締め付けの勘どころ

 

 

およそ一般的な作業の " 勘どころ " は把握しているつもり、例えばオートバイの

アンダーブラケットに倒立フォークを固定する際には、適正な締付トルク管理が

重要で、グイグイ締め込むとスムーズなサスペンションの動きを妨げ、ひいては

高速直進走行中のハンドルのブレに繋がって・・・ 大転倒など。

 

両ヒザで思いきりタンクを挟み込み、耐えられるかどうかが " 勘どころ "( 笑 )

 

ステム周りなど、やはり摺動部に多いでしょうか。 自転車は部品点数が少ない

反面、各パーツ毎にしっかり管理された組上げをしないと機能しません。

 

構造合板にビスを打つ際は、くい込ませてしまうと " 構造合板 " としての機能を

満たさないとか、プラスターボードに打つビスも適正であれば、その後のクロス

下地の作業がシンプルになって、ひいては仕上がりのスッキリ感に繋がるとか。

 

さて昨日の、洗面台の裏というか、下というか、手の入りにくい場所での作業は

斜めに差し入れた小型モンキーレンチを、手を伸ばして少しずつ回すものだから

トルク感乏しく、作業を終えたと思いバルブを開けると、接合部からプシューと

水が漏れて、いやもう恥ずかしい次第。

 

締めすぎ感のないままに締めすぎて、フレキ管のゴムパッキンを傷めたようです。

 

新しいパッキンに交換し、再度、手のひらのトルクを感じ取りながら、やさしく

締めてバルブ開・・・ 大丈夫です。 各接合部に紙を当て濡れていないか確認。

 

いやはや、まだまだ世の中99.9パーセントの " 勘どころ " が分かっていません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3459

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2018akebi01.jpg
  • 201805fog-morning.jpg
  • 2018gw02.jpg
  • 2018gw01.jpg
  • yoshinogahara01.jpg
  • 2018tanpopo.jpg
  • ootsu_kanban02.jpg
  • ootsu_kanban01.jpg
  • ootsu_pers.jpg
  • 2018taranome01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja