灯油切れのメロディを聴くとき

 

 

スカッ・・・ 起床しての朝一番「 しばらく入れていないな 」とイヤな予感で

スイッチオンの前に、石油ファンヒーターのカートリッジタンクを持ち上げれば

スカッ・・・ ほぼ空ですやん。

 

昨晩、就寝前にオフした際、もう1分動かせていれば、きっとあの、灯油切れの

メロディが流れたのでしょうが・・・ それを免れ、幸か不幸か朝一番から。

 

寡黙な漢ワタクシはタンクをぶら下げ、まだまだ暗い外に出て給油。 オマケに

ポリ一斗缶まで空になるし・・・ ま、コレは先日、今冬二度目のまとめ買いを

しているので、次のポリ缶に電動ポンプを差し替えるだけですが。

 

前回は同時給油だったということで、使用頻度違う厨房の石油ファンヒーターは

まだ大丈夫でしょうから、タンクの重さは確認せず通常通り、彼女の起床前から

スイッチを入れて、朝ゴハンを作ってもらうために厨房を暖めておきます。

 

そして寡黙な漢ワタクシはその沈黙を守り、起床してきた彼女が、氷点下の外に

ワタクシが出ていたことに、気づいていない様子だったので「 今朝はいきなり、

給油から始まったわ 」「 えっ、そうやったん、ありがと~♪ 」と背中で、漢を

アピールしてみます。( 笑 )

 

星も凍てつく深夜や早朝に、灯油切れのメロディを聴くとき、何も言わず黙って

席を立ち、零下の外で灯油を入れて帰ってくる、そんな漢にワタクシはなりたい。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3684

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • kctw-12.jpg
  • yuzu181.jpg
  • momiji02.jpg
  • carburetor01.jpg
  • 04ktm.jpg
  • 20181102-05.jpg
  • 20181102-04.jpg
  • 20181102-03.jpg
  • 20181102-02.jpg
  • 20181102-01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja