移動に便利な田舎暮らし自慢

 

 

所用で " 六甲アイランド " まで来ているのですが、超久しぶり!

 

フェリーターミナルへはオートバイで、九州への離岸、九州からの着岸を何度も

しているのですが、それももう10年以上前のハナシ。

 

対岸の神戸陸運局までは数度、黒ナンバー取得の際に訪れており、灘五郷周辺を

キョロキョロ抜けたり、JR神戸線、阪急沿線へ足を運べば、温泉ファンに有名な

" 灘温泉郷 " が広がります。( 源泉かけ流しの素敵な銭湯がいっぱい♪ )

 

彼女や三人称彼女たちは " 六甲アイランド " と聞けば、JR住吉駅で乗り換えて、

六甲ライナーで向かう、研修会場のイメージが強いでしょうか。

 

本日は自宅から、クルマで直接向かったのですが、すると第二神明や阪神高速を

通らず、六甲山の北側からトンネルを抜けて行くことが出来るので、自慢ですが

田舎暮らしの自宅から、六甲アイランドまで、ガラ空き道路を気持ちよく走って

信号たったの2~3個のみ! オマケに全部 " 青 " だったのでノンストップ!

 

ただ、六甲アイランドに入ってからが若干、混んでいたのが、中心部にある巨大

施設、神戸ファッションマートにて、年に数回の大セールが行われているそうで

紙袋を何個も抱えた方々や、再戦に向かうため、その紙袋の見守り役をしている

オトーさんの姿が目立つこと。 熱く萌える方々にビックリしました。

 

夕方あたりまでの所用を済ませて、なにも混雑時間に移動することもないか、と

ハーバーハイウェイで三宮まで移動、居留地周辺のパーキングメーターに停めた

クルマを背景に、とろけるチーズケーキでコーヒーブレイク。

 

夕闇近づく午後7時頃になって帰途に着くのですが、税関前、貿易センタービル、

浜辺通と数個の交差点を通過、磯上通を左折して生田川沿いを新神戸トンネルに

入れば、もうあとは自動的に田舎暮らしの自宅に着いたも同然。

 

神戸周辺までの心理的距離が、街中暮らしの際よりもかなり近く感じられるのは

自慢ですし、移動時間が読めるので実際に便利です。

 

北神戸線で確認する夕暮れの交通情報は、玉津~加古川あたりの渋滞17km。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3853

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • jitensya-okiba09.jpg
  • jitensya-okiba08.jpg
  • jitensya-okiba07.jpg
  • jitensya-okiba06.jpg
  • mi-chan02.jpg
  • yuzu194.jpg
  • 20190526_bbq.jpg
  • mi-chan01.jpg
  • 20190524yukabari235.jpg
  • 20190524yukabari234.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja