シャッター知識ゼロからのスタート

 

 

いつぞやの夢のガレージライフ実現のため、" シャッター目 " になっているのに

現実は甘くなく、ガレージではなくて、事務所の古くて作動の重いシャッターを

早々に何とかせねばならない思いから、プロに見てもらうことに。

 

ビルに組み込まれた、鉄板の厚い古い古いシャッターですから、入れ替えるには

室内側天井を大きく切り開く必要があり、そして天井裏のシャッターボックスも

切り開き中身の交換となる手順で、その内、天井を抜く工事はワタクシがせねば

誰がやる? 7年前にワタクシがスケルトンにしてから工事した事務所です。

 

いま思えば、その際にシャッターも交換してしまう手もあったのですが、現在も

作動しない訳ではありませんし、共用部との微妙な絡みなど、自治参加の蓄積が

ないと難しい問題があり得たかも知れません。

 

出来れば中間にシャッター棒の無い一枚モノ、もっと望むなら電動ですが、この

あたりは古いビルである難しさと、予算の問題が・・・( 笑 )

 

ま、見積もりが上がって来てからのハナシにはなりますが、工事になれば、その

一部始終を、天井造作工事をする職人を装いながら、詳細に観察し、いつぞやの

夢のガレージ建設の知識に繋げなければなりません。

 

ゼンマイのようなバネを内包する巻き上げシャッターは、上手く扱わねばバネが

ビロロ~ンと伸びて、ニッチもサッチも行かなくなりそうです。

 

現在のところ、シャッター知識ゼロのワタクシ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3932

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • carport_test01.jpg
  • yuzu198.jpg
  • 20190629_tensyadai.jpg
  • 20190817-02.jpg
  • 20190817-03.jpg
  • 20190817-01.jpg
  • 20190814-04.jpg
  • 20190814-03.jpg
  • 20190814-02.jpg
  • 20190814-01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja