夏まつり

 

 

そよ吹く風が湿度を払い、今朝まで続いた梅雨が明けたかのように晴れ渡るなか

集落の小さな神社に神職村人集い、夏まつりの開始を告げる太鼓の音が響きます。

 

太鼓が止めば、風の流れる音だけが、静まり返った集落の中を抜けて行きます。

 

祭壇には、集落の畑で採れた夏野菜やスイカ、海の物として昆布などが供えられ

山で切ってきた立派な榊に一つずつ丁寧に、神主が紙垂を付けられています。

 

ワタクシ自身、作法や言葉を知らないのが恥ずかしいところですが、夏まつりは

粛々と進み、祝詞が捧げられ、家内安全、秋の豊穣を願い、それぞれ代表の玉串

奉奠、そして再び太鼓の音で約1時間の、今年の夏まつりも無事終了しました。

 

以前のワタクシや、みなさんが想像する " まつり " とは違って、小規模な集落の

小さな神社に村人が集まり、神職を迎えとり行われる神事のみの " 夏まつり " 。

 

自然とともに暮らす中で脈々と続けられてきた、モノみなすべてに感謝し、手を

合わせるココロの、その深いところにキュンと響く " まつり " 。

 

「 あぁ、この村に越して来させてもらって良かったなぁ 」と、ワタクシ自身も

穏やかな気持ちで手を合わせ、さて、午後からの仕事へ向かいます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3895

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2019_himawari01.jpg
  • yuzu197.jpg
  • 20190619sidebox_r45.jpg
  • 20190619sidebox_r44.jpg
  • 20190619sidebox_r43.jpg
  • 20190619sidebox_r42.jpg
  • mi-chan03.jpg
  • yuzu196.jpg
  • yuzu195.jpg
  • island-shoebox05.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja