匂いは記憶を揺さぶる

 

 

井戸小屋リフォームに区切りをつけた夕刻、山を下って( 敷地斜面を10mほど

下りただけ )先週、剪定した梅の木が葉を落とし始めたので、太めの枝を一尺

サイズで切断し、冬に備えた薪ストーブの燃料を確保します。

 

" ひこばえ " と呼ぶのかな? 枝からニョキニョキ無数に生える新芽、梅の場合

それが固く尖って凶器のようで「 一尺サイズで切断 」と言っても、その処理も

ともなうので手間がかかります。

 

" てみ " に山盛りの薪枝と、小枝を処理した太枝を引きずって山を上がります。

 

近々には遊歩道のようなものを整備しないと、スリップしまくって危ないうえに

労力の消費ハンパありません。 なんとか頂上( 庭 )に到着。

 

太い枝は庭の平地で切断し、薪棚に積み上げて冬への備え。

 

日は長く、まだ暑くない今がちょうど良い季節、七輪に小枝を入れて火を点けて

上に置いた炭を放置していたのですが、程よくいこっています。

 

ビールに続きスパークリングワインを開け、はるか上空を横切る機影の行く先を

アプリで確認して思いを馳せ、今日の仕事を振り返りながらカンパイ。

 

2018bbq02.jpg

 

サザエに垂らした醤油が焦げて、観光地の匂いが漂います。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3510

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu176.jpg
  • 2018bbq02.jpg
  • ayu01.jpg
  • yosoneko02.jpg
  • yuzu175.jpg
  • yosoneko01.jpg
  • 20180525sansyo03.jpg
  • 20180525sansyo02.jpg
  • 20180525sansyo01.jpg
  • kameoka00.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja