フジの下で眠れ

 

 

「 ドン! 」と、大きめの鈍い音がしたので「 なんだ? なんだ? 」、その音の

発生源を探します。 昨朝、コレを書き終える頃のことでした。

 

掃出窓のおもてを飛ぶ二羽のキレイな小鳥、少し離れた樹上からこちらを眺めて

激しくさえずっています。

 

ワタクシと飼い猫の " ゆず " がキョロキョロと、探すように窓に近寄ると・・・

 

あぁ、なんてこと! 掃出窓のガラスに、相当な勢いでぶつかった小鳥が、その

衝突場所に羽毛を残して、窓の下に墜落しています。

 

脳震盪をおこして気絶しているだけならいいのですが・・・

こんなときに " ミー " ちゃんが遊びに来ませんように。

 

そして、アレコレと朝の準備の時間が経過しても倒れたままで・・・

 

いつもより早めに外に出て、移植ゴテでツンツンと触れてみると、すでに硬直が

始まっており、あぁザンネン。 すでに激しくさえずっていた二羽もいません。

 

窓ガラスに気づかなかったのでしょうが、それにしてもその先は部屋の中なので

どこを目指して飛ぼうとしていたのか・・・

 

家の裏手に回り小屋の脇を奥へと行き、眼下に朝の集落の風景が広がる、ツルが

絡まり登ったそこに、薄紫の藤の花を咲かす、その木の下に移植ゴテで穴を掘り、

小鳥よ安らかに眠れ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3826

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20190511_fijipark01.jpg
  • yuzu191.jpg
  • door-mirror01.jpg
  • yuzu190.jpg
  • yuzu189.jpg
  • sentakki04.jpg
  • sentakki03.jpg
  • sentakki02.jpg
  • sentakki01.jpg
  • 2019taranome01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja