フィルムカメラ

 

 

フィルムカメラの頃には、そこそこ拘りもあって、露出計はあるけれど機械式の

フルマニュアルモデル " ニコンFM2 " を、旅の友に出かけていました。

 

露出計用のボタン電池がまったく無くなっても、経験でシャッター速度と露出と

ピントを決めれば、シャッター幕はメカニカルに走るのです。

 

という訳で「 撮るゾ 」という際は、ピントはもちろん露出やシャッター速度を

毎回、必ず意図して決めねばならず、カメラまかせのオートが無いのが魅力的。

 

すぐに取り出せるよう、ザックのショルダーストラップに装着したミニケースに

シャッターを押すだけの、全天候型コンパクトカメラを仕舞って、ザック容量の

かなりを占めるのですが、レンズ2本とフィルター類、28mmを装着したFM2。

 

これで北海道を駆けたり、北アルプスを縦走したりしたのですが、自身の技術と

比較して意味があったのか無かったのか、傷の入ったブラックボディのFM2には

ネガではなくて、リバーサルフィルムを装填することが多かったので、手元には

ケースに入ったポジばかり。 ・・・カビが生えていなければ。

 

見直す日があるのかどうか分かりませんが、マウントされたポジフィルム&APS

フィルムを読み込めるスキャナーが欲しいことは、欲しい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4430

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20201231.jpg
  • 20210103_strawberry.jpg
  • 20201227_suidoukouji01.jpg
  • chair01.jpg
  • yuzu230.jpg
  • xmas_2020-02.jpg
  • xmas_2020-01.jpg
  • otemae_street01.jpg
  • yuzu229.jpg
  • 20201116_momiji.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja