ラストラップ

 

 

チャンピオンシップを含め、四大メーカーが、7時間59分のその時まで、接戦を

繰り広げた「 " コカ・コーラ " 鈴鹿8時間耐久ロードレース 」は、ドラマでも

そうは描かないだろうという、劇的な幕切れへ。

 

スティント( ライダー交代 )ごとに、トップが入れ替わる展開は、スプリント

レースのようで緊張が続き、そこにチームの作戦などが交錯して、テレビの前で

息もつかせぬ状態なのに・・・ カメラの切り替えがヘタでしたね。( 笑 )

 

上位チームが順次ピットに入って、タイヤ交換とガスチャージ、ライダー交代を

済ませ( 最終スティント、ここで " Red Bull Honda " はライダーを交代しない

という賭けを打つ )コースに復帰して、どのポジションに戻るのかは、しっかり

カメラで追ってよぉ~

 

で・・・

 

26年ぶりの優勝を目の前にして、2位 " YAMAHA FACTORY RACING TEAM "

と、十数秒差でラストラップに入った " Kawasaki Racing Team Suzuka 8H "

は2周前にエンジンブローした " Suzuki Endurance Racing Team " が撒いた

オイルに乗って・・・

 

チェッカーフラッグを受けることを絶対とする耐久レースでは、転倒してレッド

フラッグが振られた時点でトップでも、ゴールラインを通過せねば( 5分以内 )

順位さえ付かず・・・

 

5連覇なった懐かしい " TECH 21 " カラーの表彰台に拍手を送っていたところ、

はたまた、今朝になって最新ニュースを確認し・・・

 

詳細は、YouTube 映像などで確認しながら楽しんでくださいね♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3900

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20190729-seashore01.jpg
  • 2019_himawari01.jpg
  • yuzu197.jpg
  • 20190619sidebox_r45.jpg
  • 20190619sidebox_r44.jpg
  • 20190619sidebox_r43.jpg
  • 20190619sidebox_r42.jpg
  • mi-chan03.jpg
  • yuzu196.jpg
  • yuzu195.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja