地面をさわるイロハ

 

 

起床した際の外景色が真っ暗になり、季節の進行をリアルに感じているのですが

昼間の気温はまだまだ高く、きつい斜面で踏ん張り、スリップダウンしながらも

草刈りを進めれば、汗だくのフラフラ。

 

「 これ以上は、目と鼻の先の自宅に戻る体力が無くなる 」と、少々不満の残る

草刈り面積で見切りをつけて、斜面を自宅へと上がるのですが、一歩が重い。

 

台風の際に倒れかけて、不細工なまま放置している真竹数本の剪定もしたかった

のですが、次回持ち越しの課題として、とにかく水分補給。

 

シャワーを浴びながら「 もう少し基礎体力を上げなければならん 」と痛感する

訳ですが、いやホント「 斜面で踏ん張りながら作業する 」というのは、メチャ

体力を消耗します。

 

将来的にはこの斜面も、水平な通路をひな壇状に設けて、草刈りの際には平地で

作業出来るようしたいのですが、単に土を削ればいいのか、それではダメなのか

" 地面をさわる " という工事について、まったく知識がありません。

 

夜には、山の中の一軒屋番組を見ていて、ますますユンボが欲しくなったし。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3949

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu201.jpg
  • yuzu200.jpg
  • yuzu199.jpg
  • sakaibashi01.jpg
  • 20190901-01.jpg
  • carport_test01.jpg
  • yuzu198.jpg
  • 20190629_tensyadai.jpg
  • 20190817-02.jpg
  • 20190817-03.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja