テーブル候補の集成材の天板を磨く

 

 

床に着座の生活を「 テーブルとイスの生活に変える 」と彼女が言い出したのは

もうずいぶん前のハナシで、家具屋さんへイスを見に行ったりしているのですが

テーブルについては「 コレ! 」という具体的なイメージが無いようで「 大きめ

なのがイイ 」とだけ。

 

するとカーポートの下、半外状態の場所に長年放置しているテーブルが、意外に

その通りの「 重くて大きめ 」なモノで、分厚い集成材で作られたソレは、現在

日に焼けて灰色にくすんでいますが、磨けば輝くのでは?

 

すでに、ランダムサンダー用の120番ペーパーを、まとめて購入済みです。

 

灰色にくすんで、終わってしまったような場所から磨いてみれば、ひと皮剥けて

木色の集成材が顔を覗かせ「 これはイケる! 」

 

そう銘木を使ったテーブルの天板など、購入時には長年の乾燥で、それこそ灰の

原木板を磨けば、例えば、神代のケヤキ色に輝き出すのです。

 

今回は集成材だったので「 無事に再生するかな? 」との思いもあったのですが

積み重ねられた木の一つ一つは、厚みのあるしっかりしたモノだったのが幸い。

 

重い脚部分もいったん取り外し、接地面を含めて磨きます。

 

居間では( 客間は無垢材の床を張ったけれど、居間は一般的なフローリング材 )

同時進行で、古い床ワックスを洗浄し、新しいワックスを塗布しています。

 

飼い猫 " ゆず " はオリの中。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4450

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • liquid_stand02.jpg
  • liquid_stand01.jpg
  • 20201231.jpg
  • 20210103_strawberry.jpg
  • 20201227_suidoukouji01.jpg
  • chair01.jpg
  • yuzu230.jpg
  • xmas_2020-02.jpg
  • xmas_2020-01.jpg
  • otemae_street01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja