年の瀬の東来春

 

 

街中の銀行へ立ち寄る用事があったので自転車での移動、そっちへ向かった際の

昼食は、ワタクシにとってのソウルフード、東来春の暖簾を潜らせて頂きます。

 

もうそれがいつの事だったか思い出せませんが、和装に割烹着、婦人下駄を履き

ナイロンの唐籠を片手に下げ、もう片方の手でワタクシの手をひく母に連れられ

東来春の暖簾を潜った幼少の頃。

 

当時、年に一度あったか、無かったか、唯一の外食だった、その中華そばの味は

いまも脳裏に焼き付き、ひとりで立ち寄れるようになった現在( 笑 )思い出の

味で癒され、美味しくお腹を満たしているのです。

 

いつでも心地よいほどの流行り具合です。

 

さて、自転車を押してアーケードの下を抜け、駐輪場に停めてからの銀行巡り。

ATMコーナーの混み具合にビビりますが、多くは両替機の長い列、たぶん新券が

大量に用意されているのでしょう。

 

すでにソレは、ひと月ほど前に両替を済ませて準備済みですが、その他モロモロ

日々の消耗品や食材を切らすことがないように、注意しておかねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3691

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuugu01.jpg
  • 20181216-ktm.jpg
  • kctw-12.jpg
  • yuzu181.jpg
  • momiji02.jpg
  • carburetor01.jpg
  • 04ktm.jpg
  • 20181102-05.jpg
  • 20181102-04.jpg
  • 20181102-03.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja