薪になるまえに

 

 

庭に放置している小枝、中枝を、薪へ出来ないままに梅雨を迎えてしまったので

薪棚に積む前にキノコが生えるかも知れません。( 笑 )

 

薪ストーブで使用する薪はよく乾燥させて使う必要があり、未乾燥の木を使うと

暖まらない上にクレオソートやススが発生し、耐熱ガラスや煙突内に付着します。

 

という訳で、太いものは割って表面積を増やし、薪棚などで1年程度乾燥させて

使用する必要があるのです。

 

かと言って、何年も寝かせればいい訳でもなく、乾燥が進み過ぎるとスカスカに

なって、燃焼を熱に変えるエネルギーも無くなってしまいます。

 

つまり、キノコを生やしてしまうと、同様に木はスカスカになって、薪としての

用途には活躍しなくなるのです。

 

すでに白い密集型のキノコが生えてきてるし・・・ 美味しいのかな?

図鑑で照らし合わせたとしても、自分自身で判断するには勇気が要るわ。( 笑 )

 

20210515_shiitake.jpg

 

コレは一昨年、シンタケ菌の種駒を打ち込んだクヌギ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4551

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20210515_shiitake.jpg
  • yuzu234.jpg
  • favicon_ascare01.png
  • 20210424_yuyake.jpg
  • 20210424_shiitake.jpg
  • yuzu233.jpg
  • tanpopo-01.jpg
  • 202104_taranome01.jpg
  • 20210330_sakura03.jpg
  • 20210327_sakura02.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja