVAN HF Type D " 。

( 知ってる? タイヤ外側だけがスリック状になった懐かしのスポーツタイヤ )

 

いまその表記が合っているかと検索すれば、あれま " Type D " 復活してるやん。

「 36年の時を経て、2017年秋 」って、ずいぶん以前。

 

10~15インチのラインナップ、対応ボディタイプ「 ヒストリックカー 」( 涙 )

ま、現在はSUV車でも " 235 " とか " 18inch " とか、フツーに履いている時代。

 

計算すると " Type D " のデビューは、ワタクシ18歳のときで、そうだった。

( ワタクシが選んだのは " ADVAN HF-R Type C " だったけどね )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4597

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu235.jpg
  • tonari_neko01.jpg
  • macaroons.jpg
  • ajisai_20210620.jpg
  • momiji_20210606.jpg
  • shimoteno_0607-01.jpg
  • 20210524_newroad02.jpg
  • 20210524_newroad01.jpg
  • 20210515_shiitake.jpg
  • yuzu234.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja