スローパンクチャー

 

 

昨朝は彼女の運転中、インパネに「 見慣れぬマークの警告ランプが点いてる!」

「 コレ何のマークやろ?」「 どれどれ 」と覗き込めば、どうもタイヤの断面を

ピクトグラム化したもののようで「 ちょっと空気圧を確認してみて 」

 

ちゃんと警告ランプに気づいた彼女もエライけれど、何と!クルマからの情報で

タイヤの空気圧を知ることが出来るとは! クルマエライ。( 笑 )

 

初めてのパンクは16歳だったか、オフロードバイクのリアタイヤが、たぶんソレ

以前すでに圧を無くしていて、気づかず北へ向かう生野橋の右折カーブに進入し

腰を無くしたリアタイヤがグニャリとくだけ、あえなくスリップダウン。

 

欄干があってよかった。( 無ければ橋から落下 )

 

その他、友人知人、山の中でホイールを外し、タイヤをバラしてのパンク修理が

幾度か、オートバイにクルマ、それほど自分自身のパンクは経験していませんね。

( と思ってコレを「 パンク 」のキーワードで検索すれば、出るわ、出るわ )

 

あっ、自転車は手動ポンプで空気を入れ過ぎて、破裂させたことがありました。

 

さて昨朝に戻り、空気圧の減り具合から、まずパンクは間違いないところですが

何とか刺さったモノが抜けずにいてくれたようで、異常とはいえども 180kPaを

維持してくれているので、そのまま走行、その後、彼女が自走でディーラーへ。

 

彼女には何も伝えていなかったのですが、あとで聞けば、トレッド面の外側から

ゴムを差し込む外面修理ではなく、内面修理をお願いしてくれていてより安心。

 

パンクには遭遇しないに越したことはありませんが、そうなってしまった際には

すぐに走行を中止するなど、適切な対応をしなければタイヤがパー。( 涙 )

 

いやそれ以前に、乗車前の点検で異常への気づきを早く、危険や事故の回避を!

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4240

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu218.jpg
  • yuzu217.jpg
  • yuzu216.jpg
  • 20200613_bbq.jpg
  • 20200526mugi.jpg
  • snap-endo.jpg
  • yuzu215.jpg
  • yuzu214.jpg
  • 20200426_maki.jpg
  • yuzu213.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja