「田舎暮らし」ということ

 

 

つい先日まで、元気で活躍されていた方の訃報が飛び込んできて、驚くばかり。

 

ワタクシたちが集落にお世話になりはじめて、もう10年以上が過ぎるのですが、

その最初に、アレコレ教わった方々のお一人で残念でなりません。

 

どなたもそうなのですが、田に畑に、草刈りに、からだの休まる間もなく働いて

おられる姿を、日々お見かけするので、ご高齢という感じは全くありません。

 

なので、その訃報により驚くのです。

 

お見送りに関して、ワタクシたちが集落にお世話になる少し前までは、自宅にて

とり行うことが多く、それはそれはオオゴトだったそうですが、現在では専用の

会館を使用することが標準になって、町のそれと何ら変わることはありません。

 

しかし隣保として、お手伝いさせていただく項目は、町中のそれらと比較すれば

やはりアレコレと発生し、ワタクシの出来る範囲のことをさせてもらうのですが

こうして日々お世話になっていると、それは大変というより「 させて頂きたい 」

との気持ちがすべて。

 

それはたった10年を越したところですが、月日がそうさせてくれるのか、先代、

先々代、もっともっと昔から、そこで暮らされている集落に加わらせてもらった

感謝の気持ちでいっぱいなのです。

 

雑誌などで取り上げられる " 田舎暮らしへの移住 " は、表面的な良さや悪さに

目がゆきますが、継続して暮らしてこそわかる大きな何かが確かにあります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/4060

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu209.jpg
  • 20191210_mifune.jpg
  • yuzu208.jpg
  • yuzu207.jpg
  • yuzu206.jpg
  • 20191116_ontheroad01.jpg
  • 20191116_ankokuji01.jpg
  • yuzu205.jpg
  • 20191110_pizzeria.jpg
  • burger_car.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja