報告しにくいことが報告できるシステム

 

 

クルマやオートバイ、自転車、その他種々の機械類は工業製品なので、それらを

" 擬人化して愛する " みたいなのは、避けるよう心掛けているのですが、苦楽の

シーンで使用していた機械を手放す際には、思い入れを絶つのに力が要ります。

 

なるべく、わかったような冷めた対応をするようにしているのですけれど・・・

 

とくにワタクシが心痛めるのは、自分のミスや当たり前の手入れの不足によって

傷がついたり、調子が悪くなったり、錆びたりすることで、これは避けたい。

 

例え捨てるにしても、雨の中に放置して朽ちさせるようなことはせず、きっちり

使い切って終わらせたいところ。

 

使えば、擦り切れたり、チビたりするのは当然ですが、手入れ不足はよくない。

 

そんな中、辛く感じるのが " 共同使用しているモノ " への全員の意識の薄さで、

何かによって生じたキズなど、キチンと報告が上がり、早急な対応をしていれば

錆びさせずに済んだかも知れないのに、それが無いからより深いキズに・・・

 

何らかのシステムによって、ミス自体を減らす、残念ながら起きてしまった際は

遅延なくスムーズに報告が上がるようして行かねばならないのですが、なかなか

難しく悩ましいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3471

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2018akebi01.jpg
  • 201805fog-morning.jpg
  • 2018gw02.jpg
  • 2018gw01.jpg
  • yoshinogahara01.jpg
  • 2018tanpopo.jpg
  • ootsu_kanban02.jpg
  • ootsu_kanban01.jpg
  • ootsu_pers.jpg
  • 2018taranome01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja