続、溶接

 

 

昨日の質問には多くのご回答を「 ありがとうございます 」。

 

なかでも「 手棒の古い溶接機ならたくさん転がっているから要るならどうぞ♪ 」

と、超ウレシイご提案までいただき甘えさせていただきます。

 

これで、長年の夢だった " 囲炉裏の五徳づくり " も現実味を帯びてきました。

 

ちなみに半自動のワイヤーはラップに包んで、乾燥材と一緒に保管という一例を

教えていただき、やはり少々神経質に扱う必要があるモノらしいです。

 

で、そんなワタクシの現在の溶接技術が、どの程度あるのか? についてですが

高校の同級生に看板屋さんの息子がいたので、色々な体験をさせてもらっていて

デパート閉店後に階上の催事場に入りディスプレイを一気に撤去し、翌朝までに

新たなモノを作り上げる手伝いのアルバイトとか、それこそエンジンウェルダー

を用いた溶接で目を焼いたりとか、多くの経験を。

 

つまり、十代の頃以降、溶接をしたことがありません。

 

で、そんな数少ない経験からすると、左手で持つ前がまったく見えない遮光面を

アーク発生とともに顔にあてて " 連続して溶接する " とういのが難しく、ここは

被りっぱなしでも、パッと液晶が反応して遮光する、今風の遮光面が重要かと。

 

前回、高速切断機は購入しているので、D13 や D16 の鉄筋も45度に切断できる

でしょうから、まずは遮光面を入手し、五徳づくりからの練習あるのみです。

 

鉄筋素材の完成後の表面処理は??? いや急ぐので、先に看板からです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3469

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2018akebi01.jpg
  • 201805fog-morning.jpg
  • 2018gw02.jpg
  • 2018gw01.jpg
  • yoshinogahara01.jpg
  • 2018tanpopo.jpg
  • ootsu_kanban02.jpg
  • ootsu_kanban01.jpg
  • ootsu_pers.jpg
  • 2018taranome01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja