カンフル剤

 

 

もちろん最大限の注意を払い、対策を施したうえでとなるのですが、クルマにて

遠方からの来客者があり、まずは駐車場への案内。

 

ピカピカでスポーティなセダンは純白( アルビン・ホワイト? )で、国産同系

車種と比較して、大きなホイールに低く構えた車高がカッコイイ。

 

秘書とともにクルマから降り立つ姿は、もうそれだけでジェントル。( 笑 )

 

さて、ワタクシ製作の磨いた神代ケヤキを使った、大きくはない応接テーブルの

上に書類を広げ、2時間ほどに渡る難しい会談。

 

その内容のあまりの難しさに、アタマが痛くなってきて、その後の仕事に影響を

及ぼしたのですが、ステロイドを飲んでしばらくすれば治るという不思議。

 

ワタクシの場合、ケガをしても、骨折をしても、ステロイドを飲めば治るような

そんな気がする、劇的な効き具合に・・・ 困ったモンです。

 

というか、理屈分からずとも効いている間はいいのですが、いつの日にかコレが

効かなくなる日がくるとすれば、すがるモノが無くなる恐怖しかありません。

 

ナニかがトリガーとなり、いま話題の抗体がドウたらコウたら、ワタクシの中で

ホニャララが漏れ出して浮腫が発生し、ソレが脳などを圧迫することで、困った

超頭痛が引き起こされていると想像されるところです。

 

そういった現象に、濃いめのステロイドが効く理屈はナンなんダロ?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4248

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu219.jpg
  • yuzu218.jpg
  • yuzu217.jpg
  • yuzu216.jpg
  • 20200613_bbq.jpg
  • 20200526mugi.jpg
  • snap-endo.jpg
  • yuzu215.jpg
  • yuzu214.jpg
  • 20200426_maki.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja