どういう気持ちか想像することの大切さ

 

 

直接、消費者、ユーザー、必要とする人、等々と接する仕事も多いですが、もし

そうでなくとも、その仕事の先には必ず " ヒト " がいたり、" ヒト " と繋がって

いたりするのですから、常にソレを想像していなくてはなりません。

 

そして、その仕事をすることによって何らかの対価を得ている訳ですから、仕事

そのものはまだ不慣れであったとしても、常にその先の " ヒト " を思い、プロと

して仕事をしている意識も必要。

 

たとえ無償のボランティア的な仕事であっても、参加した以上は、責任を持って

役目を果たす努力をすることも当然です。

 

まぁ、このあたりは自分自身を棚に上げなくても、基本中の基本としてワタクシ

たちの中に根付いているのですが、見渡すとソレに気づいていないのではないか

と、ギモンに思う方々をチラホラ見かけるのも事実で、昨日は・・・

 

設備よし、コンセプトよし、価格納得!、と全体的な評価は高かった、ちょっと

立ち寄らせてもらったココなのですが、仕事をされている方々の気の回らなさと

いうか、たった一言が無いのが残念でならなく、もったいない。

 

衣服などの清潔度はしっかりされており、その部分での問題はまったく無いのが

より惜しく、ほんのちょっと、いま目の前の " ヒト " への想像があれば・・・

 

しかもソレ全部、そのこと自体に費用や手間がかかることでは無いのですよ。 

 

そんな体験をしっかりフィードバックさせて、自らに活かさねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3746

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuki-20190127-02.jpg
  • yuki-20190127-01.jpg
  • stove10.jpg
  • yuzu185.jpg
  • chabudai01.jpg
  • yuzu184.jpg
  • hibachi01.jpg
  • gotoku01.jpg
  • yuzu183.jpg
  • yuzu182.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja