キャブレター清掃

 

 

という訳で、まず家の掃除を大急ぎで片付け、まだ冷え込み感じる朝の空気の中

自作小屋からカーポート下にオートバイを引っ張り出して、整備を始めます。

 

車体からキャブレターを外すのが、いきなりハードル高めでしょうか?

 

シングルなのでキャブレターは単体ですが、コンパクトさを追求したオフロード

モデルは、狭い空間にパズルのようにしてキャブレターが収まっています。

 

取り外せばバラバラにして、キャブクリーナーの液に浸けておきます。 相当に

キツイ成分のようで、古いガソリンの垢のような痕も、みるみるキレイになって

行きますが、ここはじっくりと浸けたまま放置。

 

井戸フタ工事に移行。 これも早急に完了させて井戸ポンプを再起動させないと

元々、鉄分の多い水脈ですから機器が傷む可能性が高く、動かすことが重要です。

 

ホールソーなど駆使して、換気の工夫を施した " マイナーチェンジ、井戸フタ "

の取付完了。 「 ポンプ再稼働、水量豊富、よし! 」

 

近々には、つるべと木製滑車の取り付けを進めねばなりません。

 

さて、キャブレターのパーツはピカピカに戻り、たっぷりのパーツクリーナーで

洗浄してキャブクリーナーの成分を落としてから、潤滑油で保護して組み立て。

 

carburetor01.jpg

( クイズ:さてモデルは何でしょうか? )

 

車体に組み込んでガソリンを流し込み、525の超重いキックスターターに疲れて

汗だくになった頃にエンジン始動! 調子いいゾォ~♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3659

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • carburetor01.jpg
  • 04ktm.jpg
  • 20181102-05.jpg
  • 20181102-04.jpg
  • 20181102-03.jpg
  • 20181102-02.jpg
  • 20181102-01.jpg
  • yuzu180.jpg
  • yosoneko03.jpg
  • 2018takata01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja