カユカユジンマシン、その後

 

 

という訳で、天井を見つめ「 処置室はまだLEDになっていない 」と思いながら

リノロサール( ステロイド )を、生理食塩液で薄めた輸液を点滴中です。

 

点滴前には記録のために、全身の写真を撮られて「 いいパンツを穿いておけば 」

 

急なデートなど、やはり人生いつ何が起きるか分かりませんから、いつでもまぁ

それなりの下着の着用は必須ですね。( 笑 )

 

さて、看護師さんが「 ゆっくりにしておくね 」と調整してくれた、クレンメの

滴下速度がマジで遅くて、天井ジプトーンのビスの数が数えられそうなくらい。

 

見れば、ステロイドである輸液の中身以外、使用中の点滴ルートの輸液セットは

針にいたるまで、ワタクシが2日ごとに、飼い猫 " ゆず " に使用しているソレと

同一で、刺されているのが " ゆず " でなくワタクシなのが不思議な既視感。

 

本日も、帰宅すれば " ゆず " の点滴の日です。

 

「 効くわぁ~ 」という実感は無いのですが、半日もすれば効果が現われはじめ、

写真に撮られた「 浮腫でボコボコの全身は何だったん?」と、言いたくなるほど

ジンマシンは治まるのですが、その時間が長くかかるようになってきているのと

あまりのカユミに引っ掻いて皮膚の表面につけたキズが、正常な肌に残ります。

 

そうなれば、それ以前の症状が消えているので、なかなかにシュールな光景。

 

おしまいに今回、ワタクシの静脈から取り入れた「 リノロサール 」の効能効果

を確認すれば、まぁ多種多様で、非常事態用に数パック持っておきたいくらい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4342

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • hisago01.jpg
  • brick01_201014.jpg
  • kinoko05_2020.jpg
  • kiri04_2020.jpg
  • kinoko04_2020.jpg
  • souppasta_20201011.jpg
  • saturday_burger.jpg
  • yuzu228.jpg
  • yuzu227.jpg
  • akebi04_2020.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja