リフォームの見積現場

 

 

午前中にはリフォームの見積現場へ同行して、プロの目を横から拝見することで

ほんの少しですが、その目線、考え方を学ばせていただきます。

 

ゼロから何かを作る際の見積は、その答えも見つけやすいのですが、リフォーム

工事の難しさは「 かかってみなければ判らない 」が多くあるところ。

 

例えば500万円が予算のリフォーム工事で、床や壁を捲ってみたところ、虫食い

などの傷み、または建築時や、以前のリフォーム時の不具合が発見されて、その

対応や修復も含めれば、予算を遥かに超えることに。

 

その傷みや瑕疵には触れず、そっと予算通りに進めて行くのが親切なのか・・・

 

ね、難しいでしょ? それらの途中経過を省き、結果、かかった額だけで言えば

「 500万円の予定が、〇〇〇万円になった 」ですもんね。

 

自分自身の住むところに置き換えれば「 ソレを見なかったことにする 」という

選択肢はあり得ない訳で、するとウチのように予算は青天井。( 笑 )

 

最近は戸建てもマンションも、しっかりした建物ばかりですから、そんなことは

ないのですが、ちょうどリフォームなお年頃の、昭和後期~平成初期のイケイケ

時代の建築物は、しっかりとした確認をした方がよさそうです。

 

あっ、もちろんウチを含めてもっともっと古い、そんな時代の建物に大掛かりな

リフォームをしようとすれば、テレビのビフォーアフターよろしく、躯体だけの

丸裸にした、耐震構造からの見直しが必要です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4252

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu219.jpg
  • yuzu218.jpg
  • yuzu217.jpg
  • yuzu216.jpg
  • 20200613_bbq.jpg
  • 20200526mugi.jpg
  • snap-endo.jpg
  • yuzu215.jpg
  • yuzu214.jpg
  • 20200426_maki.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja