パソコンに手を合わせ哲学を語る

 

 

センスが無くなってしまったのか、いや元々無いのか、リレーショナルが上手く

機能しないデータベースソフトウェア " MSアクセス " は年始に一度、一部分の

完成としたのですが、ソレは構想全体の20%ほどで・・・

 

という訳で残り80%を、どんどん増殖させたい思いがあるので、基本的な骨格を

いい加減に進めることが出来ず、その辺りを行ったり来たりしているのが現状。

 

さて、理解できていない部分を補うために、とりあえずはウェブを彷徨ってみる

のですが、一つ一つのトピックに対しての答えやヒントは多いものの、マクロ的

な視野で全体像を考えるような・・・ コレをなんて表現すればいいのか・・・

体系論?、哲学?( 笑 )、そんなアドバイスはまず見つからない。

 

この辺りは、紙ベースの " 本 " のほうが圧倒的に優位で、ポン、ポン、と答えを

載せるだけで検索にヒットしてアクセスのあるウェブと比較し、ページを捲れば

まず " まえがき " というか " 序文 " というか「 どんな目的で執筆したのか 」が

書かれており、取り上げられている内容はまったく違っても、ココを拝読させて

もらえれば、彷徨えるワタクシに一条の光となって救いの手を差し伸べてくれる

可能性があるのかどうか、およその判断が出来るのです。

 

ウェブにコレを見いだすことは難しい。

 

そんな哲学的な体系論を語り掛けてくれ、ワタクシの脳に「 パッ! 」と光明と

回転を与えてくれる、そんなアナタはいまどこに。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3721

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu185.jpg
  • chabudai01.jpg
  • yuzu184.jpg
  • hibachi01.jpg
  • gotoku01.jpg
  • yuzu183.jpg
  • yuzu182.jpg
  • yuugu01.jpg
  • 20181216-ktm.jpg
  • kctw-12.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja