寝られるけれど寝られない

 

 

殺気に薄目をあければ、飼い猫の " ゆず " が、暗闇の中で「 クンクンクン 」と

ワタクシの顔の臭いを嗅いでいます。 昨日の帰宅時は、事務所ご近所の行列が

絶えない焼肉屋さんでの30分夕食となったので、その臭いがするのでしょう。

 

入店時の手指消毒と、換気に配慮した広い店内には、ワタクシたち以外には1組

しかおられず、寒くても雨が降っても、おもてに長い行列のできるお店ですから

こんなことは初めてです。 思わず、持ち帰り分も頼んでしまいました。

 

" ゆず " の猫パンチの恐怖から逃れられたかと思えば、次は意図してかタイマー

セットの時間を間違えたのか、階下の洗濯機のスイッチが「 カチッ 」と入って

給水が始まり、ドラムが回り出しました。 自動乾燥へと続くのでしょう・・・

 

" ワルキューレの騎行 " が遠く静かに聴こえてくるかのように、小さく、小さく

聞こえていた、ヘリコプターのローター音が複数、徐々に近づいてきます。

 

思っていたよりも遥かに大きな爆音となって「 すわ何ごと! ? 」と、たまらず

気になり、目を開けて窓の外を見上げれば、集落の上空を低く、飛行灯を点けた

2機編隊が北へ飛び去って行く、午前4時39分。

 

「 寝入りばなに " ゆず " に襲われるかと思ったわ 」

「 ふ~ん、臭いがしたんやろね 」

 

「 夜中に動き始める、洗濯機のタイマーセットの時間は正しいの? 」

「 深夜の電気料金が安いうちに乾燥まで終わらせんとね 」

 

「 明け方のヘリコプターのすごい音に気づいた? 」

「 4時半頃? そんなん寝とったわ 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4177

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu215.jpg
  • yuzu214.jpg
  • 20200426_maki.jpg
  • yuzu213.jpg
  • 20200118taranome.jpg
  • yuzu212.jpg
  • 20200301_ume.jpg
  • toilet05.jpg
  • yuzu211.jpg
  • kurotaki.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja