あこがれの「 Z 」

 

 

昨日を引きずって・・・ ワタクシ世代のスカイラインやフェアレディといえば

L型エンジンだったのですが( もちろんGT-Rや、Z432はS20型 )これが面白い

直6エンジンで、L20ノーマルだと重くてノロいイメージが優先し、アクセルの

レスポンスも鈍重なのが、ちょっと載せ換えるとか、ソレックスやウェーバーに

換装するとか、ハイカム、ビックバルブ、タコ足、デュアル、等々。

 

少々、手を入れれば、低回転からトルクの塊のようなパワーで、そのまま高回転

まで引っ張れる怒涛のエンジンに。

 

排気量のバリエーションが多くあり、シリンダーの肉厚に余裕のあるエンジンは

ボアアップの際にYAMAHA XT500のピストンが使えるなど互換性も高かった。

 

ただ、トヨタのツインカム2T-G( これまたヘッドはヤマハ製だったり )などと

違って、エンジン単体で見れば大型トラックのエンジンと見間違う( 笑 )L型は

" カウンタフロー " という、アマチュアではどうしようもない設計の問題が。

 

※ エンジンの吸気と排気が同一側面にあるので、タコ足の上にキャブがくる。

 

当時、チューニングバイブルだったCARBOYという雑誌に、岡山のチューナーが

L型のツインカム4バルブ、クロスフローヘッドを独自で設計開発した記事が!

 

まぁ、入手できるシロモノでは無かったのですが( たぶん現代のフェラーリ購入

よりハードルが高そう )その記事を何度も何度も読み返した記憶があります。

 

その伝説のヘッド " TC24-B1 " が! その「 OS技研 」から " TC24-B1Z " の

ネーミングを冠して最新仕様として蘇り・・・ 限定受注生産されています。

 

あぁ究極 " Z " の称号への憧れやまず・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4295

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu224.jpg
  • 20200823kakigori01.jpg
  • 20200823pineapple.jpg
  • 20200812dentyu01.jpg
  • yuzu223.jpg
  • budousawa.jpg
  • yuzu222.jpg
  • yuzu221.jpg
  • hiace_headlight02.jpg
  • hiace_headlight01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja