初、アーリーアメリカン調マットカラー

 

 

手元には、木目を活かすオイルステインから油性ペンキまで、アレコレと在庫は

あるのですが、どれもブラウン系からブラック寄りの暗い色ばかり。( 笑 )

 

誰の性格に似たのか・・・

 

体温を計測してアルコールをプシュッとかけてくれる機器用に製作した専用台を

そのいずれかの在庫の色で、木部保護を目的に( 上からアルコールの雨が降る )

塗ろうかと考えたのですが、どれもダークカラー。

 

上に乗せる機器が結構高かったこともあって( 笑 )ここは目立つ色で塗装して

万が一の激突&転倒( 壁際には置くのですが )を防がねばなりません。

 

という訳で、実験の意味合いも含めて、初めて購入「 ターナーミルクペイント

DIY女子、男子に人気のアーリーアメリカン調アンティークマットカラーです。

 

それも、いままでのワタクシの選択肢にはゼッタイ無かった、ゴールデンレッド。

 

「 アルコールを弾いて負けない 」という目的からは、使用経験から信頼をおく、

オスモカラーが安心の定番なのですが、水性のマットカラーがどれだけ耐久性を

持っているか興味のあるところですので、今後の使用を検討するために、ここで

実験させてもらいます。( 木目がキレイな材を使ったけれど・・・ 消える )

 

まぁ、いつも「 塗料は高いなぁ 」と感じるところですが、オスモカラーと比較

すれば圧倒的にリーズナブル、しかし塗装面積当たりの単価で考えれば同等か?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4437

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20201231.jpg
  • 20210103_strawberry.jpg
  • 20201227_suidoukouji01.jpg
  • chair01.jpg
  • yuzu230.jpg
  • xmas_2020-02.jpg
  • xmas_2020-01.jpg
  • otemae_street01.jpg
  • yuzu229.jpg
  • 20201116_momiji.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja