薪ストーブで端材処理

 

 

深夜からゴウゴウと荒れた天気は、明けると穏やかになりましたが、シンシンと

雪が降り、時折、思い出したように風が強く舞います。

 

「 ・・・これは積もるな 」

 

お休みをいただいていた日と重なったので焦りませんが、外は徐々に雪景色へと

変わってゆく中、閉じ込められた家の中では、薪ストーブの炎がゆらり揺らめき

その上に乗せた煮込み料理の鍋とともに、家中をやさしく暖めてくれています。

 

そう現在は、1年半ほど前にデイサービスを施工した際に出た、建築端材のうち

純な木材を薪ストーブで燃やしているのですが、それがやっと、後わずかとなり

これはこれで長かった。( 笑 )

 

松材と杉材を主に使用し、なるべく無駄が出ないように " とり " を工夫しますが

当然、両端など結構な量の端材が生まれる訳で、それを幾つかの大きな土嚢袋に

入れて、持ち帰っていたのです。

 

毎日、薪ストーブを焚いているならば、あっという間に消費するのですが、確か

昨シーズンは一度、火を入れたかどうか・・・

 

おかげさまで今シーズン、雪降る日に火を入れることが出来ています。

 

stove10.jpg

 

ブルーの袋には野縁材などの端材、左に杉板の端材があり、奥の扉はトイレ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3725

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuki-20190127-02.jpg
  • yuki-20190127-01.jpg
  • stove10.jpg
  • yuzu185.jpg
  • chabudai01.jpg
  • yuzu184.jpg
  • hibachi01.jpg
  • gotoku01.jpg
  • yuzu183.jpg
  • yuzu182.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja