播但線は新幹線

 

 

朝方の集落の急な用事に、彼女とバラバラに移動することとなり、用事終了後の

ワタクシ、約10年ぶりに播但線に乗車することになっています。

 

「 よし、今回は失敗せんゾ 」と、心に誓うのは、その約10年前の前回も冬季で

ローカル線の乗降客の少ない駅からの電車の乗り方に自信がなくて、他人の後に

続いて最後に乗って何もしなかったところ、誰かが「 寒いからドア閉めて 」

 

そう、乗車時には車両側面の「 開 」ボタンを押さねば、ドアが開かないことを

知っていましたが、最後に乗ったら「 閉 」で閉めるのがマナーだったのね。

 

という訳の今回は、自分自身で「 開 」「 閉 」と完璧です。

 

さて、車窓を楽しんでいると、線路は高架となって眼下に町並み、遠景にビルが

増えて、乗車駅からすれば、さながら大都会のターミナル駅に30分で到着。

 

たしか、ローカル駅側に到着したならば、バスと同様に、ワンマン運転手に近い

一番前のドアからしか降りられなかったハズですが、今回は街側に到着したので

ドアはすべて開いて、安心、安心。

 

「 無事に電車に乗れたゼ 」と余裕をかまして、自動改札を抜ければ、キンコン

キンコンと警報が鳴り「 ナニ?ナニ?ナニ? 」「 キップを持ってって下さい 」

 

姫路駅の播但線ホームから外に出ようとすれば、自動改札が2回あり、1度目の

改札ではキップを抜き持って、2個目の改札へ向かわねばならないのですね。

 

あぁ、そういえば10年前もすでにそうだったような・・・

電車に乗るのは、なかなか難しいです。

 

10年後に向けて覚えておくのは「 播但線は新幹線と一緒 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4459

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • liquid_stand02.jpg
  • liquid_stand01.jpg
  • 20201231.jpg
  • 20210103_strawberry.jpg
  • 20201227_suidoukouji01.jpg
  • chair01.jpg
  • yuzu230.jpg
  • xmas_2020-02.jpg
  • xmas_2020-01.jpg
  • otemae_street01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja